« 問責総理の野田佳彦くんがまた内閣を改造するそうですよ | トップページ | 他責のプロフェッショナル、野田佳彦くん »

2012年9月19日 (水)

もはや「未来ごっこ」遊びに熱中するしか術がなくなった野田佳彦くん




1912


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    384日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 344日




◆ 「32年までの国家戦略」策定機関を設置へ 野田政権検討


 < 2012.09.18 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120918/plc12091802070004-n1.htm

 
平成32年に想定される財政やエネルギーなどの諸課題への対応策を講じるため、野田佳彦政権が同年までの日本の国家戦略を描く機関の設置を検討していることが17日、わかった。すでに財務省を中心に事務的な作業が始まっており、野田首相も21日投開票の民主党代表選に再選後、内閣改造を経て本格的な準備に着手する考えだ。(引用ここまで)


 我らがヨシヒコくん、たった5日前まで大騒ぎしてはしゃいでいた「2030年代の原発ゼロ」ごっこに、もうすっかり厭きてしまったご様子で、こんどは、「32年までの国会戦略」ごっこ遊びだそうです。

 < 2012.09.19 産経新聞朝刊 >

1915


 中国で反日デモを装った反政府デモが多発し、13万人の在留邦人の生命の危険が、今、目の前に曝されている正にこの時に、国民の皆さま、ヨシヒコくんは、20年後の国家戦略に遊び戯れている真っ最中なんですってw

 日頃から、命の大切さを教えたい、人権が第一、なんて、綺麗事ばっかり仰有ってましたけど、やっぱり、ヨシヒコくん、生粋の性悪「狼少年」だったんですね。

 こうなると、私たち国民は、ヨシヒコくんのこと、もうお馬鹿とか無能とかを通り越して、13万人の命をも顧みない「反社会性何たらかんたら」の症状を、本気で疑うべきです。

 彼は、明らかに、病んでいます。

 彼に、日本を任せることは、もはや、リスキー過ぎます。 

 官邸でお働きになっている、ヨシヒコくんとは常に一線を画していらっしゃる、心身ともに健全な高級官僚の皆さん。

 日本と日本国民の安全と生命は、未だに、既に統治能力を失っているヨシヒコくんの手中にあります。

 彼の言動に病的なものが観察されたら、即、勇気を奮って、それなりの覚悟をして頂きたく、一国民として、切にお願い申し上げる次第です。


 
< 反社会性何たらかんたら >

 
多くの精神障害では本人に病識がない。反社会性何たらかんたらも同様だ。周囲がどんなに困り、被害をこうむっていようと、本人は自分を病気とも異常とも思っていない。上司や同僚から突然「精神神経料で診てもらったら」などといわれても、本人にはその理由が理解できない。

 社内のカウンセラーがいるならカウンセラーに、いなければ医師や定期検診を任せている医師などに立ち会ってもらい、本人がもっとも信頼している人から勧めてもらうのが適切である。

 そういう人が身近におらず、事態がもっと切迫している場合はどうするか。

 たとえば自分や周囲の人が身の危険を感じているような場合は、措置入院も考慮しなければならない。保健所に連絡して「措置入院を講じてもらいたい」と告げ、精神科指定医師二人の診察の上で、必要なら知事命令によって入院させることになる。

 ちなみに、自分が迷惑や被害をこうむっているときには、だれでも措置入院の請求ができる。


出典:小田晋著「心に怪物を飼う普通の人たち」2002年ぶんか社



◆ 野田ミンス党に蔓延する「未来ごっこ」遊び


 ヨシヒコくんの迷言「福島の再生なくして日本の再生なし」の取組み・対応状況を見れば見るほど、ヨシヒコくんとは、不都合かつ困難な現実には、一切、立ち向かおうとせず、未来のウリナラファンタジーを語るお花畑だけでしか生きることの出来ない人物に過ぎないことが、一目瞭然ですが、これは、何も、ヨシヒコくんだけに当てはまる事象ではありません。

 「未来ごっこ」は、ミンス党国会議員全員に言えることです。

 例えば、オジサンの選挙区、千葉県第5区(浦安全域・市川南部)の衆議院議員、ミンス党所属・村越祐民くんの場合も全く同様です。

 ヒロタミくんは、衆議院2期目。

 現在、超党派の「死刑廃止を推進する議員連盟」の事務局長をお務めになっていらっしゃる、青学を出たイケメンの若手代議士です。

 もともと、チョクトくん派閥でしたが、チョクトくんの首相としての形勢が悪くなると、即座に、チョクトくんから逃げ出した人物です。

 はたまた、小沢のいっちゃんが告訴されと、若手として一番真っ先に小沢批判を果敢にぶち上げるなど、世間向けには、ミンス若手の良識派を演じているように装っているのですが、実態は、それとは正反対の深慮遠謀、得体の知れない胡散臭い議員です。

 先ず、ヒロタミくんは、外国人参政権に、賛成です。

 次に、ヒロタミくんは、日の丸・君が代裁判で超有名な反日売国・半島大好き弁護士「吉峯啓晴」から、平成20年度の彼の政治資金収支報告書によれば、2,700千円の借り入れをしております。


・浦安から民主党を驅逐しましょう
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-6806.html


 これだけでも、ヒロタミくんの政治的スタンスは、深く語らずともお分かり頂けると思いますが、最悪だったのは、昨年震災時のヒロタミくんのお取りになった、我が浦安市への震災対応でした。

 ご存知のように、浦安市は震災で全国的に液状化のマイナスイメージを宣伝しまくってしまいましたが、このヒロタミくん、震災時、浦安市の現地を視察したのは、震災直後のたったの一回だけでした。

 そして、そのたった一回だけの視察の時の、浦安の液状化の被害状況画像を自身のブログに貼り付け、浦安の惨状を、得意気にアピールしたのです。

 その後のヒロタミくんは、震災復旧がらみで浦安に足を踏み入れた形跡はなく、最後まで、彼、浦安の復旧・復興には一切、無関心でした。

 一回だけの現地視察を済ませてしまうと、さっさと、即座に、自身の死刑廃止の日常世界にお戻りになってしまう、という体たらくでした。

 もともと、ヒロタミくん、お隣の市川市出身で、浦安は地元でないから、浦安で起きたことには興味がないんでしょうね。

 ですが、ヒロタミくんの震災時の地元被災地に対する非協力的態度は、迫り来る衆院選では、致命的ですな。

 だって、対立候補の自民党の「そのけん」こと薗浦健太郎(麻生派)くんは、震災発生直後から、現浦安市長と一緒になって、作業着を着て、汗まみれ泥まみれで、1ヶ月間、ライフラインの復旧に勤しんでおられましたからね。

 浦安市民は、震災対応における「そのけん」と「ヒロタミ」くんの人間としての出来の違いを、よ~く、解っております。

 可哀想ですが、ヒロタミくん、次期衆院選、千葉県第5区では、100%、落選決定、間違いなしです。

 浦安・市川の自治漏・日狂組・民団・朝鮮総連が、どんなに頑張っても、票は、圧倒的に「そのけん」に流れるでしょう。

 だって、ヒロタミくん、被災地浦安市から逃亡してたんですから。

 自分の地元の選挙区の浦安の復旧・復興に、お見事なまでに、知らん顔し続けてきたんですから。

 現状のヒロタミくん、あわてて、毎月タウンミィーティング開催して、巻き返しを図ろうと躍起になっていらっしゃるようですが、コト、既に遅し。

 ヒロタミくん、世間は、困っているときに何もしようとしなかった裏切り者には、徹底的に冷たいんですよ。

 私たち浦安市民は、ミンス党員であるきみの震災時における無慈悲な冷酷な行為を、未来永劫に語り続けて上げます。


1913


 ましてや、選挙民の現在の現実の生活を守ることさえしようとしないヒロタミくんが、未来など守れる訳がありません。

 ヒロタミくん、きみはお隣の千葉県第4区のヨシヒコくんとご一緒に、未来より現在を生きている私たち浦安市民と船橋市民が、きみたち二人を、必ずしや、政界から永久追放して差し上げましょう。

 まぁ、ヨシヒコくんも、ヒロタミくんも、残り僅かの日々を、大好きな20年後の「未来ごっこ」で、せいぜい、愉しむんですな。



1914




« 問責総理の野田佳彦くんがまた内閣を改造するそうですよ | トップページ | 他責のプロフェッショナル、野田佳彦くん »

浦安点描」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

半島人」カテゴリの記事