« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

公邸を居酒屋にしてしまった野田佳彦くん




2080


 
総理、問責可決から 本日で 64日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    426日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 302日



◆ 一層、安定感が増したヨシヒコくんのウソつき



 < 2012.10.30 読売 >
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121030-OYT1T00005.htm?from=ylist

 
首相「吉野家に今入れない」…外出控え通販牛丼

 
野田首相は29日夜、首相公邸に当選1回の民主党衆院議員十数人を招いて会食した。

 出席者によると、首相は「あまり外でご飯を食べると、
SP(要人警護の警察官)がかわいそうなので、外に行かないようにしている」と語ったという。さらに「牛丼が好物なんだが、(牛丼チェーン店の)吉野家には今、入れないので、通信販売で『牛丼の具』を首相公邸に取り寄せて食べている」と、“苦労話”も披露した。

 野党の厳しい攻勢にさらされる首相は最近、面会者に疲れた様子を見せることが多いとされ、夜に外で会食する機会も減っている。この晩は、周囲の懸念を払拭し、健在ぶりをアピールしたかったようだ。



 < 2012.10.30 産経新聞朝刊 >

2081


2082


◆ 公邸居酒屋「野田る」、グランド・オープンしました


2083


 
♪♪ オープニング特典 ♪♪


① 呑み放題、食べ放題、カラオケ唄い放題

② 料金:全て無料(当店は、国民の税金で運営されております)

③ お土産付き:マッコリ&辛ラーメン、1年分(但し不良在庫分)

④ スペシャルプレゼント :政党助成金、お一人様10百万円

⑤ 特別オプション:詳細はミンス本部広報までお問い合わせ下さい

⑥ 特典期間:「近いうち」まで


 
♪♪ 既にご利用頂いたお客様 ♪♪


① 10月29日(月)

 18時19分、公邸着。30分、民主党の山崎摩耶氏ら衆院当選1回議員との会食開始。20時32分、同会食終了。

② 10月25日(木)

 18時58分、公邸着。民主党の山井和則国対委員長、奥村展三同代行、後藤斎、津島恭一両同代理らと会食。寺田学、三谷光男、大串博志各首相補佐官同席。9時11分、全員出た。

③ 10月17日(水)

 18時56分、公邸。19時07分、樽床総務相、田中文科相、笠文科副大臣と会食。21時03分、田中氏出る。22時10分、会食終了。

④ 10月10日(水)

 12時02分、北神、寺田、三谷、川上各首相補佐官と食事、16分、大串首相補佐官加わる、36分、終了



 
♪♪ ご予約頂いているお客様 ♪♪


 < 2012.10.29 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121029/plc12102922520009-n1.htm

 
首相、民主1回生招き会食 若手離党を警戒「結束しよう」

 
野田佳彦首相は29日夜、民主党の衆院当選1回議員約20人を公邸に招いて会食した。与党の過半数割れが現実味を帯びつつある現状を踏まえ、同日召集された臨時国会について「緊迫した状況だ。結束して一つずつ課題を乗り越えよう。力を貸してほしい」と呼び掛けた。

 首相は、この会合を含めて5回に分けて衆院当選1回の約
100人との懇親会を計画している。橋下徹大阪市長率いる日本維新の会や、東京都の石原慎太郎知事が結成を表明した新党など第三極への若手議員の流出を警戒。衆院での与党過半数を維持するため、引き続き結束を求めていく意向だ。

 出席者によると、首相は民主党から離党者が相次いでいる現状について「残念だ」と強調。出席者からは「衆院解散を恐れるべきでない」との意見も出たという。




◆ 公の概念が「絶無の」ヨシヒコくん
 

公邸職員A「公邸がウリナラジャック」

公邸職員B「ミンスのイベントなんだからやる気茶屋でやれよ」

公邸職員A「他の党の新人議員を呼ばないのは明らかな差別だ」

公邸職員B「人権侵害で総理を訴えよう」

公邸職員A「公邸私物化は国家公務員法違反」

公邸職員B「公邸使用料と人件費・経費全額をミンスに付替えよう」

公邸職員A「SPが可哀想だって、さ」

公邸職員B「ヨォッ、嘘つきの四冠王」

公邸職員A「アンダーマネー、一人、10百万円(公称3百万円)」

公邸職員B「もうなりふり構ってられない」

公邸職員A「隠しカメラで撮っておいた」

公邸職員B「証拠ばっちり」

公邸職員A「年内、解散で、落選、即、逮捕」

私設秘書C 「アイゴー、アイゴー」



2084




2012年10月30日 (火)

野田佳彦くんの笑韓劇場、散髪編(その5)




2076


 
総理、問責可決から 本日で 63日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    425日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 303日



◆ 野田日誌 10月28日(日)



 < 2012.10.29 産経新聞朝刊から >

2077


 ヨシヒコくんの散髪ネタ、第5弾です。

 前回のヨシヒコくんの散髪は、9月22日の土曜日で、次回は、11月3日(土)と睨んでいたんですが、オジサンの予想は見事に、外れでした。


 
< ヨシヒコくんの散髪屋さん全履歴 >


11 2012.10.28(日)キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
10 2012.09.22(土)キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
09 2012.08.18(土)キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
08 2012.07.08(日)キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
07 2012.05.27(日)キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
06 2012.04.22(日)ホテルニュ-オータニ内、ヘアサロン「ONO」
05 2012.03.24(土)銀座マツナガ、八重洲店
04 2012.02.11(土)銀座マツナガ、八重洲店
03 2011.12.23(金)銀座マツナガ、銀座本店
02 2011.11.07(月)銀座マツナガ、新宿店
01 2011.09.03(土)QBハウス、虎ノ門店


 次回を11月3日と予想したのは、前々回(8/18)と前回(9/22)の間隔は、5週間ですから、次も同じサイクルを踏襲するとなると10月27日が応答日ですが、この日は、終日、岩手県視察で無理。

 となると、翌日の10月28日の日曜日か、或は、一週間後の11月3日の土曜日。

 で、オジサンは、ヨシヒコくんのセキュリティ上の問題から、次回は、11月3日と予想しました。

 何故なら、10月28日だと前回同様の間隔につき、身の安全上、より狙われ易いと考えたからです。

 でも、我らがヨシヒコくんは、そんなことは意にも介していらっしゃらなかったのです。

 結果論ですが、ヨシヒコくんが今回、10月28日を散髪日和に決めたのは、翌10月29日(月)が臨時国会初日で、この日はヨシヒコくんが、国会で「所信表明演説」を為さる世紀の晴れ舞台だったからです。

 そう言えば、前回の散髪日和も、NYでの国連スピーチのためでした。

 オジサンのこの1年に亘るヨシヒコ・ウォッチング、まだまだ修行が足りないようです。

 プロのプロファイラーに雇って貰える水準になるまで、日々是ヨシヒコ分析、頑張らねば。




◆ ここが知りたい、ヨシヒコくんの散髪屋考


★  今後、行き付つけの店として「カージュラジャティアド」は定着しますか?


 YES:実は、このお店で、植毛をしているらしい


 ♪ 使用前、2012.04.28 メーデー参加 ♪

2078

 ♪ 使用後、2012.10.29、臨時国会所信表明演説 ♪

 時事通信(http://www.jiji.com/jc/p?id=20121029144539-0013529622&n=1

2079


 NO:カネ次第で、また、ウワキする



★ 公邸から「カージュラジャティアド」まで歩いても1〜2分ですが、SP付き総理公用車で行くのですか?


 YES:ウリは日本国総理大臣ニダ

 NO:メタボ解消、散歩がてら歩いて行ってます by 嘘つき四冠王




★ 休日でも、総理専用のSPは、強制出勤ですか?


 YES:当然ニダ

 NO:休日にどうぜうさんのお顔は見たくないので時々病欠してます




★ 総理SP・総理公用車運転手に、休日出勤手当ては支給されますか?


 YES:国民の税金から支給されています

 NO:かれらはヨシヒコくんの使用人ですから一切手当ては支給されません




★ 総理が平日に床屋さんに行かないのはSPの休日を剥奪したいからですか?


 YES:仰有るとおりです

 NO:単に王様気分を味わいたいだけです




★ 総理の散髪代は、公費で賄われるのですか?


 YES:総理ですから、当然、そうなります

 NO:散髪屋さんの大宣伝に貢献しますから、実は公務員法違反ですが、タダです




★ 1,000円カットのQBハウスは、もう、いらっしゃらないのですか?


 YES:ウリは、庶民ではありません

 NO:来年8月には落選してタダの人ですので、再び、通います


 
< Wach auf、過去の散髪ネタ >


・野田佳彦くんのご尊顔 ウォッチング
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-109e.html
・日本を放ったらかし、野田佳彦くんのNY大名旅行
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/ny-247b.html
・野田佳彦の笑韓劇場、散髪編(その4)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/4-628a.html
・野田佳彦の笑韓劇場、散髪編(その3)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/3-22b4.html
・野田佳彦の笑韓劇場、散髪編(その2)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-dd17.html
・CIA’s Y.Noda file based on his actions of Feb 11, 2012(Draft)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/cias-ynoda-file.html
・野田佳彦の笑韓劇場「散髪編」
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-9f7e.html
・庶民派「野田総理」殿、QBハウスはもういらっしゃらないのですか
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/qb-b2af.html
・野田総理、今週中の、ご来店をお待ち申しております > QBハウス
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/qb-076a.html
・野田佳彦と民主党の闇献金疑惑 > 「QBハウス」にいくらもらったのかなあ
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/qb-5c81.html




2012年10月29日 (月)

野田佳彦くんと増すゴミ諸君の抜き差しならぬ「なあなあ」の関係




2073


 
総理、問責可決から 本日で 62日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    424日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 304日




 靖国神社の秋季例大祭参拝には全く無関心のヨシヒコくんでしたが、増すゴミ神社臭気例大祭には、きっちり、政治生命をかけて、ご進物付きで、ご参拝をなさりました。


 < 2012.10.27 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121027/plc12102703020000-n1.htm

 
野田日誌 10月26日(金)

 
14時30分、小ホール。31分から59分、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。斎藤、芝博一、竹歳誠各官房副長官同席。15時、南会議室。1分から22分、在京民放各社の解説委員らと懇談。23分、貴賓室。25分、小ホール。26分から48分、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。


 この増すゴミ詣時間は、新聞社論説委員が28分、民放解説委員が21分、内閣記者倶楽部キャップが22分で、所要時間はトータルで、1時間11分。

 同日18時から行われた拉致被害者家族会との面談は、たったの16分ですから( http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-3c41.html )、本業のお仕事はサッパリでも、増すゴミ諸君の手懐け方だけは相変わらず秀逸な、ヨシヒコくんでありました。

 この種の巧妙な懐柔策、一体、かれ、どこで身につけたんでしょう。

 整形塾?

 それとも、生来の血の為せる技?

 何でも、ヨシヒコくんから、しっとりとした、落ち着いた、低姿勢の語り口で話しかけられると、増すゴミの管理職諸君は、自分たちが、時の総理から王侯貴族扱いされてると勘違いして、すっかり、舞い上がってしまうとか。

 さらに、潤沢な官邸機密費とハニトラアガシが、供給されて・・・・。

 結果、ヨシヒコくんとミンスの悪口は、絶対、書けないような金縛り状態に・・・・。

 ヨシヒコくんは、紛れもなき新興宗教の狂祖さま。

 こんな記事( http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102700046 )も一応、報道されてますが、単なる予定調和の増すゴミ諸君のアリバイ作りに過ぎません。

 何故なら、ヨシヒコくん、福島と日本の再生は放ったらかしでも、増すゴミ対策だけは、国民の税金使って、抜け目なく熱心にお遣りになっていらっしゃいますからね。

 此の度の報道各社の解説員たちとの懇談も、会食を含めると、野田政権では、これが5回目の強制集合命令です。(過去の懇談記録は、一番最後にリストアップしておきました)

 どうやら、憶病者ヨシヒコくんは、石原新党が、怖くて怖くて、堪らないんですね。

 で、今回は、石原・安倍・橋下タタキの大プロパガンダ作戦実行命令のきつ~いお達しを、増すゴミ諸君に下した。

 そのために今回投入される官邸機密費は、100億円規模。

 きっと、復興予算も、800%、流用される筈です。

 ヨシヒコくん、自己保身と面子を保つためには、もう、なりふりなぞ構っていられません。

 こうなったら、ヨシヒコくん、友愛でも、なんだって、遣ります。

 あな、おそろしや。

 そんなヨシヒコくんを全面的に支援する増すゴミ諸君。

 彼らも、また、現政権を存続させるためには、なんだって、遣ります。

 事実の歪曲、歴史の捏造、憎き石原・安倍・橋下たたきプロパガンダ。

 反日、売国、嘘つき大好き、日本大嫌い報道。

 あな、おそろしや。

 ヨシヒコくんも、増すゴミ諸君も、石原新党誕生と同時に、一様に、のだっちゃいました、あさひっちゃいました。

 てな訳で、10月27日(土)の頑張れ日本の「反日公共放送局NHK解体」抗議行動に、早速、参加してきました。


 < 10.27 反日メディア連続抗議行動! NHK解体 >
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Pbodmu6mANo#!

">


「シュプレヒコール、オーーーーーーw」

「NHKの安倍晋三ネガティブキャンペーンを許さないぞ~」

「NHKは偏向報道をヤメロー」

「NHK職員は下着ドロボーをヤメロー」

 デモ隊コースは、NHK前~渋谷駅ハチ公前~宮益坂~原宿~けやき並木でしたが、15時半に出発して、抗議行動終了したのが、18時過ぎ。


 < 出発前集会 >

2074


 < デモ終了後、NHKホール前抗議行動 >

2075


 ハチ公前のスクランブル交差点の雑踏の中で、「NHK職員は、覗きや盗撮、下着ドロボーをヤメロー」と叫ばれてしまったNHKは、相当、恥ずかしいゾ。

 けど、「NHK職員は、下着ドロボーをヤメロー」のシュプレヒコールに唱和してしまった不肖このオジサンも、結構、恥ずかしかったゾ。

 デモ、カイカン。

 ストレス解消には、もってこいの週末の3時間でした。

 昨年から本年10月27日まで、NHK職員が逮捕された犯罪は、公表されているだけで、なんと、18件だそうです。

 ちなみに、デモ当日も、執行猶予中の元NHKディレクターが、覚せい剤で逮捕されたばかり。

 < 元NHKディレクターまた逮捕!執行猶予中に覚せい剤 >
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121027/dms1210271437004-n1.htm

 下着ドロボーなんて、多発も、いいとこらしいです。

 < 直近のNHK下着ドロボーはこれ >
 http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070901001527.html

 
 Wiki に「NHKの不祥事」でリストアップされる位ですから、皆さまのNHKも、実に名誉なコトです。
 < http://ja.wikipedia.org/wiki/NHKの不祥事


 こちらのサイト( http://50064686.at.webry.info/201101/article_3.html )を拝見しますと、もう、NHKなんて、世に恥じることのない立派な確信犯的犯罪者集団です。

 流石、世界に恥じる事なき大犯罪者集団・中国共産党スパイ組織、中国中央電視台の日本支局を、NHK本社ビルに同居させているだけのことはあります。

 ナチのホロコーストを遙かに上回る大量虐殺を今なお実践中の中国。

 その一党独裁国家、大量大虐殺国家中国を敬い、中共のプロパガンダ機関に特化した、NHK。

 JR東海会長葛西敬之さんの配下松本正之さんがNHKの会長に就任して、少しは、良い方向に進むかと思ったら、改善どころか、反日売国プロパガンダは一向に止まず、さらには、とどまるところ知らない増加する一方の職員の犯罪。

 地デジ化で、スクランブル放送システムは確立した訳ですから、受信料不払いの不平等を解消するためにも、こうなったら、NHKさんには、民営化してもらうしかありません。

 特亜のプロパガンダ機関、NHK。

 犯罪者集団、NHK。

 放送法違反を平気で無視する、NHK.

 確信犯で日本の法律を守らない、NHK。

 国民の受信料で成り立っている放送局なにの、その国民を大上段から見下すNHK。

 かれらに、日本の公共放送を名乗る資格も権利もありません。

 NHkは解体して、民営化に移行させましょう。

 NHK職員の平均年収は、1,600万円。

 高卒40才で、既に、年収1,000万円、突破。(←この辺は、チャンネル桜の番組を検索して頂けると、直ぐに実態が判ります)

 国民の受信料で、下着ドロボー、シャブ中の面倒を見るのは、もう、真っ平です。

 健全なる日本国民の皆さま、声を、上げましょう。

 NHKは、もはや、日本の公共放送局ではありません。

 NHKは、中国共産党のプロパガンダ放送局です。

 NHKを、解体させましょう。

 NHKを、一日も早く、民営化させましょう。

 NHKの実態は、特殊法人、税金免除対象企業ではありません。

 NHKは、100%、営利企業です。

 NHKは、税金を、民間企業並みに払わなければなりません。

 NHKが、税金支払いを免除されているのは、日本国民に対する明らかな差別行為です、日本人に対する歴然とした人権侵害行為です。

 


2076



 
< 野田佳彦:増すゴミ論説委員らとの懇談履歴(出所asahi.com)>

・第1回(2011.09.12)
 17時46分、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。18時14分、民放各社の解説委員らと懇談。38分、内閣記者会加盟報道機関キャップらと懇談。58分、懇談終了。

・第2回(2011.10.27)
 15時31分、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。手塚補佐官同席。57分、民放各社の解説委員らと懇談。16時21分、内閣記者会加盟報道機関キャップらと懇談。

・第2回(2012.01.23)
 14時30分、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。藤村官房長官、斎藤官房副長官、手塚首相補佐官同席。57分、民放各社の解説委員らと懇談。15時22分、内閣記者会加盟報道機関キャップらと懇談。

・第4回(2012.04.17)
 19時31分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂璃宮」。新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。手塚首相補佐官同席。21時11分、公邸。

・第5回(2012.10.26)
 14時30分、小ホール。31分から59分、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。斎藤、芝博一、竹歳誠各官房副長官同席。15時、南会議室。1分から22分、在京民放各社の解説委員らと懇談。23分、貴賓室。25分、小ホール。26分から48分、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。




2012年10月28日 (日)

将軍さま、横田めぐみさんと野田佳彦くんを、交換させて下さい




2064


 
総理、問責可決から 本日で 61日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    423日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 305日




 < 2012.10.26 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/121026/kor12102621170003-n1.htm

 
拉致被害者家族会「やる気疑う」 首相と面会、具体的説明なく不信消えず

 
拉致被害者の家族会は26日、首相官邸で野田佳彦首相や拉致問題担当相を兼務する藤村修官房長官らと面会した。民主党政権の3年で担当相が7回代わったことについて野田首相は陳謝し、解決に全力で取り組むことを改めて訴えたが、具体的な説明はなく、家族の不信感はぬぐえなかった。

 家族に会うたび、「全力を尽くす」と約束してきた野田首相。だが、解決への糸口はいまだ見えない。今月1日に担当相になった田中慶秋氏は約3週間で辞任するなど、家族は政府の取り組みに対し、不信感を強めている。

 面会の冒頭、野田首相は「深くおわびしたい」と頭を下げた。24日から担当相を兼任している藤村官房長官も「これからはコントロールタワーとして仕事をしたい」と抱負を述べたが、家族からは不満が噴出した。

 田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(74)は「最近の状況を見ていると、総理のやる気を疑うしかなかった」と話し、横田めぐみさん=同(13)=の母、早紀江さん(76)は「担当大臣が何回も代わったのは外から見てどうしてか分からない」と訴えた。ほかの家族も同様に不満を漏らした。

 出席者によると、野田首相は家族らに「もう一度全力という言葉を使わせてほしい」と決意表明したというが、家族らの反応は「具体的にどうやるかは分からない」(飯塚さん)と冷淡で、疑念は消えなかった。


 < 2012.10.27 産経新聞朝刊 >
2065


 当日の家族会の皆さまと、ヨシヒコくんとの面会の模様は、こちらの動画でご覧になれます。

 < 2012.10.26 政府インターネットテレビ >
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg7086.html


 上記動画の冒頭は、ヨシヒコくんが「どうもお待たせしました」と言って、部屋に入って来るシーンからスタートしてますが、入って来るや否や、家族会の皆さんと一人一人おざなりの握手をし、一旦着席してから、挨拶を始めます。

 ヨシヒコくん、よくまぁ、この能面ヅラで、しれーっと握手して、しれーっと言ってのけるものだと、オジサンはあらためまして、ヨシヒコくんの偉大さに、感動を覚えた次第でございます。

 ヨシヒコくん、800%、自分に酔ってます。

 そして、かれ、こころの中では、アカンベーをしながら、こんなもの、サッサと切り上げて、大酒、喰らいたいと、間違えなく、考えています。

 案の定、家族会との面会終了後は、記者団の質問に答える訳でもなく、逃げるように、ささっと、公邸に、帰ってしまってます。


 < 2012.10.27 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121027/plc12102703020000-n1.htm

 
野田日誌 10月26日(金)

 
6時から16分、北朝鮮による拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表、横田めぐみさんの父、滋さん、母、早紀江さんらと懇談。藤村氏ら同席。18分、官邸発。19分、公邸着。


 逆に、家族会サイドは、憤懣やる方なし。

 飯塚代表は、面会後の記者会見で、この日出席出来なかった有本さんから、首相に解散総選挙の決断を迫れとの強行意見があったことを暴露しています。

 この辺り詳細は、阿比留さんのブログでどうぞ。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2907871/

 こちらの動画にも、速攻で消されるかも知れませんが、チラッと出てます。
http://www.youtube.com/watch?v=VYm-d51snpI

2066
2067


 家族会も、ヨシヒコくんに対しては、最早、アグレッシブモード。

 面と向かって、怒りを、隠さなくなりました。

2068
2069

 
 家族会のこういった傾向は、戦略的には、とっても良いことです。

 ヨシヒコくんに、首相だからといった遠慮は、一切無用。

 嘘つき四冠王は、自分に対する罵倒なぞ、屁とも思ってませんから、ドシドシ、戦闘的で、面子を潰すような言葉を、機会ある毎に、面と向かってぶつけて行きましょう。

 なぁに、大丈夫。

 全国民が家族会を応援してます。

 ヨシヒコくんなんて、1年後には、落選して、鬱陵島の住人になっていらっしゃるお人ですから。

 横田滋さん、11月14日で80才。早紀江さん、76才。

 本当に、何とかしてあげたいですね。

 オジサンは思うんですが、そんなご高齢の方々を、ウリたちだけの都合で、この季節、こんな陽が落ちた時間に官邸に呼び出すなんて、ヨシヒコくんって、今さらながらですが、社会常識がないというよりも、無慈悲で、冷酷で、人を見下すことが、本心、大好きで仕方がないんですね。

 いつも、土日は、来客なし、公邸で寂しく過ごす、と、ヨシヒコくんの行動は、刻々、時事通信さんがネット配信していて、バレバレなんですから、平日忙しくて無理だったら、せめて土曜日の午前中、昼間の明るいうちに、お天道さまのもとで、堂々と、お互い、真っ正面から、本音を、ぶつけあってみては如何ですか、ヨシヒコくん。

 そして、ねぎらいの意味を込めて、家族会の皆様方を、帝国ホテルのなだ万辺りで、ご馳走してあげる。

 官邸機密費とは、こういうことに、お使いになるべきです。

 えっ、袋だたきになりそうだから、そんなことはできません、てすってw

 そりゃそうですよねぇ、官房長官のオサムちゃんを拉致担当大臣で、兼務させてしまったんですから。

 こんな人事してるから、このウワサ話( http://www.nikaidou.com/archives/30416 )が、真実味を帯びてしまうんです。

 根も葉もないウワサだったら、オジサンは、即刻、オサムくんの兼任を解いて、松原仁くんを復帰させたほうが、ヨシヒコくんの為だと思うゾ。

 一日でも、長く、首相で居座ることだけが、きみの残された、たった一つのの野望ならね。

 くどいようだけど、1年後、きみは、間違いなく、タダノヒトです。

 下手をすると、塀の中かも知れません。

 お気の毒ですなぁ。

 オサムくんも、共同正犯ですから、ご愁傷さま。

 それにしても、オサムくん、きみも、実に、解りやすい人だ。


 < 2012.10.24 拉致担当大臣・法務大臣、認証式  >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201210/24jirei.html

2070

 ↑ この時点で、ブルーリボンバッジ、着けろよw


 < 2012.10.26 家族会と面談、上記動画から >

2071


2072




2012年10月27日 (土)

酒のお相手と化した野田佳彦くんの首相補佐官たち




2062


 
総理、問責可決から 本日で 60日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    422日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 306日




 < 2012.10.26 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121026/plc12102603150000-n1.htm

 
野田日誌 10月25日(木)

【午前】8時51分、公邸発。52分、官邸着。53分、執務室。58分から9時24分、斎藤勁官房副長官、河内隆内閣総務官。25分から40分、城島光力財務相、前原誠司経済財政担当相。10時、閣僚応接室。1分から45分、閣議室で臨時閣議。46分、執務室。47分から11時8分、玄葉光一郎外相。

【午後】0時7分、首相会議室。25分、執務室。1時31分、官邸発。41分、東京・元赤坂の赤坂御苑着。
仁実夫人とともに秋の園遊会に出席。2時55分、同所発。3時2分、官邸着。4分、執務室。56分から59分、北神圭朗首相補佐官。4時25分から57分、経済産業省の安達健祐事務次官、上田隆之通商政策局長。5時28分から56分、斎藤、河内両氏。6時2分から32分、北村滋内閣情報官。57分、官邸発。58分、公邸着。民主党の山井和則国対委員長、奥村展三同代行、後藤斎、津島恭一両同代理らと会食。寺田学、三谷光男、大串博志各首相補佐官同席。9時11分、全員出た。




官邸職員A「今夜は何の呑み会?」

官邸職員B「山井国対委員長、臨時国会頑張ってね」

官邸職員A「実態は」

官邸職員B「お前ら、俺と酒、つき合え」

官邸職員A「しかし補佐官の仕事、全員、見事な程してないな」

官邸職員B「ヨシオの対極」

官邸職員A「川上と北神が居ないけど」

官邸職員B「川上はアッチ系だから呼ばなくてもツーカー」

官邸職員A「北神は」

官邸職員B「かれ自身が距離を置きたがっている」

官邸職員A「石原合流?」

官邸職員B「あり得る」

官邸職員A「あと誰」

官邸職員B「向山と長尾あたりは当確」

官邸職員A「10名は固い?」

官邸職員B「恐らく」

官邸職員A「土肥復帰、吹っ飛んだ」

官邸職員B「ミンス単独過半数割れまであと6人?」

官邸職員A「多分」

官邸職員B「国民新党との統一会派ベースではあと9名」

官邸職員A「どぜうさん、石原に怒り心頭」

官邸職員B「W亀井を追い出したタタリ」

官邸職員A「だから大酒、喰らいたかった」

官邸職員B「でも呑むんなら外で呑めよ」

官邸職員A「御意」

官邸職員B「私用で公邸職員、遅くまで使うな」

官邸職員A「ニダクォリティ丸出し」

官邸職員B「オールミンスで9時過ぎまでだもんな」

官邸職員A「
こんなもの、やる気茶屋でやれよ

官邸職員B「公邸の私物化、許すまじ」

官邸職員A「官邸機密費もキャバクラに流れてる」

官邸職員B「お里が・・・・」

官邸職員A「園遊会も浮いていた」

官邸職員B「だって嘘つき四冠王だもの」

官邸職員A「時間の問題」

官邸職員B「モナ夫くん登場」

官邸職員A「一日でも長く超高額生活保護費貰いたい」

官邸職員B「年内解散は?」

官邸職員A「石原新党誕生で現実味が出て来た」

官邸職員B「官邸内、特亜露スパイでかなりヤバイ」

官邸職員A「われら日本人良識派は、機密保持に必死」

官邸職員B「川上、寺田の官邸・公邸出入りは要注意」

官邸職員A「政権奪取後、ノダスパイ軍団、即追放」

官邸職員B「公安は any time, OK」

官邸職員A「ヨシヒコくん涙目」

官邸職員B「責任はきちんと取って頂く」

官邸職員A「鳩菅野田は比例重複立候補を許さない」

官邸職員B「全員落選」

官邸職員A「日本国籍剥奪の上、鬱陵島に流刑」

官邸職員B「証拠は全部隠し撮りで残して在る」

官邸職員A「四重スパイ生活もあと僅か」

官邸職員B「ノダ逆スパイは実に愉しかった」

官邸職員A「油断大敵」

官邸職員B「勝手兜の緒を締めよ」

官邸職員A「ラジャー」

官邸職員B「やっと帰ったか、さぁ、チェック、チェック」



2063


 < ゾッとするほど本気で売国、野田佳彦くん >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-f0ba.html



 
< 第三次野田内閣、首相補佐官名簿>

 ・川上義博(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
 ・三谷光男(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
 ・大串博志(重要政策に関する省庁間調整等担当)
 ・北神圭朗(重要政策に関する省庁間調整等担当)
 ・寺田学 (行政改革及び社会保障・税一体改革等担当)


 
< 新任首相補佐官、首相接触 at Kantei 全記録(出所asahi.com)>

・2012年10月26日(金)10時21分、復興平野達男復興相、鈴木正徳中小企業庁長官、上田健復興庁統括官。三谷光男首相補佐官同席。11時42分、川上首相補佐官。

・2012年10月25日(木)15j時56分から59分、北神圭朗首相補佐官

・2012年10月24日(水)Non

・2012年10月23日(火)5時14分、北神首相補佐官

・2012年10月22日(月)Non

・2012年10月21日(日)Non

・2012年10月20日(土)Non

・2012年10月19日(金)Non

・2012年10月18日(木)9時57分、岡田副総理、藤本内閣府副大臣、寺田首相補佐官、中村秀一社会保障改革担当室長。

・2012年10月17日(水)Non

・2012年10月16日(火)17時40分、川上首相補佐官

・2012年10月15日(月)Non

・2012年10月14日(日)Non

・2012年10月13日(土)Non

・2012年10月12日(金)14時38分、川上首相補佐官、56分、大串首相補佐官

・2012年10月11日(木)Non

・2012年10月10日(水)12時02分、北神、寺田、三谷、川上各首相補佐官と食事、16分、大串首相補佐官加わる、36分、終了

・2012年10月09日(火)Non

・2012年10月08日(月)Non

・2012年10月07日(日)Non

・2012年10月06日(土)Non

・2012年10月05日(金)Non

・2012年10月04日(木)09時55分、大串首相補佐官、13時47分、川上首相補佐官

・2012年10月03日(水)Non

・2012年10月02日(火)21時04分、首相補佐官に辞令交付、07分、首相補佐官と記念撮影




2012年10月26日 (金)

野田佳彦くんの笑韓劇場「法務大臣着せ替えごっこ」




2058


 
総理、問責可決から 本日で 59日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    421日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 307日



◆ ヨシヒコくんの大臣「着せ替えごっこ」



 
< ウリたち、ヨシヒコくんに、首斬られたニダ >

・第01号 2011.09.11 鉢呂吉雄 経産大臣
・第02号 2012.01.13 平岡秀夫 法務大臣
・第03号 2012.01.13 中川正春 文部大臣
・第04号 2012.01.13 一川保夫 防衛大臣
・第05号 2012.01.13 山岡賢次 国家公安委員長
・第06号 2012.01.13 村田蓮舫 特命担当大臣
・第07号 2012.06.04 小川敏夫 法務大臣
・第08号 2012.06.04 鹿野道彦 農水大臣
・第09号 2012.06.04 前田武志 国交大臣
・第10号 2012.06.04 田中直紀 防衛大臣
・第11号 2012.09.10 松下忠洋 金融大臣
・第12号 2012.10.01 川端達夫 総務大臣
・第13号 2012.10.01 滝  実 法務大臣
・第14号 2012.10.01 平野博文 文科大臣
・第15号 2012.10.01 小宮山洋子厚労大臣
・第16号 2012.10.01 松原 仁 国家公安委員長
・第17号 2012.10.01 古川元久 国家戦略
・第18号 2012.10.01 中川正春 防災
・第19号 2012.10.23 田中慶秋 法務大臣 ← 今ここ


 
< ミンス政権法務大臣全履歴

・第01号 2009.09.16 千葉景子  
・第02号 2010.09.17 柳田 稔   
・第03号 2010.11.22 仙石由人  
・第04号 2011.01.14 江田五月  
・第05号 2011.09.02 平岡秀夫  
・第06号 2012.01.13 小川敏夫  
・第07号 2012.06.04 滝  実    
・第08号 2012.10.01 田中慶秋  
・第09号 2012.10.23 小平忠正  
・第10号 2012.10.24 滝  実 ← 今ここ


 
< ミンス政権拉致問題担当大臣全履歴 >

・第01号 2009.09.16 中井 洽    
・第02号 2010.09.17 柳田 稔   
・第03号 2010.11.22 仙石由人  
・第04号 2011.01.14 中野寛成   
・第05号 2011.09.02 山岡賢次    
・第06号 2012.01.13 松原 仁   
・第07号 2012.10.01 田中慶秋     
・第08号 2012.10.24 藤村修 ← 今ここ


 こうやって改めて眺めてみますと、良くも悪くも、ポッポくんもチョクトくんも、こと大臣人事に関しては、バランスが取れていたのかもしれません。

 ヨシヒコくん、たった1年間で、問責決議3回、首切り大臣19人、法相6人、拉致大臣4人、排出。

 ちびっこギャングに、こんなプロパガンダさせて( 閣僚辞任、自民でも前例=安住氏 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012102400954 )、ペニンシュラ系丸出しの「事実の捏造」で、実に、微笑ましい。


 
< ミンス政権の真実 by Ojisan、大臣述べ人数は、自民の1.4倍 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e110.html

 ・自民党(安倍~麻生)の3年間 大臣述べ人数 
102名

 ・
民主党(鳩山~野田)の3年間 大臣延べ人数 148



◆ ヨシヒコくんは、有能な寒流演出家


 オジサンは、慶秋くんの後任は、江田五月元老の再登板を本命視しておりましたが、たった4週間前に「高齢を理由に辞めたい宣言」をなさった滝実老爺を復活させるとは、我らがヨシヒコくん、なかなか、味なコトをやりますな。

 これで、ヨシヒコくん演出の寒流ドラマ、週末は、高視聴率となるでしょう。

 で、ヨシヒコくんは、74才児滝爺に、早速、懇切丁寧な演技指導を手がけました。

 
 < 2012.10.24 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121024/plc12102413170015-n1.htm

 
野田首相が滝新法相に指示「注意して取り組んでほしい」

 
野田佳彦首相は24日昼、法相を辞任した田中慶秋氏の後任に内定した滝実前法相を首相官邸に呼び、正式に法相への起用を伝えた。首相は滝氏に「大変、法務行政もいろんな厳しい状況にあるから注意して取り組んでほしい」と指示した。


 74才児滝老役者も、ヨシヒコくんの熱血演技指導に見事に応え、「高齢で辞めます」発言など、何処吹く風。

 記者会見では、ベテラン寒流役者らしく、正々堂々の「ニダ宣言」でございます。


 < 2012.10.24 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012102400539

 
滝法相が正式就任=「年齢乗り越えていく」

 
滝法相は記者会見で、先の内閣改造に当たり、高齢を理由に退任を希望したことを念頭に、「就任に当たり、年を乗り越えていく」と強調。さらに「自分本位の逃げたいとの意識はどこかに預けて、真正面から努力していく」と述べた。

2059


 いやぁ、この74才児、枯れてませんなぁ。

 恐れ多くも、たった4ヶ月前に、天皇陛下から法務大臣の認証を授かり、たった4週間前に、自己都合で勝手に「辞めたい」宣言をしたにも関らず、こうしてまた、平然として、天皇陛下の目の前に現れる。

 55才児ヨシヒコくんもそうですが、この74才児も、タダモノではありません。

 さらにですね、法務省幹部の前で、滝爺、こう訓示したそうです。


 < 2012.10.25 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102500512

 
滝法相「新参者のつもりで」

「新参者が再びやって来たというつもりでよろしくお願いする」。滝実法相は25日、法務省で行った幹部への訓示でこう語った。田中慶秋前法相の辞任により、退任後3週間余りで異例の再登板となった滝氏。法務行政に明るいことを買われての起用だが、「私に対するレクチャーは手を抜かずに、初心者がまた来たというつもりで、遠慮なく原点に戻った説明をしてほしい」と呼び掛けていた。

 
( 幹部への訓示を行う滝実法相=25日午前、東京・霞が関の法務省 )
2060


 ご尊顔から推察するに、DNAだけはごまかしが効かないようですな。

 この度の法相人事、要は、ヨシヒコくん、先が見えてきたが故に、血の本性を剥き出しにして、日本に、宗主国さま経由の予定調和の戦争を仕掛けてきたのでしょう。

 目指すは、ザイニチ共和国。

 ザイニチからの政治献金、民団からの選挙支援、アキヒロとの笑顔の握手etc、証拠は、隠しようもございません。

 滝爺も、記者会見で、こう申しております。


 < 上記24日付時事通信記事 >

 
また、首相から、法務省の外局に人権救済機関「人権委員会」を設置する法案について、臨時国会提出を目指すよう指示を受けたことを明らかにした。


 竹島ICJ提訴も、スワップ枠延長取り止めも、口先だけの予感。



2061




2012年10月25日 (木)

野田佳彦くんの笑韓劇場「プロレス政治ごっこ」




2054


 
総理、問責可決から 本日で 58日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    420日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 308日



● ネクストミンス総理大臣争奪戦「 秋季もとい臭気 ニダ・リーグ 」●



・試合日時:平成24年10月28日(日)18~20時
・場所  :後楽園ホール、30分一本勝負
・チケット:リング席2億ウォン、椅子席8百万ウォン、立ち見2万ウォン
・実況中継:犬HK & テレ朝、リングアナ:古館伊知郎、解説:田中真紀子



◆ 前哨戦 ・・・・ 田中慶秋・滝実 vs 野田佳彦・藤村修


 良い子役:滝実 悪役:野田佳彦 & 藤村修

 使用凶器:野田佳彦「二枚舌」、藤村修「顔面クレーター」

 勝敗予想:田中慶秋選手棄権で、野田・藤村組の不戦勝


( 週刊プロレス八百長情報 )

・田中慶秋選手、体調不良のフリまでしての退院劇は、まだやる気満々だった?
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012102300432

・小沢派滝実選手、野田佳彦選手に恨み骨髄
 http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/850.html

・藤村修選手、凶器「任命責任」の使用は、認められない
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/plc12102312090013-n1.htm

・野田佳彦選手のオールマイティのインチキ得意技は「職務に邁進」
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102300524

・野田選手、滝選手に反則技使用厳禁を通告
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121024/plc12102413170015-n1.htm



◆ 第一回戦 ・・・・ 玄葉光一郎 vs 吉田沙保里(特別ゲスト)


 正義の味方:吉田沙保里 悪役:メヒカリコウイチロー

 使用凶器:玄葉光一郎「メガフラッシュ」

 勝敗予想:玄葉選手試合前逃亡で、沙保里姫の不戦勝


( 週刊プロレス八百長情報 )

・ペニンシュラ系胴元に、二進も三進もいかないコウイチロー選手
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/plc12102312590015-n1.htm

・試合当日、泥鰌さんにはお会いしたくありません by Yoshida
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/plc12102311320011-n1.htm



◆ 第二回戦 ・・・・  白眞勲 vs 李明博(招待選手)


 似非良い子役:白眞勲 悪役:白眞勲 & 李明博

 使用凶器:白眞勲「なりすまし」、李明博「元祖ザイニチ」

 勝敗予想:場外乱闘まで演じるも、典型的な八百長試合で引き分け


( 週刊プロレス八百長情報 )

・白眞勲選手、いつものなりすまし良い子のふり
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012102300709

・でも結果は、800%予定調和の裏切り
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2012102300591&j4

・白眞勲選手の凶器「内閣副大臣」が早速、実力発揮の予感
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121022/t10015909091000.html



◆ 本日のメインイベント ・・・・ 野田佳彦・岡田克也 vs 前原誠司・仙石由人


 良い子役:なし 悪役:全員

 使用凶器:権力

 勝敗予想:前原・仙石のKO勝ち


( 週刊プロレス八百長情報 )

・野田佳彦選手のファンクラブ会員、無節操な反則技に大量脱会続出
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121024/plc12102403100007-n1.htm

・岡田克也選手は、いつも幼稚な反則技ばっかり
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121022/plc12102222470016-n1.htm

・一度は最後まで真正面から正攻法で勝負して欲しい、ヘタレ狼少年前原誠司選手
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/stt12102300030000-n1.htm

・それでもタッグは前原選手と組む、ナチュラルボーン腹黒悪役仙石由人選手
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/plc12102311370012-n1.htm



2055
2056
2057




2012年10月24日 (水)

ひのまる組 vs 野田佳彦くん「これが一番」




2049


 
総理、問責可決から 本日で 57日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    419日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 309日



2051_2


❶ 狼少年が一番

❷ いじめが一番

❸ 加害者が一番

❹ ザイニチが一番

❺ ザ・ヤクザが一番

❻ R4が一番

❼ ヨシオが一番

❽ 外国人献金が一番

❾ 差別が一番

❿ 人権無視が一番

⓫ 見下しが一番

⓬ 無責任が一番

⓭ 問責関係ないニダが一番

⓮ なりすましが一番 

⓯ 手振りスピーチが一番

⓰ アキヒロが一番

⓱ 国民軽視が一番

⓲ ウリナラファンタジーが一番

⓳ 反日が一番

⓴ 「恨」が一番



2052_2


① 解散総選挙が一番

② ミンス大敗北が一番

③ 鳩菅野田の落選が一番

④ ポッポくん脱税で禁錮刑10年が一番

⑤ チョクトくん人道の罪で懲役100年の刑が一番

⑥ ヨシヒコくん不作為の罪で竹島流刑が一番

⑦ エタノたん偽証罪で革マル派強制蟄居30年の刑が一番 

⑧ R4外患誘致罪で三峡ダム門番50年の刑が一番

⑨ 汚沢終生特養ホーム暮らしが一番

⑩ 輿石日狂組破防法適用で解体が一番

⑪ ちょうにち新聞倒産が一番

⑫ NHK民営化が一番

⑬ 左翼知識人無年金化が一番

⑭ スパイ防止法制定が一番

⑮ 在日特権廃止が一番

⑯ 下朝鮮、国交断絶が一番

⑰ お豆腐が一番

⑱ ごはんが一番

⑲ お寿司が一番

⑳ I Love Japan が一番



2053_2




2012年10月23日 (火)

Trsut me again - Noda's Broken Promises




2044


 
総理、問責可決から 本日で 56日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    418日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 310日



◆ 「首相もトラスト・ミー」 安倍総裁が皮肉



 < 2012.10.21 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121021/stt12102120310004-n1.htm

 
自民党の安倍晋三総裁は21日、福岡市内で講演し、野田佳彦首相が19日の党首会談の際、「近いうち」と約束した衆院解散時期をめぐり「私を信じてほしい」と発言したことを明らかにした。

 その上で、鳩山由紀夫元首相が米軍普天間飛行場移設問題の迷走でオバマ米大統領から信頼を失った経緯を踏まえ「英語にすると『トラスト・ミー』だ。鳩山氏(がオバマ氏に述べた発言)と同じだ。そのまま信じろと言う方が無理な話だ」と皮肉たっぷりに述べ、「話にならないから席を立った」と物別れに終わった会談を振り返った。



 野田佳彦主演「ミンス笑韓劇場」、競演に輿石のじっちゃんが加わってからは、もう、抱腹絶倒です。

 ご覧下さい、このお二人の臭〜いご演技を。

 < 2012.10.16 zakzak >
 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/photos/20121016/plt1210160710002-p1.htm

2045


 後ろにいらっしゃるのは、昔のお名前でご出演なさっているあのご高名な一川のお父様でしょうか。

 オジサンは、この方、てっきり、小沢のいっちゃんにくっついて出て行ったんだと思ってましたが、まだ、ミンスにいらっしゃったんですね。(でも、かれのHPのTop page、どうみてもミンスにはみえないよw  http://www.y-ichikawa.net/

 日本の直近の政治は、Sengoku38さんがポアされて、実質、この55才児・70才児・76才児トリオで、動いているって、本当かなぁ?

 まぁ、誰が競演者であっても、寒流スターには事欠きませんから、ヨシヒコくん主演のウリナラドラマは、この調子だと、来年の8月まで見させられることになるんでしょうな。

 そう心積もりしておいた方が、ノダ政権が一日延命すればするほど、ミンスの落選組が、今日も一人、明日も一人と殖えていく訳ですから、政権奪取後は、充実した解放感が味わえます。

 それに、オジサン的には、嘘をついた時は必見の自覚症状なきヨシヒコくんの手振りスピーチを、今しばらくは拝見したい気持ちも・・・・。
 

 <「嘘つき首相」の3つの嘘 >
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/600151/

2046


 ですが、いい加減、何とかなりませんかねぇ、ヨシヒコくんのウソ800。

 オジサンは、ヨシヒコくんに、ヨシヒコくん自筆の「私は嘘しか語りません」の血判状提出を要求したいぞ。


 < ヨシヒコくん、もう、どうにもとまりません >

 http://www.youtube.com/watch?v=aATuqZ9W6Sw
">


 ヨシヒコ 信じちゃ いけないよ
 泥鰌の心は ニダなのさ
 いつでも楽しい 夢を見て
 生きているのが 好きなのさ

 今夜は真赤な バラを抱き
 器量のいい子と 踊ろうか
 それともやさしい ザイニチに
 熱い心をあげようか

 ああ蝶になる ああ花になる
 恋した夜は あなたしだいなの
 ああ あと1年 ああ あと1年
 もうどうにもとまらない


2050


◆ この人たちも、社会人として、人間として、使いものになりませんな


 < 2012.10.20 産経新聞朝刊 >

2047


 < 2012.10.19 産経新聞朝刊 >

2048


・↑R4笑顔で遅刻(↓ニコ動、1分12秒から)
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19173836




2012年10月22日 (月)

この1年、実は躍らされっ放しだった、野田佳彦くん




2028


 
総理、問責可決から 本日で 55日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    417日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 311日




財務官僚A「あと10日だな」

財務官僚B「はい」

財務官僚A「手違いはないだろうな」

財務官僚B「大丈夫です」

財務官僚A「うちの新規不良債権は最終的にいくらになる」

財務官僚B「外為特会で300億ドルです」

財務官僚A「よし、じゃあ残り270億ドルが日銀勘定」

財務官僚B「そういうことになります」

財務官僚A「自民党への根回しはもちろん終っているだろうな」

財務官僚B「はい、完璧です」

財務官僚A「記者クラブは?」

財務官僚B「9日の大本営発表で合意済です」

財務官僚A「韓国メディアは?」

財務官僚B「10日の朝鮮日報にスワップ枠利用実績ゼロと書かせました」

財務官僚A「新大臣は?」

財務官僚B「S誌にチクリました」

財務官僚A「お気楽だな」

財務官僚B「スワップのスの字もお分かりになりません」

財務官僚A「ガソプーは大丈夫か?」

財務官僚B「その上を逝ってます」

財務官僚A「総理ポロリは?」

財務官僚B「バッチリです」

財務官僚A「YT、R4、OFの合わせ技?」

財務官僚B「はい」

財務官僚A「安くついたな」

財務官僚B「はい」

財務官僚A「知らぬはミンスのお馬鹿くん」

財務官僚B「消費税大役ご苦労様でした」

財務官僚A「1月に退任させる」

財務官僚B「same as アキヒロ」



■■ 業界筋はちゃんと見抜いている韓国経済 ■■


 < 対外純資産からみた韓国ウォンの脆弱性 >
 http://www.iima.or.jp/Docs/topics/2011/205.pdf

 韓国は既に 1人当りGDPが2万ドルを超える高所得国であり、日本を除くアジアの なかでは産業の競争力も突出している。世界的な企業も擁し、2010年は経済誌がこぞ って「韓国に学ぶ」という特集を組んでいたほどだ。「強い」とされる韓国の通貨が真 っ先に売られているのは奇妙に思える。

 しかし、対外純資産ポジションをみると、意外な韓国の弱点がみえてくる。


 < 韓国輸出入銀行 2016年4月26日満期円建債券の評価 >
 http://bond-purchase.biz/SyasaiKoreaEximBank20160426.html

 韓国政府が出資しているとはいえ、韓国自体財務状況は良くありません。

 満期4年間の間、利率1.20%では、それほどうまみは感じられませんので、無理に購入する必要はありません。



2027



2012年10月21日 (日)

大津市いじめ事件関係者に見る野田佳彦くんとの同質性




2037


 
総理、問責可決から 本日で 54日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    416日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 312日




 大津いじめ事件、発生から1年が経過しましたが、行政サイドの語り口は相変わらずの「命の大切さ」一点張りで、他責で逃れる気満々のお仕事振りです。


 < 2012.10.12 産経新聞朝刊から >

2038


 上の写真を拡大して見ました。

2039


 左端が越直美市長、真ん中が沢村憲次教育長で、どうやら、このシーンは、一周忌当日に、市教育委員会の執務室にて、職員と越市長が一斉に黙祷を捧げている構図のようです。

2040


 何故、沢村教育長が、一人だけ黒のネクタイを締めているのかと不思議に思っていたら、彼、この後、被害者のご自宅に弔問に出掛けたからなんですね。


 < 2012.10.11 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/photos/121011/waf12101121260031-p1.htm

 
自殺した男子生徒の遺族宅を訪問する大津市教委の沢村憲次教育長(右)ら=11日午後、大津市

2041


 ところで、越市長はこの一周忌、遺族宅に弔問に伺わなかったのでしょうか。

 彼女に一般常識があるのであれば、普通は、教育長と一緒に、弔問に訪れる筈なんですが。

 上記画像の、沢村教育長の前で順番を待っているらしい?女性は、お顔立ちは全く越市長と似ておりませんから、越市長とは別人であることが分ります。

 また、この日の報道を当ってみても、越市長が弔問で遺族宅を訪れたとの記事は見つかりません。

 結局のところ、越市長は、一周忌当日に、遺族宅には一切お立ち寄りはしていないようです。

 弔問に訪れていたら、人権大好き派の増すゴミさまが、大々的に採り上げない訳がありません。

 ほうら、天下のヨミウリさまだって、越市長の一周忌当日の遺族宅弔問には、一言も触れていないでしょう。


 < 2012.10.11 YomiuriOnline >
 越直美市長「事実解明は道半ば」いじめ自殺1年( http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121011-OYT1T00942.htm?from=main5


 産経さんだけが、取りようによっては、越市長の一周忌当日の遺族宅弔問を匂わすような曖昧な記事に仕立ててますが、いろいろ読み比べてみると、整合性が全く取れません。

 百歩譲って、越市長は、一周忌前のいずれかの月命日に、遺族宅を訪問したということでしょうか。

 父親と市役所で面会との記事もありますしねぇ。


 < 2012.10.11 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121011/waf12101121260031-n2.htm

 
また、越直美市長は市役所で会見し、命日に男子生徒の自宅を訪れ、いじめ調査がいまだ終わらないことについて、遺族に謝罪したことを明かした。(一部抜粋)


 < 2012.09.18 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120918/waf12091809440003-n1.htm

 
大津市の中2男子生徒自殺問題で、遺族側代理人弁護士は17日、越直美市長が、男子生徒の命日となる来月11日に、市内の小中学校の授業で、いじめについて考える時間を設けることを検討しているとの考えを男子生徒の父親に伝えたことを明らかにした。

 代理人によると、越市長と父親はこの日、
市役所で面会。父親は越市長に「いじめに一番詳しいのはいじめを受けたり見たりしている子供たち。その声を拾い上げる仕組みをつくってもらいたい」と求めたという。

 
 それにしても、一周忌当日の、校長と担任の気配が、全く感じられません。

 と思っていたら、どうやら、こういうことらしいです。

 
 < 2012.10.12 スポニチ >
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/12/kiji/K20121012004310050.html

 
命の集いは生徒会が今年の夏から計画。全校生徒のうち欠席者を除く約840人と教員約50人が出席し、黙とうをささげた。生徒が全員で作った折り紙の飾り物も手向け、男子生徒の冥福を祈った。

 
市教委によると、校長や当時の担任教諭は体調不良で不在だった。


 日狂組と自治漏と民団が、全力で擁護中、ということですかな。

 彼らの道徳レベルからすれば、教育長一人だけでも、弔問に行って上げたんだから、ありがたく思えよな、てなところでしょうか。

 ですが、大津市教育委員会、こんな演奏会場の舞台上で手渡しするような大きな花籠、マンション住まいと分っていて、これ見よがしに持って行くなんて。オジサンなら、突っ返すそw

 彼らに日本人としての常識があるなら、受取る受取らないは別にして、こう言う場合は、マンションに相応しいサイズの供花を、一周忌当日に間に合うように、事前に自宅当て届けておくのが、日本人としての正しいマナーです。

 でも、彼らにいくらこんなことを言ったところで、文化の違いですから、無駄ですかな。

 まぁ、沢村教育長お一人だけでも、黒のネクタイを着用して、一周忌当日、被害者宅にお焼香してきたのですから、彼らのイデオロギーからすれば、これはこれで、褒めてあげるべきことなのかも知れません。

 なにせ、我らがヨシヒコくんなんて、本年、8月6日の広島原爆忌に、黒ネクタイをしめるということさえ、思いつかなかったんですからね。

 流石に、8月9日の長崎原爆忌には、誰かに叱責をくらったらしく、黒ネクタイ着用してましたが・・・・。

 その点を考えれば、越市長も似たり寄ったりですが、沢村教育長の方が、まだましです。


 < 野田佳彦くんが漢字の読み間違いをしたんだってさ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-b023.html

2042


 ヨシヒコくん、この大津いじめ事件に関しても、いつもの如く、綺麗事のノーテンキなことばかり発してますねぇ。


 < 2012.07.17 スポニチ >
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/17/kiji/K20120717003693670.html

 
野田首相「いじめは卑劣」大津中2自殺でメッセージ

 
大津市の中2男子自殺で16日、野田佳彦首相がのフジテレビ番組で「いじめは卑劣」として、再発防止を呼び掛けるメッセージを、画面を通じて発した。いじめを行っている子らに「弱い者いじめは、とても恥ずかしい行為であり、卑劣だということを理解してもらわなければいけない」と強調。「人間として大事なのは、自分が相手の立場になった時にどう思うかだ。その痛みを感じる心を持ってもらわなければいけない」と続けた。いじめられている子には「あなたは独りではない。守ろうとする人は必ずいる。誰でもよいから相談してほしい」と訴えた。

 同時に「一番大事なのは、周りにいる子だ。分かっているならば見て見ぬふりをしないこと。そばにいる生徒が、先生や両親と相談してほしい」と述べた。

 また、代々木公園での脱原発集会については「事故からまだ1年4カ月。国民の中には複雑な思いを持っている方がたくさんいる。さまざまな声にしっかりと耳を傾けていきたい」と述べた。



 言葉だけは勇ましいですが、本質は、ヨシヒコくん、福島の再生なくして日本の再生なし、と100%同じです。

 そうです。

 ヨシヒコくんって、問題を解決する気なんて、最初から、全てに亘って、さらさらないんです。

 要は、言うだけの言いっ放し。

 オジサンは、何度も言います。

 ヨシヒコくんには、良心も、責任感も、生まれつき、備わっていません。

 だから、ヨシヒコくんは、いつも、やりたい放題、いいたい放題。

 だって、良心の呵責など、かれ、露程も、感じていないんですから。

 責任感など、かれ、これっぽちも、ないんですから。

 だから、ヨシヒコくん、特別公債法、放ったらかしにして、平気でジミンガー宣言出来るんです。

 ヨシヒコくんは、紛う事なき、サイコパスです。

 
 < 良心をもたない人たち >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-7d12.html

 < 良心をもたない人たち(続き) >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-e531.html

 < サイコパスを学習しよう >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-dc3f.html

 < 政界のアレな人たちを観察するためのヒント >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-a57e.html


 大津いじめ事件に登場する、越市長、教育委員会、学校関係者の皆さまも同類項ですね。

 彼らは、全て等しく、発せられる言葉の隅々に、自分は無関係、自分に責任はない、自分が解決するんだ、の当事者意識が100%ありません。

 アンケートではこうだった、作文ではこうだった、いじめとの因果関係はみつからなかった。

 で、いつも、命の大切さを訴えるだけで、終らせてしまう。

 彼らは全員、行政のトップでありながら、教育者でありながら、子供たちを守ることを、もはや、最初から、拒否してます。

 ここまでくると、彼らは、無責任、無能と言うよりも、明らかに、彼らには、何らかの意図・目的があって、確信犯的に、日本の子供たちを、守ろうとしていません。

 そう、彼らは、全員、間違いなく、自らの意思で加害者に加担しようとしている、日狂組・自治漏・民団の反日売国組織の構成員です。

 そのボスが、現在の日本国総理大臣、野田佳彦なのです。

 野田佳彦が必死に庇おうとしている、この越直美と、どうしようもない校長の見るに耐えないこの姿↓、トクとご覧になって下さい。

 子供たちを、こんな人たちに支配されてしまっている現実を、私たちは真剣に考え、行動に移していかなければなりません。

 野田政権潰滅は、その第一歩です。


 < 2012.07.30 チャンネル桜放映 >
 http://www.youtube.com/watch?v=ZVX4SxyYP4Q

 卒業式で何が語られたのか?~大津いじめ自殺問題

">


ニコ動版はこちら:http://www.nicovideo.jp/watch/1343634326




2012年10月20日 (土)

祝!第96代日本国総理大臣杯争奪戦「永田町」秋季大運動会




2043


 
総理、問責可決から 本日で 53日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    415日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 313日



・・・・ 第96代日本国総理大臣杯争奪戦「永田町」秋季大運動会 ・・・・



・開催日時:平成24年10月28日(日)午前10時〜午後2時
・開催場所:東京体育館メインアリーナ
・主催  :Nippon-koku
・入場料 :無料(但しなりすまし制限有)


◎◎◎◎ プログラム & 出場選手 ◎◎◎◎


1 開会の辞:大会委員長、山中伸弥

2 来賓挨拶:イチロー

3 ルール説明:大会審判長、ゴルゴ13

4 開会宣言:Hatsune Miku

5 競技スタート


 < 準備体操 >
 http://www.youtube.com/watch?v=Ht6VO67-x3E

">


 < No1 徒競走50m 女子の部 >

・ウリナラ組:田中美絵子、福田衣里子
・ひのまる組:三原じゅんこ、橋下聖子
・反日アカ組:青木愛、スペランカー雪子


 < No2 徒競走100m 男子の部 >

・ウリナラ組:寺田学、玄葉光一郎
・ひのまる組:石井浩郎、宇都隆史
・反日アカ組:玉城デニー、志位和夫


 < No3 年長組お遊戯 >

・ウリナラ組:横路孝弘、渡部恒三、江田五月、石井一、神本美恵子、小宮山洋子
・ひのまる組:森喜朗、福田康夫、古賀誠、加藤紘一、麻生太郎、山東昭子
・反日アカ組:小沢一郎、菊池長右ェ門、又市征治、あべともこ


 < No4 コスプレ仮装行列 >

・ウリナラ組:鳩山由紀夫、蓮舫、辻元清美、岡崎トミ子、野田佳彦
・ひのまる組:エントリーなし
・反日アカ組:福島瑞穂、小宮山泰子、谷亮子、太田和美


 < No5 騎馬戦 >

・ウリナラ組:枝野幸男、桜井充、手塚仁雄
・ひのまる組:佐藤正久、新藤義孝、馳浩
・反日アカ組:山岡賢次、松崎哲久、塩川てつや


 < ランチタイム休憩 >

・ウリナラ組:ホテルオークラ、ケータリングサービス
・ひのまる組:ホテルニューオータニ、カツカレー
・反日アカ組:帝国ホテルなだ万、松花堂弁当


 < No6 内閣総理大臣杯1,500mトラックレース >

・ウリナラ組:岡田克也、前原誠司、細野豪志
・ひのまる組:安倍晋三、石破茂、小池百合子
・反日アカ組:小沢一郎、森ゆうこ、橋下徹?


 < No7 二人三脚(男女ペア) >

・ウリナラ組:徳永エリ・長浜博行、郡和子・鷲尾英一郎
・ひのまる組:稲田朋美:山本一太、高市早苗・小泉進次郎
・反日アカ組:姫井由美子・金子健一、はたともこ・牧義夫


 < No8 尖閣死守玉入れ >

・ウリナラ組:土肥隆一、白眞勲、安住淳、川内博史、中井洽
・ひのまる組:下村博文、衛藤晟一、山谷えり子、伊吹文明、斉藤健
・反日アカ組:重野安正、阿部知子、福島瑞穂、佐々木憲昭、紙智子


 < No9 法務大臣杯争奪借り物競争 >

・ウリナラ組:田中慶秋、滝実、小川敏夫、平岡秀夫
・ひのまる組:林芳正、平沢勝栄、猪口邦子、長勢甚遠
・反日アカ組:エントリーなし


 < No10 綱引き >

・ウリナラ組:自由参加、男女各先着10名
・ひのまる組:自由参加、男女各先着10名
・反日アカ組:棄権


6 閉会の辞:大会副委員長、石原慎太郎

7 優勝杯授与:澤穂希

8 閉会宣言:長嶋茂雄




2012年10月19日 (金)

野田佳彦くんの日々是口実




2035


 
総理、問責可決から 本日で 52日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    414日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 314日




 
< ノダ・ヨシヒコ よいこの日記 >


 
平成24年10月17日 水曜日 天気 ☂

 朝っぱらから、米兵レイプ事件のぶら下がりインタビューに捕まってしまったので、「あってはならないことだ」と、総理然とした一言だけを言い放って、強引に記者達を振りきって、執務室に逃げ込んだ。

 この事件、油断しきっていた女性側と、なすがままにさせて喜んでいる沖教祖に、非がある。

 コトの本質は、普天間第二小学校移転拒否事件と同根だ。

 左翼こそが、確信犯的に、事件誘発を起こしやすい環境を、長年、作り出している。

 流石が、宗主国中国さまが、資本投下しているだけのことはある。

 それにしても、吉良外務副大臣のこの表情は、如何したものか。

 あとで、きつく叱っておかねばなるまい。


 < 米兵が集団強姦致傷容疑で逮捕された事件でルース駐日米大使を呼び出し、面会する吉良外務副大臣 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/121017/plc12101713280015-p1.htm

2036_2


 朴は、9月28日の朴自身の問責可決時点で、何が何でも居座ってみせる決意を固めたので、本日は、晴れて、我が同胞、ニダ仲間の土肥隆一くんのミンス党復帰のゴーサインを出し、併せて、ポッポさんの外交最高顧問復帰も了承した。

 竹島、何かあったら、土肥隆一くんに責任を全部押しつければ、それで済む。

 外交問題、何かあったら、これまた、ポッポさんに全責任を押しつけよう。

 朴には、責任は全く、及ばない。

 朴って、やっぱり、他責の天才だ。


 < 竹島を韓国に売り渡そうとした民主党 けどばれる >
 ニコ動:http://www.nicovideo.jp/watch/sm19096074
 つべ:http://www.youtube.com/watch?v=715_rQU3lVs



 松原仁くんの首を斬っておいて、本当に、良かった。

 彼を留任させておいたら、朴の内閣は、完全に終っていた。

 R4くん、ありがとう。

 
 < 青山学院高等部に薬物が蔓延、民主党が圧力で警察庁、警視庁の腰抜けが黙る >
 http://www.nikaidou.com/archives/30416



 夕方から臨時閣議を開き、景気底割れ懸念を払拭させるための「緊急経済対策」具体案を、11月中までに取りまとめるよう、大臣たちに指示した。

 朴個人としては、厚労大臣に、新たに職安を200ヶ所、今年度内に増設するよう指示しておいた。

 1ヶ所当り建設費5億円、1ヶ所当り新規採用者50人。

 これで、設備投資で1,000億円の内需が生れ、新規雇用10,000人が創出される。

 われながら、素晴らしいアイデアイだ。

 これで、朴もミンス党も、来年8月末までの超高額生活保護費が、確実に貰える筈だ。

 さらに、1ヶ所当り、1%のリベートもね。

 これだから、総理の椅子は、手放せない。


 < 野田首相が緊急経済対策を各閣僚に指示 19日締め切り、予備費活用 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121017/plc12101718510020-n1.htm



 今晩は、久しぶりに公邸で、大酒を堪能した。

 ハルモニ真紀子は、越の寒梅大吟醸6本と久保田万寿6本を持込んだ。

 樽床の奴は、手土産、なぁ〜んにも持って来ない。

 整形塾って、やっぱり、使えない奴ばかりだ。

 ヨシオーーー、カムバック・サーモン。


 < 野田首相:秋の夜長に一人酒? >
 http://mainichi.jp/select/news/20121018k0000m010106000c.html




2012年10月18日 (木)

野田佳彦くんの政治守道に見る異民族性




2033


 
総理、問責可決から 本日で 51日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    413日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 315日




 政治も経済も、世界中が日々、めまぐるしい変化とスピードで動かざるを得ない昨今、我らがヨシヒコくんだけは、一人だけ、頑なに前に進むことを拒否しております。

 特例公債法、な~んにも、しません。

 一票の格差、定数是正、な~んにも、しません。

 臨時国会開催、な~んにも、しません。

 竹島、尖閣、北方領土、な~んにも、しません。

 福島の再生、な〜んにも、しません。

 デフレ対策、な〜んにも、しません。

 恒常的円高対策、な〜んにも、しません。

 国民の生活第一、な〜んにも、しません。

 今在る困難な現実、な~んにも、しません。

 でも、ジミンガーだけは、きっちり、しっかり、総力を上げて、対処します。

 で、予定調和で、今ホットな復興費流用問題も、早速、ジミンガー症候群が炸裂しました。


 < 2012.10.17 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121017/plc12101701310002-n1.htm

 
復興予算見直し 政府・民主、自公に責任転嫁

「税金のムダづかいを根絶する」-。民主党が平成21年の衆院選で掲げた政権公約(マニフェスト)の基本理念だ。しかし、政権交代から3年余りが経過した今、復興予算の「転用」が問題視されている。政府は16日の復興推進会議で、復興予算の見直しに着手したが、会議では「転用」を反省するどころか、野党に責任を「転嫁」する姿勢が目立った。

 「全国防災の必要性については、(23年度)3次補正予算のときに国会でも十分に議論した。各党と調整し、しっかり詰めた上での予算措置だった」

 前原誠司国家戦略担当相は復興推進会議でこう主張した。「全国防災」に名を借りた復興予算の転用で政権に向けられる批判の矛先を、3次補正に賛成した自民、公明両党にも向けようとする思惑は明らかだ。
(引用ここまで)



 政権交替から3年1ヶ月。

 ここまで来ると、お笑いを通り越して、紛う事なき、ご病気の世界ですね。

 良心欠乏症、幼児性嘘つき症候群、朴ちゃん悪くないもん他責症候群、自分に都合の悪い現実は見れないファンタージー性逃避症候群、等々。

 なかでも、マニフェスト詐欺に代表されるヨシヒコくんの「嘘つき」と「ジミンガー」は、既に取り返しがつかない程の日本社会と日本経済の悪化を招き、最早、犯罪レベルにまで到達してしまいました。

 狼少年でさえ、愉快犯のレベルで留まったのに、55才児のヨシヒコくんの毎日発せられるこの「嘘」と「ジミンガー」癖、一体、かれの中の何が、ここまで突き進ませているのでしょう。

 根っからの野党体質・反権力体質?永遠の自民党コンプレックス?反日・左翼・売国イデオロギー?自虐史観?贖罪意識?そもそもいじめ大好き?悪代官ごっこ?王様気分?

 オジサンは、ヨシヒコくんには、深淵なる政治的イデオロギーは、はっきり言って、何もないと考えます。

 かれの頭の中身は、高邁な思想などは、これっぽっちもない。

 あるのは、タダ一点、「恨」のみ。

 それも、日本と自民党に対する「恨」、とオジサンは断定します。

 そして、ヨシヒコくんの「恨」は、ウソ800%を機関銃のように発射できるかれの演説力が、開花させたw

 繰り返します。

 ヨシヒコくんの全ての原動力は、偏執的にまでに達している「恨」です。

 かれにとって、日本人の優しいDNA「和を以て貴しとなす」は、例え、何%か組み込まれていたとしても、劣勢遺伝子に過ぎず、かれの身体では、威力絶大の優性遺伝子「恨」が猛威をふるっていると、オジサンはみました。

 その「恨」から派生して、ヨシヒコくんは、自身の外面上の優位性を担保するために、かれにとって不都合な真実・現実・事実は、たとえ国民の生活がどうなっても、全て、無視しているのです。

 従いまして、現在のヨシヒコくんにとっては、内実などおかまいなしの「自分の見栄と外面」が第一義です。

 畢竟、ジミンガーを唱えるしか「術」がないのです。

 かれが、ガス検針員以外の生産的な職業に、少なくとも15年は従事していたなら、もっと全うな総理になっていたと想像されますが、社会人としての経験知がゼロのヨシヒコくんでは、福島の再生も、日本経済の再生も、もう、無理でしょう。

 その前に、ヨシヒコくん、結果そのものも、結果責任も、な〜んにも、感じていませんし。

 そもそも、ヨシヒコくんには、日本的良心も、責任感も、もともと、ありませんしね。

 あったら、あんなお馬鹿な大惨事野田内閣改造人事は、行いません。

 要は、ヨシヒコくんの中にある「異民族性」が、現在の日本社会・経済・政治、全てのジャンルに亘って、どうしようもしがたい停滞の原因になっている、とオジサン結論づけます。

 ヨシヒコくん、こう言うこと面と向かって言われると、直ぐ、ファビよっちゃって、「論理が飛躍し過ぎる」と声高に反論してくる有り様を、国会中継でしばしば見かけましたが、まぁ、これくらい強硬な意見を、しょっちゅう吐き続けていかないと、ミンスの打倒は、実現しません。

 だから私たちは、ヨシヒコくんに向かって、遠慮などしてはいけません。

 どしどし、国民の意見を、主張しましょう。

 反原発グループに会ったほどのヨシヒコくんなんですから、日本を支えている健全な中間層の日本国民の意見には、勿論、優先的に耳を傾けなければいけません、

 自覚症状なしで躰が左に180度傾いてしまったヨシヒコくん、オジサンの意見、不愉快でしょうが、我慢して聞くだけは聞いて下さいね。

 ヨシヒコくん、きみたちは、戦後67年間、自分たちに都合の悪い保守側の意見は聞こうともさえしませんでした。

 と同時に、議論する機会さえも、強引に奪い続けてきました。

 今でも、それは、同じです。

 安倍パッシングが、良い例ですね。

 そして、保守派の意見は、全て、差別と人権侵害で処理し、好き放題で言論の自由を封殺してきました。

 でも、もう、そういう時代は終わりです。

 なぜなら、きみたちのそのやり方では、日本そのものがもたないからです。

 ヨシヒコくん、きみたちに人権があるのなら、私たち健全な日本国民にも、当然の如く、人権があります。

 似非自称リベラルの人権だけが、声高に主張出来る時代は終わりました。

 これからは、保守派の人権も、同時に議論される日本になります。

 きみたちが、真実を捏造し続け、嘘を垂れ流し、逃げきれる時代は、終焉しました。

 ですから、きみたちも、正々堂々と、面と向かって、お互いの目を見詰め合って、ディベートに参加しなければなりません。

 そうです。

 きみたちの都合だけで逃げ切れた、この「特亜的手法」は、もう、通用しないんです。

 だから、ヨシヒコくん、きみは、臨時国会、早急に開催しなければなりません。

 現実逃避、すればするほど、きみのウリ仲間は、消え去るのみです。


 < 2012.10.17 産経新聞朝刊から 筑波大・古田博司教授 >

2034
 < 古田教授の結論 >

 
面子ゆえに、彼れらはいつも戦わずして屈折するのである。


 全文はこちらで( http://sankei.jp.msn.com/world/news/121017/kor12101703180000-n1.htm



2012年10月17日 (水)

1年経ったてみたら The Leftists 全開の野田佳彦くん




2029


 
総理、問責可決から 本日で 50日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    412日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 316日



◆ ヨシヒコくん「ちょうにち新聞ベッタリ」の巻



 < 2012.10.16 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121016/plc12101603040003-n1.htm

 
野田日誌( 10月15日 月曜日 )

 
12時23分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。24分から36分、同ホテル内の宴会場「千歳の間」で朝日新聞の木村伊量社長、若宮啓文主筆。37分から52分、同ホテル内の宴会場「平安の間」で朝日地球環境フォーラム2012全体会議に出席し、あいさつ。53分、同ホテル発。57分、官邸着。


ヨシヒコ「カツカレー報道、感謝するニダ」

ケイブン「どういたまして」

ヨシヒコ「暴力団ツーショットの件もフォロー宜しく」

ケイブン「承知しております」

ヨシヒコ「きみも国民から大分たたかれているけど大丈夫かい」

ケイブン「北京のクーニャンが活力の素です」

ヨシヒコ「トレビアン」

ケイブン「次はピチピチのアガシを」

ヨシヒコ「もちろんニダ」

ケイブン「工作費も足りないニダ」

ヨシヒコ「5億円キャッシュでいつもの娘に渡しとくニダ」

ケイブン「コマプスムニダ」

国税局長「ちょうにち新聞、度重なる会社ぐるみの脱税行為で、会社清算命令」



◆ ヨシヒコくん、ウリたちのこんなウワサは大丈夫ニカ?(nikaido特集)


・前公安委員長の松原仁が青山問題をもみ消しの噂
 http://www.nikaidou.com/archives/30347

・民主党とハゲの贈収賄の疑い
 http://www.nikaidou.com/archives/30283

・田中慶秋は辞任するしかないけど、引っ張るだけ引っ張った方が面白い
 http://www.nikaidou.com/archives/30256

・次は城島ネタ
 http://www.nikaidou.com/archives/30246



◆ 反日「増すゴミ」パッシングデモ、参加してきました


 平成24年10月13日(土)13時〜15時
 常磐橋公園〜中央通り〜銀座〜新橋〜桜田公園〜新橋SL広場


 < 出発前 >

2030


 < SL広場 頑張れ日本 田母神会長街宣 >

2031


◆ 次回は今週金曜日、本丸ちょうにち新聞、第二回目です


 反日メディア連続抗議行動〜ご存知「朝日新聞」第二弾
 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=343

 
安倍パッシングを許すな!若宮主筆糾弾!

 10月19日(金)16時〜18時 朝日新聞東京本社前


 ちょうにち新聞第一回目抗議行動・動画(10月5日)
 http://www.youtube.com/watch?v=G-u1xRdPwT8&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=57&feature=plcp

">


◆ ヨシヒコくんが、ポッポさんの上を、逝ってしまったゾw


 < 朝日地球環境フォーラム2012 野田内閣総理大臣オープニングスピーチ >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2012/1015speech.html

 
日本発でのグリーンエネルギー革命を成し遂げる。これは、確固たる国家戦略です。これからを生きる国民一人ひとりが背負うべき大仕事です。そして、人類の未来を切り拓く国際貢献の一つでもあります。こうした我が国の姿勢を国際社会に示してまいります。

 グリーンエネルギー革命を共に成し遂げようではありませんか。原発に依存しない社会を一日も早く実現するために。そして、豊かさと持続可能性を両立させ、地球全体の低炭素成長のモデルを世界に示していくために。ご清聴ありがとうございました。
(一部引用)



2032




2012年10月16日 (火)

野田佳彦くんのご尊顔 ウォッチング




2015


 
総理、問責可決から 本日で 49日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    411日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 317日



◆ 支持者から、冥土 in Korea 「BBクリーム」沢山頂戴致しました



 < 使用前 >


2016


 < 使用後 >

2017


◆ 超御大尽様御用達エステ理容効果


 < 使用前 >


2018
2019
2020


 < 使用後 >


2021
2022


 < 直近、2012.10.14 自衛隊観艦式 >

2023


 < ヨシヒコくんの散髪、全履歴 >

10 2012.09.22 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
09 2012.08.18 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
08 2012.07.08 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
07 2012.05.27 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
06 2012.04.22 ホテルニュ-オータニ内、ヘアサロン「ONO」
05 2012.03.24 銀座マツナガ、八重洲店
04 2012.02.11 銀座マツナガ、八重洲店
03 2011.12.23 銀座マツナガ、銀座本店
02 2011.11.07 銀座マツナガ、新宿店
01 2011.09.03 QBハウス、虎ノ門店


◆ 利権、効果ww


 < 使用前 >

2024


 < 使用後 >

2025




2012年10月15日 (月)

別れて2週間、野田佳彦くん、孤独の日々




2009


 
総理、問責可決から 本日で 48日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    410日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 318日



◆ Before



 
< 第二次野田内閣首相補佐官 >

 ・手塚仁雄(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
 ・水岡俊一(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
 ・長島昭久(外交及び安全保障担当)
 ・本多平直(内政の重要政策に関する省庁間調整担当)
 ・寺田学 (行政改革及び社会保障・税一体改革等担当)


・R4は切れても手塚仁雄を切れない野田佳彦 > They are both・・・・
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/r4-they-are-bot.html


 
< ヨシヒコくんと首相補佐官、官邸逢瀬記録(首相動静、asahi.com )>


・2012年09月01日(土)Non

・2012年09月02日(日)Non

・2012年09月03日(月)18時15分、手塚首相補佐官

・2012年09月04日(火)18時00分、手塚首相補佐官

・2012年09月05日(水)15時29分、民主党の石井副代表。斎藤官房副長官、長島首相補佐官同席、17時30分、手塚首相補佐官

・2012年09月06日(木)17時00分、手塚首相補佐官

・2012年09月07日(金)16時42分、手塚首相補佐官

・2012年09月08日(土)ウラジオAPEC

・2012年09月09日(日)ウラジオAPEC

・2012年09月10日(月)14時48分、手塚首相補佐官、17時50分、藤村長官、長島首相補佐官

・2012年09月11日(火)17時00分、手塚首相補佐官

・2012年09月12日(水)17時45分、手塚首相補佐官

・2012年09月13日(木)11時30分、手塚首相補佐官、47分、本多首相補佐官

・2012年09月14日(金)13時53分、新党大地・真民主代表の鈴木宗男・前衆院議員、手塚首相補佐官同席、16時53分、大串内閣府政務官、長島首相補佐官、17時30分、手塚補佐官

・2012年09月15日(土)Non

・2012年09月16日(日)06時43分、手塚首相補佐官

・2012年09月17日(月)12時36分、手塚首相補佐官

・2012年09月18日(火)14時31分、藤村、長浜正副官房長官、長島首相補佐官、斎木外務審議官、平松外務省総合外交政策局長、14時48分、長島補佐官、17時30分、手塚首相補佐官

・2012年09月19日(水)11時11分、民主党の石井副代表。斎藤官房副長官、長島首相補佐官同席、15時30分、手塚補佐官

・2012年09月20日(木)15時55分、手塚首相補佐官

・2012年09月21日(金)17時20分、手塚首相補佐官

・2012年09月22日(土)16時26分、長浜、竹歳両官房副長官、木寺官房副長官補、長島首相補佐官、斎木外務審議官、平松外務省総合外交政策局長

・2012年09月23日(日)Non

・2012年09月24日(月)09時40分、森本防衛相、長島首相補佐官、15時55分、手塚首相補佐官

・2012年09月25日(火)NY

・2012年09月26日(水)NY

・2012年09月27日(木)NYから帰国

・2012年09月28日(金)17時45分、手塚首相補佐官

・2012年09月29日(土)Non

・2012年09月30日(日)Non

・2012年10月01日(月)16時11分、長島首相補佐官、19時40分、手塚首相補佐官


2010
2011



◆ After


 < 大惨事野田内閣首相補佐官 >


 ・川上義博(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
 ・三谷光男(政治主導による政策運営及び国会対策担当)
 ・大串博志(重要政策に関する省庁間調整等担当)
 ・北神圭朗(重要政策に関する省庁間調整等担当)
 ・寺田学 (行政改革及び社会保障・税一体改革等担当)


 
外交と安全保障を担当する補佐官がいなくなったニダ


2012


・2012年10月02日(火)21時04分、首相補佐官に辞令交付、07分、首相補佐官と記念撮影

・2012年10月03日(水)Non

・2012年10月04日(木)09時55分、大串首相補佐官、13時47分、川上首相補佐官

・2012年10月05日(金)Non

・2012年10月06日(土)Non

・2012年10月07日(日)Non

・2012年10月08日(月)Non

・2012年10月09日(火)Non

・2012年10月10日(水)12時02分、北神、寺田、三谷、川上各首相補佐官と食事、16分、大串首相補佐官加わる、36分、終了

・2012年10月11日(木)Non

・2012年10月12日(金)14時38分、川上首相補佐官、56分、大串首相補佐官

・2012年10月13日(土)Non

・2012年10月14日(日)Non


2013



◆ 手塚の独り言

 
 < 2012.10.12 >
 http://www.t440.com/

 「少しは暇になった?」とか「慰労会をやりましょう」などと、関係各方面からたくさんのお誘いを頂いています。

 中でも、いの一番に声をかけて下さった岡田克也副総理の優しさは、本当に胸にしみました。

 新しい持ち場で力を尽そうと決意を新たにしているところです。

 さて、昨日は野田総理と安倍自民党総裁との初顔合わせ。総理は臨時国会召集を明言し、改めて党首会談を呼び掛ける構えですが、懸案の特例公債法案を通したい政府・与党と、解散時期を明確にさせたい自民党との水面下での攻防が続いています。

 この景色は谷垣前総裁の頃からずっと続いていますが、総理が解散時期を明示することは古今東西ありません。

 このままの膠着状態が続けば、財源が枯渇し国民生活に影響が出る可能性が否定できません。

 現行の選挙制度で、一つの政党が衆参両院において安定多数を取ることは想定しずらい中、将来どの政党が政権を担ったとしても、野田政権にて芽吹き始めた「決める政治」を根付かせることが何より重要でしょう。

 今回の特例公債法案も自民党が主張する政局的思惑とは切り離し、臨時国会を開いて結論を出すべきです。

 慰労会でさらに疲労を溜めないよう精進して参ります(笑)。


2014




2012年10月14日 (日)

野田佳彦くん崩壊寸前、メディア発狂中、2ch festival




2007


 
総理、問責可決から 本日で 47日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    409日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 319日



◆ 野田首相夫人、山中教授に個人的資金援助



 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350015458/l50

 「日本中が大喜び」 野田首相が祝福「妻が3年ほど前から研究に寄付」
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121012/plc12101213100010-n1.htm

> 1万円とかいわないよな

> 記者会見に合わせて電話するのは姑息だよなw

> 民主党全体で山中教授に対して150億→50億に予算を仕分けで減らしたのに、 個人献金で援助しましたってwww 個人で100億でも上げたのか?w

> 言っちゃうところが駄目だと思う

> ただの寄付だろ~が、いちいち報道する事か? あと、政治家の寄付行為は禁止だろーが、これが安部の妻がやったら、迂回寄付だ 疑惑だーって偉い騒ぎにする癖に、なんで美談みたいに言ってるんだ?

> 顔デカッ



◆ 野田内閣、6億円の官房機密費はどこに消えた?=中国報道

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349844761/l50

> さんざん貢いだのに見限られちゃったね

> 民主党と経団連マスゴミの夕飯代で毎月一億円

> 官房機密費って会計上、どう処理してるのか? 複式簿記だったら、支払先にも証拠は残るだろうに?

> 実はオータニに結構行ってる

> 政党助成金辞退の代わりに民主党でいただきました

> 豚の維持費が6億とな

> 野田政権「3億円サギ被害」疑惑
  http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/42864/



◆ 民主・前原氏「石原都知事が購入を言い出さなければこの問題は起きなかった」 国有化の理由を説明

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350051564/l50

 都知事の「中国と戦争やむなし」の強硬論懸念し決断 前原氏が明かす
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121013/plc12101300420000-n1.htm

> イシハラガー

> そもそも民主党が政権をとらなければこの問題は起きなかった

> 前原って中国には厳しく、韓国には優しいよね

> 何でもかんでも他人のせい

> いわゆる、どこの高校でもいる異常に浮いた子

> そうだね
  ミンスは人気取りだと思ったんだろうね
  自分達がそれしかないからww
  政権としては人気取りと、中国様の顔色を考えただけだよな
  ひでえ有様だ。こいつら出発点から斜め上だから修正不能

> とうとうタラレバ発言かぁ



◆ 「野田首相を呼べ!」 実弟が政務調査費めぐり架空請求疑惑 千葉・船橋市議会は百条委設置、薄氷の否決に憶測呼ぶ

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349709915/l50

> これ産経だけ?

> そんな民族な野田ちゃん(´・ω・`)

> 赤旗が詳しいな。真実は共産党と産経だけか。
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-16/2012091615_01_1.html

> これで疑うなって方が無理だな。
  無実の可能性は最近の民主党の支持率より小さそう。

> 官房機密費を渡してやれよケチだな野田佳彦

> もう言えなくなったよね
  政治とカネ(笑)

> サヨが権力を握るとなぜか自分の為、親族の為に使いだす
  普段は権力を糾弾し排除する方向に動くのに、フシギダネ

> 末期だなもう
  ヨシヒコも逮捕されるのか

> カレーがどうとか騒いでる場合じゃないだろマスゴミ

> みんなの給食費をかすめてオモチャ買った感じかな

> アキヒロと同じかよ



◆ 「野党が公債法案に賛成しないなら、国会議員の給与を凍結する」…民主・藤井氏、解散確約を無視し中央突破を図る構え

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350059264/l50

> どうぞどうぞ

> というか、いっそ民主党議員の報酬と政党交付金も国庫に納めさせたら。強制的に

> 行政が機能しないのは内閣のせいだという責任感がなさすぎて恐ろしい

> どうせ、すぐに撤回するに5000億ウォン

> なんかすげえな

> それでいいから国会開け
  仕事しないのに給料出るのもおかしな話だし

> 法的な根拠も示さず
  ただ感情的に脅すってすごいなw

> やってみればいいじゃんwww

> 礒崎陽輔@isozaki_yousuke
  ttp://twitter.com/isozaki_yousuke/statuses/241380769593966593
 政府は、特例公債法案が成立しないから、地方交付税の配分を遅らせると言う。 
 政府短期証券でつなげるはずなのに、こういう脅しを臆面なく行う。
 全くけしからんことです。



◆ 与党による復興予算審議の拒否問題で自民・石破幹事長が総理官邸に乗り込む

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350033709/l50

> まじで、一度復興財産、 国庫に返却してもらうべきじゃない?
 ゲル有難う。

> 復興予算を流用した問題で与党が国会審議に応じない日本って・・
  あまり騒がれない、気にしてないこの国がある意味凄いわ・・

> 来客あり、良かったね野豚!

> 民主党も甘い汁吸ってるから流用を追求されると困る、まで読んだ

> もう、顔を見るのもいやだ、ミンスの顔www

> 与党が審議拒否?

> 弱者を利用して富を奪うってのも極左らしいよね
  そう考えると復興予算をネコババしたのも必然ともいえる

> 本当はさあ被災地の民主議員がつつかなきゃいけないんじゃないの?
 被災地三県の議員はなにしてんのよ。



◆ 野田首相が安倍総裁に「しかるべきときに臨時国会」

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349971479/

> 野ブタが安倍さんにしかられるのか? 

> 叱るべき時という意味でも今すぐ

> 色々とすげえなあ。
  野田もよくこんな状況で首相を続けられるもんだ

> W田中、樽、鷲尾、吉良、始まる前から問題多すぎ

> なにか、隠してるんだろうな。
  刑務所にぶち込まれるぐらいでは収まらない、なにか。

> マスゴミが野田に
  『増税決まったら速やかに信を問うと言うのは嘘だったのか?
  来年まで以降まで解散を延ばすことは、そう言う事だ』
 と、面と向かって言わないのが、まずおかしい

> 民団、総連との約束が最優先

> 解散する気無いなら無いで
 『あれは嘘だ、任期満了までやる』ってハッキリ言えよ
  単純明快な事をわざとボカすのは詐欺師の手法

> 民主党が居座ることこそが政治空白だな



◆ 安住淳「進退問題までは行き過ぎだ」 民主議員が暴力団交際スキャンダル発覚の田中法相を一斉擁護

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350054588/l50

> お前らな~絆創膏に何言うてたよ

> これでこそみんす

> 河本擁護のテレビといい勝負だな

> 前原とかレンホーとか野田とかも、暴力団絡みでなんか突っ込まれてたな。
  レンホーは失権したけど、野田は首相、前原は大臣になってる。

> 過去の話って便利な言葉だな。
  俺も一秒でも過ぎたら使ってみよう。

> なんだ、この国は暴力団と付き合ってもいいんだ。

> なんか民主って、ワイドショーで叩かれない限り、何しても良いと考えてるフシがあるな。

> みんな、冷静になれよ。
 かつて、大臣が顔に絆創膏を貼ってるのを見た時、 
 みんな怒りにふるえただろ?
 総理大臣が、国会でのカップラーメン値段当てクイズを間違えた時、
 底知れぬ憤りを覚えただろ。
 それに比べたら、ヤクザが法務大臣になるくらい、
 どうでもいい些末なことじゃないか。
 現に、NHKの大越も、テレ朝の古舘も、この件は軽く流しただけだろ。

> ナマポやくざ公認も近いだろう。



◆ 【尖閣】「中国政府が所有してもよい」 民主・鷲尾農水政務官

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349838755/l50

> 中国人もビックリ

> こりゃ永久に国会開けないなw

> 野党の批判て
 与党から批判は出ねーのかよ。

> 民主党って北朝鮮に献金すると出世出来るのか!
 鳩山や菅は総理になったし、こいつも農水政務官になれたw

> 「誰が所有しようとも関係ないはずだ」
  じゃあ東京都でよかったじゃん

> もっと工作がんばれよw



◆ 民主支持率低迷!解散先送りの声強まる!「首相が早期解散に踏み切ろうとするなら『野田降ろし』が始まる」

 < http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350049649/l50

> 政治不信ってのは自民政権の時だけ叫ぶワードなのかね

> 民主党政権になってから、産経以外のマスゴミが使わなくなった言葉
・国民の審判
・直近の民意
・国民目線
・国民不在
・国民そっちのけ
・説明責任
・任命責任
・政権交代
・二大政党制
・解散総選挙
・総理の資質
・総理のリーダーシップ
・党利党略
・強行採決
・閣内不一致
・派閥
・密室政治
・情報公開
・消えた年金
・派遣労働者
・格差社会
・地方切り捨て
・セーフティーネット
・バラマキ
・世襲議員
・庶民感覚
・料亭

> 今は責任野党がトレンドです

> えー、野田降ろしってこないだ代表選したばかりじゃないですかー

> テレビや新聞を信用したバカのおかげで、えらい増税されているな。
 電気代まで上がってる。

> カツカレー3500円で、あんだけ野党叩けるなら、与党のこいつら何て特番で24時間叩き番組つくれるだろ?w どうしたマスゴミ?本領発揮しろよw

> えっと…
  国民はどこ?

> 思い出してごらん。 「国民の生活が第一」

> 野田でもできる総理大臣
  おれがやった方が一億倍マシ!
 そう思う国民が何千万人もいるんだろうな。



◆ 番外編:野田語録 「近いうち」に解散するつもりは?


 < 2012.10.13 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121013/plc12101301160002-n2.htm

 
雄弁で鳴らす野田佳彦首相だが、その言葉遣いには曖昧さがつきまとい、野党のみならず与党の政治家も惑わしている。まさにつかもうとしてもスルリと逃げてしまう「ドジョウ宰相」の本領発揮だ。本当に「近いうち」の「しかるべきとき」に「不退転の覚悟」で、衆院解散に踏み切る気があるのだろうか。首相の言葉と実際の行動を比較してみた。(加納宏幸)

 ■近いうち

 自民党の谷垣禎一前総裁、公明党の山口那津男代表と交わした「近いうちに国民に信を問う」という約束を、首相は2カ月以上も実現していない。

 「総裁が谷垣さんなら、必ず約束は実現しなければならなかったのだが…」

 首相は最近、周囲にこうつぶやいた。安倍晋三総裁に代わり状況が変わったと考えているのだろう。7日にも視察先の福島県で記者団に「決して忘れていないが、特定の時期まで詰めていく性質のものではない」と明確にするのを拒んだ。

 臨時国会の召集が遅れていることで通常国会冒頭の「1月解散」のシナリオも浮上しているが、首相周辺は「野党との話し合いが成立しなければ、臨時国会での解散もあり得る」と語り、結果として「近いうち」になる可能性もあると指摘する。

 ■しかるべきとき

 首相は11日、「しかるべきとき」に臨時国会を召集する考えを示した。この表現も愛用している。

「しかるべきときに、やるべきことをやった後に信を問う」

 9月1日には記者団にこう語り、「近いうち」を後退させた。3日前の参院での首相問責決議に自民党が賛成したことで、谷垣氏との約束はほごになったという“本音”が口をついた。

 臨時国会が召集されれば内閣改造で入閣させた田中慶秋法相の献金問題などで集中砲火を浴び、政権への打撃は必至だ。自公両党の協力がなければ、首相が解散の前提とする特例公債法案の成立もおぼつかない。

 「特例公債法案に見通しが立たなければ、予算執行抑制に対する批判は野党にも向かう」

 首相周辺はこう語る。世論の風向きを読みつつ自らに都合のいい「しかるべきとき」を探っているようだ。

 ■不退転

 沖縄・尖閣諸島をめぐる中国の動きの活発化という事態に、首相は8月24日の記者会見で「冷静沈着に不退転の覚悟で臨む」と語った。消費税増税では不退転の決意を表明しただけでなく、政治生命も懸けた。

 もっとも、1月に「不退転の決意でやる」と言った行政改革、国会議員の定数削減は道半ば。安倍氏は11日、首相の言葉の“軽さ”をこう皮肉った。

 「近いうちに解散する約束は果たしてもらえるだろう。嘘をついてはいけないということを、首相に身をもって示してもらいたい」

 《のだる【野田る】(1)泥臭く頑張る。(2)上手にスピーチする。》

 大修館書店が昨年、中高生から募集した「辞書に載せたい言葉」はこう定義付けた。新たに「(3)スピーチに実行が伴わない。(4)解散を引き延ばす」が付け加えられないとも限らない。



 < 2012.10.13 産経新聞朝刊から >

2008




2012年10月13日 (土)

社会人の基本が出来ていない野田佳彦くん




2003


 
総理、問責可決から 本日で 46日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    408日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 320日




 < 2012.10.11 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121012/plc12101200160000-n1.htm

 
野田・安倍初顔合わせ

2004

 
野田佳彦首相と自民党の安倍晋三総裁の面会が11日、ようやく実現した。現職首相と元首相は、顔を合わせるなり、熱い握手を交わした。だが、この瞬間から、「解散」をめぐる2人の本当の戦いが始まったことを意味する。首相が「近いうちに国民に信を問う」と約束してから2カ月余り。もはや「近い」とは言えない時期となった今、衆院解散の現実的なタイミングが見えてきた。

 「何かが今、育まれたと思います」

 11日午後の国会内の自民党総裁室。安倍氏と握手を交わした首相がそう語ると、周囲は笑いに包まれた。育まれたのは「信頼」。首相はそう言いたかったのだろう。だが、面会はわずか5分間で終わった。
(引用ここまで)


 ヨシヒコくんがミンス代表に再選されたのは、9月21日。安倍元首相が自民党の新総裁に決定したのが、9月26日。

 政党のトップが交替するたびに、政党間で挨拶回りをするのが、従来からの仕来りなのか、それとも今回だけが特別なのかどうかはオジサンには解りませんが、いずれに致しましても、オフィシャルな初顔合わせが、2週間後とは、遅過ぎます。

 それも、再選された与党のミンス・ヨシヒコくん側が、自ら、野党の新任の自民総裁のもとへ、わざわざ、挨拶に出向いたというのですから、笑っちゃいますね。

 常識的力学から考えれば、ここは、普通は、新総裁の安倍元首相が、再選された与党トップのヨシヒコくんのもとへ挨拶に出向くのが、筋というものでしょう。

 それが、現首相自らを、安倍新総裁のもとへ逆朝貢させたのですから、これは、もはや実力的にも、与野党力関係逆転の証左かも知れません。

 ミンス並びに増すゴミ諸君の、対安倍新総裁恐怖症、現実のものになりましたな。

 ヨシヒコくんの脈絡のない逝ってしまった「何かが、育まれた」アッチ系発言に、国民の我慢も、年内までが、限界でしょうか。

 ヨシヒコくんも、輿石のじっちゃんも、ガソプーも、笑顔に無理が在り過ぎなのが、ミエミエです。

 きみたちミンスも、増すゴミ諸君も、エンドレスで、国民を簡単に騙せると考えているんでしょうが、健全な日本国民の存在を、甘く見てはいけません。

 そんなに、皆が、簡単に騙されるようなお馬鹿な日本国民ばかりであったらならば、こここまで、日本が世界に比する大国に成り得た筈がないんです。

 お馬鹿な国民の存在とは、最早、きみたちミンスと、それを支えている自治漏と日狂組と在日Gと増すゴミ諸君のクリエイティブな生産活動には一切汗を流そうとしない日本の中の反日売国集団だけなんです。

 その構図は、いかに、きみたち工作員が必死のプロパガンダ活動をしようとも、ネットが発達した現在では、健全な日本国民は、きみたちの裏工作を、いとも簡単に見抜く実力を保持しているんです。

 ですから、政権交替前のきみたちがやった卑劣なプロパガンダ工作は、もう、通用しません。

 これからは、私たち健全な日本国民が、きみたちの稚拙なプロパガンダ工作を、即座に、ぶち壊してみせましょう。

 福島の再生一つ出来ない、というより、確信犯的に、再生させようとしない、きみたちの存在が、健全な日本人のDNAを、目覚めさせてしまったんです。

 則ち、きみたちは、日本人差別、排日主義、人権至上主義という名の下での日本人人権弾圧を、調子こいて、やり過ぎてしまったんですな。

 本題に戻りましょう。

 そもそも、上記報道も、トップ交代後の初顔合わせなどと伝えておりますが、この日、両者は、たった3時間前に、NHKホールで開催されたJAの全国大会で、顔を合わせているんです。


 < 2012.10.12 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121012/plc12101203090001-n1.htm

 
野田日誌( 10月11日 )

【午前】10時6分、官邸発。22分、東京・神南のNHKホール着。30分から53分、第26回JA全国大会に出席し、あいさつ。54分、同所発。11時22分、官邸着、執務室。

【午後】0時1分、首相会議室。20分、執務室。50分から1時3分、斎藤勁官房副長官。15分、官邸発。17分、国会着、民主党幹事長室。26分から31分、自民党総裁室で安倍晋三総裁、石破茂幹事長ら新執行部にあいさつ。民主党の輿石東幹事長、安住淳幹事長代行ら同席。


 < 2012.10.12 産経新聞朝刊から >

2005


 ヨシヒコくん、安倍総裁と、目を合わせようとしていませんね。

 目が合っていたなら、安倍総裁が、こんな上目使いの睨めつけるような視線は見せない筈です。

 それはそうでしょう。

 ここで、拍手を送っている安倍総裁に向かってニコッとしてしまったら、3時間後に描いた、双方初顔合わせのシナリオが、台無しになってしまいますから。

 それにしても、ちょうにちさんのこの画像も( http://www.asahi.com/politics/gallery_e/view_photo_politics_intro.html?intro-pg/TKY201210110833.jpg )、相変わらずですな。安倍総裁の存在を消し去ってます。

 ヨシヒコくんも、ちょうにちさんも、特亜名物、5000年の伝統、必死のプロパガンダ。

 何がなんでも、日本と日本人は、主語にしたくない。

 ご苦労なことです。

 扨、この日のJA全国大会、NHKホールを貸切るぐらいですから、ホール予約の関係で、日程そのものは少なくとも1年以上前には、決定されていた筈です。

 と言う事は、JA側は、各政党トップへの来賓出席依頼も、毎年恒例の行事ですから、遅くとも、半年以上前にはお願いしてあったでしょう。

 であるならば、政党トップ交替による「初顔合わせ」は、当然のごとく、JA全国大会の前に済ませて置くのが、ごく常識的な、至極当然な、社会人としての行動様式として、念頭にあった筈です。

 誰だって、事前に鉢合わせするのが解っているのに、無理して知らん顔したりするのはバツが悪いものです。

 それよりも、健全な日本人であれば、ウソをついてまで逢っていないフリを装って、捏造に加担することには、人間としても、嫌悪感を感じざるを得ない人が大半でしょう。

 でも、我らがヨシヒコくんには、そんな繊細な神経は、微塵もありません。

 一年間のヨシヒコくんウォッチングとかれの著書・言動を通して、オジサンは、ヨシヒコくんが日本人の社会人の行動様式・倫理感に基づいて行動することは、800%在り得ない、と確信しました。

 福島再生への見事なほどまでの無関心に始まって、近いうち解散発言から、直近の臨時国会開きたくないニダ現象に至るまで、ヨシヒコくんの行動様式には、驚くほど、ジャパニーズ・スタイルがありません。

 だから、在日からの献金も喜んで頂戴したし、民団の選挙支援も、喜んで、当然のごとく受けた。

 故に、かれが、ミンスのトップにのし上がったことは、まちがいありません。

 伊達に55年間も、かれは、狼少年を演じていた訳ではなかったのです。

 それにしても、上記の安倍総裁とヨシヒコくんのツーショット、産経さんGJ です。

 安倍総裁の上目使いの目付きから推測するに、ヨシヒコくんは、安倍総裁をにらみ返すことも出来ずに、思わず目線を下に落としてしまった、という構図でしょうか。

 どうも、かれ、正攻法かつ真っ正面からの責めには、体質的にも弱点があるようです。

 あと、オジサンの直観では、ヨシヒコくんて、日常の挨拶、おはようございます、こんにちはが、まともに交わすことが出来ないタイプの社会人なのかも知れません。

 入りたての新入社員に多いですよね、出社時に「おはようございます」も言えない、こういう子。

 でも、口うるさく毎日しつけると、社会人として働く意思がある限りは、全員が、恥ずかしがらずに、おはようございますが、一週間で、言えるようになります。

 一方で、我らがヨシヒコくんですが、こんな安倍総裁とのツーショットを見てしまうと、ヨシヒコくんの「おはようございます」言えない疑惑は、一層、高まります。

 挨拶は、社会人の基本、です。

 ヨシヒコくん、おはようございますは、明るく、はっきりとした声で、言いましょう。

 かつ、相手の顔を見ながら、言うようにしましょうね。

 たとえ相手が、好きになれない苦手な相手であっても、挨拶だけはきちんと交わす。

 これは、全世界共通の社会人としての、最低限のマナーです。

 この時期、総理ともあろう人が、政敵の視線から逃げているようでは、きみには、日本を守る意思も、覚悟も、全然ないんだなと、オジサンは、あらためて思ったぞ。



2006




2012年10月12日 (金)

野田佳彦くんのホルホル「パフォーマンス」ごっこ




1991


 
総理、問責可決から 本日で 45日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    407日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 321日




 ♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、原発事故「収束宣言」を撤回 ♪

1992


 ♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、寒流・品格 ♪

1993


 ♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、寒流・品格(その2) ♪

1994


 ♪ よっちゃん仮面・夫婦は、やっぱり、寒流ファッション ♪

1995
1996


 ♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、左翼集会にご出席 ♪

1997
1998


 ♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、寒流・確信犯的脚本賞受賞したニダ ♪

1999


 ♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、おデブだった ♪

2000


♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、臨時国会開催を拒否 ♪

2001



♪ よっちゃん仮面は、やっぱり、日本人の敵だった ♪

2002




2012年10月11日 (木)

野田佳彦くんの「日韓スワップ協定」減額決着を疑ってみる




1989


 
総理、問責可決から 本日で 44日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    406日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 322日




 < 2012.10.09 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121009/fnc12100912210014-n1.htm

 
財務省は9日、10月末に期限を迎える日韓の通貨交換(スワップ)協定の拡充措置を予定通り打ち切ることで韓国と合意したと発表した。両国の金融市場は安定しており、拡充部分の延長は必要ないと判断した。通貨協定の規模は11月以降、700億ドルから130億ドルに大幅に縮小する。

 11日に城島光力財務相と韓国の朴宰完企画財政相が東京都内で会談することも発表した。韓国の李明博大統領の島根県・竹島上陸や天皇陛下に対する発言が、通貨協定の延長判断に影響した可能性がある。
(引用ここまで)


 日韓スワップ協定、一年前の130億ドルに戻すことが、本当に、ウソ、偽りのない外向的落とし所として、100%最終決着したとするならば、オジサンは、ヨシヒコくんと外務省と財務省の実務担当者を、大いに褒め讃えてあげたいと考えます。

 あの厄介な韓国相手に、ハードネゴシエーションを経て、実に、良くやったと。

 韓国側の財政事情はどうであれ、表面上は、ヨシヒコくんの面子も、アキヒロの面子も、形式上は、保ったことになりますからね。

 但し、韓国の台所事情が、この解決策で、現実的にやっていけるのかどうかは、はなはだ、疑問ではあります。

 なぜなら、韓国のファンダメンタルズは、どう客観的にみても、1年前より遙かに悪化しているからです。

 法人・個人ともに、元金どころか利息支払いにさえアップアップしている状況でのさらなる借入金の急増、それに加えて、相も変わらずの金融機関倒産の多発。

 韓国の金融財政事情は、ご隠居さんとシンシアリー氏のブログを通読していれば、日本の増すゴミ諸君が一切触れようとしない、デフォルト寸前すれすれの綱渡り状態であることが、一目瞭然で読み取れます。

 ↓の聯合ニュースさんの必死のプロパガンダ記事を見るにつけ、韓国版リーマンショックの懸念は、払拭出来ません。


 < 2012.10.10 聯合ニュース >
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/10/05/0200000000AJP20121005000300882.HTML

【ソウル聯合ニュース】ユーロと英ポンド建て資産のドル換算額が増加し、韓国の外貨準備高が2カ月連続で過去最高を記録した。

 韓国銀行(中央銀行)が5日に発表した9月末の外貨準備高は3220億1000万ドル(25兆2681億円)で、前月より51億3000万ドル増加した。
(引用ここまで)


 更に、この記事によりますと、9月末韓国外貨準備高3,220億ドルのうち、有価証券が2,492億ドルで、外貨準備高全体の77%を占めておりますが、米国財務省が発表しているこちらの各国別米国債保有残高をご覧下さい。


 < 米財務省MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES >
 http://www.treasury.gov/resource-center/data-chart-center/tic/Documents/mfh.txt


 これによりますと、韓国政府が保有している米国債残高は、2012年7月末時点で、443億ドルに過ぎません。

 ということは、韓国の外貨準備高3,220億ドルのうち、62%に当たる2,000億ドル(有価証券:2,492-443)
は、ジャンク債で占められている可能性が非常に高いことが、容易に、判断出来ます。

 ちなみに、日本の9月末現在の外貨準備高は、1兆2,770億ドル(財務省:http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/official_reserve_assets/2409.htm)です。

 うち米国債は、上記米財務省公表データでは、7月末時点で1兆1171億ドルですから、87%が米国債で占められていることになります。

 米国債に偏り過ぎといえば偏り過ぎですが、米弗を上回る基軸通貨がこの世界に存在しない現状では、仕方のないことでしょう。欲を言うなら、日本の財務省が米国債偏重リスクを絶えずウォッチしていることを願いますが・・・・。

 従いまして、上記日韓比較からも即座に推測出来るように、このたびの日韓スワップ協定570億ドルの減額は、いくら、韓国が強がりをプロパガンダしようとも、現実の金融財政上では、韓国政府にとっては、強烈なボディーブローとなっている筈です。

 その前に、韓国政府が発表している経済統計は公表数字自体が怪しい捏造数字ですから、現実の韓国経済は、恐らく、もっと悲惨な状況でしょう。何せ、欠食児童が大量に発生しているという状況らしいですからね。
 
 そう考えますと、スワップ570億ドルの減額は、韓国にとっては、死刑通告にも等しい仕打ちです。

 一方、日本にとっても、そのしわ寄せは、いくら嫌がっても、最終的には日本がカバーして上げるしかありませんから、今回のスワップ減額は、あくまでも双方の面子を保つための表向きの解決策で、ウラでは、韓国を生き延びさせるための現実的な解決策が、現在進行形で、話し合われている、と考えておいた方が賢明です。

 麻生閣下が訪韓したのも、その一環かも知れません。

 オジサン的には、570億ドル減額で、それ以外のことは、オモテでもウラでも、一切、画策していないのであれば、理屈抜きにニコニコしてしまうんですが、デフォルト危機を再び迎えつつある韓国の裏事情は、100%、それを許さないでしょう。

 それに、日本は今、ニダー政権です。

 天皇陛下を侮辱されても、ホルホル顔でアキヒロと握手してしまうヨシヒコくんのおやりになっていることですから、ここは、スワップ減額は、単なる日本人の怒りを静めさせるための工作活動の一つぐらいに捉えておいた方が、現実的でしょう。

 在日から、政治献金をホルホルして頂戴したヨシヒコくん、韓国民団から、積極的に選挙活動を支援して頂いたヨシヒコくん。

 そんなヨシヒコくんが、素直に、570億ドルの減額を呑む訳がありません。

 で、オジサンがヨシヒコくんだったら、スワップ減額宣言をした後、韓国救済のためにどのうような手を打つか、ちょっと、考えてみました。


 < ヨシヒコくん的半島経済救済法 by Ojisan >


① 日銀に韓国債や韓国政府保有のジャンク債を買い取らせる。現に、日銀による外債10兆円買取りの手法は、ミンスによって、何度も蒸し返されておりますな。

② スワップ減額と称して、実態は、エンドレスで、700億ドル、貸したままにしておく。つまり、10月末期限に、韓国側は、増額分570億ドルを、日本に外貨で戻すことはせず、全額、日本の不良債権にしてしまう。スワップと雖も、正真正銘の与信行為であり、単なる通貨交換ではありません。これをやられると、日本側は、為替差損を含め、700億ドルの不良債権を永遠に抱えることになり、消費税値上げどころではありません。実質、形を変えた、新手の韓国向けODAですね。

③ アジア開銀に、570億ドル分を、韓国政府向けに強制融資させる。

④ 財務体質上、米弗が欲しくて堪らない「サムスン・現代自動車」向けに、ヨシヒコくんの強制命令による、日本の全民間金融機関参加型のシンジケーション・ローンを組ませる。

⑤ 竹島奪還、アキヒロ大阪在日永住許可を交換条件に、新たな日韓スワップ協定1,000億ドルを締結する。

 これで、ヨシヒコくんは、念願だった「韓国国民栄誉賞」受賞、確実ですな。

 でもって、やっぱりと言うか予定調和の半島名物「おねだりと火病」が、早速、始まりました。

 < 2012.10.10 朝鮮日報 >
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/10/2012101000537.html

 
韓日通貨スワップ:困ったときに冷たかった日本(本文は、リンク先ご参照下さい)

 ペニンシュラ系は流石ですな。これが普通なんです。

 矢張り、かなりの確率で、日本は、スワップ減額のままでは済まない、とオジサンは思うゾ。半島が、先祖返りで、再び中国の属国にならない限りね。

 どうやらヨシヒコくん、落とし所の決着を見ないまま、単に、パフォーマンスだけで、強引にスワップ枠を一年前に戻しただけのことの可能性が強いですな。

 これでは、日本も、韓国も、お互いに、混乱を極めるだけです。

 稚拙極まりないヨシヒコくんの総理ごっこ、これ以上、国民は、かれの延命を許してはいけません。。




1990




2012年10月10日 (水)

もうパフォーマンスとプロパガンダしか出来ない野田佳彦くん




1985


 
総理、問責可決から 本日で 43日目


 韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    405日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 323日




 < 2012.10.09 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121009/plc12100903070001-n1.htm

 
野田日誌 10月8日(月)

【午前】公邸で過ごす。

【午後】7時54分から55分、ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった山中伸弥京大教授と電話。



 
Congratulations, Prof. S.Yamanaka !


 前日は、1年ぶりの福島原発視察で15時間労働だったにも関らず、連休最終日も、夜の8時近くに山中教授に祝福のお電話を差し上げるなんて、我らがヨシヒコくんは、なんて、健気な、お人柄なんでしょう。

 国民の慶事には、自分の事のようにお喜びになり、休日であっても、日本のために寸暇も惜しまず、夜遅くまで一生懸命お働きになるヨシヒコくんは、日本の総理の鑑です。

 ヨシヒコくん、本当に、ありがとう。

 扨、そんなヨシヒコくんですが、オジサンは、テレビは見ていないものですから、この野田日誌に触れるまで、ヨシヒコくんが、山中教授に祝福の電話を入れたことなんて、全く、知りませんでした。

 で、咄嗟に思ったことは、ヨシヒコくん、この個人情報守秘義務が喧しく騒がれている時代、山中教授の電話番号、どうやって、知ったんだろう、ということ。

 次に、いくら慶事とは言え、初対面の方(多分)に、こんな時間にいきなり電話するのって、ちょっと、失礼じゃないのかな?それよりは、山中教授サイドが少し落ち着きを取り戻した、翌朝、電話入れた方が、成熟した社会人としては礼儀にかなっているのでは、という人生の経験知的視点です。

 あと、通話時間が、7時54分から55分のたった1分間って、短過ぎない?

 直接ヨシヒコくんがダイヤルを回した訳ではないとしても、双方、初対面の挨拶を交わし、ヨシヒコくんがお祝いのメッセージを伝え、教授がそれに応答する、これだけでも1・2分は、直ぐ、過ぎてしまう筈です。

 等々、いろんなこと考えていたら、以下の産経さんの記事を読んで、納得。

 このヨシヒコくんの山中教授へ電話を入れた件、最初から、予定調和のシナリオが、出来上がっていたんですな。

 そうなんです。

 これ、完璧に、ヨシヒコくんが仕組んだ、確信犯でのパフォーマンスだったんです。


 < 2012.10.09 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121008/wlf12100821110029-n1.htm

 
午後7時55分、記者会見場となった同大本部棟5階に姿をみせた山中氏は、グレーのスーツに同系色のネクタイ姿。胸には記章をつけ、穏やかな表情で会見に臨んだ。(中略)

 
受賞の一報は自宅で聞いた。

「洗濯機がガタガタ音がするので、座り込んで直そうと思っていたら、携帯電話が鳴った。(通話の声が)英語だったので、そうだと思った」と振り返った。

 受賞後には、野田佳彦首相からも「日本国民みんなを元気にする受賞で、国の代表としてお祝いの言葉を述べます」と電話がかかり、「総理と直接話すのは生まれて初めてだったので、よく覚えていないが、身に余るお言葉をいただいた」と率直な気持ちを述べた。



 < 2012.10.09 産経新聞朝刊 総合3面 >

1986


 記者会見の途中で、ヨシヒコくんから電話が入ったというより、正確には、記者会見が始まる直前に、ヨシヒコくんから電話が携帯(それも、山中教授所有の携帯ではないらいしい)にかかってきた、と言うのが真実のようです。

 その辺の様子は、既に、YouTubeにアップされております。(速攻で消されるかも知れません)


 < ノーベル賞受賞の山中教授会見ノーカット >
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qC8db9stW_E

">


 要するに、我らがヨシヒコくんは、増すゴミ諸君が大勢集まっている山中教授ノーベル賞受賞記者会見場に、記者会見が始まる超直前に、お祝いの電話を入れるという、超パフォーマンスを、アリバイ作りのために、人気取りのために、やって見せたという訳です。

 ヨシヒコくん、そうとう、あせってますな。

 産経さんに、こんな記事書かれてしまう、それなりの理由もあるのかもw

 < 2012.10.09 産経新聞朝刊 >

1987


 いずれに致しましても、山中教授のノーベル賞受賞は、かなりの確率で、事前に、本人と関係者と、野田政権には、解っていたんでしょう。

 でなければ、我らがヨシヒコくんに、こんな咄嗟の演出が出来る訳がありません。

 こんな機転の利いた、増すゴミ諸君がいる目の前で電話を入れる芸当が、事前のシナリオなしで出来るほど優秀なヨシヒコくんが本来の姿であったとするなら、震災の復旧・復興は、もっと、進展していなければなりません。

 それとも、何らかの理由で、ヨシヒコくん、わざと、さぼっているんでしょうか。

 まぁ、ヨシヒコくんの優秀さを一つだけ上げるとするなら、保身のためのプロパガンダ&パフォーマンスは、とってもお上手だってことでしょうか。

 今回の件も、何らかの目論見があってこその為せる技。

 でなければ、汗は一切かきたがらない真紀子嬢や、アカ官僚が、他人の喜び事のために、自分の意思で、休日出勤なんてする筈が、ありません。

 恐らく、増すゴミ諸君から、高級公務員に至るまで、この日の特別手当ては、官邸機密費から、ウラで、潤沢に出ているんでしょう。

 更に、この日休日出勤なさった文科省や官邸・公邸関係者の皆さんは、ヨシヒコくんご贔屓のキャピトルホテル東急の「水簾」からの超高級ケータリング料理を、お夜食に、頬張っているかも知れませんな。


 < 2012.10.08 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/science/news/121008/scn12100822030011-n1.htm

 
文部科学省では、田中真紀子文科相が8日午後8時過ぎに急遽、登庁。山中伸弥教授に電話で祝意とともに、国を挙げて財政支援していく意向を伝えた。

 田中氏は前日の7日に、山中氏が所長を務める京都市の京都大iPS細胞研究所を視察。山中氏から最新の研究成果の説明を受けたほか、昼食をともにしたといい、山中氏に祝意を伝える電話の第一声は「昨日はごちそうさまでした」だった。続けて「本当におめでとうございます。役所、内閣をあげて一生懸命支援させていただきます」と財政支援を約束した。



 < 2012.10.08 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/121008/art12100819370005-n1.htm

 
文部科学省では、山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞の一報を受け、職員らが対応に追われた。

 文科省では、日本人の受賞に備え、8日午前中から職員が登庁。午後6時半ごろ、山中氏受賞の一報が入ると、17階の振興企画課学術振興係では職員十数人が、田中真紀子文科相登庁の調整や、首相官邸など関係機関との連絡、資料作成など対応に追われた。

 女性職員の一人は「良いニュースで良かったが、みんなで関係各所に電話しまくっている状態。電話も鳴りやまない」と慌ただしく話した。


 ↑休日なのに、敢えて、みんなで関係各所に電話しまくっているって、いったい、どこに、何を、こんな休日の遅い時間に、誰に対するサービスを目的として、電話しまくっていらっしゃるんでしょうかねぇ、アカ官僚さんたちは。

 民間人には、彼らの行動は、実に、理解しがいたいコトです。



1988




2012年10月 9日 (火)

福島県民への思いやりはみじんもない野田佳彦くん




1982


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    404日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 324日



◆ 良い子・悪い子・普通の子



 一昨日、10月7日、日曜日のヨシヒコくんのスケジュールを拝見し、オジサンは、社会人一年生の時の上司だったH支店長の言葉を思い出しました。

 H支店長曰く。

 良い上司「定刻前出社、定時退社」

 普通の上司「定刻出社、定時退社」

 悪い上司「定刻出社、深夜退社」

 最悪の上司「定刻前出社、深夜退社」
 
 当時のオジサンの会社では、一般社員も管理職も定刻出社・定時退社など夢の時代で、定刻30分前には、当り前のように全員顔を揃えていましたし、夜20時前に帰れることなど滅多になかったものですから、H支店長の言葉は、オジサンにはとっても、新鮮に感じました。

 こういう上司(最後は専務取締役)がトップにいると、勤務実態が劇的に変化しなくても、意識改革だけは、着実に定着します。

 強いては、仕事もやる気が出てきて、オジサンがいた支店は、全店ベースで3年連続収益最優秀店に選ばれ、ボーナス上乗せの恩恵を、夏冬6回も受けました。




◆ 連休中日に、これみよがしに、わざと、朝から晩まで、お仕事をするヨシヒコくん


 翻って、我らが佳彦くん。

 一昨日の日曜日は、朝6時半から、夜9時半まで、実に15時間のご勤務でございました。

 3連休の谷間、休日にも関らず、わざわざ、日本のためにご足労ご尽力頂き、日本国民として感謝に堪えません。


 < 2012.10.08 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121008/plc12100803060001-n1.htm

 
野田日誌( 10月7日、日曜日 )

【午前】6時33分、公邸発。50分、JR上野駅着。7時、スーパーひたち3号で同駅発。長浜博行環境相同行。9時19分、JRいわき駅着。26分、同駅発。55分、福島県広野町の折木集会所着。エリア警戒隊の警察官を激励。10時8分、同所発。17分、福島県楢葉町の東京電力福島第1原発事故対応拠点の「Jヴィレッジ」着、作業員らと懇談。昼食。内部被曝(ひばく)線量の測定、着替え。11時42分、同所発。

【午後】0時20分、同県大熊、双葉両町の東京電力福島第1原発免震重要棟着。作業員を激励。防護服を着用。1時29分から34分、同原発4号機原子炉建屋を視察。52分から2時8分、同原発1・2号機中央制御室を視察。15分、免震重要棟着。着替え。42分、同所発。3時20分、Jヴィレッジ着。内部被曝線量の測定、着替え。57分、同所発。4時4分から18分、同県楢葉町の町立楢葉南小学校の除染現場を視察。同町の松本幸英町長から要望書受け取り。28分、同町大坂地区の汚染土壌仮置き場着。同所を視察。40分から43分、報道各社のインタビュー。44分、同所発。6時21分、同県本宮市の電子機器生産・加工メーカー「アルスLSIテストセンター」着。コメの全袋検査を視察、試食。佐藤雄平同県知事同席。50分、同所発。7時13分、JR郡山駅着。53分、やまびこ64号で同駅発。9時11分、JR東京駅着。16分、同駅発。28分、公邸着。



 SPの皆さま、広野町折木集会所の皆さま、エリア警戒隊の警察官の皆さま、福島第一原発作業員の皆さま、並びに福島第一原発関係者の皆さま、椎葉町椎葉南小学校関係者の皆さま、椎葉町松本幸英町長始め町役場の皆さま、椎葉町大坂地区の関係者の皆さま、本宮市アルス㈱の社員の皆さま、佐藤雄平福島県知事並びに福島県庁の皆さま、休日出勤、大変、お疲れさまでした。

 オジサンは、皆さまがたの野田佳彦首相に対する行き場のない憤りに、一国民として、深く同情の念を寄せざるを得ません。

 


◆ ヨシヒコくんって、とっても、意地悪 > やっぱり「恨」のなせる技?



 < 2012.10.07 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121007/plc12100703080001-n1.htm
 
 
野田日誌( 10月6日、土曜日 )

【午前】公邸で過ごす。

【午後】5時20分、公邸発。26分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニガーデンコート着。同ホテル内の会員制クラブ「ガーデンコートクラブ」で岡素之住友商事相談役、張富士夫トヨタ自動車会長、鈴木正一郎王子ホールディングス顧問、池田弘一アサヒグループホールディングス相談役と会食。8時22分、同ホテル発。28分、公邸着。

 

 < 2012.10.09 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012100800069
 
 
首相動静( 10月8日、月曜日 )

 午
前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後7時54分から同55分まで、ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった山中伸弥京大教授と電話。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。



 オジサンは、ヨシヒコくんに、素直に、問いたい。

 一年ぶりの福島原発視察、何故、連休中日の10月7日、でなければならなかったのか。

 或は、6日の土曜日 or 8日の月曜日 or ウィークデーの別の日では、駄目だったのか?

 えっ、なになに、6日の土曜日は、日本を代表する経済界の重鎮と、ニューオータニの会員制クラブで、滅多に食べられない豪華会食があったから駄目だった、ですって。

 あっ、そう。

 じゃぁ、8日の月曜日は?

 ヨシヒコ「安息日ニダ」

 あっ、そう。

 じゃぁ、別の日のウィークデーは?

 ヨシヒコ「特例公債法、成立させるために超多忙ニダ」

 あっ、そう。

 与野党トップ会談も臨時国会も開催したくないくせに、そんなこと、ヌケヌケと、よく、仰有りますな。

 ヨシヒコ「えぇ~い、五月蝿いわい、ウリは日本の首相ニダ、好き放題にやるニダ」

 あっ、そう。

 要するに、関係者何千人を、休日出勤させて、彼らの連休をぶち壊してやりたかった、という事ですかな。

 ヨシヒコ「当然ニダ」

 首相就任後の初めての福島原発視察は、木曜日に行ったのに、今度は、「ウリは休日でも働いているニダ」の、これ見よがしの当て付けですか。

 ヨシヒコ「それのどこが悪いニカ」

 えっ、ヨシヒコくんは、悪いと思っていないんですか。

 そうですか。

 それでは、去年は、経産相、復興相、首相補佐官も連れっていったのに、今回、最愛のヒロユキくん、一人だけだった訳は?

 ヨシヒコ「去年の鉢呂くんの死の町発言の二の舞いが、怖かったからニダ」

 あっ、そう。

 では、一年経って、福島の再生は、どうでしたか?

 ヨシヒコ「もう100%、大丈夫ニダ」

 あっ、そう。

 ヨシヒコ「ケンチャナヨ」

 福島県民「この首相では、100%、福島は、再生出来ない」

 日本国民「この首相では、100%、日本は、再生出来ない」

 中国人民「この首相だと、800%、尖閣は、中国が奪い取るアルヨ」

 半島国民「この首相だと、800%、スワップ継続、大丈夫ニダー」
 

 < 2011.09.09 朝日新聞 >
 http://www.asahi.com/politics/update/0908/TKY201109080582.html(リンク切れ)
 日経新聞で確認済( http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0803I_Y1A900C1PE8000/

 
2011年9月8日(木曜日)、首相動静

【午前】5時46分、東京・赤坂の衆院議員宿舎発。58分、JR東京駅。6時4分、やまびこ271号で同駅発。鉢呂経産相、細野原発相、末松首相補佐官同行。7時23分、JR郡山駅。民主党の増子輝彦参院議員。9時2分、福島県楢葉町の福島第一原発事故の対応拠点「Jヴィレッジ」。10時、同町の警戒区域検問所。39分、大熊、双葉両町の福島第一原発。50分、東京電力の小森明生常務、福島第一原発の吉田昌郎所長ら。11時10分、同原発の緊急時対策室、原子炉建屋。

【午後】0時38分、「Jヴィレッジ」。1時40分、放射線スクリーニング。4時27分、福島県伊達市の下小国中央集会所。除染現場を視察。中川文科相同行。5時2分、市立富成小。仁志田昇司市長。50分、県庁。6時7分、佐藤雄平知事と会談。鉢呂経産相、細野原発相、平野復興相ら同席。7時13分、同県の被災市町村首長と意見交換会。8時53分、報道各社のインタビュー。9時8分、JR福島駅。24分、やまびこ286号で同駅発。11時、JR東京駅。19分、衆院議員宿舎。



1983

1984




2012年10月 8日 (月)

「恨」を愉しむ野田佳彦くん




1975


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    403日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 325日



◆ 首相 臨時国会召集は慎重判断



 
< 2012.10.03 NHK NEWSWEB >
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121003/k10015473011000.html

 野田総理大臣は赤字国債発行法案などを早期に成立させたいとしていますが、そのための臨時国会について政権幹部からは法案の成立が見通せない状況では野党から衆議院の解散を迫られるだけで開く必要はないという意見も出ており、召集するかどうか慎重に判断することにしています。
(引用ここまで)


1976



◆ 新たな気持ちで、立ち向かう by ヨシヒコ・ノダ


 
< 2012.09.28 官邸かわら版 >
 http://kawaraban.kantei.go.jp/2012/09/28blog.html


 国連総会の場は、本来、領土をめぐる個別の状況について自国の立場を主張して、他国と応酬するような場ではありません。そのため、個別具体的な事案については直裁に申し述べませんでした。

 結果的に、中国の楊外交部長の演説を受けて、国連総会の場で日中間での答弁の応酬となってしまったことは大変に遺憾です。我が国としては、主張すべきことはきちんと主張しつつも、常に大局観を持って、冷静に、かつ毅然として対応していきます。


1977


 外交とは、国全体として相手国と向き合うことであると考えます。併せて、国民自身の「品格」も問われていることも忘れてはなりません。現代においては、いかなる場合であれ、自らの主張を貫徹するために暴力を用いることは許されません。国連の場で私が申し上げた言葉は、日本国内にも妥当します。

 国民各位におかれても、冷静な対応をお願い申し上げる次第です。


1978



◆ 韓国経済が第一、スワップ継続、韓国債も購入


 
< 2012.09.06 日経新聞 >
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL060DR_W2A900C1000000/

 民主党政策調査会の経済産業部門会議は6日までに日銀に10兆円の外債購入を検討することなどを要請する文書をまとめ、同日の「円高・デフレ対策特別チーム」(座長・直嶋正行元経済産業相)で、出席した日銀の内田真一企画局長に渡した。
(一部引用)


1979


◆ NYに慰安婦問題の謝罪求める看板設置


 
< 2012.10.05 NHK NEWSWEB >
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121005/k10015532691000.html

 ニューヨークの繁華街、タイムズスクエアに、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡って日本に謝罪を求める内容の看板が韓国の民間団体によって設置され、アメリカの世論を巻き込んで日本に圧力をかけるねらいがあるものとみられます。

 この看板は、アメリカの新聞などに、いわゆる従軍慰安婦の問題に関する意見広告を載せてきた韓国の民間団体が、資金を出して設置したものです。

 タイムズスクエアに設置された約15メートル四方の看板には、かつて西ドイツのブラント首相が、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺について、謝罪した際の写真が載せられています。

 そして「ドイツは謝罪によって、ヨーロッパの和解を進めた。しかし日本軍の性的奴隷として働かされた韓国の女性たちはいまだに日本による、心からの謝罪を待っている」という文章が書かれています。

 看板を見た人たちからは、「知らなかった。恥ずかしいことだと思う」といった意見や、「以前聞いたことはある。不幸なことだ」という声が聞かれました。
 
 ニューヨークでは今月、国連総会の人権問題に関する委員会が開かれ、韓国政府はこの問題を取り上げる構えです。
 
 韓国の民間団体では、12月まで看板を設置し、アメリカの世論も巻き込んで、日本に圧力をかけるねらいがあるものとみられます。


1980_2


1981




2012年10月 7日 (日)

野田佳彦くんとミンス党をより深く理解するために(その3)




1974


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    402日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 326日




 
♪ 世界各国「まっかなホント」シリーズから ♪


 
< 金両基著「韓国人のまっかなホント」2000年マクミランランゲージハウス >


 
人に奢るのが生きがい

 韓国人は、とくにけちが嫌いだ。韓国の代表的な古典小説の一つである『フンブとノルブ』は、金持ちで吝嗇家の兄のフンブと貧乏で心の優しい弟のノルブとの兄弟愛を描いた小説である。ある日、ノルブは足を痛めて飛べなくなったツバメを助けた。その翌年、ツバメは恩返しに瓢の種を持ってくる。その種から大きな瓢がなり、そのなかから宝がたくさん出てきたので、ノルブはまたたく間に金持ちになり、金持ちのフンブにも分けあたえるが、フンブはさらに欲をだす。飛んでいるツバメを捕まえてわざと脚を折り、それを治して放つ。翌年ツバメが持ってきた種からなった大きな瓢を割ると、なかから蛇や妖怪などが現れて強欲なフンブを懲らしめると、ノルブは兄を慰め、宝を分けてやる。弟の優しい心に兄は改心し、兄弟は仲良くなる。強欲な兄を通してけちを諌めているように、守銭奴を韓国人はひどく嫌う。お金にうるさい人は、とくに韓国では人気がなく、仲間に入れてもらえない。

 一方、お金がなくとも、気っぷが良ければ人気は高くなる。だから、借金してまで知人や友人から紹介された人をもてなす。やっと工面した学費を、困っている人に貸して休学する羽目になったという話が美談になる。酒場で出会った見ず知らずの若い外国人旅行者に奢ってやって、自分の帰りのタクシー代がなくなって何時間も歩いて帰ったという話も珍しくない。

 韓国人は、自分が奢られるばかりで奢ることができないほど惨めなものはないと考えている。いつか奢る身分になりたいと努力する。韓国人は人に奢りたくて働いているように見えるので、ご馳走になることは韓国人のためになると考える外国人もいる。



 
♪ ペニンシュラ系は、洋の東西を問わず、クリソツww ♪


 
< アレキサンドラ・フィァダ著「ギリシャ人のまっかなホント」1999年マクミランランゲージハウス >


 
第2章 ギリシャ人気質

 ホメロスの時代から、「分裂病を思わせる」といえば、まさしくギリシャ人のことだった。

 教育も躾も富も、ギリシャでは立派な人間をつくる糧にはならない。この三つが欠けていたからといって、ごろつきができるわけでもない。あらゆる階級、あらゆる職種に、アレキサンダー大王(上品で勇敢、誠実で暖かみがあって、知的で心が広く気前がよい)がいれば、カリバン(野卑で狡猾、自分勝手で騒々しく、うぬぼれ屋で怠け者、嫉妬深くて欲深い)がいる。しかもひとりの人間のなかに。


 
わしが宇宙の中心なのである

 個人主義こそギリシャ人のいちばんの特徴だ。ということは、ギリシャ人をひと括りにして論ずるのは神をも恐れぬ仕業。どこまでも個人のエゴを追求するので、共同でひとつの事業を興すことなど到底考えられない。ただし、国家存亡の危機ともなれば、めったなことではないが、一致団結する。選択の自由も頑として譲らない。だから法の抜け穴探しには芸術的センスを発揮するが、「規律」「協調」「組織」が何を意味するかは理解もできない。

「私」はギリシャ人が好む単語だ。「私がだれか知ってるかね?」と、もったいぶって尋ねるとき、自分が世界の中心だと思っているのはまず間違いない。デルフォイの老人が宣ったごとく、その思考回路は単純にして明快。「地球は宇宙の中心。ギリシャは地球の心臓。デルフォイはギリシャの中心、つまり地球の臍である。わしはデルフォイの長、すなわちわしが宇宙の中心なのである。」

 蛇足ながら、デルフォイはパルナッソス山南麓の聖地。古代世界の運命を左右した「神託」で有名なアポロンの神殿があった。この神託は難解多義な返答を出すので有名であり、ソクラテスの哲学的活動の源泉となった。そのためこの地は「世界の中心」「大地の臍」と言われていた。


 
おれのなかに悪魔がいる

 ギリシャ人が静かなのは眠っているときだけだ。起きているあいだは、快活を通り越し、頭から湯気を立てて走りまわっている。それを危惧した古代の哲人が、少しでも頭を冷やしてやろうと、デルフォイのアポロン神殿の柱にこんな金言を刻んだのも無理はない。「万事、度を越すなかれ。」「汝自身を知れ。」

 押さえがきかない性格は、いっこうに改まらない。トロイ戦争のアキレス(復讐のため、トロイ城壁の下で無意味な殺戮を繰り返した)から、一九世紀のミヤオウリス提督(政府と不和というだけで怒り心頭に発し、虎の子の艦隊に火を放ってしまった)にいたるまで、ギリシャ人は感情を思う存分爆発させておいて、あとは知らん顔だ。

「自制心」とは、古代スパルタで生まれた概念だが、いまのギリシャ人はそんな言葉を知らないし、知っていても理解できない。何ごとにも度を過ごす。喜びも悲しみもほどほどに抑えられない。大事なことだろうと、つまらないことだろうと、楽しいときも悲しいときも、叫び、吠え、わめき、怒鳴りまくる。どんな感情も、胸にそっとしまっておくことができない。興奮すると見境がない。

 激情はしばしばはけ口を求め、肉体的表現となって発散される。ダンスは楽しいときに踊るものと相場が決まっているが、ギリシャ人は深い懊悩をもダンスで表現する。重苦しく心かき乱すリズム。そのしかつめらしさに比べれば、表現主義のバレエも幼稚園のお遊戯に見えてくる。

「おれのなかに悪魔がいるんだ。」カザンツァキスの小説『その男ゾルバ』の主人公ゾルバは言う。「心が張り裂けそうになると悪魔が囁く。『踊れ!』だからおれは踊る。すると苦しみは消えてなくなる。」

 
 
いいじやないか、気にするな、兄弟
 
 灼熱の感情も、その裏には氷のような無関心が潜んでいる。公共の利益に与ることには、とんと興味を示さない。こんな台詞をよく耳にする。「忘れちまいな、兄弟! ローマ人の国を救うために危ない橋を渡ることはないわさ。」おおかたのギリシャ人は、仲間内に関係ないことや、自分の利益に直接結びつかないことには、はなから無視を決め込んでいる。

*日常会話でギリシャ人は、自分たちをいまも「ローマ人」と呼んでいる。ローマ帝国が東西に分裂し、西ローマ帝国が滅亡したあと、ギリシャ=ビザンティン(東ローマ)帝国のみがその継承者として一〇〇〇年ものあいだ存続したためである。ギリシャ以外のヨーロッパ人には信じがたい話だ。

 そんな気持ちにぴったりの流行歌がある。「だけど、おれたちは喫茶店にいる。煙草にコーヒートランプもある。いいじやないか、気にするな、兄弟。」


 
表の顔と裏の顔

 国際的な世論調査によると、ギリシャ人は世界に冠たる臆病な民族だそうである。自分のほんとうの姿を直視しようとせず、己の行動に責任をとることに怖じ気を振るっている・・・・だから、自分を笑い飛ばすことができない。厳しさの仮面の下に、能力不足や自信喪失や小心さを押し込めようと必死だ。人から軽く見られることをなにより恐れ、ことさら尊大に振る舞うことで自分の力不足を補おうとする。ギリシャ人の三分の二が、「他人がなんと言うか?」にこだわり、不自然なまでの厚化粧で素顔を隠している。                    


 
第12章 罵言雑言

 ギリシャ人は両手が塞がっていてはお喋りがはずまないし、たとえ声をひそめていても、通り一本隔てていてさえ聞こえてくる。ふたりで談笑していても、外国人から見れば、いかにも殺気だって見えるし、大勢集まってにぎやかに歓談する場面に遭遇すれば、キツネを見つけた猟犬の群れを想像してしまう。

 自分以外のことにはわれを忘れてしまうので、ついつい話に熱がはいり、とりわけ政治をめぐっては、場所柄もわきまえずに白熱した論争が戦わされる。あまたあるコーヒーハウスのなかだけでは満足できず、路上でも、バスのなかでも、乗り合ったタクシーのなかでも、自分の意見をぶち上げずにはいられない。論争はいつ果てるともしれず、イギリス人ならたとえ親友にだって打ち明けるのをはばかるような個人的事柄を引き合いに出して相手を説得にかかる。自己紹介のことなどはなから忘れて、話に決着がつけばまた赤の他人同士で別れていく。

 平均的ギリシャ人は、宇宙旅行からトマトの値段まで何にでも一家言持っている。また、人生について、ものごとの本質について、いっぱしの哲学者気取りで陳腐な格言を持ち出すのが好きである。この手の暇つぶしを「ワインの哲学」という。ワインで酔っ払った怠け者の戯れ言に似ているからだ。

 自分の弁舌の才にうっとりして、話はどんどん大袈裟になり、しかもどんなことにもそれを当てはめてしまうので、とんでもない結論に達することがある。そんなわけで、ギリシャ人はいまだにオリンポスの十二神を崇拝している、と信じてこの国をあとにする外国人があとを絶たない。




2012年10月 6日 (土)

野田佳彦くんとミンス党をより深く理解するために(その2)




1973


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    401日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 327日




 
< 呉善花著「続・スカートの風」1991年三交社刊から >


 
韓国人の感情表現

 韓国の女性とつき合いのある日本の男性によると、韓国の女性は、身体のあちこちが痛いということをしきりに主張すると言う。そう言われてみれば私もそうなのだ。気候の違いからくるものもあるが、日本人なら通常は口に出さない程度の痛みまで、すぐに口に出すということであるのかもしれない。

 これは感覚の問題だが、韓国人は心の痛みも身体の痛みも同様にすぐに表にあらわす。それほど痛くなくとも、自分自身をみじめな患者につくってしまいたい気持ちが強いのだ。ここにも恨を楽しむ顔がのぞいているが、人に可哀相に思われたいという気持ちと、痛いと言えば横になることも許されるからという、甘えた気持ちがあるのも確かに思える。

 女が男の前で痛いと表現すれば、それは自分の弱さの訴えでもあり、弱さはまた女の魅力でもある。韓国の男たちは、痛いのを我慢するような女には魅力がない、痛いという方が可愛いと感じているのである。

 ほんとうは心のなかで悲しいのに、身体の表では悲しくないように見せる日本人。こうしたことも、韓国人が「日本人は二重人格者だ」とみなす場合の「証拠」となっている。

 日本人が感情を抑制して間接的に表現するのは、他者との融合が希求されているから。韓国人が感情を抑制することなく直接表現するのも、同様に他者との融合が希求されているから。そこには融合したい場面の違いがある。

 だとすれば、日本人では日常性に生きる他者との、韓国人では非日常に生きる他者との融合の場面が、それぞれ欲望の対象となっているのだろうか。


 
韓国側に立つ日本人の発言への疑問

 さて、韓国人の情緒や感情についていろいろとお話ししてきたが、このへんで、韓国人の反日感情について少々考えてみたい。この章の最初に述べた、具体的な対象を獲得した恨のなかで、最大の恨はなんと言っても日本に対する恨だと思う。まずそのへんから。

 韓日関係が問題となるとき、どちらかと言えば韓国側に立とうとする日本の識者たちは、よく次のような主旨の発言をしている。

「韓国人は戦前に日本がやったことをいまだに許してはいない。そうした日本人に対するうらみがひとつの国民感情のようになってもいる。確かに、日本は韓国人に対してひどいことをやったのだから、うらまれても非難されても当然のことである。私たち日本人はそうした韓国人の気持ちを素直に受けとめ、深く反省し心から謝罪する必要がある」

 韓国人は、何かと言えば「日帝三十六年の支配」を持ち出しては日本人を攻撃する。多くの韓国人に接すれば、いきおい、そうした態度を頻繁に見せつけられることになるから、そのような感想が出てくること自体はわからないではない。また、日本に来て間もなかった時分の私は、そうした日本人の発言を聞けば、とても気分よくうなずいたものだった。しかし、よくよく考えてみれば、これはきわめておかしな発言なのである。

 私がこうした発言に感じるおかしさは二つある。第一に、これが現在の発言であるところでは、そこに、自立した近代国家の国民の間での対等な関係を前提にした態度が欠けていると思わざるを得ないこと。第二には、こうした発言が、どれほど韓国人の反日感情の質を知った上でのことなのかに、大いに疑問を抱く、ということである。

 前者については、戦後間もないころならいざ知らず、戦後四十数年の間、韓日条約調印後二十数年になる現在に至るまで、延々とこうした発言が行なわれてきたことを考えなくてはならないと思う。この点については、日本でいろいろと論議されることも多いので、後に少し触れるとして、私が多くを語ることもないと思う。

 そこで、ここでは後者の、多くの日本人があまり気がついていないだろうと思える、「韓国人の反日感情の質」について述べてみたい。


 
韓国人は日本人をうらんでいるか

 個々人というよりは、韓国人一般の反日感情の質は、過去に日本の侵略を受けていかに苦しい目にあわされたかという、先祖あるいは民族の苦痛に対するものとしてある。これを「うらみ」だと理解する日本人が多いのだが、うらみというよりは、憎しみだと言った方が近い。したがって、相手に復讐して積年の怨恨を晴らそうという性質のものではまったくない。

 また当然のことだが、韓国人特有の、自分をみじめな位置に置いて、そうした状況にある自分を「恨嘆」するものでも、タリョンのような性質のものでもない。不幸な自分の運命を嘆くときの、あてどころのない恨ではない。

 韓国人の反日感情は、もともとの彷徨える自らの運命に対する恨が、自らの国家の運命と重なることによって、日本という具体的な対象を獲得した・・・・そこに出発するものだと思う。

 この感情の内容を素描してみれば、日本人は韓国人を、野蛮なやり方で痛めつけた憎むべき悪人だ、だから彼らは道徳的に私たちの下に立つべき者たちだ。そのことを彼らが忘れないように、常にはっきりさせておかなくてはならない。彼らがそれを受け入れなければ、容赦なく攻撃するべきである、といったものになるだろう。

 韓国人であればだいたい、初めて会った日本人には、まず日帝時代のことを頭に浮かべ、機会をつかんで、ひとことでも国のために何かを言っておきたい気持ちを強く持っている。たとえば、韓国駐在のある日本人ビジネスマンの奥さんが、帰国してから私にこんな話をして憤慨したことがある。

 あちらで韓国製の自動車を買ったのだがすぐに故障してしまった。彼女はとてもうまく韓国語が話せるので、自ら故障の状態を販売店に説明してなおすように言ったのだが、いつまでたってもなおそうとしない。そこで、ソウルの「消費者センター」へ相談に行った。そのとき、窓口の者にこう言われたという。

 「あなたは日本人か、ならば、あなたにそんなことを言う資格はない。日帝三十六年の支配で、日本人は韓国人に対して悪いことをたくさんやって来たではないか、まずそのことを謝罪すべきであるのに、韓国人を非難するような言い方は許すことができない」

 いまにして思えば、私もこういう決まり文句をずいぶんと口にしたものだった。

 韓国人にとっての日本人は、常に自分たちに許しを乞うべき者であり、常に自分たちに対して下の方に位置することを忘れてはならない存在なのだ。そこで、「下にいるべき者が下にいること」を教えてやらなくてはという欲求が働き、機会をとらえては「日帝三十六年云々」が出てくることになるのだ。


 
日本人からは高くとって当然?

 多くの日本人が、韓国は反日感情が強いとはいえ、そこは礼を重んじるお国柄、お客さんに対してはまさかそうした感情をぶつけることはないだろうと考えている。

 最近、まさしくそのように考えて韓国旅行をしたという、ある日本人の読者から、こんな手紙をいただいた。

 ソウルの町を見物しながら歩いていると、「靴を磨きませんか」と日本語で親しげに声をかけられたので、みやげ話にとやってもらうことにした。ところが、靴磨きが終わると、最初に言った値段よりも数倍も高い値段を要求してくる。彼は、「そんなおかしな話はない」と言いながら、あくまで最初に相手が言った値段で支払おうとして口論となった。

 すると、いつとはなしに仲間の者たちがまわりに集まってきて、いかにも暴力をふるうような態度を見せる。驚いていると、一人の靴磨きが割って入って、口々に叫ぶ仲間を押し止めながらも、彼に対してこう言うのである。

 「いいじやないか、あなたたちは過去に悪いことをしたのだから、そのぐらいは当然だろう」

 彼は、「観光に行ったのになんであんな失礼な態度をとるんでしょうか、韓国は『東方礼儀之国』ではなかったんですか」と、その情感を書き送って来たのだった。

 観光で韓国に行ったにもかかわらず、あちこちで過去のことについて感情的に出てくる韓国人に接することになり、とても嫌な気持ちになるという話は、日本人から耳にタコができるほど聞かされてきた。観光客に対して、そんな迎え方はないだろうと、多くの日本人が傷つけられた体験を語るのだが、韓国人に言わせれば、観光客であれなんであれ、日本人は日本人なのだ。

 すまない気持ちを持って、先祖たちがいかに悪いことをしたのか、日本人ならばそれを確かめるために韓国旅行をしなくてはならないと考える。だから、嬉しい気持ちで旅行してもらっては困るのであって、すまない気持ちで過去の罪を償うために旅行をすべきなのだと考える。

 したがって、韓国旅行でスリにあったとしても、.日本人なら文句を言うべき筋合いのものではなく、当然、我慢しなくてはならない、またそうしたことを積極的にされて当たり前なのだと考える。

 みやげ物屋では、日本人に対しては、通常の何倍もの高い値段をつけるのが普通である。しかし、お金があるからということだけで日本人客を狙う他の外国人とは違う。過去のことからすれば、日本人からは高くとって当たり前という論理ならぬ感情なのである。日本人は自分は一個人に過ぎないと言うのだが、個人にも責任があるとするのが韓国人だ。先祖は先祖、国は国、そして私は私という考え方は韓国人には通用しない。

 あらゆる場面でこうしたことが現われる。ビジネス関係で、自分の方の責任で相手に損をかけても、日本側が一定の損をしても当然だと、損害の責任を回避する韓国人ビジネスマンが多いとう話もよく耳にすることだ。


 
愛国的行為という名の日本人からの外貨獲得

 日本にいる韓国人ホステスでもそれは同じことだ。

 あるとき、私の教室で雑談のおり、一人のベテランの韓国人ホステスが後輩のホステスたちに、どうしたら売り上げをのばせるかについて、いろいろと教えはじめた。そのなかの方法の一つにこんなものがあった。

 お客にボトルを早く消化させるために、ホステスもしきりにお酒を飲もうとする。飲めない人も飲まなくてはならないからかなり大変なのだが、そこで、こんな方法があるからやってみなさいと教えるのだ。

 まず、自分のそばにウーロン茶をついだコップを置いておく。別のコップでウィスキーを飲むのだが、そのとき、飲んだふりをしながら、その実、ウィスキーを口に含んでおいて、その後にウーロン茶を飲むふりをしてそのコップのなかに吐き出してしまうのである。こうして一本のウィスキーがあっという間になくなる。

 韓国クラブと言えば高級クラブのひとつであるが、日本人ホステスがサービスする高級クラブでは、こんなことはあり得ないことだろう。韓国でも場末の酒場はともかく、一般ではまずないことだと言ってよい。なぜそんな汚いことまでして儲けるかと言えば、相手が日本人だからである。したがって、そこには「相手をだまして儲けている」という罪の意識はない。

 この場合、先輩ホステスは、日本人は過去にわれわれの国に多くの被害を与えた人たちなのだから、それくらいのことは当然だと教えているのだ。

 韓国では、日本人に対して高いものを売りつけたりすることは、悪いことではなく、かえって愛国的な行為と誇られてすらいる。とくに、日本で働く韓国人ホステスたちは、自分たちは愛国者だと、よく口に出して言う。私たちは、罪人である日本人からお金をとって、韓国の外貨獲得の助けになっていると自慢し、だから自分たちこそ愛国者だと言うのだ。

 もちろん、他の韓国人たちは、彼女たちを国の恥と言うことはあっても、愛国者だとは間違っても言いはしない。これは、彼女たちの自己正当化の言葉であり、また自分の慰めとなる言葉なのかもしれない。


 
個人的な謝罪は欺瞞である

 こういう韓国人の日本人に対する感情の質がわかったところで、やはりそういう韓国人はおかしいのである。当然のことながら、個人のレベルで国を背負い、個人的に頭を下げなくてはならない理屈など、どこにもないからだ。

 それにしても、日本に来て知ったことだが、私の体験から、また新聞や雑誌を読んでみて、個人的な反省を述べる日本人が多いのには驚く。韓国にいるときには、日本人はまったく反省していないとよく言っていたものだが、まるでそんなことはなかった。

 話を聞いてみても、個人的に韓国人に謝罪したことがあると言う日本人もたくさんいる。また、便宜的にそうせざるを得ないと、不承ながらも、「ごめんなさい」と頭を下げている日本人もずい分といる。

 でも、個人的に頭を下げるのはよくないと思う。なぜなら、いわれなき個人の謝罪は、正面から相手に向き合うことを避け、ともかく怒っている相手をなだめてご機嫌をとろうとすること以外ではないからである。心ある韓国人が、そうした日本人をこそ、韓国人を貶める失礼なやつだと思うのは当然のことである。

 日本の本を読んでみると、国の意志をあたかも個人の意志でもあるかのように錯覚した戦前の自分を、たくさんの日本人が戦後に反省していることがよくわかる。また、自分はそうではなかったと、戦前に国に協力した人を非難する人たちも、これまたたくさんいる。そして、不思議なことには、どちらにも同じように、個人的に韓国人に謝罪する人が少なくないことだ。

 そのへんを考えると、深いところで、ともかく人と対立することが嫌いで、なんとしても対立を避けるため相手に合わせようとする、日本人に染みついた関係の無意識が作用しているように感じられてならない。


 
戦後韓国の反日政策

 このように、韓国人が日本人に対して、過去だけを見ての強い被害者意識をあらわにするのは、なんといっても戦後から一貫して行なわれて来た反日政策のたまものである。

 もちろん、戦争が終わった韓国で、それまで抑圧されていた反日の意識が熱く燃え盛ったのは当然と言えば当然である。ただ、政府はこれを奨励するだけではなく、韓国人は反日でなければならないといった、上からの強固な政策をとり、そのまま変えることなく一貫させて来たのである。

 戦後の韓国にとって、日本は悪以外の何者であってもならなかった。そこに少しでも善を主張しようとすれば、誰もが非国民の烙印を押された。反共と並ぶ反日の旗印は、国民国家としてのまとまりには、この上もなく効果を生み出すものであった。

 日本の新聞も雑誌も国内持ち込みが禁止され、ほとんど日本についての情報を知らされないまま、したがって、客観化する手段をまったく与えられない状態の中で、一方的な教育、宣伝によって、徹底した反日政策が何十年もの間続いたのである。そのことをどう評価するかなしに、現在の韓国人の反日感情を額面どおりに受け取ることはできない。

 最近はだいぶゆるんできたとは言っても、加藤登紀子さんが韓国で日本語で歌を歌ったために、政府筋から大きな抗議を受けるという事件があったことを、ご存知の方も多いだろう。


 
習慣としての反日的な感情表現

 いまでも韓国人は、日本人のことをイルボンノム(日本人野郎)と表現することが多い。韓国人どうしの会話では、ごく自然に使っている。

 日本はイルボンで、人はサラムだが、人を卑しんで言う場合にはサラムではなくノムを使う。ノムと言えば日本語で「あのばか奴」「あのばか野郎」などの「奴」「野郎」に相当する言葉だ。もっと侮蔑的には、ウェノム(倭野郎)と使う。倭は韓国では日本人の背の低さをばかにした言い方となっている。さらにと言えば、チョッパリ(豚足)となる。これは日本人が足袋をはいたところが豚の足のようだからである。

 日本のテレビが北朝鮮の子どもたちに「日本のことをどう思うか」とインタビューしているのを見たときのこと。質問を受けた小学校の女の子は「日本人は戦前、私たちを苦しめ・・・・」と決まり文句を可愛らしい声でしゃべっていたが、そこで女の子は、イルボンノム、イルボンノムと「日本人野郎」を連発していた。

 字幕では「野郎」は出なかったが、これをある日本人に話したら、「いくらなんでも、北朝鮮はこれから日本とつき合いたいと言ってるわけでしょ、しかも日本人からインタビューを受けてるのに、それを子どもがしゃあしゃあと『日本人野郎』とはねえ」とあきれていた。もちろん、韓国人なら間違っても、日本人に面と向って「野郎」とはまさか言わない。ただ、政策とは恐ろしいもので、内側では「野郎」をつけることが自然な言い方になっているのだ。

 だからと言って、韓国人の多くが日本人を軽蔑しているのではない。個人的には尊敬もし、好きだと言う人はかなり多い。ただ、反日的であること、反日的な言い方をすること、反日的に感情表現をすることが、ひとつの習慣になってしまっているのである。


 
圧殺された親日感情

 私がまだ幼かったころ、戦前に日本に行ったことがあるという母は、私によく日本の話をしてくれた。それは、日本の温泉に行ったときの楽しい思い出や、きれいな景色に心を浮き立たせたり、珍しい食べ物に好奇心をかきたてたりといったことであり、日本人についての話はあまりなかったのだが、憎むべき人たちの住む国を思わせるような話はまったくなかった。私は母の話にすっかり魅了され、大きくなったら日本に行きたいと願い、日本といういまだ見ぬ国に大きく憧れていた。

 しかし、小学校に上がって、日本がいかに韓国に対して悪いことをしたかを、徹底して教えられ、反日ポスターを描かせられたりしているうちに、私はそのように日本を感じていたことが恥ずかしくなり、すぐにみんなと同じ一人前の反日生徒へと変わっていったのだった。

 母からは日本語の単語をいくつか教えてもらったりもしたが、日本の軍隊にいたこともあるという父の口からは、日本語はもちろんのこと、日本についての話を聞いたことはまったくなかった。私が聞くとムスッとした顔を見せるので、ああ、父は日本が嫌いなんだなと思っていた。

 ところが、私が何年か前に帰郷したおり、知り合いの日本人を伴っていたところ、父はいきなり、その日本人に日本語で親しげに話しかけるのである。はじめて聞く父の日本語だった。そのときの父のなつかしげな表情は、いまでも忘れることができない。このとき私は、父がほんとうは日本人に憎しみなど何らもっていなかったのだと信じられた。

 植民地時代の方が、ずっと日本人に対する見方が公平だったように思う。日帝時代の韓半島の小説、たとえば、「韓国近代文学の父」と現在の韓国でも評価の高い、李光洙の作品からも、そうした雰囲気が如実に伝わってくる。とくに一九三〇年代前半までの韓国を描いたものに多い。

 それらの小説では、日本が韓半島を植民地化しているということとは別に、日本が先進国であり、またすぐれた文化・芸術を持つ国であり、多くの学ぶべきものを持った国であることが、いきいきと描かれている。

 それは、日本によってはじめて近代に触れた、多くの韓半島知識人たちの当時の心持ちを代表するものであったに違いないと思える。


 
日本には文化がないという決まり文句

 現在では、「日本人から学ぶものは経済や技術以外には何もない」ということを口にする韓国人が多い。経済や技術の面では日本にコンプレックスを感じながらも、文化的な面では日本人には何ら教えてもらうことはないと、自信まんまんなのである。そこでは常に自分たちが文化的に上だと思っている。たとえば、高等学校の国史の教科書にこんな主旨の記述がある。

 「豊臣秀吉の侵略軍を韓国が打ち破ったのは、人的にも資材(兵器など)の上からも、韓国人がいかに日本人より頭脳的にすぐれていたかを物語っている。また、侵略によって韓国からたくさんの文物や人材を略奪していったことによって、東南アジアの後進国であった日本は、大きな発展をとげることができたのである」

 とにかく、教科書のあちこちで、野蛮人日本対文化人韓国という比較が語られている。

 そこで、日本に文化と言えるものはない、すべて中国と韓国から入ったものを単に整理したのに過ぎない、文化を渡して上げた韓国に感謝すべきではないか?すぐにそういう言葉が口をついて出てくる。つい最近も、そのままの決まり文句を言う韓国の大学教授と日本の作家とのぶつかり合いが、日本の雑誌で大きく取り上げられていた。

 日本が経済発展をとげたのは朝鮮戦争のおかげであり、陶磁器の発展も豊臣秀吉の「朝鮮侵略」で多くの陶工を略奪していった結果であり、日本は韓国のよい文化をすべて取り上げていったとは、自らの歴史を省みようとはしない韓国人の、きまり文句のひとつである。これが、戦後の反日教育の結果、パターン化されていった言い方であることははっきりしている。

 現在の多くの韓国人には、経済発展が遅れた自らの側の原因、陶磁器の伝統を引き継いで発展させることができなかった自らの側の原因を探ろうといった姿勢は、まったくと言ってよいほどみることができない。そこでは、現代韓国人にとっての日本は、憎むべき相手というよりは、自分の責任を棚上げにしておいて、責任を他に転嫁するさいの格好の対象となってしまっている。




2012年10月 5日 (金)

野田佳彦くんとミンス党をより深く理解するために(その1)




1972


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    400日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 328日




 
< 呉善花著「続・スカートの風」1991年三交社刊から >

 
第2章 恨を楽しむ人びと「韓国人の情緒と反日感情の実際」


 
日本で体験した青春の挫折

 私が日本へ旅立ったのは二十代の半ば。思春期の感受性の強さはまだまだ健在で、世間知らずゆえの怖いもの知らずで社会を走り抜けていた。その勢いのままに、打てば響くだろう、また打たれれば響こうと、アンテナを高くしての渡日だった。

 青春の挫折というけれども、私はそのやや遅い、しかし、とても大きな挫折を日本で体験することになった。それまでは、情緒的な感じ方や表わし方が、これほど自分と他人とで違うものだとは、思ってもみなかったのである。

 しかもそれは、個人的なことであると同時に、韓国人と日本人の、きわめて激しい情緒的な衝突の体験でもあった。

 結局、私の青春の挫折は日本人との感情的な交流でのつまずきにあったが、そのことによって私は、韓日の関係では、感情をめぐる問題、とくに習慣のなかで身についている情緒の問題が大きな位置を占めていると思うようになった。

 この章の前半では、韓国人の情緒や感性のあり方をご紹介し、後半では、韓国人の反日感情のたて前的なものではない実際的な面を見ながら、決して居心地がよいとは言えない、現在の日本と韓国の関係について考えていきたい。


 
韓国人は自分がいかに不幸かを話したがる

 韓国では「恨」をハンと読むが、これは「うらみ」の感情とは少々異なっている。最近では、日本人の情緒的な特性を「もののあわれ」に代表させ、それと「恨」を比較する試みなどもあるようだが、恨は韓国人特有の情緒をみるためには、ピッタリのものと言えるように思う。

 恨は哲学的にまた美学的に語られることが多いけれども、私は生活の各場面でごく普通に見られる恨についてお話ししてみたい。

 恨をひとことで言うのは難しいけれども、結論から言えば、韓国人にとっては生きていることそのものが恨なのである。自分のいまある生活を不幸と感じているとき、自分の運命が恨になることもある。自分の願いが達成できないとき、自分の無能力が恨になることもある。そこでは、恨の対象が具体的に何かということは、はっきりしていないのが特徴だ。

 韓国人は、自分のおかれた環境がいかに不幸なものかということを、他者を相手に嘆くことがとても好きである。韓国の言い方では「恨嘆」となる。「私はこんなふうに生きてきた。ああ、私の運命はなんて不幸なものなんだろう」という具合に。これは、日本人がよくやるような、相手に対して自分を卑下する言い方でもなく、また単に自分に悲観しているのでもない。

 私の日本語教室に通う韓国の女たちは、何人か集まると、好んで身の上話に花を咲かせる。そんなとき、あたかも「みじめ競争」のようなことが起こるのである。

 ある者が、「私はこんなに不幸な家庭に育った」と話す。すると、それを聞いている他の者が、「私なんかもっと不幸だった」と語りはじめる。また、もう万人が「そんなの不幸のうちに入らない」と話す・・・・。そんな具合に、話はどんどんより不幸な話へと発展する。みんながみんな、自分こそ、誰よりも不幸でみじぬな人生を背負っているのだということを、盛んに主張し合うのである。


 
未来への希望としての恨

 恨が強く自分のなかにあることを、しばしば「恨が固まる」と表現する。

 たとえば、韓国では再婚したくとも社会通念の上で難しいため、早く夫に死に別れた女などは、もはや結婚はできないという思いをずっと抱え込んで生きてゆくことになる。そんな場合にも、「恨が固まる」と言う。

 また、自分がよい学校へ行けなかった場合、その行けなかったことの「恨が固まる」のである。この場合、その原因を、父母のせいにすることは儒教倫理の上で出来ない。だからそこでは、よい父母に出会えなかった自分自身の運命に対して恨を持つのである。

 恨はどちらかというと未来への希望のために持ち出されるものであるため、「~すれば恨がなくなるだろう」という未来形を使った言い方をよくする。ただ、目先の小さな問題については、まずこういう言い方はしない。「自分が強く願っていることを達成できるならば、死んだ後には恨がなくなる」という、将来の人生へ向けての願望の意味で使うのである。

 たとえば、「息子が勉強をよくしてくれれば恨がなくなるだろう」「立派な家で生活してみれば恨がなくなるだろう」「食べたいものをいっぱい食べてみれば恨がなくなるだろう」「持ちたいものを持てば恨がなくなるだろう」など、具体的にそのときそのとき必要なものに対しての恨として使う。ここでは、自分の無能力に対する悲嘆が恨なのである。

 現在に恨がないことを言う場合には、「あの人は恨がなく生きていた人だ」という言い方がよくされる。これは、普通の人より経済的に余裕があって、自分のやりたいことをやって死んでいった人のことである。同じように、「自分は人生でやりたいことをやったから恨がない」とも使う。

 恨があること、恨を持っていることは、悪いことなのではない。あるからこそ未来への希望がもてる?そういうものとしてあるのが恨である。

 日本人が未来への希望を語るとき、「こんな兆しがある」とか、「こんな曙光がある」とか、現在へと射してくる明るさをもって言うことが多い。また、自分のみじめさに対する「がんばり」を主張する。そこでは、じぶんの不幸とかみじめさの感嘆は、堕落、あるいは甘えのように感じられていると思う。


 
恨が対象を持ったとき

 女が結婚して苦労すれば、それはいい夫に出会えなかった自分(の運命)に対する恨となり、経済力も権力もないのは、能力を持てない自分(の運命)への恨となる。

 このように、恨はもともとは、何か具体的な対象があって感じるものではなく、生きることそのものに感じる、欠如の感覚だと言ってよいと思う。したがって、その原因を運命とみなして、ただただ自分自身を嘆くのである。そこでは恨は、自分自身に対する深いコンプレックスに変わってゆく。

 このように、恨はその対象があいまいなのだが、それだけ、対象を求めて常に彷徨うものだとも言える。そして、具体的な対象との出会いを持つことがなければ、恨はそのまま自らの運命に対する嘆きとして、自分の内面に向けて表現されるのである。


 
一方、恨が具体的な対象を獲得することがある

 たとえば、個人生活が苦しいのは税金が高いためだと感じるとする。それは、政治家の無能力のためであるし、それが個人生活にまで及んでいると考えられれば、自分を不幸にした対象がはっきりする。そこでは、恨は「政治家」という具体的な対象を獲得することになる。自分の恨が何によって固まるかが見えていることが、自分の運命を嘆く恨とは異なっている。

 もちろん、ほんとうに政治家が悪いのかどうかは別の話である。したがって、次のようなプロセスで、恨の対象が日本になってもくる。

 自分が貧乏なのは韓国の経済発展がうまくいかないせいだ。それは、朝鮮戦争が起きて多くの被害を受けたからで、そのため今日でも国防に多くの費用が費やされているからだ。その根本の原因は南北分断をもたらした日本にある・・・・。

 このように、それが正しいか正しくないかは別にして、今日の不幸の原因をあてはめられるはっきりした対象がある場合には、その対象に対して攻撃できるので、ストレスを解消することができ、それが自分自身のコンプレックスヘと変化してゆくことはない。そこでは、攻撃を続けている限り、恨が外に向けて表現されるからである。


 
自分をみじめにしたい韓国人

 韓国人の恨を嘆く情緒は、音楽や文学にも特徴的だが、一般の人びとの間では、もっぱら歌謡曲に目立っている。日本の演歌が韓国人に人気があり、また韓国の歌謡曲が日本の演歌の影響を大きく受けているのも、演歌のリズムが恨をのせるのにはビックリだからである。

 韓国の民謡や雑歌のリズムにタリョン(打令)というのがある。一定の節回しを少しずつ変化させながら、何度も繰り返して歌うものだ。そのなかに身世タリョンというのがある。これは、自分の身の上や不幸な運命の歌物語のようなもので、半分節をつけて歌い半分物語るようにして演ずるのである。まさしく恨の表現だと言えるだろう。

 自分が現在置かれている運命だとか自分の過去の不幸を物語にして、「ああ~、私の人生は~」と節をつけては、友だちの前で、また一人で、恨のタリョンを楽しむのである。

 ある程度気持ちが通じると思える相手とは、お互いの不幸を話し合い、そこから仲良くなってゆくのが韓国人である。そのため、日本の男性が、韓国の女の不幸話に感じて取り込まれていくことが珍しくない。

 韓国人ホステスは相手の男をある程度気に入れば、自分が陥っている現在の不幸をしきりに話そうとする。日本の男は、日本の女からそんな話を聞くことがほとんどないようだ。そこで男たちは、「この女は自分にだけほんとうのことを素直に語ってくれた」と感動し、その心持ちにほだされてゆくのである。

 「こんな仕事は自分は嫌なのだけれども、家のために仕方なくしているのよ」

 家計を支えるために、弟を大学にやるために、離婚してしまい子どもを育てるために・・・・。こうして彼女たちは、いかに自分が不幸であるか、誰か助けてくれる人がいるならば、すぐにでも仕事をやめたいということを、涙を流して話すのである。これが、感情的に日本の男の気持ちをつかまえる、大きな武器となっている。

 こんな話をある韓国クラブのママから聞いた。

 場違いだとは思いながらも、話のタネにと韓国クラブに顔を出してみた安サラリーマンが、一人のホステスの不幸話にいっぺんで感動し、次から次へと預金を下ろしては彼女にみつぎ、ついに自分の結婚資金から住宅資金まで、全財産を使ってしまったという。

 また若い男性からこんな手紙をいただいたこともある。

 韓国旅行で入った酒場で、一人のホステスから、それは不幸な身の上話を聞かされた。いつか必ずまた来るからと別れたが、彼女は日本ではまずいないような純真な心を持っている。そんな彼女にまた会いたくなって、再び韓国へ行った。でも、その店に彼女はいなかった。どんな所を探せば会える可能性があるか教えて欲しい。自分はなんとかして彼女を助けてあげたいと思っている。そういう内容だった。

 しかし、彼女たちは決して、男を口説くための手段だからということだけで話そうとするわけではない。そのときそのとき、自分の心をあげたいと思う相手に対して、そうした話をするのである。

 外部から常に侵略を受けてきた民族だからそうなのか、韓国では、社会が安定することはかえって不安な情緒を醸成させることになってしまう。何かが、自分自身をみじめな状態に置きたがっているのだ。




2012年10月 4日 (木)

論功行賞から見えてくる野田佳彦くんのウリ仲間たち




1969


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    399日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 329日



◆ 第一順位:長浜博行(環境大臣)



 ヒロユキくんは、整形塾ではヨシヒコくんより1期下の後輩に当ります。

 かつ、選挙区も同じ千葉県ということもあり、お友達が極端に少ないヨシヒコくんにあられましては、ヒロユキくんは、かけがえのない直系の弟分なんであります。

 尖閣国有化もヒロユキくんが中心となって地主と交渉したと報道されておりますし、ヨシヒコくんにとっては、ヒロユキくんは、側近中の側近です。

 このたびの環境大臣就任で、ヨシヒコくんのウリ仲間では、長島昭久くんを一挙に追い抜いて、序列ナンバーワンの地位を、見事、射止めました。

 そんな彼も、既に、53才。

 ご自身のHPでは、若作りプロパガンダを必死に展開なさっておりますが( http://www.nagahamahiroyuki.com/ )、2012.10.03付産経新聞朝刊「新閣僚に聞く」に掲載されたご尊顔では、年齢相応の老け顔は隠しようもございません。

1970

 
 人権救済法案を閣議決定した内閣の副官房長官であり、外国人参政権に大賛成のヒロユキくん。

 もちろん、パチンコ利権も、だ~いすきで、ミンス党の新時代娯楽産業健全育成PT(http://www.adcircle.co.jp/greenbelt/news/contents/2599.html)には、初っ端からご参加なさっていらっしゃるヒロユキくん。

 ヒロユキくん自身、パチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザーには、おなりになっていらっしゃらないようですが、こちらのリスト(http://www.pcsa.jp/member.htm)と、上記ミンスPTメンバーを合わせ考えますと、10月1日発足した大惨事野田内閣の汚鮮度合いは、かなり、酷いものがあります。

 今回の最凶内閣の改造、ヨシヒコくん、類は友を呼ぶの巻、ですかな。



◆ 第二順位:田中慶秋(法務大臣)


 野田内閣4代目の法務大臣は、田中慶秋ミンス党副代表、74才が、晴れて、汚れ役をお引き受けなさいました。

 先ずは、ご苦労様でございます。

1971


 横から拝見するご尊顔は、オジサンの経験上の直観からすると、うぅ~ん、アッチですかねぇ。

 オジサンは、74にもなって、御髪が真っ黒なお方は、一切、信用しないことにしております。

 さて、こんな大役に抜擢された、けいしゅうくんって、ヨシヒコくんとは、何つながりなんでしょう。

 柔道つながり?

 伝統芸のうそつきつながり?

 この辺を拝見致しますと(http://www.keisyuu.com/challenge1.htm)、似非保守、似非正義づら、口だけ番長お花畑つながりでしょうか。

 いやいや、民団つながり、美容整形つながり、診療報酬不正請求つながりも、濃厚ですね。

 阿比留さんは、拉致問題絡みでこんなこと(http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2883610/)をお書きになっていらっしゃいますが・・・・。

 外国人参政権大賛成、人権救済法案も、もちろん、大賛成。

 いずれにしましても、ミンスの法務大臣は、トラブルメーカーの指定席。

 けいしゅうくんに置かれましては、何にもしないで、余計なこと仰有らないで、とにもかくにも、第二順位をキープすることに、ご尽力下さいませ。
 


◆ 第三順位:R4、ヨシオ、ヨウコ(同順位)


 今回の大惨事野田内閣メンバー、オジサンが一番驚いたのは、首相補佐官人事です。

 ヨシヒコくん、このたびは、首相補佐官5名中、4名を一挙に入れ替えました。


 < 2012.10.02 毎日新聞 >
 http://mainichi.jp/select/news/20121003k0000m010016000c.html

 
野田佳彦首相は2日、首相補佐官に民主党の川上義博参院議員ら4人を起用する人事を発表した。最側近の手塚仁雄衆院議員が交代する大幅な入れ替えとなった。

 他の3補佐官は、大串博志衆院議員、北神圭朗衆院議員、三谷光男衆院議員。岡田克也副総理の補佐役も務める寺田学衆院議員は、岡田氏の意向を踏まえ留任となった。



 交替事由は、名目上は、やっかみ、ということになっておりますが・・・・。


 < 2012.10.02 読売新聞 >
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121003-OYT1T00257.htm?from=ylist

 
輿石氏の影響力拡大か…やっかまれた補佐官交代

 
野田第3次改造内閣の発足に伴い、野田首相は2日、5人いる首相補佐官のうち、4人を交代させる大幅入れ替えを行った。

 首相側近とされた手塚仁雄衆院議員が外れ、民主党の輿石幹事長に近い川上義博参院議員が新たに登用された。補佐官は首相と日常的に意思疎通を図ることができる立場にあり、輿石氏の政権への影響力が一層強まるとの見方が出ている。

 手塚氏は、衆院東京5区選出で当選3回。野田グループに属し、野田政権発足以降、補佐官の中で最も頻繁に首相と面会した。2002年の民主党代表選に初出馬した首相を、手塚氏が支持したことをきっかけに親しくなり、「首相と敬語を使わず話せる間柄」(官邸関係者)と言われてきた。手塚氏は首相の日程調整を担当し、首相との面会者を決める権限を得ていた。

 だが、「首相に党内情勢の正確な情報を上げていない」などの批判が強まっていた。首相が記者団の取材に答える際に手塚氏が後ろにいてテレビに映し出されることが多く、やっかみの対象ともなった。

 今回の内閣改造を前に、首相の後見役である藤井裕久元財務相が、手塚氏を補佐官から外すよう首相に進言するなど辞任圧力が強まった。輿石氏も、手塚氏を交代させるよう働きかけていたとされる。



 うぅ~ん、ヨシヒコくんが、最愛のヨシオくんの首を斬ったww

 あれほど、毎日、何回も顔を付き合わせていた、アキヒロに次いで相思相愛の、可愛い、可愛い、ヨシオくん、だったのに。

 どこへ行くにも、ヨシオくん、ヨシオくん、だったのに。


・R4は切れても手塚仁雄を切れない野田佳彦 > They are both・・・・
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/r4-they-are-bot.html
・野田佳彦、堂々と「黒い霧交際」復活を、宣言
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-9643.html


 本当かなぁ、ヨシヒコくんが、あのヨシオくんと、別れたって。

 二人の同志愛は、切りたくても切れない固い絆で結ばれている筈なんですがねぇ。

 オジサンには、ヨシヒコくんが、ナムの「やっかみ」ぐらいで、ヨシオくんを手放すほど、柔な人格だったとは、到底、思えません。

 そこで、ここは、オジサン流の、報道とは全く別の理由で、ヨシヒコくんはヨシオくんを交替させざるを得なかった・・・・、との穿った見方を試みてみましょう。

 さて、皆さま、今回のヨシヒコくんの大量首切り人事で、忘れてはならないオオモノがもう一人、晴れてというか、漸く、首を斬られました。

 そうです、ヨウコさんです。

 ヨウコさんと、ヨシオくんと、先に首を斬られたR4女史と、ヨシヒコくん、この4人は、未だに、ダイナシティ中山諭から派生した黒い霧交際疑惑を、払拭できておりません。

 それはそうですよね。

 シャブ中仲間って、闇の世界つながりですから、そんな簡単に、縁が切れるものではないようです。

 それに、一度、狙いを定めてくっつかれたら、離れられない。

 おまけに、現物の供給源は、上朝鮮ですし。

 ここからは、オジサンの妄想です。

 R4が表の政治の世界から姿を消してから、週刊誌もしばらくは大人しくしていたものの、R4の日常行動は、常に、監視されていた。

 ここにきて、R4・中山の交際が、未だに、秘かに、続いている驚きの事実がキャッチされた。

 それ以上に、ヨシヒコくん、ヨシオくん、R4くん、ヨウコくん、4人とも、もう、中山氏とは、抜き差しならない関係にまで発展している新事実も見つかった。(←本人は無関係でも、家族つながりの可能性も大いにあり)

 輿石のじっちゃんは、それをチクられて、怒りを爆発させた。

 今、ここで、ヨシヒコくんのシャブ中つながりスキャダル復活は、たまったものではない、即、解散である。

 そこで、輿石のじっちゃんは、ヨシヒコくんを脅した。

 オレに幹事長を継続させろ。

 ヨシオとヨウコは、斬れ。

 でなければ、オレは、党を割る。

 ヨシヒコくんは、最後まで抵抗したが、最終的には己の権力欲が優り、ヨシオ&ヨウコの首切り人事を受け入れた。

 コトが決まると、億単位で、官邸機密費が、メディアに配られ、首相を巻き込んだこの黒い霧交際疑惑は、100%、闇に葬られた。

 そして、その落としどころは、首相補佐官大量首切りは「やっかみ」が原因、との報道協定を結ぶことで、決着させた。

 実務的には、ヨシオくんは、自己責任で首。
 
 首相補佐官として何の役にも経たなかった、輿石のじっちゃんの日狂組仲間の水岡俊一くんも、言い含められて首。

 その他2人には、論功賞で、ポストを与えた。

 長島昭久→防衛副大臣。本多平直→経産政務官。

 でもって、 ヨウコ、R4、ヨシオ、トリオには、来年夏の任期満了までは、自重するようにきつ〜いお達しを出した。

 それも、ヨシヒコくん的には、ウリ仲間としては、従来通りの第三順位を、そのまま、キープしてあげるからね、とのお墨付きを添えて。

 なぁんて、読みは、どうでしょうかね。

 コトの本質は、ミンス党なんて、まともな思考法で行動することは在り得ない点にあります。

 彼らが、日本的モラルにそって、日本的メンタリティに基づいて行動する政治屋集団であったなら、昨年の6月に、とっくに、解散総選挙が実施されていた筈です。
 
 それだけに、ヨシヒコくん相手に、まともな思考法で対応していたら、こちらが、その前に、疲弊してしまいます。

 私たちは、ミンスから政権奪取を実現するまで、体力を温存しなければなりません。

 本気かつ本物の体力を、こんなミンス党相手に、浪費してはいけません。

 真剣勝負は、政権奪取以後の世界から、始まるのです。

 故に、ヨシヒコくん一味を、二度と政界の舞台に上らせないためにも、健全な暮らしを願う私たち日本国民は、体力は温存しつつ、頭をフル回転させて、ヨシヒコくんのウラのウラのウラを見抜いていかなければなりません。

 先ずは、増すゴミ報道を全否定することから、ですかな。




2012年10月 3日 (水)

野田佳彦くんと増すゴミ諸君はガチの日本人差別主義者




1967


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    398日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 330日




 ヨシヒコくんの億単位に上る官邸機密費の投入が余程効いているのか、まだ総理にもなっていない安倍総裁へのパッシング、もとい、凄惨なるいじめが、日に日に激しさを増しております。

 こうなりますと、これは、もう、言い逃れようのない野田ミンス党と反日増すゴミ諸君による「日本人差別」並びに「日本人に対する人権侵害」です。

 出陣式でニューオータニのカツカレー3,500円、何が、いけないんですか。

 験担ぎに、カツカレーを食べちゃいけないんですか。 

 再度、問う。

 きみたち増すゴミ諸君は、何がおもしろくなくて、カツカレーでファビョッてるんですか。

 値段ですか?

 それとも、ホテルで食事したのが、いけないんですか?

 だったら、庶民を名乗って、最初の1回だけ1,000円床屋さんで済ませたものの、今や、ホテルの超セレブご用達1回ビジター17.430円の高級床屋さんがすっかり行き付けになってしまっているヨシヒコくんは、何故、いじめに遭わないんでしょう。


 < ヨシヒコくんの床屋さん履歴 >

10 2012.09.22 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
09 2012.08.18 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
08 2012.07.08 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
07 2012.05.27 キャピトルホテル東急、カージュラジャティアド
06 2012.04.22 ホテルニュ-オータニ内、ヘアサロン「ONO」
05 2012.03.24 銀座マツナガ、八重洲店
04 2012.02.11 銀座マツナガ、八重洲店
03 2011.12.23 銀座マツナガ、銀座本店
02 2011.11.07 銀座マツナガ、新宿店
01 2011.09.03 QBハウス、虎ノ門店


 オジサンが、その理由を言ってあげましょう。

 それは、ヨシヒコくんと増すゴミ諸君が、ウリ仲間だからです。

 ウリナラマンセーのただ一点で、きみたちは繋がっているからです。

 つまるところ、ウリであるきみたちは、ナムである日本人に対しては、何をしても、何を言っても許されると考えているからです。

 それ以外の理由なんて、ヨシヒコくんときみたち増すゴミ諸君には、な~んにもないんです。

 兎に角、日本人が憎いんです。

 そうです、所謂、「恨」と言うヤツです。

 だから、ヨシヒコくん、福島の再生、な~んにもしません。

 だから、ヨシヒコくん、円高、サムスン儲けさせたくて、な~んにもしません。


 < 2012.08.08 東京商工リサーチ >
 http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/2012/1220956_2004.html

 
2012年1月-7月 「円高」関連倒産動向 ~ 急速に進む円高のなか 前年同期比77.7%増の48件 ~


 だから、ヨシヒコくん、日経平均大幅下げでも、な~んにもしません。

1968

 
 だから、ヨシヒコくん、日本人のいじめられっこ、ただおもしろがって見ているだけ、な~んにもしません。

 故に、文科大臣に、真紀子さん選びました。

 < 2012.10.01 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/121001/edc12100119420005-n1.htm

 
小中高校のいじめ7万5千件超 半年で昨年度上回る


 だから、ヨシヒコくん、生活保護、在日優先、な~んにもしません。

 < 2012.10.01 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/121001/trd12100100390001-n1.htm

 
外国人受給世帯4万世帯超 22年に最多更新

 
今年度の生活保護費が当初予算で3兆7000億円に達し、不正受給に対する厳罰化など給付適正化の議論が進む中、生活保護を受けている外国人の世帯が4万世帯を超え、過去最多を更新したとみられることが30日、厚生労働省への取材で分かった。日本に永住、在留する外国人の数は横ばい傾向だが、新たに生活保護を受ける外国人世帯は増加している。

 厚労省によると、平成22年7月現在、外国人の生活保護受給世帯は4万29世帯で、前年同期約5000世帯増加した。昭和32年から始まった世帯別の統計では、41~61年は外国人の統計が残っていないものの、外国人受給者の推移などから、これまでに4万世帯を上回ったことはないと推定され、22年に過去最多を更新したとみられる。外国人が世帯主の受給者数は6万8965人(22年平均)だった。

 法務省の統計では、日本に永住、在留する外国人は215万人前後でほぼ横ばいで推移。平成17年から20年までは年約1000世帯のペースで受給世帯が増加していたが、21年に前年同期比約4000世帯増。近年は特に増加傾向が加速している。

 国籍別では、
韓国・朝鮮人(2万7035世帯)が全体の3分の2を占め、次いでフィリピン人(4234世帯)、中国人(4018世帯)と続いた。


 これって、ねぇ、ヨシヒコくん、ミンス党主導による明らかな「日本人差別」、明らかな「日本人に対するいじめ、犯罪行為」ですよねぇ。

 で、そのミンス党を褒め称えまくっている増すゴミ諸君は、紛う事なき、日本人に対する人権侵害を侵して正義面を装うゴロツキ集団に過ぎません。

 いつも、日本人のいじめ被害には知らん顔で、加害者の味方ばかりをしているヨシヒコくんと増すゴミ諸君。

 日本人は生活保護が貰えず餓死者まで出しているというにの、いつも、在日の生活保護者増加にホルホル顔のよしひこくんと増すゴミ諸君。

 ヨシヒコくんも増すゴミ諸君も、本当に解りやすい人たちです。

 なになに、その誹謗中傷は、ウリたちに対する、シャベチュだですって?

 とんでもございません。

 真実も事実もモラルも全て無視して、シャベチュだシャベチュだと年がら年中声高に、日本人に向かっていじめを仕掛けてくるきみたちこそが、シャベチュの張本人です。

 権利ばかり主張し、義務は一切履行せず、日本人いじめに勤しんでいるヨシヒコくんと増すゴミ諸君、きみたちに、シャベチュだの人権だの語る資格は、金輪際、ないんです。。

 きみたちは、私たち日本国民が何も言わないことを逆手にとって、日本人の人権を、戦後67年間も、侵害し続けてきました。

 日の丸、君が代、反対闘争が良い例です。

 日本人は侵略者だ。

 日の丸、君が代は、軍国主義復活の象徴だ。

 私たち日本人は、根も葉もないきみたちの自虐史観強制によって、どれほど、精神的苦痛を強いられてきたことか。

 これは、立派な日本人差別、かつ、明白なる日本人に対する人権侵害、脅迫行為です。

 このたびの安倍総裁いじめ事件で、私たち日本国民は、ヨシヒコくんと増すゴミ諸君の正体を、はっきりと、見極めました。

 私たち日本国民は、もう、黙ってはいません。

 きみたちまりすまし日本人には、敢然と、戦いを挑みます。

 何故なら、きみたちこそ、ガチのシャベチュ主義者だからです。

 何故なら、きみたちこそ、ガチの似非人権語りべだからです。

 何故なら、きみたちこそ、ガチで日本を撹乱している言論893の反日利権屋集団だからです。


 < 2012.09.28 チャンネル桜放映 >
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sHI05WRSuiM

 
【対メディア戦争】10.5朝日新聞デモ&10.13反日メディア糾弾

">




2012年10月 2日 (火)

野田佳彦くんの寒流「大臣着せ替え」ごっこ




1958


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    397日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 331日



◆ わずか1年で、18名もの大量首切り処刑を執行した、ヨシヒコくん



 
< 首斬大臣 by Yoshihko 全氏名 >

第01号 2011.09.11 鉢呂吉雄 経産大臣
第02号 2012.01.13 平岡秀夫 法務大臣
第03号 2012.01.13 中川正春 文部大臣
第04号 2012.01.13 一川保夫 防衛大臣
第05号 2012.01.13 山岡賢次 国家公安委員長
第06号 2012.01.13 村田蓮舫 特命担当大臣
第07号 2012.06.04 小川敏夫 法務大臣
第08号 2012.06.04 鹿野道彦 農水大臣
第09号 2012.06.04 前田武志 国交大臣
第10号 2012.06.04 田中直紀 防衛大臣
第11号 2012.09.10 松下忠洋 金融大臣

第12号 2012.10.01 川端達夫 総務大臣
第13号 2012.10.01 滝  実 法務大臣
第14号 2012.10.01 平野博文 文科大臣
第15号 2012.10.01 小宮山洋子厚労大臣
第16号 2012.10.01 松原 仁 国家公安委員長
第17号 2012.10.01 古川元久 国家戦略
第18号 2012.10.01 中川正春 防災



1959
 < 2012.10.01 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/121001/plc12100123540033-p1.htm

1966



◆ 次期、問責大臣は、だ~あれ


♪ 第一位 野田佳彦(2回目) ♪

問責事由 ①「 不作為の罪 」

問責事由 ②「 日本の地位と品位を著しく貶めました 」

 < 2012.09.26 第67回国連総会 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201209/26unsoukai.html

 一般討論演説に臨む野田総理

1960


 ヨシヒコくん演説、国連議場内は、ガ~ラガ~ラ(拡大版)

1961



♪ 第二位 田中真紀子(速攻でコーヒーブレイク) ♪

問責事由 「 漫才政治 」

1962



♪ 第三位 前原誠司(口だけ番長失言多発) ♪

問責事由 「 在日献金、偽造領収証、性事資金規制法違反 」

1963  
 


◆ ミンス政権、大臣述べ人数は、自民党の1.4倍


・自民党(安倍~麻生)の3年間 大臣述べ人数 102名

・民主党(鳩山~野田)の3年間 大臣延べ人数 
145名


1964


 < 官房長官 >

01 塩崎恭久  06.09.26 平野博文  09.09.16
02 与謝野馨  07.08.27 仙石由人  10.06.18
03 町村信孝  07.09.26 枝野幸男  11.01.14
04 河村建夫  08.09.24 藤村修   11.09.02

 
 < 総務大臣 >

01 菅義偉   06.09.26 原口一博  09.09.16
02 増田寛也  07.08.27 片山善博  10.09.17
03 鳩山邦夫  08.09.24 川端達夫  11.09.02
04 佐藤勉   09.06.12 樽床伸二  12.10.01


 < 法務大臣 >

01 長勢甚遠  06.09.26 千葉景子  09.09.16
02 鳩山邦夫  07.08.27 柳田稔   10.09.17
03 保岡興治  08.08.02 仙石由人  10.11.22
04 森英介   08.09.24 江田五月  11.01.14
05             平岡秀夫  11.09.02
06             小川敏夫  12.01.13
07             滝実    12.06.04
08             田中慶秋  12.10.01

 
 < 外務大臣 >

01 麻生太郎  06.09.26 岡田克也  10.09.16
02 町村信孝  07.08.27 前原誠司  11.01.14
03 高村正彦  07.09.26 枝野幸夫  11.03.07
04 中曽根弘文 08.09.24 松本剛明  11.03.09
05              玄葉光一郎 11.09.02


 < 財務大臣 >

01 尾身幸次  06.09.26 藤井裕久  09.09.16
02 額賀征四郎 07.08.27 菅直人   10.01.07
03 伊吹文明  08.08.02 野田佳彦  10.06.08
04 中川昭一  08.09.24 安住淳   11.09.02
05 与謝野馨  09.02.17 城島光力  12.10.01


 < 文科大臣 >

01 伊吹文明  06.09.26 川端達夫  09.09.16
02 渡海紀三朗 07.09.26 高木義明  10.09.17
03 鈴木恒夫  08.08.02 中川正春  11.09.02
04 塩谷立   08.09.24 平野博文  12.01.13
05              田中真紀子 12.10.01


 < 厚労大臣 >

01 柳澤伯夫  06.09.26 長妻昭   09.09.16
02 舛添要一  07.08.27 細川律夫  10.09.17
03               小宮山洋子 11.09.02
04               三井辨雄 11.09.02

 < 農水大臣 >

01 松岡俊勝  06.09.26 赤松広隆  09.09.16
02 若林正俊  07.05.28 山田正彦  10.09.17
03 赤城徳彦  07.06.01 鹿野道彦  11.01.14
04 若林正俊  07.08.01 郡司彰   12.06.04 
05 遠藤武彦  07.08.27 
06 甘利明   07.09.03 
07 若林正俊  07.09.04 
08 太田誠一  08.08.02 
09 町村信孝  08.09.19 
10 石破茂   08.09.24 


 < 経産大臣 >

01 甘利明   06.09.26 直嶋正行  09.09.16
02 二階俊博  08.08.02 大畠章宏  10.09.17
03                          海江田万里 10.01.14
04                          鉢呂吉雄  11.09.02
05                          藤村修   11.09.11
06                          枝野幸男  11.09.12


 < 国交大臣  >

01 冬柴鐵三  06.09.26 前原誠司  09.09.16
02 谷垣禎一  08.08.02 馬淵澄夫  10.09.17
03 中谷成彬  08.09.24 大畠章宏  11.01.14
04 河村建夫  08.09.28 前田武志  11.09.02
05 金子一義  08.09.29 羽田雄一郎 12.06.04


 < 環境大臣 >

01 若林正俊  06.09.26 小沢鋭仁  09.09.16
02 鴨下一郎  07.08.27 松本龍   10.09.17
03 斉藤鉄夫  08.08.02 江田五月  11.06.27
04                         細野豪志  11.09.02
05             長浜博行  12.10..01


 < 防衛大臣 >

01 久間章生  06.09.26 北澤俊美  09.09.16
02 小池百合子 07.07.04 一川保夫  11.09.02
03 高村昌彦  07.08.27 田中直紀  12.01.13
04 石破茂   07.09.26 森本敏   12.06.04 
05 林芳正   08.08.02 
06 浜田靖一  08.09.24


 < 国家公安委員長 >

01 溝手顕正  06.09.26 中井洽   09.09.16
02 泉信也   07.08.27 岡崎トミ子 10.09.17
03 林幹雄   08.08.02 中野寛成  11.01.14
04 佐藤勉   08.09.24 山岡賢次  11.09.02
05 林幹雄   09.07.02 松原仁   12.01.13
06                                      小平忠正  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(金融)>

01 山本有三  06.09.26 亀井静香  09.09.16
02 渡辺喜美  07.08.27 自見庄三郎 10.06.11
03 茂木敏充  08.08.02 松下忠洋  12.06.04 
04 中川昭一  08.09.24 安住淳   12.09.10
05 与謝野馨  09.02.17 中塚一宏  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)>

01 大田弘子  06.09.26 菅直人   09.09.16
02 与謝野馨  08.08.02 荒井聰   10.06.08
03 林芳正   09.07.02 海江田万里 10.09.17
04                          与謝野馨  11.01.14
05                          古川元久  11.09.02
06                          前原誠司  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(規制改革)(行政刷新)>

01 佐田玄一郎 06.09.26 仙石由人  09.01.07
02 渡辺喜美  06.12.28 枝野幸男  10.02.10
03 岸田文雄  07.08.27 村田蓮舫  10.06.08
04 与謝野馨  08.08.02 枝野幸男  11.06.27
05 甘利明   08.09.24 村田蓮舫  11.09.02
06                        岡田克也  12.01.13


 < 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)>

01 山本早苗  06.09.26 前原誠司  09.09.16
02 岸田文雄  07.08.27 馬淵澄夫  10.09.17
03 林幹雄   08.08.02 枝野幸男  11.01.14
04 佐藤勉   08.09.24 川端達夫  11.09.02
05 林幹雄   09.07.02 樽床伸二  12.10.01 
                  

 < 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)>

01 山本早苗  06.09.26 菅直人   09.09.16
02 岸田文雄  07.08.27 川端達夫  10.06.08
03 野田聖子  08.08.02 海江田万里 10.09.17
04                          玄葉光一郎 11.01.14
05                        古川元久  11.09.02
06                        前原誠司  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(少子化・男女共同参画)>

01 山本早苗  06.09.26 福島瑞穂  09.09.16
02 上川陽子  07.08.27 平野博文  10.05.28
03 中山恭子  08.08.02 玄葉光一郎 10.06.08
04 小渕優子  08.09.24 岡崎トミ子 10.09.17
05                        与謝野馨  11.01.14
06                        村田蓮舫  11.09.02
07                          岡田克也  12.01.13
08                中川正春  12.02.10
09                小宮山洋子 12.04.23(少子化のみ、男女は中川留任)
09                中塚一宏  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(消費者・食品安全)>

01 山本早苗  06.09.26 福島瑞穂  09.09.16
02 泉信也   07.08.27 平野博文  10.05.28
03 野田聖子  08.08.02 荒井聰   10.06.08
04   野田聖子  08.09.24 岡崎トミ子 10.09.17
05   (↑消費者を兼務)      村田蓮舫  11.01.14
06                        細野豪志  11.06.27
07                        山岡賢次  11.09.02
08                        松原仁   12.01.13
09                        小平忠正  12.10.01
                       

 < 内閣府特命担当大臣(地方分権改革(地域主権推進)>

01 菅義偉   06.09.26 原口一博  09.09.16
02 増田寛也  07.08.27 片山義博  10.09.17
03 鳩山邦夫  08.09.24 川端達夫  11.09.02
04 佐藤勉   09.06.12 樽床伸二  12.10.01 
                       

 < 内閣府特命担当大臣(拉致問題)>

01 塩崎恭久  06.09.26 中井洽   09.09.16
02 町村眞悟  07.09.26 柳田稔   10.09.17
03 中山恭子  08.08.02 仙石由人  10.11.22
04 河村建夫  08.09.24 中野寛成  11,01.14
05                        山岡賢次  11.09.02
06                松原仁   12.01.13
07                田中慶秋  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(防災)>

01 溝手顕正  06.09.26 前原誠司  09.09.16
02 泉信也   07.08.27 中井洽   10.01.12
03 林幹雄   08.08.02 松本龍   10.09.17
04 佐藤勉   08.09.24 平野達男  11.07.05
05 林幹雄   09.07.02 中川正春  12.02.10
06                                      下地幹男  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(新しい公共)>

01             仙石由人  09.09.16
02             玄葉光一郎 10.06.08
03             村田蓮舫  11.09.02
04             岡田克也  12.01.13
05             中川正春  12.02.10
05             中塚一宏  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(国家戦略)>

01             菅直人   09.09.16
02             仙石由人  10.01.07
03             荒井聰   10.06.08
04             玄葉光一郎 10.09.17
05             古川元久  11.09.02
06             前原誠司  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(原子力行政) >

01             細野豪志  12.01.13
02             長浜博行  12.10.01


 < 復興大臣 >

01             平野達男  12.02.10


 < 内閣府特命担当大臣(郵政民営化) >

01             下地幹郎  12.10.01


 < 内閣府特命担当大臣(国民生活)>

01 岸田文雄  07.08.27 
     廃止    08.08.02 


 < 内閣府特命担当大臣(再チャレンジ)>

01 岸田文雄  07.08.27
     廃止    07.09.26



1965




2012年10月 1日 (月)

野田佳彦くんの「税金を使った安倍潰し」プロパガンダ大作戦




1956


 
韓流・野田佳彦くんの嘘つき生活 本日で    396日目


 民主党政権終了「平成25年8月29日」まで あと 332日




 自民党安倍新総裁が誕生した日、以下の記事の見て、オジサンは、あまりにもの「ちょうにち」さんの自爆振りに、思わず、ニッコリしてしまいました。


 < 2012.09.26 朝日新聞 >
 http://www.asahi.com/international/update/0926/TKY201209260329.html

 
韓国・聯合ニュース「極右 安倍氏が総裁」と速報

 
韓国の聯合ニュースは26日、自民党総裁選で安倍晋三・元首相が選ばれた直後に「極右 安倍氏を選出」と速報した。韓国では、安倍氏が一部メディアに対し、自民党政権になれば、1993年に河野洋平官房長官(当時)が慰安婦問題で軍の関与を認めて謝罪した「河野談話」などを見直すべきだ、と語ったことに強い反発が出ていた。(ソウル)


 この記事の笑える理由は、ちょうにちさん、精神的にもかなりおいつめられたなと感じた点もさりながら、上記記事の配信時間です。

 ちょうにちさん、この記事、自民総裁選選挙直後の14時36分に配信しているのです。

 オジサンは、この14時36分という配信時間に、つい、笑ってしまいました。

 日本で起きた出来事なのに、韓国の通信社が発表した記事を、かくも速攻で再発信出来てしまうちょうにちさんって、800%、ウリナラマンセーww

 では、ここで、笑韓ちょうにち劇場を検証するために、日本の各メディアの安倍総裁誕生の第一報の配信時間をチュックしてみましょう。

 まずは、自称日本最高級のクォリティペーパーのちょうにちさんから。


 < 2012.09.26 朝日新聞 >
 http://www.asahi.com/politics/update/0926/TKY201209260314.html?ref=reca

 
自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転

 配信時間:
14時19分


 < 2012.09.26 共同通信 >
 http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092601002288.html

 
自民新総裁に安倍氏 決選で石破氏を逆転

 配信時間:
14時31分


 < 2012.09.26 時事通信 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date3&k=2012092600606

 
安倍晋三氏略歴=自民新総裁

 配信時間:
14時29分


 < 2012.09.26 産経新聞 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120926/stt12092614210009-n1.htm

 
新総裁に安倍氏 決選で石破氏を逆転

 配信時間:
14時21分


 < 2012.09.26 NHK >
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120926/k10015297351000.html

 
自民党 安倍氏を新総裁に選出

 配信時間:
14時22分


 < 2012.09.26 フジテレビ >
 http://www.fujitv.co.jp/news/fnn.html

 
自民党総裁選で安倍晋三氏を第25代総裁に選出

 配信時間:
14時17分

 
 以上から、最速が、フジの14時17分、続いてちょうにちさんの14時19分、以下、産経さん14時21分、NHK14時22分、と続きます。


 ちなみにちょうにちさんが報じている韓国の通信社「聯合ニュース」の東京支社は、共同通信本社ビル内にあり、共同通信と業務提携を結んでいますが、共同通信の安倍新総裁誕生の配信時間は、14時31分で、スピードを命とする通信社としては、かなりの遅れをとっております。

 その共同通信がニュース配信した5分後に、ちょうにちさんは、もう、ソウルでの聯合ニュースの速報記事「極右安倍氏が総裁」を、ソウル特派員と思しき方の記事として、日本国内向けに配信しました。

 ちょうにちさん、凄い早業ですな。

 ちょうにちさんのソウル特派員の方も、その記事を採用可と即座に判断した東京本社政治部も、実に、優秀極まりない方達です。

 でもねぇ、ちょうにちさんの冒頭の記事、(ソウル)と記載は、ありますが、ソウル特派員のお名前さえ記載なく、責任者不在の典型的な無記名記事となっています。

 これでは、ソウル発の記事であるかどうかも極めて疑わしく、実際は、東京のちょうにち本社記者がソウル特派員のなりすましで書いた可能性も、充分、在り得えます。

 さらに、聯合ニュース日本語版には、26日選挙当日でさえ、さらには、今日に至るまで、「極右安倍氏が総裁」なる当該記事の掲載は、一切、見当たりません。

 本家ハングル版には、当該記事の掲載があるのかも知れませんが、仮にあったとしても、最速で報じた日本のメディア、フジでさえ14時17分です。

 その19分後の14時36分に、聯合ニュース(東京)→ 聯合ニュース(ソウル)→ ちょうにち(ソウル)→ ちょうにち(東京)→ 採用の可否判断 → 校正 → 日本国内ネット配信、の一連の作業を完了させた訳ですから、ちょうにちさんの事務処理能力の高さに、オジサンは、素直に敬意を表したいと思います(棒)

 と言うことで、ちょうにちさんのソウル発のこの記事、「限りになく真っ黒に近いやらせ捏造記事だった」、がオジサンの結論です。

 ちょうにちさんが愛してやまないヨシヒコくん政権も、どんなにもったところで、来年の7月の参議院選挙まで。

 今回の予想外の自民党安倍総裁の誕生により、増すゴミ諸君主導の3党連立政権は、もはや、絶望的です。

 遅かれ早かれ、よしひこくんの下野が確実になった現在、こうなっては、ちょうにちさん、ファビョってあることないことプロパガンダして、憎き安倍さんを潰すしかないでしょう。

 これには、ヨシヒコくんも、積極的に、官邸機密費を使いまくって、一枚からんでいる可能性が、かなり高い。

 だって、安倍新総裁誕生後の増すゴミ諸君のファビョり振りは、尋常ではありません。

 きっと、ヨシヒコくんも、在日や民団から、執拗に責められ、きつ~いお叱りを、毎日、受けてるんでしょうね。

 人権救済法案閣議決定が、その証左です。

 何せ、かれらは、在日特権・パチンコ利権・反日利権を失うことに、戦々恐々の筈です。

 そのためには、何がなんでも、どんな汚い手を使ってでも、安倍元総理の再登板を潰しにかかってくるでしょう。

 まぁ、やれものなら、やってごらん。

 迎え撃つ私たち日本国民は、アキヒロの天皇陛下侮辱発言で、完全に目覚めてますからね。

 もう、きみたちペニンシュラ系のやりたい放題にはさせませんし、きみたちの目に余る我が儘行為は、私たち日本国民が、許しません。

 これから、きみたちには、きちんと、しっかりと、責任をとって頂きます。

 もちろん、増すゴミ諸君とて、同様です。

 きみたちの反日行為、この日本では、もう、私たち日本国民が許しません。



1957




« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »