« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

県議選延期を批判する偽善者たち(下)

浦安新聞平成23年4月22日号より

<県議選について>

 市が県議選の投開票を実施しなかったことについては、賛成・反対の両意見があった。賛成の理由としては、被害の大きさをあげた人が多い。

 「これだけ被害が発生しているなかで選挙はできない。現職以外はどんな人なのか全然わからないから、選びようもない」(50代男性/海楽)

 「同じく被災した旭市などが実施したことを考えると複雑だが、実施しても行く余裕はなかったかも」(30代女性/高洲)

 「当事者である浦安の現状をきちんと把握せずに、県の選挙管理委員会が選挙をするよう要請するのはおかしいのでは」(50代男性/富士見)などの声があった。

 一方、反対の理由。

 「こういうときだからこそやるべきだった。県に要望を出すときなので、市議よりも県議の方が重要」(50代女性/今川)

 「復興予算をとるためにも、浦安から議員が出るべき。行政は市民の権利をどう思っているのか」(30代男性/富士見)


 以上が、週1回発行地元ミニコミ紙の県議選に関する記事です。賛成・反対の両論が併記してあって、なかなかバランスが取れている記事になっています。どこかの大新聞とは違って、大上段に構えた押しつけがましい主張は全くありません。ミニコミ紙レベルとはいえ、これこそ「新聞は社会の公器」を踏まえた上での記事に仕上がっていますね。

 ところで、選挙延期が、現実生活で具体的に何か影響を与えますか。市側も選挙をやらないといっている訳ではないのです。延期するといっているのです。それも一年先ではなく、一ヶ月先です。現実面で被害が発生するとしたら、現職二名の議員の方々の歳費が一ヶ月滞る、これくらいなものでしょう。

 それに、市も、本件に関する市民への説明責任は、きちんと丁寧に果たしております。


http://www.city.urayasu.chiba.jp/secure/20149/koho0414gougai.pdf

 

008


 反対者は反対するなら、具体的事例をにきちんとわかりやすく提示してから、現実を踏まえた上での反対意見を述べなさい!抽象論はこの震災では、何も前進しません。だから、今もって仮設住宅の建設が一向に進んでいないんです。

 では次に、MSN産経ニュースから、24日市議選開票終了後の記事をご一読下さい。


< 復旧優先、市議選は実施 県議選拒否の千葉・浦安市 >
 (2011.4.24 23:34)

 東日本大震災による被災復旧を優先し、10日の千葉県議選の選挙事務を拒否した同県浦安市の市議選は24日、予定通り投開票が行われた。

 21の定数に31人が立候補。過去の期日前投票で利用者が最も多かったJR新浦安駅前の施設は、被災で使えなかったが、投票率は43.81%と前回の43.17%を上回った。

 震災直後に約1万1900世帯に上った下水道の使用制限は、告示翌日の18日までに応急作業が終わり、市内の全世帯が復旧したばかり。

 当選した無所属の折本ひとみ氏(53)は、県議選を拒否した市の対応に「選挙ができないほど被害が大きいと印象づけたことは、市民にとってマイナス。復興を優先し、日本一災害に強い市をつくりたい」と表情を引き締めた。

 以上全文を引用しました。これでは、何も裏事情をしらない方は、県議選拒否がまるで罪悪だった、との印象を抱きかねません。

 加えてこの記事が悪質なのは、「折本ひとみ」さんなる人の、たった一人だけの反対意見をさりげなく記事にしていることです。

 この折本ひとみさん(53歳)とは、今回も前回も市議選でトップ当選を果たしたお方。彼女は、昨年の10月24日の浦安市長選に立候補するため、一旦、市議を辞職したのですが、現松崎市長に五千票差で敗退。その6ヶ月後、舌の根も乾かないちに、市議選にまたまた立候補し、トップ当選で返り咲いたという経緯にあります。

 まあ、所謂、アンチ現市長の代表です。そういう事情を頭に入れて、上記記事中の彼女のコメント「選挙ができないほど被害が大きいと印象づけたことは、市民にとってマイナス。復興を優先し、日本一災害に強い市をつくりたい」を読むと、読者の受け取り方も100%違ったものになるでしょう。

 更に言えば、彼女は市内で長年「無認可(という噂)保育園」を経営していて、その保育園がある今川地区は、今度の地震では市内でも液状化が最も著しい地域でした。確か、彼女の保育園も一時期、休園状態を余儀なくされていたはずです。

 ですから、こと彼女の居住地区に限っていえば、「選挙ができないほど被害が大きい」は、まさに真実なのです。

 最後に、私が一番今回カチンときた反対者のコメントをご披露しておきましょう。


<地元選出民主党衆議院議員HM氏のTwitterから >
 (2011.4.5)

 浦安市の職員のみなさんが昼夜問わず復旧作業に尽力されていることは事実であり率直に感謝をし敬意を払うべきだ。しかし、県議選拒否騒動の実態は、市民を人質に取った松崎市長の県に対する単なる悪態であって到底許されるものではない。


 浦安市民は、氏によって、簡単に人質にされてしまいました。では、あなたは、私達人質を、どうやって解放してくれたんですか。言うは易し。行動を伴わないのなら、こういうヒステリックな事は仰有らないで頂きたい。


006

007

 

 そうでなくても、将来の液状化のリスクを踏まえつつも、浦安を終の栖として購入した大多数の物言わない浦安市民は、やはり起こってしまった液状化の現実とショックにじっと耐え、何とか自らの力で前へ進もうとしているのですから。

 いつか、グーで、なぐってやる(^_^)

2011年4月28日 (木)

県議選延期を批判する偽善者たち(上)

 震災被害の影響で延期となっていた千葉県議選の浦安市選挙区(定数2)が、5月13日告示、22日投票で決定しました。震災がなければ、4月1日告示、10日投票のスケジュールでしたから、6週間遅れでの選挙実施となる訳です。

 さて、この県議選延期騒動、浦安市が復旧優先を理由に4月10日の選挙を拒否した段階で、松崎浦安市長への猛烈なパッシングが大手マスコミを中心に展開されました。

 読売新聞などは、この問題を何と大々的に社説で採り上げ、浦安市の行政当局の対応を断罪しました。

< 浦安市選挙拒否 有権者本位で善後策を探れ >
  (2011年4月6日付・読売社説)

 東日本大震災により液状化の被害が出た千葉県浦安市で、統一地方選のひとつである千葉県議選が告示されながら、実質的に行われない異常な状態になっている。

 予定通りの実施を求める千葉県選挙管理委員会と、被害の状況が深刻で実施できないとする市側が対立しているためだ。

 混乱が長引けば、候補者だけでなく有権者にも迷惑が及ぶ。市と県選管は、互いに歩み寄り、事態の早期収拾を図るべきだ。

 面積の4分の3が埋め立て地の浦安市は水道やガスが寸断され、一時は全世帯の半数の3万7000世帯が、小中学校に置かれた給水所や仮設トイレに通う生活を強いられた。今も5000世帯が下水道の使用を制限されている。(中略)

 浦安市は4日、市議選については、復旧が進んだことを理由に予定通り24日に実施することを決めた。そうであれば、県議選を拒む理由もなくなるのではないか。

 市と県選管はこれを機に双方が矛を収め、再選挙の日程など善後策を協議してほしい。大切なのは有権者本位で考えることだ。(引用終り)


 4月4日といえば、余震も頻繁に発生していて、原発対応も全く先行き不透明で、日本国民の大くが不安と怯えに慄いていた時期です。そんな時期に、被災地浦安市が選挙延期の決断を下したことが、全国紙の社説で公然と非難される程の重要な問題なのでしょうか。

 東北の被災地の方々の実情を鑑みれば、早急に解決が急がれる課題が4月初旬にはゴロゴロありました。浦安よりも、東北の方々の方がずっと悲惨な状態であったにも関わらず、浦安の選挙延期問題を、読売新聞はどうしても許すことができなかったのです。

 今日で49日。東北の被災者の皆様には、義援金さえ未だに1円も手渡されていません。更に仮設住宅も、お盆にさえも間に合わないとか。にもかかわらず、自称「社会の公器」読売新聞は、震災被害対応よりも選挙が大事、有権者本位が第一、と社説で主張したのです。

 また、浦安市の復旧が進んだとはいっても、この時点では、まだまだ多くの浦安市民は不便な生活を強いられておりました。学校の始業式も4月8日に行いはしましたが、市の給食センターが復旧せず、給食が再開されたのは、中学校が12日から、小学校は19日からです。

 もちろん、市の職員の方々は総動員で復旧工事に駆り出されていて、とにもかくにも、上下水道の復旧が最優先で、市が一丸となって全力を尽していた時期です。もちろん、公共サービス窓口も市役所本所以外は、閉鎖されておりました。

 新浦安駅を降りてすぐの所の交差点(2週間前)

004


 昨日時点でもこの電話ボックスはほったらかし状態が続いてます。

005


 まあ、この社説をお書きになった読売のお偉い様は、多分、浦安市内の状況など自分の目で確かめるなどという自らの汗をかくことはせずに、快適なオフィスのどこかで煙草でもすいながら、俺様の言うことl聞け!といつもの調子でお書きなっていたのでしょう。

 有権者本位と宣うのでしたなら、読売本社から浦安までは、地下鉄一本でわずか片道17分の旅です。ぶらり途中下車さえする必要もありません。ちょっと現地取材をすれば、液状化で吹き出した道路上の汚泥が春風に舞っていて、とても選挙などと言う気分ではないことが、すぐにお判りになったでしょうに。

 もっとも、4月1日付で、総務大臣の片山さんがこんな発言をなさっておりますから、この読売社説も民主党応援団長ナベツネさんの絶対命令で書かれたものなのかも知れません。

< 片山総務相、千葉県議選「浦安は万難を排して選挙執行を」 >
  (2011.4.1 msn産経より)

 片山善博総務相は1日の記者会見で、同日告示された千葉県議選をめぐって、県側と東日本大震災による被災を理由に延期を求めてきた同県浦安市とが対立している問題について「県選管は全面協力するとしている。困難な事情はあるものの、浦安市選管は万難を排して選挙の管理執行にあたってほしい。そうしなければ法律違反になる」と強調した。(引用終り)


 片山大臣によると、浦安市は法律違反だそうですよ。

 なら、どうして大臣は、即座に浦安市を訴えるなり、何らかの処分を下さなかったのででしょうか。不思議ですねぇ。結果的に浦安市は、4月10日には選挙を実施しなかったのですから、法律違反なんでしょう。訴えるなり、市長を逮捕するなり、何らかの行動を何故お取りにならないのでしょう。

 それとも、単なる脅迫ですか。そうなると、逆に浦安市は、大臣を脅迫罪で訴えても宜しいという理屈になりますが・・・・。

2011年4月27日 (水)

資産は国民

 江戸川区某所にて(2011.4.24)

001
 統一地方選第二弾選挙当日、ホームセンターへ買物に行く途中でこの掲示板を見つけました。

 私は、これを見てびっくり仰天。物凄い違和感を感じました。

 それは、私自身、長年金融業務に携わってきた関係上、商売柄、「資産」とは、動産・不動産のみを対象にして使用される言葉であり、「人間」に対しても使われるとの概念は全くなかったからです。

 B/S、P/L 上の流動資産・有形固定資産・無形固定資産・繰延資産等の如く、資産とは、その価値を貨幣で換算できるもののみに使用される、と信じておりました。

 民主党としては、「国民は人的財産」とのイメージ戦略目的で、このキャッチフレーズを採用したのでしょう。でも、体が左に曲っている人達と相性の悪い私には、このキャッチフレーズは、Leftistさんたちの「唯物主義」ここに極まれりと思えてなりません。

 ついでに、このポスターの左下にあるお言葉。

002

 私は「日本がダメな国」などと思っていませんが、政治とメディアの世界だけに生きている方々は、どうしても「日本はダメだ」「日本はとっても悪い国」と規定しておかないと何らかの理由で生きていけないのでしょうか。とってもお気の毒なことです。

 もっとも
「資産は国民」という使われ方、知らなかったのは私だけで、この世界では従来から当たり前のように使用されているのかも知れません。何せ、思い込みが激しい性格なものでして。

 同様の思い込みが、震災直後の早朝の浦安防災無線のアナウンスでありました。

 「今日から18日まで市内の小学校・中学校は休業します」

 何度注意深く聞き直しても、「休業します」と言ってます。

 えっ!
学校が休業するっておかしくない?こういう場合は当然「休校します」でしょう。若い娘さんのたどたどしいアナウンスだから、きっと彼女自身が「休業」という言葉を一人よがりで使っているに違いない。いずれ周囲にいる上司が、注意してあげるだろうと、思っておりました。

 ところが、翌朝も、やはり「休業です」のアナウンス。で、市役所に電話してみようかなと思いながら、通りすがりの掲示板を覗いて見ると、こうありました。

3

 明確に「休業」とありました。どうやら彼女が勝手に使っていると思ったのは完全なる私の間違いでした。ですが、個人的には中々納得がいきません。

 ひょっとしてお役所言葉?そう思って、ネットサーフィンをしてみますと、やはりそうでした。そしてどうやら昨今の学校では、父母宛の連絡文書も、「風邪で休業」というように頻繁に使用されているようです。

 慥に「始業式」「終業式」「卒業式」であって、「始校式」「終校式」「卒校式」とは言いませんものね。休校ではなく、休業がお役所的には正解なのでしょう。

 とはいっても、私の学生時代の記憶を辿ると、学校が「臨時休業」と言う使われた記憶は一切ありません。いつも「臨時休校」でした。

 併せて、新聞・テレビでも、昔も今も「インフルエンザで臨時休校」って報道しておりませんか?庶民の生活に、敢えてお役所言葉を蔓延らせる必要はない!


 つい、捻くれた考えをしてしまいがちです。くどいですね、私も。

 やはり金融マンとしては、「休業」とは、商店やデパートや会社が「業務を休むこと」という観念からどうしても脱出できません。

 でも、そうですね。日狂組の先生方は、自らを労働者と規定している訳ですから、教育も業務なんですね。そして、君が代・日の丸反対も、伴奏拒否も、勿論、業務。そう考えると、その彼らが熱狂的に支持している民主党のこのキャッチコピーは、欺瞞の極致たる秀逸作品となりえます。

 
日本はダメな国じゃない。日本人はスゴイ。
 
 私達も、時にはこの偽善スタイルを見習って、彼らを撃沈しようではありませんか。

2011年4月26日 (火)

当世民主党流選挙気質

 昨日ご報告致しましたように、2011年浦安市議選、民主党は、現有1議席を死守はしたものの、当選率33.3%の1勝2敗、政権与党らしからぬ惨敗を喫しました。現政府の震災対応に鑑み、多くの健全なる市民は、2009年の政権交代の熱病から冷め、ここにきて漸く保守回帰の必要性に目覚めた感があります。K党の1議席増だけは癪に障りますが。

 ただ、今回の市議選、特筆すべきは21位の最下位当選ながら、「たちあがれ日本」のKY氏が初議席を獲得したとことです。早大卒、若干27歳ながら、民主党の空虚な顔立ちの方々とは違って、内に秘めたる闘志が感じられます。何よりも、彼の公約には「外国人参政権」反対を毅然と打ち出していることを、私は、大いに評価します。「外国人参政権」反対は真っ当な日本人にとってはごく当たり前の見地です。

 では、ここで民主党のお三方の闘い振りを、ご紹介しておきましょう。ちなみに夫々の得票数・順位は、以下の通りです。

○ 当選 Mrs JO 32歳・新人 2,448票(3位)
● 落選 Mr. KY 60歳・新人 1,228票(23位)
  ↑最下位当選ラインまであと約100票
● 落選 Mr.MT 36歳・現職 1,022票(28位)

 結果的には、現職と新人が入れ替わっただけのことですが、落選した現職のMT氏は、本年1月小沢氏の政治資金問題が喧々諤々としていたとき、早々と空気を察知し、公然と民主党離党を宣言、瞬間的にマスコミでも話題になった方です。

 離党後3ヶ月間、無所属で居座っていた訳ですが、石川知裕氏の如く、実態は民主そのもの。上辺はいくら無所属を装っても、所詮、似非無所属が服を着た民主党員のMT氏。前回2位当選を果たした実績は吹っ飛び、今回は浦安市民から完全に見放されました。31人中28位がその証左です。

 かたや、公認候補のお二人、明暗が分れました。
 民主党公認を徹底的に隠し通した32歳JO嬢が当選し、正直に民主党を標榜し連呼した市議挑戦2度目の60歳KY氏が落選と相なりました。

 KY氏は、ここ数年、普段から街のあちこちでポスターが掲示されており、長年民間会社にお勤めしていただけあって、見た目は頑固実直そうな印象です。氏は、今回の選挙に当たって、変な小細工はしない、堂々と民主党公認を宣言し闘うと主張しておりましたので、敗けても悔いは残らないでしょう。

 一方で、3位当選を果たして鼻高々のJO嬢。立派な選挙カーで、プロのウグイス嬢を雇い、ひたすら名前だけを連呼し、民主党公認であることを最後まで徹底的に隠すことに徹しました。彼女のオフィシャルサイトにも民主党のミの字も見当たりません。要は、民主党本部の指示通りに動いた優等生といったところでしょう。

 私自身、彼女の選挙カーに一度遭遇しましたが、余りの中味のない綺麗事の公約連呼と民主党公認を隠蔽する卑怯さに激怒し、選挙カーから手を振る彼女に直接野次を投げつけたら、彼女即座に私から視線をそらし、それまでゆっくり動いていた選挙カーが、そそくさと逃げ去って行きました。上位当選を果たしたとはいえ、民主党当選者なんて国会議員も含め、所詮こんな連中の集まりに過ぎません。

 落選したとはいえ、KY氏の方に、正直、日本人らしさを感じます。

 さて、ここで、民主党隠しで見事当選を果たしたJO嬢のプロフィールをご披露しておきましょう。京都生まれの32歳。同志社を卒業し、某公営放送局の松山支局に女史アナとして入局。大学の先輩と結婚を機に退職。現在、2才児の母。

 同じような境遇の浦安在住の女性の大半は、マリナーゼライフを満喫し、ママチャリでディズニーランド通いをする一方で、選挙に出馬することなんて全く思いもしないでしょう。

 日本の家庭を支えている専業主婦の殆どは、いろいろと不満があっても、やはり、子育てに専念し家族を支えていくことに、たとえ平凡といわれようとも悦びを感じているのです。でも、プライドが優先する超一流公営放送女子アナ経験者JO嬢にとっては、その平凡さが耐えられないのでしょう。

 彼女のオフィシャルサイトによりますと、

 終の棲家をより良くしたいという思いが、もともとあった志の芽に水をやることになり、「私が浦安を変えなくては!」との思いが高まったことから、4月の浦安市議会議員選挙に出馬する決意を固めました。

 とあります。

 アンチ民主派としては、彼女如きに、「我が浦安を変えられて」なるものか、と猛然とファイトが湧いて仕方がありません。

 さらに、彼女の公約ですが、
「幼保一体化の推進、待機児童の解消」この辺はありきたりの陳腐そのもので、ただ、読み飛ばすだけですが、「中・高生 → 市の裁量で革新的な取り組みが行えるよう、県立高校の市立化をめざす」って一体どういう思考回路なんでしょう。実に香ばしいです。流石、極左・反日売国放送局職員だっただけのことはあります。普通の健全なミセスは、こんなこと考えませんよ。彼女、きっと、どこかで汚染されてしまったんですね。お可哀想に。

 ともあれ、市議選民主党劇場、大変堪能させて頂いたことに、深く感謝申し上げます。

2011年4月25日 (月)

浦安市民 GJ!かくれ民主無所属(現職)落選

< 2011.4.24 浦安市議選、開票結果 定員 21 立候補者数 31 >
 当選者内訳 ( )内:前回選挙

 民主 1(かくれ1)、公明 3(2)、共産 2(2)、みんな 1(0)
 たち日 1(0)、無所属 13(16)

 ◆ 民主:当選 1、落選 2(公認1 かくれ無所属1)
 ◆ 公明:3名全員当選
 ◆ 共産:当選 2、落選 1
 ◆ みんな、たち日:各々 1名初当選

< 政党別得票数(%) >

 民主 4,698(8.7)、公明 6,297(11.6)、共産 4,133(7.6)
 みんな 2,137(3.9)、たち日1,327(2.4)、無所属 35,617(65.7)
 合計 54,209(100)

<投票率>

 今回:43.81% 前回:43.17%

« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »