« 保守系市長を当選させた浦安市民の僥倖 | トップページ | 中国はお好き?韓国はお好き? »

2011年5月23日 (月)

浦安市千葉県議選、内田悦嗣さん(自民党)見事トップ当選

投票結果(定数2):5月22日

内田えつし(自民)  16,078票(  42%)当選 
矢崎けんたろう(民主)11,739票(  31%)当選
三原としはる(みんな)10,221票(  27%)
得票合計       38,038票(100%)

 何かと話題を振りまいた1ヶ月遅れの浦安市の県議選でしたが、自民党公認の内田悦嗣さんが前回同様、トップ当選を果たされました。よかった、よかった。

 投票日前日の夕刻、たまたま浦安駅を降りたら、駅前広場で内田さんの最終演説会が始まるところでした。


008
    黄色いスーツ姿は応援にかけつけた猪口邦子さん

 内田さん、見た目は失礼ながら、一見、浦安魚市場のおっさん風ですが、その風貌がかえって、現場も解る「出来る男」を感じさせます。伊達に、二階堂どっとこむで激賞されていた訳ではないようです。圧勝でした。

 片や民主党の矢崎さんは、滑り込みセーフ。直前に立候補を表明したみんなの党の三原さんに1,500票差まで詰め寄られてしまいました。正に、31%という低投票率に助けられたという感じ。前回並みの投票率(38%)であれば、間違いなくアウトだったでしょう。

 ちなみに、矢崎さんの Web Site を一度ご覧になって見て下さい。この方は被災から2ヶ月間、現職県議として一体何をしていたのでしょう。同じ現職県議の内田さんとは雲泥の差が歴然です。

 プロフでは矢崎さんは元銀行員のようですから、少なくとも現実を把握する能力はおありだとは思うのですが、矢張り、民主党から立候補する程度の方ですから、現実は理解できても、対応処理能力は全く欠如?なのかも知れません。

 91年4月に社会人になったとありますから、おじさん世代としては、その辺は妙に納得してしまいます。

 何はともあれ、当選おめでとう。今後4年間のお二人のご活躍を祈念しましょう。そして根性をだして、浦安を今まで以上のワクワクするベイエリアにしていきましょう。
 
 < 麻生閣下、輝きの応援演説 >
 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14533330
(5月19日:浦安駅前)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14533884
(5月19日:新浦安駅前)

アップ主しおみずさん、乙です。

さあ、「そのけん」さん、いよいよ、出番ですよ。

« 保守系市長を当選させた浦安市民の僥倖 | トップページ | 中国はお好き?韓国はお好き? »

浦安点描」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事