« 格差拡大に大はしゃぎの反日財務官僚、玉木林太郎くん | トップページ | 既に内鮮一体化が実現している増すゴミ業界 »

2014年7月 9日 (水)

ただグダグダ言うだけでお給料が貰えるみんちゅくん商法




 オジサンはコトあるごとに「みんちゅくん、汗かかない」を力説してますが、心底それを実感したのは、3.11の浦安の復旧・復興に関して、地元浦安選出のみんちゅ所属国会議員・県会議員・市会議員諸氏の「高見の見物」のお姿を見せつけられた時です。

 彼らは全員揃いも揃って、保守系現市長の震災施策にひたすらケチつけるだけで手助けする気などサラサラなく、今尚、グダグダ文句を言うばかりの戦術を繰り広げています。

 3.11直後は液状化で流出した土砂の除去のために周辺市町村から大勢のボランティアが浦安に来てくださいました。

 ところが地元選出のみんちゅくん議員たちは、お見事なまでに徹底して何もなさいませんでした。

 オジサンは出きる範疇でのお手伝いしかできませんでしたが、公人である議員たるべき者、軍手嵌めてスコップ持って、形式だけでもいいから少しは手伝えよ。

 今でもオジサンは浦安のみんちゅ軍団に「絹ごし豆腐」ぶつけちゃいたい気分です。

 中でも一番対応が酷かったのは、当時衆院議員だった村越祐民くんです。

 彼、震災直後にやってきてマンホールが飛び出している場所や被災現場を撮りまくり、自分のブログに嬉々としてアップし、それ以降は全くのなしのつぶて。

 震災なんてそっちのけで、ひたすら、趣味の死刑廃止運動に邁進なさっておりました。

 必竟、衆院選落選は自業自得。

 と言うよりヒロタミくんの様な輩は号泣県議同様、議員以前にヒトとして問題あり杉です。

 *当時のみんちゅくんの徹底したラクチン稼業のご様子はこちらをご覧下さい。

 話変わって、同じくヒトとして問題あり杉と思えるのが、似非保守工作員でもある松原仁くんです。


 
< セクハラやじは「気の緩み」民主国対委員長が自民批判 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140707/plc14070722320009-n1.htm

 
民主党の松原仁国対委員長は7日、相次ぐ自民党議員によるセクハラやじに関して「自民党の気の緩みだ。多数党で何を言っても大丈夫だと思っている。やじはその一端だ」と批判した。国会内で記者団の質問に答えた。


 産経さん、みんちゅくんに対してはもう書く気力さえ失せていらっしゃるようで、超投げやりな短文になっちゃってますが、これ、4月17日衆院総務委員会に於ける維新女性議員に向けられた自民議員の野次に関する仁くんのコメントなんです。

 その辺りはみんちゅくんHPにウリナラの正義を語っているgdgdレポートがアップされています。


 
<「あるまじき発言。猛省促す」松原国対委員長、自民大西議員のセクハラ野次発言を批判 >
 http://www.dpj.or.jp/article/104678/

5405


 最初にどうでもいいことなんだけど、仁くんさぁ、きみアカのネクタイ以外はお持ちじゃないのかなぁ。

 3ヶ月前の後出しジャンケン、オジサンは読む気にもなれません。

 こんなこと本気で双方で遣りだしたら収拾がつかなくなります。

 仮にルール的に後出しジャンケンでの本格的勝負を是とするなら、秋風が吹く頃には、みんちゅくんたち115名の国会議員は全員「そして誰もいなくなった」状態間違いなしです。

 みんちゅくんは、自民党が後出しジャンケン戦法には出てこないことを承知の上で、自分達だけは卑劣極まりない後出しジャンケンが許される特権があると思い込んでいるのです。

 確かな理由は解りませんが、恐らくみんちゅくんの脳内構造は、河野談合・従軍慰安婦像利権と800%同じだとは邪推されますが、何なんでしょうねェ、このみんちゅくん特権意識の本質は。

 更に、拉致問題のみんちゅくん対策本部の高圧的な上から目線の遣り取りなんか見ちゃうと、凄いですよ。


 
<「前進させるべきは前進させる」 日朝協議を受けて拉致問題対策本部総会を開催 >
 http://www.dpj.or.jp/article/104679/

5406

 
「文書のやり取りがなく、果たして信用できるのか」などの厳しい声が相次いだ。(中略)

 終了後、同対策本部事務局長の鷲尾英一郎衆院議員(画像右恥)は記者団に「政府の説明ではきちんとした文書もなく、『軽い』という印象だ」と語り、協議のあり方に懸念を示した。



 拉致工作員疑惑の鷲尾くんがよく言いますよ。

「文書のやり取りがなく、果たして信用できるのか」ですとぉーw

 みんちゅくんなんか、3.11、議事録一つ確信犯で作らなかった癖にw

 これって、本格的に日本人にケンカ仕掛けてるって理解していいんだよね、鷲尾くん。

 それならそれで日本国民も、もう、きみたちみんちゅくんを一切甘やかすことなどせず、きみたちの私有財産は全部没収しちゃうゾの意気込みで、立ち向かうのみです。


 
< 34才児の確信犯、鷲尾英一郎 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/34-d276.html

 
< 拉致行為を間接支援している新潟県民 > 民度が低いですな >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-edf1.html


 日本国民にとりましては唯一の良心的新聞社「産経新聞」も、きみたちのことは見放しちゃったみたいですから、オジサンも何気兼ねすることなく今後も、みんちゅくんへのヘイトスピーチを展開させて頂く所存であることを革めまして宣言する次第です。
 
 お天道さまも本気モードですから、みんちゅくん、覚悟は宜しいかな。


 
< 取材最前線、骨の髄まで緩む民主党 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140707/stt14070707580001-n1.htm

 
民主党は骨の随まで緩んでいるのか-。6月24日の両院議員総会を取材した感想を簡単に言うと、このことに尽きる。(以下略)


5407



« 格差拡大に大はしゃぎの反日財務官僚、玉木林太郎くん | トップページ | 既に内鮮一体化が実現している増すゴミ業界 »

浦安点描」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

半島人」カテゴリの記事