« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

野田佳彦くんの半島流言い訳答弁(前編)




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.16 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/discource/20120718ijime.html

 
きみは、ひとりでは、ない

 いじめられている子がいらっしゃるとするならば、ぜひお伝えしたいことがあります。あなたは一人ではありません。あなたを守ろう、という人は必ずいます。それを信じて、お父さん、お母さん、先生、友達、誰でもいいから相談してください。



1673


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    334日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 394日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 40日

 


◆ 野田佳彦くん、復興放ったらかしで、完全オフ


 < 7月28日(土)野田日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120729/plc12072903090000-n1.htm

 
終日、公邸で過ごす。

 < 7月29日(日)野田日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120730/plc12073003080001-n1.htm

 
終日、公邸で過ごす。



 2012.07.27 参院特別委員会、自民・礒崎陽輔議員、質疑応答


1674


 < 参院国会中継 >
 http://www.youtube.com/watch?v=bNSo3zpLDoU

">


■■■■ 文字起こし ■■■■


(磯崎)

 えぇ、自由民主党の礒崎陽輔でございます。よろしくお願い申し上げます。

1675

 えぇ、訪問歯科診療の分野で、日本最大の規模を有する「デンタルサポート社」と言う会社が、千葉県にあります。

 同社の、おぉ、さむたけさん、寒いに竹と書くんであります。

 さむたけ郁夫社長と野田、あ、かんたけですね、失礼、寒竹郁夫社長と野田総理は、どういうご関係でしょうか。

(野田)

 あのぉ、高校時代からの古いつきあいの、友人でございます。

(磯崎)

 いや、政治的な部分でも、関係があったんじゃないですか。

(野田)

 あの、その後、私が県会議員の選挙に29才の時に出て以来、あの友人として応援をしてくれています。

 えぇ、一時は、あの、後援会長を務めてられたこともございました。

(磯崎)

 ええ、報道によりますと、そのデンタルサポート社は、訪問歯科診療の不正請求により、巨額の利益を得たとされております。

 え、訪問歯科診療は、あぁ,私の地元大分県でも、私も力を入れてやっておりましてですね、ま、歯科医師の皆さんの献身的な努力により、かなり定着してきておりまして、歯医者さんに行けないお年寄りや、障害者の皆さんに喜んで頂いておる、そういう事業であると思います。

 ま、この訪問診療制度を悪用して、大きな利益を得たとされています。

 えぇ、訪問診療には、20分ルールというのがあります。

 一人当りの診療時間が20分を超えた場合と超えない場合で、診療報酬に、かなり差がある訳であります。

 例えば、施設内で、沢山の患者の、おぉ、歯を診察するときに、実際は、パッパッパァーと診ておってもですねぇ、一人20分診たと言って申請をすれば、巨額な利益が得られることになる訳であります。
 
 同社のグループの年商は、86億円に上ると言われておりますが、診療報酬の請求の中に、20分ルールであったら、1時間は3人しか診れない、計算簡単ですよねぇ。

 それを1時間、5人とか6人とか、請求してたことによって、まぁ、内部の計算では、その86億円のうち年間21億円も、不正請求であったと言うことが、報じられた訳であります。

 まぁ,厚生労働省にお伺い致しますが、このデンタルサポート社の不正請求の実態について、どのように、認識しておるでしょうか。

(厚労省)

 えぇ、ご指摘の週刊誌で報道された事案につきましては、現在、状況の確認を行っているところであり、仮に、診療報酬の不正請求等があった場合には、厳正に対応して行きたいと考えております。

 なぉ、歯科訪問診療については、一人の歯科医師が、同時に複数の患者の歯科訪問診療を行うことは、想定しておりません。

 また、報道された事案については、えぇ、昨日から今朝までに確認出来たことは、医療法人社団郁栄会に関して、これまでに取り消し処分に至った事例はないこと。

 刑事事件に発展したと記載されている事例は、デンタルサポートグループとは別のもの、以上であります。

 引続き、状況の確認を進めさせて頂きます。

(磯崎)

 まぁ,聞かないことも沢山お答え頂いてありがとうございます。

 まぁ、今言ったように、一辺に複数を診ることはない訳ですから、1時間だったら3人しか診療出来ないところを、おぁ,まぁ、私の調べたところによると、1時間に5人や6人の請求をしておると言うことなんですねェッ。

 えぇ、平成21年の3月頃に、丁度、野田総理も、寒竹さんを、後援会長から、ま、解任されたのか辞められたのかは知りませんけど、丁度、お辞めになった頃ですねぇ、千葉県の監査が入っております。

 私、あのぉ、同社のミィーティング議事録を入手してる訳でありますが、こんなこと書いてるんです。

 県庁の介護保険課から、監査報告が来た。

1676

 勧告と返還を求められている。

 一ヶ月以内に返金すると言うことになっている。

 返還場所は各市町村と交渉して対応する。

 減額交渉などを含めてKさんが対応する。

 次週、総額と市町村別の一覧が出せる。

 市町村側では、金額を把握してない模様。

 あくまでも自主返還なので、こちらとしては誠意を持って対応出来る範囲での、対応する。

 監査結果に沿って洗い出しを行っている。

 約8百万円弱の返還金が予想される。

 これから市町村と調整する。

 広範囲に返還しなければならない。

 船橋市、自主調査では、132万円をまず分割しながら、返していく。

 発端となった船橋市に返済を行いながら、他の市町村の反応を見て行くと言う。

 エリア分割するやり方ではなく、全てを分割して、小出しに返還していく。

 対象は千葉のみ。

 北海道や東京などは、関係ないのではないかと。

 まぁ、これがまぁ、同社の会議の議事録でありますけれども、まぁ、あの、相当、怪しいことをやっている、うぅ、感じがする訳でありますが、えぇぇ、この、おぉ、デジタル・デンタルサポート社グループが、既に、診療報酬、かなり返還してる部分もあると思うんですが、どの位の額にのぼってますでしょうか、厚労省、お答え下さい。


(厚労省)

 えぇ、昨日の、おぉ、報道以来、今朝まで、えぇ、状況確認に務めておりますが、えぇ、ご指摘の返還総額につきましては、まだ、把握出来ておりません。

(磯崎)

 えぇ、質問通告してるのに「出来ない」と言うのは、おかしいんでありますけれどね。

 ま、今、言っただけで、あのぉ、おぉ、この時だけ8百万円位返しているんですねぇ。

 もう、かなり返還の常連に、このグループは、あぁ、なってる訳であります。

 まぁ、先程も言いましたように、えぇ、今の議事録見ても、かなり故意にですねぇ、いろんなことをやっている。

 それだけじゃないんです。

 えぇぇぇ、このグループの診療所にはですねぇ、ペーパー診療所と言うのがありましてですね、えぇ、今調べているところで、まぁ、あのぉ、断定は致しませんけれど、おぉ、要は、紙に何とか診療所と書いてベッタリと張ってあるぐらいの、全く、診療所の実態が見えないよう診療所が、いくつも、局長、あるんですよね。

 こにには、ですね。

 で、まぁ、恐らく、そのぉ、診療請求は、してないことはないんですよ。

 してなかったら、直ぐに潰されると思いますから、まぁ、全部、実施診療だったと言うんだたら、あぁ、自由診療だと言うんなら別ですけどね。

 えぇ、だから、やってるんでしょう。

 まぁ、そこそこ設備を引いたら、ここは、あのぉ、訪問診療、訪問歯科診療専門の診療所だと言うんでしょうが、まぁ、ちゃんとした看板が付いてないで、紙、ベッタリ張っただけの診療所が、沢山、あるんですよ。
 
 こんな診療所のあり方は、厚生労働省、認められるんでしょうか。

(厚労省)

 えぇ、事実関係を、詳しく確認してみないと分りませんけれども、おぉ、診療を行う場合には、訪問専門でも、おぉ、正規の届け出を行うと言うことはあると思いますけれども、それが、どういう行為をしているかについては、確認をしておりません。

(磯崎)

 いぇいぇ、だから、あの、確認してなくても、一般論でいいんですよ。

 全く診療のその事務所でですねぇ、診療所で全然診療してなくって、訪問診療専門の、おぉ、診療所です、と届けて、まともな看板も出してない、そんな診療所は、一般論でいいですから、許されますか、と聞いてるんですよ。

(厚労省)

 えぇ、診療する意思があって、その場所を、事務所として拠点として定めて報告すると言うことであれば、診療としての届け出は、なしうるもの、と考えております。

(磯崎)

 なんか、なんか、よく分らないですよ。

 ちゃんと、答弁して下さいよ。

 も、そのことで、時間とってもしょうがないんだから。

 要はねぇ、全然、診療実態がない、従業員に聞いても、こんなところ、歯医者さんあるんですか、と。

 まぁ、今日は写真持って来てますけれどもね、ちょっと、提示の許可得てないんで、ここでは出しませんけど、そういうものがある。

 まぁ、さっきの議事録、今言った私の指摘した、えぇ、幽霊、幽霊じゃないですねぇ、まぁ、何と言うか、架空診療所みたいなもの沢山、ま、このグル-プは得ている。

 ま、そういうとこなんです。

 まぁ、あのぉ、これはまぁ、今後、えぇ、きっちりと、調査をしてくれますね、衛生局長。

(厚労省)

 えぇ、架空診療所であるかないかについては、調べたいと思います。

(磯崎)

 まぁ、この問題も大きな問題でありますが、あぁ、ちょっとまぁ、総理との関係で、先程、あのぉ、寒竹氏は総理の後援会長を、えぇ、平成21年までお務めだったと聞いておりますが、総理はこれまで、えぇ、寒竹氏、或は、寒竹氏のグループ会社、或は、寒竹氏が理事長を務める政経倶楽部から、どの位の政治献金を受けているでしょうか。

 暦年別の額と総額を教えて頂きたいと思います。

(野田)

 えぇ、寒竹郁夫氏から民主党千葉県第4区総支部、これは、丁度、えぇと、平成11年、99年でありますけれども、500万円の寄附を受けていたことを、おぉ、千葉県の公報で確認をさせて頂きました。

 それから、えぇ、資金管理団体「未来クラブ」が、平成14年から、平成にじゅう~まで、22年までの9年間のうち、6年間で、えぇ、計405万円の寄附を受けていたことが、収支報告書、その他で、えぇ、確認をさせて頂きました。

 えぇ、その他に於て、寒竹郁夫氏から、私の関係政治団体が寄附を受けた事実は、見当たりません。

 あ、歴年別と言う話ありましたが、平成14年、101万円、平成15年、100万円、平成17年、100万円、えぇ、平成20年、102万円、21年、1万円、22年、1万円、計405万円です。

 また、政経倶楽部は、一般社団法人であり、私の関係政治団体が寄附を受けていると言う報告はございません。

(磯崎)

 はい、まぁ、あの、総理が正直に言って頂いたと思います。

 まぁ,あのぉ、それだけ、でも総理と寒竹氏の間には、深い関係がある、と、まぁ、後援会長ですからねぇ、多少の寄附はしてもらえるんかも知れませんけど、そんな関係があることが、分りました。

 まぁ、この間ですねぇ、総理が財務副大臣の時に、先程の、診療報酬の加算の規定のルールがですねぇ、それまで、一部、30分だったんですね。

 30分のルールが、20分に緩和されておるんです。

 もう、お分かりと思いますけれど、短ければ短いほど、診療報酬は、上がる訳ですよね。

 ま、これは総理、何か、寒竹氏との関係は、あるんでしょうか。

(野田)

 あのぉ、彼から具体的に、彼の仕事の関係で、要請を受けたことは一度もございません。

 えぇぇ、いや、全く、ありません。

 え、財務副大臣、当時、確か、そうでありましたけれど、診療報酬に関るものに、全く、関係ありません。

1677

 あの、中医協で決めてる話ですので、あの、私が関係したと言うことは、ありません。


(磯崎)

 まぁ、総理が、全く関係ないんと言うんで、それはまぁ、私も信用致したいと思う訳でありますけれどもね、ま、もう一つ、大きな問題があります。

 えぇ、古い話で全く恐縮なんでありますが、総理が、えぇぇぇ、2期目の選挙で、ご落選をなさったと。

 えぇ、これはまぁ、えぇ、我々政治家が、常に覚悟してなければならん訳でありますけれど、その時にですねぇ、えぇ、総理も、おぉ、何人かの秘書を、もちろん、お持ちであった訳ですけど、その秘書の給料を、寒竹さんの医療法人である郁栄会が、えぇ、肩代わりをしてた、と。

 これも、そう言う報道がありますけれど、これは、本当でしょうか。

(野田)

 えぇ、平成8年の、おぉ、まぁ、所謂今の小選挙区比例代表並列制の選挙が導入された時に、あのぉ、私は2期目で、落選をしました。

 しぃぃ、えぇ、105票差と言う、全国一の僅差。

 重複立候補してませんでしたので、惜敗率99.99%で、3年8ヶ月、浪人をすることになりました。

 その時に一番助けてくれたのは、高校時代からの友人の今名前に載ってる寒竹氏であります。

 あのぉ、私の政治活動、続けなければなりません。

 秘書たちも、暮らしていかなければなりません。

 ま、その時に、さっきの5百万円ていうのも、あの、支部にお金を献金してもらったのもその時であります。

 で、只、ちょっと、虚実入り混じってます、あの、報道を見ますと。

 すぅ、えぇ、私の秘書が、私の浪人時代、えぇ、彼の経営する医療法人に雇われていたとの件、事実である部分と、間違いである部分が、入り混じっていますので、正確に、ここで申し上げたいと思います。

 あのぉ、現秘書について、えぇ、一時期、秘書と兼職と言う形で雇用されて、えぇ、働いていた者がいますが、当時、浪人していたので、これ、満足に給料を払うことが出来ません。

 従って、兼職で所得を得ていた者は、一部、居ます。

 あ、一人、居ます。

 えっ、これ事務の手伝いなども勤務実態は、ございます。

 えぇ、それから、えぇ、ですから、これは、個人の兼職であるから、政治資金との関係ではありません。

 それから、もう一つですねぇ、名前が出ていますけども、当時雇用されていた事実、ないものもあります。

 それから、もと秘書で、これは、あのぉ、完全に、その、あのぉ、所謂、デンタルサポート郁栄会の正社員として、あのぉ、生活することになったものもおります。

 あのぉ、それぞれ、えっ、みんな、職を失った中で、兼職をしながら一部支えてもらった者と、完全に我が事務所を辞めて、えぇ、そこの処に入って、具体的に実態もって仕事した者と、それから、名前は出てるけど、そう言う事実じゃない者と、ちょっと、入り混じっている報道になってとは思います。

(磯崎)

 あのぉ、そう言っても、皆さん、よく分らないので、要は、秘書の給与を肩代わりされている人はいない、とおっしゃりたいのかどうか、そこをちょっと、はっきり、言って下さい。

(野田)

 肩代わりする、ってことじゃありません。

 あの、実態があるって言うことでございます。

(磯崎)

 いや、そりゃ、意味がよくわからんのですけれど、まぁ、報道によると、そのぉぉ、当該団体の事務長の肩書きを持ちながら、総理の秘書の名刺も、もう、両方持ってた。

 二足のわらじは、これは、二足のわらじだから、肩代わりではないと仰有っているのか、今の実態はそうだと言うのか、どちらですか。

 もうちょっとはっきり、国民の皆さんに、わかるように、言って下さい。

(野田)

 あの、自分の秘書活動をやりながら、例えば、一定のイベントの手伝い等々をやると言う、そういうだから、兼職と言う意味では、そう言う人も居ました。

 後は完全にうちの事務所を辞めて、完全に、あの、雇用されてる、という状況の元秘書が、二人、居ました。

 で、これは、完全に、だから、実態があると言う風に思います。

 で、肩代わりと言う意味はですねぇ、ま、多分、一番、私が、困窮している時だったもんですから、その分、実際に雇い入れた問題も含めて、あの、助けたんだ、と言う意味ではないのか、と言う風に思います。

1678

(磯崎)

 いえ、私は、それは、肩代わりだと言うんだと思いますよ、少なくともね。

 いや、それは、あの、確かに、総理が言うように、向こうに、もう、完全に、まぁ、一時、移籍してたり居るのも、私の調査では、それは、分っております。

 だから、総理が、そう、事実と違うことを言っているとは思いませんけれど、やっぱり、肩代わりがあったんじゃないですか。

 そうであれば、私は、これは、政治資金規制法上、総理の政治団体が寄附として屆けなけりゃ、おかしいと思いますが、そういう届け出はなさってますでしょうか。

(野田)

 あのぉ、実態はあったと言うこと、勤務実態があると言うことでございますので、あおぉ、政治資金規制法上の問題ではないと言う風に思います。

(磯崎)

 まぁ、その辺をねぇ、まぁ、確かに、事実問題でありますから、総理は、向こうで働いて向こうの給料を貰ってた。

 ただ、あの、兼業してた人があるのは認めるんですね、兼業してた人がね。

 その人は、ちゃんと、じゃぁ、(咳払い)、時間を決めて、向こうの病院、あぁ、病院の医療法人に行ったり、いや、或は、先生の処の事務所に出所したり、時間を決めて、行ったり来たりしてた訳ですね。

(野田)

 あのぉ、野田事務所の手伝いと言うか、秘書との仕事を、例えば、朝、一緒に、街頭に立ったりするとか、と言う形をやりながら、一方で向こうが必要な時には、そのぉ、お手伝いをすると言う実態がありましたので、で、従って、これは、だから、個人の兼職でありますので、政治資金の問題とは関係ないと言う風に思っております。

(磯崎)

 まぁね、そんなことは、簡単には、許されないんです、それだけ。

 兼職と言っても、ちゃんと、勤務形態が、事実、きちっと、セパレート出来てる場合もあるでしょうけれど、今の総理の事案なんか、非常に曖昧ですよねぇ。

 結局、まぁ、それは向こうの仕事も、少しは、あぁ、給料払ってるからやらしたんかも知れませんけれどね、えぇ、基本は、秘書でやってた訳でしょ、総理。

 そりゃぁ、ちゃんと、認めたらどうですか。

 今言った、あぁ、説明では、我々、納得出来ませんよ。

 やっぱり、そりゃ、秘書もやりながら、向こうの仕事もしてた位な話なら、あのぉ、少しは聞いてもいいですけれどもね、そんな、セパレートして、完全に、全く違う仕事をあっちでやったりこっちでやったと、そんな実態じゃないと思いますが、如何ですか。

(野田)

 いや、ですから、私の政治活動を手伝う、と言う一方で、あのぉ、そちらの会社のお手伝いもすると言うのが実態だったと言う風に思います。

(磯崎)

 まぁ、じゃぁ,もう少し、じゃぁ、あの、具体的な、あぁぁ、勤務実態、(咳払い)、まぁちょっと古い話ですけどね、どうであったか、また、説明して頂けますか。

(野田)

 あっ、それこそ、あのぉ、90年代の後半のお話なんで、具に全部記憶している訳ではございませんけれども、あのぉ、勤務実態はあったと言う風に、本人からも、報告は受けております。

(磯崎)

 いやいや、説明が出来んなら、説明やらないでしょう。

 我々は、そうじゃなくて、今のような実態であれば、そんなものは、えぇ、給与の肩代わりですよ。

 違うって言うんだったら、総理が、自分で、ちゃんと、そうでないと言う証拠を示さないと納得出来ませんよ。

 説明して下さい、ちゃんと。

(野田)

 ちょっと、これ、正確に良く調べなければいけませんけれども、給、秘書としての給与は、私の事務所からも出してたと思うんです。

 だから、それを若干補って貰う部分があったと言うことであって、あの、給与の肩代わりと言いますかですねぇ、えぇぇぇ、あのぉ、その寄附としての扱いじゃなくて、実態に則しての対応だったと記憶をしてます。

(磯崎)

 いや、じゃぁじゃぁ、総理の事務所からいくら払ってたのかぁ、どういう風な算定でそうなったのか、そう言うデータを、資料を出して貰えますか、と聞いてるんです、さっきから。

(野田)

 まぁ、ここは、いずれにしても、正確をきさなければなりませんので、良く調べさせて頂きたいと思います。

(磯崎)

 調べるのと提出の意味違いますから、あのぉ、おぉ、委員長、あの、これを、理事会の方に提出を求めたいと思います。

(委員長)

 後刻、理事会で、協議させて頂きます。

(磯崎)

 まぁ、先程言いましたように、肩代わりであったら、これは、届け出て貰わなければなりません。

 まぁ、ここだけ、まぁ、あのぉ、長く言っても仕方がありませんが、まぁ,この問題はですねぇ、引き続いて、この問題と言うのは、その、デンタルサポート社の不正請求問題です。

 さっき言ったように、もう、かなり、怪しいんであります。

 えぇぇぇ、これはもちろん、あのぉ、内部告発から出て間違いのない訳でありますけど、86億円の年商の中のですねぇ、21億円が、不正請求だと言うデータがある。

 不正請求のデータだって言うのは、要は、そのぉ、どの位、1時間3人より増えているところを計算してみたら、あぁ、大体、内部的計算してみたら、21億円になったと言う計算であります。

 まぁ,そういうことをした団体でありまして、これはもう、もちろん、問題であります。

 問題ではありますが、一方で、今、総理が、政治生命を懸けると言って、今、この消費税増税を国民にお願いしている中で、こんな診療報酬の不正請求を受けていたところと総理とが、緊密な関係にある。

 それは、やっぱり、問題であると思いませんか。

(野田)

 先ず、そのぉ、不正請求があったのかどうかと言う事実関係も、まだ、明らかになっておりません。

 あのぉぉぉぉ、ま、確かに、そのぉ、高校時代からの友人ですし、特に、浪人中ですねぇ、大変、助けてくれた。

 で、後援会長も、その頃から、あのぉ、務めてくれた、と言う関係であることは間違いありませんが、私の政治活動とその彼のビジネスが直結している訳ではございませんし、そのための手助けをしたこともございません。

 そこは、是非、ご理解を得て行きたい、と思います。

(磯崎)

 何か、総理らしくない、答弁ですねぇ。

 こういった場合、今までも、いろんな事件がありましたけど、そういうことをしている処とは、政治家は、きちっと、縁を切ってきたじゃないですか。

 そうやるべきじゃないですか。

 この後援会長は、あぁ、その2,000、うぅ〜ん、えぇ、平成21年に、お辞めになって貰ってますけど、昨年の園遊会に、総理枠で、お呼になったと、これ、本当ですか。

(野田)

 あのぉ、財務大臣の時にぃ、いい、私から推薦をして、あのぉ、お招きをする枠の中で、あのぉ、おぉ、招いた、と言うことはあると思います。

 あのぉ、後援会長自体は、あのぉ、おぉ、降りていますけれども、あのぉ、依然として、中小企業の人たちを集めた勉強会等々とで私の活動をサポートして貰ってますし、あのぉ、いや、引続き、もちろん、あのぉ、友人でありますので、今も、友人です。

 まだ、不正請求あったと言う前提でお話をされてますが、それはまだ、そうなのか、分らない訳ですが、あの、いずれにしてもですねぇ、あのぉ、今、法的に何か問題があると言う訳では、私はないと思います。

 ただ、こういう疑惑が生まれていることについては、まぁ、私にとっても、彼にとっても、きちっと、外に向けて、説明をしていく責任はあると思っております。

(磯崎)

 あのねぇ、うぅ、疑惑が、疑惑じゃなくて、もう既に、この会社、さっきも言ったように、相当、診療報酬の返還してんですよ、いろんなところで。

 で、さっき言ったように、この意図的にやったって、さっき、私も議事録示したように、そういう団体なんですよ。

 まだ、かばうんですか、そりゃ、おかしいと思いますよ。

 うん。

 そりゃ、おかしいですよ、総理。

1679

 今、正に、国民にねぇ、これだけの大きな負担をお願いしようとした時に、診療報酬の不正請求疑惑、ここまで、大きくなっている。

 そんなところとまだ付き合ってますよと、これからも付き合いますよと。

 そんな物の言い方いいんですか、総理。

(野田)

 あのぉ、その、所謂ですねぇ、その政治的な関係においては、これは、今、大きな法案をお願いをしている時に、それは、やっぱり、脇を締めなければいけないと言う意味においてはですねぇ、気をつけなければいけないことはあると思います。

 すぅ、ただ、そのぉ、資金的な遣り取りとは別として、これ、古くからの友人であることは間違いないんで、その友人関係を断絶するんではなくて、むしろ、あのぉ、ご批難があるならば、そういうことを正すことも含めての友情ある説得を含めてですねぇ、そういう関係を途絶えるということで、私はないと思っております。

(磯崎)

 いやぁ、これはちょっと、あきれましたねぇ。

 巨額の不正請求が疑われている団体と、今からも、日本国の総理大臣が、付き合うと言うんですか。

 そりゃぁ、とんでもないですよ、本当、そんな話は。

1680

 何を、総理、仰有ってんですか。

 友人だろうと、何だろうと、今、あなたは、友人の前に、日本国の総理大臣でしょうがぁ。

1681

(野次)

 そうだぁぁ。

 それは、これだけの社会保障費を確保するために、消費税増税を国民にお願いする時に、まだ、こんな団体と付き合うと言うんですか。

 そんな話には、ならんでしょう。

 じゃぁ,もっと具体的に言いますが、少なくとも、先程、905万円は貰っていると言う。

 これ、返還すべきでしょう。

 今までも、そうしてきたじゃないですかぁ。

 いろんなことがあった時に、不正をした団体、まぁ,不正を断定はしませんけれど、今言った相当疑われておる、そう言う状況になってて、既に、何百万も返してるんですよ、実際に。

 そういう団体との付き合いをやってたら、今まで政治家は、大体、も、そこで、断絶をして、貰ってた政治献金は、今まで、返還する、それが、これまでのルールでしょう。

 総理が別に悪いことをしたかどうかは知らないけど、それはまた、今後、確かめますけどね、そりゃ、分らない、分らないけれど、一方の今の会社、これだけ、そんなもの、厚生労働省に調べさせたらいいじゃないですかぁ。

 一週間もあれば、出てきますよぉ。

 そう言わないで、私は、ここまで言っとる訳だから、ちゃんと、縁を断って、献金を返す。

 それは、総理大臣として、当り前じゃないですか。

(野田)

 あのぉ、まぁ、そう言うですねぇ、あのぉ、報道があったと言うことは、これは重く受け止めなければいけないと思ってますので、そのぉ、妙に、その、疑われる関係であると言うことは、こちらとしてもそれは好ましいとは思っていません。

 だから、団体との関係と言う意味においては、そりゃ、控えなければいけないと思います。

 えぇ、ただ、そういういろんなマイナスがあったと、いろいろご批判を受けるとしても、これは、高校時代からの友人であると言う関係については、これは、仕方がない、と思っております。

 ただし、その献金等の問題については、明らかに不正があったんだと言うことが分れば、それは、そういう返還のことも含めて、検討さして頂きたいと思います。

(磯崎)

 それはねぇ、今、先程、厚生労働省きちんと調べると言いまして、いろんな疑惑があるんです。

 調べれば、直ぐ、分ると思います。

 じゃぁ、不正が分れば、えぇぇぇぇ、返金をして貰うと言うことで、宜しいですね。

(野田)

 あのぉ、いずれにしても、今後のその調査等々の踏まえながらの判断をさして頂きたいと思います。

(磯崎)

 段々、答弁が、今日は、総理、曖昧になる、駄目ですよぉ、これはぁ。

 私も調べたんですけど、もう、あのぉ、疑惑の段階じゃないんですよ。

 さっきも、私も、これ以外の議事録もいっぱい入手しております。

 今言ったように、いろんなところの写真も、撮ってきております。

 もう、これはですねぇ、誰が見ても、おかしな団体に入ってる。

 しかも、これは、内部告発でありますから、このデンタルサポート社内部で、21億円の、これ内部で計算したんですよ。

 内部で21億円の不正があったと言う議論を中でしてるんですよ。

 だから、これは、今日、表に出た、週刊誌に報道された。

 それが、今の現状なんですよ。

 うぅぅ、総理、そこのところ、もう少し、しっかりやって、少なくとも、そのぉ、今、さっきは、きちっと、それが不正があることが分ったら返還考える、と言ったじゃないですか。

1682

 不正だったら返還してくれますね、もう一回、聞きます。

(野田)

 あぁ、ない、あぁ、言ってる、言ってることは、おんなじであってですねぇ、あのぉ、正に、調査をした上で、不正等々が出てきたらば、それは、さっきも申し上げたとおりの、あのぉ、返還を含めて検討をさせて頂きたいと思います。

(磯崎)

 まぁ、非常にねぇ、もうちょっと、そのぉ、野田総理だからぁ、スパーッとした、分りやすい答弁を聞けるかと思ったけど、残念であります。

 まぁ、もう一つ大きな疑惑があります・・・・。


(以降、後編につづく)


◆ この御仁も、もう、目が、逝ってるゾw


 < デンタルサポート、代取社、寒竹郁夫 >
 http://www.dentalsupport.co.jp/corporate/philosophy.html

1683




2012年7月30日 (月)

野田佳彦くん延命で笑韓劇場に磨きがかかりました



■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.18 総理の一日 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/25denryoku.html

 電力需給に関する検討会合・エネルギー・環境会議

 政府は、電力供給に万全を期すために、今後とも全力を尽くしてまいります。国民の皆様には、引き続き、節電へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



1659

 < 2012.07.27 産経新聞朝刊から >

1662
1663


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    333日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 395日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 41日




■■■■ 野田佳彦くん主演、直近の笑韓劇場 ■■■■ 


◆ 野田総理の本業、試食業、超多忙



 < 2012.07.25 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/p?id=20120725204543-0012982197&n=2

 ピーチを食す野田佳彦くん

1660


 < 2012.07.14 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120714/plc12071420050013-p3.htm

 ホタテを食す野田佳彦くん

1661


 < 2012,07.07 時事通信 >
 
 焼き魚を食す野田佳彦くん

1662


 < 2012.07.03時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20120703184014-0012880399

 トマトを食す野田佳彦くん

1663

1664



◆ 使い勝手よしひこくんは、パフォーマンス、だ〜いすき


 
< 2012.07.27 どぜうくん、スイカを受取る >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/27yamagata.html

1671


 
<2012.07.27 ミス花笠からスイカを受取る >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120727/plc12072720300015-p1.htm

1672



◆ 最狂の韓韓接待



 < 2012.07.25 野田日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120726/plc12072603150001-n1.htm

 
官邸発。19時30分、東京・松濤のフランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」着。安住氏、日枝久フジテレビ会長と会食。手塚氏同席。21時42分、同所発。55分、公邸着。

1665_2

 < 2010.02.25 聯合ニュース >
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2010/02/25/0800000000AJP20100225003800882.HTML

 
高麗大学、日枝久氏に名誉経営学博士号を授与

 
【ソウル25日聯合ニュース】高麗大学は25日、日本のフジ・メディア・ホールディングスの日枝久代表取締役会長に名誉経営学博士号を授与した。

 日枝会長はフジテレビ社長、フジサンケイグループ会長を歴任。マルチメディア、マルチチャンネル時代に日本の放送産業発展をリードし、韓日間の文化コンテンツ産業発展などに寄与した功労が評価された。


1666

 
名誉博士号授与式で高麗大関係者らと記念撮影を行う日枝会長(中央)


 < 2012.03.26 聯合ニュース >
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/03/26/0200000000AJP20120326001600882.HTML

 
<インタビュー>野田佳彦首相「原子力災害から得た教訓を共有」

 
【東京聯合ニュース】日本の野田佳彦首相は26日、ソウルで開催される核安全保障サミット(26~27日)を前に、東京駐在韓国特派員団との書面インタビューに応じた。

1667



◆ 人道の罪を現在進行形で犯しているチョクトくんとどぜうくん


 
< 2012.07.26 野田日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120727/plc12072703150000-n1.htm

 
19時1分、東京・麻布台の日本料理店「朔旦冬至」着。菅直人前首相と会食。斎藤氏、本多平直首相補佐官同席。21時25分、同所発。31分、公邸着。

1664



◆ Kの国の法則 > 政権末期は悪事暴露合戦勃発



 < 2012.07.18 産経新聞朝刊から >

1668


 < 2012.07.19 産経新聞朝刊から >

1669


 < 2012.07.25 週刊文春 >
 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1625

 
野田佳彦首相の後援会長だった寒竹(かんたけ)郁夫氏が実質的なオーナーである医療グループ「DSヘルスケアグループ」(以下、DSグループ)が社会保障費を不正に請求していることが、週刊文春の取材でわかった。

 寒竹氏は訪問歯科診療をサポートする「デンタルサポート株式会社」(DS社)の社長であり、DS社は医療法人郁栄会など12の医療法人とともにDSグループを構成している。

 元DS社幹部など複数の証言によると、3年前、DSグループ内で不正請求額の試算を行ったところ、年間21億円にのぼったという。証言によれば、訪問歯科診療の保険点数は診療時間が20分を超えるか否かで大きな差が出るが、同グループ内では実際には20分を超えていなくても、超えたことにして高い点数を不正請求するケースが横行しているという。

 2008年には大阪府警が、診療時間を偽り、約20万円を不正に請求した詐欺容疑でクリニックの実質経営者と勤務医を逮捕している。今回のDS社の場合も今後刑事事件に発展する可能性がある。

 DS社の社長である寒竹氏は、野田首相と船橋高校の同級生で、1999年から2009年まで「野田よしひこ後援会」の会長を務めており、政治資金収支報告書によれば、これまで905万円を野田氏に献金している。また、野田氏は首相就任後、寒竹氏を天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会に首相枠で推薦し、寒竹氏は出席している。

 また、野田氏が衆院選に落選した1996年以降、野田事務所の複数の秘書が当時、寒竹氏が理事長を務めていた郁栄会に籍を置いていたことも明らかになった。その中には、現在、首相秘書官を務める河井淳一氏、現政策秘書の竹口由利人氏も含まれている。

 寒竹氏は週刊文春の取材に次のように回答した。

「ドクターが患者に麻酔を打って効くまでの10分間をずっとその人の前で待っていることはない。その間に他の患者さんを診れば、1時間に5、6人は診られる。素人はこのカラクリがわからないから、20分だと大騒ぎする。法律が間違っている。不正はない」

また野田氏が浪人中、秘書たちを、郁栄会で雇っていた件については、

「接点はありました。その話をすると、総理に迷惑がかかるので、ノーコメントですが、あったとしても月々5万、10万の世界です。河井や、あと何人かいました。竹口とか」

 訪問歯科診療を所管する厚労省は次のように回答した。

「同時に患者さんを診る、という状況は想定していません。別々です。訪問診療の場合、患者のリスクは、外来の患者に比べて高く、手間隙もかかるため、診療点数を高くしている。あくまでもつきっきりできちんと診療をやっていただく。その結果として20分あったのか、なかったのか、ということです」(保険局医療課)

 野田事務所は河井秘書官が対応したが、「昔の話が多く、締切までに回答するのは難しい」とのことだった。

 前後援会長に社会保障に関する疑惑が浮上したことで、税と社会保障の一体改革に政治生命を懸ける野田首相が、参議院での関連法案の審議で厳しい追及を受けるのは必至だ。




◆ ウリたち、特権階級、ルールもモラルも守らないニダ


 < 2012.07.26 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120726/stt12072613120005-n2.htm

 
「身を切る改革」口だけ? 国会議員のマイレージ私的利用放置 中央省庁職員は禁止なのに…

 
国会議員が公費出張で得た航空会社のマイレージポイントの私的利用問題が放置されている。平成20年に自粛方針が打ち出されたものの、私的利用が可能な状態は続いている。中央省庁が職員のマイレージ私的利用を全面禁止しているのとは対照的。消費税増税法案の審議が続いている中、国会議員が「身を切る改革」の意識に乏しいことを浮き彫りにしている。

 マイレージの私的利用問題は20年、中央省庁職員らが深夜タクシーで運転手からビールや金券を受け取っていた「居酒屋タクシー」問題とあわせ発覚した。同年6月、当時の福田康夫政権は公費出張で職員個人が恩恵を受けるマイレージの私的取得の自粛を決めた。

 同年7月には職員が公費出張で取得したマイレージポイントを各省庁に管理させることも決定した。職員は公務に限りポイントを活用できる専用カードを所持し経費節減に努めている。

 閣僚をはじめ政務三役の出張も省庁職員と同様の対応をとっている。政府専用機を利用することの多い首相にも公務専用カードが用意されている。

 衆参両院の職員もポイントの私的取得を禁じられているが、公務専用カードを作っていないためポイントは有効活用されていない。

 中央省庁と歩調を合わせ、衆参両院の議院運営委員長は同年6月、議員が公費による海外出張で航空機を利用した際のポイントの私的取得を同8月から自粛することで一致した。各党が持ち帰って検討することになったが、進展はなくうやむやとなっている。

 例年、通常国会閉会後は議員の渡航ラッシュとなる。衆参両院事務局は今会期末の9月8日以降の視察を調整中だが、「政府開発援助(ODA)調査」「議会間交流」「政治経済事情調査」「国際会議出席」を名目に与野党議員数百人が“呉越同舟”で東南アジアや欧米などを訪問することを計画している。

 参院事務局幹部は「ポイントの私的利用を見直す機運は与野党ともにまったく感じられない。無駄を省く意識が国会議員に欠けていると国民に思われても仕方がない」と批判した。




1670




2012年7月29日 (日)

野田佳彦くんの両班政治はやっぱりアンダーマネーの世界だった




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.18 官邸かわら版 >
 http://kawaraban.kantei.go.jp/2012/07/18blog.html#more

 
助け合い、支え合う心から

 四国から関東地方でも梅雨が明け、厳しい夏の暑さが本番を迎えました。身体が夏の暑さに慣れず、寝苦しい夜を過ごされた方も多かったのではないでしょうか。とりわけ、お年寄りやお子さんは、くれぐれも熱中症にご注意ください。


1655


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    332日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 396日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 42日




◆ 首相、虚偽記載を陳謝


 < 2012.07.24 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120724/plc12072422310020-n1.htm

 
野田佳彦首相の資金管理団体「未来クラブ」の政治資金収支報告書に個人献金した公務員2人の肩書が「会社役員」と記載されていた問題で、首相は24日の参院予算委員会で「事務的なミスだった。ご迷惑をおかけしたことはおわび申し上げたい」と陳謝した。

 首相は「(記載の)間違いが事実だったので17日に千葉県選挙管理委員会に報告書の訂正を届け出た」と説明。その上で「最初に錯誤で間違い、翌年以降もそのまま気が付かずにいたのかもしれないが、原因は分からなかった」と述べた。



 本来であれば、今回の野田佳彦くんの政治資金収支報告書「虚偽記載」発覚は、彼のこれまでの在日並びに多数の反社会的勢力からの献金問題との抱き合わせ技で、充分、政権をひっくり返すことが出来る程のスキャンダルだった筈ですかが、自民党は、何故か、参院予算委員会でも、本件、追求のアリバイ作りに徹しただけで、あっさり、引き下がってしまいました。

 その時の質疑の模様を下記に文字起こししておきましたが、この問題に関し、自民党牧野京夫議員が、あっさり引き下がった瞬間、民主党の二人の議員が、「してやったり」という下卑た薄汚い笑みを浮かべつつ視線を交合わせている様子が、動画に映されました。(下記動画の2分6秒あたり)

1656


 この質疑応答には、山本一太さんや西田昌司さんなど参院自民党の元気者も揃ってご出席していたにも関らず、野次もおとなし目でしたし、何よりも先ず、政権奪取を宣言している自民党が、こんな程度で事を収めてしまったのが、とっても、不可解です。

 これでは、一応、追求だけはしたからね、のアリバイ作りと批難されても致し方ありません。

 3党合意後の大連立、可能性を否定できない要素が、このあたりにも窺い知れます。

 併せて、上記民主党議員の、何ともいやらしい目くばせ。

 これらの現象が、何を物語っているのかと考えた時、やはり、野田佳彦くんと自民党側とで、産経新聞がスクープした総理の虚偽記載問題については、事前談合が成立していた、則ち、野田佳彦くん側から、自民党にアンダーマネーが渡され、これ以上は追求しないとの合意形成が為された、と、想定せざるを得ません。

 要は、政権交替は表面上のことだけで、実態は、与野党問わず、政治屋の皆さん全員が、相も変わらず、依然として55年体制の古き良き時代の殻に閉じ篭もったまま、ということでしょう。

 決断する政治、先送りしない政治、ちゃんちゃらおかしい。

 やっぱり、国会議員なんて、所詮は、己の「超高額生活保護費」獲得狙いの、口先だけで生涯、税金にタカろうとしている、893にも劣る賎業稼業集団に過ぎません。

 そう言われて反論があるなら、政治屋の意地で、デフレ経済、円高、解決して見せなさいよ。

 瓦礫、年内で、100%、処理して見せなさいよ。

 福島の再生、あと、1年で、目処をつけて見せなさいよ。

 ほうら、出来ないでしょう。

 所詮、君たち国会議員722名に、日本と日本国民を守る気概のある奴など、一人としていない。

 何故なら、君たちは、こんな男をトップに仰いで、平気の平左なんだから。

 見よ、この、尋常でない、男の顔を。


 < 2012.07.25 産経新聞朝刊から >

1657

 自民党の諸君は、本当に、このまま、野田総理の悪事を、見て見ぬままのほったらかしで良いのかい。

 と言うことは、君たちも、同じ穴の狢w

 でもね、Kの国の法則で、政権末期の野田佳彦くんからは、ここにきて、実弟の公金横領疑惑から始まって、次々とスキャンダルが出て来ましたよ。

 ほうら、週刊文春だって、スキャンダル合戦に参入です。

 自民党の諸君、再度言おう、本当にこのままで良いんだね。


 < 2012.07.25 週刊文春 >
 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1625

 
野田佳彦首相の後援会長だった寒竹(かんたけ)郁夫氏が実質的なオーナーである医療グループ「DSヘルスケアグループ」(以下、DSグループ)が社会保障費を不正に請求していることが、週刊文春の取材でわかった。(以下略)


 
ちょうにちさんも参線するニダ

 < 2012.07.27 asahi.com >
 http://www.asahi.com/politics/update/0726/TKY201207250861.html

 
首相の資金管理団体、新たに14人分記載ミス

 
野田佳彦首相の資金管理団体「未来クラブ」が政治資金収支報告書に献金者2人の職業を誤って記載していた問題で、2008~10年分の3年間で、少なくともさらに14人分の職業に記載ミスがあることがわかった。なかには計70万円の高額献金者も含まれていた。首相の事務所は「再確認しているが、まだ増える可能性もある。確定し次第、訂正を届ける」としている。

 朝日新聞が、現在公表されている同団体の08~10年分の収支報告書を調べ、職業が誤っている疑いが強い献金者を指摘したところ、首相の事務所が14人分の記載ミスを認めた。

 14人の献金額は3年間で計約126万円。多くは年間5万円以下だが、政治資金規正法で氏名や住所、職業などの記載が義務づけられている年間5万円を超える献金者も2人いた。




◆ 2012.07.24 参院予算委員会 自民党牧野京夫議員質疑


 < http://www.youtube.com/watch?v=_EG9id_HDVc

">


(牧野)

 えぇ、自民党の牧野京夫でございます。

 えぇ、冒頭、野田総理に一つ質問をさせて頂きます。

 えぇ、野田総理の、えぇ、政治資金管理団体「未来クラブ」の収支報告書の中で、えぇ、個人献金をした二人の公務員の職業を会社役員として記入していた、との報道がありました。

(西田砲)

 虚偽記載だよw

1658

 その後、マスコミの指摘を受け、訂正したということでありますけれども、ま、去年の9月にもですねぇ、政治資金規制法で、え、禁止されている外国人からの、えぇ、違法献金が明らかにぃ、な、なりました。

 えぇ、ま、総理大臣と、おぉ、いう立場で考えた場合ですねぇ、少し、政治資金の、えぇ、管理については、杜撰ではないかと、思いますけれども、総理の認識は如何でしょう。

(野田)

 えぇ、ご指摘の報道については、えぇ、私の資金管理団体の収支報告書において、え、個人寄附を頂いた方の職業に関する記載に、誤りがあったというものでございます。

 えぇ、事務所が確認したところ、間違いであることが事実でありましたので、えぇ、7月17日に、千葉選管に、収支報告書の訂正を届け出たとの報告を受けております。

 えぇ、間違いは、えぇ、地方公務員と記載するべきところを「会社役員」と記載をしておりました。

 えぇ、平成22年分でお一人、1万円、えぇ、21年分でお二人、各1万円、えぇ、20年分でお二人、各1万円が、えぇ、該当するものでありぃ、ま、個人献金として頂戴をしたんですが、同じ方の職業を間違えて、ずっと続けておりました。

 え、最初に錯誤によって間違い、翌年以降もそのまま気が付かずにいたのかも知れませんが、原因は、あの分らなかったと、何故こうなったのかは分らなかった(ムニャムニャ)、事務的なミスでございました。

 あの、ご迷惑をおかけしたことは、お詫びを申し上げたいと思います。

(牧野)

 えぇ、私は、杜撰だったのではないかという風な認識はあるか、という質問でしたけども、まぁ、その件は、ここに、ここで終ります。





1658




2012年7月28日 (土)

演技性なんたらかんたら野田佳彦くんの七変化




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.23 総理の一日 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/23kenshou.html

 
福島原発事故調査・検証委員会「最終報告書提出式」

 先程、畑村委員長から「真摯に受け止めてほしい。」という言葉がございました。正に、真摯に受け止めて、しっかりと対応していきたいと思います。



1642


 < ↑関連記事 >

・情報管理を反省と謝罪 原子力規制委人事で細野環境相 国会提示前に報道
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120724/plc12072415000017-n1.htm

・「菅元首相は日本を救った」と細野環境相
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/dst12072423480020-n1.htm

 
細野豪志環境相が、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)のヒアリングで「菅直人元首相は何の躊躇もなく『撤退はありえない』と言った。日本を救ったと今でも思っている」と述べていたことが24日、分かった。民間事故調がホームページで公開した。


1643
1644
1645

 ↑ 右端がモナ夫の正妻ですw



 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    331日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 397日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 43日




◆ 笑う


 < 2012.07.25 産経新聞朝刊から >

1646


◆ 吠える

 < 2012.07.23 産経新聞朝刊から >

1647


◆ ホルホルする


 < 2012.07.24 全中国選抜日本語スピーチコンテスト参加者の表敬 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/24speech_contest.html

1648


◆ 厭きる


 < 2012.07.24 参院予算委員会 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120724/plc12072422310020-p1.htm

1649


◆ 謝罪汁、反省汁


 < 2012.07.25 産経新聞朝刊から >

1650
1651


◆ 強制する > プロ弱者を雇え


 < 2012.07.23 障害者政策委員会 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/23syogaisyaseisaku.html

1652


◆ 諦める(泣)


 < 2012.07.25 産経新聞朝刊から >

1653
1654




2012年7月27日 (金)

もう自分に酔うしか術がなくなった野田佳彦くん




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.23 障害者政策委員会 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/23syogaisyaseisaku.html

 
政権交代後、障害者制度改革の推進は、一貫して重要な政策課題として取り組んでまいりました。

(国民の声)

 ああら、そうでしたっけw


1640


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    330日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 398日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 44日




◆ 野田佳彦内閣総理大臣講演会(於:早大大隈講堂)


 < 2012.07.22 「野田総理」すべてを語る >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2012/20120722waseda.html


 
改めまして、皆さんこんにちは。早稲田大学のOBとしましては、この大隈講堂でお話をさせていただくということは、こんなに名誉なことはございません。大変、緊張をしています。また、今日は日曜日にもかかわらず、多くのみなさまにお集まりをいただきましたこと、感謝を申し上げたいと思います。先ほどご挨拶をいただきました鎌田総長はじめ、あるいは田中先生をはじめ、早稲田大学の関係者のみなさまに御礼を申し上げたいと思います。

 私は今日お集まりの学生のみなさんの、だいたいお父さんの年代ではないかと思います。生まれたのは1957年、昭和32年であります。はじめて政治を意識したのはその3年半後、1960年。昭和35年の10月、当時の社会党の委員長を務めておられました浅沼稲次郎さん。右翼の少年に刺されて日比谷公会堂で亡くなるという事件がございました。これが私の最初のポリティカル・メモリーであります。私の母は既に亡くなりましたけれども、「なんであの人は亡くなったの」と、幼児だった私が聞いた記憶があるんですけれども、そのときに「政治家って大変な仕事なんだよ」「命がけの仕事なんだよ」と言われた記憶があるというのが、最初の原体験であります。

★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その1

 「ポリティカル・メモリー」の言葉の定義を教えて下さい。



★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その2

 「右翼」「左翼」の定義をご説明して下さい。



 この話をよく女房にも言うのですが、信じてくれません。3歳半で覚えているわけないでしょうと。私は実は、ハイハイをしたころの記憶もあるんです。廊下をハイハイしていて、縁側の外の芝生が気持ちよさそうだったので自ら転がり落ちた記憶があるんですけれども、そういう話をしても女房は信じてくれません。「あなたはどうせ、ハイハイして小学校に通学したんでしょう」と。

 国内政治の最初のポリティカル・メモリーが浅沼さんの暗殺なのですが、保育園に通っていた時に、今度はアメリカからショッキングなニュースが流れてきました。ジョン・F・ケネディの暗殺です。内外ともに政治家って大変なんだなぁというのが私の幼児体験なんです。ところが、だんだん長じて物心がついてくると、命がけで何かをやっている政治家の姿は見えない。むしろ、自分たちの利益、お金のために動いているのではないかという事件が続発をしました。中央でもありました。私は千葉県選出ですが、千葉県でも金権風土を象徴する事件が相次ぎました。おかしいなと思って、政治を学ぼうと思って入ったのがこの早稲田大学の政経学部の政治学科なのです。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その3

  あなたが考えている「命がけで何かをやっている政治家」の、具体的人物名を、一人、あげて下さい。



 もともとは、大学をどこにしようかと思ったときに、たまたま五木寛之の『青春の門』を読んでしまって、早稲田にあこがれてしまい、第一希望を政経学部にしました。そして、この政治学科を卒業した後には、先ほどの総長のお話ですと、早稲田大学は1番に政治家をつくること、2番に法律家をつくること、3番目は新聞記者と言っていましたけれど、記者になろうと思っていました。ペンを通じて政治を正していきたいと思ったのが、早稲田大学に入った頃の私の「志」です。志と言っても、「大志」までには至っていません。小さな「寸志」くらいの志でございました。そんな時に松下政経塾の第一期生募集という新聞広告を見てしまって、ふと自分の手で政治を正してみようと思ったのが、この世界に入るきっかけでした。早稲田大学での4年間、本当に楽しく過ごさせていただきました。あまり勉強したかどうかは言いませんが、ただ、早稲田大学を大変優秀な、大変すばらしい成績で卒業した・・・友達はいます。

 政経塾に入ってすぐ、当時の松下政経塾は5年制なんですけれども、地元に帰って活動を始めました。活動を始めるといっても正業に就くということはできません。当時27歳でやったことは家庭教師です。あるいはタウン誌の編集の手伝いもしたり。月10万円稼ぐというのは大変でした。いまでいう「フリーター」をやりながら2年間活動を続けて、29歳の時に初めて千葉県の県会議員選挙に出馬をいたしました。全く地盤、看板、カバンはありません。そういえば、プロパンガスのガス漏れ検針という仕事もやりました。色々なことをやりました。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その4

 ① あなたがおやりになった、その全てのご職業を、リストアップしてみて下さい。

 ② 整形塾時代、フリーター時代、あなたは、住民税、所得税、国民年金、国民健康保険の支払を、誤魔化さないで、きちんと支払っていらっしゃいましたか。

 

 色々なことをやりながら、29歳の時に無手勝流で選挙に出ました。そのとき以来、私の志はある意味で変わっていないのです。ずっとやりたいと思ってきたことは、「政治改革家」です。29歳で無手勝流でバッジを目指すこと自体が、これは政治改革だと思いました。お金はありません。だれも応援してくれる人はいません。ですから、毎朝毎朝、街頭に立つということを繰り返しました。毎朝では足りないから、1日13時間マイクを持ってしゃべり続けるという荒行もやりました。街宣車が買えないから、自分でハンドマイクを持って歩きながらしゃべりました。そういうことによって当選させていただいたことが原点でありますが、自分のように何も背景がない者でも、真剣に有権者のみなさんに訴えれば、当選して仕事ができるということを実感することができました。これが私の「政治改革家」としての一歩だったと思っています。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その5

 「政治改革家」なる言葉の定義を、分りやすく、ご説明して下さい。



 いま、95代の内閣総理大臣になりました。歴代、そうそうたるメンバーです。でも明治の時期は、我が大隈候を含めて、雄藩出身の方が総理大臣になることが多かった。戦前は軍人がなることも多かった。戦後は官僚、あるいは世襲の議員が多くなっている中で、自分のような無手勝流で戦ってきた政治家が内閣総理大臣という重たい職責を担うことが出来るのも、一つの政治改革だったと思っています。

 初めて国政に挑戦したときは93年、まさに政治改革国会のときでありました。ずっと私は「政治改革家」を目指してきたと思います。政治家、英語で言うと “politician”と“statesman”があります。“politician”は部分利益の代表です。“statesman”は国のことを考えた政治家です。でもそれ以上に、政治家よりも「政治改革家」という一つの役割があるのではないかと思っていました。

 私の理想とする政治家はどなたも知らないと思いますけれども、イギリスの19世紀の政治家のヘンリー・ジェームスという人です。19世紀末のイギリスの政治は、パブでビールをおごったり食べ物をおごったり、買収・饗応が一般的、当たり前。それでは良い政治が出来ないということで、志ある政治家と心ある有権者が共同して、腐敗防止法という法律を作りました。その腐敗防止法を作るのに、先頭に立ったのがヘンリー・ジェームスという人であります。でも今、イギリス人に聞いてもほとんど誰も知りません。サッチャーやチャーチルは知っている。ロイド・ジョージは知っている。ヘンリー・ジェームスって誰?そういう政治家です。でも、名もないそういう政治改革家がいたから、今のイギリスの政治があると思います。私はそういう人にずっとなりたいと思ってまいりました。そう思っている中で政治改革というのは、選挙制度を変えたり公職選挙法を変えたり、そういうことだとこの前まで思っていたのです。でも今、変わったのです。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その6

  あなたは、自らの政治資金で、キャバクラ、居酒屋、料亭通いを、過去も今現在も、頻繁に行っておりますが、そのあなたの行いと、あなたが仰有っている「19世紀末のイギリスの政治は、パブでビールをおごったり食べ物をおごったり、買収・饗応」とは、何が違うのですか。その相違点を、一言で、仰有って下さい。



 それは、去年の夏のことでありました。イギリスのエコノミスト誌に『日本化する欧米』というタイトルの記事がでました。イラストがびっくりするのです。メルケル、ドイツの首相と、アメリカのオバマ大統領が2人ならんでいます。メルケル首相がかんざしを挿して着物姿、オバマ大統領も和服姿。後ろにお風呂屋さんのように富士山がかかっている、そういうイラストです。どういう意味かというと、当時から、欧州においては債務危機があったけど、なかなか抜け出すための知恵が出ず、先送りされている。アメリカでも債務上限の問題があったけれど、なかなか先へ進まない。そういう状況を踏まえて『日本化する欧米』と書いてありました。

 「日本化」なのです。日本は「失われた20年」と言われ、やるべきこと・決めるべきことを決めないでずっと先送りしてきたけれども、欧米は日本のようになっていいのか、というのがその記事の趣旨でありました。私はその記事を見て、改めて自分のやらなければならない最大の政治改革とは何かを考えました。決めるべきことを先送りしないで、決めるときに決める政治を行う---これが日本において最大の政治改革だと思いました。そのことを踏まえて昨年の9月に民主党代表選にチャレンジをし、曲折がありましたけれども何とか勝たせていただきました。そしてその先送りしてきた最大のテーマ、決めるときに決めないでダラダラと延ばしてきた最大のテーマが、今国会の中でご審議いただいている社会保障と税の一体改革、これがまさに象徴的なテーマでございます。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その7

 ①「失われた20年」、この間、あなたは、何で生計を立てていらっしゃったのですか。

 ② やるべきことをやらない・決めるべきことを決めない、そうさせてきたのは、あなたが所属していた民主党が、反対ばかりしてきた所為ではありませんか。



 社会保障はどんな場面で出番があるのか、まだみなさんお若いですからよく分からない部分があるかもしれませんが、これから子育てをするようになったとき、その支援をどうするのか、不幸にして失業してしまったとき、そのときに失業保険等々が出てくる。病気や怪我をしたとき、あるいは年老いて生活をどうしようと思ったとき、それぞれの人生の段階段階において困ったとき、弱ったときに出てくるものが社会保障です。全ての国民の生活に直結をしていると思います。

 その社会保障の日本の制度の根幹は、私は基本的には世界に冠たる制度であったと思います。国民皆保険・国民皆年金、これは今から半世紀前、昭和36年からスタートしました。その制度自体は、先ほど世界に冠たる制度と言いましたが、例えば皆さんが病気になって体調が悪い、病院に行く、診療所に行く、保険証1枚持って行けばどこでも診療を受けることが出来ます。自己負担3割でどこでも受けることが出来ます。大変便利な制度です。その制度があったが故に、色々と医療において課題があると言いながらも、平均年齢が83歳、世界一の長寿国になりました。新生児の死亡率は世界で一番低い水準です。というように、皆保険という制度は世界に誇るべき制度だと思います。アメリカは、オバマ大統領の改革の以前には四千数百万人が自由診療、保険の対象になっていない人たちがそんなにいました。ストックホルム、スウェーデンは、かかりつけ医がいてしっかりしているように見えるけれども、まずかかりつけ医であって、高度な医療を受けるには時間がかかる、待たなければいけない、90日もかかることもある。そういう中において、私は日本の国民皆保険制度と、それに支えられた医療制度は基本的には立派な制度だったと思います。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その8

  日本の社会保証制度における「悪平等」の実態について、総理の現状認識を、お聞かせ下さい。



 年金はどうか。国民皆年金。高齢者の平均年収は約300万円です。そのうちの220万は年金に頼っています。7割は年金に頼っています。高齢者の世帯約1千万世帯の約6割は年金だけで暮らしています。というように、老後の生活を考えるうえで年金制度は欠かすことはできません。まさに国民の中に定着していると思います。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その9

  この場合、あなたがお考えになってる「国民」とは、外国人も、含まれますか。



 介護保険制度は2000年からスタートしました。介護の社会化、社会で面倒を見るということは、いま大変恩恵を受けている方が多いと思います。それまでは息子さんや娘さんが、親御さんが年老いた場合、介護が必要な時に面倒を見てきた。場合によっては、お嫁さんが面倒を見てきた。そういう時代ではなくなり、介護保険制度も定着をしてまいりました。

 こういう制度を持続可能なものにしていかなければいけないということが、我々がまず強く問題意識として持たないといけない。だけど、この社会保障制度の足元が、残念ながら揺らぎ始めてきています。第一は、人類が経験したことのないような、世界最速の高齢化です。高齢化が進めば進むほど、当然のことながら医療や介護のお金がかかってきます。毎年、放っておいただけで、自然増という形で1兆円、社会保障費用がかさんでいきます。1兆円。豆腐の1丁2丁ではありません。1兆円です。1万円札を平積みしていったら、1兆円はどれくらいの高さになる思いますか。すごいですよ。1万メートル。エベレストを超えます。1万円札は1グラムです。1兆円分の1万円札はどれくらいの重さになるでしょう。持てません。100トン。私だって0.08トン。あまり計算しないでください。使ったらどうでしょう。使いきれませんよ。毎日1000万円宝くじが当たったら、色々なことがかないますけれど、毎日使ったって1年間で36億5000万です。1兆円を使い切るのには300年かかります。というくらいのお金が、毎年毎年、社会保障の医療や介護にかかっているのです。自然増という形で。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その10

  あなたは、年金や保険料の支払を怠っている人も、全て、日本の社会保証制度を平等に享受する権利があるとお考えですか。



 しかも団塊の世代のみなさんが、2014年、再来年にはすべて年金受給年代になるんです。今まで「支える側」だった人たちが、「支えられる側」になっていくんですね。人口構成の大きな変化があります。高齢化だけではありません。少子化。いま出生率は少し歯止めがかかってやや改善の傾向ではありますけれど、まだ1.39くらいですね。少子化に歯止めがかかっておりません。その結果、いつも申し上げるんですけれども、一人のお年寄りを元気な人たちが支える構図がある。国民皆年金、国民皆保険が始まったころは、たくさんの人がお年寄りを支えていました。それは野球で優勝した時の「胴上げ」のような構造です。一人の人を9人、10人、もっといっぱいで支えていました。いまは3人の人が一人のお年寄りを支えるという、運動会で言うと「騎馬戦」の社会になりました。間もなく、ほどなくそれは一人が一人を支える社会。「肩車」の社会になろうとしています。この高齢化の問題と少子化の問題、大きな変動の要因です。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その11

  そんなことは、少なくとも、20年前から騒がれていたことですのに、あなたは、何故、既に分かりきっていた問題を、今まで、ずっと放置し先送りしてきたのですか。単に、野党で責任がなかったからですか。野党だから、反対だけ、していればよかったのですか。



 もう一つは、成長の停滞です。昭和30年代、40年代初め、年間の成長率は10%台。いまから見ると信じられません。でもこの20年間は0.9%の成長です。経済も大きく変わってまいりました。

 そして孤立化。家族をめぐる状況。今日はフジテレビの稗田会長もいらっしゃるので、例えをどうしようかと思ったのですが、「サザエさん」の磯野波平一家、三世代が住んでいるような家庭はほとんどありません。核家族化。子どもを産んでも相談に乗ってくれる人もいない。自分一人、あるいは夫婦だけでは育てられない。そういう状況も生まれています。社会保障を考える上でも「自助」が基盤でありますけれども、その基盤が緩んできているから、「共助」や「公助」で支えていかなければならない時代になってまいりました。そして、貧困格差も残念ながら広がってまいりました。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その12

  貧困格差・貧困格差とあなたは、口癖のように仰有ってますが、では、50年前、20年前、政権交替前、と現在の貧困格差を、誰でも納得する具体的数字で、お示し下さい。



 一番大きな要因はもう一つ、財政であります。出る方と入る方が最も近づいた瞬間があります。出る方は歳出、入る方は歳入。いつだと思います?もう20年以上前です。平成2年です。平成2年、国の歳出は約70兆円です。入る方、税収、約60兆円までいきました。その差約10兆弱だったんですね。これが日本の財政で一番、出る方と入る方が近づいた瞬間です。その後どうなったかというと、出る方は右肩上がり。社会保障だって自然増で毎年1兆円増えているんです。右肩上がりで今90兆円台の予算を組んでいます。税収はどうか。右肩下がり。平成2年、60兆円入ってきた法人税であるとか所得税とか消費税、税収は下がってきて、今は40兆円台です。右肩下がり。「ワニの口」のようにどんどんと開いてきているという状況があります。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その13

  あなたが推進している経済対策、デフレ対策、円高対策に関して、現在の進捗状況を具体的にご説明願います。



 しかも、欧州の債務危機は、これは対岸の火事ではありません。いつ投機筋が日本を狙うのか。いつ投機筋がどの国に光を当てるのか。どの国も戦々恐々としている中、ここにも神経を使わなければなりません。というような様々な要因から考えると、社会保障を持続可能なものにする、充実させるところはさせる。そのための安定財源をちゃんと確保しなければならない。待ったなしの状況であるということを、ぜひ皆様にご理解をいただきたいと思います。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その14

  総理は、財務大臣経験者であられますから、日本が世界最大の債権国家であることはご存知だと思います。では、本年3月末時点の「赤字国債発行残高」と日本政府が保有する世界の「債権残高」を米ドルベースで、お答え下さい。



 その待ったなしの状況で、いまご提案をし、ご審議いただいているのが社会保障と税の一体改革。社会保障の分野においては、例えば年金においてはサラリーマンで勤めていらっしゃる方と、公務員の方の共済、厚生年金を一元化していくと。これまで年金をもらうには25年間入っていなければいけませんでしたけれども、受給資格を取れる期間を25年から10年に短縮するであるとか、こういう年金の安定性のための改革。そしてもうひとつは、子ども子育て。待機児童をなくし、あるいは幼児教育・保育を質量とも充実させていく。子育て支援にまさに充実の分野として光を当てていく。こういう改革をやろうとしています。その大きな理念は、給付も負担も世代間、世代内の公平を図っていこうということであります。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その15

  25年かけてやっと年金が貰えた人と10年でも貰えた人との「悪平等」対策について、総理が考えている具体的対処策を、今直ぐここで、ご披露下さい。



 給付は、これまで言った医療、年金、介護など、ほとんど高齢者中心なんです。「支える側」の世代に光が当たっていません。給付においても「支える側」、働き盛り、子育て世代も社会保障の恩恵を感じられるようにすること。一人が一人を支えるような時代になるときに、支えるギアもちゃんとケアしなければいけないという発想です。もう一つは、負担の面における公平感。これまでは現役世代の所得税とか、保険料を中心に高齢者に給付をするという形でありました。そうではなくて、それでも足りなくていまは将来の世代のポケットに手を突っ込んで、そのお金を借りてきて社会保障が成り立っているという状況もあります。これは明らかに世代間の公平という視点からすると問題があります。基幹税は色々あります。所得税や法人税。だけども社会保障はすべての人がどこかの段階でお世話になならければならないことです。そのことを考えるとすべての世代で支え合うという精神から、あるいは人口構成の変化や経済の影響を受けにくい消費税を安定財源として充てるのが妥当ではないのか。こういう発想の基に、社会保障と税の一体改革の審議をしているわけであります。

 よく言われることがあります。増税先行で社会保障は棚上げをしているのではないかと。そうではありません。今審議をしている8つの法案は、社会保障に関わるものが6つ。税に関わるものが2つです。間違いなく社会保障の改革、大きく一歩踏み出すことになります。こうした合意形成が出来つつあるということは、これは自民党も公明党も3党間の協議を行い、そして修正に合意をしてくれたから、いま参議院で審議できるようになりました。私は、この問題は「政局的」に考えるのではなくて、今を生きる世代の社会保障に対する不安をなくし、将来世代に負荷を残さないために国益を考えたときには、これは政権交代があるたびに社会保障の制度が根幹からコロコロ変わってはならないと思っていましたが、そういう問題意識を共有できたからこそ、こうした一定の合意ができ、いま参議院で審議できているのだろうと思います。私はその意義は大変大きいと思います。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その16

  あなたは、その前にシロアリ退治をすると何度も宣言致しました。その結果を、ご披露願います。



 ぜひ今日は学生のみなさん、若い方がたくさんいらっしゃるから、是非ご理解をいただきたいのは、これはむしろ若い人のための、これから生まれてくる人たちのためを慮った改革であるということです。現役世代、いずれ卒業して働けば、保険料を納め、所得税を納める立場になります。その所得税や保険料だけでは、社会保障は成り立たない。成り立たなければ、所得税をもっと上げるんでしょうか。保険料をもっと上げるのでしょうか。それでは現役世代がもちません。その現役世代が恩恵を受けられるように、働こうと思えば働けるようにするために、子育ての支援をしっかりとやっていく。子どもを預けようと思えば預けられるところがある。そういう環境をつくりたいと考えています。ましてやこれから生まれてくる世代、1票の投票権も持っていない世代に借金だけを残していく。借金だけを残していけば、いずれ大増税国家になってしまいます。そうしないために、まさにいまがギリギリの段階だと思います。先送りのできない政治の象徴的なテーマだと考えていますので、ぜひ今日は若い皆さんにご理解をいただきたいというふうに思います。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その17

  あなたのお考えでは、次世代の子供は、家庭が育てるのではなく、社会が育てるものと、考えていらっしゃるのですか。あなたは、それで大失敗したスウェーデンの見た目高福祉社会のモラル破壊の実態を、ご存知ではありませんね。



 当然のことながら、この社会保障と税の一体改革をやる時に、経済の状況が悪かったらこれは引き上げることはできません。経済を好転させなければなりません。もともと、野田内閣、昨年9月に発足したときに3つの重要課題を掲げました。震災からの復興、原発事故との戦い、そして経済の再生であります。この経済の再生は懸命に力を入れていかなければいけない分野であります。社会保障と税の一体改革を実現するための環境整備だけではなくて、経済が良くならなければ国民の暮らしは成り立ちません。そのためにも経済再生にも全力を尽くしていきたいと思います。


★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その18

  被災地の復興が、遅々として進まない原因を、国民は、あなたの内閣の行政能力のなさと捉えておりますが、あなたのお考えでは、瓦礫処理の100%完了は、今から50年後ですか。



 G8やG20などの国際会議に、私はいま在任して間もなく11か月ですが、13回の国際会議に出ました。首脳会議は90回行いました。共通の課題はどの国も『成長と財政再建の両立』なのです。成長させながら財政再建を果たす、これは両立しなければいけないのです。その成長のために、今まとめつつあるのが「日本再生戦略」という中長期の戦略です。もちろん当面の円高対策やデフレ脱却等々も全力で取り組みますけれども、「日本再生戦略」、近々まとめて公表したいと思っています。



★ 野田佳彦くんへの日本国民からの質問 その19

  あなたが国際会議に出席した際に表明した資金援助額は、14兆円と言われてますが、あなたは、その財源を捻出するために、消費税を引上げるのではありませんか。



 以下、お花畑の世界ですので、省略。

 ご興味はのある方は、官邸HPで、どうぞご覧になって下さい。



1641




 

2012年7月26日 (木)

野田佳彦くんが「国民の生活が第一」が使えずお困りのようです




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.23 官邸HP>
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/discource/20120723paralympic_london.html

 
ロンドン・パラリンピック日本代表選手団壮行会 野田内閣総理大臣 激励の言葉
 
 皆様のどんな状況においても、負けない心、くじけない心、折れない心、そして日頃鍛錬に鍛錬を重ねて勝ち得た、技と力、その姿を国民は見ることによって、夢と勇気と感動を貰うことが出来るのではないかと思います。

 特に今、被災地において懸命に復興に取り組んでいらっしゃる皆様にとっては、自分自身の姿と重ね合わせて、皆様を応援をする人が多いと思います。



1631
1632


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    329日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 399日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 45日




◆ お笑い民主党 新キャッチフレーズ急きょ募集


 < 2012.07.20 日刊ゲンダイ >
 http://gendai.net/articles/view/syakai/137694

 
小沢新党の政党名が「国民の生活が第一」になったことで、民主党が大慌てで「新キャッチフレーズ」づくりを始めている。

「民主党キャッチ・フレーズの募集について」という文書を全所属議員と県連に送り、7月30日までにメールかファクスで、案と趣旨を提出しろと呼びかけている。

 しかし、政党の「キャッチフレーズ」というのは、党の代表がこの国をどうするのか、どんな政策に重点的に取り組むのかを、分かりやすく国民に示すものだ。

 野田代表と執行部が考えてつくれば済む話なのに、よっぽど知恵がないのか、部下に“丸投げ”だから、どうしようもない。

「酷評された『日本を、あきらめない』(05年)、『元気な日本を復活させる』(10年)ですが、当時の代表の岡田さん、菅さんがそれぞれ考えて決めました。野田さんもトップダウンで打ち出せばいいのに、やはり理念というものがないのでしょうか。本当にガッカリです」(党中堅議員)

 いったい、どんなキャッチフレーズが出てくるか見モノだ。いっそのこと、「国民の生活が第一。」を考えた小沢一郎につくってもらったらどうだ。




◆ 民主党の新キャッチフレーズに応募しましょう

 
 ■■ 締め切り:7月30日(月) ■■
    受付先 fax:03-3595-9961
    

◆ オジサンの応募作品、全公開


No.1 在日の生活が第一

 < 野田佳彦の研究(その3)外国人献金者を探そう >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/3-8a2b.html

1633


No.2 性事資金でキャバクラへ行こう

 < 野田佳彦の研究(その2)政治資金でキャバクラ通い >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/2-6cc0.html

1634


No.3 政治生命をかけてシロアリを退治します

 < 堺市民を騙した野田佳彦の大罪、大阪地検、詐欺罪・偽証罪で立件へ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-2196.html

1635


No.4 学校からいじめをなくそう

 < 野田佳彦くん、きみはいつだって、加害者の味方だった >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-82f4.html

1636


No.5 コンクリートから人災へ

 < 野田佳彦くん、きみには、辞めて頂くしかない >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-3eb5.html

1637


No.6 エラ呼吸で日本再生

 < 佳彦くん、エラ呼吸で、嘘を吐き >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-fdc3.html

1638


No.7 多文化強制社会の実現

 < 野田佳彦の正体「税金を食潰す反日売国利権893の大親分」 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/893-4911.html


1639




2012年7月25日 (水)

野田佳彦くん、休んでばかりいないで、お仕事、しっかりして下さいな




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■


< 2012.07.22 The Wall Street Journal 日本語版>
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2008/2008_0302.html

 
野田首相「国民に恨みありません」=母校早大で講演
 
「常に怒りやおしかりの対象になるのが私の仕事。だから国民の皆さんに恨みつらみはありません」



1628


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    328日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 400日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 46日




◆ じっくりご休養為された先週末の野田佳彦くん


 < 7月21日(土)野田日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120722/plc12072203010000-n1.htm

 
【午前】公邸で過ごす。

 【午後】4時28分から5時、斎藤勁官房副長官。13分、公邸発。38分、東京・神南の国立代々木競技場第一体育館着。48分から54分、ロンドン五輪日本選手団壮行会に出席し、あいさつ。56分、同所発。6時11分、公邸着。



 < 7月22日(日)野田日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072303140004-n1.htm

 
【午前】公邸で過ごす。

 【午後】1時8分から21分、手塚仁雄首相補佐官。22分、公邸発。37分、東京・戸塚町の早大大隈記念講堂着。38分から55分、鎌田薫早大総長ら。2時6分から3時24分、早大主催の講演会に出席し、講演。26分、同所発。44分、公邸着。



 20日金曜日の九州3県視察が余程お疲れになったのか、野田佳彦くん、先週末は、ほぼ、完全休業でした。

 土曜日のオリンピック壮行会にしたって、公邸を出てから33分で戻ってきているしw(もっと選手を激励してあげてよね)、日曜の早大後援会にしたって、これは、完全な、プライベート、総選挙目当の立ち会い演説会に過ぎません。

 現に、この写真から判断する限り、聴衆は、学生さんというより、サクラのおっさん連中が多かったのかも知れません。


 < 2012.07.23 産経新聞朝刊 >

1629


 でもこれって、まるで、学生のノリですな。

 野田佳彦くん、国政を、茶化し過ぎw。

 それと、この日の母校での講演会、総理としての公務ではありませんから、オジサンは何度も言わせてもらうけど、官邸スタッフの皆さんは、この日の運転手労賃、雇車代、SP休日出勤手当て代、きちんと、野田佳彦くんに請求して下さいね。

 そうしないと、市民オンブズマンに、公費不正流用で、野田佳彦くんは、間違いなく告発されます。

 そうそう、それに、野田佳彦くん、総理になってから散髪屋さんに行った8回全て、ウィークデー、土日に関らず、公用車使って出掛けてますよね。

 確か、昨年の11月7日なんて、民主党のイベントに出席した後に、床屋さんに立ち寄ってましたしw。

 こういうのも、野田佳彦くんから、厳しく、取り立てて下さいな。

 
 < 2011.11.07 首相動静 asahi.com >
 http://www.asahi.com/politics/update/1107/TKY201111070420.html

 首相動静 - 11月7日

 
【午後】7時、東京・西新宿の京王プラザホテル。民主党の地方自治体議員フォーラム全国研修会であいさつ。20分、西新宿の新宿パークタワー。同施設内の理容室「銀座マツナガ」で散髪。8時32分、公邸。

 
 小泉元首相は、このあたりは、けじめはきちんとつけていらっしゃったようで、特に、自民党の行事で出掛けるときは、必ず、自民党総裁専用車を使用していたそうです。

 < 国民注視のなか露呈した野田総理の「記者会見崩壊」(上杉 隆) >
 http://news-log.jp/archives/1787

 
 まぁ、成金趣味の野田佳彦くんや民主党の諸君に、公私混同の粛正を求めても豚耳東風ですかな。

 そもそも、野田佳彦くんなんか、弟さんまで、平気で、船橋市の公金、ごまかしちゃうんですからね。


 < 税金を食潰す「シロアリ兄弟」野田佳彦&野田剛彦 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-8757.html


 政治資金でキャバクラ通いしてた野田佳彦くんなら、なおさらのこと、総理公用車の公私混同なんて、確信犯的に、平気の平左なんでしょう。

 そんなカネに汚い野田佳彦くんが、政治生命をかけて、消費税増税ですってさ。

 決断する政治をですってさ。

 もう、指さして、笑っちゃいます。

 こう言う類いの人種は、もう、国民の手で、ボコボコにしてあげるしかありません。



1630




2012年7月24日 (火)

野田佳彦くんと「昔の名前で出てい~る」お仲間たち




■■■■ 野田佳彦語録 ■■■■



< 2008.03.02 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2008/2008_0302.html

 
No.705 日韓の春
 
 
2月25日、李明博韓国新大統領の就任式典に参加しました。式典終了直後から雪が降り出すような厳寒のソウルでしたが、6万人もの人々が集まった国会前広場には熱気があふれていました。

 就任演説の冒頭、李大統領は招待に応じ出席した盧武鉉、金大中、金泳三、全斗煥といった歴代大統領に対して謝意を述べました。混乱の中での大統領交代劇を繰り返してきた国にとっては、異例の光景だったのではないでしょうか。国全体が一丸となって一流国家をめざそうという、新大統領の心憎いばかりの演出でした。

 その後、40分ほど力強く決意と抱負を述べた結びに、李大統領は次のように語りかけました。

 「尊敬する国民の皆さん。その日の食事さえ難しかった田舎の少年が露天商、苦学生、日雇い労働者、サラリーマンをあまねく経験して大企業の会長、国会議員とソウル市長を務めました。そして大韓民国の大統領になりました。

 このように大韓民国は夢を見られる国です。そして、その夢を実現させることができる国です。私は大韓民国の国民皆が夢を持つようになることを望みます。そして、それを実現するため、熱心に働くようになることを望みます。

 私はこの大切な地にチャンスがあふれるようにしたいのです。貧しくても希望がある国、倒れてもまた立ち上がることのできる国、汗を流し努力した国民ならば誰にも成功の機会が保障される国、そんな国をつくろうと思います。」

 こう語り終わった瞬間、会場は万雷の拍手と喝采の声に包まれました。アジアに期待のもてるニューリーダーが誕生したと、強く実感することができました。


1622
1623


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    327日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 401日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 47日




◆ 相も変わらず胡散臭い「民主党の参院特別委員会のメンバー」たち


 漸く参院での審議が始まった「社会保証と税の一体改革」特別委員会。

 7月19日の質疑応答の模様は、昨日の拙ブログにて、野田佳彦くんの屈託のない笑韓ネタをご披露させて頂きましたが、民主党内には、まだまだ、野田佳彦くんの上をゆく実力派韓流愛好者倶楽部の皆さんが、ゴロゴロしております。

 特に、昨日アップ致しました動画にご出演なさっていらっしゃる民主党の「社会保証と税の一体改革」特別委員会の委員の方々の演技振りは必見です。

 韓流本家「皆さまのNHK」さまが、努力を惜しまずに、彼らのご様子を、たっぷりと大出血サービスで、カメラ撮りなさってくれてますので、是非一度、ご覧になって下さいませせ。

 但し、じっくり丁寧に見てしまうと、猛威を振るう感染力で、尋常でない韓流脳にすっかりやられてしまいますから、ダウンロードの上、早送りで、いい加減な態度で、gdgdしながら観劇するのが、精神衛生上と健康の為には宜しいか、と思料致します。
 

 < http://www.youtube.com/watch?v=b3EJZ-HGrPQ

">


◆ ♪ 昔の名前で出て~い~ま~す~ ♪


 
< 民主党「参院一体改革特別委員会」委員名簿 >

 http://www.dpj.or.jp/article/101203/社会保障と税の一体改革関連法案審議へ%E3%80%80参院一体改革特別委員会設置


★ 委員長:高橋千秋


1624

< 民主ドスケベ副大臣!職員キャバ嬢代わり…胸尻お触りキス迫る(2011.06.16夕刊フジ ) >
 

 
民主党の高橋千秋外務副大臣(54)=参院三重選挙区=が、東日本大震災発生2日後の3月13日夜、公務前に東京・銀座で、外務省所管団体の20代の女性職員と飲酒をしていたことが分かった。

 松本剛明外相は高橋氏を厳重注意したが、この程度の処分で、被災地に顔向けできるのか。

 震災後、外務省の副大臣らは順番で省内に泊まり勤務をしていたが、高橋氏は自分の当番が始まる13日午後11時の直前まで飲酒していた。

 16日発売の週刊新潮によれば、2軒目の店でワインを2本空け、その間、女性の足や尻、腰、胸をしきりにタッチし、キスを迫ったという。

 高橋氏は同日、「公務前に飲酒したのは事実で、猛省している。

 だが、セクハラはしていない」とコメントした。

 高橋氏は三重県の農家に生まれ、明大卒業後に農協に勤務。革新系参院議員の秘書を経て、2000年の参院補選で初当選し、現在は3期目。震災前日の3月10日に、副大臣に就任した。

 妻子ある身だ。

 政治評論家の森田実氏は「大震災で全世界が(救援隊や救援物資を送り)日本を助けようとしていたときに、遊んでいる外務副大臣など国賊だ。厳重注意という甘ったるいことでは許されない。ただちに副大臣を辞すべきだ」と話している。


1625


★ 筆頭理事:櫻井充


1626


・日の丸・君が代大嫌いの「桜井充」に、簡単に騙される日本人
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-4c45.html
・日の丸・君が代大嫌いの「桜井充」に、簡単に騙される日本人(続き)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-5cc3.html
・日の丸・君が代大嫌いの「桜井充」に、簡単に騙される日本人(最終回)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-3751.html


★ 理事:大久保勉


 上記動画中、世耕議員の直ぐ隣で、やたらブツブツ唱えているお方

 < 民主党の大久保勉が外貨準備名目で韓国と中国を助けると表明 >
 http://www.youtube.com/watch?v=W6pTk3Z6nl8

">


★ 理事:吉川沙織


 新政局懇談会(旧社会党、横路派閥所属)、NTT労組出身

 目が据わってる?動画の中では、普通の感じがしませんなw


★ 委員


 
岡崎トミ子、鈴木寛、蓮舫、林久美子、川上義博、藤谷光信、相原久美子、大島九州男、大久保潔重、梅村聡、金子洋一、西村まさみ


 ウ、ワァw、トミコップ、R4、川上、大島に始まって、反日・売国・問題児のオンパレードじゃありませんか。

 世耕議員ではありませんが、こんなアレな人たちに、日本をどうのこうのする決意も責任も、ある訳がありません。唯一、真当な金子洋一さんがいらっしゃるのは、救われますが。

 でも、金子さん、ご自身のHPには、「増税よりも先に景気回復が大切です」とありますから、採決には、反対票投ずるのかな or 欠席?
 http://www.guts-kaneko.com/

「増税によらない復興財源を求める会」
 http://ajer.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-001f.html

 ↑これに署名したメンバーを参考にする限りは、民主党の参院委員の中も、割れるでしょうなw

 野田佳彦くん、衆院以上に、大ピンチ!


* 民主党以外のメンバー構成はこちらをご覧下さい。

 < 参議院、委員名簿 >
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0423.htm

 ↑ アレッ、R4が、いないし、メンバーが民主党本部発表と一致してないぞw( ← 訂正、その後、修正追加されました。小沢のいっちゃんの離党の影響で、メンバー、入れ替えた? )



1627




2012年7月23日 (月)

今週から参院自民の怒濤の野田佳彦くんいじめが始まるゾ wkwk




■■ 野田佳彦語録(2012.06.30) ■■



 < 2012.06.30 読売国際経済懇話会講演会 >
 http://kawaraban.kantei.go.jp/2012/07/20goroku.html

 
ありとあらゆることをやり遂げるという改革

  一体改革も、経済の再生も、行革も、政治改革も、「何が先か」じゃないんです。ありとあらゆることを今やらなければいけないんです。

 

1608


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    326日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 402日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 48日




◆ まだまだ「絶望が足りない」野田佳彦くん


 ひたすら目の前の権力に反対することだけで、それ以外は何もせず、政治屋人生を歩んできた、我らが日本国総理大臣の野田佳彦くんですが、最大の敵「小沢のいっちゃん」の追い出しに成功し途端、次の攻撃目標を失って、これまでの勢いはどこへやら。

 衆院消費税可決後は、ダンボールハウスの住民の如く、毎日、今宵の居場所を求めて、その日暮らしの生活を始めた感があります。

 本音ベースでは野田佳彦くん、今直ぐにでも「ジミンガー」に復帰したいのはヤマヤマですが、政治生命をかけて3党合意を実現させてしまった以上、消費税増税法案が参院で可決するまでは、本格的なジミンガー復帰は許されません。

 ですから、かれの当面の敵は、民主党内の増税反対者ということになりますが、参院民主はあと3名で第一会派から転落の「討ち入り前夜」状態にありますから、流石の野田佳彦くんも、民主党内の増税・原発・TPP反対者を、真っ正面からは罵倒することが出来ません。

 で、かれ、遣り場がなくて、19日は「ぼこぼこにされている」と宣いつつ、陽気に、大酒を喰らったんですな。

 野田佳彦くんのことです、何が起きても、ケンチャナヨ、人生は何とかなる。

 7月19日の参院「社会保証と税の一体改革」特別委員会では、普段よりは、一層拍車がかかった「ウリナラマンセー」を展開しました。

 これ、オジサン的には、近年では、最高傑作の野田佳彦主演「笑韓劇場」と評価しております。

 言い訳、話題そらし、詭弁、嘲笑、少しだけジミンガー、不都合な事実は無視するetc

 もっとも笑えるのは、ナムの「タラレバ話」は激しく攻撃するくせに、ウリの「タラレバ話」は、何処吹く風だったこと、でしょうか。

 野田佳彦くん、ポジティブシンキングは、確かに必要ですが、最低限、現実と事実だけは、しっかり、認識しておきませんとね。

 きみには、まだまだ、絶望が足りない、とオジサンは思うな。

 当日の質疑応答は、下記に前半部分を、文字起こししておきました。

 おひまな時にでも、どうぞ、ご覧下さい。



◆ 平成24年7月19日参院、自民党「世耕弘成」議員質疑


 < http://www.youtube.com/watch?v=b3EJZ-HGrPQ

">


(世耕)

 自由民主党の世耕弘成でございます。

 あのぉ、今日は個別にいろいろ法律の中身を、先ず、伺おうと思ってましたが、昨日今日のですねぇ、総理の答弁を伺ってて、先ず、ご自身の覚悟をお伺いしたくなりました。

1609

 是非、一般論や建前じゃなくてですね、この一体改革を先頭に立って推進をしてこられた国のトップを担う政治家として、責任と覚悟のあるお言葉を頂きたいと思います。

 まずですねぇ、総理はこれまで消費税増税を含む一体改革に政治生命を懸ける、命を賭けるんだと仰有って参りました。

 参議院で審議入りするに当って、今、どういうお気持ちか、先ず、お答え下さい。

(野田)

 えぇ、一体改革の、このぉ、法案提出審議に至るまで、えぇ、においてですねぇ、これ、一昨年の暮から党内で、えぇ、丁寧な議論をやってきたつもりです。

 そして成案、素案、対抗、法案提出、ご審議頂きました。

 残念ながらそうしたプロセスがあったにも関らず、6月26日の、お、衆議院における一体改革関連法案採決に際し、いぃぃ、反対者、棄権者、えぇ、或は欠席をした人が出て、えぇ、大変皆さまにご迷惑をおかけしました。

 えぇ、そのことを踏まえて、えぇ、より一致結束して、何としても、これ待ったなしの、私は、位置づけの法案だと思っておりますので、しっかりと参議院のご審議を経た上に、採決をされ、そして成立をなんとしてもしなければいけないというその思いを、あの、危機感を持ちながら、強く思っているところでございます。

(世耕)

 あの、参議院では、政治生命を懸けるとは、仰有らないんでしょうか。

(野田)

 これはもう、政治生命この法案に懸けるということは、この参議院のご審議を経て採決に至ってどうなるかでありますので、当然、政治生命を懸けるということでございます。

(世耕)

 危機感を持って政治生命を懸けるんなら、昨日の宮澤議員の質問、先程の林議員の質問の中で、何故、オリンピックへも行かないと言わないんですか。

1610

 まだ、決めてない。国会審議に支障がなければ行きたい。

 国会審議に支障があったら行かないのは当り前のことであって、今、逆に、あなたが民主党のトップとしてですね、輿石幹事長でさえ、もう、崩壊してしまう、と言っている。

 毎日、毎日、離党者が続いている。

 我が党は、きちっと、結束して対応してるんですよ、この問題に。

 なのに、総理のお膝元が崩れている。

 そういう中で、もう、寝食も惜しんで、土日も使って、この問題、党をしっかり結束させるために努力をする、と、何故、言い、仰有らないんですか。

 オリンピックに行かないでそれをやると、何故、仰有らないんですか。

(野田)

 あのぉ、そういうご意見がたくさんあることも承知をしてますし、あのぉ、今、世耕議員だけではなく、昨日も、そういうご意見頂きました。

 すぅ、えぇ、一方で、御党の議員の中からも、オリンピック招致のために汗をかいてくれ、というそういう方からも、声が届いています。

 えぇ、そういうことも踏まえまして、え、あの、しっかりと、対応していきたいという風に思います。

(世耕)

 このねぇ、オリンピックの招致は、そりゃ平時であれば、いい話しですよ。

 だけど、今、本当に危機じゃないですか。

 政局に入ってるのに、その優先度合を、これだけ3人に渡って聞いても、まだ、きちっとお答え得出来ない、されないというのは、本当に残念だと思います。

1611

 もう一つ、お伺い致します。

 昨日の答弁で総理は、修正の可能性に言及をされました。

 びっくりしました。

 これ当然、一般論では、修正はあり得ますよ。

 だけども、これは、決めるのは、我々の審議で決めるんですよ。

 総理の立場では、これはベストな案なんで、何とか通して欲しい。

 頑張って3党で合意したので、何とか通したい、という風に言われるのが、立場だったと思いませんか。

 修正の可能性、否定をして頂きませんか。

(野田)

 昨日の答弁でも申し上げましたとおり、この3党合意は重たいということ、申し上げております。

 で、それを実現しなければいけない、という前提の中で、その上で、ハウスが違う訳ですから、これは、ここから一般論でお答えしておりますけれども、議論をした中で、更に、気づいてない観点が出てくるとか、より改善出来るものが、3党も含めて合意出来る可能性があるじゃないですか。

1612

 それを否定するものではない、という意味でのご説明をしているところでございます。

(世耕)

 それはねぇ、評論家が言う話しなんですよ。

 総理は、そんな人ごとのようなこと言ってたら、駄目なんです。

 当事者なんです。

1613

 これはベストなんだ。

 参議院の輿石幹事長までサインしてるんだから、民主党はこれでちゃんといきたい、ということを、私は、仰有るべきだと思います。

 じゃぁ、続いて、これは一般論ではないということをお断り、お断りをしておきますが、一般論ではなく、お伺いします。

 今、いろんな方々が、もう、造反しそうになってますよね。

 離党されてなくても、昨日の大久保議員、あの質問聞いてて、どうみても賛成されるとは思えなかったし、夜のテレビを見たら、明確に、大幅な修正がない限り、賛成は出来ない、反対するという風に仰有っておりました。

 我々、大幅な修正なんて、これ絶対のめないですから、ということは、もう、反対される蓋然性が、非常に高い。

 田代かおる議員という方も、これ新聞で、えぇ、大幅な修正がなければ反対する、と仰有ってる。

 私、本会議場で見てますとねぇ、国民の生活が第一の代表質問の時に、大きな拍手をしている民主党の参議院議員も、何人かいらっしゃいます。

 これ、大変な事態になってますが、今回、もし、参議院で、採決に造反する議員が出た場合は、どういう風に処分をされるんでしょうか。

(野田)

 あのぉ、造反という事実があった時に、衆議院においてもそうでありますけれども、それに対しては、党の規律回復のために、対応致します。

 今は、参議院においては、あのぉ、全ての議員が、一致結束して対応出来るように、これからも努力をして行きたい。

 全力を尽していきたい、という風に思います。


(世耕)

 いや、もう、明言してるんですよ。

 昨日、テレビで。

 反対するんだ、と仰有ってる、いくつもの議員が。

 もう、一般論、止めて下さいよ。

1614

 今日、私、本当に、心で語ってますから。

 総理の覚悟、聞かせて下さいよ。

 今回、もし、参議院で、もしで結構ですけど、造反する、もう、可能性が高い、そういう議員が出た場合、処分は、どうされるんですか。

 衆議院では、反対した人は、党員資格停止2ヶ月、欠席者には厳重注意という処分ですけれども、衆議院と同等の処分になるんですか、お聞かせ下さい。

(野田)

 そういう状況にならないように、採決までの間に全力を尽すということであって、あのぉ、仮に、誰かがどうのって話しは、そういう、たらればの話しは、今、すべきではない、という風に思います。

(世耕)

 あのねぇ、もう、そういう一般論を言ってるところで、もう、覚悟がない。

 さっき総理は、政治生命をかける、危機感を持ってる、と仰有った。

 こういう局面ではですねぇ、両院議員総会を開いて、そこへ行って意見を言うとか、そんなもう、妄動は、過ぎてるんです。

 民主党は、崩壊が、始まっている。

1615

 我々は、一生懸命付き合っているのに、民主党が、バラけていってる。

 そういう中ではですねぇ、今度参議院で造反があったら、厳しい対応をする。

 衆議院より厳しい、もう局面は、変わってる。

 即刻、除名する。

 そして、その選挙区には、当然、連合を始めとする民主党支援団体には応援させない。

 それどころか、全て、刺客を立てる。

 それぐらいのことを、仰有ったらどうですか。

 お聞かせ下さい。

(野田)

 あのぉ、あまりにも、ちょっと、先走ったお話しだと思います。

1616

 政治生命を懸けると言ってればこそ、今、慎重なお立場の方、或は、もしかすると反対するかも知れない方が居るならば、しっかりと説得をして、一致結束をして対応することに、全力を尽す。

 これに尽きるということであります。

1617

↑ R4が、拍手

(世耕)
 
 あの、全く、覚悟が感じられないと思いますね。

 私は、それではお伺いしますが、この間の茂木政調会長との議論の中で、先程、林、あの、林議員からもお話がありましたがぁ、えぇ、次期総選挙のマニフェストには、きちっと、えぇ、このぉ、一体改革増税の話しを入れて、そしてそれに賛成をしない議員は公認をしない、という答弁をされました。

 で、それは、取り消さない、と仰有いました。

 じゃ、今度、参議院選のマニフェストには、消費税の増税は、しっかり盛り込まれるんですか。

 来年の夏に、もう、迫っています。

 そして、増税に反対する議員の公認は、どういう風にされるんでしょうか。

 衆議院で、お答え頂きました、茂木政調会長に。

 参議院のことも、お答え頂きたいと思います。

(野田)

 あのぉ、私が代表であるならば、その時には、マニフェストの議論というのは、当然、党内で衆参国会議員、丁寧に、議論を積み上げながらですねぇ、皆さんが納得出来るものを作り上げて行きたい、という風に思います。

 その際に、一体改革、これが通っているならば、その後やらなければいけない課題、スケジュールがございますから、そういうものが明記出来るように、当然、私の代表ならば、そういう方向性で、皆さんと議論をして行きたいと思いますし、その上での公認は、代表や幹事長や選対委員長含め県連等々含めて、総合的に判断をすることになります。

 それで、そういうプロセスを衆参ともに辿って行く、ということになります。

(世耕)

 ま、そこを、また一般論で仰有るんですけれども、公認においては、当然、総理は党の代表な訳ですから、幹事長や県連に対して、こういう自分が政治生命を懸けてるテーマに反対をする者は、公認するな、という指示をされればいいんじゃないでしょうか。

 如何でしょう。

(野田)

 あのぉ、党の公認は、まぁ、我々の党内の中での議論の中で、当然、私の意見も申し上げながら、決めさせて頂きたい、と思います。

(世耕)

 これはねぇ、もう、全く、覚悟は、感じられないと思います。

 いま、総理のお話を伺ってて、命を懸けるとか、危機感を持ってとか、本当に、口先だけですよ。

1618

 これこのままでいけばですよ、今までの答弁を総合すれば、今回これで、反対票を投じて造反をした人は、2ヶ月間の党員資格停止だけ受けて、次の選挙では公認が得られる。

 そしてその選挙ではですねぇ、多分、来年の夏、7月ですから、もういよいよ、消費税増税の具体的時期が近づいている中でですねぇ、反対論もおこってるでしょう。

 今でも、6割の人が反対、という世論調査もある訳ですから。

 そういう中で、その人たちは、やぁ、実は、私は反対だったんですけどもね、もう、執行部に押し切られました。

 自民党にも押し切られました、と言って、選挙を、そうやって、消費税に反対している人に媚びを売って当選することが出来るんですよ。

 これ民主党の中で、今回、真面目に賛成しようとする方々も、気の毒だと思いますよ、これ。

 頑張って、総理の方針に、付いてってる人に。

 自民党も気の毒なんですよ。

1619

 私だって、これ本来は、成長戦略重視の立場ですよ。
 
 だけど、党で、皆で議論をして決めたことだから、歯を食いしばって、今、私だって賛成の立場で、地元でもきちっと説明をして、やれして貰ってますよ。

 だけど、その分、矢面に立ってるんですよ。

 総理、昨日から、離党した方々からのテレビでのコメント、見ましたか。

 みんな、民主党が自民党化しているとかですねぇ、或は、自民党野田派だとかですねぇ、全部、自民党が矢面に立って、泥を被ってるんですよ。

 これ、自民党に対して、どういう風に思われますか。

1620

 ↑ 民主党委員たち爆笑 > 民度低過ぎw
 
(野田)

 あのぉ、党における処分というのは、やっぱり、党の手続きにのって、のっとって、先頭、先例などを踏まえながらの、総合的な判断をしています。

 で、その結果出た、除籍とかですねぇ、党員資格停止処分というのは、これは、議員にとっては、私は、重たい処分だと思っています。

 あのぉ、郵政選挙の時は、役職停止じゃないですか、御党の場合は。

 それに比べれば、私どもは、自分たちの手続きにのっとった中で、厳正な対処をしてきてる、ということでございます。

(世耕)

 郵政選挙の時は、我々は、あれですよ、除名になって、刺客立てられてるんですよ。

 衛藤筆頭理事だって、その時、大変な思いをされているんですよ。

 そんな甘いもんじゃないんですよ、我が党は。

 総理、総理、これ、申し上げましょう。

 これねぇ、我々が、いつまでも、黙ってついて来ると思ったら、大間違いですよ。

 ほうっておいても、賛成すると思ってたら、大間違いですよ。

 私は、昨日今日の総理の答弁を聞いて、こんな覚悟や決意のない総理のもとで、本当に国民に消費税の増税や厳しい社会保証改革をお願いしていいんだろうか、そういう気持ちになってきてますよ。

 だけど、まだまだ、時間は少し、投票まであります、猶予はありますから、そこまでの、私は、総理の行動を見たいと思います。

 具体的にですねぇ、口先じゃなく、行動で示して下さい。

 提案します。

 是非、3党の党首会談、谷垣さんと山口さんに呼びかけて、3党党首会談を開いて、一体改革をしっかりやって行く、修正もしないで、このままで行きたいから協力をお願いしたい。

 オリンピックも行かずに、頑張る。

 そして、参議院の造反者は、衆議院より厳しい姿勢で処分で臨む。

 そして、次期総選挙、来年の参議院選挙では、増税に反対する一体改革に反対する者は、公認しない、と明言して頂きたい。

 両党党首に提案します。

 どうですか。

(野田)

 えぇ、先ずは、参議院の中で、しっかり、審議を頂いて、採決に至るように、そのための環境整備を様々な場面でしなければいけないと思いますが、必要はあるなんらば、私は、その判断は、お任せさせて頂きたいと思います。

(世耕)

 まぁ、全然、相変わらず、私は、かなり、今、真剣にご提案したつもりですけれども、必要があるならば、一般論、もう、そういう形で覚悟が感じられない。

 でも、採決までは、まだ、少し時間がありますから、私は、総理の一挙手一投足、一つ一つの発言を、真剣に見て行きたいと思います。

 そして、その上で、覚悟のある具体的な行動を、総理がもう取らないようであれば、口先でごまかし続けられるようであれば、私個人にも覚悟があります。

 私もですねぇ、党内で、こんな総理のもとでの一体改革は無理だから、反対しようじゃないか。

 或は、こんな総理のもとで、一体改革をやるのはよくないから、法案採決の前に、総理問責決議を参議院で提出して、可決しようじゃないかという運動を党内でおこしますよ。

 (議場内から拍手)

1621

 見て下さい、これ。

 今の自民党内での空気では、それを、起こしたら、結構、賛同者が出ますよ。

 そのことを、申し上げておきます。

 私も、こちらも、自民党も、それぐらいの覚悟で、参議院の審議に臨みますから、それぐらいの決意で言ってる。

 総理も、ご覚悟を、頂きたい。

 そうでなければ、このまま、粛々とは、行きませんよ。

 大変なことになりますよ、と言うことを、総理に申しあげて置きたいと思います。

 (ここまで、14分41秒) 


2012年7月22日 (日)

ファイト一発、頑張るノダ




■■ 野田佳彦語録(2007.02.19) ■■


 < 2007.02.19 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2007/2007_0219.html

「自由」社会が過ぎると「勝手」社会になり、「平等」社会が過ぎれば「悪平等」社会になります。「過ぎたるは及ばざるが如し」を肝に銘じながら、「自由」と「平等」のバランスをとるのが政治の要諦だと思います。

 ある識者は、このことを「右足=自由」「左足=平等」の二足歩行論で説明しています。即ち、「左足=平等」に重心が拘束されて歩行の止まった規制国家は、思い切って「右足=自由」を踏み出すべきだと。小泉構造改革とそれを継承する安倍政権は、まさに右足を前に出す考えといえるでしょう。

 この二足歩行論でいえば、私は、日本の現状は「右足=自由」が前に出すぎた状態であり、国家という身体のバランスが崩れ、今にも倒れそうになっていると認識しています。所得、生活、教育、雇用、地域に見られる格差の拡大はもはや看過できない状態です。「働く貧困層」や生活保護世帯の急増も深刻です。「右足=自由」を一旦停止させて、「左足=平等」を思い切って前に出すことにより、格差社会を是正し国家という身体のバランスを早期に回復させることが急務だと思います。


 
1605
1606


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    325日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 403日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 49日




◆ 頑張れ!野田佳彦くん

 
 3週間の国会開店休業で、休養充分の筈だった我らが野田佳彦くんですが、舞台が参院に移った途端、すっかり、元気がなくなってしまいました。

 いったい、どうしたんでしょう。

 髪の毛が、急に薄くなったことが、原因なのでしょうか。

 オジサンは、意気消沈している野田佳彦くんのことが、とっても、心配です。


 < ニコ動:激務が原因?首相に“ある変化”が… >
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18379297




 パンパンに膨らんだ面皰跡が残ったメタボ顔で、矢継ぎ早に飛び出す「嘘と詭弁」、それに付随した生来の有言不実行さにこそ、野田佳彦くんの魅力の源泉があったのですが、連日の参院自民の一矢触発の猛攻撃に、防戦一方の野田佳彦くんからは、「口だけ総理」の総理らしさが、全く、感じられません。

 前なんとかさんも、オカラくんも、一向に助けてくれる気配はないし、エダノたんなど、冷笑・冷淡そのもので、ちっとも協力してくれないし、おまけにガソプー安住は全く役に立たないしw

 そればかりか、参院は、あと3人離党者がでると、民主党は、第一会派から転落しちゃうしw。

 カラ元気、出したくても、出ないよねぇ、野田佳彦くん。

 だから、きみは、増すゴミ諸君に、グチ書かせたんだね。


 < 2012.07.19 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/plc12071923370013-n1.htm

 
野田首相「ぼこぼこにされながらも…」 政経塾仲間に愚痴

 
「ぼこぼこにされながらも頑張っている…」

 野田佳彦首相は19日夜、都内の中国料理店で自民党の逢沢一郎前国対委員長ら松下政経塾の1期生仲間と会合し、自らの立場をこう漏らした。

 消費税増税法案をめぐって民主党内では離党者が続出し、法案に賛成している自民、公明両党からは指導力を批判され、まさに板挟みの状態。気が置けない相手に愚痴をこぼしたようだ。

 会合には、政経塾後輩の民主党の樽床伸二幹事長代行、長浜博行官房副長官も顔を出した。



 えぇ、えぇ、わかりますとも、オジサンには、この記事、民主党諸君、とりわけ、輿石のじっちゃんを特定して、当てつけた記事、だっていうことが。

 これは、指桑罵槐(しそうばかい)っていう、所謂、中国兵法の高等戦術ですな。
 
 でも、グチが言えるうちは、まだまだ、余力があるっていうことです。

 頑張るんだ、NODAFI !

 で、オジサンは思うんですが、ここは、もう、柳腰さんとチョクトくんに頭を下げて、新たなトロイカ態勢で、より鮮明な反日・売国・極左政党として再出発した方が、得策のような気がします。

 次期衆院選、民主党の大敗北は、既に、決定しています。

 だって、きみたちの、あまりにも国民をないがしろする仕振りと、幼児以下の政権運営能力には、真当な有権者は、もう、憎しみさえ抱いていますからね。

 ですから、きみたちの衰退を最小限度に食い止める意味でも、ここは、何恥じることなく堂々と極左色を全面に押し出し、最低限、反日組織票(自治漏、日狂組、特亜系帰化人)を食止める作戦に転換した方が、民主党延命につながるのではないのかな。

 もっとも、野田佳彦くん、きみは、ナベツネの意向に沿って、自公との大連立を画策しているようだけど、一時的には、これで民主党の延命に成功したとしても、その後は確実に、恐らく1年以内に、民主党は消滅すると予測されます。

 だって、きみたちの似非保守ぶりは、すっかり見抜かれてしまっているし、たとえ自公と連立を組んだところで、実務能力ゼロ力のきみたちは、完璧に自公に頭を押さえられて、政治の表舞台に立てるチャンスなど、ハナからないでしょう。

 そうなると、見栄っ張りで、いいかっこしいで、目立ちたがり屋で、我が儘で、勝手し放題で、汗をかいて努力をすることが大嫌いで、我慢と言うものが全く出来ない、きみたち民主党の寄せ集め集団は、一旦は、晴れて自公入りし食いつないだところで、いずれ辛抱出来ずに、短期間で、再び内ゲバに走るのは、ミエミエです。

 だったら、回り道はやめて、ここは、離党者を食止めることはせずに、切るものは切る。その上で、反日色を色濃く押し出し、売国政策を議員在職中に、駄目もとで推進する。

 そうした方が、民主党の存在意義を、反日選挙民にアピール出来るし、自治漏、日狂組、民団、朝鮮総連、解同の固定票は、失わないで済み、次期衆院選挙では、確実に、最低50名はキープ出来る、とオジサンは判断します。

 兎に角、オジサンは、現在のような野田佳彦くんの、しおれた姿は見たくありません。

 少なくとも、きみの下野までは、きみの明るい浪々とした爽やかな「嘘と詭弁」を聞いていないと、日々の笑韓劇場がつまらなくなってしまいます。

 だからね、手始めに、輿石のじっちゃんを切りなさい。

 そして、潤沢な特亜からのキックバック資金を、きみ自身の代表選資金に、全額投入しなさい。

 でないと、きみ自身の次は、ありません。



1607




2012年7月21日 (土)

野田佳彦くん、きみはいつだって、加害者の味方だった



■■ 野田佳彦語録(2012.07.16) ■■


 < 2012.07.16 フジテレビ番組出演メッセージ >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/plc12071700300000-n1.htm

 弱い者を、集団でいじめている子がいるならば、その行為はとても恥ずかしい、卑劣だと理解してもらわなければいけないと思います。人間として大事なのは、自分が相手の立場になった時にどう思うかということです。その痛みを感じる心を、持ってもらわなければいけない。

 
1581


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    324日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 404日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 50日




◆ いじめ問題、日狂組、声明


 < 7/16、野田総理のいじめに関するメッセージを、受けて >


 野田佳彦総理が、大津いじめ事件に関連して、総理の立場としては、初めて、メッセージを国民に向かって伝えました。


 
弱い者を、集団でいじめている子がいるならば、その行為はとても恥ずかしい、卑劣だと理解してもらわなければいけない。


 この格調高い、そのものズバリの、シンプルで力強い、説得力ある、実践的で、即戦力の、我らが総理の、お言葉。

 これで、明日から、学校から、いじめが、100%、なくなります。

 これで、私たち狂師も、「見て見ぬ振り」のなりすましパフォーマンスから目出度く解放され、これからは、晴れて、本業の「反日教育」に、専念することが出来ます。

 政権交替が実現して、本当に、良かった。

 民主党を支持し続けて、本当に、良かった。

 野田総理、ありがとう。 

 野田総理は、戦後最高の「決断出来る」宰相です。

 野田総理には、キムチ一生分を、全組合員より心から、プレゼント致します。


1582



◆ 笑韓最狡コンビ「野田佳彦くん&フジテレビ」

 
 やぁ、野田佳彦くん、韓流役者として、油がのって来ましたな。

 7/16のテレビメッセージも、舞台を、臆することなくフジテレビを選択したのは、決められる政治屋「野田佳彦」くんの、実に、堂に入った熟練技です。

 とは言え、もともと、野田佳彦くんと、フジテレビは、韓流つながりで、相思相愛。

 いつも通りの「平壌運転」ではありますが。


1583


 < 2012.07.16 野田総理フジテレビ出演、産経新聞朝刊から >

1584


 我らが野田佳彦くん、相変わらず、スーツは、B層仕様ですなぁ。

 上着も、おズボンも、シワシワ。

 一目で、安物仕立て、着古しスーツ、だと分ります。

 何も、オジサンは、いつも、パリッとした高級スーツを着なさい、と言っているのではありません。

 社会人として、見苦しくない、即ち、相手に対して、不快を与えるような着こなしをしないで下さい、と、野田佳彦くんに、お願いしているだけです。

 今流のカタカナ文字の会社に勤務している方なら、シワシワお洋服を着こなせた方が、却て、プロっぽい印象を与えるのかも知れませんが、野田佳彦くんは、政治屋の最高峰に位置するお方です。

 たとえ行政遂行能力は無能だとしても、見た目の身なりだけは、キチンとした格好をして頂かないと、日本の恥です。

 にも関らず、本日も、お腹のボタンは、はちきれそうだし、両袖は、シワシワ満載だし、おズボンの折り目は、はっきりしないし。

 まぁ、これまた、お得意の「平壌運転」ってことでしょうか。

 でもね、野田佳彦くん、同じ韓流役者でも、昨年12月にデビューした金正恩くんは、顔つきだけは、それなりに変わってきましたよ。

 きみの、ホルホル笑顔だけの演技は、11ヶ月も経ったんだから、もっと、深みを増さないといけません。


 < 2012.07.17 産経新聞朝刊から >

1585



◆ 野田佳彦くんに、当事者意識を求めては、いけません


 大津いじめ事件、オジサンは、ネットだけしか見ていないので根拠レスですが、直感で、舞台裏は、「民主党軍団・闇の世界」で埋め尽くされている、との印象を抱いております。

 日狂組、民団、朝鮮総連、解同、似非人権団体、知事、市長、教育委員会、校長、担任etc。

 オジサンの長年のサラリーマン的見た目判断からすると、彼らは一人として、真当なお顔をなさっている方が、見当たりません。

 要は、会った瞬間から、普通じゃない何かを感じる、というインスピレーションです。

 長年サラリーマンしていると、この「普通の感覚」を相手から感じ取れるかどうかは、物事の判断基準として、結構、キーポイントに成り得ます。

 これは、理屈ではありません。

 経験知です。

 大津いじめ事件を観ていると、どうも、関係者全員、普通の感じが致しません。

 そして、ひたすら、何らかの理由で、無理矢理、加害者に味方をしているように、オジサンには見えます。

 そういう意味では、今回の野田佳彦くんの、このお言葉もそうです。


 
人間として大事なのは、自分が相手の立場になった時にどう思うかということです。その痛みを感じる心を、持ってもらわなければいけない。


 人として、野田佳彦くんの仰有っていることは、ごく当り前のことです。

 総理が、九州の集中豪雨被害のことを無視してまで、わざわざ時間を割いて、テレビ局に出かけて言う程の価値がある、お言葉ではありません。

 心底、総理がいじめ問題を重要視し頭を悩ましているのなら、フジテレビでパフォーマンスなどしないで、官邸で記者会見を開いて、しっかり、ときちんと、国民に向けて、メッセージを発するべきなのです。

 それを、韓流テレビ局でお茶を濁して済ませたと言うことは、野田佳彦くん、いじめ問題には、何ら関心はなく、行政の長としの責任感などさらさら持ち合わしていらっしゃらない、という証しです。

 で、敢えて、「相手の立場を思い、その痛みを感じる心を持って欲しい」と野田佳彦くんが主張したのは、かれ自身に、その思いも痛みを感じる心もないからこそ、他人には、平気で命令口調で、重みもない言葉を発することが、出来るのです。

 野田佳彦くんに、真に、当事者意識があるのなら、こんな表面的で、薄っぺらい、抽象的なお言葉を、使える訳がありません。

 それに、彼の近時の政治屋人生、振り返って見て下さい。
 
 野田佳彦くん、きみ、2006年の永田メール事件で、国対委員長として、どのような対応をお取りになりましたっけ。

 お得意の「忘れました」ですか。

 では、ごくごく、直近の例を出しましょう。

 きみは、福島の被爆地復興で、何をなさいましたか。

 7月10日の参院予算委員会で、地元選出森まさこ議員と井戸川双葉町長のお二人によって暴かれたように、きみは、この11ヶ月間、試食以外は、何もやっていません。

 きみは、被災地住民に、何ら、当事者意識を抱いておりません。

 大津いじめ事件にしても、そうです。

 痛みを感じる心を持ってもらわなければいけないのは、きみの、最大の支持団体である、日狂組、そのものです。

 そんなことは、良識ある健全な日本国民は、増すゴミ諸君が如何に事実を覆い隠そうとしても、全員、実感・体感しております。

 なぜなら、先生にも、教育委員会にも、生徒を守る気構えもなく、正義感もなく、ただただ、人間としての言い知れぬ不自然さを感じ取ることが出来るからです。

 なのに、きみは、きみの体に染みついてしまった「見て見ぬ振り」をして、今回の間接的な加害者日狂組の味方を、平然としています。

 で都合が悪くなると、テレビで、国民向け「ホルホル道徳躾け教育」のパフォーマンス。

 これだけではありません。

 きみはいつだって、加害者の味方、だった。

 きみの「政治献金者リスト」を見給え。

 品川美容外科、セレモ、民団関係者、ソフトウェア興業etc、正に、反社会的行為を行ったところからの献金が、うじゃうじゃしています。

 おまけに、きみは、きみの取り巻き連中の藤村修、R4、手塚仁雄を通して、シャブ注で逮捕された会社社長や違法寄附金疑惑絡みの団体とも、何の良心的仮借も抱かずに、お付き合いを続けてきました。

 野田佳彦くん、きみは、きみ自身を支持してくれる人々の「悪の側面の不都合な現実」は、全て、見て見ぬ振りをして、昂然と、見逃してあげていた。

 結果、そう、きみは、いつだって、加害者の味方だった。

 ほうら、政権交替前の、きみのこの詭弁満載の主張をご覧。

 これが、きみの、全てです。


 < 野田佳彦著「保守の王道政治を受け継ぐわが決意・・・・民主党が左旋回することはありません」正論2009年5月号 >

 
日教組や自治労など支持団体の影響力を懸念する声もあります。

 民主党は国民政党ですので、反社会的な組織でない限り基本的に「ご支援いただけるのならありがたい」という姿勢です。

 しかし、様々な団体から支持をいただいている中で、日教組や自治労が格別の力を持っているわけではありません。

 政策への影響力も決して大きいとは言えない。

 例えば憲法問題でも、日教組などは護憲ですが、民主党の方針は論憲、そして私は改憲です。




 今回、日狂組は、生徒の命を、何故、助けてあげることが、出来なかったのですか。

 良識ある日本国民は、半端でなく、確信的に、日狂組と自痴労は、反社会的組織と捉えてます。
 
 だって、現に、大津いじめ問題では、若い命を、何のヘルプすることもなく、事件前も、事件後も、見て見ぬ振りをし続けてきたではありませんか。

 これは、明らかに、日狂組の先生方が、自殺幇助と言われても弁明の余地のないことです。

 野田佳彦くん、きみがいくら詭弁を弄したところで、きみの言葉は、最早、良識ある日本人には届きません。

 きみが、日本国民の声に豚児東風しているが如く、日本国民は、いくらきみが現総理大臣であろうと、きみのご尊顔と空虚なお言葉には、もう、近づきたくもないんです。

 聞けば聞くほど、見れば見るほど、自分自身が、日本国民として駄目になってしまう気がするんです。

 私たち国民は、何があろうとも、その前に、現実を生きなければならないんです。

 きみのご尊顔を仰ぎ、お言葉に耳を傾け、従ったところで、きみからは、生産的なものは、何も生じません。




1586



2012年7月20日 (金)

野田佳彦くんの整形塾人気講座「虚偽記載のノウハウ伝授致します」




■■ 野田佳彦語録(2009.08.06) ■■


 < 2009.08.06 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2009/2009_0806.html

 
驚いたことに、今回の自民党マニフェストの最大の売りは「幼児教育の無償化」だと言います。でも、4年前の小泉マニフェストにも同じことを書いていたはずです。公約違反した政策を反省もなく掲げる無責任さには、空いた口が塞がりません。逆に、「後期高齢者医療制度」や「障害者自立支援法」などは、前回のマニフェストには記載されていなかったにもかかわらず強行採決されました。

 マニフェストに載せたことは命懸けで実現する、載せなかったことには基本的には手をつけない。この意義がわかっていない自民党には、そもそもマニフェストを語る資格がありません。

 加えて、借金の山を積み上げるしか能がなく、せっかく見つけた埋蔵金もバラマキで使い果たし、国の金庫を空っぽにした自公両党に財源を語る資格もありません。民主党は、税金の無駄づかいを徹底してなくし、国の総予算を全面組み替えし、私たちのマニフェストを必ず実現させる覚悟です。



1596


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    323日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 405日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 51日




◆ 政治資金収支報告書「虚偽記載の達人」野田佳彦くん 


 < 2012.07.19 産経新聞朝刊から >

1597


 < 2012.07.19 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/plc12071907010001-n1.htm

 
故意否定、選管に訂正

 
野田佳彦首相の政治資金管理団体「未来クラブ」が千葉県選挙管理委員会に提出した政治資金収支報告書の中に、個人献金した公務員2人の肩書をいずれも「会社役員」と記載していたことが18日、明らかになった。産経新聞の指摘を受け、首相側は県選管に訂正を届け出たが、故意だった場合は政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われる。未来クラブでは昨年9月にも政治資金規正法で禁じられた外国人からの献金も発覚しており、ずさんな資金管理への批判は免れない。

 産経新聞の調べでは、未来クラブは政治資金収支報告書に、平成20~22年に年1万円を献金した元船橋市職員(今年3月に退職)の肩書を「会社役員」と記載。20、21両年に年1万円を献金した船橋市立中学教諭の肩書も「会社役員」と記していた。

 取材に対し、元市職員は「高校、大学で首相の先輩にあたり面識もあるので献金した」と説明。会社役員との肩書については「私は一切兼業していない。なぜこのような記載になったのかわからない」と語った。

 一方、教諭は「首相が平成14年の党代表選に落選後、毎年5千~3万円を献金していた」と説明。「兼職はない」と明言したが、会社役員との記載には「ノーコメント」とした。

 未来クラブの事務責任者を務める竹口由利人政策秘書は「当方の献金申込書には職業記載欄がなく職業については事務所で確認が取れた分だけ明記した」と説明。公務員2人を会社役員と記載したことに関しては「間違って転載したかもしれないが、詳しいことはわからない」と語った。

 政治資金規正法では、虚偽記載の罰則として会計責任者に5年以下の禁錮か100万円以下の罰金を規定するが、故意性の有無で立件の判断が分かれる。竹口秘書は「献金者と示し合わせて虚偽の職業を書いたりはしていない」と強調した。

 未来クラブの20~22年分の収支報告書では、各年とも個人献金者350~420人のうち7割を会社役員と記載する。竹口秘書は「できる限り正誤を調べようと思うが、膨大なのですべて確認できるかどうか何とも言えない」と述べた。

 未来クラブでは昨年9月、韓国籍の男性2人から計47万円の政治献金を受け取ったことが発覚。首相は国会で「担当者も私も外国籍と気が付かなかった」と釈明し、全額返還した。公務員による個人献金に違法性はない。




◆ 問題となった献金者「お二人」は、こちらの方々


 < 平成21年度未来クラブ政治資金収支報告書から >
 http://www.pref.chiba.lg.jp/senkan/shikin/reports/20101126/contents/344650_2009.pdf

① HIさん(中学教師)千葉市花見川区花園在住

1598


・明治図書出版に寄稿多数
 http://www.meijitosho.co.jp/edudb/search.asp?author=%8D%A1%88%E4%81%40%89p%96%ED

・2ch【教科書】教育系出版社6【参考書】
 http://2chnull.info/r/recruit/1253074373/301-400

 > 明治図書は去年思想チェックあったよ。基本的に左向きに書いておけばよいけど

 > 明治図書受けてる人は左翼思想に抵抗ない人(もしくはガチの左翼)なの? 俺は思想的に合わないと思って受けなかったのだが

 > 思想をあからさまに聞くのは明治図書ぐらいだろうが…。 面接では平和主義・人権尊重・万民平等の考えでいけばおけ

 > 社会科の資料集なんかは、いかにもって感じがしたが、まあこれは明治図書に限らずだけど


② YNさん(元船橋市職員)船橋市海神在住 > googl map、立派なお宅だなw

1599

 ・http://www.tirakita.com/Movie_VCD_DVD2/DVD/v_dvd_73.html

  コメントがあっち系


1600


◆ 野田佳彦くん、カネ集めの構図(2009年版)


1601


◆ 税金を平然と食潰すシロアリ集団「野田兄弟」


1602
1603


 < 2012.07.19 産経新聞朝刊から >

1604




2012年7月19日 (木)

税金を食潰す「シロアリ兄弟」野田佳彦&野田剛彦




■■ 野田佳彦語録(2009.07.20) ■■


 
< 2009.07.20 野田佳彦著「民主の敵」新著新書から >

 民主党は、国民の声をうけて、企業団体による献金やパーティー券の購入を三年後に廃止することや、世襲を制限する方針を固めました。この一点だけでも、民主党と自民党は明らかに違います。

 

1587


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    322日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 406日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 52日




◆ 野田佳彦くんの実弟「野田剛彦」くんに、「税金横領」疑惑発覚


 < 2012.07.18 産経新聞朝刊から >

1588
1589


 < 2012.07.18 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120718/plc12071807080004-n1.htm

 
野田佳彦首相の実弟である千葉県船橋市議が平成18年から22年までの間に、首相の政策秘書を取締役とする同市内の2つの企業から、「市民意識調査」費などとして計130万円分の領収書を受け取っていたことが17日、分かった。実弟は領収書を添付し、同市から同額の政務調査費を受領した。このうち1社は活動実態が乏しく、市議会の中からは「架空領収書を使って不正受給した可能性もある」(市議の一人)として、追及すべきだとの声が出ている。

 船橋市に提出された「支出伝票」によると、野田剛彦市議は平成18、19、21年の3年間に年2回ずつ、竹口由利人政策秘書が取締役を務める「タウンプランニング」(20年までは「タンプウプランニング」)から「市民意識調査」にかかった代金として毎回10万~15万円、計80万円分の領収書を受領した。

 同秘書が代表取締役を務める「東央工美」からは、22年に「政策宣伝資料作成費」名目で30万円と20万円の領収書を受け取った。

 しかし、「タウン」社のホームページによると、同社の事業内容は不動産業や住宅リフォームなどとなっている。東央工美は、同社が申告した登記によると「機械のスケッチなど工業美術一般」「写真修正」などを業務としている。

 野田市議は産経新聞の取材に「2社に依頼したのは事実だ」としたものの、調査結果をまとめた報告書を「すでに処分した」と述べ、作業実績について明らかにしなかった。

 竹口秘書は「タウン」社が受けた市民意識調査について「地域の関心事を友人も使って調査、報告していた」と説明。東央工美についても「今は休眠状態だが、ポスター製作などに携わった実績はある」として、ともに架空の領収書ではないと強調した。ただ、具体的な作業実績に関しては「野田市議に聞いてほしい」と明言を避けた。

 船橋市の政務調査費は、市議1人あたり毎月8万円を上限に支出される。「研究研修費」「資料作成費」「広報広聴費」など8項目について市議は領収書を添付して請求する。別の市議によると「毎年政務調査費の満額を使い切れない」こともあるという。

 野田市議は、野田首相の公設秘書を経て平成11年に船橋市議に初当選。現在4期目。竹口秘書は地元事務所で活動している。




◆ 野田剛彦くんプロフィール

 
 < 野田たけひこオフィシャルHPから >
 http://www.shunzankai.com/

・昭和36年1月9日誕生
・昭和48年    船橋市立薬円台小学校卒業
・昭和51年    船橋市立二宮中学校卒業
・昭和54年    県立船橋東高等学校卒業
・昭和59年    法政大学卒業
・昭和59年    千葉信用金庫入社
・昭和62年    野田佳彦千葉県議会議員の私設秘書
・平成05年    野田佳彦衆議院議員の公設第一秘書
・平成11年    船橋市議会議員選挙に初当選
 以降現在まで4期連続当選


1590

 < 手前左:野田仁実、右:野田剛彦 >



◆ 野田剛彦政治資金管理団体「筍山会」政治資金収支報告書から


 < 平成22年度分、2011.11.25千葉県選挙管理委員会 >
 http://www.pref.chiba.lg.jp/senkan/shikin/reports/20111125/contents/362050_2010.pdf 

① 政治団体の名称:筍山会(しゅんざんかい)
② 所在地:船橋市薬園台6-6-8 ← 野田佳彦事務所と同一
③ 代表者の氏名:橋本英世
④ 会計責任者:野田夕子
⑤ 事務担当者:茂木浩


1591


 < 収入の部に、民主党千葉県第4支部代表野田佳彦から10万円あり >

1592


 < 支出の部に、事務所経費支払は一切申告なし >

1593



◆ 野田剛彦くんがらみ etc


 < 筍山会代表者「橋本英世」氏、なんか胡散臭い >
 http://www.shigotoun.com/cus/hashimoto.htm

 ↑橋本牧場 → ボウリング場 → 不動産賃貸&パチンコ



 < 産経記事中の竹口由利人氏(野田佳彦くんの政策秘書) >
 http://funabashi2148maehara.web.fc2.com/event/2012/gashi/index.html

1594

 
新年 明けましておめでとうございます。本日はお忙しい中、藤代孝七船橋市長、伊藤賢二船橋商工会議所会頭、野田総理大臣秘書の竹口由利人様、斉藤守県議会議員を始め、市議会、行政、警察署、消防署、両市の商店会連合会、両市の商工会議所の皆様など沢山のご来賓の皆様と、津田沼地区の事業者の方々、商店会員や自治会の皆様にご参加をいただいて、前原商店会が主催する賀詞交歓会が盛大に開催出来ます事を深く感謝申し上げます。



 < 野田剛彦くん、巷の「うそ?ほんと?」 >

 野田よしひこ【豪邸新築】実弟は公費でレジャー
 http://unkar.org/r/giin/1200184323

 野田剛彦くん、ミステリーな仁実夫人の学歴を語る
 http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3908.html



1595







2012年7月18日 (水)

野田佳彦くん、きみには、辞めて頂くしかない




◆ 論説・あぶくま抄


 < 2012.07.13 福島民報 >
 http://www.minpo.jp/news/detail/201207132446

【企業立地補助金】増額で福島再生を

「福島の再生なくして日本の再生なし」。

 野田佳彦首相が昨年9月2日に内閣発足の記者会見で強調したキャッチフレーズも今は、むなしく響くだけだ。

 県が増額を要求している「ふくしま産業復興企業立地補助金」について、首相は10日の参院予算委員会で補助率を下げる方針を変えなかった。

 枝野幸男経済産業相に至っては「(補助率が下がって進出を)やめる企業が続出するとは考えていない」と答弁した。

 13日に閣議決定する福島復興再生基本方針にも積み増しは明記されない。

 東京電力福島第一原発事故で極めて厳しい状況が続く福島県への現状認識が、わずか10カ月で風化してしまったとしか言いようがない。

「立地補助金」は、原発事故で大きな影響を受けている本県の産業を再生する目的で、県内への工場新増設を促すため経産省が創設した。

 総予算は1700億円で、県が今年初めに実施した第一期募集に299件の申請があった。167件を採択、123件を保留、9件を不採択とした。

 保留企業への補助金などが第一期だけで1070億円不足している。

 県関係者によると、予算枠は1700億円とするが足りなければ追加するとの意向を経産省側が当初示していた。

 ところが、第一期募集の後に経産省側が補助金の増額は難しいと伝え、さらに補助率の引き下げを求めてきた。

 一方、経産省側は1700億円は5年分として使うよう県に示してあったという。

 県と経産省のそれぞれの主張が食い違っている。

 混乱している原因は、経産省側が第一期募集で予算枠を上回るだけの申請があるとは想定していなかったため、ではないか。

 この結果、想定以上の申請をこなすための苦肉の策として補助率の削減を言い出したのではないか。

 首相や経産相のつれない答弁の後ろには財務省が控えて歳出に歯止めをかけているのだろう。

 しかし、もう一度福島県の実態を正確に把握してもらいたい。

 原発事故が収束しない福島県に、優遇策もないのに新たに進出する企業があるだろうか。

 進出を決断させるだけの大きなメリットが必要だ。

 その点で「立地補助金」は魅力ある誘致策となる。

 東日本大震災の被災者で雇用保険の失業手当の受給が終了した県民の9割が就職や内定に至っていない。

 働く場の確保は、本県が再生に向けて力強く歩み出すために欠かせない。

「立地補助金」の増額を求めたい。(佐藤晴雄)




 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    321日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 407日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 53日




◆ 平成24年7月10日参院予算委員会(後半)

 
 < 福島を完全に見殺しにした民主党政権(自民党・森まさこ)>
   http://www.youtube.com/watch?v=hSxegA2Wqlc

">


(野田)

 もう、大臣のご説明に尽きていると思いますが、補助金の趣旨に照らして精査をしているということであって、負担能力のあるところについては、その分、ご理解を頂くということでございますので、私は妥当な精査だと思います。

1568_2

(森)

 いかにも冷たいご判断でございます。

1569

 福島県は、怒っています。

 立地補助金の増額どころか、補助率の削減ですか。

 今度の基本方針に、何を、書くおつもりですか。

 立地補助金について、記載するんですか。

 お答えください。

(野田)

 え、先般福島の知事とお会いしたときにですね、えぇ、基本方針の議論もいたしました。

 え、6月20日に、政府としての考え方をお示しをし、7月3日に、福島からご回答頂きました。

 そのご回答を踏まえて、出来るだけ福島のご要望に沿った基本方針をまとめ、近々、閣議決定をしたいと思っております。

(森)

 噂は、本当でした。

 復興予算は、見せ金である。

 新聞に、いいことが載る。

 大きな予算額が、載る。

 被災地以外の、国民は、ああ、被災地では、復興が進んでる、と思わせる。

 ところが、いざとなると、財務省が召し上げる。

 復興予算も、執行率が、ゼロ。

 復興予算の残ったお金も、1兆円あるのに、どうして、残り1千億円の立地補助金が増額出来ないで、補助率も減額なんかするんですか。

 全く信じられませんが、総理、次の質問に行きましょう。

 先ほど言ったアメリカの実測値で、これから検証する、と総理おっしゃった。

 ところが、総理が就任した9月28日に、私が、質問してるんです。

 総理。

 これ以上、福島県民に、情報を隠さないでください。

 正しい情報を、調べてください。

 総理は、検証します、と答弁しましたね。

(野田)

 ちょっと、答弁内容までは、正確に、覚えておりません。

(森)

 昨日、私、総理のお部屋の方にレクに来て頂いて、こういうこと言われると思ったから、ツィッターにも、すぐ、写真載せて出しましたよ。

 覚えてませんとか、そんなことは、総理に言わせないでください。

 9月28日の予算委員会で、総理に、この被爆の汚染情報のことについて、質問して、総理が、検証します、と言ってるんです。

 総理、覚えてないぐらいだから、検証してないんですね。

 検証しましたか、してませんか、答えてください。

(野田)

 えぇ、ちょっと、予算委員会での、あのぉ、議事録は、ちょっと、確認出来ておりませんけれども、おぉぉ、文科省が実施してるモニタリングについて、基本的に実施したものは、速やかに公開をするように、指示をさせて頂いております。

1570

(森)

 文科省のモニタリングだけではございません。

 私は、SPEEDIのことがあったから、これ以上何も隠してませんね、という質問主意書も出しています。

 それに対しては、無回答。

 そして、総理に予算委員会で、9月と11月に、2回も、質問をしているんです。

 総理は1回目に、いずれにしてもあらゆる形の検証しなければならない、ということを思いました、と述べてます。

 そして2回目に、それを受けてどんな検証したんですかっていうことについては、無回答で、枝野さんが出てきて、違う答弁をしてると。

 こういうことなんです。

1571

 総理、検証してないんですね。

 それで、先ほど今から検証して、何をやってたんですか、9月から7月まで、10ヶ月間。

1572

 この間に、検証してればですよ、今日資料に出しておりますように、鈴木寛、当時の文科副大臣のところにまで、アメリカの実測値の情報が上がっていた。

 8時間、居れば、図を出してください、

 8時間、居れば、年間の被爆量受ける場所にですね、飯舘村も、双葉町も、浪江町も、置かせられていたんです。

1573
 
 このことは当時のことですが、私が9月に総理に質問して、検証すると言ったときに、すぐ検証出来ていれば、このときに被爆した子供たちは、ここに人型があります、250人の子供たち、大人も併せて700人、すぐに健康診断が出来たじゃないですか。
 
 いまだに、健康診断が、遅れている。
 
 ホールボディーカウンターさえ、福島県民、全部受けておりません。
 
 甲状腺検査も、遅々として、進まない。
 
 どうして、その検証を、しなかったんですか。
 
 野田総理、あなたの責任、じゃないですか。

(野田)
 
 あのぉ、先ほどの、おぉ、答弁でも、あのぉ、申し上げたと思います。
 
 あのぉ、その質疑者変わりましたけれども、あの、残念ながら、何故そうだったのか、ということの特定はまだ出来ていない、ということでございます。

・・・・紛糾、野次の嵐・・・・
 
(西田砲)
 
何、言ってんだよ、質問、聞いてないんだよw
 
1574
 
(野田)
 
 あのぉ、検証については、現在、政府事故調、政府事故調の中でも、ご検討頂いておりますので、それを踏まえて対応したい、というふうに思います。

(森)
 
 双葉町長、今の総理の答弁を聞いて、どう思われますか。

(井戸川双葉町長)
 
 えぇ(深いため息)、大変、厳しい、ご質問だと思ってます。
 
1575

 私は、事故前から、東京電力、あるいは原子力安全保安院の方には、事故は起こしてくれるな、というお願いをしてま参りました。
 
 なぜならば、放射能まみれに、町民をしたくなかったからであります。
 
 しかし、実際に、させてしまいました。

 3月12日の、あの1号炉の爆発の時に、大勢の町民が、まだ、居りました。
 
 本当に、空から、爆発物が、あのぉ、ゴミが降ってくる瞬間に、これで終わりだかな~、思いました。

 警察官も、自衛隊員も、病院職員も、私供の職員も、大勢居りました。
 
 みんな、一瞬、声が、止まりました。

 あれほど言ってたのに、何故、起こしたんだ、という思いで、憤りで一杯であります。

 被曝については、私は非常に厳しいことを、世論で、言わせて頂いております。
 
1576
 
 広島・長崎の規模と比べて、安全だ、安心だって言われますが、決して、そういう思いを私は持ってません。
 
 受けなくてもいい被曝をした、この気持ちが、受けない方に、どうして分かって頂けるだろう。
 
 そういう思いで、あの12日は、ほぼ、町民が避難終わったな~という時に、私も一緒に避難をしました。
 
 あと、まだ、残っていたのも知らずに、避難しました。
 
 この方の中には、髪の毛が抜けたよ~っていう、涙ながらに訴えられました。
 
 ああ、申し訳なかったなと、本当に今でも、そういう気持ちであります。

 従いまして、私供は、原発を誘致したのは、事故を約束したもんではありません。
 
 色々最近の、情報で、事故を予防できる時間もあったのに、いう思いが、この被曝の問題と一緒になって、眠れない日もあります。

 20ミリシーベルトが、いいとか、100ミリシーベルトが、いいとかっていう話受けると、それは受けたことのない、被曝をしたことのない人、言葉が出ます。
 
1577
 
 なぜこの方たちは、このような惨めな思いを知ることもなく、勝手に数字を言うんだろうと、そういう思いで、ずっと来ました。
 
 で、朝日新聞に、米国版のSPEEDIの公表がされてなかった事実が、出て、なお憤りを感じました。

 本当に、我々を、本当に思ってくれてるんだろうか、という思いであります。

 28日、平岡次長さんが謝罪に来られましたけれども、そのまなざしは、大変厳しいものがあって、深く反省はしているようには、本人は申されておりましたけども、私は、まだ、足らないなあと。
 
 謝罪っていうのは、もっと違うんじゃないか、という思いで、彼の言動を聞いておりました。

 従いまして、こういう情報が、もし、スムーズに出ていれば、逃げる方向を、変えていました。

 私は、住民の生命、守らなければならない、立場なんです。
 
 誰よりも、住民を守らなければならない、立場なんです。(泣)
 
1578
 
 この重荷があって、何ミリだからいいとか、何とかって今言われると、本当に腹が立ちます。
 
 この情報隠しは、私は、本当に納得しません。
 
 出来ません。
 
 以上です。

(森) 
 
 ありがとうございました。
 
 野田総理の先ほどの立地補助金のことにしても、今の放射能の実測値隠しの検証してなかったことについても、福島の再生なくして日本の再生なし、という言葉は、いまや空証文だったと断ぜざるを得ません。
 
1579
 
 私たちは、野田総理は、あの福島の再生なしで、福島県を、県民を喜ばせておいて、一番、罪作りですよ。
 
 福島県を見殺しにした、と断ぜざるを得ない。
 
 もう復興なんて、出来っこないと思います。
 
 今、すぐ、辞めて欲しい。
 
 そのことを申し上げて、質問を終わります。
 
 
 
1580_2




 

2012年7月17日 (火)

無駄遣いの達人、野田佳彦くん

■■ 野田佳彦語録(2012.03.22) ■■


 < 2012.03.22 「私の復興便り」展示パネルを見て >
 http://kawaraban.kantei.go.jp/goroku/

 
復旧復興、復興庁もできましたので、スピードアップして全力で頑張っていきたいと思います。
 
 
1562


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    320日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 408日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 54日




◆ 延長国会、1ヶ月も、何もしなかった野田佳彦くん


 歴代2番目の長さで延長された今国会、今週土曜日21日で、はや1ヶ月です。

 なのに、社会保障・税一体改革法案は、明日から漸く、参院の特別委員会で第一日目の質疑応答が開催される運び、という惨憺たる民主党の体たらくです。

 と、多くの良識ある日本国民は恨み節を連発したくなりがちですが、いえいえ、皆さま、野田佳彦くんと民主党の諸君にとっては、これこそ、平壌運転。

 彼らは、日本人としての良心も責任感もモラルも社会通念も、一切、持ち合せておりませんから、これが、当り前なのです。

 これこそ、彼らのルールであり、彼らの血の為せる特異体質の証しなのです。

 野田佳彦くん、2009年6月、麻生内閣が55日間の通常国会延長を決定したとき、こう、仰有りました。


 < http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-fdc3.html

 
1日国会を開催すると約2億円の経費がかかるといわれていますので、意味のない55日間の延長は100億円を超える税金のムダづかいになりかねません。

 そうならないようにするために、会期延長が決まった以上は、実のある審議を丁寧に行っていくべきでしょう。



 くどいようですが、野田佳彦くんの今回延長期間は、史上歴代2位の「79日間」です。

 それも今国会、延長後のこの1ヶ月間は、ほぼ、「開店休業」状態でした。

 もう、完璧に、かれ、普通ではありません。

 自覚症状がない野田佳彦くんを退治するには、精神医学的にも、かなり難しいようです。

 となると、一番効果的なのは、3党合意破棄による、内閣不信任案の提出になろうかと思いますが、自民党も、口では戦闘的なことを語っても、やってることは民主党よりちょっとまし程度で終止してますから、さてさて、どうなることやら。

 常識的には、野党側は、特別公債法否決提示で野田内閣はファイナルアンサー、全てチョンのシナリオの筈なのに、特公法のことが少しも騒がれていない堕落しきったの政治の世界の舞台裏は、健全な国民にとっては、実に不気味な感じがします。

 まぁ、与野党全国会議員が、国がどうなろうとも、国民がどうなろうとも、な〜んも、考えてはいらっしゃらないということだけが、はっきりしておりますな。

 全国会議員の「超高額生活保護費」キープが第一。
 
 こんな奴らに託されてしまった日本の運命。

 日本の中の反日勢力を全取っ換えする以外に手立てはありません。


1563




◆ 平成24年7月14日オンエアー、野田佳彦くん主演「笑韓劇場」


 7月10日の参院予算委員会で福島県出身の森まさこ議員に、被災地福島県の半年振りの訪問に、大目玉を喰らった野田佳彦くん。

 これに懲りて、先週末は、人気取りのため、慌てて岩手県視察のパフォーマンスを恥ずかしげもなく強行しました。

 野田佳彦くんがオジサンのブログなど読もう筈もありませんが、背広ネクタイ姿でフラガールショウを批判されたのが耳に入ったのか、今回は、ノーネクタイで現地に現われました。

 かれ、学習能力、少しはあったんだ。 

 ジャケットないほうが、もっと、すっきりするのにね。

 クールビズは、野田佳彦くん、メタボが分って大嫌い? or ブルーリボンバッジ誇示したくて、暑いのに、わざと、ジャケット着用しているのかな?



★ 相変わらず、野田佳彦くんのおズボン、シーワシワ


 < http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120714/plc12071420050013-p1.htm
 
仮設住宅を訪問し、入居者の女性(右から2人目)の話を聞く野田佳彦首相。左端は平野達男復興相=14日午後1時13分、岩手県釜石市

1564



★ 一向に神妙なお祈りのお顔が出来ない野田佳彦くん 


 < http://www.jiji.com/jc/p?id=20120714190731-0012933225&n=1
 
仮設住宅を訪問し、仏壇に向かって手を合わせる野田佳彦首相。左端は平野達男復興相=14日午後、岩手県釜石市の平田地区仮設住宅

1565



★ 本日も本業の試食に精を出す野田佳彦くん


 < http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120714/plc12071420050013-p3.htm

 釜石漁港を訪れ、釜石産のホタテを食べる野田首相=14日午前、岩手県釜石市

1566


1567




2012年7月16日 (月)

第66回みたままつり




■■ 野田佳彦語録(2009.05) ■■


 < 2009.05 雑誌「正論」2009年5月号 >

 
私は、いわゆる「A級戦犯」を戦争犯罪人と位置づけ、それを理由に靖国参拝に反対する意見には全く賛同できません。
 
 
1547


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    319日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 409日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 55日




◆ 第66回みたままつり(2012.07.13-16)


1548


 みたままつり2日目に靖国神社に参拝してまいりました。

 土曜日の午後でしたが、圧倒的に若者が多かったのは、オジサン世代的には、とっても嬉しいです。


1549


 < 麻生閣下 >

1550

 < 李登輝台湾元総督 >

1551

 < 阿波踊り or 佐渡おけさ >

1552

 < 田母神閣下 >

1553

 < 安倍晋三元総理 >

1554

 < 献灯提灯 >

1555

 < 梅原克彦元仙台市長 >

1556

 < 畠山みどりさん >

1557

 < 夕映え >

1558

 < 葛西敬之JR東海会長 >

1559

 < 坂田利夫さん >

1560

 < オジサン的献灯提灯平成24年度一等賞 >

1561


◆ 南京の真実「七人の死刑囚」上映会


 チャンネル桜水島社長脚本演出監督の力作です。

 リメイク版で、大分、分りやく仕上がりました。

 上映時間は、2時間44分。

 ハンカチは、お忘れなく。

 この映画をご覧頂ければ、南京大虐殺とは、アメリカが自分たちの償いきれない罪を歴史上から完全に消し去る為になりふり構わず覆い隠そうとした、人間として、最も卑劣なプロパガンダに過ぎないことが、一目瞭然です。

 なぜなら、アメリカは、黄色いジャップがただ憎くて憎くて仕方がなく、日本民族浄化目的の一点をもって、人類史上初めて、東京大空襲一晩で10万人、広島・長崎の原爆で30万人、無辜の一般市民の大虐殺を、何の良心の呵責もなしに行ったからです。

 かれらは、自ら行った罪と神からの仕打ちに、いまも、これからも、一生、怯え続けて生きていかなければなりません。


 
< 映画 「南京の真実」 特別編集版 ~ 英霊に感謝を捧ぐ上映会 >

・ 2012.07.13~16 10:00/14:00/17:30
・ 2012.07.17~22 10:00/14:00
・場所:靖国神社 遊就館 映像ホール2
 映画自体は無料ですが、入場には遊就館拝観料800円が必要です。


 < http://www.youtube.com/watch?v=zSAvM1oSNaw

">




2012年7月15日 (日)

野田民主党政権は李氏朝鮮末期そのものである




■■ 野田佳彦語録(2012.07.13) ■■


 < 2012.07.13 第6回行政改革実行本部会議 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/13gyokaku.html

 
行政改革は2009年の政権交代以降、一生懸命取り組んできたテーマであります。この行改改革実行本部を立ち上げた本年1月以降も、国家公務員給与削減の実施や独法改革・特会改革の推進。さらには、この本部を中心に取り組んできた、新規採用の抑制や独法等の役職員の給与見直しなど、着実に改革を前進させていると思います。
 
 
1541


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    318日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 410日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 56日




◆ 中川八洋著「歴史を偽造する韓国」徳間書店刊から


 
本書は、隣国に位置する韓国中学校の歴史教科書のうち、主に韓国併合時代の三十五年間にかかわる記述を検証して、その歪曲・改竄・捏造の実態を簡潔に摘出したものである。

 この検証的作業の過程で、本来であれば高まって当り前の怒りや軽蔑の感情は、著者(私)には全く生じなかった。

 逆に日本の未来へのいい知れない不安と憂慮の念のみが湧きあがってくるのを抑えることができなかった。

 なぜなら、現在の日本が、「併合直前の朝鮮」そのものとなっていることを発見した衝撃の方が大きかったからである。

 主権国家が具備すべき第一は、国家の名誉や体面をみずから擁護していく堅い意志であり、それこそが対外行動の規範となっていなくてはならない。

 だが、現実の日本は韓国の歴史の改竄・捏造に目をつぶる。

 それでいながら、韓国からの国際社会のルール違反の内政干渉という不条理さをもっての歴史の改竄・捏造の強要に対しては叩頭する。

 日本の謝罪や叩頭は、国家間の正常な交際からの、日本の逃避である。

 これでは日本は国家でない。

 国家としてあるまじき、この日本の姿勢は、日本に併合されるかそれとも亡国かに瀕していた、あの李氏朝鮮の末期そのものの再現である。

 とくに、国家の名誉や体面を守るという倫理性が崩壊しているところに、「末期の朝鮮」と「二十一世紀日本」には共通性がある。

 善や真実や正義に対してもアパシー的に浮遊する「二十一世紀日本」は、「末期の朝鮮」に重なっている。

 日本の教科書への韓国の無遠慮で無礼な介入は、前近代的な東アジアの華夷秩序から形成された、朝鮮国のあの「小中華」主義に韓国が戻っていることであるが、それは、人間であれ国家であれ、もつべき「自らに謙虚で謙譲である」美徳を喪失した国家の醜悪で品位なき姿勢である。

 しかし一方、このような無礼で不作法な、教科書介入と真実歪曲の要求に対して " 公憤 " なき現代日本人とは、恥の心と名誉心という美徳を喪失しているのはいうまでもない。

 日韓両国はかつて儒教道徳を共有していた時代もあったが、今や倫理・道徳性の喪失を共有している。

 日露戦争の勝利から生まれた「驕慢」に溺れて、「近代化に遅れた他のアジア民族」に大金を持参して近代化を代りにしてあげるという韓国併合の三十五年間は「善政のなかの善政」であったにせよ、それは世界の強国の一つになりえた「成功」に驕っての尊大さの延長上のものであった。

 しかも、日露戦争後に生まれた、日本のこの尊大さは西洋列強に肩を並べつづける刻苦勉励からの逃避でもあった。

 緊張と汗が不可欠な、米英という「上位の国」との連携や協力関係の維持に対しては背をむける、「脱欧」的アジア志向の「入亜」とは、所詮、「下位の国」を相手にする気楽な「惰弱の選択」であった。

「驕慢」も「惰弱」も美徳とは対極的であるし、倫理・道徳的な生き方ではあるまい。

 今日の日本外交は、隣国への叩頭と欧米を除く世界の国々への金のバラマキの二つしかない。

 前者は主権国家としての名誉心と矜恃の忘却であり、後者は経済大国になった驕慢からの「道楽的散財」である。

 いずれも外交ではない。

 しかも、これからは「日本=経済大国」でない。

 それは終焉した。

 日本の衰退は、ローマ帝国の衰亡と酷似した過程をすでに辿っている。

 要は、日本には世界秩序の一翼を担うという、真に正しき外交は不在である。

 刹那的でありアパシー(無気力)化はひどい。

 外交の復権、それこそが今日の日本が取組まなければならない、優先課題である。

 一国の外交の神髄とは国家の倫理の道徳性の顕現において形成されるものである。

 高貴なる日本の精神の回復があって初めて、日本の外交は真正の外交を回復しうる。




◆ 平成24年7月13日オンエアー、野田佳彦くん主演「笑韓劇場」


★ 似顔絵に " ギョ謙遜 "


 < 2012.07.14 産経新聞朝刊から >

 
野田佳彦首相は13日、海に関する分野で功績を挙げたとして、タレントのさかなクンらを「海洋立国推進功労者」として表彰した。

 お返しに、ドジョウと自身の似顔絵をプレゼントされた首相は、「『実際よりハンサムじゃないかな』と " ギョ謙遜 " 」(さかなクン)していたという。=首相官邸(酒巻俊介撮影)



1542


★ 野田首相、「東北の復興は何も致しません」 功労者賞、受賞


 < 2012.07.14 夕暮新聞朝刊から >

 
平成24年7月10日に開催された参院予算委員会、福島県選出森まさこ議員の一時間に亙る義憤の質疑応答の中で、野田民主党内閣が、震災復興に関して、わざと何もしようとしない事実が、次々と明らかになりました。

 特に、昨年度の復興予算1兆3千億円は、全額まるまるあまらせ、執行率ゼロという惨憺たるありさまです。

 これを受けて、福島県議会は13日、臨時県議会を開催し、現日本国総理大臣の野田佳彦氏を、「東北の復興は何も致しません」 功労者賞として、急遽、表彰することを全会一致で可決しました。

 授賞式は、16日の県議会本会議場で、野田佳彦氏のコスプレくんが登場して、佐藤福島県知事が執り行う予定です。

 この授賞式、全国都道府県、市区町村議会に波及しそうな勢いで、平気で被災地を見殺しにしてきた野田政権は、国民の怒りによって、完全にレームダック状態に陥りました。

 豚児東風、驕る平家は久しからず。



1543


★ 韓国人なら誰であろうと、業務最優先で、お会いするニダ


 < 2012.07.13 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/13hyokei.html

 
平成24年7月13日、野田総理は総理大臣官邸で、大韓民国の李洪九元国務総理をはじめとする「東京・ソウルフォーラム」関係者による表敬を受けました。


1544
1545


1546




2012年7月14日 (土)

東北復興、全くやる気無しの野田佳彦くん、日本国籍剥奪間近




■■ 野田佳彦語録(2012.07.11) ■■


 < 2012.07.11 官邸かわら版 >
 http://kawaraban.kantei.go.jp/2012/07/11blog.html#more

 
先ほど、上野動物園のパンダの赤ちゃんが亡くなったことを聞きました。子供たちに笑顔を与えてくれる存在であっただけに、残念でなりません・・・。
 
 
1532


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    317日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 411日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 57日




◆ 冷酷凄惨極まりない野田佳彦くんの「東北被災地」放置プレイ


 国民を嘗めきった内ゲバで、2週間も国会を強制閉鎖した野田佳彦くんですが、漸く再開した7月10日の参院予算委員会で、一発目から、自らの東北被災民に対する「弩S」性向を、一般日本国民に向かって、堂々と胸を張って、カミングアウトなさいました。

 この日の野田佳彦くんは、間接的に、こう主張したに等しい。

「日本人相手なら何をやっても構わない、何をやっても許される」

 いまさらながらですが、これは、野田民主党政権の通奏低音「ペニンシュラ系の血」の為せる技ですな。

 10日の野田佳彦くんや閣僚の答弁を拝聴していると、日本人としては哀しくなるほどの事実ばかりが明らかになってきましたが、これほどの非道な野田佳彦くんの被災地福島放置プレイを、大本営配下の増すゴミ各社は、相も変わらず、一言たりとも報道しようとしません。

 100%ペニンシュラ系で、汚染し尽された増すゴミ諸君ですから、さもありなん。

 近い将来、野田佳彦くんも、民主党の諸君も、増すゴミ諸君も、日本のお天道さまから、峻厳な制裁を受けると思うぞ。

 奢る平家は久しからず、歴史が証明していますからね。

 前置きが長くなりました。

 問題の、平成24年7月10日、参院予算委員会自民党森まさこ議員の質疑応答の動画です。

 イザブロガーの「国会速報さん」が、毎度のことならが、速攻で、文字起こしをして下さっておりますので、こちらもご覧になって下さい。


☆ 関連動画


 < 2012.07.10 参院予算委員会 、55分36秒>
 http://www.youtube.com/watch?v=RoPFaTZRJac

">

 < 同上、ニコ動版、55分43秒 >
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18312978

 < ニコ動、福島を完全に見殺しにした民主党政権、11分19秒 >
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18316468


☆ 関連文字起こし

 < 「町長、政府から意見を聞かれたことは?」 >
 http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/blog/entry/2753503/


(森)

 私、福島県選出でございますが、明日は11日、震災から1年4ヶ月が経ちます。

 総理、私は、今日、福島の復興政策について質問させていただきます。

 先ほどの質疑を見ておりますと、指名されていない大臣が答えることが多いように見受けられました。

 私も前回質問したとき、30回質問して、最初と最後しか総理に答弁していただけませんでした。

 今日は福島県民、普段総理に会えないんです。

 私も8ヶ月ぶりです。是非、総理に声を届けてきてほしいと言われています。

 どうか真正面から答弁していただきますようにお願いをいたします。

 総理、3日前、私たちの福島県へいらっしゃいましたね。何ヶ月ぶりですか?


(野田)

 ええ、確かあの、1月にお伺いして以来だと承知してます。

(森)

 半年ぶりでございます。

 半年間福島県にいらしてくださらなくて、そして、大飯原発を再稼動させた直後に、何で来るのか。

 そういう県民の声がございました。
 
 福島県議会から意見書が出ています。

 目を通されましたか?

(野田)

 すいません、見ておりません。

(森)

 総理が福島県に来る7月7日、その3日前の7月4日に出されております。

 複数項目にわたりますが、その一番最初に、一番上に、大飯原発の再稼動は避難計画も作られておらず、被災県として遺憾であると書いてあるんですよ。

 先ほど避難計画があるとかないとかいう質疑がございましたが、避難計画はございません。

 そういう中でいらっしゃった。

 半年間、総理、福島県について、復興政策、何をやられたんですか?



 < 予算執行率は、ゼロ >
 http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/blog/entry/2754684/


(森)

 昨年度の復興庁の予算、資料5につけてありますけれども、執行率がゼロですね。

 1兆3千億の予算で。

 そして、1兆3千億、あまらせてる。

 執行率がゼロなんです。

 どういうことですか。




◆ 野田佳彦くん、ミンス閣僚、質疑以前に、態度悪過ぎ > 不謹慎過ぎるゾ


 本動画、多くの方が怒りを通り越したコメントをあちこちに寄せておりますが、そもそも野田政権の一人一人の人格そのものが、彼らを一社会人として捉えてみた場合、議論の俎上にさえ載せられる水準でないことは、明々白々です。

 この動画でも、閣僚席からの野次は、相変わらずやり放題。

 薄ら笑いあり、居眠りあり、もちろん、ジミンガーありで、野田佳彦くんの迷言「福島の再生なくして日本の再生なし」など、野田政権にとっては、ペニンシュラ系特有のファンタジーに過ぎないことが、よ~く見て取れます。

 彼らは、全員、「不都合な真実に向き合うことが本質的に出来ない」DNAを受け継いでいることが、10日の質疑では、丸出しでございました。


(森)25分53秒から

 今、どんな状況にあるのか。

 復興庁、震災関連死、自殺者の数を、答えて下さい。


(復興庁、岡本)

 東日本大震災におけますいわゆる災害関連死につきましては、全国の市区町村の協力を得て調査致しました結果、本年3月末現在、全国で、1,632名、そのうち福島県の方は、761人でございました。



 < 14分324秒から >
 えだのたん居眠り、ガソプーくん、この直後下を向いてアホ笑い

1533


 参院予算委員会、石井一辞任後、委員長はあの問責を受けた柳田くんですから、たとえ、彼が「閣僚諸君は、緊張感を持って、かつ、審議には常に集中するように」と規律を促したところで、幼児レベルの野田内閣の閣僚メンバーに、通じる訳ないですよね~。

 で、早くも、野党側からは「あの石井委員長の方がずっと公平だった」とかで、委員長解任動議も囁かれているというのですから、野田佳彦くんの放置プレイも、いよいよ本物かも。

1534


 にしても、オジサンはずっと前から気になっているんですけれど、野田佳彦くん一人だけ、何故ネクタイ締めて、OKなんだろう。

 彼、クールビズ、全くファッションセンスなくて、「野田佳彦くんクールビズに悩む」なんて飛ばし記事書かれてから、5月11日以来、ずっとネクタイしています。

 野田総理には、省エネも節電も、関係ないってことですかね。

 彼の悩みも、オジサンには、分らないでもない・・・・。

 ただ、確かに、↓これじゃ、何とか組の大親分、確定ですな。

 < この日(5/10)を最後に、わたし、クールビズ、やめました >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201205/10syuhon.html
 
1535


 平成24年7月12日オンエアー、野田佳彦くん主演「笑韓劇場」


★ 野田佳彦くん、韓流「キューピーちゃん役」で出演


 < 2012.07.12 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120713/plc12071300000000-p1.htm

1536


 < 2012.07.12 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120712/plc12071215220015-p1.htm

1537


★ 韓流手振り役「マニフェスト守らなくても知ら~ん顔」


 < 2012.07.12 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120713/plc12071300000000-p2.htm

1538


★ 大津いじめ事件で、急遽、開催した日狂祖大会


 < 2012.07.13 産経新聞朝刊 >

1539



1540




2012年7月13日 (金)

野田佳彦くんは一般日本国民を人とは思っていないらしい



■■ 野田佳彦語録(2009.09.18) ■■


 < 2009.09.18 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2009/2009_0222.html

 
No.766 財務副大臣に就任

 国民とのお約束を果たせるかどうかは、すべて財源が確保できるかどうかで決まります。政権を左右する重大な仕事に関わることになりますが、必ず財源は確保します。確保してみせます。

 
 
1528
1529


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    316日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 412日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 58日




◆ 地権者親族が激白!政治家へ不快感あらわ「ポロポロ情報がリークされ…」


 < 2012.07. msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120710/plc12071011430013-n1.htm

 
尖閣諸島(沖縄県石垣市)の地権者親族で北、南小島の前地権者の栗原弘行氏(65)は9日、サンケイスポーツの独占インタビューに答えた。国有化へ向けて政府により「ポロポロ情報がリークされ、政治家がペラペラしゃべる」と指摘し、「個人パフォーマンスや選挙に利用することだけはやめてほしい」と不快感をあらわに。国有化後の具体的ビジョンがないことにも苦言を呈した。(サンケイスポーツ)

 尖閣諸島地権者、栗原國起氏(70)の弟で一族の代弁者でもある栗原弘行氏は、東京都港区の事務所で「兄は兄の考えで東京都などと交渉のテーブルについていると思う」と前置きした上で、政府への不信感が募っていることを明かした。

「(衆院解散・総選挙など)政局が近いといわれるが、東京都の石原慎太郎知事と兄の長い親交の中で動き出した尖閣諸島の問題を、政治家の個人パフォーマンスや選挙に利用することだけはやめてほしい」

 “ 政府高官 ” が石原氏に対し、尖閣諸島の国有化の意志を伝えたとの一部報道が今月7日、流れた。「なぜこのタイミングでの情報リークなのでしょうか。違和感を覚えます」と語る。

 石原氏が4月、米ワシントンで購入宣言し、大きく動き出した尖閣諸島問題。今月6日、政府は国有化する方針を固め、石原氏に伝えたが「(政府が)消費税増税や原発の問題など、課題が山積した状況をカムフラージュするために、尖閣問題をクローズアップしているとしたらとんでもない話」とバッサリ斬った。

「民間人である私たちが、騒ぎに巻き込まれることに対して、何の配慮もない。この状況をどう考えているのか」

 9日午後の衆議院予算委員会で、野田佳彦首相(55)が「春に石原氏と会談した際、『東京都が購入した後に国が所有したらどうか』という意見を披瀝されたと記憶している」と答弁したことについては「私が今でも地権者なら、『交渉途中で情報が漏れたら、この話はなかったことにしますよ』と政府にくぎを刺している」とあきれ顔だった。

 「領土問題は高度な政治判断や慎重な根回しが必要。首相の発言なら嘘はないと思う。発言自体は否定しないが、購入後の尖閣諸島を日本の領土として、どのように『平穏かつ安定的に維持管理』するのか、具体的に示してほしい」

 政府に対する不満の言葉は尽きなかった。(佐藤修)




◆ 野田佳彦くん、BKD決定


 野田佳彦くんの尖閣国有化宣言、石原都知事と地権者は、あからさまに「今の政府は信じられない」と現政府の態度を鋭く批判し、国の買い取りを申し出を、昂然と、拒否しました。

 健全な政権運営を行っている内閣であれば、普通、ここまで自分たちがBKD呼ばわりされたら、猛然として反発し、相手にくってかかる筈なのですが、野田佳彦くんは、無反応を貫き、ひたすら、国有化するの一点張りです。

 やっぱり野田佳彦くん、「見たくない事実は見ない」のKの国の法則を、きっちり、お守りになっていらっしゃるのでしょうか。

 そうであれば、この野田佳彦くんの「一言も反論しない」態度は、納得できると言えば納得できます。

 ただ、万が一、野田佳彦くんに「日本人としての良心と責任感を持って自ら政権運営をしている」自負心があったとするなら、精神的に健康である限りは、普通は、100%、「俺の内閣をBKD呼ばわりするな」と怒りまくる筈です。

 或は、せめてポッポくん並みに「トラスト・ミー」ぐらいは、言う筈です。

 それが、精神的にも肉体的にも健康な政権運営者の果たすべき、真当なお仕事というものです。

 でも、野田佳彦くんは、今もって自分がBKD呼ばわりされていることには、完璧なまでに無反応を貫き通しておられます。

 オジサンには、どうも、この辺が、すっきりしません。

 野田佳彦くんのプロファイル、素人には、難しいですなぁ。

 まぁ、理由はともあれ、結果的には、BKD呼ばわりされても野田佳彦くん自身は全く反論しない訳ですから、私たち健全な一般日本国民は、これからは臆することなく、「野田内閣はBKD内閣」とレッテル張りし、かつ、積極的に野田佳彦くんを国賊呼ばわりしても、何ら問題は起こらない、と良心的な解釈をすることにいたしましょう。

 野田佳彦くんファンの皆さま、文句があったら感情論抜きで理論整然と、反論して下さいね。




◆ 野田佳彦くん、きみは、正道を歩んでいないゾ


 
民間人である私たちが、騒ぎに巻き込まれることに対して、何の配慮もない。

 地権者栗原氏のこのご発言、現在の野田政権の実態を如実に表わしている、とオジサンは考えます。
 
 東北の復興、ほったらかし。

 円高対策、ほったらかし。

 雇用対策、ほったらかし。、

 経済政策、ほったらかし。

 デフレ対策は、もちろん、ほったらかし。

 ひたすら、TPP・消費税に血道を上げている野田佳彦くん。

 で、一般国民を不安に陥れている原因が自分にあるとは、少しも考えていない野田佳彦くん。

 そうであるなら、私たち一般国民は、野田佳彦くんは、100%日本人の敵、所詮、一般国民を見下すカネに汚い両班政治屋の一人とぐらいに捉えておけばよいでしょう。

 最悪を想定しておけば、それだけ落胆も、少ないと言うものです。

 となると、野田佳彦くんと虐殺国家中国が手を組むことも、充分、在り得ることです。

 いや、今もって丹羽大使を更迭させないということは、「野田・中共」反日連合軍は、尖閣国有化宣言で共闘済みの可能性は大いにあります。

 野田佳彦くん、いったい、中国にどんな尻尾を掴まれてしまったんでしょうね。

 ハニトラ?李春光スパイ事件?出自?

 ねぇ、野田佳彦くん、そもそも、きみ、日本国と日本国民を守る気概は、あるのかい?

 オジサンには、きみのこのお顔とこの発言、どうみても、きみが国賊に見えてしまうゾ。


1530


 それにね、野田佳彦くん。

 きみは、ここまでヒューマニズムを前面に押し出すんだったら、日本国民にも、そのきみが考えている人道とやらを、適用して頂けませんか。

 尖閣国有化宣言で、きみがやってみせたことは、地権者宅へ、平気で土足で踏み込んだ、ルールもマナーもへったくれもない、国民を見下した、乱暴極まりない行動です。

 きみは、確信犯で、日本国民には、個人情報など、守らなくてもいいと考え、行動している。

 きみは、間違いなく、守秘義務は、日本国民を相手にするときは、どうでもいいと考え、行動している。

 きみは、100%、日本国民は下部、と脳内変換している。

 野田佳彦くん、これで、間違いないね?




◆ 野田政権、10ヶ月で、嘘800は、とっくに通過してしまったゾ


 またまた、野田政権が、尖閣国有化の問題で、クリントンが言ったの言わないので、幼児以下の言い訳を展開しております。

 昨年のTPP交渉開始問題の時から、彼らは、全く学習しておりません。

 お陰様で、野田佳彦くんの笑韓ネタには事欠かない毎日で、ウォッチングしている分にはオジサン的には愉しくて愉しくて仕方がありませんが、いい加減に、本業でご活躍して頂きたい。

 ほうら、いよいよ、偽装中共軍が、監視船と称して続々やってきましたよ。

 野田佳彦くん、きみが本物の日本人だったら、即刻、丹羽大使を罷免し、と同時に、北京中国大使館を、即刻、撤収すると宣言し給え。

 中国向けODAも、即時、中止し給え。

 中国留学生への留学資金も、即刻、全廃し給え。

 中国人が買い取った日本の土地は、全部、没収し、今後は、日本での中国人の土地購入は禁止し給え。

 中国人の日本入国、日本への帰化のハードルを、とてつもなく高く設定し給え。

 それが、外交における二国間の相互主義というものだ。

 そして、8月15日には、靖国神社に参拝し給え。

 さぁ、野田佳彦くん、55才児のきみに、一つでも、出来るかな。


 < 2012.07.11 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120711/plc12071107080007-n1.htm

 
尖閣国有化で説明求める 米国務長官、訪日の際に

 
【ワシントン=犬塚陽介】米国務省高官は9日、クリントン国務長官が先に訪日した際、日本政府が沖縄県・尖閣諸島を国有化する方針を固めたことについて日本側に質問し説明を求めたことを明らかにした。

 同高官は、尖閣諸島の国有化方針をめぐって「日本側がどう考えているかを知りたかった」と指摘。日本側が「判断に関して極めて初期の段階にあるのは明白」との見方を示した。

 同高官によると、日本政府は尖閣諸島購入をめぐり、中国と接触したとも説明したという。

 事態の進展に応じて米国側に状況を説明する約束も日本側から取り付けたとしている。

 一方、国務省のベントレル報道部長は9日の記者会見で、日本の尖閣諸島国有化方針について、「米国は尖閣諸島の最終的な主権について(特定の)立場を取らない」と述べ、関係国が「平和的に解決するよう期待する」との見解を示した。

 オバマ政権ではクリントン長官が2010年10月、日米外相会談後の記者会見で、「尖閣諸島には(日本への防衛義務を定めた)日米安保条約5条が適用される」と明言していた。

 
玄葉外相「質問ない」

 玄葉光一郎外相は10日の記者会見で、クリントン米国務長官が日本側に尖閣諸島購入計画を質問したとされる問題で「念のため野田佳彦首相とクリントン氏の会談も確認したが、全くない。私との会談でもそういう話題は出ていない」と述べた。




1531




2012年7月12日 (木)

唾棄すべき野田佳彦くんの韓流極道的政治手法




■■ 野田佳彦語録(2009.02.22) ■■


 < 20009.02.22 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2009/2009_0222.html

 
No.748 悪あがき外交
 
 原稿を読めば間違え、原稿なしで答弁すれば放言の連発。本当に困った人が日本国総理大臣になってしまいました。極めつけは小泉政権の郵政民営化について「本当は反対だった」発言。当時総務大臣だった人が「それを言っちゃおしまいよ」と、誰もが思ったはずです。心の中では正しくないと思っている政策で国民をだました結果、与党は衆院で3分の2以上の議席を獲得しました。その3分の2を使って、今度は天下の愚策・定額給付金を再可決しようとしています。あまりにも国民をバカにしています。

 政界引退を決めている小泉元首相も怒り心頭のようですが、私にはどっちもどっちに見えます。5年に及んだ小泉政権の下で、麻生氏を政調会長、外相、総務相と厚遇し続けた張本人は一体誰だったのでしょう。人を見る目がなかった己れの不明をまずは恥じるべきではないでしょうか。

 先週は、中川昭一財務・金融相のG7後の泥酔会見による辞任騒動により、麻生首相の任命責任も厳しく問われました。内閣支持率も錐もみ状態に陥っています。もはや政権末期です。

そのような死に体内閣が政権浮揚を図ろうと、外交面で成果をあげようと躍起になっています。18日はメドベージェフ大統領との日露首脳会談。そして、24日はオバマ大統領との日米首脳会談。私は、功をあせった「悪あがき外交」は国益を損ねるだけだと思っています。相手国に足元を見られるだけです。

 特に、日露間には北方領土問題という懸案があります。かつて麻生首相が外相だった当時、北方4島の「面積2等分論」や「3島返還論」に言及したことがあります。5月にはプーチン首相の来日も予定されていますが、バナナのたたき売りのような安易な妥協だけはやめてほしいと思います。

 国民の支持を得ていない基盤の弱い政権は、「さもしい外交」「矜持なき外交」に走りがちです。早期に解散・総選挙を行い、国民の信任を受けた政権が「堂々たる外交」を進めるべきです。



1523


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    315日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 413日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 59日




◆ おふざけ、野田佳彦くん、絶好調


 < 2012.07.09 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120709/plc12070909180001-p5.htm

1524


 良識ある国民の皆さま、この画像の野田佳彦くん、これから何をしようとしているところか、お分かりになりますか。

 目は泳いでいるような気もしますが、顔は笑っている雰囲気。

 何よりも後ろのオカラくんがニヤついているので、きっと、これから国会で愉しいことがある(あった)んでしょうなぁ~、と常識的に考えるのですが、そうはならないのが野田佳彦くんの韓流笑劇場たる由縁。

 実は、これ、大量の造反議員が民主党を離党したことで、野田佳彦くんが「大変重たい責任を感じた」とかで、「国民に深くおわびを申し上げなければならない」と謝罪をするために立ち上がった時の様子らしいです。

 流石、我らの野田佳彦くん、一流の韓流役者ですなぁ。

 直情型のチョクトくんでは、こういう芸当は、やろうと思っても出来ません。

 3代目は家を潰す・・・・、頑張れ、整形塾w



◆ 国がやらないのであれば、国民の手で、尖閣は守りましょう


 < 東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 >
 http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku_kifu.htm

 7/10現在 91,113件 1,347,451,947円


 先週土曜日から尖閣国有化をめぐって、オバカ野田佳彦くんの韓式パフォーマンスで、日中台韓が騒然として来ましたが、悪事にかけては、善良なる日本国民の遙か上を行く野田佳彦くんのことです。

 もう既に、日中密約が、完璧に出来上がっているかも知れません。

 でなければ、国賊丹羽宇一郎中国大使、続投出来る訳がありません。

 野田佳彦くん、石ぶつけられないよう、くれぐれもご注意下さい。

 まぁ、悪事が最後は破綻することは、全世界の歴史が証明していますから、悪人の皆さまには思う存分悪役を演じきって頂くことにして、私たち常民は、出来ることを地道にやって行くしかりません。

 尖閣寄付金も、既に、13億円。

 野田佳彦くん、口惜しい?

 現状分析能力のない野田佳彦くんは、恐らく、これ全て、石原慎太郎効果と捉えていると思いますが、それは、大間違いです。

 確かに、石原都知事の尖閣購入宣言がなかったなら、国民の領土意識はここまで高まらなかったのは事実です。

 でも、ここまで寄付金が集まったのは、その裏に、草の根組織「頑張れ日本!全国行動委員会」の地道な活動があったことも、無視はできません。

 この「頑張れ日本!全国行動委員会」、会長は、あの田母神閣下ですが、一年前から皆でお金を出し合って、「第一桜丸」という漁船を購入しました。

 で、この漁船で、「頑張れ日本!全国行動委員会」は、石垣島の漁師さんたちの協力のもと、漁業活動と称して、過去9回、尖閣諸島を視察している実績があります。

 週刊新潮や文春で大々的に報道された6/9の下村博文・西田昌司議員他自民・民主計6名の尖閣諸島業業活動、並びに、6/26の都議7名の尖閣視察も、企画・主催は、全て「頑張れ日本!全国行動委員会」が取り仕切っているのです。


 < 2012.06.28 msn産経 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/movie/data/2012/0628senkaku/
 絶海の尖閣に領土の証し 東京都議の尖閣視察に同行取材


 次回、尖閣行きは、これまた名目は、漁業活動となってしまいますが、7/27~31の日程で行われます。

 < 尖閣諸島で魚を釣ろう!尖閣諸島集団漁業活動のお知らせ >
 http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=44
 
 
 今度のツアーには、領土議連の平沼赳夫、山谷えり子、長尾たかし国会議員や西村眞悟さんなどのそうそうたるメンバーが参加するそうで、最終的には、上陸も視野に入れて現在折衝中の真っ最中。

 但し、国が、上陸許可をだすかどうか。

 どうやら、野田佳彦くんにとっては、上陸許可、悩ましい「踏み絵」となりそうですな。

 韓流役者の野田佳彦くん、さぁ、どういうシナリオを描きますか。

 全ては中国様の仰せの通りの野田佳彦くん、日本人役をこれまで通り演じることが出来るかどうか、オジサン的には愉しみが、また一つ増えました。


 < 2012.06.28 チャンネル桜放映 守るぞ尖閣 >
 http://www.youtube.com/watch?v=u2dFisOnMPs

">


1525
1526


◆ 何でもありのリアルポリティックスの世界、安易な考えは捨てよ


 ・現実の政治は私たちが知り得ないところで先を読みつつ進んでいる
 ・自民への過信は捨てよ
 ・大連立(リベラル派自民+民主)
 ・保守の消滅懸念
 ・小沢派の野合
 ・石原親子の野望+野田もあり?


 < 2012.07.09 チャンネル桜放映 見えてきた今後の政局と日本 >
 http://www.youtube.com/watch?v=kuUFPslrx94&

 ">


 < このお顔が、現在の日本の総理大臣のお顔、ですゾ >

1527




2012年7月11日 (水)

先週末の野田佳彦くん主演「笑韓劇場」




■■ 野田佳彦語録(2008.03.02) ■■


 < 20008.03.02 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2008/2008_0302.html

 
No.705 日韓の春
 
 2008年2月25日、李明博韓国新大統領の就任式典に参加しました。
(中略)

 
李大統領は大阪生まれの知日家でもあります。しかも、未来志向の実利主義者です。後ろ向きの姿勢が強かった盧前政権下で冷え込んでしまった日韓関係でしたが、春の訪れを予感できました。


1512

 野田佳彦と長島昭久は、半島が放った「偽装保守」工作員

 2008年2月25日、李明博韓国大統領就任式に、仲良くご出席

 < http://www.nagashima21.net/act/detail/20080224_02.html

1513



 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    314日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 414日


 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 60日




◆ 実は総理大臣ではなかった野田佳彦くん


 < 2012.07.08 asahi.com >
 http://www.asahi.com/politics/update/0708/TKY201207080184.html

1514

 
東京都内で8日に開かれたアフガニスタン支援会合で、米国のクリントン国務長官が野田佳彦首相のことを「野田外相」と発言した。09年の国務長官就任以来、日本の首相は4人目、外相は5人目で、名前を覚えるのも一苦労のようだ。

 クリントン氏は「野田外相が、国際社会からの支援額が160億ドルになったと発表したことを非常に喜ばしく思う」と発言した。

 


◆ 背広着てネクタイ締めて、公費でフラガールショウを見物してきた野田佳彦くん > クールビズは庶民がするニダ

 
 < 2012.07.07 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/07hukushima.html

1515


◆ 韓流総理野田佳彦くん、日式「正座」が出来ません


 < 2012.07.07 時事通信 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120707-00000028-jijp-soci.view-000

1516


 < 2012.07.07 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/07hukushima.html

1517


◆ タダ酒貰って、超ご機嫌の野田佳彦くん


 < 2012.07.07 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/07hukushima.html

1518


◆ 小学生の皆さんも、野田佳彦くんのお相手は、イヤイヤながら・・・・


 < 2012.07.07 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201207/07hukushima.html

1519


◆ 野田佳彦くんの本業は試食係、総理はアルバイト稼業


 < 2012.07.07 時事通信 >
 http://news.livedoor.com/article/image_detail/6734450/?img_id=3522419

1520


◆ QBハウスが泣いている > 今やすっかり、超高級エステ倶楽部通い


 < 2012.07.08 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120710/plc12071003040005-n1.htm

【 野田日誌 】

 【午後】14時58分、公邸発。15時、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。スパ&バーバー「カージュラジャティアド」で散髪。16時33分、同ホテル発。36分、公邸着。



 < 野田佳彦くんの散髪、全履歴 >

  ↓いま、ここ
08 2012.07.08 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
07 2012.05.27 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
06 2012.04.22 ホテルニュ-オータニ内、ヘアサロン「ONO」
05 2012.03.24 銀座マツナガ、八重洲店
04 2012.02.11 銀座マツナガ、八重洲店
03 2011.12.23 銀座マツナガ、銀座本店
02 2011.11.07 銀座マツナガ、新宿店
01 2011.09.03 QBハウス、虎ノ門店


 < 2011.11.08 産経朝刊 >

1521
 

◆ 野田佳彦くんは、超「見栄っ張り」


 
韓国男性は、見栄を張ることは恥ずかしいことだと少しも感じない。

 むしろ相手に、より立派で、格好よくて、強くて、能力があって、素晴らしい・・・・と書き切れないが、ようするに「すごい」自分を咄嵯に生み出し・・・・あるいはいつもそうなので自然と・・・・これでもか、これでもかと言葉や態度でその「すごさ」を表現するのが当たり前のこととなっている。

 もちろん、嘘八百に限りなく近い。


出典:金智羽著「韓国男性に恋してはいけない36の理由」2005年成甲書房



1522




2012年7月10日 (火)

真当な日本人は野田佳彦くんなぞもう相手にしてません




■■ 野田佳彦語録(20011.09.04) ■■


 < 20011.09.04 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2011/2011_0904.html

 No.843 日本のために
 
 私は、まず民主党が挙党一致で取り組む体制を築きたいと思います。政権を運営するということは、雪の坂道をまさに雪だるまを押し上げていくようなものです。だんだんと雪だるまはかさんで大きくなっていきます。そんなときに、あの人が嫌い、この人が嫌いなどと内輪もめをしていたら、あるいは手を抜いたら、雪だるまは転げてまいります。雪だるまを前進させて、国民のための政治を実現するために、民主党の力を結集する体制をつくります。



1507


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    313日目

 
 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 415日



 延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 61日




◆ 赤ちゃんの雄叫び、野田佳彦くんの尖閣国有化宣言


 7月7日七夕のお昼、「野田内閣、尖閣諸島の国有化決定宣言」のインド人も吃驚の仰天ニュースが流れました。

 オジサンがこのニュースに接して、最初に思ったことは、次の二点でした。

① 石原都知事との間で、合意形成は、出来ているのか。

② 地権者は、国が買い取ることを、納得したのか。

 このビッグニュース、今もって、産経を除く増すゴミさん各社は、相変わらずの大本営発表で済ませておりますが、いつものごとく産経さん一社のみが、この発表に至った事情経緯を、続々と発信してくれております。ありがたいことです。

 それで分ったことは、この国有化宣言、やっぱり、野田佳彦くんの100%オバカ丸出しでした。

 手順を踏んだハードネゴなど一切なく、思いっきり人気取りだけを目的とした、赤ちゃんの泣き喚きに過ぎなかったと言う訳です。

 以下、この野田佳彦くんの唐突の国有化宣言に至るまでの、経緯のおさらいです。

① 2012.04.18 ワシントンで石原都知事、尖閣諸島、都の買い取りを宣言。

② 2012.04.27 石原都知事、官邸を訪れ、野田佳彦くんと会談。

③ 2012.04.27 購入資金、寄付金口座開設。
  産経さんを除く増すゴミ各社は、寄付金口座の口座番号さえ掲載せず。
  にもかかわらず、寄付金は7/6現在、89,857件、13億32百万円。

④ 野田佳彦くん、寄付金額と国民の熱意に焦りまくり。

⑤ 2012.07.06 長浜博行官房副長官と長島昭久首相補佐官、都庁に来庁。
  
 < 2012.07.07 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120707/plc12070717530013-n1.htm

 
--政府が尖閣の国有化方針を固めたとのことだが

 「昨日(6日)、長浜博行官房副長官と長島昭久首相補佐官が都庁に来た。『自分たちで買いたい』と言うから、『意欲を持ってくれたのは結構だが今までのいきさつも相手の事情もあるので、とりあえず東京が買い取り、それでいつでも国に渡す。今は当分黙ってみててくれ』と言った」

 --年内にも購入したいなど具体的な話は

 「ありません。とにかく今は君らは黙ってなさい、東京がやりますからと。東京が取得後に即座に国に渡しても結構だから、どうなんだと言ったが『はあ』とか言って帰っていった」

 「実はこないだ野田佳彦首相に会ったときも『購入の意向があるなら都知事と首相2人で念書を交わし、東京が取得するから(いずれ)国に渡す、それでいいんじゃないか』と言ったがあいまいな答えだった」

 --地権者は

 「副長官と補佐官が帰ってしばらくして、地権者から人を通じ連絡があった。『国が来ましたが相手にしません、私は石原さんにしか売りませんからご安心ください』と」

 「(国有化表明で)人気取りにもなるだろうが、右から左に片付くものじゃない。相手の事情も分からず過去の歴史も知らず、思いつきで国が肩代わりしてやろうといっても、そう簡単にはいかない。人の気持ちの問題もある。今までほったらかしにしていて。俺には黙ってパッと(地権者に)接触するというのも、拙速というか乱暴というか、粗雑だ」

 --まずは都として購入する意向は変わらないか

 「そのほうがスムーズ。途中からバッターが代わるのも妙な話。これだけ多くの国民が14億円近いお金を寄付してくださっている」

 --都は引いてくれというお願いがあったのか

 「国がやるということは引いてくれということだろう。それなら最初からやればいい」

 --実行統治強化の具体策提案などは

 「そんなもんない。国にアイデアあるわけない。国が本当に誠意を持って乗り出してくるなら、国と話してくれたらいいと思うが」

 --なぜこのタイミング

 「そりゃ人気取りでしょ。混迷してるもの、民主党そのものが混乱して」



⑤ 野田佳彦くんの国有化宣言

 < 2012.07.07 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120707/plc12070712120010-n1.htm

1508

 
野田佳彦首相は7日、沖縄県の尖閣諸島を国有化する方針を固めたことについて「平穏かつ安定的に維持管理する観点から所有者とも連絡を取りながら総合的に検討している。さまざまな接触をさまざまなレベルでしていく」と述べた。視察先の福島県いわき市内で記者団の質問に答えた。


 ここまでの経緯を一言で申しますと、野田佳彦くん、関係者の合意も意志も一切無視して、自分の思惑だけで、国有化宣言を大々的にしちゃった、ということです。

 これは、いつもの野田佳彦くんの平壌運転ですから、オジサン的には野田佳彦くん主演の韓流笑劇場、大いに愉しませて頂きました。

 要は、韓流マネーに、石原都知事も地権者の栗原さんも、見向きもしなかったという訳ですな。



◆ 野田佳彦くんは、手順を踏んだ地道な努力が、大嫌い


 今回の野田佳彦くんの尖閣国有化宣言、全てが完璧であったなら、日本の保守層は野田佳彦くんを大いに見直す機会になった筈です。

 石原都知事・地権者との合意を得た上で、国有化後の自衛隊常駐や避難港建設の具体策と合わせて国有化宣言を発表していれば、野田政権は、支持率一挙に回復したでしょう。

 ところが、世間知を全く知らない野田佳彦くんは、そういった正道は見事なまでに無視してしまいました。

 そもそも、石原都知事のもとに、いきなり、長浜博行&長島昭久の二人を行かせたのは非礼極まりないことです。

 石原都知事は、4/27に官邸を訪れ、一応、仁義を切っている訳ですから、野田佳彦くん、本気で国有化する気があるなら、自らが都知事のもとへ赴き、一対一で石原都知事と腹を割って話合い、石原都知事と地権者から国有化の諒解を取らなければなりません。

 それがフタを開けてみれば、都知事からも地権者からも袖にされ、おまけに地権者からは「私は石原さんにしか売りません」と赤っ恥をかかされる始末だっというのですから。

 もっとも、韓流総理野田佳彦くんに、恥と言う感情は一切備わっていませんから、彼自身は、な~んにも感じていないでしょうけど。

 そのような状況だったにも関らず、ひたすら人気取りのために国有化宣言がしたくてしたくて仕方がなかった野田佳彦くん。

 それならこんな重大な国有化宣言、官邸で、きちんとした記者会見を行えばよいものを、被災地訪問のパフォーマンスの序でに、福島で、大嫌いなぶら下がりの場で、記者会見をしてしまったんですから、それでだけ、野田佳彦くん、尖閣の国有化には、本気でないということです。

 ただ、今回の件、野田佳彦くん的には、恐らく、関係者には断わられたけれども、「国有化を持ちかけたというアリバイ作りだけは、確かにしたからね」ということで、OKなんでしょう。

 野田佳彦くんの次の手は、石原都知事・地権者の感情などは全く無視して、国有化手続きを、独裁者権限の政治主導で、強引に事を運んでしまうことかも知れません。なにせ、野田佳彦くんには、ペニンシュラ系の資質、充満していますからねぇ。

 そして、中国の実効支配をしやすいように、手助けをする。

 朴ちゃん、尖閣国有化宣言で領土を守ろうと努力してたのに、中国が勝手にやってきて上陸しちゃったんだ。えぇ〜ん、朴ちゃんに、責任はないんだよ~、悪いのはきっかけを作った石原さんなんだよw。

 で、野田佳彦くん、心の中では、してやったりで高笑い。

 案の定、無節操な野田佳彦くんの尖閣国有化宣言は、中国に、かえって実効支配実現をやりやすくさせてしまいました。

 正に、野田佳彦くんの思惑どおりに事は進んでいます。

 これにて、野田佳彦くんは、確信犯的国賊、フィアナルアンサー。

 
 < 2012.07.09 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012070900082
 尖閣国有化は「火遊び」=「日本の利益損なう」中国新華社

 
 土台、2008年2月の李明博韓国大統領の就任式に、仲良くノコノコとソウルまで出かけて行った野田佳彦くんと長島昭久くんに、愛国心などあろうはずがありません。

 < http://www.nagashima21.net/act/detail/20080224_02.html

1509

 
 おまけに、都の尖閣購入を100%否定した丹羽宇一郎中国大使の罷免なしに、能天気に尖閣国有化宣言をする野田佳彦くんに、日本人としての矜恃など一欠片もないと、オジサンは断定します。

 彼、相当、焦りまくってます。

 日本のお天道さまの成敗の日は近い。

1510


◆ 東京都の購入計画をめぐる石原知事の主な発言


 < 2012.07.07 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120707/lcl12070719500006-n1.htm


 
東京都が進める尖閣諸島の購入計画をめぐる石原慎太郎知事のこれまでの主な発言は以下の通り。

■4月16日(日本時間17日未明)米ワシントンでの講演で

「日本人が日本の国土を守るため、東京都が尖閣諸島を購入することにした」

「日本の国土を守るために島を取得するのに何か文句ありますか。やることを着実にやらないと政治は信頼を失う」

■4月17日(日本時間18日未明)ワシントン市内で記者団に

「言うべきことを言っただけの話。でも、誰かがやらなければいけない話だ」

「尖閣諸島は豊穣の漁場。漁場支援の開発をやったらいいと思う。何をやるのか、都民に考えてもらい、それで足りなかったら国民に考えてもらえばいい」

■4月19日・ワシントンから帰国後、成田空港で記者団に

「専門家を立てて合法的に進める。国と所有者の賃借契約が残っており、正式に取得するのは来年4月になる」

「政府は尖閣問題で何をしたんですか。中国漁船衝突事件でも、あっという間に船長を釈放した」

「東京が引き金を引かなければ国は乗り出してこなかった。万全の態勢を敷くために、島を譲り受けて所有すれば物事がスムーズに運ぶ。政治とはそういうもの」

「国が万全の態勢を敷くなら、いつでも下がる」

■4月23日・中山義隆石垣市長と都庁で会談

「私が中心にやっていくので任せてくれないか」

■4月27日・会見で、寄付金口座を開設、尖閣問題の専従組織設置を表明して

「10万円入っているものもあった。インターネットにも問い合わせや協賛の声があり、ありがたい」

「国が許可を下ろさなければ、下りるまでやる」 

「おそらく国は(買い取りたいと)言ってこない。国が本当にやる気なら譲る。本来なら国が買い取るべきこと。安倍(晋三)内閣もオファーしたが仕方が間違っていた。国の役人はずさん。現場に行かず持ち主の事情も知らずに言うからはねつけられる」

「(首相に)一番の障害は外務省だと事例を挙げて言った。中国漁船衝突事件で船の船長を釈放したのも結局、外務省の“内圧”だ」

■5月11日・会見で、石垣市側から共同購入の提案があったことについて

「都が取得した上で、財政的に参加してもらうことはあるが、混乱を避けるためにも一元化する」

■5月17日・会見で、寄付口座開設から20日で総額約7億円が集まり
  「国民がどれだけこの問題で危機感を持ち、中国の姿勢に反発しているかということだ」

 ※自ら筆をとり、「日本人も捨てたもんじゃない。うれしさで胸がいっぱい」「みんなでこの国を守りましょう」などと感謝のメッセージを作成、寄付者へ送付するよう指示

■5月18日・会見で

「7億6千万円を超えた。国民の志にあらためて感謝申し上げる」

■6月1日・会見で、寄付が7万件を超え

「都民、国民の国土を守りたいという強い思いを受け止め、購入に向けて手順を踏んでいく」

「東京は東京の船で行く。正当な取引を国が阻害する理由がどこにあるか」

「国民に海や島を守る意識が根付いてきた証拠。こうした多数の意思こそが、尖閣の実効支配への原動力になる」

■6月5日・都議会本会議での所信表明で

「東京のため都民のため施策を実行すべく、3つの島を購入する決断をした」

■6月7日・都による尖閣の購入を批判した丹羽宇一郎駐中国大使の発言に対し産経新聞の取材に

「知らない。言わせておけばいい」

■6月8日・会見で

「(久場島も)あわせて取得できるものと思っている」

「(丹羽大使は)日本を代表して北京にいるべき人物じゃない。自分の国のことを勉強して物を言わないと、大使の資格はない」

■6月11日・衆院決算行政監視委員会の参考人招致で

「本当は国がやるべきだ。東京がやるのは筋違いだが、やらざるを得ない状況だ」

「自分たちの家に強盗が『入るぞ』と宣言しているのに戸締まりをしない国がどこにあるのか」

■6月12日・都議会で

「近々、東京自らが船を仕立てて必要な調査を行う」「上陸しなければしようがない。どんな(希少な)アリやモグラがいるかわからず、測量もできない」

「(地権者と政府との賃貸借契約は)年度内に売らないと約束しているようだが、年度内、年度明けに縛られることはなく、売る気になったら売ればよろしい。自由な商取引を禁じる法的根拠はないはずだ」

■6月13日・都議会で

「都は沖ノ鳥島周辺の漁業振興、世界遺産・小笠原諸島の自然保護など、尖閣諸島の保全につながる様々なノウハウを持っている」

■6月22日・会見で

「都が言い出したことをこれだけのみなさんが(寄付の形で)反応してくれているのだから、中途半端で放り出すわけにはいかない」

■6月28日・会見で

「(パンダの)子供に『センセン』『カクカク』って名前つけて返してやったらいい。そうしたら、中国はパンダに関しては実効支配できる」

「(都議有志7人が漁業活動に加わり行った尖閣周辺視察は)とてもありがたい。最後は議会に決めてもらうことだ」

■6月30日・訪問先のシンガポールで

「この問題をやりながら、総選挙をやるとかやらないとか、そんな簡単な問題ではない。日本だけではなく、太平洋全体の命運を決めかねない」

「アメリカの新聞に広告を出し、『尖閣問題をマークしないとアメリカは太平洋全体を失うことになる』と忠告しようと思っている」

■6月30日・ラジオ番組の録画放送で衆院解散・総選挙と尖閣問題のどちらを優先するか問われ

「尖閣だね」

「国も東京も(多額の寄付を寄せた)国民の意思を無視するわけにはいかない。宿命だと思う。自分の手で完全に仕上げて国民に納得してもらわないと」

■7月6日・中山義隆石垣市長と都庁で面会、尖閣に関する最大の調査研究書「尖閣研究」50冊を贈呈され

「ぜひ活用したい。(都議会各会派など)ほうぼうに配りたい」



1511




2012年7月 9日 (月)

日本のものは何でも差し上げてしまう野田佳彦くん




■■ 野田佳彦語録(20012.06.04) ■■


 < 20012.06.04 問題閣僚更迭、記者会見 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2012/0604.html
 
 
野田内閣は昨年の9月に発足をし、それ以来、震災からの復興、原発事故との闘い、日本経済の再生を最優先、そして最重要な課題として取り組んでまいりました。


1502


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    312日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 416日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 62日



◆ メドベージェフ首相、国後島へ到着 「ロシアの領土にとって重要な一部」


 < 2012.07.03 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120703/erp12070316260006-n1.htm

1503

 
ロシア極東を訪問中のメドベージェフ露首相は3日、北方領土の国後島に入った。タス通信によると、ゴロデツ副首相、イシャエフ極東発展担当相ら5月に発足したプーチン政権の新閣僚が同行している。日本政府はこれまで露側の政府要人が四島に足を踏み入れる度に「日本国民の感情を傷つける」などと抗議してきたが、島への訪問中止の要請は完全に無視された形だ。

 首相は大統領時代の2010年11月、国家元首として旧ソ連時代を通じて初めて国後島を訪れている。前回はその後、両国関係が険悪化し「戦後最悪のレベル」(外交筋)まで陥った。




◆ またまた嘘がバレてしまった野田佳彦くん


 今月3日のメドベージェフ国後島訪問の事後フォローで、野田内閣は保育園児以下の稚拙なドタバタ言い訳パフォーマンスを演じています。


 < 2012.07.05 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120705/plc12070510040009-n1.htm
 日露首脳会談での領土問題をめぐるやりとり

 < 2012.06.19 外務省 >
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_noda/1206_russia_2.html
 G20ロスカボス・サミットの際の日露首脳会談(概要)

 < 2012.07.05 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120705/plc12070510050010-n1.htm
 日本政府の「再活性化一致」説明、破綻「外務省の応答要領なぞっただけ」 

 < 2012.07.05 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120705/plc12070514230012-n1.htm
 「再活性化」使わず 藤村官房長官が事実関係認める


 CIAも旧KGBも中共諜報機関も、野田内閣と民主党首脳陣のペニンシュラ系出自のことは、とっくに把握していますから、今更、野田佳彦くんの嘘と幼児並みの対応には驚かないでしょう。

 かえって、この半年間の消費税問題から始まった野田佳彦くんの一国のリーダーとしては、信じられないようなドタバタ劇を観察しながら、彼ら自身も、プロの諜報員として、己の分析に確信を得たのではないでしょうか。

 オジサンは一日本国民として、野田佳彦くん以下民主党の人たちのあまりにもの国家感のなさに、彼らの日本国籍を剥奪してやりたくなります。

 人権、そんなものは、この際、関係ありません。

 人権とは、原則、国対個人で語られるべきものです。

 国家の存在を否定する人たちに、人権は、与えられません。


1504


◆ 米露・特亜3国の草刈り場になってしまった日本


 それにしても、酷すぎるぞ、野田佳彦くんの外交。

 人生、駅頭演説と反対することしかしてこなかった野田佳彦くんに、何かを期待する方が無理なんですが、きみは総理大臣なんだから、最低限やらなければならないのは、日本の国と国民を守ることです。

 でも、きみは、そんなことより、何が何でも消費税上げたいんだよね。

 国がなくなっても、消費税、あげたいんだよね。

 でもね、ほらほら、台湾船と称して、中共のプロ軍人が外省人を装って、尖閣にやってきましたよ、野田佳彦くん。

 消費税法案よりも、早く、改正海保法通過させないと、尖閣、きみの大好きな中国が、実効支配しちゃいますよ。

 それとも、きみは何かな、R4経由でハニトラされちゃっているから、尖閣を中国に差し上げざるを得ないのかな。

 そうそう、北方領土にも、韓国が企業進出してしまいましたな。

 もちろん、きみが、斡旋の労を取ったんだよね。

 リベート、明博くんと、折半したんですって?

 日本が、憎くて憎くて仕方がない、野田佳彦くん。

 日本のお天道さまは、きみのこと、しっかりと見ていますよ。


 < 2012.07.04 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120704/plc12070411340009-n1.htm
 尖閣諸島に台湾船接近、領海に入る 活動家9人の姿を確認

 < 2012.07.03 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070323480023-n1.htm
 北方領土ビザなし訪問団 進むロシア化 韓国企業も進出



◆ これは酷いゾ、野田佳彦くんの、おズボン


 < 2012.06.19 官邸HP >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201206/19g20.html

 2012.06.18 日露首脳会談( G20、ロスカボス・サミット )

1505


 アンチ野田佳彦ファンの皆さま、アンチ民主党ファンの皆さま、この画像、拡大処理してよ~く野田佳彦くんの足下、ご覧になって下さい。

 野田佳彦くん、股を広げてプーチンと会談していますが、彼の両足、靴下が丸見えでしょう。

 最大限に拡大してみると、何と、彼の右足、靴下の縁の部分、御身足の白い肌がチョッピリ見えてしまっているんです。

 一言でいうと、彼のおズボン、丈が短すぎると言うことですよね。(所謂、ツンツルテン状態)

 上着もメタボでキュウクツそうだし。

 サラリーマン一年生でも、取引先相手にこんなひどい格好さらしたら、健全な会社だったら上司が即、注意します。

 まぁ、彼の服装感覚については、これに始まったことではないんですが、こういうこと着こなし以前の問題ですからねぇ。

 側近の人も注意しないってことは、民主党って、着るものでさえ、この程度のレベル集団ってこと。

 外務省の諸君も、野田佳彦くんの火病が怖くて、注意できないのかなぁw。


 < 2011.11.16 APEC、総理のズボンが、しーわシワ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/apec-5355.html

 < 2012.05.18 野田佳彦くん、スーツはいつも、B層仕様 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/b-276e.html

 < 2012.02.19 野田佳彦リスク「見た目編」>
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-62d5.html



◆ 野田佳彦は日本人を馬鹿にしている、怒れ、日本人


 < 2012.07.06 チャンネル桜放映 >
 http://www.youtube.com/watch?v=JRe7cyzAq98&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=10&

">


◆ 国賊たちの北方領土外交「誰がメドベージェフを不法入国させたのか」から(産経新聞出版2011年7月刊)


 
メドベージェフ大統領が「必ず行く」と述べた二〇一〇年九月二十九日、前原誠司外相はロシアのベールイ駐日大使を外務省に呼び、「訪問が行われれば、日露関係に重大な支障が生じる」と警告した。

 他方、この日の仙谷由人官房長官の記者会見での発言は「(北方領土訪問について)ロシアの意向がどのへんにあるのかは承知していない」だった。菅直人首相にいたっては、記者団に「大統領が北方四島を具体的に訪問するとは受け止めていない」と述べる有り様だ。

 これに対し、ロシア外務省のネステレンコ報遺言は翌日の記者会見で「ロシアの大統領は自国領土の出張ルートを自主的に決める。この点に関するいかなる外部からの助言も不適切で受け入れることはできない」と述べ、日本側の抗議には全くかかずらわない態度を見せた。

 クレムリン(大統領府)の高官は、北方領土訪問を「次回の訪日時に合わせるのが適切だ」などと挑発的な発言でたたみかけている。

「民主党政権と鳩山由紀夫前首相にはたいへん注目していた」。東アジア問題に携わるロシアの外交官や専門家はこう口をそろえる。

 何しろ、民主党は二〇〇九年八月の衆院総選挙で歴史的な政権交代を成し、首相になったのは日ソ共同宣言(一九五六年)に署名して日ソ国交を回復した故・鳩山一郎元首相の孫だ。

 その鳩山前首相は「友愛」や「東アジア共同体」といった抽象的な概念を掲げ、日本が「米国一辺倒」から脱するかのように宣言したのだから、何事でも「米国の影響力」を嫌うロシアが喜ばないわけがない。

 まして領土問題について「就任後、半年か一年で解決する」などと自ら交渉期限を区切ってくれたのだから、ロシアとしては日本が大幅な譲歩をすると期待を抱いて当然だ。

 結局、鳩山政権は米軍普天間基地の移設問題で米国との関係を悪化させ、わずか八ヵ月余りで退陣してしまった。

 ロシア指導部の印象に残ったのは、民主党政権の安全保障問題に聞する定見のなさと弱さだけだ。

 このことがロシアの「対日攻勢」を誘発したのは疑いない。

 一九九六年から二〇〇三年に駐日大使を務めたアレクサンドル・パノフ外務省外交アカデミー学長が、産経新聞のインタビューで領土問題解決に向けた前提条件を三つ挙げたことがある。

 ① 日本の政治が安定すること

 ② 両国の議会多数派が領土交渉の妥結に賛成すること

 ③ 両国の関係が経済をはじめあらゆる分野で発展していること?だ。

 このうち二点目と三点目についてはロシアが日露交渉を引き延ばす口実に使う可能性もあろうが、最初の点は日本人として全く身につまされる。

 パノフ氏は語る。

「首相が一年に一度変わる時に誰も真剣な交渉をしようとは思わない。外務省の役人にはこうした交渉を行う全権がないのだから。双方に安定した政治状況、国民に支持される政権があることが重要だ。それはロシアにあって、日本にはない」。

 ロシアは領土交渉以前に、日本政治が機能不全の状態にあると考えている。




1506




2012年7月 8日 (日)

韓流最狂総理野田佳彦「マニフェスト?何でしたっけ、ウフフッ」




■■ 野田佳彦語録(2009.08.06) ■■


 < 2009.08.06 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2009/2009_0806.html

 
 
№763 マニフェスト考


 
待ちに待った総選挙が今月30日に実施されます。この総選挙は、歴史的な政権選択選挙であり、麻生政権の1年のみならず自公政権の4年に対して国民の皆さんが審判を下す選挙です。

 自公政権の下、格差は広がり、国民生活と地域の荒廃が進みました。世界同時不況によってわが国経済は欧米を上回る打撃を被り、国民の皆さんの雇用や生活の危機は一段と深刻さを増しています。年金や医療にいたっては、ボロボロの状態が放置されたままです。

 
この間、総理大臣はころころ変わり、閣僚の途中辞任も続出しました。自公両党が「政権担当」はしてきましたが、その「能力」がないということはもはや自明ではないでしょうか。

 そして、いよいよ各党のマニフェスト(政権公約)が出揃いました。しかし、後出しじゃんけんのように最後に発表された自民党のものは、マニフェストの体を成していません。
そもそも、マニフェストは期限を明示して財源の裏付けをもって約束をするのが基本です。任期の間に大半を実行するのでなければ、政権公約の名に値しません。ところが、自民党は「家計所得を10年で100万円増やす」とか、「10年後に国会議員定数を3割削減」などを掲げています。10年後のことまで、麻生首相や細田幹事長が責任をもてるとは到底思えません。

 驚いたことに、今回の自民党マニフェストの最大の売りは「幼児教育の無償化」だと言います。でも、4年前の小泉マニフェストにも同じことを書いていたはずです。公約違反した政策を反省もなく掲げる無責任さには、空いた口が塞がりません。逆に、「後期高齢者医療制度」や「障害者自立支援法」などは、前回のマニフェストには記載されていなかったにもかかわらず強行採決されました。

 マニフェストに載せたことは命懸けで実現する、
載せなかったことには基本的には手をつけない。この意義がわかっていない自民党には、そもそもマニフェストを語る資格がありません。

 加えて、借金の山を積み上げるしか能がなく、せっかく見つけた埋蔵金もバラマキで使い果たし、国の金庫を空っぽにした自公両党に財源を語る資格もありません。
民主党は、税金の無駄づかいを徹底してなくし、国の総予算を全面組み替えし、私たちのマニフェストを必ず実現させる覚悟です。


 平成21年8月6日 野田よしひこ



1495


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    311日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 417日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 63日



◆ 政権交替前の「民主党マニフェスト」を徹底追及しましょう


1496


 < 2009.07.27 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_pol_election-syugiin090727j-04-w450


 
2009年衆院選・民主党のマニフェスト(政権公約)


 
民主党の鳩山由紀夫代表は27日午後、都内のホテルで記者会見し、衆院選のマニフェスト(政権公約)を発表した。

 1人当たり年額31万2000円の子ども手当創設や公立高校無償化、ガソリン税をはじめとした暫定税率廃止など生活支援策を前面に掲げた。

 財源は徹底した無駄の排除や特別会計の「埋蔵金」活用で捻出するとした。

 政権構想も盛り込み、「政治主導」確立のため、国家ビジョンや予算の骨格を策定する首相直属の「国家戦略局」の設置を打ち出した。

 鳩山氏は記者会見で「このマニフェストで政権交代を懸けた戦いをする。目的は国民主役の政治をつくることだ」と強調。

 公約が実現できない場合は「政治家として責任を取る」と不退転の決意を表明した。

 マニフェストは、「無駄遣い(根絶)」「子育て・教育」「年金・医療」「地域主権」「雇用・経済」を「五つの約束」に掲げた。

 子育て・教育対策では、中学生までを対象とした1人月2万6000円の子ども手当を創設し、2010年度は半額、11年度から満額支給するとした。

 公立高校の授業料は10年度から無償化し、私立高校生には年間12万~24万円を助成する。

 生活保護の母子加算も復活するとした。

 地域主権では、ガソリン税など暫定税率を10年度に廃止し、2.5兆円の減税を実施。

 高速道路無料化は10年度から段階的に始めて、12年度に完全実施。農家への戸別所得補償は11年度から行う。


 
■■ 民主党の財源政策 ■■


1497


 
◎ 主要政策に必要な財源確保策-民主政権公約

 これらの政策実現に必要な予算は、政権交代から4年後の13年度には16.8兆円になると積算。

 公共事業、各種補助金見直しなど無駄削減で9.1兆円、財政投融資特別会計の運用益など埋蔵金活用、政府資産売却で5兆円、所得税配偶者控除廃止などで2.7兆円を確保するとした。

 消費税引き上げには触れていない。

 年金・医療に関しては、年金制度を一元化して月額7万円の最低保障年金を支給し、後期高齢者医療制度は廃止。雇用・経済では、中小企業の法人税率を18%から11%に引き下げるとした。

 

 
■■ 民主マニフェストの要旨 ■■


1498


 民主党が27日発表したマニフェスト(政権公約)の要旨は次の通り。

 
【鳩山政権の政権構想】


 
〈5原則〉

 ▽ 原則1 

 官僚丸投げの政治から政治家主導の政治へ


 ▽ 原則2 

 政府と与党を使い分ける二元体制から、内閣の下の政策決定に一元化へ


 ▽原則3 

 各省の縦割りの省益から官邸主導の国益へ


 ▽ 原則4 

 タテ型の利権社会からヨコ型のきずなの社会へ


 ▽ 原則5 

 中央集権から地域主権へ。
 

 
〈5策〉

 ▽ 第1策 

 政府に大臣、副大臣、政務官(政務三役)、大臣補佐官などの国会議員約100人を配置し、政務三役を中心に政治主導で政策を立案、調整、決定


 ▽ 第2策 

 各大臣は内閣の一員としての役割を重視。「閣僚委員会」の活用により、閣僚を先頭に政治家自ら困難な課題を調整。事務次官会議は廃止


 ▽ 第3策 

 官邸機能を強化し、首相直属の「国家戦略局」を設置し、官民の優秀な人材を結集して、新時代の国家ビジョンを作り、政治主導で予算の骨格を策定


 ▽ 第4策 

 事務次官・局長などの幹部人事は、政治主導の下で業績の評価に基づく新たな幹部人事制度を確立。政府の幹部職員の行動規範を定める


 ▽ 第5策 

 天下り、渡りのあっせんを全面的に禁止。国民的な観点から行政全般を見直す「行政刷新会議」を設置し、すべての予算や制度の精査を行い、無駄や不正を排除。官・民、中央・地方の役割分担の見直し、整理を行う。国家行政組織法を改正し、省庁編成を機動的に行える体制を構築。



 
【五つの約束】


 〈1〉無駄遣い 

 国の総予算207兆円を全面組み替え。税金の無駄遣いと天下りを根絶。議員の世襲と企業・団体献金は禁止し、衆院定数を80削減。


 〈2〉子育て・教育 

 中学卒業まで1人当たり年31万2000円の「子ども手当」を支給。高校は実質無償化し、大学は奨学金を大幅に拡充。


 〈3〉年金・医療 

 「年金通帳」で消えない年金。年金制度を一元化し、月額7万円の最低保障年金を実現。後期高齢者医療制度は廃止し、医師の数を1.5倍にする。


 〈4〉地域主権 

 「地域主権」を確立し、第一歩として、地方の自主財源を大幅に増やす。農業の戸別所得補償制度を創設。高速道路の無料化、郵政事業の抜本見直しで地域を元気にする。


 〈5〉雇用・経済 

 中小企業の法人税率を11%に引き下げ。月額10万円の手当付き職業訓練制度により、求職者を支援。地球温暖化対策を強力に推進し、新産業を育てる。


1499


 
【政策各論】


 〈1〉無駄遣い 

 特別会計は必要不可欠なもの以外廃止

 ▽独立行政法人は全廃も含めて抜本的見直し
 ▽霞が関の天下り団体となっている公益法人は原則廃止
 ▽随意契約、指名競争入札を実施する場合は徹底的な情報公開を義務付け
 ▽国家公務員の総人件費を2割削減
 ▽参院定数は衆院に準じて削減
 ▽役割を終えた租税特別措置は廃止し、必要なものは恒久措置に切り替え。


 〈2〉子育て・教育 

 出産時に55万円まで助成

 ▽公立高校生のいる世帯に授業料相当額を助成
 ▽私立高校生のいる世帯に年額12万円(低所得世帯は24万円)を助成
 ▽大学生などに希望者全員が受けられる奨学金制度を創設
 ▽生活保護の母子加算を復活
 ▽教員養成課程を6年制とする。


 〈3〉年金・医療 

 「消えた年金」問題への対応を国家プロジェクトと位置付け、2年間集中的に取り組む

 ▽年金制度を一元化し、所得比例年金と最低保障年金を創設する法律を2013年までに成立
 ▽社会保険庁は国税庁と統合して「歳入庁」とする▽社会保障費2200億円の削減方針は撤回▽医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬を増額
 ▽介護労働者の賃金を月額4万円引き上げ。


 〈4〉地域主権 

 国から地方への「ひもつき補助金」廃止。地方が自由に使える一括交付金化

 ▽国の出先機関を原則廃止
 ▽国直轄事業の負担金制度廃止
 ▽自動車関連諸税の暫定税率廃止
 ▽将来的にガソリン税、軽油引取税は「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化、自動車重量税は自動車税と一本化、自動車取得税は廃止
 ▽畜産・酪農業、漁業にも所得補償制度導入
 ▽森林管理・環境保全直接支払制度導入
 ▽郵政株式売却凍結法を成立させ、郵政事業の4分社化を見直す。


 〈5〉雇用・経済 

 「中小企業いじめ防止法」を制定

 ▽原則、製造現場への派遣を禁止
 ▽最低賃金の全国平均1000円を目指す
 ▽温室効果ガス排出量は2020年までに1990年比25%減、2050年までに60%超減を目標とする。


 〈6〉消費者・人権 

 ビデオ録画などにより取り調べ過程を可視化する。


 〈7〉外交 

 緊密で対等な日米関係を築く

 ▽日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む
 ▽東アジア共同体の構築を目指す
 ▽北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、貨物検査の実施を含め断固とした措置を取る
 ▽北東アジア地域の非核化を目指す。


 〈8〉憲法 

 憲法に足らざる点があれば補い、改めるべき点があれば改めることを国民に提案。国民の多くが改正を求め、かつ国会内の広範かつ円満な合意形成ができる事項があるかどうか、慎重かつ積極的に検討していく。



1500
1501




2012年7月 7日 (土)

佳彦くん、エラ呼吸で、嘘を吐き




■■ 野田佳彦語録(2009.06.07) ■■


 < 2009.06.07 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2009/2009_0607.html

 
国会法で150日間と会期が定められている通常国会は、3日で閉会するはずでした。

 ところが、7月28日まで55日間もの大幅延長となりました。

 若干審議未了の法案が残っているのは事実ですが、民主党はダラダラと審議を引き延ばす気はさらさらありません。

 大幅な会期延長の理由は、イタリアで開催されるサミットに出席したいという麻生首相の個人的な趣味と、7月3日から12日まで行われる東京都議会議員選挙と解散総選挙が重なるのを避けようとする公明党への配慮としか考えられません。

 1日国会を開催すると
約2億の経費がかかるといわれていますので、意味のない55日間の延長は100億円を超える税金のムダづかいになりかねません。

 そうならないようにするために、
会期延長が決まった以上は、実のある審議を丁寧に行っていくべきでしょう。


☆ 麻生政権: 55日間 × 2億円 = 110億円

★ 野田政権: 79日間 × 2億円 = 158億円

  
↑ 野田佳彦くんの79日間は、歴代第2位の延長幅


1490


 ♪ 内ゲバで、国会「強制閉鎖」してました ♪


1491


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    310日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 418日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 64日



◆ 野田ふざけるな!増税の一方で公務員優遇…庶民は救われず


 < 2012.07.04 zakzak >
 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120704/plt1207041136005-n1.htm

 
庶民は消費税大増税を強いられる一方、公務員は年金優遇が温存される方向で、政府の有識者会議が進んでいることが分かった。独自の年金加算制度を事実上維持し、加算部分に税金を半分投入するという。野田佳彦首相は増税法案などについて「今を生きる国民の生活を守るために、将来世代の生活を守るための改革」と説明したが、こうしたフザけた制度を放置するようなら、国民の怒りが爆発しそうだ。

 「小沢一郎元代表らの民主党除名の混乱に乗じて、悪だくみを画策しているのではないか」

 永田町ベテラン秘書がこう憤るほど、このタイミングでの方針内定は意図を感じる。

 政府は、公務員などの共済年金と、民間サラリーマンの厚生年金を2015年10月に統合する法案を今国会に提出、先に衆院通過した。

 現行の公務員共済年金には「職域加算」と呼ばれる月平均約2万円の上乗せ給付があるが、中小企業には厚生年金に上乗せした企業年金を持たないところも多い。

 このため、法案は年金一元化に伴い、職域加算の廃止を規定。政府の有識者会議で、公務員の退職金や年金の在り方見直しを検討していたが、3日、退職金を約400万円減らす一方、職域加算は「国債利回り連動型」に形を変えて維持するよう求める報告書案を固めた。批判に配慮して、加算額こそ現行水準より下げるが、加算部分の保険料は労使折半で半分は「税金」で賄われることに変わりはない。

 朝刊各紙によると、5日の会合で報告書が決定され、政府は本年度中にその内容に沿った関連法案を国会に提出する予定-というが、とても許されるものではない。




◆ 民主党、年金マニフェスト


1492


 < 消えた年金、調査進捗状況(日本年金気候、23年10月現在) >
 http://www.nenkin.go.jp/n/www/sic/pdf/study_07.pdf

1493


◆ 嘘をついても責任をとらない社会


 
日本では「嘘つきは泥棒の始まり」という言い方があるように、幼い頃から絶対に嘘をついてはならない、人は正直でなければならないということを口を酸っぱくして教えると聞く。「嘘をついたら閻魔さまに舌を抜かれるよ」など、嘘をつけば必ずその報いがあると教えられた体験をもつ年輩の方も少なくないようだ。

 韓国でももちろん、嘘をついてはいけない、正直に生きなくてはならないと教える。しかし同時に、韓国の社会には「騙されるほうが悪い」という通念が抜きがたくある。そういうことからも、日本のように嘘つきを「人間的に最悪の存在」とまでみなすことはない。さらには「嘘も方便」をはき違えて、多少の嘘を容認する風潮が強い。とくに人情がらみの嘘はたいていは大目に見られる。

 韓国の社会では、嘘をついたり人を騙したりして人に被害を与えたことが発覚しても、なんらの責任をとろうとはせず、またその責任を厳しく問おうとはしない傾向がまことに強いのである。そればかりか、騙されないようにしなかった本人の責任だ、騙されるとはなんてバカなんだと言わんばかりの非難を浴びることにすらなり、諦めて泣き寝入りするほかなくなることがきわめて多いのである。

 政治の世界もその例外ではない。それどころか、政治家は率先して嘘をつき責任をとろうとしない最たる人々であるとすら言ってよい。



出典:呉善花著「韓国倫理崩壊」2008年三交社刊



1494


2012年7月 6日 (金)

国会を再開しない野田佳彦くんの胡散臭さ




■■ 野田佳彦語録(2006.04.09) ■■


 < 2006.04.09 野田よしひこかわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2006/2006_0409.html

 
「小沢新代表の下で再出発」

 7日(金)午後、民主党代表選出のための両院議員総会が開かれました。そして、党所属国会議員による投票の結果は、小沢一郎前副代表が119票、菅直人元代表が72票でした。この結果、小沢一郎前副代表が当選され、総会の承認をもって民主党新代表に就任されました。

 いま民主党は、結党以来の最大の危機に瀕しており、今回の代表選は「背水の陣」というよりも「水中の陣」における総大将選びでした。自民党幹部は「水に落ちた犬はもっとたたけ」と発言しましたが、こうした動きに対して民主党議員は水中から這い上がってよく吠える犬になるよりも、噛みついたら放れない闘犬の路線を選択したのでした。

 小沢新代表は投票前の演説で、ルキノ・ビスコンティ監督の映画「山猫」の中に出てくるバート・ランカスター扮する老貴族のせりふ「変わらずに生き残るためには、変わらなければならない」を引用しました。日本を変えるには、まずは民主党が変わらなければならないということでしょう。そして、「私自身がまず変わる」と自己変革も誓われました。私は、この言葉を素直に信じたいと思います。そして、小沢新代表を中心とする執行部を、一兵卒としてしっかりと下支えしていく決意です。


 < 2012.06.30 msn産経 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2012/06/03/14ozawa/

1486



 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    309日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 419日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 65日



◆ 政治生命を懸けても国会は再開しない野田佳彦くん


 1958年の国会法改正以降、2番目の79日の延長幅となった今国会。(1番は、1982年で、94日間の延長)

 見栄だけが一人前の野田佳彦くんは、延長幅「歴代2位」の記録を作ったことだけで、もう、鼻高々。国民から褒めてもらいたくて仕方がないんでしょうけれど、当初会期末の6月21日から、はや、2週間が経過。

 6月26日、衆院での消費時法案採決以降は、衆参両院とも開店休業状態であることを考えると、もういい加減にして給料分ぐらい働けよと罵声を浴びせたくなりますが、野田佳彦くん、豚耳東風、豚の耳に念仏ですからねぇ。

 衆院は、本日漸く再開らしいけれど、参院はいつになったら開催できるんでしょう?

 輿石のじっちゃんの思惑通りで、消費税、参院では採決する気無し?

 だけどね、野田佳彦くん。

 国民は、きみが考えているほどオバカではありません。

 きみは、在日から献金を貰い、民団から選挙協力を得、総理就任早々、国会で朝鮮呑みを披露し、韓国には700億ドルも資金提供をし、世界各国に17兆円も国民の血税を、速攻で、ばらまいた。

 なのに、東北の復興には、見向きもしてこなかった。消費税、消費税で、被災地には、この半年間、足も運ばなかった。

 経済回復施策も何もしなかった。雇用拡大も、もちろん、何も手を打たなかった。円高も放りっぱなで、国内輸出産業を疲弊させた。

 それに追い討ちをかけるように、国民には増税を、要求した。

 でも、国民は、もう、きみには、騙されない。

 いくらきみが、増すゴミ諸君を治安維持法下に置き、嘘と詭弁とまやかしで覆い尽くした大本営発表を行ったところで、きみのやっていることを国民は、無言の抵抗で、じっくり観察し続ける術を身につけました。

 きみの、韓流の正体は、とっくに国民に見ぬかれているのです。


1487


 野田佳彦くん、きみの国民を馬鹿にし見下した態度は、確実にボディブローとなって、きみに大打撃を与え、今国会の最終ラウンドを待たずに、きみは良識ある国民の手によって、間違いなく、ノックアウトされる。

 日本のお天道さまも、しかっりと、きみのこと見てますしね。

 まぁ、いまのうちに、せっせと逃亡資金、貯め込んでおくことですな。



◆ 国会を再開したくない野田佳彦くんの本当の理由


 ねぇねぇ、野田佳彦くん。

 参院の一体改革委員長、高橋千秋くんに、決めたんでしょう。

 だったら、参院、早く再開してくれないかなぁ。


 < 2012.07.03 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/stt12070313390017-n1.htm

 
民主党は3日、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案を審議する参院特別委員会の委員長に、高橋千秋氏の起用を内定した。特別委設置後に正式決定する見通し。


 実は、この高橋おじさん、名前に記憶があるなぁと思ったら、あの一川防衛大臣がブータン国王宮中晩餐会をすっぽかして、替わりに出席していたパーティーが、この方のパーティーだったんですね。

 それと、この高橋おじさん、震災直後に外務省関連職員女性とセクハラ行為で、いろいろ問題を起して・・・・。

 民主党って、本当に、人材が豊富ですなぁ。


 < 外相、高橋副大臣を厳重注意 宿直勤務前の飲酒で(2011.6.16共同)>
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-0417.html
 ↑拙ブログ、中段当り
 

 もう真面目に考えることさえアホらしくなってしまいますが、敵を本業以外でウンザリさせることも、韓流野田佳彦くんの戦術の一つですからねぇ。

 ここはぐっとこらえて、参院自民に期待いたしましょう。

 そして、一日も早く、海保法改正案成立させないと。
 
 そうでないと、日本の国会のgdgdの間隙をぬって、中国が尖閣に上陸しないとも限りません。

 消費税法案より、こちらの海保法の方がずっと優先順位高い筈とだれもが思うんですが、野田佳彦くんは、最狂のBKDですからねぇ。

 きみが、参院を再開したくない一番の理由は、小沢のいっちゃんが怖いとか、解散を避けたいというよりも、確信犯的に「海保法改正案」通したくないからかも知れませんな。


1488


 < 2012.03.14 読売社説 >

 
海保法改正案・領海警備と離島管理の強化を
 
 
東シナ海での中国の活動が活発化している。日本の海洋権益を守るうえで、海上保安庁の役割はますます重要だ。政府は海上保安庁法と外国船舶航行法の改正案を国会に提出した。2010年の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を踏まえ、海保による領海と離島の警備体制を強化するのが目的である。

 法改正は妥当だ。与野党で早期に成立させる必要がある。海上保安庁法改正案のポイントは、離島において、海上保安官が警察官に代わって犯罪を取り締まれるようにすることだ。

 現行法では、海保の巡視船が不法上陸した外国人を発見しても、保安官に警察権がないため、逮捕するには、警察官をヘリコプターなどで運ばねばならない。これでは、素早い対応は困難である。政府は、尖閣諸島や沖ノ鳥島など、近隣に警察官が不在の離島を対象に指定する予定だ。

 外国船舶航行法改正案には、領海に侵入した外国の漁船や貨物船に対して、海保が、立ち入り検査なしに、退去命令を出せるとの規定を設けた。荒天や多数の船による同時侵入など、検査が困難な場合でも、迅速な措置を可能とするためだ。
(一部引用)


 < 2012.06.21 自民党下村博文ブログから >
 http://hakubun.jp/2012/06/今日が会期末。そして会期延長。/

 
日が今期末だった。民主党から事前の相談なく、いきなり会期を79日間延長するという一方的な通告が自民党にあった。

 社会保障と税の一体改革関連法案は長くとも2ヶ月、8月中旬まであればいい話で、自公の幹部は会期延長は8月のお盆ぐらいまでと発信していたが、結局9月8日となった。

 解散総選挙を封じるための作戦だろう。そのため会期延長は認めるが、戦後2番目に長い79日間は必要ないということで自民党は反対することになった。ほとんどの野党が反対することから、民主党でも54人以上の造反があれば会期延長は否決されるのではないかと、本会議前自民党はざわついていたが、結局民主党から造反者はほとんど出なかった。

 確かに国会が今日で閉じてしまっては困る法案もある。
海上保安庁の領海警備法は早く成立させなければ、領海侵犯や尖閣諸島の外国人の不法上陸など対応できない。


1489




2012年7月 5日 (木)

野田佳彦くんの本業はトマトを食べることだった




■■ 野田佳彦語録(2012.03..11) ■■


 < 2012.03.11 震災1周年記者会見 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2012/0311kaiken.html

 
がれき広域処理は、国は一歩も二歩も前に出ていかなければなりません。


1479


 < がれき処理進捗状況 2012.05.21現在(環境省) >
 http://kouikishori.env.go.jp/news/pdf/20120521c.pdf

 岩手県 11.3%
 宮城県 18.4%
 福島県   9.4%
 ーーーーーーーーーー
 三県計 15.5%


 < がれき処理受入自治体 >
 http://garekikouiki-data.env.go.jp/

1480


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    308日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 420日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 66日



◆ 野田日誌、7月3日


 < 2012.07.03 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120704/plc12070403040003-n1.htm

【午後】13時36分、JR仙台駅着。45分、同駅発。52分、仙台市青葉区の仙台国際センター着。14時から10分、小会議室3で村井嘉浩宮城県知事と会談。平野達男復興相ら同席。19分から28分、同室で国連開発計画のクラーク総裁の表敬。玄葉氏ら同席。29分、大ホール。30分から36分、「世界防災閣僚会議 in 東北」開会式に出席し、あいさつ。44分、同所発。15時21分、仙台市若林区の海岸防災林復旧現場着。22分から36分、同所視察。細野豪志環境相ら同行。37分から42分、報道各社のインタビュー。43分、同所発。16時26分、宮城県山元町の野菜栽培施設着。27分から49分、同所視察。50分から54分、報道各社のインタビュー。55分、同所発。19時48分、JR東京駅着。



◆ 民主党総理大臣、就任のための資格条件


① トマトが嫌いでないこと
② トマトを美味しそうに食べるパフォーマンスが出来ること


 < 2012.07.03 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20120703184014-0012880399
 
 
トマトを食べる野田首相

1481


 < 2012.07.03 産経新聞朝刊 >

1482


 ということで、次期総理は、エダノタンで決まりw


 < 2011.04.12 いわき市物産展 >
 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104120404.html

1483
1484


◆ 野田佳彦くん、またまたバラ撒きで、いぃかっこしぃ


 < 2012.07.03 世界防災閣僚会議 in 東北、野田総理挨拶 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2012/0703bousai.html

 
我が国は、災害に強い強靱な社会を世界中に広めていくために、2013年から3年間、30億ドル規模の支援を行います。そして、今回の会議での成果を基にして、2015年には第3回国連防災世界会議を我が国で開催したいと考えており、新たな枠組みの策定にも貢献を続けてまいります。


 民主党のバラ撒き政策が停まりません。

 本件バラ撒きは、先月6月19日のリオ+20で、ヒカルゲンジくんが、ホルホル顔で表明したものの一つですが、野田佳彦くんのバラ撒き総額、総理就任10ヶ月間で、なんと17兆円になりました。

 野田佳彦くんへのキックバック、既に、5億円は固いでしょうな。

 消費税引上げ、野田佳彦くん、リベートが欲しかったからなんです。

 まぁ、きみは、蓄財しこたまして、キャバクラでも高級料亭でも、どこへでも、好きなだけ行くが宜しい。

 キムチ好きメタボおじさんにはそれが一番お似合いだ。


 それにしても、外務省主催のこの「世界防災閣僚会議 in 東北」なるイベント。

 怪しげな団体が跋扈しておりますな。

 ジェンダーから何とかチルドレンまで、民主党政権下では、官僚から政治家に至るまでプロ市民とプロ弱者が、全てを牛耳ってしまったようです。


 < 外務省:世界防災閣僚会議 in 東北 >
 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/bousai_hilv_2012/
 < 外務省:サイドイベント >
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/bousai_hilv_2012/booth.html
 < Oxfam >
 http://oxfam.jp/2012/06/in.html


 野田佳彦くん、今回の被災地訪問、実は、半年ぶりでした。
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012070300548

 彼、復興に取り組む気なんて、さらさらありません。

 で、東京へ戻ったら、消費税・消費税、政局・政局の日々。

 お天道さまも、どうやら、始動したようです。


1485




2012年7月 4日 (水)

野田佳彦くん、R4姐御に、ハニトラ総攻撃を指示



■■ 野田佳彦語録(2011.06..05) ■■


 < 2011.06.05 野田よしひこ事務所かわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2011/2011_0605.html

 
政府も国会も、被災地のことを片時も忘れることなく復旧・復興にむけて全力投球すべき時に、「政局」にエネルギーを費やす暇はないはずです。


1479


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    307日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 421日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 67日



◆ 野田首相「深くおわびしたい」


 < 2012.07.03 産経新聞朝刊 >

1480



 < 2012.07.03 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070300410001-n1.htm

 
民主党の小沢一郎元代表の離党届提出を受けた野田佳彦首相の発言は次の通り。

 まず、このように多くの議員が離党の意志を固めたということについて、大変多くの
国民のみなさまにご心配をおかけしていると思います。私ども民主党をお支えいただいている党員、サポーターのみなさまにもたいへんご心配をいただいているということについて、深くおわびを申し上げたいというふうに思います。

 その上ででありますが、今回の社会保障と税の一体改革では、社会保障改革を棚上げしたわけではありません。

 
しっかり、しっかりと子供・子育ての部分などを充実し、社会保障を安定化させる。そういう考え方のもとに行っている一体改革であります。決して増税先行ではございません。

 を生きる国民の生活を守るために、将来世代の生活を守るための改革であります。(社会保障・税の一体改革関連法案は)これから参院でご審議をいただきますけれども、必ず成立させなければなりません。成立をさせるために責任を果たしていきたいと考えております。

 (小沢一郎元民主党代表ら法案に造反した議員に対する処分の内容は)きょうの(離党という)事態を受けての対応も含め、包括的な方針というものを打ち出さなければいけない
と思います。(処分の)中身は、これは党にご提案をする前に、こういうところでお話をすべきではないと思います。

 処分の時期については、輿石東幹事長とも最終的な詰めの段階でございますので、
そんなに遠くない将来、なるべく早くにご提案したいと思います。

 (党分裂を招いた責任の取り方については)
責任を果たすということです。法案を成立させる、という責任を果たすことが、私と幹事長の責任だと思います。


 < 野田語翻訳 >

 と思います=朴、決断できません
 と考えております=ナムにやって頂く
 責任=朴には関係ないこと
 しっかり=何も努力しません
 国民=ペニンシュラ系

1481


◆ イソップ寓話集から「狼と驢馬の裁き」


 
狼が道中思いがけず驢馬に出くわした。まちがいなく自分の網の中に入ったので食ってやるつもりだったが、驢馬が自分の餌になり、それが驢馬の災いになるだけでは不十分だとでもいわんばかりに、言葉による災いもつけ加えた。可哀そうな驢馬をなぶってこんなことを言う。

「怖がるな。お前がその生き方において咎むべきところがないのに、お前に怪しからぬことをしかけるほど、俺は悪人にはできていない。どうだ、俺たちがこれまで犯してきた過ちを、一人一人順番に告白しあおうじゃないか。もし俺の罪がお前のよりひどかったら、俺からお前に加えられそうな危険から放免されて、安心して牧草地へ走って行くがよい。しかしもし、お前の悪業が俺を凌ぐことが明らかになったなら、こうして捕まって俺に罰せられるのが正当かどうか、自分で責任をもって判決を下すのだぞ」

 こう言うと、自分の犯した罪を数えあげた。夥しい羊や山羊を引き裂いたこと、数えきれぬほど仔山羊や仔羊を攫ったこと、牛を絞め殺したこと、挙句は見張りにまで咬みつき、殺害すらやってのけたこと。狼はこの類のことをまだ他にも列挙したが、彼のつもりでは、そんなものは悪事の数にも入らぬと思わせるために、内輪に可愛らしげに語った。そして、驢馬にも自分の罪を語るよう促した。

 驢馬はしかし、自分の罪をよくよく探してみたが、咎められるようなことは何ひとつ見つからないし、禁則を犯した覚えもないので遂に困り果て、これが罪なのかなと思いつつ語った。主人の荷物を背負って歩いている時のこと、荷物は野菜だったが、

「蝿に擽られて我慢できないので、首を廻らせて鼻息で吹き飛ばしてやろうとしました。するとちょうど、野菜の葉っぱが一枚ぶら下がっていて、歯の間にはまりこんだものですから、むしゃむしゃ噛んで嚥みこみました。でも、すぐに償いはしたのですよ。側にいた主人の手にした棒で、背中をこっぴどくどやしつけられ、すぐに葉っぱを吐き出しましたから」

 哀れな驢馬の陳述が終らぬ先に、狼はまるでまた一匹仔羊を捕まえたかのように、

「それはいかん、何て酷い罪だ」と叫んだ。

「極悪人め、お前のような屑を、穢れた罰あたりを、よく大地が今まで容れていたな。立派なご主人に対して見せたお前の思いやりのなさはどうだ。彼は汗水たらして植えつけ、水やりを続け、掃除をし、間引き、丹精の限りをこめて野菜を作り、それだけを頼りに生活を支える望みをつないできたのに、その儲けがお前のお蔭で一瞬にしてふいになったんだ。こっぴどく殴りつけられたそうだが、それは、お前が野菜を食い尽くしたため、急所をぐさりと剌されたあの人の心の傷の深さを物語っているのだ。しかしどうやら、正義の女神はお前の行為に対して主人の殴りだけでは不十分だと判断されて、罰の残りを取りのけておかれた。探しもしていない俺にお前がとっ捕まったということが、その何よりの証拠だ」

 狼はこう言うなり、驢馬に跳びかかり引き裂いて、運の悪い奴を食べてしまった。驢馬の陳述の前に狼がしたことは、たとえ正義を装ってはいても、相手を食うのが不正だとは思われぬためのものにすぎないだろう。狼の行為は、隣人のものを掠め取ってその行為を言い繕ったり、不正が正義に見えることを更に不正な言葉で証明しようとする、最悪の人間のものと同じだ。



出典:中務哲郎訳「イソップ寓話集」岩波文庫 No.452



1482




2012年7月 3日 (火)

特定の民間営利会社に与する野田佳彦くん




■■ 野田佳彦語録(2011.03..06) ■■


 < 2011.03.06 野田よしひこ事務所かわら版 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/kawara/backnum/2011/2011_0306.html

 
次は、マニフェストの検証についてです。衆議院議員の任期は4年ですので、本年(2011年)9月がその折り返し点になります。党としてはそれまでに検証を行う予定です。

1474


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    306日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 422日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 68日



◆ 55才児野田佳彦くんは、86才児ナベツネのシモベ


1475


 さて、皆さま、上記手振り画像は、何時、何処でのスピーチだとお思いですか。

 ブルーリボン、幅広のストライプネクタイ、グレーのスーツは、先月19日のメキシコG20でのファッションと全く同じですが・・・・。

 赤い大きなリボンをつけてるから、公の何かの記念行事?

 いえいえ、これは、6月30日、読売新聞社が主催した読売国際経済懇話会で、野田佳彦くんが、日本国首相として講演した時の写真です。


 < 2012.06.30 野田日誌 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120701/plc12070103170004-n1.htm

【午後】0時17分、公邸発。26分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の宴会場「光の間」で読売国際経済懇話会に出席し、講演。1時31分、同所発。35分、公邸着。

 
 そして、この日野田佳彦くんは、次のような講演をなさいました。


 < 2012.06.30 msn産経 > 
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120630/plc12063023520009-n1.htm


 
首相の講演要旨

【造反者への処分】
 民主党のルールにのっとって厳正に対処するのが基本的な方針だ。来週早々にも役員会を開き私も出席する。そこで方向性を出す。

【3党合意修正】
 輿石東幹事長と小沢一郎元代表の会談で3党合意を修正する議論が行われているような報道があるが、あり得ない。修正の話は全くしていないと明確に報告を受けている。処分の重い、軽いという取引もしていない。輿石氏はとことん魂の説得をしている。私は(輿石氏を)信じている。

【分党・会派離脱】
 分党なんてあり得ない。同じ党で別の会派もあり得ない。そういう提案は(小沢氏から)出ていない。常識的に言うはずもないし、のむはずもない。

【小沢氏への反論】
「無駄をなくし、経済をよくしてから消費税の議論を」などと言って本質的な議論を避けることが通ってきたため、待ったなしの状況になった。「増税の前にやるべきことがある」とは響きのいい言葉だが、そう言い続けて今日まで来た。社会保障のため消費税を引き上げざるを得ないとマイクを持っている人がいる隣の選挙区で、同じ党なのに反対だという人がいるのはおかしい。


1476


 この日の彼の講演は、政局の話ばかりでした。

 民主党代表者としての講演であれば、それでも構わないのかも知れませんが、野田佳彦くん、この日は、首相としての講演だった筈です。

 そもそも、特定の一民間企業が主催する営利目的行事に、首相自らがノコノコ出かけて行って、政局の講演をすることは、それ自体が異常なことです。

 首相は、特別職の国家公務員です。

 ですから、特定の一民間企業に肩入れすること自体が、国家公務員としての中立性を犯しています。

 しかも、首相がこの日利益提供をした民間企業とは、今や第一の権力までにのし上がった読売新聞社です。

 ナベツネと野田佳彦くん、やっぱり、出来ていたんですな。

 観方を変えれば、これは、野田佳彦くんと読売の贈収賄政治。

 こうなったら、私たち国民も真っ正面から、野田佳彦くんを批判していきましょう。

 ねぇ、野田佳彦くん、小沢が悪いってどうしても主張したいんなら、民主党本部建物内で、臆することなく、民主党代表として記者会見すればいいじゃないですか。

 お家騒動のグチと国民への確信犯的プロパガンダ狙いから、休日に、総理公用車使って、SPまでも総動員して出掛けないで下さい。

 この費用、みんな、国民の税金です。

 はっきり言って、30日の野田佳彦くんのお仕事は、民主党代表者としてのお仕事なんですから、運転手さんやSPさんの休日出勤手当てはもちろんのこと、この日の総費用は、官邸の皆さん、民主党に付け替え請求しなければなりません。

 でないと、きみたちさえも、業務怠慢、国家公務員としての不作為の罪で、のちのち告発されます。

 更に、6月26日の消費税法案衆院通過直後の官邸での首相記者会見も、そうです。

 野田佳彦くん、この時も、造反組の悪口オンリーで、国民のための増税後の世界のことは、何一つ喋りませんでした。

 そうです。

 26日の記者会見も見事なくらい、首相としての記者会見ではなく、民主党代表者としての記者会見だったのです。

 そうなると、官邸の26日の記者会見場の貸し賃、官邸の事務担当者は、民主党事務局に、請求しなければなりません。

 だって、民主党代表者が国家公務員としてではなく、一私人として、公共の場所を勝手に使ったんですからね。それも、首相記者会見と偽って。

 野田佳彦くん、きみは、社会人としてまともに働いたことがないから、この辺の感覚が、かなり、マヒしている。

 だからきみは、選挙民から頂いた政治資金というありがたい浄財を、平気でキャバクラや高級料亭や居酒屋で、何の良心の呵責もなく、使い放題を決め込むことが出来る。

 きみのこういうところ、最近結構目立ちます。

 オジサンだけでなく、独立系増すゴミさんも気が付き始めたようですから、公費私的流用で、告発されないようせいぜい注意するんだね。


1477
 

◆ 読売経済国際懇話会とは


 本件主催者のHPを拝見しますと、総理がゲストスピーカーになったのは、野田佳彦くんが最初のようです。

 過去の講演者を見ても、歴代総理の講演はありません。

 下記に読売懇話会の2007年からの講演者をリストアップしておきました。

 これを観ますと、政権交替実現後の読売の民主党への熱愛応援が一目瞭然です。

 大連立・消費税増税、ナベツネの狂信的な執念は、侮りがたいぞ。


 < 読売経済国際懇話会、講演者、履歴 >
 http://info.yomiuri.co.jp/yri/yies/index.htm


2012.06.30 野田佳彦、小沢一郎の悪口大会
2012.04.25 グリアOECD事務総長、消費増税全面的に支持
2012.03.23 藤井裕久、財政崩れればギリシャに
2012.01.23 細野豪志、原発運転40年原則

2011.12.14 前原誠司、解散、1票格差是正後
2011.09.05 長谷川閑史経済同友会代表幹事、復興財源消費税検討を
2011.06.27 米倉弘昌経団連会長、電気料上昇で経済弱まる
2011.01.20 玄葉光一郎、年金社会保険方式で 与野党合意のベースに

2010.12.16 前原誠司、首相訪米期限とせず普天間問題で米側に伝達
2010.10.25 谷垣禎一、小沢氏の証人喚問要求沖縄知事選を重視
2010.02.18 与謝野馨、鳩山財政中期展望ない」

2009.10.23 亀井静香、郵便局を年金事務に活用
2009.10.21 岡田克也、EUとFTA早期締結
2009.06.21 黒田東彦ADB総裁、アジア内需喚起を
2009.05.21 関志雄野村資本市場研究所、中国GDP今年中に世界2位も
2009.02.04 武藤敏郎前日本銀行副総裁、270万人の雇用喪失も

2008.12.12 渡辺博史前財務官、金融危機あと半年
2008.11.26 岩田一政内閣府経済社会総合研究所長、世界経済停滞を懸念
2008.07.17 与謝野馨前官房長官、消費税上げ必要性 強調
2008.06.13 吉川洋東京大学教授、医療費抑制に限界
2008.04.17 ラインフェルトSweeden首相、温暖化対策と成長の両立可能
2008.03.07 岡村正日本商工会議所会頭、中小企業の国際化重要
2008.02.20 葛西敬之JR東海会長、リニア運賃1000円高い程度

2007.12.12 フランシス・フクヤマ、中国の台頭止めようない
2007.10.15 鳩山由紀夫、話し合い解散に言及
2007.10.05 桜井正光経済同友会代表幹事、新たな日本型経営を
2007.07.06 石原慎太郎東京都知事、五輪招致の盛り上がり期待
2007.06.15 シーファー駐日米国大使、日米FTA締結に意欲
2007.04.16 八代尚宏国際基督教大学教授、働き方の多様性認めるべき
2007.02.19 御手洗冨士夫日本経団連会長、格差解消するべきだ



1478



2012年7月 2日 (月)

野田佳彦くん正義の原点「韓流総理のこれが第一だ」




■■ 野田佳彦語録(2012.06..27) ■■


 < 2012.06.27 官邸かわら版 >
 http://kawaraban.kantei.go.jp/2012/06/27blog.html

 
一体改革だけでなく、大震災からの復興、原発事故との戦い、経済再生など、国政の課題は多岐に渡っています。どれもが重たい課題です。しかし、逃げずに向き合わねばなりません。今回の衆議院での可決が「決断する政治」の大きな一歩となるよう、困難な課題にも勇気をもって挑んでまいります。


1469


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    305日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 423日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 69日



◆ 潤沢なキックバック、ミンスの総理稼業は一日やったら辞められません


1470


 野田佳彦くんのバラマキ、わずか10ヶ月間でなんと、16.5兆円

 リベート0.001%として、1億65百万円が懐にw

 国税さんお仕事しっかりね

 消費税増収効果:8%で年間8兆円、10%で年間13.5兆円


① 日韓スワップ協定、700億ドル(5兆6,000億円)
② ASEAN諸国インフラ整備資金支援、2兆円
③ 中国国債購入、100億ドル(8,000億円)
④ 日イ通貨スワップ協定締結、150億ドル(1兆2,000億円)
⑤ デリー・ムンバイ間産業大動脈構想支援、45億ドル(3,600億円)
⑥ デリー高速輸送システム支援、17億ドル(1,360億円)
⑦ IMF増額出資、600億ドル(4兆8,000億円)
⑧ ミャンマー円借款債権放棄、3,000億円
⑨ メコン流域インフラ整備、6.000億円
⑩ リオ+20、途上国のグリーン経済移行支援、2400億円
⑪ アフガン選挙監視資金7億800万円
⑫ チュニジア支援211億円
⑬ アジアの貧困削減を支援するための基金1,500億円
⑭ 沖縄振興交付金、3,000億円
⑮ 韓国国債購入 数百億円(金額不詳)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合計 165,078億円(除く⑮)1USD=80円換算


仁実「あなたスイス銀行が宜しくって」

佳彦「アイアム総理~」

仁実「生活費がかからなくて助かるわ」

佳彦「光熱費も電話代もタダだしな」

仁実「あと一年はここで暮らしたいわ」

佳彦「 I'm sorry. 」



◆ 見たくないものは見ません、聞きたくないものは聞きません


1471


① 復興:それは日本人がおやりになることです

② 原発:節電にご協力お願いします

③ 沖縄:3,000億円上げたんだから後は宜しくね

④ 日本経済再生:国民の一人一人が努力なさることです

⑤ 韓国経済救済

  ・祖国に700億ドル差し上げたました
  ・日本政権史上初めて韓国の国債引き受けました

⑦ 従軍慰安婦:人道的解決を望みます

⑧ 竹島:韓国のものだと思ってます

⑨ 生活保護:在日が優先です



◆ 朴は、55才の狼おじさんです


1472_2


① ヤルヤル詐欺とジミンガーで総理になりました

② マニフェスト
 
  状況がすっかり変化したので約束違反ではありません

③ 消費税増税

  現在の政権任期中において引き上げは行いませんから、マニフェスト違反ではありません

④ 中国外交官スパイ

  鹿野農水大臣、筒井農水副大臣、松下整形塾、私を含め、何ら関りはありません


1473




2012年7月 1日 (日)

消費税アップ本当の理由「バラ撒き過ぎてオカネがありません」




■■ 野田佳彦語録(2011.09..02) ■■


 < 2011.09..02 総理就任記者会見 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2011/0902kaiken.html

 
この震災からの復旧・復興、私どもの内閣については、菅内閣に引き続き、最優先の課題であるというふうに思っております。


1464


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    304日目

 
 
民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 424日


 
延長国会最終日「平成24年9月8日」まで あと 70日



◆ 民主党の大盤振る舞い、いいかっこしぃしたかったニダ


★ 野田政権


1465


① 日韓スワップ協定、700億ドル(5兆6,000億円)
② ASEAN諸国インフラ整備資金支援、2兆円
③ 中国国債購入、100億ドル(8,000億円)
④ 日イ通貨スワップ協定締結、150億ドル(1兆2,000億円)
⑤ デリー・ムンバイ間産業大動脈構想支援、45億ドル(3,600億円)
⑥ デリー高速輸送システム支援、17億ドル(1,360億円)
⑦ IMF増額出資、600億ドル(4兆8,000億円)
⑧ ミャンマー円借款債権放棄、3,000億円
⑨ メコン流域インフラ整備、6.000億円
⑩ リオ+20、途上国のグリーン経済移行支援、2400億円
⑪ アフガン選挙監視資金7億800万円
⑫ チュニジア支援211億円
⑬ アジアの貧困削減を支援するための基金1,500億円
⑭ 沖縄振興交付金、3,000億円
⑮ 韓国国債購入 数百億円(金額不詳)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 小計 165,078億円(除く⑮)1USD=80円換算


 < 2012.05.15 産経新聞朝刊 >

1466


★ 鳩山政権


⑯ アフガン復興支援、4,500億円
⑰ メコン川改修支援、5,000億円
⑱ インドネシア円借款、360億円
⑲ IMFへの資金支援、    8兆円
⑳ パキスタン支援、   1,000億円
㉑ 途上国支援、     4,900億円
㉒ 支那毒ガス処理、        1  兆円
㉓ 途上国温暖対策、   8,000億円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 小計 
113,760億円


★ 菅政権

㉔ アフガン支援、  4,500億円
㉕ 途上国生き物支援、1,600億円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 小計 
6,100億円


★ 子ども手当て 

㉖ 22年度 
1兆4,722億円


■■ 民主党政権バラ撒き合計額(①~㉖)■■


  299,660億円 → 
約30兆円



◆ 消費税引上げによる税収増加見込み額


 < 政府答弁書(2012.03.13) >
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/180/touh/t180051.htm

 8% →
8兆円 10% → 13.5兆円


 < 震災復興予算 >
 http://www.asahi.com/politics/update/1130/TKY201111300243.html

 今後5年間で19兆円 → 1年間当り、3.8兆円


1467


 < 平成24年度防衛予算 >
 http://www.mof.go.jp/public_relations/finance/201203g.pdf

 4兆7,138億円(前年比▲614億円)



1468




« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »