« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

教師諸君、公務員以外の民間人社会では最早相手にされていません




6106
6105


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.29 産経新聞朝刊から >

6103  
 ( 同上Web版記事はこちらで )


 
< 2014.08.30 産経新聞朝刊から >

6104
 ( 同上Web版記事はこちらで )


 子育てが終わってしまうと、民間会社の世界しか知らないオジサンにとっては、全国小中高で92万人も居る教師諸君とは公私ともにお付き合いする機会はごく稀で、親戚で教職に就いている子とたま〜に会話を交わすか、趣味の世界の集まりでご一緒する教師諸君と時たま呑む程度です。

 そんな数少ない彼らとの接触の中で、端的にリアルで感じることは、「根本的に住む世界、生きてる世界が違うな」の一言です。

 もっと言うなら、教師諸君は生産性や利潤を上げることは一切求められない世界ですから、暗黙の終身雇用制度の保障の下、乱暴な言い方になってしまいますが、仕事をやってもやらなくても結果がどうであろうとも犯罪に従事しない限りは、もとい、昨今では犯罪を犯しても、定年までは雇用が確保されていることです。

 一方、民間会社の世界は、利益が上がらなければ組織そのものが維持できませんし、消滅のリスクを絶えず抱えています。

 ですから、民間会社の世界では仕事の結果が常に最優先で求められるのは自明の理で、結果が出せなければそれなりの処遇でしかなく、万引き・痴漢・盗撮一つとっても温情処理は考えられず、ましてや、バブル期以降は終身雇用制度さえ崩壊してしまいました。

 極論するなら、教師諸君は平和が約束されている世界で生活を送っているのに対し、民間会社の世界は丁々発止の渾沌の世界の中で生きている?(当の民間会社で働く本人たちは、それほど大袈裟なものは感じてはいませんけれどもね。)

 いずれにしましても、オジサンのようなヒネクレ者には、大変失礼ながら教師諸君の世界は、子供に何かを教えるということで生活の糧が得られている職業人の癖して、その教える側の彼ら自身に「とてつもない甘え・我が儘」が許されている世界のように映って仕方がありません。

 冒頭の二つの産経さんの記事にしてもそうです。

 教育現場の「政治的中立」意識の低さ浮き彫り云々を述べる前に、そもそも、集団的自衛権反対署名を集めることは教師諸君の本業ではありません。

 本業とは全く無関係の「反対署名集め」を職場で遣っていて、何故、教師諸君だけが馘にならないんでしょう。

 民間会社なら、このような職場での大々的な規律違反は、即刻馘になっても何らおかしくありません。

 それとも何かな、公務員の世界だけが、日中職場内で政治活動をすることが許されていて、民間の世界では政治活動は一切許されないという不文律でもあるんでしょうか。

 あるんでしょうね、きっと、教師諸君の間には間違いなく「勤務時間中何を遣っていても構わない」との労働貴族特権が。

 そりゃぁ、民間のサラリーマンだって、その大多数はサボったり業務に関係ないことをしていることは、たまにはありますよ。

 でもね、就業時間中に政治活動に従事している民間会社勤務の社員なんて、滅多に居ないとオジサンは思います、共産党系列の会社を除いてはね。

 三菱商事が、住友商事が、みずほ銀行が、本社ビルに「集団的自衛権反対」等の政治スローガン垂れ幕を掲げることなんか、想像だにできません。

 でもこの間オジサン、某県の某法務局に土地の登記簿謄本を取りに行った帰り道で、某県教育委員会の建物に「戦争反対何タラカンタラ」「憲法がウンタラカンタラ」とか、誰が見ても政治スローガンとしか思えない垂れ幕が堂々と飾ってあるのを見つけて、驚いてしまいました。

 こういう現実と実態を見てしまいますと、教育委員会も教師諸君も、本業は「政治活動」、読み書き算盤は「塾が請け負っている」とレッテル張りしても、全然、構わないんじゃないでしょうか。

 冒頭の文科相「厳正に対処」の記事を読んでも、民間会社人間の感覚からしたら、しらじらしい限りです。

 文科相も文科省職員も、教育委員会&教師諸君の政治活動が、授業中でも休み時間中でも有給取得中でも、自由自在に展開されていることを知っている癖して甘やかして我関せず、知らん顔している。

 民間会社だったら全員馘です。

 というか、文科省も教育委員会も学校も組織そのものが、とっくの昔に消滅・解散に追い込まれていても全然おかしくありません。

 まぁ、お天道さまが、近い将来、文科省を初めとする学校関係者全員に厳しいお仕置きをしてくれるのは間違いないでしょう。

 教師諸君、ビクビクしながら愉しみに待っていてね。

 読み書き算盤を教えることを800%塾に任せっきりで、日中は政治活動ばっかりの教師諸君。

 きみたち全員の共済年金が、国民年金並みに引き下げられるのはもう直ぐです。

 それが嫌だったら僅かに残っていると思いたい良心的教師諸君、せめて就業時間中の同僚の政治的活動に対しては、これからは見て見ぬ振りはせずに、一致団結して内部告発し、敢然と彼らを馘にするまで闘うべきです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 日教組HPから、集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する書記長談話 >
 http://www.jtu-net.or.jp/2014/07/post-484.html

 
< 道高教組HPから、安倍内閣による集団的自衛権行使容認の閣議決定強行に断固抗議する >
 http://www.dokokyoso.jp/

 
< 京都教職員組合HPから、集団的自衛権の行使容認閣議決定に抗議>
 http://www.kyokyoso.jp/topics/2014/07/02-092705.php

 
< 都教組HPから、練馬教職員9条の会結成 >
 http://www.tokyouso.jp/constitution/peace2008/9.html


6107_2


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 教員の不祥事 2014年8月第5週の巻 heart


 
< 2014.08.25「パンツちょうだい」女子高生に強制わいせつ容疑、横浜市立中学教諭を逮捕 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999140.html

6108

 
< 2014.08.26 17歳少女に売春させた疑い、小学教諭を逮捕、愛知 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999266.html

6109

 
< 2014.08.26 女子高生脅し胸触った疑い、中学教諭逮捕、横浜市 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140826-00000011-jnn-soci

 
< 2014.08.26 小2男児に体罰、横浜市教委が男性教諭を懲戒処分 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00098082-kana-l14

 
< 2014.08.26 日立一高へ爆破予告、男性教諭を懲戒免職、茨城 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00000014-san-l08

 
< 2014.08.26 女子高校生にわいせつ行為の疑い、中学教師逮捕、横浜市南区 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140826-00000379-fnn-soci

 
< 2014.08.26 女子生徒倒し背中蹴る、市立中男性教諭を減給、新潟 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999563.html

 
< 2014.08.26 中学生に体罰で教諭3人懲戒処分 北九州市教委 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999562.html

 
< 2014.08.27 女生徒にキス…山梨・県立高教諭「励ますつもりだった」 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999564.html

 
< 2014.08.27 水着女性を盗撮した疑い、愛知県立高教頭を逮捕  >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999400.html

 
< 2014.08.27 引率教諭「敗退」と勘違い…中学相撲で不戦敗に、徳島 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999398.html

 
< 2014.08.28 わいせつ高校教諭を懲戒免職、現金盗んだ職員、成績改ざんの教諭も処分、埼玉 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00010000-saitama-l11

 
< 2014.08.28 高校総体引率中の教諭、盗撮で懲戒解雇、秋田 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999742.html

 
< 2014.08.28 わいせつ元講師に懲役5年を求刑、岡山 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999724.html

 
< 201408.28 万引きの小学校教諭を懲戒免職、愛媛 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999721.html

 
< 2014.08.28 教諭「安全指導なく」大和プール事故、元園長公判で証言、神奈川 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999718.html

 
< 2014.08.29 君が代不起立、再任用拒否で元教諭4人が提訴 >
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1999715.html

 
< 2014.08.30 暴言の教諭、戒告処分 浜松市教育長「権軽視」 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000011-at_s-l22



6110




2014年8月30日 (土)

えっ、あの野田佳彦くんがモンゴル訪問?




6095

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 野田前首相、モンゴル訪問へ、大統領と会談予定 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140828/stt14082822180010-n1.htm

 
民主党の野田佳彦前首相が、9月2~5日にモンゴルを訪問し、4日にエルベグドルジ大統領と会談することが28日、わかった。民主党関係者が明らかにした。野田内閣で官房副長官を務めた斎藤勁元衆院議員、長浜博行前環境相らが同行する。

 野田氏が首相在任中の平成24年11月、ウランバートルで4年3カ月ぶりに日朝の外務省局長級協議が開かれた。野田氏は当時、拉致問題の解決に力を入れており、モンゴル側の協力を得られた経緯がある。



 
< 野田前首相:モンゴル訪問へ、拉致問題で意見交換か >
 http://mainichi.jp/select/news/20140829k0000m010041000c.html

 
民主党の野田佳彦前首相は9月2~5日の日程でモンゴルを訪問し、エルベグドルジ大統領ら政府要人と会談する。モンゴルは北朝鮮と国交があり、拉致問題についても意見交換するとみられる。訪問はモンゴル政府が要請した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 先週のいつもとは違った週2回のブログ更新と更新内容から、我らがヨシヒコくんに何やら不穏な動きめいたものを勘ぐっていたいたオジサンですが、まさかヨシヒコくん、モンゴルへ出かけるとはねぇ。

 オジサンはあるとしたら、てっきり、高木クネたんとの告げ口外交戦略の下打ち合わせに違いないと邪推してたんですけど、見事にはずれてしまいました。

 うぅ〜ん、ヨシヒコくんの外交ごっこ、予測するのは結構、難しいゾ。

 それ故に、ヨシヒコくんウォッチングは実に奥深いというか、飽きないというか。

 オジサンもまだまだ修業が足りません。

 で、増すゴミ諸君情報によりますと、ヨシヒコくんは
「モンゴル政府の要請」によって、来月2日からモンゴルに出かけるんだそうです。

 へぇ、すごいじゃん、ヨシヒコくん、やったね、「ウリは、モンゴル政府の要請を受けて、わざわざ、訪問して差し上げるニダ」ですかぁ。

 毎日新聞と同様に、今やヨシヒコくん御用通信社に成り下った「時事通信」さまも、
「同国政府の招待で」と報じちゃってますから(2014.08.28、17時22分配信記事)、公式訪問であることを読者に一切伝えしようとしなかった産経新聞さんは、高木クネ政権の手によって「名誉棄損ニダ」って、加藤ソウル支局長が韓国検察に三度目の事情聴取を受けちゃうかも知れません。

 オジサンは、産経の加藤支局長の身の安全が心配で、夜も眠れません。

 だって、産経さん、ヨシヒコくん政権下の拉致問題対応に関しては、バンバン暴露記事流しちゃってますからね。

 何と言っても、ヨシヒコくんが一番頭にきているのはこちらの記事でしょう。


 
< 2013.03.27 産経新聞から >

6096


 
< 一連の流れ、2013.03.27 産経朝刊から >

6097


 
< 当事者は全否定、2013.03.27 産経新聞から >

6098


 2013.03.28付拙ブログでもアップしておりますが、今回の唐突過ぎるヨシヒコくんのモンゴル行は、上記産経記事と全く無関係とは言いがたく、「ヨシヒコくんの拉致利権疑惑、一層、深まる」と思わず下衆の勘繰りをしてしまうほどのインパクを感じます。

 だって、9月第2週、若しくは第3週には拉致問題に関して、何らかの動きがあると期待が持たれているこの敢えて微妙なこの時期を選んでの、ヨシヒコくんのモンゴル・ツアーですからね。

 ヨシヒコくんの訪問の真の目的、オジサンにはさっぱり判りませんが、最大限に評価して差し上げられるとしたら、彼の目的は、構ってちゃん的「スタンド・プレイ」。

 則ち、9月に何らかの具体的解決が見られた場合を想定しての、「この度の解決は、ウリが下地を作って上げたからニダ」の恩を、安倍政権に売りたいがためだけのアピール戦術狙いが、ヨシヒコくんの一番の目的なのかも知れません。

 彼、この種の韓流演技は、みんちゅくんでは断トツの演技性何タラカンタラですからね。


 
< 2014.04.14 野田よしひこ瓦版No.947「拉致問題」 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/62.html


 ほうら、上記ブログ記事内でも、ヨシヒコくんのウリナラファンタジーに塗れた深慮遠謀がミエミエでしょう。



> 私の背広の左胸には、常に議員バッジとブルーリボンが付いています。拉致問題を片時も忘れないためです。内閣総理大臣は拉致問題対策本部の本部長です。その責任ある立場を経験した以上、当然のことだと思っています。


 冗談じゃぁありません。

 ヨシヒコくんがブルーリボンバッジを着けたのは、総理就任月の2011年9月11日、拉致被害者家族と面談したのが初めてです。

 それ以前は、ブルーリボンバッジを着けるどころか、関心さえ抱いていなかった癖に。


 
< ホルホルよっちゃんのスーパージョーク >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-8aab.html

 
< 野田佳彦のブルーリボン着脱日記 > 韓流パフォーマンス踏襲の巻 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-1252.html

 
< あざとい野田佳彦 > ブルーリボン着脱日記(その2) >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/2-af32.html

 
< 54才児・野田佳彦は、とっても良い子 > ブルーリボン着脱日記(その3)>
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/54-3-a6e9.html


 ちょっと調べる気があれば、このネット時代、誰だって直ぐ判ってしまうような嘘を平気でお吐きになるヨシヒコくん。

 更に、ヨシヒコくんのブルーリボンバッジ言動で一番笑っちゃうのは、彼の現在のオフィシャルHPのトップページで、ブルーリボンを着けていないヨシヒコくんのお姿が2枚も確認されることです。

 このトップページ画像は、オープンするたびに切り替わる仕組みになっていて、画像パターンは5種類あるんですが、明らかにその中の2枚は、ヨシヒコくんご自身は、ブルーリボンバッジをお着けになってはいらっしゃいません。


6099
6100


 ヨシヒコくん的詭弁術を駆使するなら、「たまたま隠れて見えないだけニダ」なんでしょうが、
「私の背広の左胸には、常に議員バッジとブルーリボンが付いています。拉致問題を片時も忘れないためです」と豪語する位なら、「だったら、誰が見ても直ぐブルーリボンバッジを着けていることが判る画像をアップしてね」と言いたくなっちゃいます。

 でも、こう言ういい加減で間抜けなところが、半島チックで妙に憎めないヨシヒコくんではあります。

 とは言え、現役総理時代のヨシヒコくん、拉致問題に関しては問題児行動ばかりでしたからねぇ。


 
< 責任感など感じたことがない野田佳彦くん >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-70ab.html

 ( 2012.10.26 野田総理と家族会、面談後 )
6101


 それを考えると、ヨシヒコくんの今回のモンゴル行、安倍総理に手柄を立てさせたくないがための一心で、目的はたった一つ、「全てをぶち壊しに行く」ためとも考えられます。

 何せ、お連れのお二人が悪杉。

 斎藤勁くんに長浜博行くんですからね。

 もちろん、お二人とも半島大好き人間ですし、落選して既に国会議員をリタイア宣言しちゃっている斎藤勁くんなんかは、拉致密約仕掛人の最有力候補者ですからね。

 いくら元官房副長官の斎藤勁くんとは言っても、彼、みんちゅの前は、拉致問題をひたすらなかったことにしようと確信犯で画策していた社会党の出身です。

 現役をとっくにリタイアした斎藤勁くんを敢えて今回のモンゴル行に同行させることは、正に、土井たか子姐さん、福島瑞穂姐さん、辻元清美姐さん、有田ヨシフ兄さんを連れて行くようなもんです。

 そもそもみんちゅくんの中で、拉致問題に熱心だったのは、上辺だけの見せかけとの批判はあっても、松原仁くんと渡辺周くんのお二人だけです。

 ヨシヒコくんに本気で拉致解決の気構えがあるのなら、ポーズだけでも何故、彼らお二人を随行させなかったんでしょう。

 この点だけみても、ヨシヒコくんの本気度が疑われる要素、充分ありです。

 それにしても、ヨシヒコくんご一行、3泊4日ツアーで、モンゴルで一体何をなさるんでしょう。

 前総理とは言え野党の立場でのヨシヒコくんが、観光以外の外交・政治・経済目的で、4日間も遣る事が沢山あるとは到底思えません。

 おまけに、ヨシヒコくん自身、ネゴシエーションも話し合いそのものも全くおできになる政治屋さんではございませんしね。

 かつ、9月2日火曜日出発となりますと、成田・ウランバートル間の直行便はありません。


 
< 成田発着便【ミアットモンゴル航空】直行便 >
 http://ikoumongol.com/ticket/schedule.html

 
 となりますと、こちらの方の情報のとおり、ソウル経由 or 北京経由のフライトを利用なさるんでしょうか。


 
< あまり評判のよくないMIATを初利用 >
 http://flyteam.jp/airline/miat-mongolian-airlines/review/16135

 
最近、業務でモンゴルに行く機会が増えている。

 東京からウランバートルまでは、ソウル経由の大韓航空、北京経由の中国国際航空、直行便のあるMIATモンゴル航空があります。

 サービスを優先する方は大韓航空、Star Allianceのマイレージを優先する方は中国国際航空を利用すればよいでしょう。

 ところが、大韓航空の場合は帰りが深夜便となっていて、ソウル着が朝4時頃、乗り継ぎ便は午前10時頃と、待ち時間が長すぎます。(利用したことありますが、個人的には相当辛かったです。)

 中国国際航空の場合は、北京での1泊が必要(往路のみ)。

 そういうことで、機内食はまずい、サービス悪い、トイレはずっと混んでると、あまり評判のよくないMIATを初めて利用してみました。
(続きは上記URLでご覧下さい)


 上述情報を信じるとするなら、ヨシヒコくんご一行、フライトスケジュールを鑑みても、宿泊目的がモンゴルだけとは限らず、途中、ソウル or 北京泊も可能性としては充分あり得ると判断できます。

 となると、今回のヨシヒコくんの旅行目的は、モンゴル行きは建前だけ、もちろん、モンゴル政府からの要請ニダはプロパガンダで、真の目的は、「ソウル&北京立ち寄りにあり」も、別軸で考えておく必要がありそうです。

 だってどう考えても、ヨシヒコくんに拉致問題を解決させる「矜恃も良心も実力も能力も」備わっておりません。

 安倍政権もお天道さまも、その辺りはお見通し済みで、きっと、公安レベルの監視の眼が、旅行中は四六時中ベッタリ張付いていることでしょう。

 拉致問題、安倍政権の努力によって折角希望の光が見えて来たと言うのに、ここに来て、ヨシヒコくんなんかにお邪魔虫されては、国民としても泣くに泣けません。

 前総理の特権としてこのモンゴル行、SP諸君も随行なさるんでしたなら、ヨシヒコくんの告げ口外交は絶対許すまじで、ヨシヒコくんの一挙手一投足24時間、見張って頂きとうございます。

 頑張れ、公安諸君、頑張れ、SP諸君。

 在モンゴル日本大使館勤務諸君も、ヨシヒコくんの反日工作活動には、しっかり眼を光らせておいて下さいね。

 ヨシヒコくん、ウランバートルで、北朝鮮工作員 or 総連工作員と密会する可能性も捨て切れませんからね。


6102


 くどいようですが、今回のヨシヒコくんの突然のモンゴル行きは本当に不可解です。

 安倍総理の積極外交の一環として、日本の対モンゴル外交に、現在はタダの人でしかないヨシヒコくんが入り込んでくる余地なんて、オジサンには一つもないように思えるんですけどねぇ。

 アベガー連発の一発逆転狙いしか考えられない今回のモンゴル行、要ウォッチです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.24 モンゴルを危うくする 中国の狙いは資源獲得 >
 http://the-liberty.com/article.php?item_id=8340

 
習近平国家主席は、資源獲得に向けた動きを止める気配がない。

 
習氏は21、22日の両日、モンゴルを公式訪問し、首都ウランバートルでエルベグドルジ大統領と会談。エネルギー開発、インフラ整備、金融などの分野で経済協力に合意して、両国の関係を「全面的戦略パートナーシップ」と位置付ける共同声明に署名した。

 昨年60億ドルだった両国間の貿易額を、2020年には100億ドルに拡大させることや、通貨スワップ協定の枠を現在の1.5倍にあたる150億元に広げることに合意。また、鉄道の敷設や石炭・ガスなどの鉱山資源の開発での協力を進める。さらに、5年以内にモンゴル軍関係者500人を中国に招待することで、軍事的な協力も進めるという。

 その一方で、モンゴルは、周辺国に影響力を強める中国を警戒しているため、会見で習氏は、「モンゴルの領土完全性を尊重する」とした。さらに習氏は、モンゴル紙に、「中国は、お互いを結びつける鉄道や道路の建設、鉱山開発で両国が協力を推し進められることを期待している」と寄稿するなど、モンゴルの経済発展のために全面的に協力する姿勢を強調した。

 ただ、内モンゴルやウイグル、チベットなどの周辺地域を侵略してきた中国が、純粋にモンゴルの経済発展を願っているとは思えない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
2013.03.30 日・モンゴル首脳会談、ウランバートル
 https://www.youtube.com/watch?v=wQUIMLpPpDQ

">


 
2014.07.22 日・モンゴル首脳会談&夕食会、総理官邸 
 https://www.youtube.com/watch?v=-RKU107D8dg

">



2014年8月29日 (金)

自衛隊員の皆さま日夜国民の生命と財産を守って頂きありがとう




 
< 2014.08.27 懸命の捜索、広島土砂災害1週間 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/08/27hiroshima/

6088
 
発生から1週間を迎えた土砂崩れ現場。早朝、投光器の明りを頼りに懸命の捜索を続ける消防隊員、自衛隊員ら=27日午前5時42分、広島市安佐南区八木3丁目(頼光和弘撮影)


6089
 
外れてしまった重機の走行用ベルトを直す自衛隊員=27日午前6時27分、広島市安佐南区八木(鴨川一也撮影)


6090
 
現場に添えられていた花=27日午前、広島市安佐南区八木(鴨川一也撮影)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.25 チャンネル桜放映 >
 https://www.youtube.com/watch?v=bDFZ058O1yQ&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

 
" 広島土砂災害へのお悔やみと富士総合化力演習 "

 自民党、宇都隆史参議院議員


">


 ( 4分45秒から文字起し )


 
こんなご意見がですね、私の処に飛び込んで来ました。

 片や広島ですね、あんな大災害があって人出が足りない、或は、そのなかなか捜索・救難と言うのが思うように進んでいなくて、まだ40名弱の行方不明者が居る最中に於て、果たして片やその富士の裾野でお祭り騒ぎのような形で、ああいう風にドンパチ・ドンパチ見せ物みたいなことを遣ってて本当に良いんですか、と。

 あれだけの人が居るんであれば、広島に送り込んで対応すべきではないですかと言う、まぁ、半分ご批判、半分はまぁ自衛隊に対するエールでもあるんでしょうが、そう言う声が寄せられたんで、それは誤解に基づく話ですよということを私はその方にお伝えした訳です。

 災害派遣と言うのはですねぇ、その方はそもそも「任務なんですか、任務なんではないんですか」という話をされてましたけれど、今、自衛隊に於ける災害派遣は明確に「主たる任務」と言うことに位置付けられております。

 もちろん一番遣らなければならないのは、国防ですね。

 我が国の主権・独立を守ること、その為の訓練をするのが当然なんですけれども、平時に於ては国民の生命・財産を守る為の災害派遣、これ、ちゃんと要請できる要請権者と言うのがありますから、一番有名なのは県知事ですね。

 空港事務所長とか4つぐらいあるんですけれども、こう言う要請権者から要請を正式に受けた場合については、それに対して出て行くと言うのがこれは「主たる任務」です。

 但し、災害派遣と言うのはちゃんと「エリア」が決まっているんですね。

 普段からその土地に成熟をし、地形それからいざ災害になったら、どこからどこまで遣られるのかと言う「ハザード・マップ」を頭に入れた上で、ミイラ獲りがミイラにならないように、そして、かつてここは道路があった筈だから、かつてこの辺には人が住んで居た筈だから、恐らくこの辺にあるじゃないのか・・・・。

 その地形に熟知をした部隊と言うのが現地に入り込んで対応しなければ、実はそのぉ、普段からその土地を把握していないような部隊を連れていったからといって、直ぐには役に立てないと言うのが現実なんですね。

 現在広島に於ては、広島海田基地を中心とした「13旅団」と言う陸上自衛隊の部隊が、約800人を現地に動員をして対応に当たっています。

 この人数が少ない多いと言うのは、これは現地の指揮官が現状の災害の状況・規模を確認して、これ位の規模で出すのが一番適切であろうと言うことで出している訳ですね。

 これを、2千人出したから、3千人だしたから、或は1万人出したから効率良く仕事ができると言うものでは実はないんです。

 やはりそれだけの隊員を現地に出そうと思えば、それだけの車両が入ります。

 車両を出すには、それだけの道路が確保されている、或はそれだけ駐車できるスペース、或は隊員たちを寝泊まりさせられるスペースがなければ送り込んだって意味がない訳です。

 それから人を動かすと言うことは、意外と皆さん盲点かも知れませんが、自衛隊であったってこれは行政機関の一つですから、千人を動かすよりも1万人を動かす方が9千人分、余分に予算が掛かってくるんです。

 この予算と言うのはもちろん皆さんの税金です。

 後ほど足りなければ、復興予算であったり、或は臨時予算等でお金として税金から使わせて貰うことになる訳ですね。

 と言うことは、できるだけ限られた予算の中で効率的に人を配置して、可及的速やかに国民の生命・財産を確保して行くと言うことが求められている訳で、ここは、現場の指揮官が判断して充分遣れてますよと言うことに対して、やっぱり納得と信頼をまずして頂きたいと言うのが一つ。

 それから片や、この富士の火力演習、中断をすべきではないかって言う声が上がらないその気持ちも判らないではないですが、やはり適切に普段から遣っている教育訓練と言う実態というのを国民の皆さんに見て頂く、確認頂く、そしてまぁそれが広報に繋がる訳ですけれども、こういう活動と言うのはやはり同時に遣るべきなんですね。

 何か一つの事象があったからと言って、皆がそれに掛かりきりになって思いをそこに、思いを致すのはもちろんそうなんですけれども、身も心もそこに集中してしまうと言うのは、これは組織としては、まぁ何と言うんでしょう、そこで足踏みしてしまうと言うか、スタックしてしまう、そこで思考回路が止まってしまう、そう言うことがあってはならないんですね。

 担当部署で遣らなければいけない人間は全面的にそこに集中をして、精神力を、そして自分たちの行動も全てそこに全力投下をする。

 しかし、それに携わっていない人間は粛々と普段から遣らなければならない、或はもしかすると、自分の担当方面でまた同じようなことが起るかも知れないですね。

 自分の持ち場は本当に大丈夫なのか、そう言うのの点検をする。

 そして身構えて、やっぱり、構えを崩さない。

 こう言うことがやっぱり安全保障、それから平時の危機管理の中では必要なんではないかなと言う風に思っております。


 ( 以上、10分6秒まで )


 宇都隆史議員、1974年11月12日生れの39才。防衛大学卒業後、自衛官を10年務め上げ退官。政経塾を経て2010年参院議員に自民党から出馬し当選。議員生活、現在4年目。

 片や、政経塾1期生で現在57才児の総理大臣まで務めた我らがヨシヒコくん。

 宇都議員の経験知に裏付けされた重みあるお言葉と、ヨシヒコくんのお馬鹿丸出しの2014.08.22付野田よしひこ瓦版No.963「危機管理」で展開された「アベガー」ヘイトスピーチを比較しますと、思わずこの違いは一体なに?と大声で叫びたくなってしまいます。

 ヨシヒコくん、これでも、本当に自衛隊員の伜?

 ヨシヒコくん、これでも、本当に総理大臣だった?

 ヨシヒコくん、これでも、本当に国民の生命と財産を守る気があった? 

 やはりヨシヒコくんにおかれまして、NHK&チョウニチさんとご一緒に近い将来、日本社会からご退場して頂かなければ1億2千万人日本国民の気が済みません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.21 チャンネル桜放映 >
 https://www.youtube.com/watch?v=Cy_Nje1Y18o&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

">

 
広島市内で発生した土砂災害における自衛隊の災害派遣活動の様子や、このよう­な自然災害と有事が重なった際に懸念される自衛隊員の人員不足、弾薬提供などの対米支­援の拡大方針、装備面における陸海空の「統合」、そして、辺野古で展開されている常軌­を逸した移設反対の抗議活動などについて取り上げます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.25 チャンネル桜放映 >
 https://www.youtube.com/watch?v=4uBG_sZG3mI

">

 
陸上自衛隊による毎年恒例の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」を行う意義や、­米軍対潜哨戒機への中国軍戦闘機の異常接近、変貌を続ける中国軍の統合運用への動き、­朝日新聞が22年前から女子挺身隊と慰安婦を別の存在として認識していた事実などにつ­いて取り上げます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6091
6092
6093
6094



2014年8月28日 (木)

みんちゅくん崩壊間近で焦りまくっている野田佳彦くん(後編)




6082


 
< 2014.08.22 野田よしひこ瓦版No.963「危機管理」から >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/78.html


 昨日もお伝えしたように、我らがヨシヒコくんがここに来て完全に逝っちゃってます。

 まぁ、もともとヨシヒコくんは日本人としての「良心も責任感」も、生来、有しておりません。

 だからこそヨシヒコくんは、「太陽は東から昇る」と言う絶対真理でさえ、私利私欲・半島最優先・自己保身のためには、「太陽は西から昇る」「太陽は南極から昇る」「太陽はウリナラから昇る」(以下略)等々、ピョンヤン運転で堂々と嘘八百を声闘することができる " すんばらし~い " 政治屋さんなんです。

 で、上記URLで捲し立てた「アベガー」スタイルに観られるように、ヨシヒコくんは今尚自信満々で、「まだまだ日本人は騙せる」とお思いになってらっしゃいます。

 えぇ、えぇ、そうですとも。

 ヨシヒコくんの政治屋さんとしての人気と人望と実力は、総理強制解任後も少しも衰えていませんw

 ですからヨシヒコくんにおかれましては、何怯むことなく、引き続きどしどし「アベガー」「ジミンガー」「ニホンガー」「ニホンジンガー」「キョウセイレンコウガー」「ナンキンダイギャクサツガー」を遣っちゃって下さい。

 オジサンは、ヨシヒコくんの政治屋さんとしての「誠意も良心も責任感も」一かけらも感じられない温かみのない肉声が、聴きたくてたまらないゾ。

 そんなヨシヒコくんですが、広島土砂災害に関する冒頭「アベガー」ブログ記事をじっくり読んでみますと、明らかに彼自身内部に、相当のあせりが感じられます。

 何せオジサンのような素人でも、昨日の拙ブログで時系列で事実を証明した如く、ヨシヒコくんの今回のかなり強引な「アベガー」声闘は、さらっと読み流しただけでも、直感的にヨシヒコくんの偽善と欺瞞が瞬時に見抜けますからね。

 オジサン、ヨシヒコくんは日本の総理になったぐらいの人なんですから、もうちょっと頭が良くてキレる人なのかなと思いたかったのですが、どうやら、単なる普通人よりはちょっと工作行為に長けた人程度の存在なのかも知れません。

 おまけに、今回の広島土砂災害に関する強引極まりない「アベガー」は、その辺のゴロツキそのものです。

 何故、かくも稚拙な「アベガー」をヨシヒコくんは今回展開してしまったのでしょう。

 その原因をオジサンは、みんちゅくん政権担当時の「事業仕分け」にあると見当をつけました。

 3.11も今回の広島の大災害も、その遠因は、みんちゅくんの「事業仕分け」にあった。

 そのことをどうしても隠したいがために、ヨシヒコくんは何が何でも安倍総理のゴルフ対応を批難せざるを得なかった。

 あの鉄壁のチョウニチ新聞さまに風穴が開き始めたように、あの天下のNHKさまにメスが入り始めたように、正にウリ仲間の狼少年たちが次々と組織壊滅に追い込まれようとしている事態を目の前にして、ヨシヒコくんは本能的に、次はウリたちみんちゅの番だと悟ったんでしょう。

 となると今から次善の策を練らねば・・・・。

 今週ブログ更新しないで雲隠れしちゃったのは、高木クネたんとの隠密裏の会談のため?、なぁ~んちゃって。

 9月第2週 or 第3週と噂されている拉致問題の進展、何らかの成果が見られたら、みんちゅくんも高木クネたんもレームダック確実です。

 頑張れ、ヨシヒコくん、頑張れ、高木クネたん。

 そうそう、みんちゅくんの事業仕分けの話でした。

 増すゴミ諸君は相変わらの挙国一致の言論統制をしていて話題にさえしておりませんが、ネットの世界では、今回の広島土砂災害、みんちゅくんの事業仕分けが一層被害を拡大させてしまったとの批判が数多く散見されます。

 オジサンもネット経由でそのようなみんちゅくんの悪業を知った訳ですが、その前に事前知識として日本の「土砂災害警戒区域」がどのような現状におかれているのか、予備知識を得ておきましょう、

 
 
< 「警戒区域」指定に全国 “ 格差 ”  >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140824/waf14082414000012-n1.htm

6071

 
土砂災害の恐れがある「土砂災害危険箇所」を、住民の避難態勢を整備する「土砂災害警戒区域」などに切り替える取り組みが全国で進められているが、その進捗を示す「指定率」は都道府県によって大きく差が出ている。指定が完了した県がある一方、10%台にとどまっているところもあるためだ。


 強引過ぎる決め付けとは承知しつつ、なんか、みんちゅくんの最有力支援団体である日教組が強い発言権を持っている地域こそが、対策が遅れているとお思いになりませんか?

 さて、オジサンが広島の土砂災害が大型化してしまったのは、みんちゅくんの事業仕分けにも遠因があったのではとの批判の報に接したのは、こちらのTwitterです。


 
< マスコミが触れない事、民主党の事業仕分け >
 https://twitter.com/shounantk/status/502479288000462848/photo/1

6087

 この仕分け実施が本当だとしたら、ヨシヒコくん、R4姐さん、枝野たん、ミスター無能くん(以下略)を初めとするみんちゅくんたちは全員、島流しで構いません。

 3.11、笹古トンネル事故、豪雪被害等々、みんちゅくんによる事業仕分けの弊害は数え上げたらきりがありません。

 と言う訳で、今回の土砂災害に関連すると思われる上記事業仕分け結果の大元の1次ソースを調べてみたんですが、そのものズバリの資料になかなか出くわしません。

 それらしき物はあるんですが、探し方が悪いのかも知れませんが、では実際の個別事業で結果的にいくら減額或はゼロになったのか判別できる資料がなかなか見当らないんです。

 以下資料を見ても、オジサンにはチンプンカンプンです。

 

 < 事業仕分け第1弾(平成21年11月) >
 http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/shiryo.html

 
< 事業仕分け第2弾 (平成22年4~5月) >
 http://www.cao.go.jp/sasshin/shiwake.html

 
< 事業仕分け第3弾 (平成22年10~11月) >
 http://www.cao.go.jp/sasshin/shiwake3/index.html


 当時野党だった自民党も、事業仕分けの全体像がどうにも把握できなかったようで、高市早苗議員が「事業仕分け対象となった内閣府予算要求」に関して質問主意書を提出しておりますが、その答弁書を今読んでみるとお粗末きわまりないの一言です。

 ひょっとするとみんちゅくんたち、復興予算をネコババしてしまった事実から観られるように、事業仕分けと称してこれまたネコババしてしまったのかも知れません。

 そうでなければ、「この事業でいくら削減した、その結果こうなった」と言うことが、誰の眼からみても直ぐ判る一覧表が公開されていてしかるべきです。


 
< 事業仕分け対象となった内閣府要求予算について、内閣府の長である内閣総理大臣が予算要求を行った必然性と今後の対応方針に関する質問主意書
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a173151.htm

 
< 衆議院議員高市早苗君提出事業仕分け対象となった内閣府要求予算について、内閣府の長である内閣総理大臣が予算要求を行った必然性と今後の対応方針に関する質問に対する答弁書
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b173151.htm


 そのような類いの公開資料が見当らないと言うことは、みんちゅくんたち、相当やばいこと遣っていたと邪推されても仕方がありません。

 将来的には、
Noda・Hato・Kan & R4担当大臣、全員、逮捕拘束後、遠島ニカ?

 wkwk。

 てなことでオジサン的には、今後のみんちゅくん追い落とし作戦貫徹のためにも、事業仕分け結果一覧リスト探してみる積りでおります。

 真実を知っているヨシヒコくんとR4姐さんにとっては、恐るべき超「不都合な真実」だったりして。

 広島土砂災害に関する上述事業仕分けがこの通り本当に実施されていたのだとしたら、ヨシヒコくんもR4姐さんも、完全にアウトです。

 正に、チョウニチ新聞さまと天下のNHKさまと一緒に同じ運命を辿って頂くしかありません。

 その天下のNHKさまですが、こんなニュースを垂れ流していました。


 
< 2014.08.26 地方議員が議会の信頼回復を議論 >
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140826/k10014076201000.html

 
政務活動費の不適切な支出など、不祥事が相次ぐ地方議会の在り方を考える討論会が25日夜、都内で開かれ、参加した地方議員からは、信頼を取り戻すには議員活動の透明性を、より高めていく必要があるなどとする意見が相次ぎました。

 討論会は、政策の提言をしている民間のシンクタンクが開いたもので、関東や近畿、それに東北など、各地から集まった地方議員が意見を述べ合いました。

 このなかで、一部議員による政務活動費の不適切な支出が発覚した兵庫県議会の議員は、「不適切な支出の再発防止策はほぼまとまったが、それだけでは不十分で、議員活動自体をもっと住民に見えるようにしないといけない」と述べ、失われた信頼を取り戻すには、議員活動の透明性を、より高めていく必要があるという考えを示しました。

 また、茨城県の守谷市議会の議長は行政と議会の力関係に触れ、「市長に議員が1人1人で対抗するには限界がある。議会として一体となって行政の問題点をただすことでしか、住民からの信頼は得られない」と訴え、行政のチェック機能を果たすことも極めて重要だと主張しました。

 参加した三重県の四日市市議会の男性議員は「地方議員が同じ問題意識をもって、改革に取り組んでいることが分かり、励みになった。よい取り組みは、地元でも実践したい」と話していました。



 ちょっと目には、まともなニュースに思いがちですが、民間のシンクタンク主催のフォーラムに、公共放送のNHKさまが、何故、ニュースとして採り上げなければならないんでしょう。

 ひょっとして、双方、アンダーマネーが交わされているんでは?

 と思って、主催したこの民間シンクタンクなるものはどこなのかを調べてみました。

 上記URL内に動画が貼り付けられており、この民間シンクタンクの名前が、何気に画面に映し出されておりました。

 これって、完全に、コマーシャルですよねぇ、NHKさん。


6083

 
 と言う訳で、主催者は
「構想日本」なる民間シンクタンクでした。

 
 
< 2014.07.31 構想日本メールニュース >
 http://www.kosonippon.org/mail/bk140731.php

 
第203回J.I.フォーラム「地方議員―どん底から反転へ」

・平成26年8月25日(月)18:30~20:30(開場18:00)

・日本財団ビル2階 大会議室  港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111

・ゲスト:越田謙治郎(兵庫県議会議員)、金野桃子(戸田市議会議員)、松丸修久(守谷市議会議長)、村上幸一(北九州市議会議員)、柳澤亜紀(港区議会議員)他

・コーディネーター:
加藤秀樹(構想日本代表)

・主催:
構想日本

・定員:160名

・参加費:一般 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
             
・懇親会参加費:4,000円(ご希望の方は下記懇親会参加に○をつけてください)ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。「頤和園溜池山王店」 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531



 明らかにみんちゅ色が濃い議員ばかり重用してます。

 更に、更に、主催者である構想日本代表の加藤秀樹なる人物はWikiによりますと、なんと、みんちゅくんの事業仕分けの事務局長をお務めになっていた曰く付きの御仁です。


 
< Wikiから、加藤秀樹 >
 http://ja.wikipedia.org/wiki/加藤秀樹

 
祖父は元労相加藤常太郎。妻は元広島県知事宮澤弘(元首相宮澤喜一の弟)の娘、参議院議員宮澤洋一の妹。

 2009年10月、行政刷新会議(鳩山首相を議長、仙谷行政刷新相を副議長として、税金の無駄遣い排除のため行政全般を見直すことを目的として設置)の
事務局長に就任。その後2012年12月の政権交代を経て、行政刷新会議は「間違った政治主導の象徴である」として廃止された。

 ノーベル化学賞受賞者である野依良治が、事業仕分けにおける科学技術関連予算の削減を批判したことに対し、「(仕分け人は)誰一人として科学技術、研究を否定していない。仕分けの議論を見も聞きもせずに仕分け人を不見識と言う野依さんの発言は非科学的と言わざるをえない。」と反論している。



 
< 官邸HPから、加藤秀樹 >
 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2009/kato.html

6084

 
大蔵省で、証券局、主税局、国際金融局、財政金融研究所などに勤務した後、平成9年4月、日本に真に必要な政策を「民」の立場から立案・提言、そして実現するため、非営利独立のシンクタンク構想日本を設立。省庁設置法改正をかわきりに、道路公団民営化、国、自治体の事業見直し、教育行政改革など、縦横無尽の射程から日本の変革をめざす。東京財団会長、財団法人四国民家博物館理事長、平成21年10月から内閣府行政刷新会議事務局長を兼務。


 それに致しましてもしつこく何度でも言わせて頂きますが、みんちゅくん関係者って、どうしてかくまで赤のネクタイを愛でるんでしょうかねぇ?


 
< 野田佳彦くんの、韓流大爆笑「gdgd劇場」、開幕、開幕 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/gdgd-d540.html

 ・・・・ 月刊商業界2012.6月号から ・・・・
 
 赤いネクタイを締める人の特徴は、本編、34p以降に記載があります。ちなみに、赤を好む人は、身振り、手振りが、大げさとも。

6085


 最後に唐突ではございますが、このたびの土砂災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈り致しますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


 
< 壊れた家の周りで思い出の品を探す女性=23日午前、広島市安佐南区 >
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/photos/140826/dst14082621260019-p3.htm

6086



2014年8月27日 (水)

みんちゅくん崩壊間近で焦りまくっている野田佳彦くん(前編)




6075_2


 
< 2014.08.22 野田よしひこ瓦版No.963「危機管理」から >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/78.html

 
記録的な集中豪雨により大規模な土砂崩れが発生したことにより、20日午前4時20分に官邸危機管理センターに情報連絡室が設置されました。午前6時30分に広島県は陸上自衛隊に災害派遣要請をしました。同じく6時30分に首相も「政府の総力を挙げて、被災者の救命・救助などに全力で取り組む」ことなどを指示しました。

  ところが、その総理自らは午前7時30分に山梨県富士河口湖町のゴルフ場に到着。経産大臣や官房副長官らとプレーを始めました。が、被害拡大の報に接し、4ホール目でプレーを中断し、急きょ災害対応指揮のため官邸に戻りました。
被害の大きさがわかってから速やかに上京したのだから、適切な対応をしたと総理を弁護する人もいますが、私はそうは思いません。(中略)

 安倍総理は、官邸に戻り報告の聞き取りや一連の指示を終えると、その日の夜には静養先の山梨県の別荘に戻りました。これまた信じられません。2次災害の危険もある中、多くの人が救命・救急の対応をしている時に…。天皇、皇后両陛下は大きな被害が出ていることを受け、予定されていた軽井沢での静養を取りやめられました。

 それにしても、森政権の時に比べると、
メディアは総じて安倍政権に甘すぎます。メディア同士の批判合戦ばかりが目立ちますが、もっと政権に対する健全なチェック機能を果たしてもらいたいものです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 おやおや、我らがヨシヒコくん、いつもは月曜日が定期更新日なのに、先週は月曜日と金曜日の2回も更新しちゃってます。

 金曜日の更新内容を拝見しますと、言わずと知れた「アベガー」一辺倒ですから、安倍首相へのヘイトスピーチが翌週まで待ちきれなかったんですね、きっと。

 おまけに最後は、「増すゴミガー」の捨て台詞までお吐きになって、現役首相時代は言論統制で散々お世話になったウリ仲間の増すゴミ諸君を、いとも簡単に誹謗中傷なさっておられます。

 昔ヘルプしてくれたウリ仲間をいつでも平気で何の躊躇もなく裏切ることができるヨシヒコくん。

 はたまた、過去に己が裏切ったことなど噯気にも出さず、私利私欲のためには甘言を弄して再びウリ仲間にあっけらかんと迎え入れることがおできになる、李氏朝鮮500年の両班的伝統芸を引継いでいらっしゃるヨシヒコくん。

 今週は、更新が本日までなされないでいるところを観ると、先週金曜日に更新した直後、秘密裏でかの国へ告げ口外交にでもいらっしゃったんでしょうか。

 それとも2週遅れでK県へお墓参り

 いずれに致しましても地球のどこかで今週もヨシヒコくんが、やる気満々で、「アベガー」「ジミンガー」「ニホンガー」「ニホンジンガー」を声闘しまくってらっしゃることを、オジサンは心より祈念致しております。

 ヨシヒコくん、来月1日月曜日の定期更新日には、元気なお姿を見せて下さいな。

 ヨシヒコふぁん一同、告げ口外交、若しくは、今まできみの口からは一度も発せられたことのない、ご自身の母親を含めたご先祖様のお墓参りレポートを、愉しみにお待ち申しております。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6076


 
< 2011年9月台風第12号、紀伊半島大水害 >
 http://ja.wikipedia.org/wiki/平成23年台風第12号(←コピペで閲覧下さい)


① 
9月1日、台風の接近に伴う大雨の影響で関東と紀伊半島を中心に被害が発生し、埼玉県本庄市・飯能市・小鹿野町で土砂崩れが発生した。


② 
9月2日、和歌山県白浜町では富田川・日置川が、同県新宮市では熊野川が氾濫し、付近の住民に避難指示が出されたほか、徳島県三好市や高知県安芸市、奈良県吉野町などでも避難指示が出された。


③ 
9月3日には、岡山県玉野市で、高潮の恐れがあるとして、すべての住民に避難勧告が出た。温帯低気圧になった後も北上し、北海道南東の海上から近づく台風13号も影響して伊達市で1日の降水量240.5ミリを記録するなど、東北・北海道に大雨を降らせた。


 
2011.09.03 首相動静(時事通信) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20110903

 
午前11時同30分、東京・虎ノ門のヘアカット専門店「QBハウス虎ノ門店」着。散髪。同41分、同所発。


 
< 野田佳彦と民主党の闇献金疑惑「QBハウス」にいくらもらったのかなあ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/qb-5c81.html

 (
2011.09.03 虎ノ門、QBハウスにて )
6077


④ 
9月4日、和歌山県新宮市で午前4時までの1時間に132.5ミリの猛烈な雨を観測し、午前3時までには三重県御浜町で90ミリの猛烈な雨を観測した。また、気象庁のレーダー解析の結果で和歌山県新宮市と那智勝浦町でいずれも120ミリ以上の猛烈な雨を観測した。また、同解析で午前1時30分までに兵庫県加古川市で100ミリの猛烈な雨を観測した。


⑤ ↑
9月4日、当時の首相野田佳彦は「非常災害対策本部」を設置した。

 
< 2011.09.04 21時35分 共同通信 >
 http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090401000584.html

 
首相、非常災害対策本部を設置「人命救助に全力を」

 
野田佳彦首相は4日夜、台風12号の被害拡大を受け、災害対策基本法に基づく非常災害対策本部(本部長・平野達男防災担当相)を設置した。同日夜に初会合を開き、関係省庁が対応状況などを報告する。

 首相は平野担当相に対し、人命救助を第一として災害応急対策に全力を尽くし、被害状況の迅速・的確な把握に努めるとともに、関係省庁が地元自治体と連携し、緊張感を持って復旧・復興対策に取り組むよう指示した。



6078
 

 
2011.09.04 首相動静(時事通信) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20110904


・午前10時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。

・午前中は来客なく、同ホテルで過ごす。
 

・午後2時46分から同4時29分まで、千代幹也内閣広報官。
 

・午後5時30分から同6時25分まで、藤村修官房長官、原勝則内閣総務官。
 
・5日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。



⑥ 
9月5日国土交通省は三重県からの要請を受けて、被災状況の調査、復旧方針等の技術的な支援、助言のため、緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)を派遣した。


 
< 2011.09.05 首相動静(時事通信) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20110905


・午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。

・午前9時24分、同ホテル発。「内閣が本格始動するが、心境を」に「頑張ります」。同31分、官邸着。「西日本の水害に対して、何か対策はお考えか」に「人命救助と行方不明者の救出に全力を尽くします」。同32分、執務室へ。



⑦ 
9月9日、野田首相、現地視察。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014年8月、広島土砂災害 >
 http://ja.wikipedia.org/wiki/広島土砂災害(←コピペで閲覧下さい)


① 
8月20日3時20分から40分にかけて、局地的な大雨により、安佐北区可部、安佐南区八木、山本、緑井などの地区で同時多発的に大規模な土石流が発生。複数の通報がよせられた。4時20分頃には可部3丁目付近で根谷川の氾濫が起きた

② 
8月20日9時30分、安倍晋三首相は、危機管理に万全を期す考えを示したのち、官邸に向かい災害に対応した。


 
< 安倍首相、森元首相らとのゴルフ中止し官邸へ 陸自隊員30人現地派遣 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140820/waf14082010440014-n1.htm

 
広島市の集中豪雨災害で、防衛省は20日、陸上自衛隊海田市駐屯地(広島県海田町)所属の隊員約30人を現地に派遣した。広島県の災害派遣要請を受けた措置で、防衛省は被害状況に応じて派遣隊員を増やすことを検討している。小野寺五典防衛相は20日午前、「関連自治体としっかり連携して、すみやかに対応するように指示した」と述べた。

 一方、安倍晋三首相は同日、被害状況の把握や被災者の救命、救助に全力で取り組むよう関係省庁に指示した。首相は同日朝、静養先の山梨県富士河口湖町で森喜朗元首相や茂木敏充経済産業相らとゴルフをしていたが、中止し、午前11時ごろ、東京・永田町の首相官邸に到着した。

 関係省庁への指示で首相は、緊密に連携して住民の避難支援に万全を期すことや、大雨に関する情報を的確に提供し、被害の拡大防止措置を徹底することも求めた。 官邸は午前8時50分に、首相の指示が午前6時半に出されたと文書で発表した。

 関係者によると、首相は午前8時ごろからゴルフを始めたが、午前9時20分ごろにプレーをやめていったん、宿泊先の別荘に戻り、9時40分ごろに別荘を出発した。災害対策に当たるため官邸に向かった。



 
2014.08.20 首相動静(時事通信) >
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014082000102


午前7時22分、山梨県鳴沢村の別荘発。同26分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。森喜朗元首相、茂木敏充経済産業相、岸信夫外務副大臣、加藤勝信官房副長官、萩生田光一自民党総裁特別補佐、山本有二同党衆院議員、日枝久フジテレビ会長、笹川陽平日本財団会長とゴルフ。

・午前9時19分、同所発。同22分、別荘着。

・午前9時41分、別荘発。


・午前10時59分、官邸着。

・午前11時から同22分まで、危機管理センターで古屋圭司防災担当相、西村泰彦内閣危機管理監。菅義偉官房長官同席。同23分から同24分まで、報道各社のインタビュー。「広島市の土砂災害で政府の対応は」に「政府一体となって、救命救助の対応に当たるように指示を出しました」

・午後0時44分から同1時22分まで、北村滋内閣情報官。

・午後2時、官邸発。同1分、公邸着。

・午後5時19分、西村内閣危機管理監が入った。

・午後5時44分、西村氏が出た。

・午後5時54分、公邸発。


・午後7時42分、別荘着。

・21日午前0時現在、別荘。来客なし。



③ 
8月25日、安倍首相、広島県視察


6079


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.26 産経新聞1面トップから >

6072


 
< 安倍首相、首相動静、8月25日(時事通信) >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014082500042


・午前7時25分、東京・富ケ谷の私邸発。

・午前7時54分、羽田空港着。

・午前8時9分、航空自衛隊のU4多用途支援機で同空港発。

・午前9時25分、広島空港着。

・午前9時33分、同空港発。西村康稔内閣府副大臣、河井克行自民党衆院議員同行。

・午前10時256分、広島県庁着。湯崎英彦広島県知事、松井一実広島市長による被災状況の報告。現地災害対策本部を視察。同11時7分、同所発。

・午前11時37分、広島市安佐南区の市立梅林小学校着。同学校内の避難所で被災者を激励。午後0時8分、同所発。

・午後0時11分、同区の被災現場着。被害状況を視察。同25分、徒歩で同所発。同26分、同区の現地調整所着。自衛隊員らを激励。同40分から同44分まで、報道各社のインタビュー。「避難者の生活再建にどう取り組むか」に「安心して生活できるよう、政府としてできることは全てやっていきたい」。同45分、同所発。

・午後1時30分、同市西区の広島ヘリポート着。同34分、陸上自衛隊のCH47大型輸送ヘリコプターで同所発。土砂災害のあった同市を上空から視察。

・午後2時10分、広島空港着。

・午後2時21分、空自のU4多用途支援機で同空港発。


・午後3時26分、羽田空港着。同37分、同空港発。

・午後4時4分、官邸着。

・午後4時56分から同5時14分まで、石原伸晃環境相、根本匠復興相。

・午後5時40分から同6時10分まで、武川光夫内閣府政策統括官、河村潤子文部科学省生涯学習政策局長、木下賢志厚生労働省官房審議官。

・午後6時40分、外務省の斎木昭隆事務次官、林肇欧州局長が入った。同7時10分、林氏が出た。同15分、斎木氏が出た。同20分、官邸発。

・午後7時43分、私邸着。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 野田佳彦前首相、首相動静、2011年9月9日(時事通信) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20110909/p1

6080



・午前8時現在、東京・赤坂の衆院議員宿舎。朝の来客なし。

・午前9時2分、同宿舎発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。

・午前9時15分、執務室を出て、同16分、閣僚応接室へ。同17分、閣議室に移り、閣議開始。

・午前9時41分、閣議終了。同42分、同室を出て閣僚応接室へ。成田憲彦内閣官房参与への辞令交付。同44分、同室を出て、同45分、執務室へ。同46分から同10時3分まで、斎藤勁官房副長官。

・午前10時32分、執務室を出て、同33分、官邸発。


・午前11時3分、羽田空港着。同16分、航空自衛隊のU4多用途支援機で同空港発。後藤斎内閣府副大臣、手塚仁雄首相補佐官同行。午後0時7分、南紀白浜空港着。

・午後0時23分、陸上自衛隊ヘリコプターで同空港発。和歌山県田辺市の被災地を上空から視察。同55分、同県那智勝浦町の木戸浦運動場着。同58分、同所発。

・午後1時3分、和歌山県那智勝浦町の町役場着。同5分から同33分まで、仁坂吉伸和歌山県知事、寺本真一那智勝浦町長らと意見交換。同36分、同所発。

・午後1時46分、那智勝浦町の「セレモニーホールなち」着。同47分から同48分まで、同町現地災害対策本部を激励。同49分から同57分まで、同本部周辺を視察。同58分から同2時まで、報道各社のインタビュー。「被災地の状況を見て感想を」に「目の当たりにして、思った以上の被害だということを改めて実感しました」。同1分、同所発。同34分、三重県紀宝町の町役場着。

・午後2分38分から同3時6分まで、鈴木英敬三重県知事、西田健紀宝町長らと意見交換。同11分、同所発。

・午後3時34分から同41分まで、三重県紀宝町の被災現場を視察。同42分から同45分まで、報道各社のインタビュー。「地元から激甚災害の早期指定を求められたが」に「現況把握をした上で、指定基準に満たされれば早急に対応したいと思います」。同46分、同所発。

・午後4時20分、三重県熊野市の東紀州広域防災拠点着。同24分、陸自ヘリで同所発。那智川・熊野川流域などの被災地を上空から視察。同5時8分、和歌山県橋本市の橋本市運動公園着。同12分、同所発。

・午後5時32分、奈良県五條市の市役所着。同35分から同6時13分まで、荒井正吾奈良県知事、太田好紀五條市長らと意見交換。同14分から同17分まで、報道各社のインタビュー。「3県視察して、全体としての感想は」に「それぞれの知事や関係する市町村長の話をしっかり受け止めて政府としてできることは可能な限り全力でやっていきたいと思いました」。同19分、同所発。

・午後6時41分、橋本市運動公園着。同45分、陸自ヘリで同所発。同7時10分、南紀白浜空港着。同26分、航空自衛隊U4多用途支援機で同空港発。
同8時21分、羽田空港着。同37分、同空港発。

・午後9時3分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。



 
< 民主党HPから、野田首相、和歌山、三重、奈良と台風12号被害現場を視察 >
 http://www.dpj.or.jp/article/100301

6073
6074


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6081



2014年8月26日 (火)

みんちゅくんのウリナラ特権「日本人相手なら何を遣っても構わないニダ」の巻




 
< 2014.08.25 産経新聞朝刊1面トップから >

6062
 ( 上記Web版記事はこちら


 
< 元政策秘書一問一答「現金、全く受け取っていない」 >
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140825/crm14082505100003-n1.htm

 
中津川博郷前衆院議員(65)の元政策秘書(65)らが埼玉医科大学医学部の裏口入学を持ちかけ、知人男性から現金を授受していた疑いが24日、明らかになった。元秘書は産経新聞の取材に「事実無根だ」と疑惑を否定した。主な一問一答は次の通り。

 ・・・・裏口入学を斡旋(あっせん)するという話で、知人男性から現金を受け取ったか

 「元臨床教授を紹介しただけで、現金は全く受け取っていない」

 ・・・・なぜ元臨床教授を紹介したのか

 「男性から『いくら出してもいいから(医科系大学に)知り合いはいないか』と聞いてきた。自分の人脈の中で医学部に詳しそうなのは元教授しかいなかったから、聞くだけ聞いてみると言って紹介した」

 ・・・・男性とはどういう関係だった

 「
民主党に政権交代した後に中津川先生の事務所に来た。その後はパーティー券を買ってもらったり、食事に誘われたりした

 ・・・・元臨床教授は現金の授受を認め、大半を元秘書に渡したと話している

 「2人の間のことで、自分には無関係だ。全く身に覚えがない」

 ・・・・当時は公設秘書という立場だった

 「陳情の一つとして良かれと思って紹介した。脱法行為はしていないし、後ろ指を指されることはない」



 (
中津川博郷、65才児、元民主党衆院議員、東京16区比例 )
6063


 公設秘書が勝手に遣ったことです(キリッ

 ウリは全く知らなかったニダ by Nakatsugawa

 言い訳の構図は、我らがヨシヒコくんのこの手口と何ら変わりません。

 都合が悪くなると、秘書が遣ったニダで逃げ回るみんちゅくんのピョンヤン運転技術。

 また、簡単にウリ仲間を裏切る手法も、流石500年続いた両班伝統芸だけのことはあります。

 それにしても、みんちゅくんたちって、赤いネクタイがトコトンお好きなんですねぇ。


 
< ファッションも狂ってる野田佳彦くん >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-f3fc.html

6064


 
< 野田佳彦くんの赤色エレジー >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-5776.html

6065


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 続きましては、田中真紀子姐さんのお膝元で起きたみんちゅくん最大の支援団体「自治労組合員」が犯した、組織ぐるみ?と疑われても致し方ない懲戒免職事案です。


 
< 切手680万円分を不正に入手・換金 長岡市職員懲戒免職 新潟 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140809/ngt14080902190003-n1.htm

 
長岡市は8日、市が保管する郵便切手約680万円分を不正に入手、換金したとして、国保年金課の児玉昂太主事(28)を懲戒免職とした。

 市によると児玉主事は
平成21年6月から今年5月まで、他支所に送付するなど虚偽の名目で計79回約680万円分の切手を入手。換金後、生活費に充てていたという。

 児玉主事への切手払い出し額が異常に増えていることから担当者が不審に思い、発覚した。被害額は全額返済されたとしている。

 市は長岡署に刑事告訴などについて相談している。

 同市は大滝靖総務部長名で「
あらためて法令順守を徹底するとともに金券類の管理の厳格化を図る」とするコメントを出した。


 現在28才で5年前から犯罪に手を染めたということは、大卒だったら市役所に入って2年目(1浪だったら入りたて)から、犯罪者であり続けて居た訳です。

 
みんちゅくん、犯罪者の支援で、政権交替

 あなおそろしや


 トータル680万円を通算5年間で計79回、虚偽の購入をしていた・・・・。

 1回平均、8万6千円ですかぁ。

 この28才の若者は一体どこで現物を換金してたんでしょう。

 郵便局では現金での返金はできないようですから、やはり、市中の金権ショップ?


 
< いらなくなった切手やtはがきは返金してもらえますか? >
 https://www.post.japanpost.jp/question/2.html


 
現金での返金は行っておりません。

 
 仮に、みんちゅくんの有力支持団体である日本郵政グループ労働組合と自治労がグルになって、組織ぐるみの裏取引で換金詐欺を行っていたのだとしたら、いとも簡単にブラックマネー作りができることになりますが、流石にそこまで堕落していたとは思いたくありません。

 やはり、市中の金権ショップで換金していたとの観方が常識的でしょう。

 となると、79回にも亘った換金は、金権ショップ側もグル?

 或は、バレないように、全国各地の金権ショップを渡り歩いていた?

 こんな簡単な使い込みが5年間もバレなかったってことは、自治労諸君は、毎日、現金&金権の残高合わせを実施させないように労使協定ができ上がっている証左でしょう。

 民間の健全な会社では、社員の不正防止の観点から、現金を初め、収入印紙・切手・商品券・ビール券の類いは営業終了後毎日残高管理・点検を励行し、時には抜き打ちの不定期監査 or 検査部門で定期チェックするのは、当り前の体制になっています。

 でも、みんちゅくん支持者がお勤めになっている公務員の職場では、そんな検査体制など全く有名無実化しちゃってるんでしょう。

 ウリたちを疑うとは何事ニカ?

 第三者によるウリたちへの現物チェック検査は、人権侵害に当たるニダ、ってなもんなんでしょう。

 長岡市役所自治労諸君は全員が、今後恐らくこの28才の組合員を救うべく、全額返還したからもう問題ないニダ、懲戒免職は取り消すニダって、全面組織闘争に持ち込むんでしょう。

 これまた、我らがヨシヒコくんの政策秘書と実弟による船橋市公金横領未遂事件と構図は全く同じです。

 
6066


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 次にお伝えするのは、みんちゅくんが誇る女性市長「越直美」姐さん率いる大津市自治労職員による、もう、どうしようもない事務ミスです。

 直美姐さん、さぁ、どうする。

 意地悪な観方をすれば、これ完璧な大津市自治労諸君の組織ぐるみの公金横領&還付詐欺です。


 
< 大津市557万円未払い、還付加算金算定ミス >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140823/shg14082303050003-n1.htm

 
大津市が徴収した市・県民税などについて還付加算金の算定処理を誤っていたことが分かり、同市が22日発表した。2324人に対し、総額557万2300円分の未払いが発生。市は該当者に謝罪文書を送付し、未払い分を支払う。

 市によると、算定処理の誤りがあったのは、平成21~25年度に納付を受けた市・県民税の還付加算金。いずれも算定期間の起算日を誤って規定より短く設定していたため、未払いが生じた。



 大津市自治労諸君、ごまかし、手抜きの遣りたい放題。

 そりゃぁ、そうでしょう。

 直美姐さん市政下、教育長と副市長に一方的な離縁を通告されて、未だに後釜も埋まっていない大混乱状態の現状では、部下は事務ミスなんて一切気にさえしていないでしょう。

 ヨシヒコくんと整形塾同期のみんちゅくん55才児「
鈴木康友」くんが市長をお務めになっている浜松市で、昨年度は、浜松市役所自治労職員&日教組職員の不祥事が多発したように、39才児直美姐さん率いる大津市でも年末に向かってドシドシ自治労&日教組職員の不祥事が多発することは間違いありません。

 だって、いじめ一つとっても加害者の味方を自認しがちなみんちゅくん組長さんたちのモットーは、
「日本人相手なら何を遣っても構わないニダ」だそうですからね。

 で、彼 or 彼女たちは、事態が自分に不都合な状況になってくると、直ちに詭弁を弄して自己弁護に走り、「涙」を武器に全てをなかったことにしてしまいます。

 
みんちゅくん、一流芸は、詐話師のみ

 あなおそろしや



6067


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 大津市の話題が出た序でに、滋賀県の話題を。


 
< 滋賀県庁で夏季集中休暇開始、15日まで 出勤の職員まばら >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140814/shg14081403100005-n1.htm

 
お盆の時期を迎え、県は13日、夏季集中休暇に入った。15日までの期間中、電話や来客などの対応ができる必要最低限の職員しか出勤しない態勢が続く。普段は多くの職員が行き来する庁内もこの日は人影がまばらで照明も間引いてともされ、ひっそりとしていた。

 県は、昭和54年から夏季集中休暇を続けている。人事課によると、本庁では初日の13日、
出勤した職員は全体の8.4%に当たる135人で、旅券発給業務や県税収納事務などは通常の態勢。出勤した職員らは、空調が切られた庁内で、うちわを手に持って涼を取り、汗をぬぐいながら業務に当たった。

 県は3日間で、電気代やガス代のほか、公用車のガソリン代など
約300万円の節約を見込む。人事課は「集中休暇を機に、地元の行事に参加したり家族と触れ合ったりしながら体を休め、仕事の能率向上に結びつけてほしい」と話している。


 公務員って、業種で分類したら「サービス業」ですよねぇ。

 いくらお盆期間中だからといって、
出勤したのがたったの8.4%、残り91.6%の職員が夏休みで出勤せずって、こんなのありですか。

 穿った観方をするなら、9割の職員が休んでも業務になんら支障が生じない、則ち、余剰人員が多過ぎるって結論で全く構わないと、オジサンは断定しました。

 3日間で300万円の節約ですってェ。

 そんなことするより、ウヨウヨ居る生産性向上には全く貢献していない滋賀県自治労職員を一人でも二人でも早期退職に追い込んだ方が、余程の健全経営になると思うんですけどねぇ。

 お盆期間は9割の職員が休める。

 民間会社だったらとっくに倒産に追い込まれているゾ。

 これって、全国的傾向なんでしょうか。

 それとも、身勝手極まりないリベラルの権利ばかり主張し続けてきた県知事が続いたお蔭で、滋賀県の自治労職員だけが獲得した既得権益?

 そんな滋賀県の県知事に、みんちゅとは縁切りした筈なのに大嘘こいて嘉田県政を引き次いで当選した三日月大造くん。

 産経新聞がリアルポリティックスの観点から、大造くんのこと、かなり厳しい観方をしています。

 まぁ、労働組合とみんちゅくんにしか在籍したことのない43才児の大造くんには、生涯、理解しがたいことばっかりなんですけどね。


 
< 2014.08.17 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140817/waf14081712000003-n2.htm

 
年3.6兆円も流出…「卒原発」継いだ“原発賛成派”三日月知事、年6.3兆円の工業県は綱渡り状態

 
三日月氏は知事選の政策提案集で、バイオマスや太陽光などを例示し、「原発に依存しない自立したエネルギー社会」の早期実現をとなえた。しかし、安定供給や発電コスト面で、自然再生エネルギーそれぞれに克服すべき課題が山積し、全電力に占める再生エネ(水力除く)の比率は2%程度にすぎないのが実情なのだ。エネルギー基本計画で、政府が「原発は重要なベースロード電源」と位置付け、今後も原発をエネルギーの柱に据えたのは、こうした現状を踏まえてのことだろう。そもそもエネルギー政策は、国家運営・存続にかかわる重要テーマであり、国の責務なのである。

 滋賀県議会の所信表明で三日月氏は、政策(理念)3本柱のひとつとして「力強く持続的な『経済と雇用の滋賀』をつくろう」を掲げ、ものづくりの振興にも言及した。西日本有数の工業県である滋賀の24年製造品出荷額は約6兆3千億円に上る。産業を支えるのは「血液」にたとえられる電力で、
比較的安価で安定的な電力供給が可能な原発は産業振興のために不可欠なのである。


 所詮、大造くんもみんちゅくんの一員に過ぎません。

 いくら現実を諭したところで、見たくない現実は決してみようとしない、もとい、ウリ以外の主張は絶対に受けいれない半島チックな人物です。

 大造くんのエネルギー政策なんて、間違いなく、結果なんか一つも出せないでしょう。

 でも、大造くんはそんなことでめげたりしょげたりする人物ではありません。

 そんな真摯で誠実な人物では決してありません。

 ひたすらウリに従え一辺倒で、チョウニチ新聞さんと同じで己に課せられた「謝罪汁・反省汁」を800%スルーできる大物工作員です。

 だから、就任早々、大造くんは堂々と何恥じることなくこんなイベントに参加できるのです。


 
< 滋賀県HPから、知事の日程 平成26年7月、8月 >
 http://www.pref.shiga.lg.jp/chijishitsu/nittei/index.html

6068


 大造くん、よっぽど、解同がお好きなんどすなぁ。


6069


 滋賀県自治労職員&日教組職員には、既に大造くんから、
「日本人相手なら何を遣っても構わないニダ」指令が出ているニカ?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 本日最後は、これまたみんちゅくんの有力支援団体組織の一つである日教組諸君の
「日本人相手なら何を遣っても構わないニダ、8月の巻」です。


 
< 2014.08.23 盗撮容疑、自称小学教諭逮捕=アプリで撮影音消す、大阪 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000004-jij-soci

 
< 2014.08.23 中学教諭がバス停掲示板を壊す、茨城 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-777.html

 
< 2014.08.23 100円ショップ店内で盗撮、小学校教諭を現行犯逮捕、大阪 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-776.html

 
< 2014.08.22 酒気帯び運転容疑で中学教諭逮捕、佐賀 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-779.html#more

 
< 2014.08.22 体罰の中学校教諭を懲戒、USB紛失の教諭も処分、岡山 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-778.html

 
< 2014.08.22. 知人女性にわいせつ行為、中学教諭をクビ、静岡 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-775.html 

 
< 2014.08.21 40代の高校教諭、自身FBに不適切投稿、大分 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-774.html 

 
< 2014.08.21 スカート内盗撮容疑、非常勤講師を逮捕、岩手 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-773.html 

 
< 2014.08.20 2歳児の口に無理やり総菜を押し込む、女性保育士を逮捕、千葉 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-772.html

 
< 2014.08.19 授業をやめさせる目的で脅迫状を送った教諭を逮捕、千葉 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-771.html 

 
< 2014.08.19 校長が他人の自転車を勝手に使って出勤、東京 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-770.html 

 
< 2014.08.14 小学校教諭が男子児童に「窓から飛び降りるか」と暴言、静岡 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-768.html

 
< 2014.08.13 飲酒運転で小学校教諭を停職処分 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-769.html 

 
< 2014.08.13 衝動抑えられなかった、盗撮容疑で小学校教諭を懲戒免職処分、京都 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000503-san-soci

 
< 2014.08.12 中学の女子バレー部顧問、部員7人に体罰、茨城 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-767.html

 
< 2014.08.12 県立高校教諭、交際女性に暴行容疑で逮捕、愛知 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-766.html

 
< 2014.08.09 高校教諭が授業中に「殺してやりたいやつがいる」と不適切発言、奈良 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-764.html

 
< 2014.08.08 男子生徒にわいせつの疑い、金沢の中学教諭逮捕、石川 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-765.html 

 
< 2014.08.08 体罰3教諭ら訓告、交通違反3人は戒告、山形 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000157-yamagata-l06

 
< 2014.08.08 駅でスカート内を盗撮、教頭を懲戒免職、神奈川 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00095399-kana-l14
 
 
< 2014.08.07 中学校非常勤講師が16歳少女と淫行容疑、愛知 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-763.html

 
< 2014.08.06 盗撮の元高校教諭に有罪判決、富山 >
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00010002-tuliptv-l16



6070



2014年8月25日 (月)

横浜マリノスサポーターの差別行為判定に見え隠れする偽善と欺瞞




6060


 
< 2014.08.24 産経新聞朝刊から >

6057
 ( 上記Web版記事はこちらで )


 オジサン、世界のサッカーファンに蔓延る差別行為に関しては全く無知なものですから、昨日の朝、産経新聞のこの記事を読んでも一体、何が何故問題になっているのか、サッパリ意味が判りませんでした。

 バナナを手に持って振る行為が、黒人( or 有色人種)への差別行為?

 調べて見たら事情経緯はこういうことだったんですね。

 オジサンはちっとも知らなかったゾ。

 となると、これからは人前でバナナを食べる時は、余程注意しないといけません。


 
< バナナで人種差別をジョークに!サッカーで広がるバナナの輪! >
 https://www.youtube.com/watch?v=SNj6qm2p9MI

">


 事情が判ったところで、問題となった横浜Mサポーターの当日のバナナ手振り行為の現場の映像を探してみたら、こんな動画が既にアップされてました。


 
< レナトに向けてバナナで挑発するマリノス >
 https://vine.co/v/MLT7eB1XTX0


 動画そのものの貼り付けができませんので、上記URLからその模様をご覧下さい。

 以下は、上記動画からのスナップショットです。


 ( バナナを持った横浜Mサポーター )

6058


 ( 差別行為直後の被差別対象とされたと言われている川崎Fのブラジル人レナト選手 )

6059


 で、再度、新聞記事と動画を見てオジサンが感じたことは、時間にして1秒余りのこの瞬時のサポーターの差別行為を見逃さなかった「横浜M主催者当局」も「サポーター諸君」も「増すゴミ諸君」も、超偉いな~の一言です。

 彼らの差別行為に即反応反発するかくも鋭敏で正義感溢れる感性には、オジサン、脱帽してしまいます。

 すんばらしい〜ゾ。

 横浜F・マリノス&サポーター&増すゴミ諸君。
 
 ここまでスピィーディーに反応するんだったら、彼らは何故、2011年アジアカップで猿まね行為で、あからさまでこれみよがしに日本民族差別の挑発行為を行った韓国の奇誠庸選手に対し、大々的な批難を展開しなかったんでしょう。

 今回のバナナ差別事件と奇誠庸選手の猿まね差別事件では、コトの重大さは圧倒的に猿まね差別行為に非があると、オジサンなんか思ってしまうんですけどね。

 ヨシフくんを初めとするみんちゅくんたちと同じで、彼らも、また日本人による差別行為だけは何が何でも決して許さない口なんでしょうか。


 
< サッカー「バナナの輪」人種差別反対 韓国人の猿マネは? >
 https://www.youtube.com/watch?v=qvnH8O1OAfo

">


 と言う訳で今回のバナナ事件には、直感的に何か不自然と言うか釈然としない物を感じましたので、いろいろとオジサン流に邪推してみました。

 問題の試合が行われたのは、一昨日23日、横浜三ツ沢競技場です。


 
< 2014.08.23 横浜マリノスオフィシャルページから >
 http://www.f-marinos.com/news/detail/2014-08-23/133000/132725

 
本日、ニッパツ三ツ沢球技場にて開催されるJ1第21節・川崎フロンターレ(19時キックオフ)におきまして、会場の混雑状況や天候を考慮し、開門時間を当初の予定から30分早めることが決定致しましたのでお知らせいたします。皆さまのご理解、何卒よろしくお願いいたします。
 

 とありますから、キックオフは夜の19時は確定的事実です。

 問題となった行為は、記事中に「前半40分すぎ」とありますから、19時40分過ぎと推定されます。

 そしてこの行為の直後、現場に居たサポーター或はTV観戦者達の中の何者かが、この一瞬の出来事を目ざとく見つけ差別行為と瞬時に判断して、ネットに拡散し始めたのがコトの始まりと新聞記事では読み取れます。

 その結果、この差別行為を認識した横浜M側は、10代男性なる差別行為当事者を特定し、事情聴取後、この男性が差別行為を認めた?ため、即座に無期限入場制限の英断を下し、コトの経緯を増すゴミ諸君に発表した・・・・。

 バナナ手振り応援本人を特定し拘束したのが「ハーフタイム中」であれば、1時間事情聴取したとありますから、事情聴取を終えて組織としての結論を下したのは、恐らく21時以降です。

 試合終了直後に事情聴取したのであれば、横浜M側が結論を下したのは22時以降と推定されます。

 それから、増すゴミ諸君との記者会見 or Faxベースでのプレースリリースのみでの告知。

 翌日にはめでたく新聞記事として採用掲載され、横浜M側の真摯な差別への取組態度が評価される・・・・。

 産経新聞の本件Web記事のアップ時刻が、23日22時46分、スポニチが同じく23日の23時50分の配信であることを鑑みますと、事情経緯は当たらずと雖も遠からずそんなところでしょう。

 新聞記事には横浜Mの社長コメントまで掲載されてますから、少なくとも、社長自らも深夜近くまで対応に追われていたものと推定されます。

 以上を踏まえますと、あくまでも部外者からみた推測に過ぎませんが、発覚から犯人特定・拘束、処分決定・増すゴミ発表に至るまで、手際が良過ぎると思いませんか。

 特に産経さんがこの種のネタをベタ記事ではなく、あえて4段の記事に仕立てているのもオジサンには不可解でなりません。だって、普段ならうっちゃって当然の、それこそ報道をしない自由の権利を行使しても良いレベルの記事です。

 横浜Mって、そんなに普段から、危機管理に長けている組織だったんでしょうか。

 良心的に解釈するなら、横浜Mは去年の8月、こんなコメント出してるぐらいですから、その後、再発防止に必至になって取組んだ結果が、今回の迅速処理の好結果を産んだとも解釈できます。

 と、性善説的にはそう考えたいんですが、ヒネクレ者のオジサンは、どうも素直に受け取れません。

 この程度のことでここまで騒動を大きくしてることに、不自然さを感じて仕方がありません。

 てなことでオジサンは、この差別騒動、以下理由から当事者が一体となった " Japan Discount " 派の確信犯的自作自演と疑ってます。

 但し、いつもながらの根拠レスの独断と偏見ですので念の為。

① 差別行為発生・発見から、かくも短時間での事情聴取・無期限入場禁止処分決定・増すゴミ発表に至るまで、 手際が良過ぎること。(この間恐らく推定3時間内)

② 証拠映像の位置取りと構図が予め判っていたかのような見事なでき栄えで、最初からシナリオができていたと邪推されても致し方ないこと。

③ 多くの平均的な日本人からすれば、バナナを持ったこの瞬間芸が、人種差別と判断され大騒ぎとなっていることにキョトンとするばかりで、別の視点から考えれば、この手際の良さは、却て日本人逆差別を最初から狙った " Japan Discount " 派の日本人への確信犯的冤罪押付け行為と邪推されても致し方なしと思えること。

④ 譬え10代男性と雖も、たった1時間の事情聴取で、しかも一方的な主催者側だけの事情聴取で「人種差別行為」と判断され無期限入場制限を喰らったのでは、横浜M側の対応はそれこそ人権無視も甚だしい取り扱いであると見做すことができること。人権派弁護士なら即刻猛烈抗議となる案件です。自治労や日教組の天下の公務員の皆さまなら即刻裁判沙汰必至の案件です。

 以上からオジサンは、横浜M側にはこの一件、南京大虐殺や慰安婦強制連行問題に見られるような確信犯的予定調和の「日本人への冤罪押付け」行為では決してなかったことを証明するために、全国民に向けて下記2点を公表する義務があると思料致します。

① バナナ手振り本人&横浜M&増すゴミ諸君その他関係者全員が、本件、自作自演ではなかったことを誰が見ても納得できる明確に立証できる証拠を、それぞれの立場で、国民に提示・公開すること。

② 横浜M側は、既定の「試合運営管理規定」に再発防止策として下記条項を追加し、サポーターの試合会場入場に際し、一層の手荷物検査の厳格化を国民に約束すること。


 
< 横浜F・マリノス 試合運営管理規程 >
 http://www.f-marinos.com/rule/

 
第4条(持ち込み禁止物)

 運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、次の各号に掲げる物を施設に持ち込むことはできない。

1. Jリーグ統一禁止事項(Jリーグ共通観戦マナー&ルール)により持ち込みを禁止されている物。

2. 施設管理者により持ち込みを禁止されている物

3. 以下に該当する主催者もしくは主管者が判断した掲示板、立て看板、横断幕、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、文書、図面、印刷物等

 1. 政治的、思想的、宗教的主義の主張または表示、もしくは連想させるもの

 2. 差別的、侮辱的な内容、表現を含むもの

 3. 選手やチームを応援または鼓舞する目的が認められないもの

 4. 大会の運営に支障を及ぼす恐れがあるもの

 5. 生バナナ、食品サンプル・バナナ、バナナ玩具、その他見た目バナナと判別されるもの ☜ 要追加

4. 特定の会社または営利企業の宣伝を目的として、特定の会社名、製品名等を表示した物(特定の会社、製品等を連想させる物を含む。)

5. 試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼす等のおそれがあると警備従事員が認める物



 日本人のサポーターには厳しく対応し、中朝韓のサポーターには我が儘・冤罪・差別行為遣らせ放題で兎角生暖かく見守るだけに徹している日本のサッカー関係者諸君。

 オジサンは、日韓ワールドカップ共同開催以来、彼らを全く信用しておりません。

 日本サッカー協会と中朝韓、特に韓国との間には、潤沢なブラックマネーが飛び交う真っ黒けな闇の世界が、366日繰り広げられているんだと大いに疑っております。



6061



2014年8月24日 (日)

みんちゅくん主演の笑韓劇場でこの残暑を乗り切りましょう




 
< 2014.08.23 産経新聞朝刊から >

6050


 みんちゅくん衆院56名・参院59名計115名の国会議員の皆さまにおかれましては、広島の土砂災害被害が拡大していることが嬉しくて嬉しくて堪らないようです。

 案の定、ピョンヤン運転で66才児の大畠くんが、広島で「タダ見てるだけ」の両班伝統芸をご披露なさり、ホルホル顔の己が喜びを隠し切れません。

 3.11でチョクトくんが思いっきり現場作業のジャマをして被爆被害を拡散してしまったように、いつだってみんちゅくんたちは全員が、被災地現場で意図的に復旧作業を妨害し、確信犯でおジャマムシを演じ切ることができるのです。

 
6051


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.13 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104797/

 
松原仁国会対策委員長は13日午前、国会内で定例記者会見を開き、9日の長崎での被爆者団体との意見交換の際の安倍総理の発言などをめぐり、「自らと異なる意見にも耳を傾け説得していくことが民主主義の基本」だとあらためて強調した。


6052


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< R4姐さんTwitterから >
 https://twitter.com/renho_sha/status/502747536126267392/photo/1

 
heart もう、女子高生しか相手にしてくれません(キリッ heart



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 < 有田芳生半島大好きおじさまTwitterから >
 https://twitter.com/aritayoshifu/status/502179643705683968

 
heart ヨシフ・スターリンくんの告げ口外交、国連デビュー heart



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart あの頃、私は若かった「菊田真紀子」姐さん編 heart


 
< 結婚しました >
 http://www.kenoh.com/2012/06/25kikuta.html

6053


 
< 外務省としての信用損なった >
 http://www.palge.com/news/h25/2/20130209gaimu.htm

 
応援演説の菊田代議士夫に「厳重訓戒」処分

 
外務省の飯田慎一地球規模課題総括課長が、昨年11月30日付けで「厳重訓戒」の処分を受けていたことが分かった。

 飯田課長は、
菊田真紀子代議士の夫。先の総選挙に備え、昨年10月13日に行われた菊田代議士の選挙事務所開きに出席して応援演説を行ったとされる。

 この行為が公職選挙法や国家公務員法に抵触するとして、市民団体が当時の玄葉光一郎大臣に文書で質問状を送付したが回答がなかったという。

 この市民団体は政権交代後、岸田文雄大臣にあてて同様の質問状を送付。5日に外務省人事課から電話連絡があり、昨年11月30日付けで処分済みである旨、伝えられた。

 外務省人事課によると「厳重訓戒」は、人事院が定める国家公務員の懲戒処分にはあたらないが、同省の内部規定に基づくもので重いものから「訓戒」、「厳重注意」、「注意」の4段階のうち最も重い処分という。同課は弊紙の電話取材に「外務省としては公務員としての信用を損なったと判断し、内規に基づいて処分した」と答えた。



6054
 ( 飯田慎一氏、画像出典はこちらから )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart あの頃、私は若かった「菅伸子」姐さん編 heart


 
< 日相夫人給困境中的丈夫嚴厲的愛 >
 http://www.taipeitimes.com/News/lang/archives/2011/01/18/2003493754

6055

 
日本首相菅直人夫人菅伸子在一月十二日於日本東京舉行的記者會前補上口紅。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6056



2014年8月23日 (土)

増すゴミ諸君の笑韓劇場「NHK職員OB」の巻




6042


 
< 視聴不可能な世帯なのに…NHK契約結ばせる >
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140821-OYT1T50052.html

 
NHKの委託先業者が、衛星放送を視聴できない長野県栄村の9世帯に、受信料の支払い契約を結ばせたことが20日、分かった。

 NHK広報局は読売新聞の取材に「ご迷惑をおかけし、大変申し訳ない」としている。

 住民は、村運営のケーブルテレビでテレビを視聴しており、希望者以外は衛星放送を視聴できない。NHKなどによると、契約は受信契約業務を委託された業者が担当。住民から相談を受けた村が15日、NHKに調査を求めていた。


 
6043


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< NHK:会長への辞任勧告を申し入れ…退職者有志 >
 http://mainichi.jp/select/news/20140822k0000m040061000c.html

 
NHKの退職者有志は21日、籾井勝人・NHK会長(71)に辞任勧告するよう、任免権を持つ経営委員会(浜田健一郎委員長)に申し入れた。応じない場合は罷免するよう求めている。申し入れは先月18日に続き2回目。前回は172人の連名だったが、今回は退職者1527人分の署名を添えて提出。元ディレクターで作家の小中陽太郎氏らが東京都内で記者会見した。

 呼びかけ人の一人、元社会部記者の
大治浩之輔さん(80)は、籾井会長が就任会見で「政府が『右』と言うものを『左』と言うわけにはいかない」と発言したことを「ジャーナリストのトップにいる資格はない」と厳しく批判。元プロデューサーの永田浩三さん(59)は退職者による申し入れの理由を「現職の職員には言論の自由が保障されていない。残念に悔しく思っている職員の代わりだ」と説明した。


6044


 NHKのOB諸君と現役職員10,293名の皆さま方におかれましては、間違いなく全員が、重度レベル10の " Hwabyeong " 症候群に陥られたようでございます。

 「現職の職員には言論の自由が保障されていない」?

 あれっ、あれっ、あれっ、$#&%?

 ” I love Korea ” の最先端を逝く大越タンの「在日コリアン1世は強制連行で苦労したニダ」発言の放映は、いつのことだったかな。

 たった、1ヶ月前の7月17日のことでしょう。

 それも、NHKの中でもチンケな番組ではなく、平日のゴールデンタイムのNHKの看板番組ともいえる「ニュースウオッチ9」の中での発言です。

 大越たん、事実を全く無視し、” Japan Discount ” 以外の何物でもないデタラメの謀を確信犯の予定調和で、公共の電波を使って嘘こいちゃったニダ。

 オジサン、何か間違ったこと言ってますかねぇ、NHKのOB諸君。

 再度NHKのOB諸君に問う、「現役の職員には言論の自由が保障されていない」ですってぇェェ。

 オジサンがこの記者会見の記者席に座ることができるのだったら、この発言をしたNHKのお馬鹿OBに詰問してやりますけどね。

 だったら、「言論の自由」とやらを、判りやすく日本語で定義してみせてよ。

 NHKに言論の自由が保障されていないと言い張るのなら、何故、大越たんは7/17に在日強制連行説を堂々とゴールデンタイムで主張できたのか、10文字以内で答えてみなさい。

 かくも大嘘の出鱈目プロパガンダ発言が何の妨害もなく放映できたのは、NHKには大嘘デタラメも含めて800%言論の自由が保障されている証左ではないんですか。

 素人でも直ぐ気がつくNHKのOB諸君の欺瞞を、日本の増すゴミ諸君は全く追求しようともせず、残念ながらひたすらNHKの主張を垂れ流すだけです。

 まぁ、今どきの増すゴミ記者諸君なんて所詮こんなもんでしょう。

 見て下さい、彼らのご尊容を。

 ほうら、ゴロツキ集団と大差ないでしょう。


6045


 「NHKの現役の職員には言論の自由が保障されていない」と大嘘を宣った元NHKプロデューサー永田浩三氏とはこんな↓人物です。

 Wikiによれば、クローズアップ現代の政策を担当とありますから、あの真っ赤っ赤オバサマとは大の仲良しと思われるます。現在59才児ですがさっさと早期退職して、現在はちゃっかり武蔵野大学の教授職に納まっちゃってます。

 ご本人のブログを拝見して、オジサンはこの御仁、バリバリの共産党員と断定しました。

 更にこちらの方のブログを拝見しますと、永田氏は基地の外の住人以外の何者でもなく、日本の法律を守る気はサラサラない半島大好き人間の匂いがプンプン漂ってきます。

 やっぱり、伊達にNHKに身を置いて反日番組ばかりを作っていた訳ではなかったのです。

 で、彼らの言う「言論の自由」をオジサン流に定義しますと、NHK的言論の自由とは、「郷に入ればウリに従え」「ウリ以外の主張は認めない」に尽きるかと思料します。


 
< 杉並区で「特定秘密保護法のお葬式」が執り行われる >
 http://yukan-news.ameba.jp/20131213-93/

6046
 ( 永田浩三氏ご本人 )

6047
 ( 画像出典:どちらもポテチのブログ様からお借りしました )


 さて、本記者会見のもう一人の呼びかけ人である80才児大治浩之輔氏なる人物ですが、読売新聞の記事によりますと、このおじいいちゃんは、
「籾井会長の就任で、公共放送が危機的な状況になっていることを経営委はどう受け止めるのか。OBの責務として行った」などと戯れ事を仰有ってます。

 へぇ、このおじいいちゃんの認識によれば、NHKって公共放送なんだ。

 世界中のどこの国に、公共放送たるべき放送局が、「我が国はとっても悪い国ニダ」って自国の悪口を365日四六時中垂れ流している公共放送がありますかねぇ。

 このおじいちゃんも、日本が大嫌いで、日本が憎くて憎くて致し方ない真っ赤っ赤じいちゃんのようですから、確実に、何を言っても聴く耳は持っていらっしゃらないでしょう。

 正に韓流増すゴミの典型的な人物ですな。

 ご覧下さい、この↓傲慢極まりない態度を。

 水俣病のドキュメント制作に関ったとかで、一人鼻を高くなさって、ポケットに片手突っ込んで、講演をしておられるます。

 でも、客席、がら空きニダ。


 
< 公開講座 報道ドキュメンタリー制作者が語る水俣病『埋もれた報告』 >
 http://wasedaart.waseda.ac.jp/news/061017_1.html

6048
6049


 いずれにいたしましても、NHKのOB諸君は夢よもう一度で、「第四の権力」の座への返り咲きを果たしたくて居てもたってもいられないんでしょう。

 明らかにNHKのOB諸君は、自分達はリタイアしたとは言っても、依然として「世間を動かす力を持っているニダ」とウリナラファンタジー並みのとてつもない勘違いをなさっていると、オジサンは邪推してます。

 2005年、チョウニチ新聞さんとのコラボによる女性戦犯法廷がらみの番組改編問題で、当時の中川経産大臣・安倍副官房長官をあらゆる薄汚い手法を総動員して、このお二人を窮地に追いやった快感を、NHKのOB諸君は忘れられないんでしょう。

 あの当時は、政府も国民も、NHKもチョウニチさんも事実とは全く違っていることを主張していることに気がついてはいて地団駄を踏んではいたものの、残念ながら反日増すゴミ諸君に対抗すべく情報発信手段は持ち合せていませんでした。

 あれからほぼ10年。

 ネットの定着によって、反日増すゴミ諸君の情報信頼度は格段に低下し、彼らの嘘もすぐバレ、増すゴミ諸君は第四の権力どころか、一部良心的メディアを除き、今や彼らは単なる中朝韓諸国のプロパガンダ機関でしかなくなってしまいました。

 ほう~ら、反日増すゴミ諸君が広島の大豪雨で安倍総理のゴルフをウンタラカンタラ批難にしても、彼らの報道に追随して来るのはみんちゅくんぐらいなもので、健全な感覚の持ち主である日本人の殆どは、的が全く外れっ放しの増すゴミ諸君の主張に誰も見向きもしていないでしょう。

 オールドメディア、敗れたり。

 オールドメディアは、既に健全な国民からは見放されているんです。

 その最たる理由は、言うまでもなく彼らが、” Discount Japan ” 報道一辺倒だからです。

 日本の将来を良くするための「生産的」「創造的」報道を彼らは一切しようとしないからです。

 所詮彼らの遣ってることは日本の悪口を毎日世界に発信することばかり。

 これではいくら穏やかな日本国民でも嫌気がさしてしまいます。

 彼らはもはや日本の報道機関ではなくなってしまってるんです。

 そのことに、ごく平均的な普通の日本人でさえ気づいてしまったのです。

 にも関らず、相も変わらず時代錯誤の傲慢不遜な態度で読者や視聴者を見下し馬鹿にし続けている反日増すゴミ諸君。

 その代表格がNHKとチョウニチさんと言えましょう。
 
 チョウニさんも同じ穴の狢ではありますが、NHKは基本的に、現役職員もOB諸君も、自分たちに不都合な真実と事実は絶対に見ようとはしません。

 太陽は東から昇るという絶対真理さえ、自分たちに有利とあらば、太陽は西から昇ると平気で大嘘を世界中に垂れ流すことに何の疑問を持たない、もはや反社会的集団に成り下った中朝韓のプロパガンダ機関です。

 日本の公営放送局?

 とんでもありません。

 日本を全否定し、日本の権力者を全否定し、しかして中朝韓の傀儡政権であったみんちゅくん政権には大甘で、一方では、大虐殺国家の中朝韓に媚び諂うしか術がないNHK職員とOB諸君。

 籾井会長への辞職勧告?

 大いに遣っちゃって下さい。

 きみたちが日本人の感性とは全く違った方向性で大騒ぎすればするほど、健全な視聴者は、理屈抜きできみたちを一層見放すことができます。

 ですから、日本の悪口、これからも気の済むまで言っちゃって下さい。

 きみたちが日本を批難し続け、捏造・歪曲満載のプロパガンダ放送をすればするほど、きみたちのことを悪質極まりない反社会的人格者集団として捉えることが公明正大にできますから、私達健全な視聴者は、一層、燃えます。

 そして、いつの日か、チョウニチさんの廃刊ととも「NHK解体」をも成し遂げてみせます。

 実現した暁には、受信料から巻き上げたNHK職員・OBの厚生年金基金は強制解散の上、有無を言わせず国民年金に吸収合併して差し上げます。

 wkwk。

 路頭に迷いたくなかったら、反日報道は即刻止め、現役職員・OBは全員共産党から脱退し、自らの中朝韓の工作員活動を自己批判し、即、スクランブル化を実現させることです。

 なに、いやなこったw

 あっ、そう。

 でもね、きみたちがいくらイヤだイヤだと言ったところで、国民の殆どは目覚めちゃいましたからね。

 きみたちがどうなろうと知ったことじゃありません。

 結局は自己責任、自業自得なんです。

 1万人クラスの倒産劇なんて、世の中、そう珍しいことじゃないんですから。


 まぁ、今のうちに、現役職員もOB諸君も気がすむまで吠えまくっておくことです。
 

 
< NHK解体の歌 >
 https://www.youtube.com/watch?v=Ht6VO67-x3E

">



2014年8月22日 (金)

拉致問題を握りつぶした国賊、結いの党小野次郎参院議員




 先日知り合いの某新聞社の某記者と私的呑み会で一緒になった時、拉致問題について、「9月に被害者の皆さん、帰って来るかな」と訊ねたら、即答で「うん」との返事がありました。

 彼が単なる感触で判断しているのか、それとも何らかの一次ソースがあって確証があるのか、その辺の処は皆目分りませんが彼自身は保守寄りの記者ですので、オジサンとしても期待値を含めこれはひょっとしてひょっとするのかなと思ってしまいました。

 という中で、8月19日チャンネル桜が放映した拉致関連の動画を拝見しますと、やっぱり、コトはそう単純には運ばないであろうことも再認識させられました。


 
< 拉致問題は本当に動くのか >
 http://www.youtube.com/watch?v=D6L-rfLk5Ds&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
 
">


 
・・・・ 8分09秒から、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏 ・・・・


 
で、この問題は一体どうしてこういうことになったのかということですが、やはり拉致問題をここで終わらせようという意図が政権中枢に働いていたことは間違いがありません。

 恐らくそこで実際に中心になって動いたのは、当時の総理(小泉総理)の秘書官であった現在結いの党の幹事長をやっている
小野次郎参議院議員であろうという風に思います。(中略)

 
拉致問題なかったんだってことにする、こういう風に上が腐ってしまっちゃたんですねぇ。

 どんなに現場で一生懸命やったってどうしようもない。

 本当に私も怒りを感じるのは、この警備一課長だった
丸山潤っていうのが、当時確か20代の後半です。

 いくらそりゃぁもう東大出のバリバリのエリートだからったって、それは何かしら警察に来るんだから、多少の正義感ぐらいあっていい筈です。

 どんなに上から言われてですねぇ、もうそのぉ言われたからと言ったって、そんなことにここで一線を越えちゃうっていうのは、これは警察官僚としてこれは絶対に出来ないということを、せめて20代の人間だったらそれぐらいやってもらいたいと思ったんですけれども、一切なんにも言わない。



 
・・・・ 15分05秒から、次世代の党「三宅博」衆議院議員 ・・・・



 
さっき荒木さんが小野次郎さんと丸山さんのお二人の名前を出されて、ここでお話をされました。

 いずれですね、この間も荒木さんとお話をしてたんですけれども、小野さんと丸山さんの二人の実名を上げて委員会で質問せざるを得ない時期が、もうそう遠からず来るやろなと、そういうことも私自身は念頭においてこれからやって行くということをお話しました。

 この拉致事件というのはですね、戦後政治の闇の象徴的な事件なんですね、闇の部分から発生した事件なんです。

 だから非常に大きな背後にですね、構造的な問題があると思うんですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 拉致被害者の皆さん、現在政府の正式見解では、情けないことにたったの17名(うち5名は帰国済)しか居ないことになっております。


 
< 政府認定17名に係る事案 >
 http://www.rachi.go.jp/jp/ratimondai/jian.html


 ところが家族会が中心となっている「救う会全国協議会」だけでも、拉致被害者は、政府認定17名プラス救う会認定7名の計24名に上っています。


 
< 政府認定17名と救う会認定7名 >
 http://www.sukuukai.jp/item_1160.html


 更に、荒木和博氏が代表を務める特定失踪者問題調査会が公表している「拉致の確率が高い」と判断されている特定失踪者はもうカウントレスで、噂では1,000人は下らないのではと言われている有り様です。


 
< 失踪者リスト >
 http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?mode=list2

 
< 公開リスト詳細 >
 http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?mode=list

 
< 特定失踪者リスト集計 >
 http://www.chosa-kai.jp/listsyukei.html


 上記動画にもあるとおり、もちろん、警察の現場担当者は拉致被害者の実態を把握していました。

 でも、北朝鮮利権で巨額の私益をガッポガッポ稼いでいた自民党の朝鮮利得者&パチマネー利権の警察官僚&土井たか子を初めとする社会党議員達は国家権力を用いて頑なに拉致問題を握り潰した・・・・。

 まぁ、国民の生命より私益を優先した関係者諸君は全員恩赦なしの一生涯の無期懲役でしかるべきですが、先ずは、小野次郎くんと丸山潤くんのお二人がスケープゴートとして島流しの刑で罰せられるべきでしょう。


 小野次郎くん、61才児。もはやカルト or クルッテル?


6039
 ( 画像出典:http://ha-supporters.jugem.jp/?eid=91

 上記ブログにある仙台市議「早坂あつし」なる人物も凄いぞw


6040
 ( 画像出典:http://www.gikai.city.sendai.jp/meibo/ku/ff_aoba.html


 上記動画で再三再四述べられている山本美保さんDNA偽造事件は、拉致問題を考えるにあたっては警察幹部が腐りきっていることを証明するかなり重要な事件です。

 本件に関しては、平成24年4月10日付で質問趣意書も提出されています。

 それに対して日本国民の生命と財産のことなどサラサラ問題視なさらない、国民を見下し馬鹿にしきった答弁書を決定したのが、当時の総理大臣野田佳彦くんです。


 
< 特定失踪者にかかわるDNA鑑定問題に関する答弁書 >
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b180182.htm


 こうなりますと、当然ながら我らがヨシヒコくんの独島への流刑も間近です。

 9月の拉致被害者帰国、特定失踪者を含め全員の帰国が実現すれば万万歳ですが、はたして落とし所はどの辺で決着するのやら。

 政府認定被害者全員帰国&特定失踪者全員帰国。

 見返りとして北朝鮮に1兆円の無償援助&韓国へ部品素材輸出禁止の千年間の経済制裁。

 小野次郎、丸山潤、野田佳彦、土井たか子(以下略)関係者全員、恩赦なしの遠島。

 拉致被害者全員のご帰国を祈念するのみです。

6041



2014年8月21日 (木)

週刊浦安ニュース




 本日は地元浦安ネタです。

 まず最初は警察官の不祥事から。


 
< 中学生にみだらな行為 容疑で浦安署巡査部長逮捕 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140813/chb14081302180003-n1.htm

 
県警は12日、女子中学生にみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反容疑で、浦安署の地域課巡査部長、龍崎光幸容疑者(42)印西市原=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、6月14日午後6時ごろ、県内に住む女子中学生(14)を車中に連れ込み、18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとしている。

 県警によると、当時、龍崎容疑者は勤務時間外だった。女子中学生から相談を受けた父親らが、県警を訪れ、発覚したという。

 龍崎容疑者は携帯電話の出会い系アプリを通じて女子中学生と知り合ったとみられ、無料通信アプリの「LINE(ライン)」などで連絡を取り合っていたとみて県警は捜査している。

 県警監察官室は「組織を挙げて犯罪の検挙、抑止に取り組む中、職員が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査の経過を踏まえ、厳正に対処していく」とコメントした。



 住民サイドからすれば不愉快極まりない出来事ですが、この種の性犯罪は人類誕生以来未来永劫まで、人類の悲しいサガとして零になることは決してあり得ないであろうことを考えると、対策としては犯罪発生率を如何に低く抑えるかの一点にしかポイントはなかろうかと思料します。

 妙案などあろう筈もありませんが、処罰の厳格化は多少の抑止力に成り得るかも知れません。

 性犯罪に限って、性犯罪以外の刑法犯より罪は3段階ぐらい重い罪を与えるとか・・・・。

 或は、親方日の丸で生活の糧を得ている公務員が犯した性犯罪は、罪の軽重に関らず例外なしで「即刻、有無を言わせず懲戒免職」とか・・・・。

 そうなったら、教師諸君も、警察官諸君も、少しは自重するかも。

 しないかな?

 逆に今どきの教師諸君の無節操な道徳レベルなら、却て、「懲戒免職」処分取り消しの裁判が多発するかも。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 今年度、不交付団体7年ぶり増 千葉 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140814/chb14081403100003-n1.htm

 
県は、財源不足を埋めるため平成26年度に国から県内市町村に配分される普通交付税の金額を発表した。国から交付税を受けずに独自の収入でまかなえる県内の「不交付団体」が前年度から2団体増え、5団体となった。

 県市町村課によると、今年度から新たに不交付団体となったのは、
市川と君津の両市で、県内で不交付団体が増えるのは19年度以来7年ぶり。

 19年度は14団体が不交付だったが、その後は景気の悪化などが原因で徐々に減り、昨年度は
浦安、袖ケ浦、成田の3市のみとなっていた。


 不交付団体とは、財政力指数が1.0を超えて、国からの地方交付税交付金が支給されない「地方自治体」のことです。

 浦安市はディズニーランドだけのイメージが先行していますが、財政的には関東随一の工業団地でもある「鉄鋼団地」の存在も大きく貢献しております。


 
< 全国・全地域の財政力指数番付 >
 http://area-info.jpn.org/KS02002All.html

01位:飛島村(愛知)

02位:泊村(北海道)

03位:六ケ所村(青森)

04位:軽井沢町(長野)

05位:箱根町(神奈川)

06位:浦安市(千葉)

07位:東海村(茨城)

08位:刈羽村(新潟)

09位:山中湖村(山梨)

10位:武蔵野市(東京)



 トップテンの内訳は、飛島村と武蔵野市をのぞいては、原子力村と観光地が独占です。

 何だかんだいっても、原発が動かないと経済的にも回らないことになるんですが、日本の生産性向上には生れてから一度も貢献したことがないアッチ系の皆さまには、理解不能らしい。


 
< 浦安市のランキング成績 >
 http://area-info.jpn.org/area122271.html


・千葉県内で浦安市が第1位のものは

 
職員平均給与月額:1位

 財政力指数:1位

 住宅地標準価格:1位

 人口密度:1位


・千葉県内で浦安市が最下位のものは

 
住民1人あたりの借金:53地域中53位

 平均年齢:59地域中59位

 65才以上割合:59地域中59位

 総面積:53地域中53位



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 寺で知る見せ物小屋の情景 24日、千葉・浦安で映画上映会 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140819/chb14081903440004-n1.htm

 
浦安市の市民団体「浦安ドキュメンタリーオフィス」が24日、同市堀江の正福寺で、日本最後といわれる見せ物小屋一座を追った映画「ニッポンの、みせものやさん」の上映会を開く。映画館で観る機会の少ない作品を公開。同時に下町の活性化を目指す。

 代表の中山和郎(かずお)さん(44)は国際研究機関に就職後、夜間映画学校に通学。平成18年、1人で上映会を始めた。会場に来た映画ファンが「大変だろう。手伝おうか」と参加。スタッフは40~80代まで10人に増えた。

6036

 これまではホールなどで上映会を開いてきたが、今回、「ドキュメンタリー映画を見たことのない人々にも客層を広げたい」として寺での開催を企画した。田中貞真副住職(50)は「お寺はもともと、人が集まるところ。さまざまな文化を発信していくのも大切な役割です」と笑顔で語る。寺には機材がないので、映写機、スクリーン、手作りの客席などを持ち込む。16日夕にスタッフが集まってリハーサルを行った。

 上映作品は、奥谷洋一郎監督が「大寅興行社」と共に旅して一座の暮らしと人情、輝きをフィルムに収めた。昭和の時代には祭りでよく見かけたが、消え去ろうとしている見せ物小屋を記録した貴重な作品だ。中山さんは「お寺での上映にふさわしい作品を選びました。家族連れでにぎわい、浦安の下町の活性化につながればうれしい」と来場を呼びかけている。

 上映会は午後6時半から。一般800円。ミニライブや露店なども楽しめる。



 
主催:浦安ドキュメンタリーオフィス
 http://urayasu-doc.com/

 
会場:正福寺(フラワー通りの一番奥です)
 http://ys.bitpark.jp/syoufukuji/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< ちばの自慢!食ストーリー、そば処「天哲」(浦安市) >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140818/chb14081802100001-n1.htm

 
伝統の味を家族で守る

 
漁師町の風情を残す浦安市堀江地区。境川がゆったりと流れる。最盛期には無数のべか舟(小型漁船)が係留していたという。一角にそば処「天哲」。週末の昼時、のれんをくぐった。

 満席だ。相席をお願いして「天ざる」を注文する。運ばれてきた。香ばしい。まずは熱々のエビにかぶりつく。ぷりぷりした食感。うまい。冷たいそばをたぐる。隣の卓では、男性3人組がマグロの刺し身をさかなに一杯やっている。別の卓では赤ちゃん連れの家族が談笑する。気取らない下町の流儀。いい感じだ。

 天哲は創業100余年。昔ながらの手法で伝統の味を守る。初代店主は、江野澤哲治郎さん。

 「天ぷらの天と、哲治郎の一文字をとって屋号をつけたようです」

 3代目店主、幹廣さん(60)が笑顔で語る。

 漁業が盛んだった頃、境川から上がってきた漁師が取れたての鮮魚を店に持ち込み「天ぷらに揚げてくんなよ」と注文しては一杯やっていたそうだ。平成に入ってからもアサリやワタリガニを持って来る年老いた漁師がいたそうだが、最近は見かけないという。

 「食材は早朝、浦安魚市場に出かけて仕入れます。いい魚が入ったときは、市場の店主が届けてくれることもある。お互い、お客さんだからね」

 昭和初期。若き作家、山本周五郎は浦安で暮らした。当時の体験を基に名作「青べか物語」を書いた。

 作品のなかに「天鉄」という名の店が登場する。周五郎はたまに原稿料が入ると、天鉄に行き、天ぷらを注文。日本酒をすすりながら、本を読んだという。「天哲」がモデルではないのか。

 「ああ、山本周五郎ね。うちの店に来てたっていうんだけどね。でも、よく、わからないんだよ」

 店には周五郎の色紙もなければ、逸話も伝わっていない。当時は無名の貧乏作家。自ら名乗ることはなかったのか。店主の記憶にも残らなかったようだ。

             ● ● ●

 厨房。冷房設備はない。店主の幹廣さん、妻の由美子さん(60)が汗を流しながら、忙しく立ち働く。客席担当は3人姉妹の末っ子、深澤治美さん(30)だ。明るい。結婚して2児の母だが、時間を見つけては店に出る。2人の姉たちも同様だ。

 「夏場を乗り切るのが大変なんです。家族1人が倒れると、やっていけませんから。できるだけ、手伝います。お客さんもみんないい人で、店を支えてくれます」(治美さん)

 さて、100余年の歴史を持つのれんの重みについて3代目店主に聞いてみた。

 「のれんを守る、守るって意識すると、重圧になる。今日一日、おいしいそば、天ぷらを出して、お客さんに喜んでもらう。その積み重ねですよ」

 常連客が帰り際、店主に声をかけた。

 「また、お祭りで飲みたいね。2年後だね」

 浦安3社祭は4年に1度。この日ばかりはのれんを下ろし、家族総出で盛り上げる。


6037
 ( 天哲の名物「天ざる」。大ぶりのエビは熱々で香ばしい )



 ↑1,700円ですけど、美味です。お店はフラワー通りのど真ん中。



2014年8月20日 (水)

NHKを見ちゃうと確実に日本と日本人が大嫌いになっちゃいます




6031


 お盆期間中は、毎年、反日増すゴミ諸君が全国至る処で一斉に執拗に「日本は世界一悪い国」キャンペーンを展開しますので、ある意味この時期は鬱陶しくて仕方がありません。

 本来なら穏やかな心で先祖の霊をお迎えし、日々の平安を先祖に感謝しつつ、普段は逢うことの少ない親戚や友人達と語らい宴を共にする4日間なのに、反日増すゴミ諸君は、そんなごく平均的な日本人のお盆の過ごし方を、無惨にもぶちこわします。

 もう69年も経ったんだから「いい加減にせい」と彼らを怒鳴りつけたくなる衝動に駆られますが、聴く耳は一切持たない半島化が著しい反日増すゴミ諸君は、日本人からの罵声など屁とも思ってないことは明らかです。

 でもシャクですねぇ。

 反日増すゴミ壊滅作戦、このオジサンでも何かできることはないかなぁ~、と酔っ払ったあとの寝床の中でつらつら考えていた今年のお盆休暇の4日間でした。

 で、この4日間はネットにも触れず、新聞も読まず、地上波はもちろん見ずで、ただひたすら呑み喰いに徹してましたが、天気予報を聴くために時々スィッチを入れてしまった「NHKラジオ」が、噂通りに超スーパー偏向報道過ぎて、吃驚してしまいました。

 毎日、チョコッとしか聴かなかったにも関らず、お盆期間中のそれもたまたま聴いたNHKラジオの放送内容が、あまりにも主語が「中朝韓」化している事実に、オジサンは「これはもうNHKは潰すしかないなぁ」とあらためて思った次第です。

 NHK職員10,293名の皆さまがお遣りになってることは、日本と日本人に対する「言論弾圧」以外、何物でもございません。


6033


 それでは、お盆期間中オジサンが聴いたNHKラジオの番組の中で、「アレッ?」と思った放送内容を備忘録の意味で3つ記しておきます。

 最初は何気なく終戦の日に聴いていたニュースの中から一つ。

 酔っぱらってたのでこんな些細なニュースはローカルニュースなんだろうとその場では思ってたんですが、今NHKのサイトを調べていたら、なんと名古屋発の全国ニュースだったんですね、2度吃驚です。

 直ぐ消されるでしょうから念の為魚拓とっておきました。


 
< 身近に残る戦争の爪痕を見学 >
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140815/t10013839801000.html
 http://megalodon.jp/2014-0818-0529-58/www3.nhk.or.jp/news/html/20140815/t10013839801000.html(魚拓)

 
終戦の日の15日、身近に残る戦争の爪痕を見学する催しが名古屋市で開かれました。

 この見学会は、10歳のときに終戦を迎えた名古屋市の
大島良満さん(79)が毎年行っているもので、25回目のことしは親子連れなどおよそ10人が参加しました。

 参加者はまず、終戦の年の3月に落とされた爆弾で亡くなったおよそ200人を弔う地蔵や、慰霊碑がある名古屋市北区の寺を訪ね、大島さんから「戦争は住んでいる場所が戦場になるということだ」と説明を受けました。

 このあと、戦争の爪痕が身近に残る場所を見て回り、名古屋市役所の前では、戦時中に松ヤニを取るために大きくえぐられた痕がある松の木の幹を見学しました。当時はマッチが不足していたため、着火剤として松ヤニが使われていて、この場所にはこうした痕のある松の木が街路樹として6本残っています。

 参加した小学4年生の男の子は「戦争が起きると爆弾が落とされて多くの人が亡くなります。戦争は本当に怖いと思いました」と話していました。

 見学会を主催した大島さんは「名古屋も戦争の被害が大きかったので、体験した私たちが平和の大切さを伝えていかなければいけない」と話していました。



 いくらラジオとはいえ、たった10人の参加者で全国ニュースですかぁ。

 天下のNHKさまのことですから、
およそ10人が参加ということは、実際の参加者は「5人」も居れば上出来ですね。

 今年で25回目のイベントということで過去の「戦争反省・謝罪大好きツアー」ググってみたら、ありました、ありました。


 
< 2009年、特集「名古屋空襲戦争の傷跡は今…」by 中京テレビ >
 http://www.ctv.co.jp/realtime/sp_kikaku/2008/08/0813/


 主催者の大島良満さんとはこんなご尊顔の方です。


6035


 2010年度の「戦争反省・謝罪大好きツアー」は、こちらの方のご報告によりますと、参加者は20名、うち
6名が9条の会になっています。

 ちなみに、主催者の大島良満なる人物は、元名古屋市長候補・愛労連役員なんですってサ。


 
< 名古屋の戦跡めぐり >
 http://blog.goo.ne.jp/9syowa9/e/41272c69a7907adfea2610abe3b48f3a

 
JR大曽根駅の北口に9時頃に集合、説明資料により事前の説明を受ける予定でしたが、今年はマスコミ関係者が多く、NHKテレビ、中京テレビ、赤旗新聞、読売新聞が主催者の大島良満(元名古屋市長候補・愛労連役員)さんを囲み取材を重ね。事前の説明は不十分なまま、予定より少し遅れ9時40分にナゴヤドームの南東にある名古屋三菱(戦争の時はゼロ式戦闘機を製造)建立の慰霊碑に向かいました(向かう途中もテレビ撮影は続きました・・・いい絵を取りたいのでしょう)。


 こういうのを読まされますと、完全に8月15日が「プロ市民」ビジネスとして全国各地で商売として成り立っていることが判ります。

 14年度はたったの10名、10年度でもたったの20名。

 それでも、反日プロ市民と反日増すゴミ諸君とのコラボは、ここぞとばかり8月15日にはホルホル顔で「日本はとっても悪い国ニダ」と大声で喚き叫び続けているのです。

 79才児の大島良満くん、こちらを読んでみると、真っ赤っ赤度800%確定の御仁です。

 日本が大嫌いで仕方がないNHK職員諸君、もうちょっとごく平均的な普通の日本人を登場させてよ。

 参加者がたった10人の「9条の会&共産党員」のイベント、全国放送で流さないでよ。

 あぁ、そうね、そうね、きみたちにこんなこと言っても、馬耳東風。

 所詮、NHK職員10,293名は全員が共産党員でしたもんねぇ。

 代々木さまが主催なさるイベントはたとえ参加者がゼロ名であっても、全国ニュースでアリバイとして流しておかないと、あとで粛正されちゃうんですもんねぇ。

 でもね、きみたちNHKが解体されちゃったら、もしくは民営化されちゃったどうするんだろう。

 まぁ、オジサンには関係ないことだからどうでもいいけど。

 世の中、8月15日はこんなイベントもあったんですけど、日の丸・君が代と日本が大嫌いなNHK職員10,293名の皆さまにおかれましては、地球が逆回転しても放送したくない事実ですよねぇ。

 ちなみに、こちらの日の丸大行進は800名の参加でした。

 主催は「頑張れ日本!全国行動委員会」ですから、NHK職員10,293名の皆さまにおかれましては、悔しくて悔しくて夜も眠れないニカ?


 
< 2014.08.15 英霊に感謝し、靖國神社を敬う国民行進 >
 https://www.youtube.com/watch?v=nfAfOb1R5Ok&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

">


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 だんだん熱くなってきましたので平常心、平常心。

 あとは手短に。

 お盆期間中のNHKラジオで「アレッ?」と思った2つ目は、こちらの番組です。


 
< NHKラジオ 高校講座「政治・経済」日本国憲法の制定 >
 http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-08-16&ch=06&eid=95227&f=3090

 
2014年8月16日(土) 午後7:50~午後8:10(20分)

 【講師】落合隆,【きき手】金子みちる,田代詩織


 
 所謂、子供をダシにして憲法を語らせるという " Japan Discount " 派が大好きな手法で、とことん天皇を否定し、戦前の日本を否定し、平和を憲法を上げ諂う番組内容でした。

 アメリカが日本を黙らせる為に無理矢理押し付けた憲法だったなどとは一言も言及してません。

 そして天皇主権の明治憲法こそが軍部を付け上げらせ、日中戦争にまで突き進ませた悪の根源だったとかなり短絡的な結論付をしていました。

 このどこが教育番組なんでしょう?

 完全に確信犯で予定調和のイデオロギー教育です。

 ウリ以外の主義・主張は認めないニダ、そのものです。

 講師はどうやら神奈川県立上鶴間高等学校の一介のヒラ教師らしいですが、このNHKの高校講座というのも、プロ左翼教師諸君の利権でガチガチに固められているんでしょう。

 出演講師は全員が、日の丸・君が代が大嫌い!、入学式・卒業式も起立なんて致しません(キリッ


6034


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 最後は、8月15日(或は14日だったかも知れません)の7時と19時のローカル版で報じられた、文科省の発表に基づいた某県の小中学校の不登校実態に関するニュースです。

 全国に不登校小中生は12万人もいて6年ぶりに増加したことを8月7日に文科省が発表し、オジサンもこの件につきましては8/9付拙ブログにて採り上げました。

 オジサンでさえ2日遅れで結果分析してるのに、某県のNHK放送局は一週間遅れで、しかもその放送内容たるや「県内の小中学校には不登校生徒がウン千人いて、県教育委員会は不登校生徒をなくす為に全力を尽くすそうです」と、たったこれだけでした。

 某県の不登校実態が全国的にどういうレベルであるのかさえも分析しておらず、ましてや県教育委員会からどうやったら不登校がなくなるのかも引き出しておらず、ただ、文科省の発表数字の県内版を垂れ流しただけのニュース。

 NHKの皆さまのお仕事って、ラクチン極まりなし。

 ひたすら、日本と日本人の悪口を放送するだけで平均年収1,780万円も稼げるんですから、お気楽稼業で誠に結構なことです。

 日本が大嫌いで大嫌いで仕方がないNHK職員諸君、不登校生徒が増えたのは、教師諸君が無能なため、教育委員会が何もしていないため、たまにはこれくらいのことをニュースで報道してみたら如何ですか。

 なになに、どうやって分析したらよいのか遣り方が分らないですってェ。

 あっ、そう。

 それに、教師諸君も大切なウリ仲間だから、彼らの悪口は絶対言えないですってェ。

 そりゃ、そうだ。

 きみたちにできることは、ひたすら日本と日本人の悪口を世界中に垂れ流すことと、優秀な日本人を自殺に追いやるまで徹底的に貶めることだけだもんねぇ。

 あっそうそう、もう一つあった。

 万引きに、下着泥棒に、痴漢に、盗撮に、おクスリの売買に、窃盗に、火付けから死体遺棄まで。

 2ヶ月1回の割合で性犯罪から殺人事件まで引き起しているNHK職員10,293名の皆さま。

 オジサンは、きみたちのご尊顔なぞお一人たりとも見たくないゾ。

 見よ、このお品なき真っ赤っ赤オバサマのご尊顔を。

 反日左翼の破壊願望が丸出しです。



6032



2014年8月19日 (火)

チョクトくん逮捕とチョウニチ新聞廃刊に怯える半島系諸君




6030


 産経新聞さん、お盆休み明け早々から張り切ってます。

 チョクトくん、逃げ場がなくなりました。

 チョウニチ新聞さん、狼少年の本性を再度暴かれこれまた逃げ場がなくなりました。


 
< 2014.08.18 産経新聞朝刊から >

6024
6025

 ( 同上Web版記事は、こちらこちら


 諸悪の根源は、みんちゅくん主導による「ウリに不都合な事実は報道しないニダ」に尽きます。

 自分たちの悪事は徹底的に隠しまくりつつ、もう一方では、自民党が制定した特別秘密保護法は廃案にすべきだなどと、ウリナラ流ダブスタ800%のお馬鹿体質。

 吉田調書では今回みんちゅくんのプロパガンダ機関を見事お務めになったチョウニチさん、従軍慰安婦強制連行問題に次いで、またもや、産経さんにその韓流捏造体質を大暴露されてしまいました。

 チョウニチ新聞7,800名の皆さまにおかれましては、ますますもって、夜も眠れない状態ニカ?

 でもそれは致し方のないこと。

 だってチョウニチさん、「吉田調書」問題では、普通のごく平均的な日本人でさえ、「おやっ?」と考え込んでしまような「日本人を頭から否定する報道」をしていたんですからね。


 
< 朝日新聞の報道は「所長命令に違反し、所員の9割が原発撤退」 >
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140818/dst14081810040005-n1.htm


 同じ吉田調書がネタ元にでも真逆の結論になってしまっている処に、チョウニチさん自身の「日本人を確信犯で見下す」両班体質の根の深さがあります。

 その点に関して、ジャーナリストの門田隆将氏は産経紙面でこう述べていらっしゃいます。


 
< 朝日新聞は事実を曲げてまで日本人をおとしめたいのか >
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140818/dst14081811160008-n1.htm

 
私は拙著『死の淵を見た男』の取材で、吉田氏や現場の職員たちに数多くインタビューしている。どんな闘いが繰り広げられたかは取材を通じて知っていたが、その時のことを思い出した。

 また、菅直人首相や細野豪志首相補佐官らとの電話によって、事故対策を講じる吉田氏の貴重な時間がいかに奪われていたかもよくわかる。くり返される官邸からの電話に「ずっとおかしいと思っていました」と吉田氏は述べている。

 特に
細野氏が毎日のように電話をかけてきたことで、吉田氏が相当困惑していた様子が伝わってくる。

 全員撤退問題については、「誰が撤退と言ったのか」「使わないです。“撤退”みたいな言葉は」と、激しい口調で吉田氏が反発しているのも印象的だ。吉田氏がいかにこの問題に大きな怒りを持ち、また当時の民主党政権、あるいは東電本店と闘いながら、踏ん張ったかが伝わってくる。
 
 それにしても朝日新聞が、この吉田調書をもとに「所員の9割が所長命令に違反して撤退した」と書いたことが信じられない。自分の命令に背いて職員が撤退した、などという発言はこの中のどこを探しても出てこない。
(中略)

 
だが、朝日の報道によって、世界中のメディアが「日本人も現場から逃げていた」「第二のセウォル号事件」と報じたのは事実だ。最後まで1Fに残った人を「フクシマ・フィフティーズ」と称して評価していた外国メディアも、今では、所長命令に違反して所員が逃げてしまった結果にすぎない、という評価に変わってしまった。

 事実と異なる報道によって日本人をおとしめるという点において、先に撤回された慰安婦報道と図式がまったく同じではないか、と思う。

 
なぜ朝日新聞は事実を曲げてまで、日本人をおとしめたいのか、私には理解できない。(一部引用)


 やっぱり、今更ながらですが、みんちゅくんもチョウニチ諸君も、" Discount Japan " 派以外の何者でもなく、彼らがどんな言い訳をなさろうとも、彼ら全員の真の正体は、「高木クネ」政権の工作員でしかあり得ません。

 そうですかぁ、モナ夫くん、毎日吉田所長にイヤガラセのお電話なさってたんですかぁ。


6026


 
< 吉田所長「撤退なんて言葉、使うわけがない」「アホみたいな国のアホみたいな政治家」 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140818/plc14081811160010-n1.htm


6027


 
< 「水素爆発の仕組みは?」最前線に空疎な質問…官邸が招いた混乱 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140818/plc14081808390008-n1.htm

 
政府の事故調査・検証委員会が平成24年7月にまとめた報告書は、福島第1原発事故における菅直人元首相をはじめとする首相官邸サイドからの介入についてこう総括した。

 「介入は現場を混乱させ、重要判断の機会を失し、判断を誤る結果を生むことにつながりかねず、弊害の方が大きい」

 これは当然、吉田昌郎元所長からの聴取結果を反映しての結論だろう。吉田氏は、直接官邸と現場がやりとりすることの違和感を繰り返し語っている(23年8月8、9日の聴取)。

 「何で官邸なんだというのがまず最初です。何で官邸が直接こちらにくるんだ。本店の本部は何をしているんだ」

 「最初、官邸と電話なんかする気は全くなかった」

 「官邸と現場がつながるということ自体が本来あり得ない」

 その上で、不眠不休の極限状況の中で菅氏から受けた電話の内容の空疎さについて、こう明かしている。

 「水素爆発はどういうメカニズムで起こるんだということとか、それは水蒸気爆発と違うのかというようなご質問をなさっていた」

 「ごく初歩的な質問を菅さんがして、私が説明し始めたら、ちょっと待ってくれ、その質問は日比野(靖内閣官房参与)さんがしているからということで、日比野さんに代わって、結構忙しいときだった」

 
菅氏から電話があったのは4回ほどで、このほか「警戒区域と避難区域、20キロ、30キロの話について、こう決めたけれども、所長はどう思う」と問われて吉田氏が「知りません」「現場の判断ではない」と答える場面も出てくる。

 また、同年11月6日の聴取では政府事故調の質問者から、官邸内で
海江田万里経済産業相や細野豪志首相補佐官ら政治家や東電幹部、班目(まだらめ)春樹原子力安全委員長らが「勉強会」を開き、そこで出た疑問を現場に電話で問い合わせていたと聞き、吉田氏はあきれてこんな感想を語っている。

 
「何をもってこの国は動いていくんですかね。面白い国ですね」

 吉田氏は、細野氏にはあらかじめ、協力企業関係者や事務職員ら「関係ない人は退避させることも考えています」と言って、プラント制御に最低限必要な人員は残す考えを伝えていた。

 ところが、
細野氏は23年11月の民間事故調のヒアリングでは東電に全面撤退論があったとの立場でこう菅氏を持ち上げている。

 「菅氏は、何の躊躇もなく『(東電の)撤退はあり得ない』と言った。
私は(菅氏が)日本を救ったと今でも思っている

 菅氏自身は今年6月21日付のツイッターで「私の原発事故対応に対する嵐のような批判も、吉田調書や(関電大飯原発第3、第4号機の運転差し止めを命じた)福井判決で風向きが変わってきた」と記した。

 吉田調書は、あくまで吉田氏個人の記憶に基づく証言であり、すべて正確だとまでは言えないだろう。とはいえ、現場で事故対応の前線指揮を執った当事者の証言は極めて重い。




 みんちゅくんやチョウニチくんは、押し並べて年がら年中、69年前の日本の戦争責任の追及にホルホルしていらっしゃいますが、たった3年前のチョクトくんを初めとするみんちゅくんの被爆責任追及に関しては確信犯で何もなさろうと致しません。

 その理由は賢明な皆さまにおかれましてはもうお判りですね。

 彼らの脳内的には、これで逃げ切ったと甚だしい勘違いでケンチャナヨ状態なんでしょうが、ところがどっこい、お天道さまがそんな彼らをいつまでも許しておく訳がありません。

 みんちゅくん、チョウニチくんには、破滅の日が直ぐ目の前近くに来ていることを、私達ごく普通の日本国民の手でイヤと言うほど思い知らせて差し上げましょう。

 何せ、みんちゅくんも、チョウニチくんも、四六時中、「日本人は大嫌いニダ、日本人はとっても悪い民族ニダ、日本人は恨まれて当然ニダ」と喚き散らしている方々ばっかりなんですからね。

 彼らの私達日本人に対する「ヘイトスピーチ&ヘイトアクション」をこれ以上黙って見過ごしていてはなりません。


6028
6029



2014年8月18日 (月)

常人感覚の日本人が一人も見当たらない民主党諸君(最終回)




 みんちゅくんへの政権交代後、オジサンがみんちゅ党の中で常人感覚がこの人だけはあるなと思えたのは、元々は自民党でキャリアを積んできた故西岡武夫参議院議長お一人だけです。

 西岡さん以外のみんちゅくんたちを、オジサンは一人として全うだと感じたことがありません。

 最初にこれは酷過ぎるとゾと思ったのが、当時70才児の藤井裕久くんのこの答弁です。


 
< 2011.02.01衆院予算委員会 >

 
藤井裕久が国民の血税15億円を隠蔽、自筆自印の領収書発覚も居直り
 https://www.youtube.com/watch?v=Pt_8XX5Xyb8

">  


 かつての自民党もこの手の答弁は多々ありましたが、みんちゅくんと自民党の最大の違いは、自民党は喧々諤々の問題であっても議論そのものは維持されていて、最終的には政党としての一定の見解、方向性、結論はキチンと国民に示しています。

 社民党・共産党さんでさえ、何でも反対ではあっても、政党としての統一見解は国民に示してきました。

 ところがご存知のようにみんちゅくんたちは、いつまでたっても、それができません。

 いろんな考え方があっても全然構わないにニダの多文化共生、もとい、内紛状態が常にピョンヤン運転です。

 政権交替前も、政権交代後も、下野後も、相も変わらず、みんちゅくんたちは、自ら好き好んで李氏朝鮮時代の両班劇を演じ続けております。

 ですからみんちゅくんたちは、集団的自衛権・秘密保護法・原発・国旗国歌法など、国の根幹に関る施策全てに亙って結論を出せません。

 何故彼らは政治屋の癖して、結論一つ出せないのか。

 オジサンはその原因を、みんちゅくんたち全員が「Kの国」仕様の資質の持ち主だからと断定してます。

 則ち、「Kの国」クオリティのみんちゅくんたちは、議論、ディベートが、おできにならないんです。

 そうなんです、みんちゅくんたちは、民主主義の根幹である政策に直結する「論争」そのものが、生来、おできにならないんです。


 
heart みんちゅくんの「Kの国」的資質を学ぼう(その1)heart


 
韓国に言論の自由はない

 
これは、歴史的な国民性によるもので、昨日や今日そうなったわけではない。

 コリア・ウォッチャーとしてごこ十数年、韓国人と議論をしたことがない。日本式に話し合いと言い換えてもいいが、まともに一つの話題に関して、冷静に議論をした経験が、一度も記憶にないのである。

 かつて、韓国に親しみはじめたころ、韓国人は議論好きという、日本での定説を鵜のみにしてもいたし、事実それらしいことを、自分でも書いた記憶がある。だが、それは錯覚にすぎなかった。

 振り返って考え直してみると、韓国人と議論らしい議論をした経験が皆無なのである。韓国人から、罵詈讒謗を浴びせられたことは、何度もある。だが、君の意見は、かくかくしかじかの論拠で誤りであると、冷静に主張されたことは一度もない。

 確かに韓国人は、日本人が辟易するくらい自己主張が強い。だが、これが議論かというと、そうではない。問答無用で自分の結論を強要するだけで、いっこうに議論には発展しない。やや旧聞に属するが、サッカー・ワールドカップの共同開催にあたって、韓国側の代表が、強引に自説を主張し、いっさい妥協しなかったことは、多くの日本人の記憶に残っているはずである。

 これは、国民性と言ってもいいだろう。

 by 豊田有恒

 出所:鄭大均・古田博司編「韓国・北朝鮮の嘘を見破る」2006年文藝春秋



 heart
みんちゅくんの「Kの国」的資質を学ぼう(その2)heart


 
(桜井よしこ) 

 「日中韓『靖国参拝』大論争」(「文藝春秋」ニ〇〇五年八月号)のときにも感じたのですが、都合の悪いところ、自分にとって弱いところを突かれると、韓国の人たちは答えようとしない。そして、まったく別のところに話題をボンと変えて、また怒り出す。

 (関川夏央) 

 そうして、自分で自分を徐々に激昂させながら、涙と汗の反日に話を運んでいく傾向かありますけれど、いまだそういうテクニックは有効なのでしょうか。

 (桜井よしこ) 

 以前、呉善花さんと話していたら、「(桜井よしこ)さん、あなたの話し方では絶対ダメよ」と言われました。「とにかく相手より大きな声と尊大な態度、相手より大げさな形容詞と身振り手振りで非難しないと、韓国では論争に勝てない」と(笑)。

 (関川夏央) 

 もうひとつ付け加えると、相手の話は聞いてはいけない。一方的に自分の言いたいことだけしゃべりまくる。

 (古田博司)

 韓国語に「声討」という言葉があるんですよ。声で討つ。


 出典:鄭大均・古田博司編「韓国・北挑戦の嘘を見破る」2006年文藝春秋


 

 heart
みんちゅくんの「Kの国」的資質を学ぼう(その3)heart


 
嘘をついても責任をとらない社会

 
 
日本では「嘘つきは泥棒の始まり」という言い方があるように、幼い頃から絶対に嘘をついてはならない、人は正直でなければならないということを口を酸っぱくして教えると聞く。

 「嘘をついたら閻魔さまに舌を抜かれるよ」など、嘘をつけば必ずその報いがあると教えられた体験をもつ年輩の方も少なくないようだ。

 韓国でももちろん、嘘をついてはいけない、正直に生きなくてはならないと教える。

 しかし同時に、韓国の社会には「騙されるほうが悪い」という通念が抜きがたくある。そういうことからも、日本のように嘘つきを「人間的に最悪の存在」とまでみなすことはない。さらには「嘘も方便」をはき違えて、多少の嘘を容認する風潮が強い。とくに人情がらみの嘘はたいていは大目に見られる。

 韓国の社会では、嘘をついたり人を騙したりして人に被害を与えたことが発覚しても、なんらの責任をとろうとはせず、またその責任を厳しく問おうとはしない傾向がまことに強いのである。

 そればかりか、騙されないようにしなかった本人の責任だ、騙されるとはなんてバカなんだと言わんばかりの非難を浴びることにすらなり、諦めて泣き寝入りするほかなくなることがきわめて多いのである。


 出典:呉善花著「韓国倫理崩壊1998-2008」2008年三交社刊



 以上、みんちゅくんたちの「Kの国」的資質を念頭に、非韓三原則を彼らにも適用したなら、みんちゅくんたちは、行く行くは、お天道さまに見放される日がやってきます。

 その日が来るまで、私達日本人は、みんちゅくんの感情のなすがままに反応してはいけません。

 ゆめゆめ、みんちゅくんとまともな会話が成立するなどと考えてはいけません。

 みんちゅくんは、決して、民主主義の実践者ではないのです。

 民主主義を実現する一手段としての「論争」が一切できないみんちゅくんなぞ、単なる反社会的集団のゴロツキに過ぎません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
< 福田恒存著「論争のすすすめ」文藝春秋刊福田恒存全集第五巻から >


 今日、民主主義は「話合い」の政治だと言い、暴力の防波堤だと言う。

 しかし、ディアレクティックとレトリックを欠いた言論は暴力であり、暴力を誘発する。

 私は力と力との衝突を目的と目的との衝突と解するから、それを否定しない。

 だから、それを論争という代償行為に流しこめと言うのだ。

 民主主義というのは論争の政治である。

 それを「話合い」の政治などと微温化するところに、日本人の人の好さ、事なかれ主義、生ぬるさ、そして偽善があるのだ。

 和としての「話合い」ではない、勝負としての論争が必要なのである。

 たがいに自分の方が真になることを証明しあい、時に相手をごまかしてやるがよい。

 ごまかされた方が悪いのだ。

 ごまかしは悪であり、そのための雄弁は悪であるという偽善国に、民主主義が発達したためしはない。

 ソフィストを生んだのは、民主主義の元祖である古代ギリシアではなかったか。



 初出:「中央公論」1961年3月号



2014年8月17日 (日)

常人感覚の日本人が一人も見当たらない民主党諸君(その2)



 
 常人感覚をお持ちのごく平均的普通人の日本人がお一人もいらっしゃらないと思われるみんちゅくんたちですが、8月の最終週にこんなイベントを開催します。


 
< 第3回民主党大学 >
 http://www.dpj.or.jp/article/104634/

 
「投票に行かないと損をする!?」~若者の投票率の低下に斬りこむ~

 なぜ日本の若者は投票に行かないのか?
 
 投票に行かないことで、どんなデメリットが生じているのか?

 投票に行きたくなる政治・社会状況を生み出すためには何が必要なのか?

 日本と海外の事例とデータの比較を参考に、徹底討論します!

 <日時> 8月30日(土)18:30~20:00

 <場所> 民主党本部5階

 <パネリスト>

・森川友義氏、早稲田大学国際教養学部教授

 著書「若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!?」

・小串聡彦氏、若者の社会参画・政治参画を促進するNPO法人Rights理事

 スウェーデン・ウプサラ大学政治行政学修士取得

 元・EU政策市場動向調査コンサルティング会社勤務(ベルギー・ブリュッセル)



 ちなみに過去2回の開催状況はこんな感じでした。


 
< 第1回民主党大学 >
 http://www.dpj.or.jp/article/104645

・日時:2014.06.28(土)16~18時

・テーマ:格差社会

・パネリスト

 ① ミスター無能くんこと長妻昭くん

 ② 湯浅誠、テント村村長さん


5678
5679


 
一般参加者150人、党所属議員32人の合計182人が受講した、とありますがここに写っているだけでも約70名。

 どうみてみても、会場のスペースからあと2倍強もの人が参加していたようには思えませんが。

 見た目の感じでは、労働組合所属の若手のお兄ちゃんたちが日当付きで大挙駆り出されたってなところでしょう。

 格差社会がテーマで講師がこのお二方では、普通感覚のサラリーマンなんて集まりっこありません。


 
< 第2回民主党大学 >
 http://gogotorimaru.blog19.fc2.com/blog-entry-9199.html

・日時:2014.08.04(土)15時半~17時半

・テーマ:防災と危機管理

・現地視察、防災関連施設および地方議会の現場


 ↑みんちゅくんHPには参加申し込み終了となってますが、このイベントの結果報告、ググっても全くヒットしません。

 民主党青年委員会のサイトでも、ほう~ら、結果報告は見事にスルーされちゃってますよね。

 こういうところがみんちゅくんたちが信用ならないとこなんです。

 それとも暑さボケで単純にレポートのアップ作業が遅れているだけのこと?

 みんちゅくんシンパの反日増すゴミ諸君が、今日に至っても、一社足りとも記事にしていないのも奇妙です。

 ひょっとして、や~めた、だったんですかね。

 と言うことで第3回目は、今月末の8/30、テーマは「投票率の低下」だそうです。

 選ばれたパネリストのお二人のうち、一人目は、早大国際教養学部の森川友義教授です。

 TVにもよくご出演なさってる方らしいです。

 若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる、っていうご著書を出版したことで、みんちゅくんの講師に今回選ばれたようですが、ご尊顔だけでも、普通っぽくないことだけは確かです。


5680
5681

 
 氏のオフィシャルHPによると、ご専門は、進化政治学&恋愛学なんですってサ。

 早稲田の国際教養学部ってそういうことを学ぶ処だったんだ、オジサンはちっとも知らなかったゾ。

 ちなみに、恋愛学も結婚学も、森川氏の登録商標だそうです。

 氏のご著書をザッと眺めると、最強の恋愛術、マンガde恋愛学、結婚は4人目以降で決めよ、なぜ日本にはいい男がいないの・・・・、ふぅ~ん。

 読んでもいないのにこう言っちゃぁなんですが、倉田真由美姐さんとの対談を連載している時点で、みんちゅくんがラヴコールした理由も判ろうというものです。

 一方、二人目のパネリストはNPO法人の理事、小串聡彦さんです。

 彼が関与しているNPOのサイトはこちらです。


 
< NPO法人Rights >
 http://www.rights.or.jp/

5682


 法人名からしてアッチ系?

 このサイトでは、氏のプロフィールはこう掲載されています。

 
( 小串聡彦氏 )

 スウェーデンのウプサラ大学大学院の政治行政学修士、欧州議会で研修生として勤務後(-2013年3月)。ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査。若者政策等に詳しい。



 氏のオフィシャルブログから鑑みても、どうやらスウェーデンおたくのようで。


 
< EUと日本、ときどきスウェーデン by 小串聡彦 >
 http://toshihiko-ogushi.com/

5683


 小串くんのTwitter覗いてみると、乙武くんとか、おやおや紅の傭兵くんのご子息まで。

 田母神氏の台頭は「大雪のせいだ」(小串聡彦)BLOGOSに記事を掲載したことで、かなり叩かれてしまった現実をみるにつけ、この方の素性も知れたものです。

 全うそうに繕う努力は認めますが、みんちゅくん全員に言えるが如く、小串くんが日々取組んでいるお仕事は日本の生産性向上に資する中身には程遠く、オジサン的には前なんとかさん並みの綺麗事の「口だけ番長」にしか映りません。

 それでも若くしてスウェーデンに留学して、この種のNPOの理事して暮らしていけるんですから、みんちゅくんの政党助成金のうち、結構な額が裏ルートで小串くん達に手渡されてるんでしょう。

 何はともあれ、月末のみんちゅくん大学、個性的なお二人のご活躍をお祈りしましょう。

 このイベントに限らず、みんちゅくんが主催する催し物って、本当にあっと驚く芸能人紛いの方ばっかり毎回毎回ゲストに選ばれちゃいますから、オジサンは嬉しくて嬉しくて仕方がありません。

 その中でもみんちゅくん大阪府連が4月に開校した政治塾「大阪デモクラ塾」は最高でした。

 塾長が辻元清美姐さん、講師があの紫の女王様こと浜矩子姐さんだったんですから。


 
< 桜が咲いた、春の民主党お笑い祭り >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-dedf.html

5684


 
本日の結論

 講師一つとっても、みんちゅくんたちには、常人感覚の普通人は寄りつきません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後にスウェーデンの話題が出たところで、現実のスウェーデンという国は、日本人が思っているような北欧の福祉大国では決してないことを知って頂くために、雑誌「正論」の関連コラムを転載しておきます。

 ちょっぴり長文ですが、将来の日本がこのような事態に陥らないよう、ご興味がございましたら読んでみて下さい。

 上記講師役の小串くんは、なぜ現在進行形で起きているスウェーデンの現実を伝えようとしないで、理想郷の部分だけを語りたがるんでしょう。

 仮に民間会社勤務のサラリーマンが同国に駐在勤務を命じられたとしたら、普通に直ぐ気づくことばっかりなんですけど。

 彼もまた、見たくない現実は直視できない仕様の部類なんでしょうか。


 
< 正論壁新聞「日本はスウェーデンになる?」 >
 
 
正論2014年1月号
 樋渡優子(フリーライター・編集者)



 
島国で、かつ日本語だけで生活しているせいか、日本人は造語がうまい。就職難、結婚難、孤独死の問題をそれぞれ就活、婚活、終活のことばに乗せて世に広め、少子化については。卵活なる一度目にしたら忘れない新語と共に議論されている。

 これは国民が高度なレベルの言語的感性を共有していればこそ・・・・と思っていた矢先、婚外子の法的処遇をめぐるニュースの中で、「日本がスウェーデンみたいになってしまわないか?」という疑念を耳にし、数年前、スウェーデン語を勉強した時のことが記憶の淵から甦ってきた。

 エジプト留学から帰国した当時、アラブ文学を読むのならペルシア語も習いなさいと勧められ、イラン人の個人教授についた。「イラン人は誇り高いから気をつけて」との知人たちの忠告どおり、彼女は授業そっちのけで、イスラームの正当性とイラン人が受けている不当な扱いとイスラーム女性としての女の悩みを毎回語り続け、へとへとになった私は、逆に世界で最も男女差の少ない北欧の言語に鞍替えした。それがスウェーデン語だったのである。

 ところが最初から度肝を抜かれた。テキストの冒頭、男女が「ヘイ(こんにちは)」「ヘイ」と挨拶を交わした後、「あなたの名前は?」と女が尋ねると、男が「アハマドです」と答えたのだ!アハマドってアラブ人の名前じゃ・・・・と顔を上げると、スウェーデン人の講師は「うちの国は移民が多いからね、外国人向けのテキストは大抵彼ら用に作られてる」と説明した。移民の上限は人口の10%と定められているが、12%を突破。移民を受け容れてきた年月が長いため、三代にわたる移民たちは国籍を所有しており、何を以って " スウェーデン人 " と規定するか難しいとの由。

 テキストには同じアパートに暮らす四世帯が登場するのだが、日本人が考える " ふつうの家庭 " は一個も出てこない。銀行の管理職の女性は、若い塗装工の男と再婚し、二人の子供の上は彼女の連れ子で、下は現夫との娘。二軒目はハッサンという明らかに中東系の教師と大学生の白人女性のカップル。彼女は妊娠中だが、籍を入れる予定はない。ただし二人はただの恋人ではなくサンポである。サンボとは「役所に届け出た同棲者」で、万一の場合は配偶者と同じ相続が受けられる。三つ目の家は中年の独身女優(年齢未公表)。彼女は一度も結婚したことはないが、テキストが進むにつれ、成人した息子と孫が二人もいる事実が明らかになる。最後は五十がらみの独身のタクシー運転手。彼は勤務明けに男友達と酒を飲むのが大好きで・・・・とここまでくれば、彼は女性より男性が好きという設定か?と要らぬ勘ぐりを入れたくなる。

 なんでこうややこしい人たちばかり出してくるのか?言語のテキストにはその国の基準から " 正しい " と思う社会や男女や家族のあり方が示されているが、スウェーデンの場合は、戦後追求し続けてきた「平等主義の理想」をこれでもかとばかりにプロパガンダしているのだった。

 世界に先駆けて男女の差を撤廃し、移民に国籍を与え(最近ではシリア内戦による亡命者を無条件に受け容れることをスウェーデン政府は表明している)、夫婦だろうどサンボだろうと未婚カップルだろうと婚姻制度による差はつけない、同性婚も異性婚と同じ権利を有する・・・・彼らの徹底ぶりは言語改革にまで及び、以前は存在した敬語を、戦後は社会を挙げて使わない方向へと動き、「彼( han )彼( hon )」という男女を区別する代名詞を使用することの是非をも問うている。

 スウェーデンでは王立アカデミーが、スウェーデン語として " 国が認める " 新語を発表するが、コンピューターという外来語を認めず、独自の単語 " dator " を造るといった具合。日常使うことばに国が積極的に介入してくるのも不思議だが、エコロジーしかり男女平等しかり、まず最初にポリシーを定め、一旦決めたら目標を実現・達成するため、どんなに不自由でも根本から変えていく、言語をいじることさえ厭わないのが、スウェーデン流の行き方なのだ。

 同じ透明なお湯でも洗面器によって違う色を映し出すように、人は居る場所の影響や制約を受けずには生きられない。とすれば、日本がスウェーデンみたいになるかどうかは、母国語への接し方一つを取ってみても、自ずと答えは明らかではないか。



2014年8月16日 (土)

常人感覚の日本人が一人も見当たらない民主党諸君(その1)




 オジサンは、毎日、満員電車で自宅と会社の往復をする民間会社のごく平均的な世界しか社会経験はありません。

 もちろん増すゴミ業界とは無縁の業種です。

 従いまして極めて幸いなことに、日々の仕事の中で、「日本はとっても悪い国だ」「きみたち日本人の祖先達は戦前悪いことばっかりしてきたんだよ」との自虐史観に振り回された経験は、一度もありません。

 オジサンは戦後世代ではありますが、学生時代、左翼教師は周囲に沢山いました。

 でも、実際の授業で「日本はとっても悪い国」授業を受けた記憶は全くありません。

 もし、オジサンが小中高生時代に教師達自らの口から、日本の悪口を聞かせられていたとしたら、オジサンの性格からすれば、戦前の真っ只中で生き抜いてきたオジサンの祖父母・両親達に、即座に実際はどうだったかを訊かずにはいられなかったと思います。

 そんな経験も記憶もオジサンには一切ないことをもってして、オジサンの小中高時代は、地域によっても教育事情は異なっていたのかも知れませんが、あの当時アカ教師はウジャウジャいた一方で、オジサンの学区では、昨今のような自虐史観教育は実践されていなかったんだと思われます。

 アカ教師諸君の戦争反対的プロパガンダは通奏低音でオジサンの耳にも聞こえてはきても、日本が悪い国的プロパガンダは、まだまだ主流にさえなっていなかった。

 少なくとも、日の丸・君が代に反対する教師なんて、オジサンが大学を卒業するまで、一人も居ませんでしたからね、もちろん政治屋さんにもね(多分)。

 当時の政治屋さんや教師諸君とて、歴史の語り部としての自分自身の祖父母や両親の存在がありましたから、身内から日本は悪い国だったなんて訊かされていない現実も相俟って、そこまで嘘に加担する気にはならなかったんだと推測されます。

 あれからウン十年。

 日の丸・君が代に反対する政治屋さんや教師連中なんて、もう数えきれない位、日本全国にウヨウヨ跋扈してます。

 みんちゅくんなんて政権交替を為し得た初っ端から、1999年7月22日の衆院国旗国歌法採決に於て堂々と「日本は悪い国だ」修正案を提出して、その提案説明に立ったポッポくんを1代目の総理に選出しました。

 ポッポくんが提出した修正案の概要は以下のとおりです。


① 法案の題名は「国旗及び国歌に関する法律案」から「国旗法」とする。

② 国旗に関する規定中、「国旗は、日章旗とする」こととあるのを、「国旗は、日章旗である」こととする。

 ↑みんちゅくん独特の微妙な拘りなんでしょうが、意味が判りません。


③ 国歌に関する規定を削除する。

 要は、「日の丸は認めるが、君が代は認めない」が、みんちゅくんたちの主張です。

 であるなら、採決に際してポッポくんが反対票を投じたのかと言うと、イザ投票となるとポッポくん、「賛成」派に転じちゃったんですから訳が判りません。

 おまけにみんちゅくんたちの採決結果は、見事にてんでんばらばら。

 15年前の国旗国歌法でさえこれですから、集団的自衛権問題でみんちゅくんが一つにまとまることは至難の業です。

 いろんな意見があっていいニダ。

 えぇ、勿論ですとも。

 でも、そんなお子ちゃま仕様が通用してるのは、賎業と謂われている政治屋稼業の中でも、みんちゅくんだけです。

 この国旗国歌法の採決、自民党はもちろん全員が賛成。

 公明党も、なんと全員が賛成。

 小沢のいっちゃん率いる自由党も全員が賛成。

 社民党・共産党は全員が「反対票」を投じました。

 みんちゅくん2代目総理のチョクトくんは、予定調和で「反投票」を投じました。

 3代目の我らがヨシヒコくんは、幸いなことに、当時は落選していて浪人中でした。

 実際、彼が当時投票現場に居合わせたらどうだったでしょう。

 ヨシヒコくん、自らの口からは、日の丸・君が代に賛成とも反対とも発したことはありません。

 ですが総理大臣としてのヨシヒコくんは、閣僚に起用した大臣クラスから首相補佐官に至るまで、国旗・国歌法に反対票を投じた「日本大嫌い」派の政治屋さんを全く意に介さず、自由自在に登用しました。

 当時のみんちゅくんの幹事長?

 えぇ、えぇ、忘れもしない「日の丸・君が代が大嫌い」な輿石東くんでした。


 
< 野田内閣時代の日本大嫌い派の皆さん >

 
大臣:前原誠司、小宮山洋子、枝野幸男、鉢呂吉雄、細野豪志、小平忠正、郡司彰、小川敏夫

 副大臣:桜井充、生方幸夫、副官房長官:斎藤勁、首相補佐官:末松義規



 
< 衆議院:国旗・国歌法投票結果 >
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/145/0001/14507220001047c.html

 ↑ちょっと重いけど、真ん中当りに賛否の個別氏名が掲載されています。


 
< 参議院:国旗・国歌法投票結果 >
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/145/145-0809-v005.htm


 4代目の党首カイエーダくんは、もちろん反対票派で、かつ、被害額が戦後最大の詐欺事件に発展している現役被告人までお務めなさってるんですから、イヤハヤなんとも。

 おまけに現みんちゅくんの執行部は、辞める辞めないで揉めたばかりの幹事長の大畠くん、政調会長の桜井くん、お二人ともそろって反対票派です。

 かくなるみんちゅくんたちの実態を増すゴミ諸君は絶対に報じません。

 なぜでしょう。

 それはね、増すゴミ諸君もみんちゅくんたちと同様、日本が大嫌いで、憎くて憎くて許しがたい国と考えているからです。

 日本だけには国旗も国歌も持たせてはいけない、則ち一人前の国家として存在させてはならない、と決め付けているからです。

 彼らは理屈抜きに、日の丸も君が代もはたまた旭日旗も悪の象徴だ、と中朝韓の主張そのままを日本でプロパガンダしてます。。

 そうしておいて、国旗・国歌は強制すべきものではない、法律で制定すべき種のものではない、と根拠レスの洗脳活動に夢中になってます。

 でもよ~く考えてみましょう。

 世界の国々の中で、善の歴史だけで生き抜いてきた国が一つでもありますか。

 白人国家なんて有色人種の大量虐殺と有色人種からの掠奪の歴史があってこそ「この今が」成り立っている国ばかりです。

 中国もしかり、韓国もしかり。

 彼らの歴史なんてもっと悲惨です。

 異民族の大量虐殺と掠奪だけではなく、同民族の大量虐殺と掠奪の歴史の繰り返しの上に彼らの「今が」あるんです。

 毛沢東なんて一説によれば、ヒットラーも遠く及ばない1億近くの中国人を殺しまくりました。

 韓国も朝鮮戦争を契機に朝鮮民族同士で何百万単位で虐殺しまくってます。

 大陸で半島で、いわれなき理由で殺された日本人はカウントレスです。

 通州事件はその典型です。

 大陸と半島勢力の性質が手に負えないところは、歴史の事実を嘘八百で塗り固めて事実を捏造し、「日本はとっても悪い国」を世界中にプロパガンダしまくっていることです。

 韓国なんて、近代になって日本と半島は戦争なんかしたこともないのに、大東亜戦争後は「韓国は戦勝国ニダ」と平気で大嘘を垂れ流すまでのゴロツキ国家になっちゃってます。

 ですが、みんちゅくんたちも増すゴミ諸君も中朝韓諸君も、そうした事実には完全に頬被りして、日本だけが悪いとエンドレスで喚き続けているのが現実です。

 日の丸、君が代、旭日旗、靖国参拝は絶対認めないあるよ、認めないニダ。

 彼らが欧米の過去の植民地主義にも同様の主張をしているのならまだしも、何故か、彼らのターゲットは日本だけです。

 慰安婦問題にしても、自分たちの悪の所業はああ見えないニダ、聞こえないニダを貫き通した上で、昨今では、慰安婦白書発刊やら血まみれマネキンの設置までにエスカレートしてしまって、日本としては今や彼らの火病を止める術もなく途方に暮れるだけです。

 ここまできますと、中朝韓のあらゆる反日行動をストップさせることができるなんて甘い考えは捨て去った方がいいです。

 これから敢えて「偽善には偽善」戦法で、みんちゅくんたち、反日増すゴミ諸君、中朝韓諸君には、生まれつき「常人感覚」が備わっていないことを、健全で全うな日本人に植え付けていきましょう。

 彼らは一人たりとも普通人ではないことを日本中に知らしめて行きましょう。

 彼らからそれは「シャベチュニダ」と脅しをかけられたら、きみたちこそ「日本人を見下し差別している」、きみたちの言動は「日本人への脅迫行為と冤罪押し付け行為そのものだ」と毅然とした態度で反撃して行きましょう。

 みんちゅくんたち、反日増すゴミ諸君、中朝韓諸君は、常人感覚を持った普通人では絶対あり得ないことを念頭に、彼らを少しでも甘やかしたら、日本の秩序やモラルは全て破壊されてしまうことを私達健全な日本人は肝に命じなければなりません。

 ルールを守らない人に、私達日本人は、彼らに寛容の精神を発揮してはなりません。

 最後に国旗国歌法で修正案を提出したポッポくんの提案説明演説の中から、ポッポくんの韓流役者ぶりをご披露しておきます。


 
< 1999.07.22 第145回国会、衆院本会議第47号 >
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/145/0001/14507220001047c.html
 
 
私たちは、この国が大好きです。

 日本に生まれ育ったことに誇りを持っています。

 国を愛する心は、強制されるものではなく、真に内面からわき上がってくるべきものでなければなりません。

 私たち政治家の役割とは、過去のさまざまな歴史を乗り越え、遠い未来の子孫たちに、彼らが真に愛することのできる国をつくり上げ、受け継がせていくことにあるのではないでしょうか。

 そして、そのときにこそ、すべての国民が自然な感情で国歌を歌い上げることができるのだと思います。

 私たち民主党は、そのために存在していることを肝に銘じ、一層の努力をすることを国民にお誓い申し上げます。



2014年8月15日 (金)

社民党諸君、実は戦争こそが生き甲斐なんです




5667


 夏本番です。

 原爆記念日に終戦記念日と、社民党のおじいちゃま、おばあちゃまたちが一年で一番耀く季節がやってまいりました。

 そんな中でも90才児の村山富市くんが一番お元気なご様子で、安倍政権の徹底した中朝韓無視作戦に堪忍袋の緒が切れてしまったらしく、ここ半年間の富市くんの「日本批難と日本は悪い国だ教育」には殺気さえ漂っています。
 
 で、勢い余って、すんご〜いことご発言しっちゃいました。


 
< 村山元首相「日清戦争は日本が起こした侵略戦争、繰り返してはならぬ」 >
 http://www.recordchina.co.jp/a91914.html

 
村山元首相は大分市内で取材に答えた。日清、日中戦争について、日露戦争、満州事変、太平洋戦争と日本は自滅の道を自ら選んだと指摘。日清戦争は日本による中国侵略の端緒となったとした。明治維新以降、日本は富国強兵路線を走ってきたと説明。歴史問題において、日本は自らを反省し、国民を教育し、永遠に日清・日中戦争のような誤ちを繰り返してはならないと語った。さらに、日本が起こした侵略戦争であることは疑いないとした。 (レコチャイ31日付)


 村山節、一声唸る度に支那から10百万円が闇口座にご入金との噂も。

 おかげで社民党大分県連の政治資金は潤沢そのものだとか。

 でも流石に、今回は、日本大嫌いの反日増すゴミ諸君も全く反応せず、この記事を発信したのはレコチャイだけでしたから、瑞穂たんが怒り狂ってらっしゃるんですってサ。

 でもね、瑞穂たん、そんなガッカリなさる必要はありませんよ。

 ほう〜ら、きみたちを愛して止まない佐高信くんが、超ウルトラスーパーホルホル記事で富市のじっちゃんを褒め称えていらっしゃるではありませんか。


 
< 自民党の曲者さえ惚れさせた村山富市 >
 http://diamond.jp/articles/-/56975?page=4

 「わが国の過ち」を繰り返さないために

 
では、1995年8月15日に出された「村山談話」の一節を引こう。

「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に過ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて、痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます」

 二年ほど前、私は村山と共に元自民党幹事長、加藤紘一の三女、鮎子の結婚式に出席した。加藤と同郷の私はともかく、村山が呼ばれたのは、やはり、加藤も「村山惚れ」の一人だからだろう。

 90歳になった村山には、まったく、すれたところがない。卒寿を迎えてなお、初々しさが感じられる。



 よかったねぇ、富市のじっちゃんに瑞穂たん。

 きみたちのファンは、昨年の参院選時でも1,255,235人も全国にいらっしゃるんですから、まだまだ捨てたものではありません。

 2016年参院選まであと2年を切りました。

 当選0人に向って粛々と頑張って下さいませ。


5668
5669
5670


 
< 下衆の極み、社民党の似非ヒューマニズムを許さない >
 https://www.youtube.com/watch?v=LWgkcotbanw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

">


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 社民党現職国会議員リスト >
 http://www5.sdp.or.jp/member/member.htm

 
( 衆議院 )

① 照屋寛徳、人権派弁護士( 沖縄県第2区 )

・2012 衆院選

 当選 照屋寛徳 67 社民 73,496票
 比当 宮崎政久 47 自民 55,373票


② 吉川元、元社民党職員( 大分県第2区 )

・2012 衆院選

 当選 衛藤征士郎 71 自民 94,666票
 比当 吉川元   46 社民 46,786票


 
( 参議院 )

③ 福島瑞穂(58)、人権派弁護士( 比例区 2016年改選 )

・2004年参院選

 当選順位:16位、党内順位:1位、得票数:640,832票

・2010年参院選 

 当選順位:22位、党内順位:1位、得票数:381,554票


④ 吉田忠智(58)、元大分県庁職員、大分県議( 比例区 2016年改選 )

・2010年参院選 

 当選順位:48位 (最下位当選)、党内順位:2位、得票数:130,745票


⑤ 又市征治(70)、元富山県庁職員、自治労富山県委員長( 比例区 2016年改選 )

・2007年参院選

 当選順位:18位、党内順位:1位、得票数:218,850票

・2013年参院選 

 当選順位:38位、党内順位:1位、得票数:156,155票


 < 参院比例区社民党得票数 >

・2001年 3,628,635票
・2004年 2,990,665票
・2007年 2,634,713票
・2010年 2,242,735票
・2013年 1,255,235票


5671



2014年8月14日 (木)

お墓参りの習慣はないらしい民主党諸君




 
< 2014.08.12 産経新聞朝刊から >

6021
6022


 東京や横浜を除いては、全国的に8/13~16日が旧盆です。

 かくいうオジサンも、只今、実家で過しております。

 この時期は、迎え盆・送り盆のお墓参りの行き帰りに、小中学校時代の級友達や隣近所の人達と挨拶を交わし合うのも愉しみの一つです。

 お互いあの時代からウン十年、顔立ちや体型がすっかり変化してはいても(人のことは言えませんが)、逢った瞬間から「あっ、なになにちゃん!」と名前を呼び合い、即座に子供だったときの記憶が甦ってきますから、不思議と言えば不思議です。

 ここでいきなり、みんちゅくん達の話題です。

 平均的な多くの日本人にとりましては、お盆やお彼岸の墓参りは欠かせない習慣ですが、みんちゅくん達の日々の活動記録をネットで拝見していますと、先祖の墓参りをしたという記述がほとんど出て来ません。

 どうしてなんでしょう。

 公私のけじめをつけたいから、「私生活はアップしないニダ」などの詭弁も聞こえてきそうですが、その割には多くのみんちゅくん達が、政治とは全く関係のないプライベートな呑み会やナントカツアーを嬉々としてご報告なさってるケースが数多く散見されますから、そもそも彼らに何らかのルールを当てはめること自体が無駄なんでしょう。

 例えば、かつての我らがヨシヒコくんのウリ仲間の筆頭番頭をお務めになっていた、47才児の手塚仁雄くん(東京5区、現在浪人中)の活動日誌( 手塚の独り言 )を垣間見てみましょう。

 ほうら、話題はプロ野球からサッカーから息子の通信簿のことまで、私生活満載です。

 おまけに、たとえ浪人中ではあっても、ヨシヒコくんとの触れ合いがあった出来事のアップは絶対に欠かしません。

 そんな公私ごちゃまぜのヨシオくんの活動報告の中に、政治屋スタート当初から13年間、ご先祖さまの墓参りの記述が1回とて見当たらないのは、極めて不可解です。

 ヨシヒコくんに関しても同様のことが言えます。

 ヨシヒコくんの両親は、父義信さんは現在施設に入って病気療養中、母信子さんは既にお亡くなりになっいます。

 
 
< 2011.09.30 NEWSポストセブン >
 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110903/Postseven_30086.html

 
母親は8年前に亡くなっているが、5年ほど前に、自衛隊出身で健康に自信があったはずの父親(80)が突然、脳梗塞で倒れたのだ。


 となりますと、ヨシヒコくんのお母さまのお墓がどこかにあってよさそうなものですが、総理就任前も総理就任後も、ヨシヒコくんがお母上やご先祖さまのお墓参りをしたというニュースは聞いたことがありません。

 安倍総理を始め自民党の歴代総理の皆さまは、お国入りしたとき先祖の墓参りをしたとのニュースが頻繁に報道されていて、私達国民はそのことを当り前のように感じていたものですが、翻ってみんちゅ政権時代は、チョクトくんやヨシヒコくんが先祖の墓参りをしたとの報道は一度も流れませんでした。

 チョクトくんにつきましては、真偽のほどは定かではありませんが、風評では菅家のお墓は、一応岡山県にあると言われています。


 
< 菅直人首相「半島人系疑惑説」(続き) >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-b1ac.html


 一方のヨシヒコくんにつきましては、千葉県の農家の出身と伝えられているお母様のお墓がどこかにある筈ですから、ヨシヒコくんがいくらお忙しくても、総理就任のご報告やら世間並みのお墓参りの様子が国民に伝わってきてもいいんですが、一向にその気配がありません。

 加えて、富山出身と言われている佳彦くんのお父様のご両親(祖父母)のお墓は、皆目どこにあるのか明らかにされていません。

 その点に於てはヨシヒコくんの出自はかなりミステリアスです。

 個人情報ニダ?

 いいえ、総理大臣まで務め上げたヨシヒコくんは、紛うことなき天下の公人です。

 だからこそ、出自は隠さず公表すべきなのです。

 だからこそ、第95代日本国総理大臣の名誉に傷がつかないよう、よからぬウワサは払拭すべきなのです。


 
< 野田家のお墓はどこ? >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/vs-0c8a.html


 
< 2012.08.16 二階堂ドットコム >
 http://www.nikaidou.com/archives/39450


 カイエーダくん、オカラくん、R4くん辺りはその点、ごくたま~に、お墓参りをしたとの彼ら自らの告知はあるんですが、これまた、お盆に、お墓参りをしたとの記述が一切なされないでいる事実からすると、やっぱりねぇ〜と考えざるを得ません。

 併せて、オールみんちゅくん達、お墓参りどころか、お宮参りもしている様子が一人として窺い知ることができないのも、一体、これはどういうことなんでしょう。

 靖国神社ばかりでなく、もしかするとみんちゅくん達は、彼ら自身のお子達誕生のお宮参りの習慣も、七五三の習慣もないのかも知れません。

 となりますとこのようなウワサが、益々信憑性をもって一人歩きしてしまうのは致し方ないことです。

 で、ウワサがエスカレートして行き着く所は、シャベチュニダ・ヘイトアクションニダ。

 なら、公人としてキチンと出自を公開すべきなんですが、みんちゅくん達は頑として国民からの要求を受け付けようとしませんし、その前に彼らは聞く耳そのものをお持ちではありません。

 日本以外では、政治屋さんが出自を少なくとも3世代まで遡って公開するのは当り前のことなんですが、日本は戦後69年間、半島系を甘やかし続け、彼らの我が儘を見て見ぬ振りに徹し過ぎました。

 中朝韓の日本への冤罪押し付け行為がエスカレートの度合いを増しつつある昨今、なりすまし政治屋さん達の出自公開問題に関して、日本国民は、いずれ彼らとキチンと対峙しなければならない時が否が応でも来るでしょう。
  
 中朝韓&なりすまし政治屋さん&なりすまし増すゴミ諸君による「嘘っぱちで塗り固められた日本の歴史」をかくも遣りたい放題で世界中に一方的に拡散されては、日本国民としては、たまったものではありません。

 それに対して一言も抗議さえもしないで、却て、中朝韓と一緒になって確信犯でジャパン・ディスカウントを共同推進しているみんちゅくん達。

 ここにきて、みんちゅくん早期絶滅のためのベスト・カウンター攻撃は、9月29日臨時国会早々での衆院解散宣言と囁かれ始めています。

 さぁ、どうする、みんちゅくん達。

 でもみんちゅくん達のよい所は、どんな状況下でも絶えず内部分裂のケンチャナヨで居られることです

 この瞬間も、彼らは相も変わらず、集団的自衛権がウンタラカンタラと喚き叫び続けています。

 そんなこといいから、せめてお盆ぐらいは、ちゃんとご先祖さまのお墓参りしようよ。

 そうしないとそのうち罰が当たりますよ。


 
< 民主また見解変更へ 集団的自衛権行使「現時点で不要」→「安倍政権の行使は不要」 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140811/stt14081119470006-n1.htm

 
民主党は11日、海江田万里代表ら幹部が党本部で会談し、集団的自衛権の行使を可能にする閣議決定に対する党見解について「安倍晋三政権が進める集団的自衛権の行使は必要ない」との表現で調整することを確認した。

 民主党は今年3月に「行使一般は容認しない」との見解をまとめたが、安倍政権との対決色を強める海江田氏が今月5日の常任幹事会で「現時点では行使は必要ない」への変更を宣言した。その後、党内で「現時点」の意味が分かりにくいとの声が上がり、さらに変更する方針で一致した。

 11日の会談には、大畠章宏幹事長や党総合安全保障総合調査会の北沢俊美会長、党憲法総合調査会の枝野幸男会長らも加わった。



 
< 枝野氏、「逆方向から批判」 自身の発言にコメント >
 http://www.asahi.com/articles/ASG887T97G88UTFK00Y.html

 
 枝野タンに至っては、国民に向かって何を仰有りたいのかサッパリ判らず、もはや、読む気にもなれません。

 やっぱり、フルーアーマーくんも、なりすまし系にリストアップされてしまう理由はそれなりにあるんです。

 結局、みんちゅくん達の集団的自衛権に対する主張は、

① 日本国民は何があっても無抵抗で、決して手を出してはいけないニダ

② 日本国民が攻めて来た相手に刃向かう権利は一つもないニダ

③ 戦前に悪いことばかりしてきた祖先を持つ現在の日本国民には、自分達が中朝韓に虐殺される宿命であることを徹底的に洗脳するニダ

 以上3点なんです。

 更に、みんちゅくん達の存在を難しく捉える必要はありません。

 彼らに政治信条なんてこれっぽっちもありません。

 彼らは、ただひたすら「日本が大嫌いで、日本が憎くて憎くて仕方がなくて、一度日本をコテンパンにやっつけて遣りたくて仕方がない」、それしか考えていないんです。
 
 紳士蟻さんが仰有ってるが如く、みんちゅくんもまたこういうこと↓が、予定調和で当てはまる人達の集団に過ぎません。


・気に入らない=欠陥だと思っている

・私は被害者(当然の権利だと思っている)

・チェミョン(体面)

・ルールを守るより、ルールを破ることで自分を証明したがっている(※しかし、なぜかすぐ「訴える」と言う。だから韓国は告訴率が高く、結果的に誣告も多い)



 という訳で、みんちゅくん達はペニンシュラでのセオリー通り、「郷に入ればウリに従え」で、風俗習慣も、日本人としてのモラルも、日本の法律も、日本社会のルールも、守る気は最初からサラサラないのです。

 みんちゅくん達曰く、
" When in Japan, do as the Zapanese do. " ニダ。


6023



2014年8月13日 (水)

民主党ヨシモト支部から超大型スーパー熟女コンビ、デビューのお知らせ




6010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 20014.07.26 辻元清美姐さんTwitterから >
 https://twitter.com/tsujimotokiyomi/status/492962262945382400

 「大阪デモクラ塾」も第9回目。浜矩子さん。アベノミクスは「アホノミクス」から「ド・アホノミクス」へ。今の経済は壊れたホットプレート経済と。熱々のところと凍えそうに冷たいところに二分化。冷たく凍えそうになっているところに非正規労働者や貧困層が。今、熱弁中。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.07.26 民主党大阪府連HPから >
 http://www.minsyu.jp/school_5_11.html

 
第9回目の講義が7月26日(土)18:00から、PLP会館で行われました。講師は、エコノミストで同志社大学大学院教授の浜矩子さん。


6011


 
新・新コンビとどう闘うか

 
「新・新コンビ」とは新自由主義と新保守主義のことであり、前者はグローバル経済のもとで、貧困層に対してはトリクルダウン経済の有効性を標榜しつつ、その実態は徹底的かつ極端な弱肉強食の経済を正当化しているとし、アベノミクス(浜氏の言うところのアホノミクス)の正体がこれであるとされました。後者はブッシュ米元大統領に代表されるネオコンと呼ばれるものであり、新・新コンビは過激で極端な点を特性としながら日本を席巻しており、その代表格である安倍首相、橋下市長とどう闘うのかが課題であると指摘されました。


6012


 
< 2013.11.01 辻元清美姐さんBlogから >
 http://www.kiyomi.gr.jp/blogs/2013/11/01-1023.html

 うゎぁー、ほんまや、
パープル1色や。

6013


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 紫おばさまは、講演・寄稿に、引っ張りダコ heart


 
♪ 日本カトリック正義と平和協議会 ♪
 http://www.jccjp.org/jccjp/home.html

6014

 ↑「ピース9の会」も併設。

 所謂、世界最大規模の異教徒虐殺&掠奪宗教の隠れ蓑、口だけ平和教です。


 
♪ 日本国歌公務員労働組合連合会 ♪
 http://kokkororen.com/

6015


 全員が親方日の丸の公僕の筈なのに、全員が「日本が大嫌い」で堂々と反日売国活動に勤しんでいらっしゃる連中です。


 
♪ 全国商工新聞 ♪
 http://blogs.yahoo.co.jp/aretsignal/39252124.html?from=relatedCat
 http://www.zenshoren.or.jp/kiji/

6016

 
 共産党系の新聞ですね。

 
紫おばさま、みんちゅくんばかりでなく、もともと、共産党とも大の仲良しだったみたいです。→ 2013.06.7赤旗日曜版9日号「対談、小池晃さん・浜矩子さん」


 
♪ 時事通信、講演サポート.com ♪
 http://kouensupport.jiji.com/economy/1506.html

 反日通信社みんちゅくん大応援団会員の時事通信くんも、
紫おばさまを、全面支援してるみたいです。


 
♪ 東北全労協 ♪
 http://41520-3786.at.webry.info/201303/article_2.html

6017

 
 こちらの講演会、聴衆諸君も流石にヨシモトふぁんのノリで、本日一押しの笑韓劇場↓です。


> 講演後の帰り道で、参加者の一人がつぶやていた一言。「グローバルな世界を相手にしてる人は、(ファッションセンスが)さすが、違うなや。」 (私も全く同感です。)

 長髪の一部を
に染め分け、すっきり立つ姿。低く落ち着いた声で、よどみなく繰り出される言葉。講演の内容も、明快で説得力がありました。

 東北全労協のチラシにある「資本主義の現状に立ち向かう、したたかな論客」、正にその通りの方でした。


 
 
< 「大調整」時代に突入するグローバル経済~日本はどう生き抜くか~ >
 http://www.power-lecture.com/koushi_ha/2011/hama-noriko11-03-01.html

6018


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 お目汚し、大変失礼をば致しました。

 
 
< 2014.08.02 第25回小田原酒匂川花火大会 >
 http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/AUG/sakawahanabi.html

6019


 
< 芸舞妓が盛夏のあいさつ、京都・祇園で「八朔」 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/08/01hassaku/

6020





2014年8月12日 (火)

高木クネたんの「告げ口ミサ in 韓国 」が見てみたいゾ




 
< パクネシア・プルース >
 http://www.youtube.com/watch?v=bZzq9-kd77o

">


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6006


 
< ローマ法王来韓時、朴大統領が空港まで出迎えか >
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/08/2014080801168.html

 
朴槿恵大統領は、今月14日に来韓するフランシスコ・ローマ法王を、ソウル軍用空港で直接出迎える方針だということが分かった。教皇庁広報室長のフェデリーコ・ロンバルディ神父は7日(現地時間)、フランシスコ法王の韓国訪問に関する記者会見で「(法王の訪韓の際)朴槿恵大統領もできる限り、空港まで法王の出迎えに来られると考えられる」と述べた。その上で「公式な歓迎行事は大統領府で行われるため、空港では簡単な出迎えのセレモニーが行われるだろう」と付け加えた。

 一方、韓国外交部(省に相当)の関係者もこの日「確定しているわけではないが、朴大統領がソウル軍用空港に直接出向き、法王を迎える案を検討している」と述べた。同関係者は「1990年代以降、大統領が外国の首脳を空港まで出迎えたことはないが、それ以前にはローマ法王だけでなく、他国の首脳が来韓する際にも、空港で出迎えたことがある。1984年と89年にローマ法王ヨハネ・パウロ2世(当時)が来韓した際には、それぞれ当時の全斗煥、盧泰愚(ノ・テウ)両大統領が空港まで出迎えている」と語った。

 フランシスコ法王は18日まで韓国に滞在し、朴大統領と会談するほか、朝鮮王朝時代のカトリック司祭・金大建神父の生家(忠清南道唐津市)、呉雄鎮神父が設立した忠清北道陰城郡の社会福祉施設「コットンネ(花の村の意)」、カトリック教徒の殉教の地である海美邑城(忠清南道瑞山市)などを訪問する予定。教皇庁はまた「15日に大田ワールドカップ競技場で行われる聖母被昇天のミサに出席する、旅客船『セウォル号』沈没事故の生存者や遺族に対し慰めの言葉をかける意向だ」と発表した。



 セウォル号事件で韓国の全ウリスト教徒に対し、「汝、生まれ変わるべし」のご下命を申し渡した第266代ローマ教皇が、8月14日に訪韓します。滞在は18日まで。

 あのKの国に5日間も滞在とは、ローマ教皇におかれましてはお気の毒というか罰ゲーム以外の何物でもありません。

 ただ、このKの国訪問は、世界大統領のパンくんによる演出らしいですから、バチカンとしても罰ゲームの代償以上の充分過ぎるほどの金銭的メリットは、事前にアンダーマネーとして頂戴済みなんでしょう。

 で、闇資金の出所は、間違いなく「 Samsung 」ニダ。


 
< 2014.05.12 東亜日報 >
 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014051222488

 
国連の潘基文事務総長が、フランシスコ法王に、「癒しと和解のメッセージ」を、韓半島に持って来てほしいと要請した。

 潘総長は9日、バチカンで法王と会って、旅客船セウォル号沈没惨事で失意に陥っている韓国国民や南北間のため、8月に予定されている韓国訪問の際、「癒しと和解のメッセージ」を伝えてほしいと頼んだと、バチカンラジオや外国メディアが報じた。潘総長と法王との面談は、約50分間行われ、国連傘下機関のトップ40人あまりも出席した。



6007


 でも、いくら罰ゲームに見合うだけの裏金が頂戴できたとはいっても、77才の教皇にとって、Kの国での下記スケジュールはちょっと過酷です。

 せめて、日本から5日間日帰り出張なされた方が、どれほど快適で安全なことか。

 それにしてもこのスケジュール、2ヶ月前にこんな計画立てちゃって、大丈夫ニカ?

 まぁ、この通り実施できなかったとしても、ケンチャナヨってなことなんでしょうけど。


 
< 2014.06.21 Inside Korea >
 http://theinsidekorea.com/2014/06/pope-francis-visit-south-korea-14-18-august-year/


 
At 10:30 a.m. 14 August, Pope Francis will begin his scheduled 4 nights and 5days and will enter through Seongnam Seoul Airport. The first day in the afternoon, he will visit the Blue House to meet President Park.

 The next day,
15 August, Assumption Day, he will attend Mass in Daejeon and be expected to meet the victims’ families of the Seo-wol ferry disaster. After that, he will meet Asia Catholic Youth at the site of birthplace of Kim Dea-Gun priest at Dangjin in Chungnam.

 On the third day,
16 August, he will preside the beatification of Paul Yun Ji-chung and his 123 companion martyrs at Gwanghwamun Gate. On this day a maximum of 100 million people will attend that mass. There they will be hold a parade for Pope Francis from Gwanghwamun three-way intersection to Taepyeong-ro. Following afternoon, he will meet disabilities at Eumseong Ggot-dong-nae where they help people of all ages with special needs in Chungbuk.

 On
17 August, he will visit Haemi Seosan martyrdom at Seosan in Chungnam.

 On
18 August, Pope Francis will meet with 7 South Korean religious leaders, after that he will preside over the last mass and finish his schedule at Myeongdong Cathedral.


6008


 
< 2012.02.02 チャンネル桜放映 >
 
 
呉善花、日韓比較文化レポート・美容整形と宗教観
 http://www.youtube.com/watch?v=Xw1L3Y7YWHE

">


 12分43秒から、呉善花女史がKの国のウリスト教についてレポートしてます。

 Kの国のキリスト教徒は、全国民の4割以上。うちカトリックは1割。

 ↓暗闇で赤く光っているのが、ウリスト教会の十字架ニダ。


6009



2014年8月11日 (月)

日本人を守る気などサラサラない民主党諸君




 
< 民主:集団的自衛権の撤回求め、全国で集会へ >
 http://mainichi.jp/select/news/20140808k0000m010026000c.html

 
民主党の大畠章宏幹事長は7日の記者会見で、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を政府に求める集会を全国で開く方針を明らかにした。


5997


 
< 民主、統一地方選へ3本柱の公約 安保、経済、社会保障 >
 http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080801001975.html

 
民主党の海江田万里代表は8日、党本部と地方組織をインターネットで結んだ「ウェブ会議」を開き、来春の統一地方選に向けて安全保障、経済、社会保障の3分野を柱とする公約集をつくる考えを表明した。県連幹部らに代表続投を報告し、選挙協力のため野党各党と連携強化を図る方針も強調した。

 集団的自衛権の行使について「現時点で必要がない」とする党見解を説明。行使容認の閣議決定撤回を求める全国運動を展開するよう求めた。

 
桜井充政調会長は終了後の記者会見で「地方組織から集団的自衛権の行使を認めるべきだとの意見はなかった」と述べた。


5998


 
< 小野寺防衛相「警戒監視が必要だ」無人島命名への反発に備え >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140802/plc14080217340018-n1.htm
 
 
小野寺五典防衛相は2日、仙台市で講演し、政府が沖縄県・尖閣諸島を含む名称のない無人島に名前を付けたことへの中国などの反発を念頭に「恐らくいろいろな反応があるだろうが、何かあった時にはしっかり対応できるよう警戒監視が必要だ」と強調した。

 同時に、
民主党政権当時の対中政策について「中国に変な配慮をしていた。本来しなければならない警戒監視を緩めていた」と批判した。

 安倍政権下では、昨年1月に発生した中国艦船による海上自衛隊護衛艦への射撃管制用レーダー照射以降、危険な行為があった場合は外交ルートで毅然と抗議していると説明した。



5999


 
< 2014.08.06 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104782/

 
松原仁国会対策委員長は6日午前、国会内で定例記者会見を開いた。(中略)

 
小野寺防衛大臣が仙台市の講演で、民主党政権時代の対中国政策について「政権交代で初めて防衛大臣になったとき、現場の指揮官から報告を受け、ここまでいろいろな形で中国に変な配慮をしていたのだなと驚いた。言ってみれば、本来しなければならない警戒・監視を緩めていた」と発言した件を問題視し、「これが具体的にどのようなことを指すのか、安全保障委員会の閉会中審査を開いてただしていきたい」と指摘。国会の外での発言とはいえ、国務大臣としての発言であり、国会での説明責任があるとの考えを示した。


6000


 
< 2014.08.06 徳永エリー姐さんBlogから >
 http://tokunaga-eri.jp/article-7503.html

 
7月23日から今日まで15日間、民主党北海道の集団的自衛権行使阻止の為のキャラバンを全道各地で行い、最終日の今日、道庁横で結びのマイクを握りました!沢山の 皆さんにお運びいただいたこと感謝します。


6001


 
< 米軍がイラク追加空爆、米政府、継続示唆「大統領は作戦終了日を決めていない」 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/08/09/08iraq/

6002


 
< 停戦期限切れ、パレスチナ側からロケット弾発射 >
 http://www.afpbb.com/articles/-/3022675

6003


 
< 政府の環境機関のサイトに「新型ICBM開発中」、すぐ削除 中国 >
 http://www.afpbb.com/articles/-/3022125

6004


6005



2014年8月10日 (日)

Kの国々の方々は日本を外国とは考えていないニダ


 
 
 
< 2014.08.09 産経新聞朝刊から >

5993
 ( 同上Web版記事はこちら


 某都知事の告げ口外交が大分功を奏したようで、Kの国大好き人間からのヘイトクライムの標的を一手に引き受けている「産経新聞」さまが、韓国の市民団体に高木クネたん名誉棄損の罪で告発を受けてしまいました。

 告発の対象となった元記事を備忘録の意味で以下に掲載しておきます。

 長文ですが、チョウニチさまやNHKさま他、「日本が大嫌い&日本はとっても悪い国だ」派の反日増すゴミ諸君では、「地球が逆回転しても」絶対に報じない内容ですので、お暇な時にでもご覧になって下さい。

 一言で云うなら、「チョッパリの新聞ごときが、ウリナラ大統領の男女の火遊びを勝手に報道するなんて、断じて許せないニダ」てなところでしょうか。

 真偽不明のウワサとはいうものの、高木クネたんも、もはや62才児。

 Kの国では、この御年齢でも、まだまだ需要があるんですなぁ。

 あの冷たい刺すような目線で睨まれたら堪らないニダ。

 クネたんはもちろん弩Sの女王様ニダ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.03 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140803/kor14080312000001-n1.htm


 
朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?

 
調査機関「韓国ギャラップ」によると、7月最終週の朴槿恵大統領の支持率は前週に続いての40%となった。わずか3カ月半前には6割前後で推移していただけ に、大統領の権威はいまや見る影もないことを物語る結果となった。こうなると吹き出してくるのが大統領など権力中枢に対する真偽不明のウワサだ。

 こうした中、旅客船沈没事故発生当日の4月16日、朴大統領が日中、7時間にわたって所在不明となっていたとする「ファクト」が飛び出し、政権の混迷ぶりが際立つ事態となっている。

(ソウル 加藤達也)

 7月7日の国会運営委員会に、大統領側近である金淇春青瓦台(大統領府)秘書室長の姿があった。まず、質問者である左派系野党、新政治民主連合の朴映宣院内代表と金室長との問答を紹介する。

朴代表「キム室長。セウォル号の事故当日、朴大統領に書面報告を10時にしたという答弁がありましたね」

金室長「はい」

朴代表「その際、大統領はどこにいましたか」

金室長「私は、はっきりと分かりませんが、国家安保室で報告をしたと聞いています」

朴代表「大統領がどこにいたら書面報告(をすることになるの)ですか」

金室長「大統領に書面報告をするケースは多いです」

朴代表「『多いです』・・・・? 状態が緊迫していることを青瓦台が認識できていなかったのですか」

金室長「違います」

朴代表「ではなぜ、書面報告なんですか」

金室長「正確な状況が・・・・。そうしたと・・・・」

  《朴大統領は側近や閣僚らの多くとの意思疎通ができない“不通(プルトン)大統領”だと批判されている。大統領への報告はメールやファクスによる「書面報 告」がほとんどだとされ、この日の質疑でも野党側は書面報告について、他人の意をくみ取れない朴大統領の不通政治の本質だとして問題視。その後、質問は4月16日当時の大統領の所在に及んだ》

朴代表「大統領は執務室にいましたか」

金室長「位置に関しては、私は分かりません」

朴代表「秘書室長が知らなければ、誰が知っているのですか」

金室長「秘書室長が大統領の動きをひとつひとつ知っているわけではありません」

朴代表「(当日、日中の)大統領のスケジュールはなかったと聞いていますが。執務室にいなかったということですか」

金室長「違います」

朴代表「では、なぜ分からないのですか」

金室長「執務室が遠いので、書面での報告をよく行います」

朴代表「答えが明確ではありませんよね。納得し難いです。なぜなら大統領の書面報告が色々問題となっています」

 《朴代表はここで、国会との連絡調整を担当する趙允旋政務首席秘書官(前女性家族相)に答弁を求めた》

朴代表「趙政務首席秘書官、マイクの前に来てください。女性家族部相のときも、主に書面報告だったと聞いています。直接対面して大統領に報告したことがありますか」

趙秘書官「はい、あります」

朴代表「いつですか」

趙秘書官「対面報告する必要があるときに」

朴代表「何のときですか」

趙秘書官「案件を記憶していません」

朴代表「では、調べて後で書面で提出してください」


 一連の問答は朴大統領の不通ぶり、青瓦台内での風通しの悪さを示すエピソードともいえるが、それにしても政府が国会で大惨事当日の大統領の所在や行動を尋ねられて答えられないとは・・・・。韓国の権力中枢とはかくも不透明なのか。

 こうしたことに対する不満は、あるウワサの拡散へとつながっていった。代表例は韓国最大部数の日刊紙、朝鮮日報の記者コラムである。それは「大統領をめぐるウワサ」と題され、7月18日に掲載された。

  コラムは、7月7日の青瓦台秘書室の国会運営委員会での業務報告で、セウォル号の事故の当日、朴大統領が午前10時ごろに書面報告を受けたのを最後に、中 央災害対策本部を訪問するまで7時間、会った者がいないことがわかった」と指摘。さらに大統領をめぐる、ある疑惑を提示した。コラムはこう続く。

 「金室長が『私は分からない』といったのは大統領を守るためだっただろう。しかし、これは、隠すべき大統領のスケジュールがあったものと解釈されている。世間では『大統領は当日、あるところで“秘線”とともにいた』というウワサが作られた」。

 「秘線」とはわかりにくい表現だ。韓国語の辞書にも見つけにくい言葉だが、おそらくは「秘密に接触する人物」を示す。コラムを書いた記者は明らかに、具体的な人物を念頭に置いていることがうかがえる。コラムの続きはこうなっている。

 「大統領をめぐるウワサは少し前、証券街の情報誌やタブロイド版の週刊誌に登場した」

 そのウワサは「良識のある人」は、「口に出すことすら自らの品格を下げることになってしまうと考える」というほど低俗なものだったという。ウワサとはなにか。

  証券街の関係筋によれば、それは朴大統領と男性の関係に関するものだ。相手は、大統領の母体、セヌリ党の元側近で当時は妻帯者だったという。だが、この証券筋は、それ以上具体的なことになると口が重くなる。さらに「ウワサはすでに韓国のインターネットなどからは消え、読むことができない」ともいう。一種の 都市伝説化しているのだ。

 コラムでも、ウワサが朴大統領をめぐる男女関係に関することだと、はっきりと書かれてはいない。コラムの記者 はただ、「そんな感じで(低俗なものとして)扱われてきたウワサが、私的な席でも単なる雑談ではない“ニュース格”で扱われているのである」と明かしてい る。おそらく、“大統領とオトコ”の話は、韓国社会のすみの方で、あちらこちらで持ちきりとなっていただろう。

 このコラム、ウワサがなんであるかに言及しないまま終わるのかと思わせたが途中で突然、具体的な氏名を出した“実名報道”に切り替わった。

 「ちょうどよく、ウワサの人物であるチョン・ユンフェ氏の離婚の事実までが確認され、ウワサはさらにドラマティックになった」

 チョン氏が離婚することになった女性は、チェ・テミンという牧師の娘だ。チョン氏自身は、大統領になる前の朴槿恵氏に7年間、秘書室長として使えた人物である。

 コラムによると、チョン氏は離婚にあたり妻に対して自ら、財産分割及び慰謝料を請求しない条件を提示したうえで、結婚している間に見聞きしたことに関しての「秘密保持」を求めたという。

 証券筋が言うところでは、朴大統領の“秘線”はチョン氏を念頭に置いたものとみられている。だが、「朴氏との緊密な関係がウワサになったのは、チョン氏ではなく、その岳父のチェ牧師の方だ」と明かす政界筋もいて、話は単純ではない。

 さらに朝鮮日報のコラムは、こんな謎めいたことも書いている。

 チョン氏が最近応じたメディアのインタビューで、「『政府が公式に私の利権に介入したこと、(朴槿恵大統領の実弟の)朴志晩(パク・チマン)氏を尾行した疑惑、(朴大統領の)秘線活動など、全てを調査しろ』と大声で叫んだ」

 具体的には何のことだか全く分からないのだが、それでも、韓国の権力中枢とその周辺で、なにやら不穏な動きがあることが伝わってくる書きぶりだ。

 ウワサの真偽の追及は現在途上だが、コラムは、朴政権をめぐって「下品な」ウワサが取り沙汰された背景を分析している。

  「世間の人々は真偽のほどはさておき、このような状況を大統領と関連付けて考えている。過去であれば、大統領の支持勢力が烈火のごとく激怒していただろ う。支持者以外も『言及する価値すらない』と見向きもしなかった。しかし、現在はそんな理性的な判断が崩れ落ちたようだ。国政運営で高い支持を維持してい るのであれば、ウワサが立つこともないだろう。大統領個人への信頼が崩れ、あらゆるウワサが出てきているのである」

 朴政権のレームダック(死に体)化は、着実に進んでいるようだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 突っ込みどころ満載ですが裏読みするなら、間違いなく「もっと賄賂よこすニダ」要求の表れでしょう。

 だって産経さんソウル支局には、ウン十年ソウルで記者生活をなさっている反韓では半島中に知れ渡っている日本人記者の黒田勝弘さんがいらっしゃいますからねぇ。

 加藤支局長がこの程度の内容で名誉棄損で告訴なら、黒田さんならもうとっくの昔に、再入国禁止の国外永久追放で処罰されている筈です。

 それを今更名誉棄損で市民団体とやらに告訴させるとは、高木クネたん、火病のレベルがスーパー超重度レベルの1京ウォンにまで達しちゃったんでしょう。

 それも、在日本韓国大使館経由で産経本社に直接、記事削除の要請をしちゃったんですから、Kの国の笑韓劇場の演技力も、もはや最盛期の面影はなく、泣き喚き続ける赤ちゃん以下です。

 Kの国には言論の自由がない、今回の件で、より事情がはっきりしました。

 もう「チョッパリ、ジェニ寄越すニダ」とはっきり宣言しちゃったらどうでしょう。

 まともに本件を考ると二国間の関係は相互主義が前提ですから、こんなことが通用するなら、Kの国本国に於けるカウントレスな反日行為に対処するためには、日本の検察・裁判官を新たに1万人採用したとしても、それでも足りないぐらいです。

 土台、Kの国の方々は、みんちゅくんたちと同じで、半島と日本の間に国境が存在することを全く理解できない方々ばっかりです。

 彼らは、日・朝・韓は、一国三制度の国だと思ってるんです。

 だから、毎年、Kの国が断トツで不法滞在者のワースト1なんです。

 そして、彼らの生活を裏で必死に支え、平然と正義面を装っているのが、「みんちゅくん」たちなんです。

 何せ、現在のみんちゅくんたちの党首は、日本が大嫌いなことが理由で国旗国歌法に反対票を投じた、戦後最大の詐欺事件の現役被告人でもあるカイエーダくんがお務めになってるんですから。
 

 
< 国籍別・不法残留者推移(2014.01.01現在)>
 http://www.moj.go.jp/content/000121500.pdf

5994


 
< 在留資格別、不法残留者(2014.01.01現在)>
 http://www.moj.go.jp/content/000121507.pdf

5995


5996
 

 

2014年8月 9日 (土)

女性教師諸君は生理的に中高生相手の教職現場が苦手




 
< 2014.08.08 産経新聞朝刊から >

5685


 
< 小中学生の不登校12万人 6年ぶり増加 中学では1クラスに1人 学校基本調査で判明 >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140807/edc14080720580006-n1.htm

 
文部科学省が7日発表した学校基本調査で、平成25年度に学校を長期欠席した「不登校」の小中学生が計11万9617人に上り、前年度より約7千人増え、6年ぶりに増加に転じたことが明らかになった。とくに中学では不登校の比率が2.7%となり、37人に1人が不登校という状況に。文科省では「学校現場でのきめ細かい対応が必要」としている。

 調査によると、病気や経済的な理由以外で25年度に学校を年間30日以上欠席した小学生は前年度比2932人増の2万4175人、中学生は中高一貫校(中等教育学校)の前期課程を含め3996人増の9万5442人だった。

 過去10年の小中学生の不登校者数は、19年度の12万9255人をピークに、20年度以降は5年連続で減少していた。今回、計約7千人も増加した理由について文科省は見解を示していないが、同時に実施した問題行動調査で詳しく分析しており、その結果を9月に公表する方針。



 
< 不登校「予備軍増えている」6年ぶり増で危機感募る教育現場 >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140807/edc14080722240008-n1.htm

 
6年ぶりに増加に転じた小中学生の不登校者数。教育委員会からは「予想外」との声が上がる一方、学校現場では「『不登校予備軍』の子供も増えている」と危機感を募らせている。


> 教育委員会からは「予想外」との声が上がるw

 そりゃぁ、そうですよねぇ。

 日教組諸君が全国の教育委員会に、ますます酷くなる不登校の実態を知られたくないがために、確信犯で「不登校生徒の数は、実際より30%少なく見積もって、捏造したものを文科省に報告せよ」との一斉指令を出してゲキをとばしたのに、フタを開けてみたら、何と6年ぶりに増加してしまった・・・・。

 今頃、日教組の事務局本部は、ウリたちの命令を無視して実態通り正直に報告した都道府県はどことどこニカ?、と犯人探しに勤しんでいらっしゃることでしょう。

 折角、夏休み期間中は、集団的自衛権ハンタ~イに専念できるとスケジュールを立てていたのに、余計な仕事ができちゃって残念でしたね、日教組諸君。

 もっとも、チョウニチさんが慰安婦強制連行はなかったニダを発表しちゃいましたから、夏休み明けの「日本は悪い国だ」教育をどう展開してよいやら、きみたちは夜も眠れないニダとの情報もありますから、日教組諸君におかれましては、先ずは、心の健康・体の健康を第一義に、この猛暑下の反日活動を心置きなく遂行されんことを祈念致しております。

 てなことを考えつつ、文科省から7日に発表された学校基本調査はどこまで信頼がおけるかは甚だ疑問ではありますが、取り敢ずはこの報告書を基に、都道府県別の不登校実態をリストにしてみました。


 
< 都道府県別、小学校・中学校、不登校生徒数 >

 *生徒数は、学校基本調査平成26年度(速報)を使用しました。

 *リスト中「不登校(%)」覧の灰色は、不登校生徒構成比ワースト10、青色はベスト10です。


5686
5687
5688
5689


 不登校生徒がパーセンテージ的に高い地域は、大都会と大都会周辺&北海道ということになりますが、ワースト10の顔ぶれが小中ともに全く変化なく、ベスト10も概ね同じ顔ぶれという事実を鑑みると、不登校の芽は小学校時代で根絶せよとのセオリーが成り立つんでしょうか。

 逆に言うと中学校では手の施しようがない?

 となると小学校の先生方の「質」が、キーポイントとも思われ、学校基本調査の中に、男女別の教員数も報告されてましたので、過去5年に亙っての小・中・高の男女別教員数の推移を追ってみました。

 引用計数は、文科省の学校基本調査の教員数(本務者)からです。


 
< 小学校 >

5690

 
< 中学校 >

5691

 

 < 高等学校 >


5692


 ファーストイムプレッション:少子化と言われてる割には、教師諸君の実数、大して減っていないのはどういうこと?


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 生徒の年齢が上がるにつれて、男女別教員数の比率が絵を書いたように逆転しています。

 非常に意地悪な観方ですが、小学校までは幼稚園の延長で、女性教師でも充分務まる。

 しかしながら、中学・高校となると、女性教師と雖も「性と自意識」に目覚めた中高生を相手にしなければならず、日々のトラブル対処も、小学生とは違って性の問題も含め必然的に数段厄介な内容となる。

 となると、教員を志望する女性諸君はかなり現実的で、同じ給料体系(なのかな?)なら、少しでも楽できる小学校の教職課程を選択する傾向にある、とオジサンは捉えました。


 その前に潜在的に、日本に限らず世界中で、幼稚園や小学生相手の教師という職業は、母性本能が発揮できる女性の天職との考えが根底ににあることは否めない事実です。


 しかしながらその事実を踏まえたとしても、男女同権・男女平等・男女共同参画を喚き散らしている日教組諸君、きみたちの教育現場におけるこのいびつ極まりない教職員の男女比率は、一体どういうことなのかな、説明してご覧。

 本当に男女ウンタラカンタラが正義だと信じているのなら、他人のことばかり批判しないで、まず自分たちの足下から改善してみせてよ。

 自分たちの不都合な現実は見たくない。

 やっぱり、きみたちはKの国そのものです。

 全うな教師志望の女性諸君でさえ、中学・高校の教職現場は、女性としては精神的にも肉体的にもつらいものがあることを判っているからこそ、最初から敬遠しているんじゃないのかなぁ。

 ましてや、性に目覚めた男子生徒相手に、男と女の関係を否が応でも意識せざるを得ない場面にも立ち合わなければいけないし。

 男女共同参画なんて綺麗事を声闘している方が大勢いらっしゃいますが、彼らは何だかんだ言っても、女性の生理構造そのものに、男性と比較して女性の方が圧倒的に肉体的・精神的に辛いと思われる職種が歴然として存在していることを、絶対に認めようとしません。

 それでいて男女ウンタラカンタラを叫ぶ女性に限って、肉体的に仕事が辛くなると、女性であることを武器に簡単に仕事から離脱する。

 かつ、そのことを男性に向って自明の理であるかのごとく「女性としての当然の権利」だと宣う。

 なら、最初から、人間には生理構造的に男女の差が明らかに存在ことを認めるならまだ可愛げがあるんですが、フェミおばさまを筆頭とする男女ウンタラカンタラ族の皆さまは、自分達だけに都合のよい正義を喚き散らす一方ですから、本当に始末におけません。

 まぁ、この方々にも非韓三原則適用で、相手にするなってことですかな。
 
 でも驚きましたねぇ、あんなに何でもかんでも反対がピョンヤン運転の遣りたい放題遣ってる高校の先生達の職場が、この時代でも圧倒的な男性優位の職場だったなんて。

 オジサンの高校は男子校で、女性教師は極端に少なかったけど今はどうなんでしょう。

 逆に、現在の女子高は?

 仮に、「女性教師が多い」が現実だとしたら、男女共同参画って一体何?ってなところですね。

 今度調べてみようっと。

 オジサンはもともと、今に見られるような「行き過ぎた男女共同参画」には大反対です。

 今でも女性の総合職が華々しく有意義に効果を発揮し、そのことが社内の比類なき業績発展に貢献し続けている相応規模の民間会社は、日本国内に一社たりともあるんでしょうか。

 オジサンは男女云々で画一的に人を評価することを好みません。

 仕事上の能力評価は、男性・女性、それぞれの役割を弁えた上で、一人間として総合判断を下すべきと思料します。



2014年8月 8日 (金)

あの天下の反日NHKサマに理研笹井氏の自殺幇助罪疑惑が急浮上




 ネット界はチョウニチ新聞サマの8/5付「強制連行説はウソだったニダ」記事ですこぶる盛り上がっています。


 
< 2014.08.06 産経新聞朝刊から >
 
5672


 
< 2014.08.06 チャンネル桜放映 >

 
宇都隆史、姑息な朝日新聞の意図、忘却とすり替えの防止策は?
 http://www.youtube.com/watch?v=wS_tMmFg2S0&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

">



 天下のチョウニチさんのことですから、もちろんまだ全面謝罪には至っておりません。

 でも徐々に販売部数が目に見えて減ってきて、追い詰められてきた自覚は多少あるようで、結果、焦りまくって2面全面使っての異常な記事に踏み切らざるを得なくなったんでしょう。

 そりゃぁ、あの田母神閣下を都知事に擁立した「頑張れ日本」にこんなこと遣られちゃぁ、チョウニチさんの傲慢なプライドも自信も面子も、ちょっぴりぐらいはぐらつき始めますわナ。


  
チョウニチ新聞を「読まない、買わない」の一斉ポスティングも始まってますしね。



 
< 7・26、朝日新聞解体!、山手線一周ラリー!>
 
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2411.html

5673
5674


 
ここは一気呵成で、ゲル長官にも本気モードで取組んで頂きたいところです。

 なぁ〜に、言うこと訊かなかったら、予定調和で国税の査察に踏み切ればよいだけのことです。



 
< 2014.08.06 産経新聞朝刊から >

5675


 
ちなみに、頑張れ日本では、毎週火曜日にチョウニチさん、土曜日にNHKさんに対する抗議活動を行っています。夏休み期間中はお休みですが23日から再開されますので、ご興味ございましたなら覗いてみて下さい。


 
< チャンネル桜イベント情報 >
 
http://www.ch-sakura.jp/events.html

5676
5677


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
さて話し変わって、理研笹井氏自殺関連記事で奇異に感じた点を。


 
< 2018.08.05 msn産経 >
 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140805/waf14080511400020-n1.htm

 
文科省幹部「大変な損失」関係者「言葉にならない」

 
STAP細胞の論文問題は5日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(52)が自殺するというショッキングな事態に発展した。関係者は「言葉にならない」と驚きの声を上げ、事実関係の確認に追われた。一方、文部科学省の幹部は、笹井氏のことを「日本の再生医療の代表的な研究者だった」と評価した上で「大変な損失だ」と肩を落とした。

 神戸市内のセンター内には、パトカーや救急車が集まり、慌ただしい雰囲気。笹井氏をよく知る理研の男性研究員は電話取材に対し「まだ何も分からないが、事実だとすれば言葉にならないぐらい驚きだ」と声を震わせながら答えた。



 小保方さんがSTAP細胞の研究を発表し、日本中が喜びの声で溢れ返っていたのは、一体いつの頃だったでしょう。

 Wikiによれば、あれは2014年1月、たった7ヶ月前のことだったんです。

 ほうら、我らがヨシヒコくんだって、リケジョの早大の後輩を「千葉県の耀ける星」として大絶賛なさっていらっしゃったではありませんか。



 
< 2014.02.17 野田よしひこ瓦版No.939「伸ばせ個性の芽」 >
 
https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/54.html

 
新たな万能細胞の発見という世界が仰天する研究成果を発表した30歳のリケジョ(理科系女子)、小保方晴子さんはまさにその到達点です。ピンク色の壁に花柄のソファ、画期的な研究に取り組んだ研究室自体が独創的です。おばあちゃんから頂いたというかっぽう着には、小保方さんを励まし続けた家庭の温かさを感じます。彼女は、松戸六中、東邦高校と千葉県内の学校で学んでいますが、どんな校風の中で彼女の個性が育まれたのでしょうか。

 上から価値観を押し付ける教育よりも、既成にとらわれない自由で柔軟な心を育てる教育こそ、今の日本には必要だと思います。



 それが、2月になって、彼女の実験結果に関する捏造説が浮上して以来、ヨシヒコくんはピョンヤン運転でこの問題については一切口を閉じてしまいました。

「嘘つきは野田佳彦の始まり」のヨシヒコくんならさもありなんで、アンチ・ヨシヒコ派なら800%驚くだにしない彼の習癖ですが、増すゴミ諸君や関係者諸君はどうたったでしょう。

 オジサンの目には、増すゴミ諸君は一転して小保方さんと理研をひたすら徹底的に叩くばかり、関係者諸君の多くはこれ以上この問題には触れて欲しくないの一辺倒で私は関係ないのフリ、渦中の栗を拾い全面的に矢面に立っていたのはお亡くなりになられた笹井氏一人だけ、と映りました。

 捏造説浮上以来6ヶ月間一番スッキリしないことは、増すゴミ諸君の報道がなされるたびに益々本件の真相が混迷度を増し、読者は、何が何だか皆目判らない状態に放置されっぱなしだったことです。

 もっとはっきり言うなら、増すゴミ諸君は、ただ興味本位でおもしろがって報道していただけのこと。

 と言うより、彼らには真実・事実一つどこにあるか見抜く力なんてからっきしありませんから、彼らは根拠レスの憶測記事、もとい彼ら自身の感情論・情緒論に基づく、いい加減な記事を垂れ流すだけしかできなかったのです。

 だって、そうでしょう。

 つい最近の反日NHK記者諸君の卑劣極まりない小保方さんパパラッチ事件にしたって、真剣に事実の追求を報道していたのは産経さんぐらいなもので、他紙はアリバイ作り程度の記事でうっちゃっていました。

 もちろん最大の悪人天下のNHKサマは、身内の犯罪に対しては、確信犯の知らん顔でした。


 
 
< 2014.08.01 msn産経 >
 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140805/waf14080507000002-n1.htm

 
トイレまで小保方氏深追いしたNHK、右手けがで実験に“支障”…「集団リンチ」と代理人を激高させたNスペの顛末

 
ニュースとなった出来事で関係者に話を聞き、物事の真相に迫ろうとするのは取材の定石だ。しかし、STAP細胞問題に切り込んだ番組で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)に“突撃取材”を試みたNHKの取材は、結果として小保方氏が負傷し、映像もお蔵入りとなる後味の悪い結果となった。小保方氏の代理人は、取材を避けるために小保方氏が逃げ込んだ女子トイレまで取材班が追いかけるなどの行為があったとして「『まるで犯罪者扱いだ』と(小保方氏が)強い精神的ショックを受けている」と猛抗議。NHK側は即座に謝罪に追い込まれた。ただ、番組自体は放送された。この番組に対しても、代理人は「見るに堪えない偏向番組」と手厳しく、刑事告訴も辞さない姿勢だ。


 そうこうして、5日に笹井氏の自殺。

 NHK記者諸君の行き過ぎた行動が、笹井氏の自殺の発端となった。

 すわ、天下のNHKサマはもう言い逃れのできない「自殺幇助」疑惑が急浮上!

 これぐらいのプレッシャーは与えて追い詰めませんと、天下のNHKサマはビクとも致しません。

 電凸しても、そんな根拠レスな言いがかりは不謹慎だぐらいの回答が関の山でしょう。

 所詮、Kの国仕様のNHKサマです。

 日本人には何をしたって構わないがデフォなんですから。

 おまけに日本人の不幸は蜜の味。

 NHKサマ、本音ベースでは、日本人の優秀な科学者の笹井氏の自殺に大喜びと言ったところでしょう。

 それに致しましても、産経さんが報道しているところの、
文科省幹部「大変な損失」関係者「言葉にならない」も、彼らの人間性がリアルに判って、ガッカリと言うか情けないと言うかヤッパリと言うか。

 それまでは笹井氏が窮状に追い込まれていても、ヘルプは一切せずに我関せずでいた癖に、お亡くなりになった途端、似非ヒューマニズムを全開させてお出でです。

 これって、増すゴミ諸君や関係者の心理構造は、佐世保の女子高生殺人事件と全く同じようにオジサンに思えます。

 事件が起こって初めて、一斉に、兆候はあちこちにあったとか、確実に防げた筈だとか、人間社会では悪事など絶対起こり得ないかの如く性善説満開の良い子ブリッコのフリで逃げ切る。

 オジサンとて善人100%ではありませんから、偉そうなことばかり主張している自分自身に欺瞞を感じているのは事実です。

 イザとなったらどう行動を起こすかなんて自分にも判りません。

 ただ、人間、修羅場に追い込まれたとき突然良い子ぶりっこに豹変して、今までの言動をガラッと変えてしまった人を、オジサンは数多く見てきました。

 そんなことの経験知から、最近オジサンが極力心掛けたいと思ってることは、葉隠の一節にある言葉です。



 
< 三島由紀夫著「葉隠入門」1873年新潮文庫から >

 人の難に逢うたる所、見舞に行きて一言が大事の物なり。

 その人の胸中が知るるものなり。

 兎角武士は、しほれたる草臥れたるは疵なり。

 勇み、進みて、物に勝ち浮ぶ心にてなければ、用に立たさるなり。

 人をも引立つる事これあるなり。


 (聞書題第一、一二八頁)



 
他人の業界のことなぞ、アレコレ言う権利などオジサンには一つもありません。

 ただどんな業界であれ、事実・真実に基づいた言動がなされなければ、組織そのものが持たないとオジサンは考えます。

 ところが不思議なことに、政治の世界と増すゴミ業界と公務員の世界だけは、民間会社のオジサンには想像もつかないほど、事実なんてどうでもよい世界が日々繰り返されているように思えて仕方がありません。

 則ち、Kの国の世界が、現実には間違いなく日本でも展開されている異常極まりない特殊な世界がある。

 慰安婦問題しかり、南京大虐殺しかり、竹島・尖閣問題しかり。

 NHK、チョウニチ新聞、みんちゅくん、彼らは全員、事実なんて露程も認めようとしない「日本はとっても悪い国」の洗脳教育に加担してる人達ばかりです。

 そんな日本の教育環境の中で、子供達のいじめ・殺人・自殺、社会人の犯罪・自殺がなくなる訳がありません。

 日本は良い国を絶対語らず、日本の歴史上の善行の事実は全て覆い隠しているNHK&チョウニチ新聞&みんちゅ党がこの日本に存在している限り、日本の中の反日勢力との闘いはエンドレスで続きます。

 ここは一つ毎日ビールを呑み干し心機一転、猛暑を乗り切りましょう。



 気力も器量も入らず候。

 一口に申さば、御家を一人して荷ひ申す志出来申す迄に候。

 同じ人間が誰に劣り申すべきや。

 惣じて修業は、大高慢にてなければ役に立たず候。

 我一人して御家を動かさぬとかからねば、修業は物にならざるなり。


 
葉隠から





2014年8月 7日 (木)

華麗なる安倍総理の地球儀外交




 
< Abe calls Latin America ‘indispensable partner’ as trip to region wraps up >
 出所:2014.08.03 The Japan Times

5658

 
Prime Minister Shinzo Abe waves to members of the Japanese community during a meeting at the Brazilian Society of Japanese Culture, in Sao Paulo on Saturday. The Japanese leader wrapped up his Latin American tour ― which included visits to Colombia, Chile and Mexico ― the same day. | AP


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< Abe vs Noda、海外渡航、全履歴 >

5655
5656
5657

 * 個々の渡航履歴は「官邸HP」の総理の一日を参照しました。

 * 黄色は国際会議参加以外の目的で訪問した国々です。


 安倍総理と我らがヨシヒコくんの総理大臣としての海外渡航歴をリストにしてみました。

 誰が見ても、安倍総理の圧勝です。

 これを見ますと、ヨシヒコくんがお考えになってらっしゃる「世界」とは、米印中韓のたった4ヶ国でしかないことが、手に取るようによ~く判ります。

 このヨシヒコくんの幼児並みの外交ごっこの結果を踏まえて、更に、外交に関するヨシヒコくんのコメントを拝読しますと、もう、笑っちゃうしかありません。

 ヨシヒコくん、きみは間違いなく、韓流スターだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.03.24 野田よしひこ瓦版No.944 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/59.html

 
私が総理を務めた期間は1年4か月でした。この間、国連総会等の国際会議への出席なども含めて、16回海外出張しました。482日間の在任期間中、161回総理官邸に世界各国の政府要人を迎え入れました。3日に1回は会談・表敬がセットされたということです。これらの機会を通じて81人の各国首脳とお会いしましたが、最も手強い相手はロシアのプーチン大統領でした。


 
< 2014.03.17 野田よしひこ瓦版No.943 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/58.html

 
ニューヨークの国連総会に出席した私は、2011年9月21日、初めての日米首脳会談に臨みました。とかく「ビジネスライク(実務的)」と評される弁護士出身のオバマ大統領でしたので、儀礼的なご挨拶程度では済まないと覚悟していました。したがって、事前に日米間の具体的な政策課題をすべて頭の中にたたき込んでおきました。案の定、オバマ大統領は矢継ぎ早に具体的、実務的な話題を提起してきましたが、私はメモを見ることもなく明快に受け答えすることができました。

 「彼とは一緒に仕事ができる(I can do business with him)」。会談後、大統領は「仕事相手」として評価する発言を周辺にしました。以降、私が総理在任中、電話会談も含めて8回日米首脳会談が行われました。特に、2012年4月末、私がワシントンを訪ねた時は、会食も含めて
異例の長さの時間を割いてくれました。


 
< 2013.12.16 かわら版 No.932「踏み台」 >
 http://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/47.html

 
民主党政権の初期段階ではギクシャクした日米関係でしたが、私の政権段階では相当に関係修復は進んでいたと自負しています。オバマ大統領との信頼関係は、むしろ今よりも強かったのではないでしょうか。


 我らがヨシヒコくん、総理強制辞任後も、自画自賛のホルホルが止まりません。

 「2012年4月末、私がワシントンを訪ねた時は、会食も含めて異例の長さの時間を割いてくれました」などと、さも大切に扱われたように強調しておられますが、本当はお馬鹿丸出し、この時ヨシヒコくんは、華麗にオバマくんにスルーされちゃったのが真相でございます。

 Kの国クオリティのお方って、ウリに不都合な事実はピョンヤン運転でお隠しになって捏造・歪曲に走る、やっぱり本当だったんですね。


 ( ご参考 )

 
< オバマくんに袖にされた野田佳彦くん「クリントン長官主催夕食会の巻」 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-3194.html

 
< 民主党政権の検証(自民党参議院)>
 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/067_01.pdf

 * 同上pdf 20頁から

 
7 外交能力の欠如( 日米関係 )

 ・オバマ大統領放置(H21.11) 鳩山総理は、来日したオバマ大統領を日本に残したまま、シンガポールのAPEC首脳会議に出発。来日中の外国首脳を残して総理が海 外に行くのは、極めて異例で失礼な対応である。

 ・野田訪米時に仕返し(H24.5) 野田総理が訪米し、オバマ大統領と会談したが、オバマ大統領はそのままアフガンを電撃訪問。オバマ大統領が訪日時に置き去りにされたことに対する
仕返しをされた形になった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< Shinzo Abe makes energy deals in Mexico on Latin American tour >
 http://www.scmp.com/news/asia/article/1560031/shinzo-abe-makes-energy-deals-mexico-latin-american-tour

5659
 
Japan Prime Minister's wife Akie Abe takes a picture of Mexican President Enrique Pena Nieto and his wife Angelica Rivera during a visit to Teotifuacan (Photo:AFP)


 
< First Day of the Prime Minister's Visit to Trinidad and Tobago >
 http://japan.kantei.go.jp/96_abe/actions/201407/27article1.html

5660

 
< In Colombia, Abe agrees to boost ties with Pacific Alliance >
 http://www.japantimes.co.jp/news/2014/07/30/politics-diplomacy-world/colombia-abe-agrees-boost-ties-pacific-alliance/#.U-A2VyiGI18

5661
5662

 
< Abe in Chile >
 http://www.japantoday.com/category/picture-of-the-day/view/abe-in-chile

5663
 J
apanese Prime Minister Shinzo Abe and his wife Akie tour the Santa Lucia Hill Japanese Gardens in Santiago, Chile, on Thursday. The Japanese leader is on a Latin American tour that include visits to Brazil, Chile and Mexico.


 
< Japan PM tells Brazil 'Abenomics' working, time to do more business >
 http://www.reuters.com/article/2014/08/02/us-brazil-japan-idUSKBN0G200O20140802

5664
5665
5666



2014年8月 6日 (水)

もはや紛れもない反社会的ゴロツキ集団と化した「ザ・沖縄サヨク」




 2014.08.01付の拙ブログ「買春から反日教育まで、沖縄の左巻き教師諸君の遣りたい放題」で沖縄の偏向教育の実態をお伝えしましたが、本日はその続きです。

 最初に念の為、前回お伝えした内容を再掲させて頂きます。


 
< 2014.07.28 チャンネル桜放映「沖縄の声」 >
 http://www.youtube.com/watch?v=x5dUl9zMrh4

">


 
・・・・ 沖縄のとんてもない偏向教育の事実( 16分01秒からの文字起し )・・・・


 
これはもう正直に学校名も言いますよ、これは事実ですから。

 宜野湾市立宜野湾中学校の3年生の社会の授業の中で、こういったことが先生によって子供達に教え込まれております。

 読んでみます。

 安倍政権が自衛隊を軍に編成させて外国に戦争しに行きます。

 人殺しをしに行きます。

 日本人は16才になったら徴兵されて人殺しの訓練を受けるそうです。

 これが中学校の授業の中で、中学生に社会の先生が、先生という立場から教えている内容なんです。



 以上を踏まえ本日はその後の経緯につきまして、8月1日に新たにチャンネル桜で放映されました「宜野湾中学校教頭と父兄」との電話の遣り取り部分を文字起ししてみました。

 この遣り取りを聴く限り、ザ・沖縄サヨクの8割を占めていると言われている沖縄県の教職員諸君の平和教育・人権教育とは名ばかりで、彼ら自身こそが平和の破壊者であり人権を軽視している実態がよ〜く判ります。

 日本ではシャベチュ反対を声高に喚いている人達こそが、実は本物の差別実践主義者集団です。

 平和や人権を声高に喚いている人達こそ、実は平和も人権も、これっぽちも気にはしてないのです。

 民団、総連、解同、みんちゅ党、構図は全て同じです。

 そして、沖縄の基地反対闘争の現場に、何故、かくも多くのハングルが氾濫しているのか。

 ザ・沖縄サヨクの本当の正体が解明され、日本全国に知れ渡るのも時間の問題でしょう。

 wkwk。


5649
5650
5651


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 沖縄教育現場の実態、宜野湾中学校教頭の保護者への信じられない対応 >
 http://www.youtube.com/watch?v=zSfbt2kFCD8

">

 
( 番組内容 )

 
チャンネル桜沖縄支局平成26年8月1日金曜日に放送された『沖縄の声』。本日金曜日は特別番組としてボギ­ー・テドコン金城テルのコンビでお送りします。ここ最近、生徒に対してのわいせつ行­為、盗撮、買春行為など教育者のハレンチな報道が相次ぐ。そんな中、沖縄県の宜野湾中­学校で社会科の授業にて集団的自衛権に関しての偏向した内容の授業が行われたとして、­保護者が中学校に抗議し、学校側に教育方針についての面談を求める電話をしたが、学校­側の電話での対応は教育者らしからぬ対応だった。このことを踏まえて教育現場に関して­詳しいお二人にお話ししていただきます。

 
 
・・・・ 宜野湾中学教頭と父兄との電話での遣り取り、文字起し(23分32秒から) ・・・・


 2日前に宜野湾中学校に面談を申し入れて、教育方針の質問をさせて頂こうと電話をしましたけど、会議中でした。

 折り返し電話を下さいと伝言を残して連絡待ちをしていたら、30分後に宜野湾中学校の
教頭のイハ?先生と言う方から連絡が来ました。


* 宜野湾市立宜野湾中学校
  http://ginowan-j.ginowan-okn.ed.jp/detail.jsp?id=20968&menuid=6363&funcid=1

 ・校長:山内一秀
 
・教頭:伊波忍


父兄「約束の確認をさせて頂くって言うことで今日は連絡をしました。教頭先生、自分ももちろん仕事がありますので、平日の夕方、仕事が終わった後、6時半過ぎに面談の時間を作って頂けませんか。」

教頭「先日約束した面談なんですが、こちらとしはお父様一人、ボイスレコーダー、内容の文書化は認めない。教育オンブズマンの同行も認めません。」

父兄「あれっ、先生、ちょっとおかしくないですか。先日の話と全然違うじゃないですか。」

教頭「お父さん、はっきり言います。社会科担当教員は、集団的自衛権の話の流れで、問題となるようなことは一切言っていないと言っている。この前から苦情の電話処理対応で困っている。学校側の教育プログラム等の内容についての質問と言うことなら、学校側は平等に中立な平和教育をしている。だから問題はないと思います。」

 つまり授業の内容を録音してないから、証拠がないだろうと多分、教職員組合の弁護士から言われたと思うんです。私はそういう風に踏んでます。

父兄「あれっ、先生、また話が二転三転していますけど、もしかして面談もしたくないつもりなんですか。」

教頭「社会科のヒガ(比嘉?)先生はお子さんが病気のために夕方に時間を作ることは難しいです。」

父兄「分りました。それでは先生、学校側の責任者である校長、教頭、そして私を含めた第3者との面談はご諒解頂けますね。」

教頭「校長も忙しい、用事もある。自分も勤務時間内の面談ならいいが、夕方は認めない。」

 ここからは、かなり威圧的、喧嘩腰の口調になってきたと言ってます。

父兄「いいですか、先生。私は苦情や喧嘩の類いで連絡している分けじゃぁありません。なのにその口調ははどうなんですか。落ちついて下さいよ。電話の遣り取りじゃぁ、このように言った言わないの繰り返しですよね。だから面談を申し入れしてるんです。そして社会人なら分りますよね。仕事があるから夕方にこちらから学校に出向いて話をしたい。そして水掛け論になったら困るから、ボイスレコーダー、そして内容の文書化に同意して下さい、と言ってるんじゃないですか。先生、私は何か問題があることを言っていますか。」

 するとですね、驚くことに、ここから教頭先生の耳が急に遠くなったそうです。

教頭「耳が遠いからもう一度言ってぇ。」

 なんか、テル先生、最近どっかの県会議員がこんなことしてました。

 
5652


 全く一緒ですねぇ。

 なんか、都合が悪くなると耳が遠くなります。

 これはあのぉ、沖縄サヨクの皆さん、全く一緒ですねぇ。

 私、耳が遠いからって言うんですよ、サヨクの人達もね。
 

教頭「だからぁ、勤務時間内の面談しか受けないし、第3者も許可しません。自分も校長も忙しいし、電話処理対応も忙しい。お父さん、電話で終わりにしませんか。」

 逆ギレしたそうです。

 さぁ、保護者は納得しませんよ。

父兄「先生、2日前の先生の対応と随分違うじゃないですか。その口調、大丈夫ですか。考えて下さいよ。教育公務員だからこそ、保護者である親との対話が大切ですし、教育者だからこそ、夕方に親と対応もしないといけないんじゃないですか。どうなんですか。」

教頭「ちゃんと国の教育プログラムを実践している。平和の大切さについて教育している。問題はない(怒)」

 と怒ってるらしい。

 凄いですねぇ。

 保護者は非常に冷静です。

父兄「先生、平和、結構なことですねぇ。本当の平和ってご存知ですか。ご存知なら、平和の対極の言葉もご存知ですか。」

教頭「私に質問してるんですか。平和の対極は戦争です。」

 自信満々だそうです。

父兄「違いますよ。対極の言葉は渾沌ですよ。先生、ちゃんと辞典なりを見て下さい。渾沌の中の手段として、戦争があるんですよ。」

 すると、もうこの井波教頭、もう、カンカンになって怒ったそうです。

 自分が言ったことを否定されたもんですから。

 そして井波教頭、逆ギレしてこう言ったそうです。

教頭「もうねぇ、お父さんと話、したくないんですよ。大体、あなたね、離婚して、今の保護者は母親じゃないか。母親連れて来て面談なら諒解します。」

 ここでお父さんに、あんた、離婚してるから親じゃないと、学校側が、実のお父さんに対して、あんたは保護者じゃないと言って面談を断ったんですよ。

 血の繋がったお父さんの親子関係を、学校が否定したんですよ。

 絶対、これは考えられないです。

 学校って言うのは、裁判所なんですか。

 冗談じゃぁないですよぉ。

 恐ろしいですねぇ。

 で、これで終わらないですよ。

 そしたらねぇ、保護者もねぇ、カチンときまして・・・・。

父兄「そうですよ、離婚して現在は息子の母親が保護者です。先生、あんた、私を否定したつもりなんですか。私は父親であることには変わりありません。保護者の権利は今はないかも知れないが、面談して話することすらできない。2日前には面談申し入れに同意してくれたじゃないですか。教頭先生、その口調や恫喝みたいな、母親連れて来いって、プライベートな話をしたいんじゃないんです。問題をこじらせているのは、教頭先生じゃないんですか。」

 と強く言うとですね、最後は、このような言葉で締めくくっています。

教頭「もうねっ、話したくないんですよ。電話切りますよ、さようなら、ガチャン。」

 ( 以下、テル先生コメント )

5653


 ハッハッハッハッ、言語同断ですねぇ。

 父兄からねぇ、そういうことがあったらねぇ、何はさておいてもねぇ、やっぱりお話を訊く、ねぇっ、訊いて親切にその答えをちゃんと言って、先生らしく、先生ってのは、やっぱり先生じゃぁないですか。

 例えば父兄に対しても、ちゃんとしたね、教育的論法で話をすべきじゃないですか。

 ( 以上31分05秒、文字起しはここまで )


 さぁ、可視化のプロフェッショナル、厚労省次官の村木厚子姐さん。

 出番ですよぉ。

 沖縄の教育現場に可視化の導入、是非とも、実現させて下さいな。



5654



2014年8月 5日 (火)

このタイミングで野田佳彦くんを崇め奉る増すゴミ諸君の偽善




 
< 2014.08.03 産経新聞朝刊から >

5642

 
< 野田政権の「真相」伝わらず…政界記者でなく政治記者たれ、ジャーナリスト伊豆村房一 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140803/stt14080309000003-n1.htm

 
7月25日、経済倶楽部の定例講演会に野田佳彦前首相が初めて登場した。首相在位482日(平成23年9月~24年12月)についてエピソードを交えながら語った。

 
野田氏の演説のうまさには定評がある。たとえば社会保障と税の一体改革。自ら決断した消費税増税による国民負担がなぜ必要なのか、についてこう述べた。「社会保障制度スタート時の国民負担は1人を大勢で支えた。つまり野球の監督の胴上げだった。それがいまでは3人で支える騎馬戦となり、やがて1人で担ぐ肩車になる」。じつに分かりやすい比喩だ。

 その巧みな話術と人心操縦術は各国首脳との関係づくりにも発揮された。こんなエピソードがある。オバマ米大統領には少年時代の忘れられない思い出があった。親友の母親が作ったケーキの味だ。野田氏はその母親をわざわざ探し出し、同大統領との最初の会談時に、
その母親手製のケーキを手渡した。

 オバマ大統領は満面の笑みだった。
「銀座のスシバーで接待するよりずっと安上がりだった」というのもご愛嬌だ。以来、同大統領とはウマがあったようだ。野田氏は日英同盟の破棄が日本の破局に至ったというのが持論で、戦後日本の平和と繁栄の基軸である日米同盟を守るという強い信念がある。だからこそ意を尽くして同大統領との初会談に臨んだのだろう。

 もう一つのエピソード。APEC会議での中国の胡錦濤国家主席(当時)との「立ち話」。そのすぐあとに尖閣国有化の閣議決定がなされ、中国の反日爆発の発火点になったとされる。が、じつは
その立ち話は野田氏のほうから持ちかけたのだという。趣旨は東日本大震災時の中国支援への返礼と中国での震災への見舞いだった。立ち話での尖閣発言を、ほごにしたわけではなく、尖閣国有化は、すでに決めていたことだった。

 民主党政権の崩壊は外交、内政の諸課題で国民の信頼を失ったことに尽きるだろう。

 ただ、野田氏の話を聞く限り、こうした政権時代の施策の真相や事実関係が分かりやすく国民に伝わっていれば、野田政権はもう少し続いていたかもしれない。

 野田政権時代の報道に限らないことだが、政治記者は本道を忘れ、政治家のスキャンダル、失言など政界の裏話、噂話をネタにした政局事情にやや傾き過ぎではないか。

 首相はじめ与野党の政治指導者との直接面談を通じて政治の方向性、政党の基本政策、政治指導者の思想、資質などをしっかり取材し、国民に分かりやすく伝える。それが新聞の務めだろう。そうした報道があれば、政治に対する国民の信頼も揺るがず、政策運営の方向もしっかり定まるはずだ。

 「新聞社の政治部は政界部と呼ぶのがふさわしい」(丸山真男)という説がある。新聞記者は政界記者に甘んじることなく本来の政治記者たれ。

【プロフィル】伊豆村房一

 いずむら・ふさかず 昭和16年東京生まれ。慶大経卒。元東洋経済新報社取締役編集局長。



 産経新聞が外部ジャーナリストを遣って、我らがヨシヒコくんのヨイショ記事を書かせてます。

 右寄りを標榜している産経さんではありますが、このようなちょっと違うんじゃないのと思わせるアッチ系の記事がたまに掲載されるのも、オジサンが産経さんを愛する理由の一つでもあります。

 チョウニチさんのように「日本は大嫌いだ」記事が800%になってしまっては、単なる中朝韓のプロパガンダ機関紙にすぎませんからね。

 ところで、産経さん、この期に及んでヨシヒコくんへの超ゴマ摺り記事、何の目的があってワザワザ採り上げたんでしょう。

 その真意はオジサンのような素人には判りようもありませんが、邪推するに、産経新聞さんと雖も社内にはアンチ安倍派が数多蠢いていて、彼らの政界撹乱大好き魂が伊豆村氏なる人物にターゲットを絞って、確信犯でヨシヒコくん礼讃記事を書かせたとも考えられます。

 伊豆村房一氏はプロフにもあるとおり、東洋経済新報社(会社四季報の発行元)の編集局長だった73才のおじいさんです。

 ということで、東洋経済新報社の外郭団体で社団法人「経済倶楽部」のHPを覗いてみたらありました、ありました。


> 7月25日、経済倶楽部の定例講演会に野田佳彦前首相が初めて登場した。


 
< 社団法人経済倶楽部 講演会 >
 http://www.keizaiclub.or.jp/kouen/5606/

 
7月25日(金) 第4081回 衆議院議員 野田 佳彦氏

 政権の座にあった2011年9月から12年12月までの428日間について、社会保障と税の一体改革や規制改革など野田政権は何を目指し、なぜ倒れたのかを話します。



 この事実を知ってしまいますと、土曜日の産経のコラム覧「新聞に喝」に月1で文章が掲載される伊豆村氏のヨシヒコくん超誉め殺し記事は、予定調和の行動であったことは間違いありません。

 この時期にヨシヒコくんの講演会を開催したことも、それにあわせてヨシヒコくんってすんばらしい記事を掲載させたことも、自称保守リベラル派連中の打倒安倍政権の計画的行動のように思えてなりません。

 伊豆村氏の他のコラム記事を読む限り、伊豆村氏、一見保守のように見えて、正体はやっぱり左、というか保守偽装が得意の典型的な「無責任体質の口だけ番長」としかオジサンには映りません。


 
< 集団的自衛権 極論に傾きすぎではないか ジャーナリスト・伊豆村房一 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140601/plc14060109500006-n2.htm

 
賛成派も反対派も極論に傾きすぎではないか。賛成派は日本を取り巻く安全保障環境について過度に神経質になっている。北朝鮮の核搭載ミサイル開発、中国の急速な軍備拡張、一方的な防空識別圏設定、尖閣諸島への中国公船の度重なる領海侵入などはたしかに日本の安全保障を脅かす。ただ、その脅威に対抗するために解釈改憲によって日米同盟を強化し抑止力を高めることは、かえって相手側を刺激し“挑発”の口実を与えることになりかねない。


 
< 平和国家日本のビジョンを語れ ジャーナリスト・伊豆村房一 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140706/plc14070610000005-n2.htm
 
 
いま日本の言論界に求められているのはその健全性よりも平和国家日本のビジョンを語ることだ。歴史の教訓を踏まえ過去の過ちを繰り返すことなく未来志向の展望を切り開くことだ。戦争の危険性をいくら論じたところで戦争は防げない。戦争をいかにして防ぐか。その知恵を絞るのに保守もリベラルもない。


 ↑じゃぁ、自らをジャーナリストと称している伊豆村氏こそが率先して、その「平和国家日本のビジョン」とやらを語るべきではないですか。

 自分は何にも具体的ビジョンは示さずして、他人には、上から目線で一方通行の説教ばかりを垂れることに何一つ疑問を抱かない伊豆村房一くん、73才児。

 ヨシヒコくんの演説がうまいのには定評があるだってェ。

 情緒論・印象論ではなく、論理的に何故に演説が上手いのか、系統立ててキチンと説明して下さいな。

 銀座のお寿司屋さんで高い金をかけて接待するよりも、オバマくんに手作りケーキを差し上げる方がずっと安上がり、ふ〜ん。

 伊豆村くん、きみもどうやら、嘘が平気なようで。

 そもそもヨシヒコくんがオバマくんにプレゼントしたのはチョコレート・クッキーですよ、ケーキではありません。

 ほうら、きみがシンパシーを抱いているあのチョウニチさんだって、正直にちゃんと「チョコレート・クッキー」をブレゼントしたって書いているじゃありませか。

 嘘はいけませんよ、嘘は。

 もっとも、「嘘つきは野田佳彦くんの始まり」ファン倶楽部の会員を自認して止まない73才児伊豆村くんのことですから、このお方も、生粋の狼少年なんでしょう。


5643


 それとね、伊豆村くん。

 ヨシヒコくんがクッキー外交したのは、2011年11月のハワイのAPECで、主催者はオバマくんであってヨシヒコくんは被接待者です。

 ってことは、この時ヨシヒコくんは、オバマくんを招待することなどできない立場にあったのです。

 それぐらいはご理解して頂けますよねぇ。

 一方、伊豆村くんが揶揄している2014年4月、オバマくんを銀座の久兵衛で安倍総理が接待したときは、明らかに安倍総理はホスト側、オバマくんは国賓ではありますが、あくまで招待者側です。

 伊豆村くんは何かな、たとえ国賓を招待する時であっても、超お高い久兵衛さんで接待なんてせずとも、超安上がりなチョコクッキーをプレゼントすることで、オバマくんを遇するべきだったと言いたいのかな。

 それとも、日本国の総理大臣と雖も庶民感覚は必須で、米国大統領を接待する時でも、マクドかケンタにすべきだと、伊豆村くんは主張なさりたいのかな。

 伊豆村くん、きみ、現役時代もリタイアしている今も、失礼ながらひょっとして、リアル社会では誰からも相手にされていないんじゃない?

 でも声だけが大きかったら、重役にも編集局長にもなれた・・・・。

 それにね、伊豆村くん、久兵衛さんは寿司バーではありませんよ、念の為。

 最後に伊豆村くん、きみはヨシヒコくんの特亜外交の誉め殺しなさってるけど、その結果、ヨシヒコくんの微笑み外交によって、日本の領土はどうなりましたか。

 見事なぐらいズタズタになってしまったではありませんか。

 何、そんなことは瑣末なことだ、ですってェ。

 あぁ、あぁ、そうですかぁ、そうですかぁ。


5644
5645
5646


 オジサンが不気味に感じているのは、伊豆村氏の発言ではなく、何故、こんなヨタ記事を産経社内の左派が、今更、採り上げたかにあります。

 だって伊豆村氏のコラムが掲載される前日の8月2日の記事では、みんちゅくんたちの内紛劇を、産経さん、全うな観点で報道してますからね。


 
< 民主の「言うだけ」6人衆 代表選前倒し求めて、何した? >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140802/stt14080207000001-n1.htm
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140802/stt14080207000001-n4.htm 

 
民主党には「6人衆」と呼ばれる実力者たちがいる。いずれも民主党政権時代に閣僚を経験した衆院議員で、党内で一定の影響力をもつ。しかし、今や彼らも口先だけで実行力の伴わない“言うだけ6人衆”に成り下がりつつある。通常国会終盤から、海江田万里代表の任期満了を待たずに代表選の前倒しを求める「海江田降ろし」が勃発した際に、その火付け役と火消し役を演じたからだ。(中略)

 
なお、公正を期すためにも記しておくが、6人衆の中で、野田氏は「前社長が現社長について露骨に言うのはよくない」と直接的な言及を公の場でせず、枝野氏は、「与党時代の反省である『バラバラ感』を再び印象付ける」と代表選前倒しには批判的だった。

 
ただ、批判しなかったとはいえ、見て見ぬふりをしていたとしたら、それはそれで問題だ。


 それが、翌日にはいくら外部の人間に書かせたとはいえ、突然のヨシヒコくんホルホル記事の出現です。

 読者としてはこの豹変に、社内で何が起きてるんだろうと勘ぐらざるを得ません。

 更に同じ8月3日には、ヨシヒコくんがみんちゅくんの中では如何にもまともな正当派であるかのような印象を与える報道をしてるのですから、偶然とはいえ、かなり不自然です。


 
< 「自衛権問題明確化を」 野田氏が海江田氏に要求 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140803/stt14080316070004-n1.htm

 
民主党の野田佳彦前首相は3日、続投が事実上了承された海江田万里代表の党運営に関し、集団的自衛権行使や原発再稼働、消費税増税など党内意見が対立する問題で方針を明確化するよう求めた。「集団的自衛権や原発の問題、消費税など重要政策で党をまとめて決断をしなければならないが、しっかり決めてほしい」と広島市で記者団に述べた。

 来春の統一地方選については、「厳しい状況の中でも民主党を名乗って出ようという人たちの勝率を高めるのが何より大事だ」と指摘した。



 ヨシヒコくん、少なくともオジサンが目にした報道ベースでは、集団的自衛権に関してはこれまで一切コメントをなさりませんでした。

 それがここにきて、突然、語りだした。

 何かがあったと勘ぐらざるを得ません。

 根拠レスですが、ヨシヒコくんは明らかに安倍政権打倒に向けて始動し始めたのでは、というのがオジサンの感想です。

 ひょっとすると、またぞろ、ナベツネ主導による「自民左派プラスみんちゅくん似非保守」の政界再編作戦が甦ったのでは・・・・。

 福田元総理の訪中もその一環かも。

 兎に角、資金源を絶たれた中朝韓大好き政治屋さん、この指と〜まれ。

 もちろん、この動きはアメリカのお墨付き。

 くどいようですが、オジサンには昨年10月、原爆投下の第1級犯罪人ヘンリー・スティムソンの " 偉業 " を讃えて設立された軍事シンクタンクに於て、ヨシヒコくんが講演したことを、オール増すゴミ諸君が「ヘンリー・スティムソン」の正体を報道しなかったことが、胡散臭くてなりません。

 ヨシヒコくんは、米国のアンチ安倍派の言いなりであり、かつ中朝韓大好きの偽装保守の両刀遣い。

 これがオジサンの現時点でのヨシヒコくん評です。


 
< 万死に値する野田佳彦くんの米国講演 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-79c3.html

 
< 野田佳彦くんは広島長崎への原爆投下を正当化したゾ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/index.html

 
< 野田佳彦くんは広島長崎への原爆投下を正当化したゾ(続き)>
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-7b1c.html


5647
5648



2014年8月 4日 (月)

多幸症の長崎市長田上富久くんでは市民も平和も守れません




 
< 集団的自衛権行使容認に言及「国民の懸念、耳傾けて」平和宣言の骨子発表、長崎市長 >
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/10512

5634
 
長崎市の田上富久市長は1日の会見で、長崎原爆の日の平和祈念式典で読み上げる平和宣言に「集団的自衛権」の文言を入れ、政府に対し、国民に広がる平和国家の在り方が変わることへの懸念に耳を傾けるよう求めることを明らかにした。安倍政権の閣議決定自体には触れず、直接の評価は避けた。

 宣言は、集団的自衛権など安全保障をめぐる議論の中で、国民の中に
「戦争をしない被爆国の原点から外れるのではないか」という不安が広がっていることを指摘する。

 市はこれまで、宣言の内容を議論する起草委員会に示した原案や修正案には、集団的自衛権の文言は盛り込んでおらず、委員から閣議決定への明確な批判を求める意見が相次いでいた。田上市長は「安全保障については、さまざまな考え方がある。核兵器の廃絶と世界恒久平和という被爆地長崎の原点を伝えることで、共感は得られると思う」と述べた。

 宣言はこのほか、核兵器廃絶をめぐって、核兵器を条約で禁止しようとする国と、核保有国、「核の傘」に依存する国の間の対立が深まっていることへの危機感を表明。日本政府に溝を埋めるための積極的な取り組みを求める。長崎市の若い世代による平和活動の継承への取り組みも紹介し、市民や世界に被爆体験の継承を呼び掛ける。

 平和祈念式典には、過去最多の52カ国が参加予定。ロシアやインドなどの核保有国のほか、マレーシアのマハティール元首相も出席する。



5635


 現在2期目の長崎市長田上富久くん、57才児です。

 失礼ながらドアップ写真のご尊顔からは、世界平和を実現する力量も核廃絶を実行に移す交渉能力も、「地球が逆回転する」のと同じくらいこのトミヒサくんでは絶対不可能、とオジサンは断言します。

 44万長崎市民の方々におかれましては、本当にこんなご尊顔のトミヒサくんを2期連続市長にさせちゃって、虚しくないのかなぁ?

 8月9日が来るたびに、長崎を代表する人物としてこのトミヒサくんのご尊顔が毎年世界中に配信されてしまっている訳ですが、なんか恥ずかしくならない?

 まぁ、殆どの長崎市民諸君はなぁ~んにも感じていらっしゃらないんでしょう。

 長崎市長の顔がお花畑すぎる、だってぇ?

 そんことは政治屋稼業ではどうでもいいことだ。

 長崎市長たるべきもの、ただひたすら「世界平和と核廃絶」を訴えていればそれだけでいいんだ。

 それが長崎市長だけが世界に認められた特権と利権なんだから。

 多分、このようにお考えのプロ市民が多数、実際は草の根市民と称してワンサカ蠢いていて、長崎の政治も教育も牛耳っているんでしょう。

 でなければ、かくなるお花畑顔の市長が無事務まってるいることの説明がつきません。

 話は変わりますが、同様のことが先月滋賀県知事選で当選した三日月大造くんにも言えます。

 単なる政治屋にすぎない知事の顔なんてどうでもいいんだ。

 要は草の根市民(=プロ市民)の言動を徹底して支え、卒原発を訴え続けてくれる反日派の政治屋さんであれば、滋賀県知事なんて誰でもいいんだ・・・・。


 
< 2014.07.16 三日月氏に当選証書 >
 http://www.asahi.com/articles/ASG7H3WF8G7HPTJB00S.html

5636

 ↑うわぁ~、すんご~いネクタイw


 
< 2014.07.23 三日月知事が初登庁 >
 http://www.asahi.com/articles/ASG7Q3VTGG7QPTJB00W.html 

5637

 ↑ヨシモト芸人も真っ青、剛毛・直立・たてがみの最先端


 
< 2014.07.26 新知事が所信表明 >
 http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20140726/CK2014072602000029.html

5638

 ↑議長とのギャップ、あり杉


 オジサンは、顔の美醜に関係なく、人生を生き抜いてきた強い意志力が年と共に自然と人の顔に刻まれてくることは、かなり重要なポイントだと思料してます。

 たとえ「おミズ」関係のおね~さんでも、一流の人は、お追従笑いの中にも、この業界で生きてきた確固とした意志を感じさせてくれますからね。

 ってことで、多幸症&お花畑顔の政治屋さんを自治体の組長さんに選んでしまうと、被害は子供たちに及ぶことは全国各地で実証済みで、「日本は悪い国・平和が一番・原発反対」教育が徹底している各自治体にお住まいの皆さまにおかれましては、ちょっぴり政治屋さんのご尊顔のことも考慮に入れて頂きたいな、と思った次第です。


 
< 2013年の全国学力テストの都道府県別ランキング、下位グループ>
 
 * 資料出所はこちらのサイトから



・35位:長崎県

・36位:佐賀県

・36位:福島県

・36位:岡山県

・39位:島根県

・40位:山梨県

・40位:高知県

・40位:和歌山県

・43位:三重県


・44位:滋賀県

・45位:大阪府

・46位:北海道

・47位:沖縄県


 話が横道にそれてしまいました。

 長崎市長トミヒサくんの話題に戻ります。

 

> 長崎原爆の日の平和祈念式典で読み上げる平和宣言に「集団的自衛権」の文言を入れ、政府に対し、国民に広がる平和国家の在り方が変わることへの懸念に耳を傾けるよう求めることを明らかにした。


 産経新聞が集団的自衛権に関して次のような記事をトップニュースで伝えています。


 
< 2014.08.03 産経新聞朝刊から >

5639
5641
 ( 同上Web版記事はこちら


 多幸症をお患いのトミヒサくんの目には、恐らく中韓2ヶ国のみが正常で、他の12ヶ国は精神に異常を来している国ばかりと映ってるんでしょう。

 同様に集団的自衛権行使に賛成している日本の政治家や日本国民も、トミヒサくんには理屈抜きに、全員が精神病患者だと捉えていらっしゃるんでしょう。

 どうやらトミヒサくんって、自分と意見が対立する人を思いっきり馬鹿にし見下す悪癖があるようです。

 9日の式典には核保有国も多数出席するようですから、57才児のトミヒサくんにおかれましては、もちろんその1ヶ国1ヶ国の代表の皆さんと「核廃絶の直談判」なさいますよねぇ。

 まさか、まさか、トミヒサくんほどのご立派な政治屋さんが、口だけで核廃絶を唱えている訳ではありますまい。

 オジサンはトミヒサくんの成果を愉しみにお待ちしております。

 トミヒサくんのご尽力によって1ヶ国でも核廃絶に踏み切ったら、すんばらしいゾ。

 日本の左巻き諸君の考え方は、日本が世界で最初の被爆国であるからこそ核廃絶に全精力を注ぎ込むべきだ、の明らかな現実逃避戦術しか取りません。

 これを拳銃にたとえるなら、拳銃によって身内を殺された経験がある被害者関係者たちが、世界から拳銃を撤廃すれば拳銃による悲劇は二度と起こらないと考えるかと言うと、必ずしもそのような動きは主流にはなりません。

 リアル世界では、拳銃で身内が殺されたからこそ、次に自分が被害に逢わないよう自分の身を守るためには、自分も絶えず拳銃を所持していることが最大の防御策になっているのは自明の理です。

 拳銃を一切持たないことこそが最大の安全策なんだよ、と拳銃被害者関係者に訴えたところで、相手はそれこそ目の前にある恐怖のために聴く耳さえ持たないでしょう。

 じゃぁ、私の身の安全をあなたは具体的にどのように保証してくれるんだ、と言われるのが関の山です。

 オジサンは、核廃絶論者達は全員が「口だけ番長」と見做してます。

 彼らが口だけではなく、現在リアルに核を保有している9ヶ国(米英仏露中印・パキスタン・北朝鮮・イスラエル)に自らが直接出向き、核廃絶のネゴシエーションを毎年執拗に繰り返しているならまだしも、彼らが遣っていることは、日本政府と日本国民に向かって「日本は悪い国だ」「だから日本は原子爆弾を落されたんだ」を年がら年中、声闘しているだけなんですから話にもなりません。

 それでいて彼らは、中国・北朝鮮の核については一度たりとも反対を表明したことがありません。

 何故か?

 それはね、彼らが明らかな中朝韓の工作員で、闇世界でブラックマネーを沢山頂戴しているから、とオジサンは一方的に邪推してます。

 虐殺願望を隠しきれない左巻き諸君は、一度でいいから、日本をコテンパンにやっつけたくて仕方がないんです。

 だから、「日本を戦争ができない国」と綺麗事を雄叫びになりつつ、実際は、日本を無抵抗国家にさせようと必死になっているんです。

 トミヒサくんもその一人と考えて全然OKでしょう。

 だってトミヒサくん、8月9日の原爆記念日の式典において安倍総理の前で、集団的自衛権がらみで、確信犯の予定調和で「反日演説」しようと画策してるんですから。

 トミヒサくんが今一番ホットな恐怖「中国の新ICBM」に対して全くのノーコメントであることからして、彼が日本が大嫌いであるのは明らかです。


 
< 2014.08.03 産経新聞朝刊から >

5640
 ( 同上Web版記事はこちら



2014年8月 3日 (日)

厚労省次官の村木厚子姐さん、お仕事サボリすぎ




5631


 塩害都議姐さんと同じで、国民の目には女の涙でお仕事をしている、もとい、お仕事をしているフリにしか見えない厚労省事務方トップの村木厚子姐さんですが、今度は総務省から指導勧告を受けちゃったんだそうです。


 
< 2014.08.02 産経新聞朝刊から >

5632


 この厚子姐さん、確信犯で国会審議をストップさせた罪で、つい2ヶ月前には訓告処分を受けたばっかりなんですけど、懲りないお人どすなぁ。


 
< 文書ミスで村木次官ら6人訓告 厚労省 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140618/plc14061823380024-n1.htm

 
厚生労働省は6月18日、医療・介護法の資料と労働者派遣法改正案の条文に誤りがあり、国会運営に影響した責任を取り、村木厚子事務次官、栄畑潤厚労審議官、二川一男官房長と、医政局、職業安定局、老健局の各局長を訓告処分にすると発表した。田村憲久厚生労働相も大臣給与1カ月分を自主返納すると表明した。


 この処分決定に対し田村厚労大臣は、


  「対象者も多く、訓告は懲戒の次に重い処分なので、決して軽いものではない。ミスをした担当者がすべて悪いのではなく、それをチェックできていない体制に問題がある」

 と仰有ってますが( 2014.06.18 医療介護ニュース )、厚子姐さんというお方は女の武器を最大限に使ってお仕事をなさってきた方です。

 訓告?なにそれ?食べられるニカ?ってなもんでしょう。

 ですから今回のシンディからの指導勧告も、予定調和で屁の河童。

 イザとなったら泣いて見せればいいんですから。

 ということで厚子姐さんはこういうことにも平然としてられるのです。


 
< 生活保護不正受給、3年で9億4千万円回収不能
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140801-OYT1T50093.html

 
総務省は1日、生活保護費の不正受給に関して、地方自治体が完全に回収できなくなった額が2010~12年度の3年間で、少なくとも9億4000万円に上ったと発表した。

 
調査対象は、全国の福祉事務所の1割未満に過ぎず、氷山の一角と言えそうだ。同省は厚生労働省に対し、不正の発覚後の対応を迅速化するなど、不正の拡大防止策を徹底するよう勧告した。

 総務省は、全国に1251ある福祉事務所のうち、22都道府県の102事務所を抽出して調査した。その結果、不正受給額は10~12年度で計58億円に上り、
回収できたのは全体の24%にあたる14億円にとどまっていた。不正受給額のうち9億4000万円は、受給者が死亡したり、時効が成立したりして完全に回収できなくなっていた。


国民「シンディから指導勧告受けちゃいましたよね」

厚子「私には無関係のことです」

国民「どうしてですか」

厚子「ナマポの事務取扱いは各地方自治体の仕事です」

国民「でもナマポ自体は厚労省の管轄でしょう」

厚子「私が直接関与する問題ではありません」

国民「先日の最高裁の外国人は生活保護法に基づく生活保護の受給権を有しないとの判決に対し、次官はどのようにお考えですか」

厚子「非常に不愉快です」

国民「ハイッ?」

厚子「超おもしろくありません」

国民「ハイッ?」

厚子「ナマポは国籍に関係なく日本に居住する人全てが受給すべき自然権です」

国民「それって、日本列島は日本人だけのものじゃないってことですか」

厚子「はい、日本列島は地球市民のものです」

国民「だから次官は、ナマポ不正受給の事務対応、確信犯でワザと遅らせてるんですね」

厚子「当然です」

国民「となるとナマポ不正受給の回収をワザとサボってるのも同じ理由からですね」

厚子「当り前だのクラッカーです」

国民「2009年の郵政不正事件の発覚当時、次官は逮捕された上村勉容疑者の直属の上司でしたよね」

厚子「それがなにか」

国民「次官は、国に37億5千万円もの巨額な被害を与えた上村容疑者の直ぐ上の上司だったんですよね」

厚子「昔のことで覚えていません」

国民「虚偽公文書発行には関っていなくても、部下が犯した37億円もの国への損害金発生の監督責任についてはどうお思いですか」

厚子「なぁ~んにも感じてません」

国民「次官に監督責任は一切ないと言うことですか」

厚子「しつこいですわよ」

国民「しかもその上次官は、ご自身の冤罪がらみの国家賠償訴訟で国から3,700万円も奪い獲った」

厚子「記憶にございません」

国民「貴女は公僕ですか」

厚子「もちろんですわ」

国民「上野千鶴子姐さんとはお友達ですか」

厚子「はい」

国民「ヨシフさんとも」

厚子「はい」

国民「本日は貴重なお時間を有難うございました」


5633



2014年8月 2日 (土)

野次&セクハラ防止評論家「塩村文夏」姐さんのその後




① 2014.07.18 福島第一原発視察
  http://shiomura-ayaka.com/wp-content/uploads/2014/07/68a677b11fccac2061f9434d64fd7511.pdf

5626  
( 防護服を着て。私は下の段右から2人目 )

  ↑日本語では普通は「前列」と表現しますが、野次&セクハラ評論家の皆さま方の間では、「下の段」が業界用語なんですね、ふぅ〜ん。段なんてどこにあるのかなぁ。あっ、そうね、そうね、見えない放射脳の段があるって分けネ。


 
初の福島第一原発の視察。今回実際に行ってみて感じたことは、「自分のなりの考えに答えが出るのかと思ったが、むしろさっぱり分からなくなった」とい うこと。そう実感した理由の一つに自分でエアカウンター(線量測定器)を持 って行っていたからという事が大きい。数字を目で確かめながら視察ができた。 放射能というのは目に見えないものだとは知ってはいたが、自分がその空間に 身を置くことでその見えない恐怖を実感した。


② アヤカ姐さんのスポンサーはチョウニチ新聞さんグループだった


 
< 2014.06.27 チョウニチ新聞 >
 http://www.asahi.com/articles/ASG6W7RPPG6WUTIL02F.html

 
・・・・ 音声分析で聞かれたヤジ声(録音された音源から)・・・・

 
塩村都議:東京は、都会であるがゆえに周囲との関係が希薄で、女性が妊娠、出産、育児にかかわる悩みを一人で抱えてしまうという弊害があります。(中略)妊婦さんを支える仕組みはとても重要であり、私も所属をする厚生委員会で、この件についての充実をお願いをしてきました

 
鈴木章浩都議の声:早く結婚した方がいいんじゃないか

 
男性の声:自分が産んでから

 
男性の声:がんばれよ

 (議場で笑いが起きる)

 塩村都議:今後、妊娠、出産に関して

 
男性の声:動揺しちゃったじゃねえか

 塩村都議:悩みを抱える女性たちの問題に対し(中略)具体的な取り組みをお願いいたします。

 
男性の声:いやー、先生の努力次第

 塩村都議:また、不妊の原因は女性だけではなく

 
男性の声:やる気があればできる

 塩村都議:男性にも原因があります。男性の協力を得る難しさから、悩みが大きくなる女性たちのサポートも必要です



 
< 2014.06.27 テロ朝報道ステーション >
 https://twitter.com/shiomura/status/482559071145312256

5627


③ アヤカ姐さんの後出しジャンケン


 
< 2014.06.24 09:35 >
 https://twitter.com/shiomura/status/481475613153173505

 
本日24日はヤジを飛ばした方が名乗り出てくださる以前より決まっていた、外国人記者クラブにて会見に招かれました。(私からの発信ではなく、会見の依頼を受けました)。今回の不規則発言は世界的に見て遅れており、正していかなくてはいけない事なのだと改めて感じました。

 ↑アヤカ姐さんが最もお得意とする後出しジャンケンによりますと、彼女、嫌々ながらの予定調和で、世界中に日本人男性はセクハラがデフォだを発信したんだそうです。


 
< 2014.06.27 23:57 >
 https://twitter.com/shiomura/status/482779808145760256

 
お詫び 年の差婚に関するツイートについて。議員になる数年前のツイートとはいえ、適切ではありませんでした。多くの方より議員になってからとの誤解もあるので、釈明をし、謝罪をするべきとのご意見を頂戴しました。全くその通りであり、多くの方に不快な思いをさせて大変申し訳ありませんでした。

 ↑ご本人に直接お詫びすることは決してございません(キリッ


 
< 2014.06.28 01:08 >
 https://twitter.com/shiomura/status/482797684412006400

 
誤解があるようなので説明しておきますと、私がアイドルの番組に関わったのは初期のみです。担当した時も動物虐待になるような企画に関しては反対をしています。恋のから騒ぎの出演は7年前で、政治家になる前の放送作家になる前です。私はラジオを担当した時に社会問題に気づき、考えが変わっています。

 ↑えぇ、よ〜く判りますとも。政治屋さんになると突然「ウリは善い子」に変身しちゃうんですよねぇ。


 
< 2014.06.28 01:22 >
 https://twitter.com/shiomura/status/482801082028920833

 
経歴は隠すことはないと、ツイートもそのままに選挙をしました。しかし、政治家になる前のアカウントでツイートをしている事がリスク管理ができていない、混乱させているのは自分だとのご意見も頂き、その通りだと痛感しています。徐々に改善します。また、情報が切り貼りされており、残念に感じます。

 ↑36才児のすんばらしい実践的なリスク管理術をオジサンは是非アヤカ姐さんに聴いてみたいゾ。



④ 塩害効果その1


 
< 国会やじ一掃を提言=与野党有志 >
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014073000861&g=pol

 
自民党の平将明衆院議員など与野党有志議員は30日、衆院議員会館で「超党派国会改革勉強会」の会合を開き、国会審議中の品のないやじや暴言をなくすため、提言をまとめることを決めた。自民党の衆院議員や都議のセクハラやじ問題で議会の品格が問われているのを踏まえ、秋の臨時国会までに衆参両院議長などに申し入れる。


⑤ 塩害効果その2、ねらい打ち


 
< 2014.07.31 産経新聞朝刊から >

5628
 ( 同上Web版記事はこちら



⑥ アヤカ姐さん、現在進行形の女性の人権侵害問題には、全くの知らん顔


 
< ベトナムから中国へ「花嫁」として人身売買 >
 http://www.afpbb.com/articles/-/3019844?pid=14012037

5629

 
< 2014.06.24 テロ朝news(リンク切れ)>

 
東京・台東区の派遣型売春クラブが摘発され、経営者の男ら2人が逮捕されました。

  「小悪魔K’s」の経営者・中島淳容疑者(38)と内縁の妻で中国人の趙平容疑者(31)は3月、 従業員の韓国人の女性(32)をホテルに派遣し、男性(42)と売春させた疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、店には30歳から40歳の韓国人の女性5人が在籍していて、 ホームページなどで客を集め、2010年以降、4億円を売り上げていたということです。

 取り調べに対し、中島容疑者は容疑を否認し、趙容疑者は「知人の韓国人から店をやらないか と言われて始めた」と認めています。



 
< 2014.06.29 米中央日報韓国語版 >
 http://gensen2ch.com/archives/8983571.html

 
カリフォルニア州で指名手配されていた30代のコリアンの女ら、コリアンの女7人がサウスカロライナ州で売春容疑で逮捕された。

 アンダーソン郡保安局はアンダーソン市警察局と共同で最近、アイビースパなど6件のマッサージ店に乗り込んで、キム某容疑者(36歳)ら、コリアンの女7人を検挙したと27日に明らかにした。

 キム容疑者はカリフォルニア州で逮捕令状が発行されている。キム容疑者と一緒に逮捕されたチョ某容疑者(33歳)もカリフォルニア州トーランスの出身。逮捕された女のうち50代が3人で一番多く、30代が2人、40代と60代がそれぞれ1人ずつだった



 
< 韓国人売春婦 世界に8万人、日本には2万人いるとの分析 >
 http://www.news-postseven.com/archives/20120705_126472.html


 
< 中国、姦通罪復活で逮捕者続出 >
 http://www.news-postseven.com/archives/20140727_267786.html



⑦ アヤカ姐さんは都議としてのキチンとした説明責任を公開の場で果たしなさい


 
・・・・ ヤジとセクハラ対策のプロ、アヤカ姐さんが果たすべき8つの義務 ・・・・

1 野次の定義付けをしなさい。

2 議会における野次の可否について見解を述べなさい。

3 セクハラの定義付けをしなさい。

4 その定義に基づき具体的にどういうことで傷ついたのか詳細を述べなさい。

5 女性全般へのセクハラ防止の具体策を100個述べなさい。

6 傷ついたと仰有る一方で問題の野次が起きた時点では何故笑っていたのかその理由を述べなさい。

7 アヤカ姐さん、貴女は6千万日本人男性全員を世界中で一方的にセクハラ認定した必殺冤罪仕掛け人です。この究めて悪質な冤罪押し付け行為に関して貴女はどう責任を取るのか具体的策を述べなさい。

8 アヤカ姐さん、貴女のお蔭で最も迷惑を蒙った6千万日本人男性全員に対し、貴女は反証の機会すら与えようとしません。これでは民主主義は成り立ちません。ついては今月中に上記7点につき公聴会を開催するよう都議会に働きかけ選良としての義務を今直ぐ遂行しなさい。



5630



« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »