« 細野モナ夫の本音 > これが民主党だ | トップページ | 野田佳彦の研究(その2)> 政治資金でキャバクラ通い »

2011年9月 2日 (金)

野田佳彦 ネーミング大賞(8月・月間賞)




◆ 第一位(ドジョウ内閣総理大臣杯)

 「 どんぐりさんのお友達 」 


">



◆ 第二位(チョクトくん後継者大賞)

 「 民主党の清純派AV男優 」


244


◆ 第三位(座布団十枚笑点大賞)

 「 ニキビ跡が残った竜ちゃん 」


291



◆ 増すゴミさん、早くも、必死のプロパガンダ

  野田ポーク と 相田みつを
  「どちらも、中味のない、ただのオッサンなのにネ」



 <「ドジョウ演説」で相田さん作品注文殺到>
   http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110831-828153.html


◆ 左翼に利用される似非ヒューマニスト「相田みつを」


  真っ赤かの怒超級leftists出版社「明石書店」2003年刊
  <人権読本「じんけんの詩Ⅲ」より転載>


 (同書26-27pから)


  
「 泣 」


  わかって
  たまるか
  人に踏まれて
  ばかりいる
  雑草の
  くるしみが

       みつを


  弱者の叫びをわかち合うこと、できるかな、
  そんな思いを実践できるかな。(編者)



  強がりなんか
  いうことないよ
  やせがまんなど
  することないよ。

  だれにえんりょが
  いるもんか
  声をかぎりに
  泣くがいい
  ただひたすらに
  泣けばいい

       みつを


  こんなに正直な詩を綴れる相田み
  つをさんの心のなかに、とび込みた
  くなるのは、わたしだけでしょうか。(編者)



(編者:今野敏彦)
 弱者を卑下し、トコトン弱者を利用し尽くす、偽善者。
 こういう体が左に傾いている人達こそ、本物の差別主義者なのです。


★ ご参考(同書18-20pから)


 
どこに差別があるのかな

         こんの としひこ

 なに気なく語る表現や、わたしたちの態度のなかに、差別につながるものがあります。

 つぎの表現のどこに差別がかくされているのか、仲間といっしょに考えてください。

(1) 国際化がすすんだためか、最近は外人がやたらに多い。電車のなかでもそばへ行きたくないな。

(2) しっかり勉強しないと、一流大学へ入れないよ。土木作業員や日雇いになるつもりならよいけどさ。

(3) あいつは育ちが悪いから事務職は無理だな。田舎へ戻って百姓でもしたらよい。

(4) どの指とっても、人間にとっての大切な役割を果たしていて、指一本欠けても人間としての力を十分発揮することはできません。

(5) A子さんは、病気の夫を若くして失い、女手ひとつで二人の子どもを育ててきました。掃除婦までしてがんばりました。

 *  *  *

(1) 「外人」は「外国人」としましょう。「気持ちが悪い」「そばに行きたくない」の表現には、外国人に対する偏見がみられます。

(2) 大学に格付けをすることは、差別を拡大します。また、「土木作業員」への職業差別がみられます。

(3) 人を「育ちが悪い」と断定することはできません。そこで「田舎に戻って百姓でもしたらよい」となれば、農民・百姓・地方出身者への差別となります。

(4) 指がなくとも、人間に変わりはありません。いろいろな事情で指をなくした人もいます。障害への配慮が欠けています。

(5) 「掃除婦までして」という表現には、清掃業に従事する人びとへの職業差別意識がみられます。病気の夫を若くして失うことがなければ、掃除婦などして慟く必要がなかった(いわゆる性別役割分業)との考え方につながります。さらに、この人が万が一、二人の子どもたちに、「おかあさんは、掃除婦までして、あなた方を育てたのだ」と語っていれば、職業差別意識を受けつがすことになります。



292




« 細野モナ夫の本音 > これが民主党だ | トップページ | 野田佳彦の研究(その2)> 政治資金でキャバクラ通い »

半島人」カテゴリの記事

正義を疑う」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事