« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

こうなると拉致関与も濃厚になってきた大分県の教育関係者




6297


 本年7月の子供達への「慰安婦ツアー大募集」報道以来ここ3ヶ月、大分県の教育関係者の反日売国活動ぶりを徹底して暴き続けている産経新聞ですが、今度は大分県の自称・先生達が、ナント、41人も大挙して、上朝鮮にお遊びにいっちゃったんだそうです。


 < 2014.09.28 産経新聞朝刊1面から >

6298 6299_2

 ( 同上Web版記事はこちらで ) 


 同じく産経さんの別のWeb版記事には、詳細が語られておりましたので、備忘録の意味からも全文掲載しておきます。


 
< 2014.09.28 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140928/oit14092807020001-n1.htm

 
公教育蝕む左翼・リベラル 大分

 
政府が北朝鮮への渡航自粛を要請する中、大分県教職員組合が公立学校の教職員を募集し、北朝鮮と中国への海外研修を敢行していた。平成22年度と24年度の研修先には両国のプロパガンダ拠点が並び、公教育に携わる教職員にとって、ふさわしいとは言い難い。村山富市元首相の地元大分は、かつて「社会党王国」と呼ばれ、現在も左翼・リベラル勢が根強い。今回の問題は大分の教育現場における「親北朝鮮・親中国」と「反日」傾向を如実に示したといえる。(津田大資、田中一世)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・

 「万寿台大記念碑の銅像」「労働党創建記念塔」「南京大虐殺記念館」

 平成24年7月27日~8月3日に実施された海外研修の行程案には、こうした訪問先が列記されていた。

 行程は、北朝鮮高官とパイプを持つという福岡市内の旅行会社代表が、県教組の意向を踏まえ、作成した。実際の研修も、ほぼ案の通りだったという。

 北朝鮮の万寿台は故金日成主席と故金正日総書記の銅像が立ち、2人の功績をたたえる。労働党創建記念塔は高さ50メートルのモニュメントが、党創立50周年を記念して建設された。

 このほかにも「チュチェ思想塔」や金日成主席が誕生した「万景台の生家」など、北朝鮮の正当性をうたうプロパガンダ拠点が並ぶ。

 行程案には「69高級中学」の説明として「偉大な金日成主席が6月9日、ここに学校を建てるように指導して建てられた学校である」と記されていた。

 訪朝前後に組み入れられた中国の訪問先についても、反日プロパガンダ施設が目立つ。

 南京大虐殺記念館(江蘇省南京市)は、中国共産党が「愛国主義教育基地」に指定している。入り口の石壁には、科学的根拠のない30万人という犠牲者数が刻まれる。日本軍の残虐性を、ことさらに強調しており、中国の「反日教育」の中枢施設といえる。

 そのほか行程には「大虐殺現場巡り」や、中国語で生存者を意味する「幸存者」から証言を聞き取る時間も盛り込まれていた。行程案のタイトルは「第18次大分県教職員組合海外研修実施案、中国・朝鮮視察団」となっており、日本で使われる「北朝鮮」という文言はない。

 平成18年以降、北朝鮮はミサイル発射や核実験を重ね、国際的に非難を浴びていた。日本人拉致問題も未解決で、国交もない。

 大分県の教育関係者は「公立学校の教職員が、あえて訪朝する意味がどこにあるのか理解し難い。私的旅行とはいえ、極めて政治色が強いととらえられても仕方がない」と述べた。

 情報を入手した県教委も「公教育の教職員の研修先として不適切」と見直しを求めたが、県教組は聞き入れなかった。

 大分県教組は中学生と保護者を対象とした「親子で学ぶ 韓国平和の旅」も主催している。訪問先には韓国の「日本軍慰安婦歴史館」が含まれ、旅行業法に基づく登録がないのに県教組が新聞広告で募集するなど違法行為が発覚した。

 これに対し、下村博文文部科学相は「反日旅行をすることで子供たちにどういう教育的効果を狙っているのか理解できない」と批判した。

 北朝鮮は罪もない日本人を拉致した国であり、中国は日本領海を侵犯し、国を挙げて反日教育に取り組んでいる。

 こうした両国に赴き、プロパガンダ拠点を巡る旅に、参加した公立学校の教職員は疑問を持たなかったのだろうか。大分の公教育は、いまだ左翼・リベラル勢力に深く蝕まれている。

                   ◇

 ♪ 平成24年度大分県教職員組合海外研修の主な訪問先 ♪

・7月27日~8月3日(7泊8日)

・7月24日:福岡空港→上海浦東空港→瀋陽空港、瀋陽泊

・7月25日:瀋陽空港→平壌空港、平壌泊
      撫順戦犯管理所・917記念館

・7月29~30日:板門店軍事境界線・万景台の生家・万寿台 平壌泊
         チュチェ思想塔・労働党創建記念塔
                         69高級中学校

・7月31日:平壌空港→北京空港→南京空港、南京泊

・8月01日:南京大虐殺記念館・幸存者証言聞取り、南京泊
       大虐殺現場巡り・中山陵

・8月02日:南京空港→大連空港、大連泊
      南京市内視察

・8月03日:大連空港→福岡空港

 ※旅行会社作成の行程案より抜粋

6300
 ( 平成22年と24年夏に実施された大分県教組の海外研修の行程案のコピー。北朝鮮の指導者をたたえる施設などが多数記載されている )



 毎度疑問に思うことなんですが、上朝鮮と日本は国交がありません。

 なのにこうやってチュチェ思想を気軽に学びに行って、無事、帰って来れたと言うことは、

① 往復共に、密入出国

② 日本にいる工作員経由で全て手配して貰っている( or 自らが工作員だから全部自分で出来る )

 さぁ、真相はどれなんでしょう。

 まぁ、考えなくても判りますね。

 将軍さまのOKがなかったら、北へ行くことも、現地での行動も、何にも出来ないことだけは確かなんですから。

 ってことは、大分県教育関係者諸君の中に、明らかに、北の工作員が紛れ込んでいるってことです。

 ですから冒頭記事で、
「今年度は訪朝を取りやめており、県教委の自粛要請が受け入れられたと思っている」とノーテンキなことを仰有ってる県教委の野中信孝教育長ご自身が、工作員であるかも知れない可能性も、ひょっとしたら、充分あリ得えます。

 だって、野中教育長は「ウリは大分県教職員組合とは一切癒着していないニダ」とは一言も、県民に対して身の潔白を主張したことがありません。

 大部分の県民は、現教育長までが、札付きの反日教職員組合とグルではないだろうとは思いたいでしょうが、イヤイヤ、それは大甘だとオジサンは思いますよ。

 仮に、野中教育長が正義の人だったとしたら、今まで何故12回も、慰安婦ツアーを平気で許すことが出来たんでしょう。

 大分県では、反日教職員組合とは一線を画していると思いたがっている自称・良心的教育関係者諸君も、結果的には見て見ぬ振りで、12回の慰安婦ツアー・18回のチュチェ思想体験学習ツアーを黙認してしまっています。

 結句、左右のイデオロギーに関係なく、大分県の教育関係者は全員が「反日売国教師のレッベル張り」をされてしまったところでに、一切、言い訳が効きません。

 ウリだけは違うニダ。

 そんな世界はリアル社会では通用しないことを、教師諸君は、よ~く考えることです。

 そりゃぁ、反日教育が全国でもトップクラスでお盛んな大分県の教員の中でも、せめて100人位は、全うな教師もおりましょう。

 居てもらわなくては、それこそ、困ります。

 学校そのものが回りませんからね。

 でもね、世間なんて、何かコトが起きてしまうと、万事、組織そのものを一緒くたにして見ちゃいますからね。

 雪印さんのケースにしたって、従業員1万人中全員が不正を行っていた訳ではないことは判ってはいても、企業としての雪印を捉えた時、世間は一企業が起した不祥事そのものを許そうとはしません。

 チョウニチ新聞さんも同じです。

 7千人の社員中、健全な精神の持ち主は大勢いらっしゃることでしょう(really?)。

 でも、チョウニチさんのお遣りになってきた最早数え切れない程の日本を貶める捏造記事のことを考えると、もう、「組織そのものを許せない」としか考えらず、理性は吹っ飛んでしまうのです。

 同様に大分県の教育界も、たとえ現在の大分県に立派な教師が腐るほどいらっしゃったとしても、教員採用試験いんちき事件から反日売国教育に至るまで、大分県教育界の闇は、雪印・チョウニチ新聞並みのレベルまで来ているものと第三者の目には映ります。

 故に、彼らの行動をしたい放題、させたい放題にしてきた「見て見ぬ派の良い子ぶりっこ」先生達も、同罪であるとオジサンは断定します。

 特に現時点では、大分県教育界の頂点に立った、現大分県教育委員会教育委員長「
松田順子」姐さんの職務怠慢が一番悪質です。

 
 
< 2014.02.16 インタビュー 教育委員に聞く 松田順子教育委員 >
 http://www.youtube.com/watch?v=8Sd_8VSthlA#t=36

">
  (
現大分県教育委員長 )


 小中高、皆勤、だからどうしたんすか。

 順子姐さんが、小中高と皆勤賞だったからといって、大分県の教育界の不正と反日教育は改善されたとでも仰有りたいんでしょうか。

 そんな良い子ブリッコの自慢話は居酒屋でやって下さい。

 それよりも反日教師を一人ずつ教育委員会に呼びだして、ビシッと、お説教をしなさい。

 こういう時こそ、女の涙で、反日教育をストップして見せなさい。

 貴女、お母さんでもあるんでしょう。

 そんなにも自分の子供が反日教育に染まることが嬉しいんですか。

 そんなにも自分の同僚達が日本を貶めることが嬉しくて嬉しくて仕方がないんですか。

 まぁ、慰安婦ツアーもチュチェ思想学習ツアーも自由奔放に遣らせていた順子姐さんです。

 彼女もまた、反日教組とグルと疑われて当然の人物なのかも知れません。

 扨、次々と産経新聞が暴き立てる大分県教育業界の反日売国活動。

 こうなってきますと、大分県内の拉致被害者の皆さんは、明らかに大分県内の教育関係者の工作員の手を経て、本物の工作員に引き渡されたのかもしれませんよ。

 くわばら、くわばら。


6301


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 拉致の可能性を排除できない事案に係る方々、大分県警察本部 >
 http://www.pref.oita.jp/site/keisatu/fumei.html


今津淳子:大分県佐伯市上浦町出身
 http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/173831.pdf


久保清久:大分県宇佐市出身
 http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/190388.pdf


武石喜八:大分県九重町出身
 http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/173836.pdf


西村三男:山口市内の会社の寮から出勤途中に行方不明
 http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/173838.pdf


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
<↓上記以外、特定失踪者問題調査会、拉致被害者公表分(大分県関連) >
 http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?mode=list


平本和丸、大分県中津市の朝鮮在住時代の友人宅に行き何日か逗留した後、失踪。

平本敏昭、広島県内の小学校教師
 大分県中津市の朝鮮在住時代の友人宅にに9月21日頃まで逗留していたと判明
 兄・和丸を探していた

玉井敏明:大分県別府市で失踪



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
元自衛官 荒谷卓

 北朝鮮工作員侵入・拉致のシミュレーションを終えて

 http://www.yobieki-br.jp/opinion/araya/ara_simu.html

 
このテーマのシミュレーションは、現役時代から取り上げてみたかったものである。

 それ自体は、特殊部隊の訓練としてはあまり意味を成さないが、そのようなシミュレーションを政府関係者あるいは政治家に視覚的に伝えることにより、通常の国家としてなすべき対策を促したかったからである。

 それ自体が特殊部隊の訓練として意味を成さないというのは、日本における潜入・拉致があまりにも簡単すぎるからである。1コ連隊ぐらいががっちりと固める海岸に潜入して、襲撃や破壊工作等直接行動を取るようなシナリオなら訓練になりうるが、完璧に無防備な日本では、訓練の対象になる要素がみあたらない。つまり、侵入・拉致はそれほど容易なことであり、それにさえ失敗をする特殊部隊ではレベルが低すぎる。

 さらには、
国内に極めて多数の協力者が存在し、この者達が侵入から拉致・北朝鮮への輸送を担っているのだから、こちらが主であり、潜入してくるのはお客様みたいなものだ。一般的には、スパイと呼ばれる外国への協力者が野放しである以上、不法侵入も拉致もやり放題である。

 日本の全ての海岸線を不法侵入から物理的に守ることは困難だが、そうした不法侵入者やそれに対する援助者を殺傷あるいは逮捕できる可能性を示すだけで、状況は一変する。つまり、相手にとっては、リスクがゼロである行為が10%のハイ・リスクを負うことになれば、常にそのリスクをカウントしなければならなくなることから、実行は相当に慎重にならざるを得ない。また、そのためには、より高度な訓練や資器材が必要となりコストがかさむことになる。そうなれば、侵入や拉致のコスト・パフォーマンスを計算しなければならなくなる。

 現在は、侵入・拉致あるいはそれに協力する側にとって、リスクも無ければコストもかからない状態だ。失敗しても、全く問題が生ぜず、「次はうまくやろう」といった程度だろう。まずは、この状態を解消しなくてはならない。

 また、これまでの
拉致に加担した国内の協力者を逮捕できれば、何も北朝鮮側の調査を待たなくとも、拉致の事実を決定付けられる。

 政府がやるべきことは、外交上の努力や大々的警備のような大層なことではなく、通常の国家なら何処でも保有している国民の人権を侵害する外国人及び協力者に対する警察当局や自衛隊の領域警備に関する権限の法制化で済むことだ。

 拉致問題解決がかくも国民の支持を得ている今の状況で、これに反対を唱える者は外国勢力の傀儡か協力者であることぐらい誰の目にもわかるだろう。

 とりあえずは、誰が外国勢力の傀儡で協力者であるのかを国民の目前に浮き彫りにするためにも、あらためて「拉致問題解決のためのスパイ防止法」あるいは「拉致防止のための領域警備法」等国会で審議してもらいたい。





2014年9月29日 (月)

Nipponは英語での情報発信をサボリ杉




 
< 首相、国連事務総長に国連改革の協力求める >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140925/plc14092508580010-n1.htm

6295
 
【ニューヨーク=峯匡孝】安倍晋三首相は24日午後(日本時間25日未明)、ニューヨーク市内で国連の潘基文事務総長と会談した。首相は国連安全保障理事会の改革について、「国連を21世紀にふさわしい姿に変えるため、日本が多くの国々と協力してリーダーシップを取っていく」と決意を述べ、協力を求めた。

 両氏は、西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱への対策について、日本と国連が連携していくことで一致した。首相は潘氏に対し、日本政府として追加の支援策を検討していることも伝えた。



 安倍総理が世界大統領パンくんに対して真っ正面から、「日本が国連改革をする」と言い切ったことを産経のWeb記事で読んで、オッ、安倍総理もなかなかやるな、と感心しているオジサンです。

 同様のことを読売は、首相は
「来年は国連創設70周年の節目の年であり、21世紀にふさわしい姿に変えていくため日本がリーダーシップをとっていく」と述べ、国連改革に意欲を示した、と25日のWeb版記事で配信しております。

 ところが、この安倍総理の国連改革への意欲を採り上げているのは、産経・読売の2紙だけで、他はテレビメディアも含め、エボラ熱関連で日本が追加支援することのみしか報道しておりません。

 では、日本以外では、9月24日の安倍・潘会談を報道しているメディアがあるのかというと、ググってみてもこと英語版ニュースでは、安倍・潘会談がヒットしたのは、共同通信英語版のみです。

 それも記事本体ではなく、写真の説明書きとして引っかかったのが1件だけという実に情けない状況です。

 
< 2014.09.24 Kyodo News >
 http://english.kyodonews.jp/photos/2014/09/313595.html

 
Japanese Prime Minister Shinzo Abe (L) meets with U.N. Secretary General Ban Ki Moon in New York, the United States, on Sept. 24, 2014, where he called for Ban's support in reforming the U.N. (画像は、産経が掲載しているものと同一です)
 

 日本の通信社なのに実にアッサリしているというか、単なるアリバイ報道と言うか、肝心な「国連改革に日本がリーダーシップをとっていく」には一言も言及しておりません。

 流石、反日売国通信社だけのことはあります。

 一方、この日の安倍・潘会談、英語版の動画がアップされているかどうかもチェックしてみたのですが、予想通り、1本もアップされていませんでした。

 NHK World News の9月25日英語版が、Youtubeにアップされてましたので、序でにチェックしてみました。

 こちらも予想通り、安倍・潘会談はもちろんスルーでした。

 中朝韓さまのNHKですからそれ自体は想定内なんですが、何と、安倍総理のニュースは確信犯で無視してる癖に、驚く勿れ、千年女王様の国連演説を確信犯で採用しております。(↓0分9秒から )


 
<250914 - NHK World. NewsLine >
 https://www.youtube.com/watch?v=QExQHn9Pf6s

">


 上記動画では、先ず最初に女性アナの声が、「sexual violence」がナンタラカンタラと叫び、次いでNY在住と思しき男性アナが、「comfort women」がウンタラカンタラと喚いてます。


 ( ↓1分8秒から )
6296
 Is he Zapanese ?

 そう言えば、国谷裕子姐さんも、NY駐在契約キャスターが反日稼業の最初のお仕事でしたっけ。

 特亜の皆さまのNHK諸君、明らかに遣り過ぎです。

 チョウニチ新聞が一段落したら、次はきみたちの番だから、愉しみに待っててね。

 それに致しましても、日本の総理大臣の日々の動向を、偏向なしに、捏造なしに、英語で報道するメディアが一社も日本には存在していないのは、大問題です。

 それだけ、普通の日本人が想像している以上に、日本の増すゴミ諸君は汚鮮されちゃってるんでしょう。

 自国の悪口を報道することに疑問すら抱かない日本の増すゴミ諸君。

 一体、きみたちは、この日本をどうしたいのかな。

 恐らく、きみたちの最終目標は、確信犯で、この日本を中朝韓の属国にしたいってことなんだろうけど。

 このまま日本の増すゴミ諸君が、反日売国捏造報道姿勢を続ける限りは、普通の日本人が遂には堪忍袋の緒を切らして、最終的には、日本人 vs. Korean Zapanese の戦いが表面化すると、オジサンは予想しています。

 それを防ぐためには、コトナカレ主義の政治屋諸君たちが、特亜人への甘やかし政策に見て見ぬ振りをしないで、敢然と法治主義に則って対処することです。

 かつ政治屋諸君は、増すゴミ諸君の反日売国捏造報道に対しても、声を大にして糺弾することです。

 そもそも、政治屋諸君が、日本の増すゴミ諸君の反日報道に何ら規制をせずに放ったらかしにしていることに問題があるんです。

 少なくとも、日本の名誉を傷つけている捏造報道に関しては、断固退場を突きつける義務が政治屋諸君にはあります。

 自国の悪口を捏造してまで世界中に報道している増すゴミ機関なんて、日本以外には、存在しません。

 そんなことをする報道人は日本以外では世界中で、即、スパイ認定で国外追放です。

 だってそんなことを許していたら国そのものが持ちませんからね。

 そんな当たり前のことを野放しにしている、日本の政治屋諸君。

 きみたちが遣らないなら民間人がやるまでです。

 きみたちには、チョウニチさんとNHKさんと一緒にご退場して頂くまでのことです。

 チャンネル桜が近々、ネットの英語放送を開始するそうです。

 草莽の皆さんは全力で応援しましょう。

 行く行くは、韓国の英語放送「ARIRANG News」なんか、全く意味のない存在にして差し上げようではありませんか。


 
< 2014.09.24 Arirang News >
 https://www.youtube.com/watch?v=Ri9GINvaTSk


">



2014年9月28日 (日)

野田佳彦くんでは「首脳外交ごっこもどき」さえも無理でした




 2014年9月、国連総会へ出席のため渡米した安倍総理が、いつも通りの意欲的な首脳外交を展開しておられます。


6276
 
Former U.S. Secretary of State Hillary Rodham Clinton, left, thanks Japanese Prime Minister Shinzo Abe for participating in the discussion, "Equality for Girls and Women: 2034 Instead of 2134?" at the Clinton Global Initiative, Wednesday, Sept. 24, 2014, in New York.2014.09.24 UTSanDiego.com


 こちらの女性、見た瞬間は誰だが直ぐには分らなかったのですが、よ〜く見ると、クリントン女史ではないですか。

 彼女の横顔、普段、正面から見ているご尊顔とは、ちょっと違った印象を受けます。

 でも、こちらの写真↓を見ると、やっぱり、いつものクリントンおばさんだ。


 
< ヒラリー・クリントン前国務長官との対談を終え、笑顔で握手する安倍首相=24日、米ニューヨークのホテル >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/140924/plc14092423300024-p1.htm

6277


 2枚とも、旧知の仲と言った感じがストレートに伝わってくるとっても良い感じの写真です。

 お二人とも夫々下心は色々お有りなんでしょうが、先ずは、同じ話し合いの土俵に立つ最低限の信頼関係は構築されている、といったところでしょうか。

 では、前総理大臣の我らがヨシヒコくんとクリントンおばさんとの2ショットは、どんな感じだったのか、見てみましょう。


6278


 さぁ、皆さま、如何です、このヨシヒコくん&クリントンおばさんの表情から、何を読み取りますか。

 何はともあれ、ヨシヒコくんは何故か大照れで、クリントンおばさんの貫録勝ち、と言ったところでしょうか。

 それと、どうみてもイニシアティブは、クリントンおばさんが取っちゃってる感じです。

 これ、一体、どこで撮った写真?

 やっぱり、ヨシヒコくんが訪米したときの2ショットに見えるんですが、なんと、なんと、この写真、舞台は東京なんです。

 画像の掲載元は、" U.S. Department of State "

 説明書きには次のように書かれてます。

 
Secretary of State Hillary Rodham Clinton travels to Tokyo, Japan, to attend the Tokyo Conference on Afghanistan, July 8, 2012.

 要は、2012年7月8日、東京で開催されたアフガン会議に出席するために、クリントンおばさんがヨシヒコくんを表敬した時の2ショットだったんすね。


 
< 2012.07.08 首相動静 >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20120708/p1

 
午前8時33分から同58分まで、ホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」内の宴会場「いちょう」で、クリントン米国務長官が表敬。同9時8分から同47分まで、同ホテル内のコンベンションホールで、「アフガニスタンに関する東京会合」開会式に出席し、あいさつ。


 でもねぇ、どう見ても、主客転倒ですよねぇ。

 なんか、同じ国民として情けないですよ、ヨシヒコくん。

 もっとも、世界大統領のパンくんでさえ、このときのアフガン会議はこんなもん↓ですから、ヨシヒコくんはパンくんに比べたら、多少は、クリントンおばさんに相手にされていたのかも知れません。


6279
 ( 画像出典は、こちら


 その点、ヨシヒコくん自身も、全てに亙ってケンチャナヨのポジティブ思考の持ち主です。

 2012年4月末からの訪米時に、クリントンおばさん主催で夕食会を開催してもらったこともあって(但し、オバマくんには逃げられた)、ヨシヒコくん自身は、クリントンおばさんからの信頼を勝ち得ていると、一方的にホルホル度800%で思い込んでいらっしゃるようです。


 ですが、現実の夕食会の席上でのお二人の2ショットは、目も当てられません。

 ヨシヒコくんが乾杯している最中に、クリントンおばさんはサッサとグラスに口つけちゃってますし、ヨシヒコくんがスピーチしてる時には、「何だこいつ?」みたいな感じで見つめられちゃってますし・・・・。


6280
6281
6282


 バイラテルの首脳外交でこれですから、丁々発止が繰り広げられるG8サミットでのヨシヒコくんの行動様式は知れたものです。

 ( ヨシヒコくん、俯いちゃってます or 居眠り?、画像出典)
6283
 I
n this photo from left to right President Obama, UK Prime Minister David Cameron, German Chancellor Angela Merkel, President Herman Van Rompuy, President Jose Manuel Barroso and Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda

 
 ( 仲間に入れて貰えてないのかなぁ、画像出典
6284


 ( おじゃま虫だったヨシヒコくん )
6285
6286


 ( 仁実夫人も? )
6287
 ( 画像出典は3枚ともこちら


 ( おやおや、ヨシヒコくんがいないぞ、画像出典
6288


 ( ひょっとして頭1/4だけ見えてるのが、ヨシヒコくん?、画像出典
6289



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart G8 Summit 2013 heart


6290
 ( 画像出典はこちら

6291
 ( 画像出典はこちら

6292
 ( 画像出典はこちら


 
Why it Matters for Japan and the World
 https://www.flickr.com/photos/csis_er/15148407897/

6293


 
Big Hug
 https://www.flickr.com/photos/55261084@N02/10932543266/

6294
 
Canadian Prime Minister Stephen Harper and Japanese Prime Minister Shinzo Abeas look on as their wives Laureen Harper and Akie Abe meet at the Parliament buildings in Ottawa on Tuesday, Sept. 24, 2013.



2014年9月27日 (土)

やっぱり本業は「わいせつ行為」だった教師諸君




6272


 つい一週間前に、” えっ、この人達が先生?「教師諸君の犯罪」9月前半の部 ” のタイトルで、日本全国の諸先生方の反社会的行為をアップしたばかりなのですが、一週間経っても、毎日、数え切れないほどの教師諸君の犯罪行為報道の連続で、一向に止む気配がありません。

 ここまできますと、もう、教師諸君を「なになに」先生などと敬称をお付けして呼んで差し上げる理由は、一つもないように思えます。

 これからは堂々と、「なになに」さんだけで宜しいんじゃないでしょうか。

 それに致しましても、この一週間も教師諸君は、相も変わらず己が性欲を抑えることが出来ずに、公然わいせつ行為遣りまくりでした。

 遣りたい放題の代表例は、やはり昨日もお伝えした東京都のこの小学校の校長先生でしょう。

 御年、61才、この道だけは一生涯不滅です。

 それでも懲戒免職にさえにもならないんですから、教師稼業と泥棒稼業とチョウニチ新聞の捏造報道稼業は、一回遣ったら、止められませんな。


 
< 2014.09.18 朝日新聞 >
 http://www.asahi.com/articles/ASG9L5QN0G9LUTIL037.html

 
教員志望の女子大生にキス 小学校長を懲戒処分

 
教育委員会は18日、セクハラ行為を繰り返した区立小の男性校長(61)を停職6カ月にするなど教職員6人の懲戒処分を発表した。いずれも18日付。

 都教委によると、区立小の校長は4~6月、同校を訪れた教員志望の
女子大生を計7回抱きしめ2回キスをし別の女子大生にも秘匿義務のある教員採用試験の資料を見せるなどした。
 

 盗撮も相変わらずです。

 次にご紹介するのは、千葉県の高校教師です。

 こちらは依願退職した分、まだ、マシなんですが。


 
< 写真モデル依頼し元教え子を盗撮、高校教諭を懲戒処分、千葉 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140918/chb14091807010004-n1.htm

 
元教え子の女性に写真撮影のモデルを依頼し、着替えを盗撮したとして、県教育委員会は17日、県立四街道高校の男性教諭(50)を停職3カ月の懲戒処分とした。男性教諭は同日、依願退職した。県教委によると男性教諭は8月17日、東京都内のレンタル撮影スタジオの部屋に自動で起動する小型ビデオカメラを設置し、同高卒業生の女性の着替えを動画撮影したとしている。

 男性教諭は、在校中に授業を担当するなどして交流があった女性に「コンクールに出品したい」と、ポートレート写真のモデルを依頼。着替え中の女性がカメラに気づき、記録媒体を抜いて県警に被害届を出した。男性教諭は軽犯罪法違反容疑で任意で事情を聴かれたほか、自宅や学校の家宅捜索を受けたという。

 男性教諭はこの女性に対して7月にもモデルを依頼し、
着替えを盗撮しようとしたが失敗していたとみられている。県教委の調査に対し、「他人が知らないところを見たかった」と話しているという。


 オジサンが最も不思議に思うのは、フェミおばさまを筆頭に、人権屋諸君や日教組諸君のこの種のわいせつ行為に対する反応です。

 彼らは、あのセクハラの当たり屋・塩村文夏姐さんの「結婚しないのか」セクハラ野次には、この世の終りの如く糺弾した癖に、教師諸君による最たる人権蹂躙であるこの種の公然わいせつ行為には、完全にダンマリです。

 結局、彼らの本性とは、かよわき子供達や女性達がどんなに教師諸君のわいせつ行為の被害に巻き込まれようとも、「ウリたちには全く関係のないこと」で偽善と欺瞞を貫き通せる集団なんです。

 鈴木都議なんか「結婚しないのか」のたったの一言だけで、自民党を追われてしまっているのに、公然わいせつ行為を犯した多くの教師諸君は、依然として、ノウノウと学校の教育現場で生き延びています。

 スンバラシイゾ、教員特権。

 教師諸君、優遇され杉。

 さてさて、上記2例、いずれもわいせつ行為を行った先生の「実名」が公表されていないことに、皆さまはお気付きでしょうか。

 取り分け、女子大生に7回も抱きつき、2回もキスをし、職業上の特定秘密を明かしてしまった61才児の小学校の校長先生は、学校名さえ公表されておりません。

 某区立の小学校とあるだけです。

 かくも優遇されたこの教員特権。

 父兄の皆さまにおかれましては、実名をこの世にさらけ出して、即、懲戒免職処分に追い込まなくては、安心して子供達を学校に通わせることは出来ません。

 毎日が、次は自分の子供が被害に遭う番、と親なら不安を抱くのは当然です。

 ここは、鬼女の皆さまのご活躍に期待致しましょう。

 さらに親御さんたちの不安を掻立てざるを得ないのは、教師諸君は、売春斡旋稼業まで進出なさっていらっしゃることです。


 
< 少女に売春あっせん教諭、懲戒免職 名古屋 >
 http://www.news24.jp/nnn/news86221236.html

 
少女に売春をさせたなどとして逮捕され略式命令を受けた、名古屋市の小学校教諭が22日、懲戒免職になった。懲戒免職になったのは、名古屋市立表山小学校に勤務していた男性教諭(24)。教諭は今年7月、名古屋市中区で少女(当時17)を男(36)に引き合わせ、ホテルで売春させたなどとして先月、逮捕されその後罰金70万円の略式命令を受けた。名古屋市教育委員会は、22日付で教諭を懲戒免職にした。名古屋市教育委員会では今後、信用失墜する行為がないよう徹底していきたいとしている。

6273


 こちらも、何に遠慮しているのか実名報道がなされておりませんが、先月の逮捕時点で、本名は曝されているので、まぁ、良しとしておきましょう。


6274

 
 と、ここまで教師諸君の直近の公然わいせつ事件を追ってきて、ふと思ったことは、事件の実名報道に関して、警察にも、教育委員会にも、増すゴミ諸君側にも、何らの基準が存在していないように感じられることです。

 単純に考えますと、罪の軽さ・重さが、ある種の目安になるのかな、と思わないでもないですが、冒頭の東京の区立小学校の校長先生のケースなんかは、懲戒免職処分にもされず、大甘です。

 この被害に遭遇した女子大生にとっては、塩村文夏姐さんのセクハラ野次被害なんて、比べ物にならないぐらいの肉体的・精神的苦痛だったことでしょう。

 オジサンが思うに、教師諸君の公然わいせつに関する実名報道の有無は結局、管轄の教育委員会がイニシアティブが握れるか握れないかに掛かっているのではないでしょうか。

 根拠レスですけどね。

 と言う訳で、教師諸君の実名報道に関連して、先週・今週と同じ大阪府内で起った、以下2件の教師のわいせつ行為報道を比較してみましょう。


 
< 「男の子に興味があって」中学講師の男、電車内で男子高校生の尻触る痴漢容疑で逮捕、大阪 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140922/waf14092222040032-n1.htm

 
電車内で男子高校生(16)の尻を触ったとして、大阪府警西成署は22日、府迷惑行為防止条例違反の疑いで、大阪府岸和田市春木泉町、堺市立中講師小南健太容疑者(24)を逮捕した。逮捕容疑は、22日午前7時15分ごろ、大阪市西成区の南海本線天下茶屋駅に停車中の電車内で、立っていた通学中の高校生の尻を触ったとしている。

 西成署によると、気付いた高校生が手をつかんで降車させ、駅員に相談した。小南容疑者は出勤中だった。
「男の子に興味があり、目の前で背を向けていたので触った」と容疑を認めている。

 堺市教育委員会の若松正之教職員人事課長は
「勤務態度はまじめだったと聞いている。高い倫理性が求められる教員として極めて遺憾だ」と話している。


 
< わいせつ目的で女性押し倒した疑い 大阪、中学校教諭を逮捕 >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140917/waf14091719000023-n1.htm

 
路上で女性を押し倒し、けがを負わせたとして、大阪府警交野署は17日までに、傷害の疑いで大阪府大東市立中学校の男性教諭(23)を逮捕、17日、強制わいせつ致傷容疑に切り替えて送検した。

 送検容疑は15日午後10時すぎ、わいせつな行為をしようと、枚方市の路上で10代の女性の肩を後ろから押して転倒させ、ひざに擦り傷を負わせた疑い。

 交野署によると、女性との面識はない。警察官が現場近くにいた容疑者を発見し、16日朝に傷害容疑で逮捕したが、取り調べで
「わいせつ目的だった」と認めたため、容疑を切り替えた。

 大東市教育委員会は
「生徒、保護者の信頼を損ねて申し訳ない」としている。


 いずれの教育委員会のコメントも教育者としての良心も義務も責任も、カラッキシ感じられない「ウリの責任ではないニダ」コメントの典型ですが、最初の事例は実名報道で、2番目の報道は実名が全く報道されておりません。

 罪そのものは、圧倒的に後者の方に重さがあると常識的には判断するんですけどね。

 さぁ、この2例、実名報道の有無の違いはどこから派生しているんでしょう。

 以下は、オジサンの勝手な推測です。

① 西成署に逮捕された加害者は、正規の教師ではなく「講師」だったから。

② 一方、交野署に逮捕された被疑者は、正規教員につき、実名を公表すると、生徒・保護者の動揺が激しいから。

③ かつ、今後も教師を務められるように、教育委員会が慮った。

④ 同じわいせつ行為でも、西成署の事件は同性間行為で、センセーショナルだから。

⑤ 同性間の府迷惑行為防止条例違反の方が、異性間の強制わいせつ致傷容疑より重いから。


 真相は一般人には全くもって薮の中ですが、教育委員会の皆さま、「高い倫理性が求められる教員として極めて遺憾だ」とか「生徒、保護者の信頼を損ねて申し訳ない」とか本気で思っておられるのなら、実名報道をする・しないで差別( or 区別)することに、何ら意味も価値もないとお考えにはなりませんか。

 大切なのは、教師諸君&教育委員会諸君全員が、生徒と保護者から信頼される存在になることしかないのですが、「公然わいせつ行為」と「反日教育」が本業の彼らに、そんなこと求めること自体が無理というものなんでしょう。


6275


 最後に昨日のできたてホヤホヤのニュースをご覧下さい。

 教師諸君の本業は、わいせつ行為。

 愈々、冗談では済ませられなくなって参りました。


 
< 盗撮にセクハラ…横浜・川崎市教委が4教諭処分 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140926/kng14092607090003-n1.htm

 
横浜市教委と川崎市教委は25日、盗撮やセクハラ行為などがあったとして、中学校の教諭ら4人を同日付で解雇や停職などの懲戒処分とした。

 横浜市南区の市立中の男性非常勤講師(26)は5月30日未明、同市保土ケ谷区内の路上で、歩いて帰宅途中の女性に抱きつき、上半身を触るなどしたとして8月5日に
強制わいせつ容疑で保土ケ谷署に逮捕され、懲戒解雇された。「仕事のストレスがたまっていた」と容疑を認めている。同月20日に示談が成立し釈放された。

 同市戸塚区の市立中の男性教諭(27)は4月23日夜、京急上大岡駅構内で女性の
スカート内をスマートフォンで盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反容疑で港南署から取り調べを受け、停職6カ月の処分。男性は依願退職した。

 また、同市南区の市立中の男性教諭(40)は6月、他校とのテニス練習の際、他校の女子生徒にニックネームを付けて呼んだり、自分の名前と携帯電話の番号を書いたメモ用紙を渡すなどの
セクハラ行為を行ったとして停職3カ月とした。

 一方、川崎市中原区の市立中の男性教諭(31)は7月26日深夜、横浜市神奈川区内の路上で男性会社員2人を殴ったなどとして
暴行容疑で神奈川署に逮捕され、減給1カ月(10分の1)の懲戒処分を受けた。



2014年9月26日 (金)

セクハラの当たり屋・塩村文夏姐さんはタダ騒ぎたいだけ




6267


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 22日付の読売新聞によりますと、厄介極まりないアヤカ姐さんが問題提起したセクハラ野次問題、まだ揉めてるんだそうです。

 まぁ、健全な社会感覚から申しますと、もう野次そのものの問題意識は希薄で、フェミ系おばさま達が「セクハラ」の一点で、殊更、騒ぎを大きくしているだけなのはミエミエです。


 
< 都議会ヤジ、批判再燃…「基本理解していない」 >
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140922-OYT1T50067.html

6268

 
今月17日夜、都議会近くのビルで「議会での性差別をなくすには」と題する集会が開かれた。前日には、男女参画議連の会長に就任したばかりの野島善司都議(65)(自民)が「(私的な場であれば)『結婚したらどうだ』と、僕も言う」と発言。集会では、その発言への非難が相次いだ。

 集会には、6月の議会で「早く結婚した方がいいんじゃないか」とのヤジを受けた
塩村文夏都議(36)も参加。塩村都議は「都議会で、セクハラについて勉強会や研修は絶対必要。思っていた以上に根深い問題だ」と述べた。

 集会を企画した東京経済大の
渋谷知美准教授は、「私的な立場でもセクハラに当たるという基本を理解していない。こうした認識のままでは、議会での性差別をなくすのは不可能だ」と指摘する。(一部抜粋)


 推定42才児の渋谷知美姐さんとはこんなお方です。

 上野千鶴子御大と対談をしていらっしゃる時点で、お里は知れてますね。


6269
 ( 画像出典はこちらから )


 上記ブログをチラ見してみますと、対談のテーマは、「男(の子)に生きる道はあるか?」

 口では男女共同参画をお題目にしてるフェミおばさま達ですが、これこそ、「男性差別」そのもの、もう、確信犯で「男」を見下し、馬鹿にしてます。

 仮に、相手に屈辱や不快感を感じさせるような性的言動を行うことが「セクハラ」の定義の一つであるとしたなら、「議会での性差別をなくすには」なる集会を企画した渋谷知美姐さんこそが、紛れもない本物のセクハラの加害者として、糺弾されてしかるべきです。

 差別の被害者を声高に叫んでいる集団こそが、リアル社会では加害者を演じているのは衆知の事実です。

 民団・朝鮮総連・解同・沖縄左翼・アイヌ協会・フェミ軍団(以下略)。

 アヤカ姐さんも、外国人特派員協会で「日本は世界一の女性差別大国」を世界中に広めてしまったことを考え併せますと、彼女がどう詭弁を弄しようとも、800%、被害者と加害者の両方を演じ切っていると断定して、全然構わないでしょう。

 アヤカ姐さんのお遣りになったことは、チョウニチ新聞の捏造報道と本質は、完璧に同じです。

 要は、アヤカ姐さんも、何が何でも、日本を貶めたくて仕方がないんです。

 そうではないと言い張るのなら、アヤカ姐さんは、「日本は世界一の女性差別大国」と世界中に拡散してしまった罪を、日本人男性60万人の一人一人に対して謝罪すべきです。

 アヤカ姐さんが日本人男性60万人に押付けた差別の冤罪を、私達日本国民は、決して許してはなりません。

 都議会でのセクハラ野次問題は、都議会内で先ず解決の収束を図るべきであり、そのツケを1億2千万人日本国民にストレートに押付けられてしまったのでは、たまったものではありません。

 自分の職場内で起ったセクハラ事件なのに、さも日本全体がセクハラ大国であるかのように問題をすり替えてしまっているアヤカ子姐さんとフェミ軍団。

 彼女達は、もはや、プロの必殺セクハラ冤罪仕掛け人以外、何者でもありません。


 彼女達は、間違いなく確信犯で、コレで飯を喰っています。


 「都議会で、セクハラについて勉強会や研修は絶対必要。思っていた以上に根深い問題だ」 by 塩村文夏


 だったら、口だけではなく、今直ぐお遣りなさい。

 セクハラ野次問題から、一体、何日経ったんですか。

 もう、あれから、3ヶ月ですよ。

 その間、アヤカ姐さんがお遣りになったことは、瞬間芸で、世界中に「日本は世界一の女性差別大国だ」をお広めになったことと、ひたすら、加害者を冒涜し、ひたすら被害者を演じ切ることで、セクハラの当たり屋特権を享受したことだけです。

 アヤカ姐さんが本気でセクハラ問題をお考えになっていらっしゃるのなら、先ず第一に、貴女がお遣りになるべきことは、2014年6月18日都議会で起きたセクハラ野次発言の事実関係を明確にすることです。

 
 
< 2014.08.20 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140820/tky14082002000001-n1.htm

 
都議会やじ 他の発言者特定できず みんな「声紋鑑定は困難」

 
都議会のセクハラやじ問題で、「早く結婚した方がいい」などのやじを受けた塩村文夏都議(36)が所属する会派「みんなの党」は19日、他のやじの発言者特定のため専門機関に依頼していた声紋鑑定について、「技術的に困難だとの回答を得た」と発表した。

 同会派は「産めないのか」といった不規則発言もあったとして、問題となった6月の定例会後に鑑定を依頼。8月に入って、発言時間が短く、雑音が多いことから、特定は難しいとの返答があったという。



 上記の報道に対しても、アヤカ姐さんは未だに何の声明も出しておりません。

 都議会議員の諸君、問題がセクハラだからと言って萎縮してはいけません。

 事実は事実としてキチンと検証なさい。

 少なくとも、この声紋鑑定を依頼した専門機関とはどこなのか。

 1社だけではなく、何ヶ所にも同じ鑑定を依頼したのか。

 具体的に「技術的に困難だとの回答を得た」は、何を意味するのか。

 特定できなかった理由は何か。

 結局、「産めないのか」発言は、そもそも初めからアヤカ姐さんの作り話ではなかったのか。

 セクハラ全体の問題と、「産めないのか」野次が有ったのか無かったのかは、次元の違う問題です。

 チョウニチ新聞の南京大虐殺・慰安婦強制連行・吉田調書捏造報道と同じで、アヤカ姐さんのセクハラ問題は、その大部分が、アヤカ姐さんの一方的言い分に過ぎません。

 当然、都議会運営者サイドからの、アヤカ姐さんに対しての主体的な
「反対尋問」があってしかるべきです。

 日米近現代史家の渡辺惣樹さんが、慰安婦問題で次のように仰有ってます。


 
「反対尋問」とは、彼女たちの人格を否定する作業ではない。証言に矛盾はないか、嘘がないか、伝聞証言ではないか。そうしたことを厳格にチェックするプロセスである。

 この問題に挙証責任(burden of proof)があるのは韓国側である。日本にはない。したがって、韓国側が提出する証拠を吟味し、証言に対してはその証言者に「反対尋問」するだけでよい。こちらから「なかった証明」などしなくてよい。それをしたかったらすれば良いがその行為はあくまで外交的配慮であって、日本には挙証責任はない。それが大原則である。「売春婦」ではなく「性奴隷」であったと訴えたければ、挙証責任はあくまでそれを主張する女性の側にある。


 ( 出典:雑誌「正論」2014年1月号、拙ブログ2014.07.26付記事にて記載 )


 これをアヤカ姐さんのケースに当て嵌めますと、都議会の現状は、セクハラと聞いただけで議員全員が恐れをなしている状態で、事実関係の検証作業を全く実施しておりません。

 アヤカ姐さんの言い分が、そっくりそのまま、通っちゃってます。

 これは、韓国側の慰安婦の虚偽の主張だけがウン十年も罷り通っている状況とソックリ同じです。

 少なくとも声紋鑑定が特定できなかった事実関係を明確にするためにも、都議会は、アヤカ姐さんの反対尋問を実施すべきなのです。

 いつまでも情緒と感情だけで問題を有耶無耶にしてはなりません。

 日本人男性60万人の名誉が、アヤカ姐さんの一方的な記者会見によって、世界中で傷つけられてしまったんです。

 アヤカ姐さんには、一生涯かけて、この責任をお取りになって頂かなければなりません。

 都議会の問題を、意図も簡単に日本人男性全体の問題として転嫁したアヤカ姐さんの罪は重い。

 と、オジサン一人がシャカリキになっても、アヤカ姐さん、聞く耳は一切お持ちでないようですし。

 おまけに、権利ばかりを主張するだけで、モラルも良心も責任感も義務感も、もちろんお持ちではないようだし。

 結局、不甲斐ない政治屋諸君のお蔭で、フェミ利権が益々幅を効かす「言論弾圧の世界」が一層強化されるんでしょうな。



> 早く結婚した方がいいんじゃないか

 職場やオフィシャルの場で面と向ってはマズイんでしょうけど、リアルのプライベート社会では、世界中どこでも、お互いを理解している者同士の間柄では、こんなこと普通に会話の中に出て来る言葉だと、オジサンは思ってるんですけどね。

 アヤカ姐さん、親が息子や娘に、「早く結婚しなさい」って言っちゃ、いけないの?

 言ってはいけない、理由は?

 本当に、言っただけでも、セクハラなの?

 だったら、アヤカ姐さんの主張は、明らかな言論弾圧だ。

 だったら、アヤカ姐さんは、他人の意見を絶対認めようとはしない超危険人物だ。

 ところで、アヤカ姐さん、セクハラって、何なの?

 日本語で、具体的に、言ってみてご覧よ。

 借物の言葉ではなく、貴女自身がお考えになった自分自身の言葉で、国民に向かって説明してみて下さいな。

 全日本人男性にセクハラ冤罪を押付けた貴女には、「産めないのか」発言の有無も含めて、説明責任があるんですよ!

 いやはや、アヤカ姐さんのお蔭で、実に窮屈な世の中になってしまったもんだねぇ、この日本も。

 またまた、女の涙が大勝利。

 女性は強いねぇ。


6270


 ねぇねぇ、アヤカ姐さん、女性のセクハラ問題で貴女がそんなに頭にきているのなら、次のような事件は、何故、アヤカ姐さんは、都議会議員として率先して「糺弾」しないのかな。

 セクハラ野次問題より、こちらの方がコトの重大さは、遙かに深刻だとオジサンは思うんだけど。

 貴女がこの問題に関して何にも騒いでいらっしゃないところを見ると、アヤカ姐さんってヤッパリ、アッチ系なのかな・・・・。


 
< 2014.09.18 朝日新聞 >
 http://www.asahi.com/articles/ASG9L5QN0G9LUTIL037.html

 
教員志望の女子大生にキス 小学校長を懲戒処分

 
教育委員会は18日、セクハラ行為を繰り返した区立小の男性校長(61)を停職6カ月にするなど教職員6人の懲戒処分を発表した。いずれも18日付。

 都教委によると、区立小の校長は4~6月、同校を訪れた教員志望の女子大生を計
7回抱きしめ、2回キスをし、別の女子大生にも秘匿義務のある教員採用試験の資料を見せるなどした。(一部引用)


 へぇ〜、7回抱きしめ、2回キスして、秘密情報を洩らしても、馘にならないんだ。

 遣り得ですな〜。温情主義で、誠に結構なことです。

 61才?

 都の校長先生って、定年は60じゃないの?


 
< 東京都教職委員会:教職員の主な非行に対する標準的な処分量定 >
 http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/kizyun.htm


・職場におけるセクシュアル・ハラスメント

 
地位を利用して強いて性的関係を結び若しくはわいせつな行為をした場合 → 免職・停職

・一般の者に対する性的行為等

 
性的な身体接触、性的な発言等の、わいせつ性が認められる言動 → 停職・減給・戒告


6271



2014年9月25日 (木)

安倍晋三 vs. 野田佳彦「国連総会出発日当日スケジュール」編




 
安倍首相、国連総会出席でNYへ出発「国連、21世紀にふさわしい形に」 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140922/plc14092211100007-n1.htm

6261


 
< 2014.09.22(月)首相動静 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014092200048

・午前9時15分、私邸発。42分、羽田空港着。

・9時51分から53分まで、報道各社のインタビュー。

・10時17分、国連総会出席のため、昭恵夫人とともにニューヨークへ向け政府専用機で同空港発。



 
< 2013.09.23(月)首相動静 >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20130923/p1

・午前9時15分、私邸発。30分、皇居着。秋季皇霊祭・神殿祭の儀に出席。

・午前11時16分、皇居発。35分、私邸着。

・午後4時10分、私邸発。38分、羽田空港着。

・4時47分から同50分まで、報道各社のインタビュー。

・5時17分、国連総会出席などのため、昭恵夫人とともにカナダ、米国に向け政府専用機で同空港発。


6262
 ( 画像出典:2013.09.23日経新聞


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
heart 我らがヨシヒコくんの場合 heart


 
< 2012.09.24(月)首相動静 >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20120924/p1

・午前9時31分、公邸発。32分、官邸着。33分、執務室へ。

・9時40分、森本敏防衛相、長島昭久首相補佐官が入った。

・9時54分、森本、長島両氏が出た。

・9時55分から10時7分まで、河相周夫外務事務次官。

・11時43分から48分まで、池田克彦原子力規制庁長官。

・午後0時2分、執務室を出て首相会議室へ。

・0時22分、首相会議室を出て執務室へ。

・0時49分、執務室を出て、50分、官邸発。

・0時54分、民主党本部着。安住淳財務相ら党新役員の呼び込み。

・1時46分から同48分まで、報道各社のインタビュー。

・1時50分、同所発。52分、官邸着。53分、執務室へ。

・2時46分から3時13分まで、岡田克也副総理。

・2時21分から35分まで、米村敏朗内閣危機管理監。

・2時55分から4時18分まで、手塚仁雄首相補佐官。

・4時19分から30分まで、藤村修官房長官。

・4時31分、執務室を出て、32分から34分まで、報道各社のインタビュー。

・4時35分、官邸発。55分、羽田空港着。

・5時21分、国連総会出席のためニューヨークへ向け政府専用機で同空港発。


 ( 2012.09.25 産経新聞朝刊から )
6263


 
< 2011.09.21(水)首相動静 >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20110920/p1

・午前8時26分、同宿舎発。30分、官邸着。32分、執務室へ。

・8時41分、執務室を出て、42分、大会議室へ。

・8時43分から54分まで、予算編成に関する閣僚委員会。

・8時55分、同室を出て閣僚談話室へ。9時1分、同室を出て閣僚応接室へ。

・9時2分、閣議室に移り、閣議開始。24分、閣議終了。

・9時25分、同室を出て、26分、大会議室へ。

・9時27分、新型インフルエンザ対策閣僚会議開始。41分、同会議終了。

・9時45分、同室を出て小ホールへ。

・9時46分、月例経済報告関係閣僚会議開始。10時20分、同会議終了。

・10時21分、同ホールを出て、23分、大会議室へ。

・10時24分、経済情勢に関する検討会合開始。37分、同会合終了。

・10時38分、同室を出て、39分、執務室へ。

・10時46分から11時まで、平野達男復興担当相。

・11時27分、安住淳財務相、財務省の勝栄二郎事務次官、真砂靖主計局長が入った。40分、全員出た。

・11時47分、執務室を出て特別応接室へ。

・11時48分から58分まで、鶴田欣也全国中小企業団体中央会会長。藤村修官房長官同席。

・11時59分、同室を出て執務室へ。

・正午から午後0時10分まで、玉木林太郎経済協力開発機構(OECD)事務次長。

・0時18分、執務室を出て首相会議室へ。

・0時22分、末松義規、手塚仁雄、長島昭久、本多平直、水岡俊一各首相補佐官が入った。

・0時38分、長島氏が出た。43分、全員出た。44分、同室を出て執務室へ。

・2時4分、執務室を出て首相会議室へ。

・2時5分から3時12分まで、山口壮外務副大臣、長島首相補佐官、別所浩郎外務審議官、岡田秀一経済産業審議官、木下康司財務省国際局長らとの国連総会に向けた事前勉強会。13分、同室を出て執務室へ。

・3時14分から22分まで、長島首相補佐官。

・3時40分、執務室を出て南会議室へ。

・3時41分から52分まで、福島県広野町議会による要望。末松首相補佐官ら同席。

・3時53分、同室を出て、54分、執務室へ。

・4時20分、執務室を出て、同21分、特別応接室へ。

・4時22分から51分まで、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビュー。

・4時52分、同室を出て執務室へ。

・5時1分、執務室を出て大会議室へ。

・5時2分、東日本大震災復興対策本部会合開始。27分、同会合終了。

・5時28分、同室を出て、29分、執務室へ。

・5時30分から37分まで、鹿野道彦農林水産相。

・6時から10分まで、竹歳誠官房副長官。

・7時28分、執務室を出て、29分から31分まで、報道各社のインタビュー。

・7時32分、官邸発。54分、羽田空港着。

・8時23分、ニューヨークでの国連総会出席などのため、政府専用機で同空港発。



6264
 ( 画像出典:2011.09.20 asahi.com


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ヨシヒコくんの「外遊出発日当日」の現役総理時代のお仕事ぶりって、すんごかったんですねぇ。

 まさに、分刻み。

 とくに、2011年の初めての国連総会出発日当日なんて、なんと、述べ19人のお歴々にお会いし、6つの会議と1つの勉強会と2つのインタヴューをこなしていらっしゃいます。

 すんばらし〜ゾ、ヨシヒコくん。

 こんなに出発日当日も朝から晩までお働きになったら、現地に到着した途端に、既に疲労困ぱいなんてことはなかったのかなぁ。

 まぁ、ヨシヒコくんの場合は、総理時代は土日は殆どが完全休養日でしたから、その点は心配はなかったのかも知れません。

 このヨシヒコくんの外遊日当日の過密スケジュールに関しては何度もアップしてますが、オジサンの民間会社の経験知から致しますと、お仕事の伎倆が劣る方ほど出発日当日はドタバタしている傾向があるように思えます。

 できる男は、当日は極力余計な仕事は入れないで、すんなり直接空港に向かいます。

 取り分け、海外出張のケースはね。

 だって乗り遅れたら大変ですし、そんなことになったら、却て、現地に迷惑がかかるでしょう。

 もっともヨシヒコくん的には、どうせ政府専用機なんだから多少時間がズレ込んでも、ケンチャナヨ?

 でも、アッキーも、本当にご苦労様。

 仁実夫人なんか、ほぼ、引き籠り状態だったもんねぇ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6265
 ( Palacio Nacional, Ciudad de México. 25 de julio de 2014 )
 

6266

 ( at Akasaka Palace in Tokyo, Japan, April 24, 2104 )



2014年9月24日 (水)

"Modi goes to Japan" vs. "Xi Jinping visits India"




 
< 2014.09.01 The Washington Post >
 http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2014/09/01/modi-goes-to-japan-takes-an-indirect-swipe-at-china/

 
NEW DELHI ― Indian Prime Minister Narendra Modi loves all things Japanese.

 The bonhomie between Modi and his “old friend” Shinzo Abe, the Japanese prime minister, was evident during his five-day visit that began Saturday. The two inked business deals and pledged to upgrade defense cooperation. Modi played flute with schoolchildren, attended the traditional tea ceremony and prayed at Buddhist temples.

 But Modi also went a step further. On Monday, he took a dig at China while on Japanese soil, without quite mentioning China.

 He said there are two streams in this world: one is the path of expansionism and the other is of development.

 “Today we are seeing all around us the 18th-century-style expansionist attitudes like encroaching some country and occupying it, intruding into the seas. That’s the mentality,” Modi said at a luncheon meeting with Japanese business leaders, in a veiled reference to China's growing territorial claims in the region. “This kind of expansionism can never ensure welfare of people.” (中略)

 This month, Chinese President Xi Jinping will visit India to engage with Modi’s new government.

 Modi is not the first Indian leader who has played on the Japan-China dynamics.

 Visiting Tokyo amid border tensions between New Delhi and Beijing last year, then-Prime Minister Manmohan Singh said that India and Japan are “natural and indispensable partners” in the pursuit of a “peaceful, stable, cooperative and prosperous future for the Asia-Pacific and Indian Ocean regions.”

 But Modi’s special admiration for Japan also means that he will take a personal interest in boosting business. He promised to set up a special coordination team in his office to boost Japanese investment, and he invited Tokyo to nominate members to the team as well.


6244
 ( Indian Prime Minister Narendra Modi enjoys a cup of green tea next to Japanese Prime Minister Shinzo Abe in Tokyo.  )



 
heart インド・モディ首相、来日、写真集(8/31-9/3) heart
  
 *出典:bing画像検索から


6245
6246
6247
6248
6249
6250
6251
6252


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
< Chinese President Xi Jinping visits India(9/17-19) >
 http://www.washingtonpost.com/world/chinese-president-xi-jinping-visits-india/2014/09/18/17c634f6-3f3b-11e4-9587-5dafd96295f0_gallery.html

6253
6254
6255
6256
6257
6258
6259
6260


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 「中国は隣国と協調を」 印モディ首相が批判 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140921/asi14092122060003-n1.htm

 
インドのモディ首相は、米CNNが21日放映した独占インタビューで「中国は孤独ではいられない。隣国と協調しなければならない」と指摘し、東・南シナ海をめぐる周辺国との対立や、中印間の領土問題を念頭に、中国を批判した。

 モディ氏は「現代は相互依存の時代だ。インドは中国が国際法に従うと信じている」と述べ、過度の脅威論にはくみしない考えを明らかにした。

 中国と同様の経済成長が達成可能かと問われ「インドには無限の才能と能力がある。私には明確なロードマップがある」と景気減速から高成長に再び導けるとの自信を示した。
(共同)


 
< Indian PM Narendra Modi: Understanding an enigma >
 http://edition.cnn.com/2014/09/21/world/asia/india-narendra-modi-interview/


 
< On GPS Can India become the next China September 19, 2014 >
 http://www.youtube.com/watch?v=bphaBCe9lQs


">



2014年9月23日 (火)

安倍首相、還暦、おめでとうございます




6238


 
< 2014.09.21(日)、安倍日誌 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140922/plc14092207000004-n1.htm

 
【午前】公邸で過ごす。

 【午後】1時33分、公邸発。

・47分、東京・港南の品川インターシティホール着。

・2時5分から26分、第10回公明党大会に出席し、あいさつ。27分、同所発。

 ( 公明党全国大会に来賓として駆けつけた安倍晋三首相に、60歳の誕生日を祝う花束が贈られた )
6239
 ( 画像出典:2014.09.21 msn産経


 heart 還暦の安倍首相「気持ちは40代」 heart
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014092100149

 安倍晋三首相は21日、60歳の誕生日を迎えた。
(中略)一方、昭恵夫人は自身のフェイスブックに、ワイシャツとネクタイ姿で赤いちゃんちゃんこを羽織った首相の写真を掲載した。


・52分、東京・神南のNHK着。国際放送番組収録。3時31分、同所発。

・44分、公邸着。

・4時5分から15分、ロシアのプーチン大統領と電話会談。菅義偉官房長官、加藤勝信、世耕弘成両官房副長官同席。

・29分、公邸発。45分、東京・富ケ谷の私邸着。

・7時5分、私邸発。
22分、東京・丸の内のパレスホテル東京着。ラウンジバー「プリヴェ」で昭恵夫人や友人と食事。


 ↑オジサンでも充分行けるお値段みたいです。( ラウンジバープリヴェ

・9時4分、同所発。22分、私邸着。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 安倍・プーチン、電話会談 >
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140921-OYT1T50105.html?from=ycont_top_txt

 
安倍首相は21日夕、ロシアのプーチン大統領と約10分間、電話会談した。

 プーチン氏が早期の首脳会談の実現に意欲を示したのに対し、首相は、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせた会談を提案した。両首脳はウクライナ情勢について意見交換し、日露間の対話を継続していく方針で一致した。

 日露首脳が電話も含めて会談するのは、2月のロシア・ソチ五輪開会式に合わせて首脳会談を行って以来で、3月のロシアによるウクライナのクリミア半島編入後は初めて。21日は首相の60歳の誕生日で、ロシア側から「誕生日のお祝いがしたい」と電話会談の要請があった。

 2月の首脳会談で、日露両政府は今年秋のプーチン氏の来日で合意した。その後、ロシアのウクライナ情勢への介入を欧米が強く非難し、7月のマレーシア航空機撃墜に親ロシア派勢力の関与が疑われていることもあり、
ロシアの孤立は決定的となっている。

6240
 ( ↑出典:2014.09.22 読売新聞


 昨年10月のバリ島で行われたAPECでの日露首脳会談では、安倍首相がプーチンくんの61才の誕生に際して、日本酒とぐい飲みをプレゼントなさっております。


 
< 2013.10.08 毎日新聞(リンク切れ)>

 
安倍晋三首相は7日夜(日本時間同)の日露首脳会談で、プーチン大統領が同日、61歳の誕生日を迎えたことを祝い、山口県の日本酒「獺祭(だっさい)」と萩焼のぐい飲みを贈った。プーチン氏は「この酒器を使って必ずこの酒を飲み干すことを約束したい」と喜んだ。


 この時のAPEC全体での、プーチンくんの誕生日祝いが、Youtubeにアップされてます。


 
< プーチン大統領に「ハッピーバースデー」、APEC会場で >
 http://www.youtube.com/watch?v=NIVvWmKD3M4

">


 千年恨みます女王様、完全に浮いちゃってますねぇ。

 それにつけても、女王様のファッションセンス、なんとかなりませんか。

 お洋服のお色は、緑のオバサマこと嘉田由紀子姐さんにクリソツ。

 見た目は、これまた、瑞穂たんと清美姐さんにクリソツ。

 まぁ、どうでもいいことなんですけどね。


6241


 でも、ウクライナ情勢で世界中が混迷度を増しつつあるこの時期に、安倍さんが首相で本当に良かったです。

 我らがヨシヒコくんだったら、プーチンくんから電話がかかっってきただけで、間違いなく電話に出ることを拒否し、雲隠れしちゃってたでしょう。

 だって、ヨシヒコくん、プーチンくんには怯え切っちゃってますからね。( 2014.03.24 野田よしひこ瓦版No.944

 それに、現役時代には、こんな疑惑もありますし。


 
< 野田佳彦の「プーチン電話会談はなかった」疑惑 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-ceb3.html


 所詮、いつでもどこでも、虚勢ばかりの小心者のヨシヒコくんには、外交ごっこもどきでさえ無理だったんです。

 いわんや、経済政策なんて高等な政治は、ヨシヒコくんになんか出来っこありません。

 ヨシヒコくんだったら消費税を8%に引上げた時点で、日本はヨシヒコくんの思惑どおりに沈没していたでしょう。

 そして、日本の利益はそっくりそのまま、中朝韓に吸い尽くされていた。

 ねぇねぇ、ヨシヒコくん、きみが現役首相時代の482日間、円ドル相場はおいくらだったか覚えていらっしゃるかな。

 きみは、この間、日本のモノづくりの生産現場が何万社倒産の憂き目に会い、何万社がリスク回避から日本を出て行ったか、ご存知かな。

 なに?、ウリに責任はないニダ、だってぇ。

 まぁ、そうだろうねぇ。

 普通の平均的な日本人でさえ、ヨシヒコくんには、ヒトとしての良心も責任感も一かけらもないことは、知れ渡っていますからねぇ。

 ヨシヒコくんは、福島の再生なくして日本の再生なし、と仰有ったことさえお忘れでいらっしゃる。

 それが証拠に、首相強制解任後、ヨシヒコくんは福島どころか、東北の被災地にさえ足を踏み入れたことがございませぬ。

 まぁ、余生は、たっぷり蓄財した特亜からのブラックマネーで、ジミンガー&アベガー&ニホンガー&ニホンジンガー&イアンフガー&ナンキンダイギャクサツガー(以下略)に、思う存分、お励みなさって下さいませ。

 お天道さまのヨシヒコくんへのお裁きの日は、間違いなく、近い。


 
< 2014.09.19 産経新聞朝刊から >

6242

6243


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後に日本の増すゴミ諸君の対露報道に関して一言。

 上記読売新聞も、「ロシアの孤立は決定的になっている」とお書きになってらっしゃいますが、もう、笑っちゃうほど日本の増すゴミ諸君は、チョウニチさんから産経さんに至るまで、オール大政翼賛会でまとまっちゃってます。

 これって、中朝韓が「日本は世界から孤立している」との口調と、モロそっくりです。

 完全な米国のプロパガンダに徹し切った報道姿勢です。

 それでいて、増すゴミ諸君はウクライナはもちろんのこと、ロシアの現地情勢をつぶさに自身の目で確認した上で、記事を書いている訳では決してありません。

 最初から結論ありきで書いているんです。

 そう、その構造は、チョウニチさんの南京大虐殺、百人斬り、慰安婦強制連行、吉田調書と、明らかに何の違いもありません。

 その点では、ことウクライナ問題に関する限り、今、チョウニチさんを攻撃している産経さんも読売さんも所詮は賎業でしかなく、他社を批判できる程の公明正大なる正義は一かけらも有してはおりません。

 海外の報道に接したりしていると、ウクライナ問題、ロシアだけが悪と見なすのは、かなり危険です。

 むしろ、必殺仕掛け人であるアメリカの悪を見すえた上でリアルポリティックスを論じない限りは、真の姿は見えてこないとオジサンは感じています。


 2014.09.08 チャンネル桜放映
 
ウクライナ危機、国連の虚像、地球儀外交
 http://www.youtube.com/watch?v=4q7tumqcrI0&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

">





2014年9月22日 (月)

セクハラの当たり屋、塩村文夏姐さん、毎日が高笑いの日々




6236


 62才児の渡辺喜美くんと50才児の浅尾慶一郎くんのお二人が、予定調和の内ゲバで、再分裂の危機を迎えつつあるみんなの党。

 揉めてる原因は、「アヤカ姐さんの分捕り合戦」だとか。

 へぇ〜、アヤカ姐さん、美人局もプロだったんだ.

 Your Party、きみたち、確か僅か3ヶ月前は、セクハラ野次の声紋鑑定をするとシャカリキになってましたよねぇ。( 2014.06.24 msn産経

 でも、1ヶ月前にこっそり、こんないい加減な声明を出しちゃってます。


 
< 2014.08.20 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140820/tky14082002000001-n1.htm

 
都議会やじ 他の発言者特定できず みんな「声紋鑑定は困難」

 
都議会のセクハラやじ問題で、「早く結婚した方がいい」などのやじを受けた塩村文夏都議(36)が所属する会派「みんなの党」は19日、他のやじの発言者特定のため専門機関に依頼していた声紋鑑定について、「技術的に困難だとの回答を得た」と発表した。

 同会派は「産めないのか」といった不規則発言もあったとして、問題となった6月の定例会後に鑑定を依頼。8月に入って、発言時間が短く、雑音が多いことから、特定は難しいとの返答があったという。

 同会派では「発言者が名乗り出なかったのは残念だが、議会活動を通じて、都議会改革と女性政策の充実に力を尽くしたい」と話している。



 この結果を受けて、政治屋諸君や増すゴミ諸君や人権屋諸君が、何らかのリアクションを当然なさるものと思っていたら、みんながダンマリ戦術です。

 アヤカ姐さん、大勝利ニダ。

 ひたすら、セクハラ被害者を演じ切り、

 ひたすら、加害者をタタキ、

 ひたすら、日本人男性6千万人の女性しゃべちゅを世界中に告げ口し、

 ひたすら、都議会の足を引っ張り、

 ひたすら、男性の嫌みを言う。

 でも一度も、セクハラの抑止策は、なぁ〜んにも語らなかった。

 すんばらし〜ゾ、アヤカ姐さんのこの良心なき無責任さ。

 アヤカ姐さんは、女性の嫌みな部分を、確信犯で全てさらけ出した。

 凄いゾ、アヤカ姐さん。

 この調子で、保育園児以下の都議会議員ごっこもどき、もっともっと、頑張るんだ。


 
heart セクハラの当たり屋アヤカ姐さん、その後のスンバラシイ成果 heart


 2014.09.19
 
「女性は本当に必要か」発言町議、問責決議可決
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140919-OYT1T50024.html

 
女性蔑視発言やセクハラ行為があったとして、群馬県大泉町の女性町議が18日、男性町議に対する問責決議案を町議会に提出し、6対5の賛成多数で可決された。

 男性町議は発言内容をおおむね認めたが、「女性を蔑視した覚えはない」と説明した。決議案を巡っては議会が紛糾して何度も中断し、傍聴席の町民から「何をやっているんだ」と怒りの声が渦巻いた。



 2014.09.17
 「結婚したら」発言の都議、会長留任に批判噴出
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140917/lcl14091723150004-n1.htm

 
東京都議会自民党の野島善司都議が17日、自身の「結婚したら」発言を謝罪する一方、男女共同参画社会推進議員連盟の会長にとどまると表明したことを受け、有識者からは批判が噴出した。


 2014.07.07
 
「セクハラ野次」問題が示した国家・企業の恐るべき「セクハラリスク」…あの韓国は慰安婦問題に絡める論評まで
 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140707/wec14070707000002-n1.htm

 
みんなの党の塩村文夏都議に対する「セクハラ野次」問題は、日本にとどまらず、世界的批判を集める事態となった。男尊女卑が根深く残る日本社会の象徴として、海外メディアがとらえたからだ。ロイター通信は、「多くの働く女性は召使いのようなお茶くみを要求されている」と伝え、虐げられた日本企業の女性像を発信。韓国の中央日報(電子版)は、都議会の対応と慰安婦問題をめぐる河野談話の検証結果などを引き合いに、「他国民とものさしが違う日本の人権」と主張するコラムを掲載した。ケネディ駐日米大使が塩村氏に対して激励の手紙を送っていたことも判明。今回のセクハラ野次が浮き彫りにしたのは、セクハラが極めて重大な問題として受け止められ、人権軽視国のイメージを背負うリスクさえあることだ。

 
女性が差別的な扱いを受ける「日本」

 
6月18日の都議会で晩産化対策や出産支援について質問していた塩村氏に対して、女性を蔑視する暴言が向けられた問題。日本メディアも大きく取り上げたが、海外メディアで特徴的だったのは、企業での日本女性の地位の低さを言及した点だ。

 米CNNは、
日本の職場には性差別が存在し、出生率が低いと紹介。ロイター通信は多くの女性が「出産後の離職を求められる」と伝えたほか、「男性同僚へのお茶くみを要求されている」とし、女性への差別的な扱いの例として発信した。

 共同通信によると、フランス公共ラジオは「職場への女性の進出が先進国で最も低い国の一つ」とし、政府の子育て支援が乏しく、性差別も根強いため、
女性が働きにくくなっているとの見方を伝えた。


6237



2014年9月21日 (日)

左翼リベラル知事が経営してきた滋賀県立大の特亜偏重ビジネス




 チョウニチさんの超ウルトラスーパー捏造報道がバレバレになってきたことで、日本中の反日勢力の断末魔が全国で心地よく鳴り響き、毎日、メシウマ・サケウマを満喫しているオジサンです。

 日本が憎くて憎くてたまらない躰が左に傾きっ放しの皆さま、ちゃんとご飯食べてますか。

 体調は万全ですか。

 心の健康はキチンと維持できてますか。

 変調をきたしていらっしゃるようでしたなら、是非、こちらをお読み下さい。

 速効で正常に戻ること、間違いなしです。


 
2014.09.16発売
 http://web-wac.co.jp/magazine/will/
 
6233


 経済評論家の渡邉哲也さんによれば、チョウニチさんのメディアとしての存在意義の攻防ラインは、発行部数が500万部を割るか割らないかだそうで、以下のように仰有ってます。

 マーケッティングの世界で、シェアに10%の壁という法則がある。(ランチェスターの法則

 日本全国の世帯数は5,000万世帯なので、その10%は500万。

 シェア10%を割り込むと、世論への影響力が一気に消える。

 10%を超えると、世論への影響力が過半数まで通じる。

 となると、500万部を割った瞬間に、天下のチョウニチさまの既存の広告獲得戦略はクラッシュする。


6234
 上記出所:2014.09.13
チャンネル桜放映「大捏造メディア・朝日新聞を糾す」から
 http://www.youtube.com/watch?v=oRtewxp1tPk&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
 ( 当該部分放映は、34分18秒から )


 保守サイドからは盛んにチョウニチさんの凋落の声が伝えられてはおりますが、果たして実際の発行部数は、正確なところどこまで落ちているのか。

 こればかりは部外者にはサッパリ判りません。

 ただ、廃刊にならない限りはゼロにはなりません。

 ましてや、このイエロージャーナリズムを愛して止まない自称インテリ諸君は、この日本には腐るほどいらっしゃいますから、そう簡単に消滅しないことだけは確かです。

 早速、「もの言えぬ社会をつくるな」と声高に詭弁作戦を展開し始めた「日本に関する捏造報道は全然構わないニダ」集団( 2014.09.16 朝日バッシングに声あげる緊急リレートーク )も出現してますから、今後のチョウニチさんとの攻防は予断を許しません。

 一つだけはっきり言えることは、チョウニチさんとチョウニチさん支援者達の従来の半強制的一方的な上から目線の主張は、もう通用しなくなったことです。

 だって、彼らには、高邁なイデオロギーなど有している人など一人として居ないことも、同時にバレてしまったからです。

 彼らにあるのは、ただ、ただ、反日売国のみです。

 彼らは、ひたすら日本が大嫌いで、ひたすら日本が憎くて仕方がないだけなんです。

 そんな、チョウニチさんとチョウニチさんシンパの皆さんの反日の実態が、普通の日本人にもすっかりバレバレになってしまいました。

 そうなりますと、今までは黙して語らずで我慢していた健全な普通の日本人も、もう、黙ってはいられません。

 今ではその矛先はチョウニチさんばかりではなく、そのチョウニチさんを愛して止まない歪み切った日本の教育界へも向き始めました。

 産経さんが連日その様子を報道してますが、一昨日は、こんな記事を見つけました。

 昨今の日本には珍しく、父兄と卒業生が大学を訴えているケースです。


 
< 2014.09.19 msn産経 >
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140919/trl14091915480002-n1.htm

 
「キリスト教の暦を強制、西暦表記の卒業証は違憲」 滋賀で父子が提訴

 
滋賀県立大(彦根市)を卒業した女性と父親が「西暦表記の卒業証書はキリスト教の暦を強制するもので、信教の自由を保障した憲法に違反する」として、大学などを相手取り、元号で再交付するよう求める訴訟を19日、東京地裁に起こした。

 
訴状によると親子は仏教と神道を信仰。3月に卒業した際、発行日と生年月日を西暦で書いた卒業証書を渡され、父親が元号表記で再交付するよう大学に頼んだが、断られた。

 滋賀県立大は「訴状が届いておらずコメントできない」としている。



 この調子で、日の丸・君が代に反対をしている反日教師にも、父兄の皆さまはドシドシ彼らを訴えていきましょう

 君が代斉唱の時、起立しなかった教師の姿を見て、精神的苦痛を受けたってね。

 偽善には偽善で対抗しない限り、彼らはビクともしません。

 小学校教師から大学教授まで、教育界は左翼の巣窟です。

 特に大学の教育学部は、教える方も教わる側も800%左翼で占有されているのが実態です。

 さぁこの勢いで、これからは大学側にも頻繁に文句を言って遣りましょう。

 
「訴状が届いてないのでコメントできない」なる生ぬるい回答をいつまでも許しておいてはいけません。

 大学に巣くう日本大嫌い諸君を駆逐して行きましょう。

 賛否両論の言論の自由さえ認めない左翼大学は、この日本から消えて頂かなければなりません。

 140万滋賀県に、公立の大学は2つも贅沢です。

 滋賀県民の皆さまにおかれましては、嘉田県政の8年間で財政悪化がかなり進んでしまったこと、ご存知ないのかな。

 オジサン、卒業証書の西暦・元号表記の問題はちっとも知らなかったんですが、結構、リアル世界ではいろいろ問題起きてたんですね。

 これ一つみても、左翼の皆さま方は、リアルで日本が大嫌いで憎くて仕方がないようです。


 
< 元号の使用に関する質問に対し、別紙答弁書(中曽根内閣時代) >
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/108/touh/t108013.htm

 
< なぜ卒業証書に西暦はダメなの? >
 http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/kansou.htm


 全然関係ないんですけど、少子化、少子化と叫ばれている割には、大学が潰れたってあまり聞いたことないですよねぇ。

 小中高は、現在進行形で統廃合が進んでいますが、大学はどうなんでしょう。

 上述記事の滋賀県立大のHPを眺めてみました。


 
滋賀県立大学
 http://www.usp.ac.jp/japanese/index.html


 聞いたことがない大学だと思ったら、平成7年に短大から4年生に昇格した大学だったんですね。

 「人が育つ大学」ですって、ふぅ〜ん。

 「人間」をキーワードに幅広い感性で未来を創造する教育システム、ですって、ふぅ〜ん。

 他大学のカリキュラムとは違います、人間学は一般教育科目ではありません、ですって、ふぅ〜ん。

 人間学って何?

 人間看護学部なんてのもあるぞ。

 人が人として生きていくことを支える看護の探求、ですって、ふぅ〜ん。

 介護でなく、看護?

 看護学科とは何が違うんでしょう。

 留学制度もなかなか充実しているようで(棒)



> 本学は、アジアの国々、アメリカ、およびヨーロッパの大学と交流協定を結び、留学が容易にできるような体制作りを進めています。これを利用して、毎年何名かの学生が海外へ出かけています。これとは別に、アメリカと中国で3週間の短期研修に参加することも可能で、参加者には「異文化理解」科目として単位を認定しています。
 
 
 
< 留学生日記・体験記、韓国国民大学へ留学 >
 
韓国で勝ち取ったもの
 http://www.usp.ac.jp/japanese/campus/edu/reports.html#8


 国民大学といえば、小沢のいっちゃんがこんなこと言っちゃってますな。


 
< ソウル国民大学名誉博士の小沢一郎氏「政府がますます右傾化。近いうちに政権交代しなくては」 >
 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1411135730/l50



 
< 滋賀県立大、留学生の在籍状況 >
 http://www.usp.ac.jp/japanese/campus/edu/kokusaikouryu3.html

6235


 ウワァ〜、何、この特亜偏重ぶりはw

 流石、嘉田由紀子・三日月大造・越直美を当選させている県が経営している大学です。

 留学生、待遇、良杉。(国際交流・留学情報)

 おまけに卒業証書に元号表記さえ認めない、言論・思想の自由が認められていない滋賀県立大学。

 郷に入らばウリに従えの特亜仕様確定ですかな。



2014年9月20日 (土)

絶好調、91万人教員諸君の反日教育




6228


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 日本国民1億2千万人と先人の名誉のために「チョウニチ新聞解体」に向けて、大健闘中の産経新聞。

 文春と新潮の2大週刊誌が追撃戦で共同戦線を張ってくれているお蔭で、産経新聞の方は一歩進んで、その矛先をチョウニチさんの読者層、取り分けインテリ階級を自称して止まない91万人の教員諸君にもターゲットを絞って、彼らの反日教育の実態を、以前より頻繁に、より具体的な中身で攻撃中です。

 戦後69年間、日本の教師諸君は日本の生産性に繋がることは一切せずに、ひたすら反日活動と公然わいせつ行為に励んで参りました。

 その結果が、読み書き算盤はすっかり塾任せとなり、学級崩壊にもいじめ問題にも、もちろんかつての教え子である千名に及ぶ拉致被害者の生命の危険にも、全てに亙って知らん顔をし続け、今や、父兄からも相手にされていない存在になりつつあります。

 それでいて、親方日の丸のお蔭で、痴漢しようが盗撮しようが万引きしようが酔っ払い運転しようが授業しないで反日運動に没頭しようが、お給料が頂戴できている日本全国91万人の教師諸君。

 でも、あまりにも酷過ぎるチョウニチ新聞の捏造報道をきっかけに、すっかり、潮目は変わりました。

 平均的なごく普通の日本人も、気付いてしまったんです。

 先生達が、かなりおかしい、と。

 先生達に日の丸・君が代に反対する自由があるなら、当然の権利として子供達の側にも、日の丸・君が代を愛する自由があると。

 先生達に南京大虐殺・慰安婦強制連行説を肯定する自由があるなら、これまた当然の権利として子供達の側にも、南京大虐殺・慰安婦強制連行説を否定する自由があると。

 ということで、先生達の反日売国行為に全国各地のお父さんお母さん方が、反旗を翻し始めました。


 
< 2014.09.19 産経新聞朝刊31面から >

6229
6230
 ( 同上Web版記事は、こちらこちらで )
 

 奇しくも、昨日発売の週刊新潮が、南京大虐殺の捏造報道の第一人者であったスーパー超ウラトラ戦犯・元チョウニチ新聞記者「本多勝一」くんの大スクープを掲載しました。

 
 
< 週刊新潮、2014.09.25号から >

6231


 えっ、あの世紀の狼少年、82才児の本多勝一くんが捏造を認めたですってぇ。

 こんな日が来るとは、オジサン、夢にも思いませんでした。

 さぁ、チョウニチくんはどうする。

 さぁ、今でも「日本はとっても悪い国」を子供達に徹底的に教え続けている91万人の教師諸君はどうする。
 

 
2014.09.18 チャンネル桜放映
 南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める!

 http://www.youtube.com/watch?v=9y4JOIYhbfk&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
 
">


国民「日本は世界一、悪い国なんですか」

先生「そうです」

国民「どうして、日本は世界一悪い国なんですか」

先生「中国・朝鮮で侵略戦争を繰り返し、アジアで2千万人もの人を殺したからです」

国民「それだけですか」

先生「南京大虐殺で南京市民を30万人殺戮し、朝鮮人慰安婦20万人を強制連行しました」

国民「日本の侵略戦争のキッカケとなった原因を教えて下さい」

先生「本場の中華料理とキムチが食べたかったからです」

国民「日本は朝鮮とは戦争はしてませんが」

先生「それは歴史の捏造です」

国民「日本が闘ったのは現在の中国ではなく、蒋介石率いる国民党軍ですが」

先生「それも歴史の捏造です」

国民「日本は毛沢東の中共軍とは一切闘っておりませんが」

先生「だからそれも歴史の捏造です」

国民「2千万人は、中共軍と国民党軍の自国民同士の国共内戦で殺されたのではないですか」

先生「日本人は歴史を直視すべきです」

国民「証拠はあるんですか」

先生「中国人がそう言ってます」

国民「南京大虐殺も慰安婦強制連行もチョウニチ新聞の嘘と捏造がバレましたが」

先生「それは日本の極右勢力の捏造プロパガンダです」

国民「先生は日の丸・君が代がお嫌いなんですか」

先生「もちろんです」

国民「先生は日本がお嫌いなんですか」

先生「もちろんです」

国民「となりますと先生は日本の子供達も嫌ってるんですね」

先生「もちろん、大嫌いです」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6232



2014年9月19日 (金)

えっ、この人達が先生?「教師諸君の犯罪」9月前半の部




6223


 
先生たるんどる!帰宅途中にパチンコ3時間半、生徒1169人の個人情報盗まれる >
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140916/waf14091620140025-n1.htm

 
奈良県三郷町教委は16日、町立三郷中学校の男性教諭(54)が帰宅中、在校生や卒業生計1169人分の氏名や成績などの個人情報が入ったUSBメモリーを入れたかばんを盗まれたと発表した。現時点で個人情報の流出に関する相談はないといい、教諭は12日の全校集会で生徒らに謝罪。町教委は文書による訓告処分を行った。

 同町教委によると、教諭は全学年の技術科を担当。8月27日午後6時ごろ、帰宅途中に同県天理市内のパチンコ店に入り、約3時間半後に車に戻ると、助手席の窓ガラスが割られ、足元に置いていたかばんなどが盗まれていたという。

 かばんに入れていたUSBメモリーには、195人分のクラス名簿などのデータも入っていた。また、生徒の課外活動の様子を記録したデジタルカメラ1台も盗まれたという。

 教諭は県警天理署へ被害届を提出。「USBメモリーなどは日常的にかばんに入れていた。情報を持ち出している意識が低かった」と話しているという。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 2014.09.17
 
わいせつ目的で女性押し倒した疑い、大阪、中学校教諭を逮捕
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140917/waf14091719000023-n1.htm

 2014.09.17
 
「印刷物を雑に拾った」小5男児を殴打、2カ月の重傷、男性教諭を送検、大阪 
 http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/140917/evt14091719410043-n1.html

 2014.09.16
 
女子中学生を盗撮容疑で高校教員逮捕、福岡・筥崎宮放生会の会場で見物客通報
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140916/waf14091607300003-n1.htm

 2014.09.16
 
別の女子高生にわいせつ、中学教諭を再逮捕、横浜
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/2002807.html

6226
 
↑先月、女子高校生にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された横浜市の中学校に勤める教諭の男が、別の女子高校生にもわいせつな行為をしたとして再逮捕された。

 2014.09.16
 
学童保育の元指導員、女児にわいせつ容疑、複数の相談、札幌
 http://www.asahi.com/articles/ASG9B63V4G9BIIPE026.html

 2014.09.15
 
座っていた女子中学生のスカート内を盗撮容疑、高校教員を逮捕、福岡
 http://www.sanspo.com/geino/news/20140915/tro14091523300004-n1.html

 2014.09.13
 
「騒いだら殺す」女子高生脅し、胸触った教諭
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/2002807.html

 2014.09.13
 
教え子の男子にわいせつ、男性中学教諭を懲戒免職、金沢
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140913-OYT1T50044.html

 2014.09.13
 
大分県教組、学校名簿で懇談会案内 個人情報保護条例抵触で処分へ
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140913/edc14091312230003-n1.htm

 2014.09.12
 
大阪府教委、盗撮教諭ら4人懲戒免職処分に
 http://mainichi.jp/select/news/20140913k0000m040145000c.html

 2014.09.12
 
採点ミス、当時の校長12人を戒告、都教委
 http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/news/20140911-OYT8T50213.html

 2014.09.12
 
元教頭に懲役10年、わいせつ行為、前橋地裁判決
 http://www.jomo-news.co.jp/ns/2914104480575467/news.html

 2014.09.12
 
天童女子中生自殺第三者委、人選の枠組みで合意、市教委と遺族面談、設置要綱近く決定
 http://yamagata-np.jp/news/201409/12/kj_2014091200219.php

 2014.09.11
 
わいせつ教諭停職、福島、女子高生複数にLINEで「かわいい」
 http://www.47news.jp/news/2014/09/line_1.html

 2014.09.11
 
中学教諭、女子中学生に強制わいせつ容疑、逮捕4回目、茨城県警
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140911/crm14091116230015-n1.htm

6224
 
↑茨城県警は11日、部活動中の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで同県つくば市栗原、公立学校教諭、児玉幸憲容疑者(37)=強制わいせつ罪で公判中=を再逮捕した。逮捕は4回目。再逮捕容疑は昨年8月下旬、勤務していた学校の体育館で、肩の痛みを訴えた女子生徒にタオルを掛け、マッサージをするふりをして下半身を触るなどした疑い。県警によると、再逮捕容疑については黙秘している。児玉容疑者は、別の女子生徒3人への強制わいせつ罪で起訴され、公判中。県警は、他にも被害に遭った生徒がいるとみて捜査する。
 
 2014.09.11
 
電車内で未成年女性に痴漢行為、付属校講師を解雇、東京学芸大
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140911/crm14091113540014-n1.htm

 2014.09.11
 
九大アカハラ訴訟 准教授側の賠償請求棄却
 http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140911-OYS1T50010.html
 *アカハラ=アカデミック・ハラスメント
 
 2014.09.10
 
中学の元事務職員、少女にみだらな行為、市原署、容疑で逮捕
 http://www.chibanippo.co.jp/news/national/213314

 2014.09.10
 
大分県教組「慰安婦ツアー」、県教委の自粛要請聞き入れず実施
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140910/edc14091023170005-n1.htm

 2014.09.10
 
缶ビールなどを万引、高校教諭を逮捕、札幌
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140910/crm14091019220026-n1.htm

 2014.09.09
 
市長に「命ないと思え」爆破予告の教諭再逮捕、千葉
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140909-OYT1T50097.html

 2014.09.08
 
公然わいせつ容疑で中学教諭逮捕=コンビニで下半身露出、岐阜
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014090800682

 2014.09.08
 
東明館中・高、セクハラ行為で男性教諭を減給、佐賀
 http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/102278

 2014.09.08
 
妻への殺人未遂容疑 千葉東金、小学校教諭を逮捕
 http://www.chibanippo.co.jp/news/national/212982

 2014.09.08
 
村山・楯岡中教諭を逮捕、住居侵入容疑「酔っていた」、山形
 http://yamagata-np.jp/news/201409/08/kj_2014090800137.php

 
↑木原潤基容疑者(26)はことし4月、新採教諭として同校に赴任。1年生の副担任で、保健体育を担当し、野球部の顧問も務めている。市教委は7日夕、臨時校長会を開いたほか、同校は今後、全校集会などで生徒、保護者に経緯を説明する。

 2014.09.07
 
鴻巣市教委職員が電車内で痴漢行為、埼玉
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140907/stm14090702070001-n1.htm

 2014.09.07
 
体罰、小2女子児童に男性教諭が、愛知
 http://mainichi.jp/select/news/20140908k0000m040019000c.html

 2014.09.05
 
窃盗未遂容疑で中学教諭逮捕=コインランドリーで女性下着、新潟
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00000065-jij-soci

 2014.09.05
 
酒気帯びに通勤手当不正受給も、県立高教諭停職、神奈川
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140905-OYT1T50047.html

 2014.09.05
 
酒気帯び運転詐欺わいせつ行為、2教諭と講師懲戒免職、県教委 [福岡県]
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/112240

 2014.09.04
 
「お小遣いが欲しかった」職員室で窃盗容疑 横浜市の37歳男性教諭を書類送検 神奈川県警
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140904/crm14090417030008-n1.htm

 2014.09.03
 
わいせつ元講師、懲役3年の有罪判決、岡山
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/2000518.html

 2014.09.03
 
中央大教授、セクハラで懲戒解雇に異議申し立て
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/2000504.html

 
↑中央大学は3日、女子学生に対してセクハラなどの嫌がらせをしたとして、50歳代の男性教授を懲戒解雇処分にしたと発表した。処分は7月29日付。

 2014.09.02
 
柳川市教委、校長署名集め、口頭注意、甘い処分の根拠揺らぐ、福岡
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140902/fkk14090202590001-n1.htm

 
↑福岡県柳川市の市立小中学校の校長が、市教委幹部職員の依頼に応じ、集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する署名を教職員から集めていた問題で、市教委が詳細な調査をせずに、校長らを口頭注意にしていたことが1日、分かった。同日の定例市議会本会議で黒田一治教育長が明らかにした。公教育をあずかる市教委の、ずさんな対応が改めて浮き彫りとなり、口頭注意という甘い処分の根拠が揺らぐ事態となった。

 2014.09.02
 
酒気帯び運転の教諭に罰金32万円、佐賀
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/2000343.html

 2014.09.01
 
「先生したい」教員免許偽造し採用面接の男逮捕、福岡
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140901/crm14090121280032-n1.htm

 2014.09.01
 
女子トイレ侵入の男性教諭、盗撮・児童ポルノ製造容疑で再逮捕へ、静岡
 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/2000197.html

6225
 
↑自分が勤める中学校の女子トイレに侵入した40歳の男性教諭について、静岡県警は、女子生徒を盗撮し、児童ポルノを製造したとして、1日午後にも再逮捕する方針を固めた。この教諭のパソコンからは、学校で盗撮したとみられる大量の動画が見つかっている。教え子だった卒業生は「理科の先生で、理数的な解決をして、真面目そうだった」と話した。児童ポルノ禁止法違反の疑いで再逮捕されるのは、静岡・清水町の中学校教諭・鈴木貴之被告(40)。捜査関係者によると、鈴木被告は2014年7月、勤務する中学校の女子トイレにカメラを設置し、複数の生徒を盗撮して、児童ポルノを製造した疑いが持たれている。

 2014.09.01
 
3年生156人分の成績データを紛失、進路指導教諭の机からUSB消える、大阪府立高
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140901/waf14090116530022-n1.htm


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6227



2014年9月18日 (木)

もはや手に負えなくなった野田佳彦くんの偽善的言動




 
< 中間貯蔵候補地を視察=安倍首相「住民帰還に全力」-福島 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014091700030

 
( 仮設住宅を訪れ、被災者らから話を聞く安倍晋三首相=17日午前、福島県川内村 )
6214


 
< 歴代総理、被災地現地視察、全履歴 >

6215


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 今や日刊ゲンダイの御用学者に成り下った嘉田由紀子姐さん >
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/153334


 「日本人の命を守る」と豪語している安倍首相は、広島の土砂災害の際、のんきにゴルフに興じていて、叩かれた。しかし、この問題は危機意識や緊張感の問題とはちょっと違う。なぜ、日本ではかくも災害が多いのか。それは自民党政権による“人災”だという。前滋賀県知事が語る衝撃の“真相”――。

 ――広島土砂災害では73人の犠牲者が出ました。安倍首相は集団的自衛権や原発売り込みには熱心なのに、この時(8月20日)はゴルフをしていました。

 安倍首相を含めて政権与党が「日本人の命、命」と言うのなら、まず、土砂災害や水害、そして「環境破壊災害」と位置づけられる原発事故から国民の命と財産を守るべきではないでしょうか。何度も安倍首相は「母親と子供が避難する米軍護送船を守り切れないので集団的自衛権が必要だ」とパネルを使って訴えていましたが、いま目の前の災害から国民を守れないことの方が切実です。

 

6216


 
heart 下野後、野田前首相は一度も被災地を訪問したことがありません heart

6217


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 よもや我らがヨシヒコくんが、オジサンのBlogなど読んでくれているとは思いませんが、増すゴミ諸君が9月初旬のヨシヒコくんのモンゴル訪問結果をどこも報じてくれなかった(報じさせなかった?)ことに、逆に、危惧を感じたんでしょうか。

 モンゴルご帰国から11日経って、漸く、ご自身の訪モを自らの手で発表なさいました。

 いつもだったらヨシヒコくん、外国へ出かけるときは訪問前も訪問後も、いずれも瞬時にご自身のBlogで発表なさってる癖に、今回だけは何故か、訪問前も沈黙、帰国後も11日経ってのやっとこさの情報発信です。

 となると、そこに至った事情経緯には当然、国民には秘密にしておきたいヨシヒコくんご自身の計り知れない私利私欲が隠されている、と捉えるのが自然でしょう。

 と言う訳で、以下は、一昨日掲載されたヨシヒコくんのモンゴル訪問レポート抜粋です。


 
< 2014.09.16 野田よしひこ瓦版No.966「旧交」 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/81.html

 
アルタンホヤグ首相、ボルド外相といった政府要人との会談では、「中国もロシアも来年は戦勝70周年記念のイベントを開く際に、貴国も巻き込もうとすると思うが、日・モンゴル関係は未来志向でいきましょう」と、釘を刺しておきました。また、北朝鮮とも友好関係にある同国が、日朝政府間協議の開催場所を提供するなど、拉致問題の解決をめざす日本を一貫してサポートしてくれていることに謝意を示しておきました。

 
今回の訪問で最も意義があったのは、バトボルド前首相と旧交を温めることができたことです。


 おやおや、おかしいですねぇ。

 ヨシヒコくんは、モンゴル国の
「現首相のアルタンホヤグ氏」とも会談したと仰有ってます。

 ヨシヒコくんのモンゴル訪問結果を唯一ディスクローズした在モンゴル日本大使館の「モンゴル週報」では、ヨシヒコくんが「現首相のアルタンホヤグ氏」と会談したとは、一言も、報告されておりません。

 
 
< モンゴル週報(9/1-7)在モンゴル日本国大使館 >
 http://www.mn.emb-japan.go.jp/jp/seikei/2014shuuhou0901-0907.pdf

 ↓上記pdfの2頁目から

 
■ 2〜5 日、野田前総理モンゴル訪問

   ボルド外相、バトボルド前首相等と会談。(8日付各紙)


 
 さぁ、嘘をつているのは、誰なのかな。

 在モンゴル日本大使館のレポートが誤報であるなら、ヨシヒコくんは外務省に即刻強硬に、訂正謝罪を求めて下さいね。

 在モンゴル大使館は、ヨシヒコくんのモンゴル訪問の一次ソースを、モンゴルの地元各紙から引用したと記載してます。

 本当にヨシヒコくんが現首相とも会談したことが事実であるなら、地元紙が現在の首相と会談したことは伏せて、前首相との会談のみを報じる・・・・。

 ちょっと考えにくいですよねぇ。

 例えば、千年恨み増ます女王様の高木クネたんが、韓国デフォルト懸念からあっさり日韓首脳会談に応じ、日本を訪問することになったとしましょう。

 で、嫌々ながらの安倍首相との会談が漸く実現したその後で、序でに、ひょっとしたらウリ仲間かも知れない前首相のヨシヒコくんとも面談を果たして帰国していったとしましょう。

 その場合、いくら反日増すゴミ諸君でも、千年女王様が安倍首相との会談したことを一切伏せて、高木クネたんがヨシヒコくんとしか会談しなたかったの類いの言論弾圧は先ず遣らないでしょう。

 と言うか海外メディアの眼もありますから、流石そんな捏造報道は、天下のチョウニチさんでもできないでしょう。

 となると、モンゴルとてその辺のメディア事情は同じと思われます。

 いくらヨシヒコくんが前首相とはいえ、自分の国の現首相との面談を報道せずに、前首相との面談だけをピックアップして報じるなんてことは、やっぱり、常識的には可能性がかなり低いと判断せざるを得ません。

 それに、実際、ヨシヒコくんが現首相とも会談したのであったら、日本の現地大使館の職員が「ヨシヒコ&アルタンホヤグ」会談をモンゴル週報に記載し忘れるなんてことも、あり得ないでしょう。

 下野したと言っても、ヨシヒコくん、バリバリの現国会議員ですしおまけに前首相です。

 当然、3泊4日のヨシヒコくんのウランバートル滞在中は、現地の大使館員がフルアテンドでつききっりだった筈です。

 そんな中、在モンゴル日本大使館が、ヨシヒコくんの現首相との会談の不掲載を失念する訳がありません。

 と健全なリアル社会の通念ではそう思えるんですが、相手は何せいい年の癖して未だに狼少年を演じ切ることがおできになるみんちゅくんたちですからね。

 何があってもおかしくありません。

 オジサンはモンゴル週報の中の、「ボルド外相、バトボルド前首相等と会談」の「等」に秘密のベールに被われた大いなる謎があるに違いない、と勝手な想像をして愉しんでおります。

 それに致しましても、上述Blogの中でも、ヨシヒコくんのホルホルは絶好調のようで。



> 最近、習近平国家主席、プーチン大統領と中・ロのトップによるモンゴル訪問が相次いでいたので、間髪入れずに日本の存在感を示すという意味ではいいタイミングでした。

> 「中国もロシアも来年は戦勝70周年記念のイベントを開く際に、貴国も巻き込もうとすると思うが、日・モンゴル関係は未来志向でいきましょう」と、釘を刺しておきました。

> 今回の訪問で最も意義があったのは、バトボルド前首相と旧交を温めることができたことです。

> しかし、私たちの間で交渉開始した日・モンゴルEPAは、本年7月、大筋合意に到りました。

> 2人で蒔いた種がようやく実を結びつつあることに、達成感と満足感を共有することができました。

 

 会談の議事録が残されている訳ではありませんから、言うだけなら何でも言えます。

 ねぇねぇ、ヨシヒコくん、そんなにスンバラシイ会談内容だったら、何で、在モンゴル日本大使館も外務省本局も増すゴミ諸君も、一言も今回のきみの具体的な業績を伝えていないのかな?

 ねぇ、どうしてなの、ヨシヒコくん。



> また、北朝鮮とも友好関係にある同国が、日朝政府間協議の開催場所を提供するなど、拉致問題の解決をめざす日本を一貫してサポートしてくれていることに謝意を示しておきました。


 あれぇ、ヨシヒコくん。

 訪問前の増すゴミ諸君によれば、きみは「拉致問題についても意見交換する」と報じられてるんですが、たった「謝意を示しておきました」だけだったんですか。

 北朝鮮からの何らかの発表が間近にせまっているこの時期、拉致被害者関係者も政府関係者も、かなりナーバスになっています。

 それなのに、きみは、拉致問題に関しては「謝意を示すことだけ」が目的で3泊4日もモンゴルにいらっしゃったんですか。

 そうじゃないでしょう。

 まさか、北朝鮮の工作員を介して、密かに拉致密約利権を談合してたんじゃないでしょうねぇ。

 きみには、その重大なる説明責任が残されているとオジサンは思うゾ。

 それに、ヨシヒコくん、きみは出発前には、「9月4日にエルベグドルジ大統領と会談する」と増すゴミ諸君に言わせてたよねぇ。

 ところがきみが会ったのは、現大統領でもなく、前大統領でもなく、きみの言によれば、現首相&前首相&現外相のたった3人だけでした。

 えっ、3泊4日もして、たったこれだけ?

 往復にまる2日かかったとしても、あとは、一体何をなさっていらっしゃったのかな、ヨシヒコくん。

 おまけに何度も言うように、出発日の9月2日は、日本からのモンゴル直行便のフライトは一つもなく、ソウル or 北京経由でしかウランバートルへは行けなかった筈です。

 ヨシヒコくん、本当に、モンゴルにずっと滞在していたのかなぁ。

 上朝鮮大好きの斎藤勁くんをお供に連れてったってことは、ひょっとしてモンゴルではない第三国で、朝鮮総連の工作員と一緒に上朝鮮幹部とよからぬ相談をしていたんじゃないの?

 というのがオジサンの正直な感想です。

 だって、みんちゅシンパの増すゴミ諸君が、ヨシヒコくんの結果報告を未だにどこも報じてないんですよ。

 いくら中身は腐っていても、肩書きだけはヨシヒコくん、日本国の第95代総理大臣です。

 そして、モンゴル国の実質トップである元首は、大統領です。

 3泊4日もいて、現大統領にも前大統領にもお会いすることが出来ず、お会いできたのは格下の現&前首相と現外相。そして滞在中、夕食のお相手をしてくれたのは、前首相のみ。

 ねぇ、ヨシヒコくん、きみは前首相と旧交を暖めたと自慢気に仰有ってるけど、モンゴルの元首は大統領なんですよ。

 仮にきみが今、韓国を訪問して告げ口外交を展開したとしても、現役大統領である千年女王様にはお会いできずに明博くん時代の前首相オンリーにしかお会いできなかったとしたら、外向的には殆ど意味がないとはお思いになりませんか。

 実際、現大統領に会えなかったのは在モンゴル大使館の怠慢なのか、それとも日本の外務省がヨシヒコくんにあからさまに意地悪をしたのか、はたまたヨシヒコくんが人見知り振りを発揮して、外務省のお膳立てした面談相手を全部蹴ったのか。

 いずれにせよ、元首ではなく、前首相しか夕食を共にしてくれなかったなんて、日本国民としては情けない限りです。

 ひょっとして、ヨシヒコくん、きみ、本当のところは、エルベグドルジ大統領に相手にされてないんじゃないのかなぁ。

 
 
< The President of Mongolia Ts.Elbegdorj received the Prime Minister of Japan Yoshihiko Noda >
 http://english.news.mn/content/121019.shtml

6218


 それともヨシヒコくんは、2012年9月の国連総会でエルベグドルジ大統領にお会いしたことさえ覚えていないのかも知れません。


 
2012.09.25 首相官邸HPから >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201209/25unsoukai.html

 
平成24年9月24(現地時間)、野田総理は第67回国連総会に出席するため、アメリカ合衆国のニューヨークに到着しました。

 翌25日(現地時間)、オーストラリア連邦のジュリア・ギラード首相、インドネシア共和国のスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領、
モンゴル国のツァヒャー・エルベグドルジ大統領、コロンビア共和国のフアン・マヌエル・サントス・カルデロン大統領とそれぞれ首脳会談を行いました。


 
< 2012.03.12 バトボルド・モンゴル首相との会談、署名式 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201203/12KAIDAN_Mongolia.html

 
平成24年3月12日、野田総理は総理大臣官邸で、モンゴル国のスフバータル・バトボルド首相と会談を行いました。会談後、署名式に立ち会いました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
2013.03.30 首相官邸HPから >
 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201303/30mongol1.html

 ( エルベグドルジ大統領と握手する安倍総理 )
6219

 ( 歓迎式典に出席する安倍総理 )
6220


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
2014.07.22 外務省HPから >
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/mn/page4_000572.html

 
日モンゴル首脳会談,署名式及び総理主催夕食会

 ( エルベグドルジ大統領と握手する安倍総理 )
6221

 ( 共同記者発表に臨む両首脳 )
6222



2014年9月17日 (水)

拉致問題には全く関心がない日本全国の教育関係者諸君




6204
6205


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 「これは戦いなんです」横田さん夫妻、生徒らに講演会 川崎の洗足学園中学・高等学校 >
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140915/crm14091516380011-n1.htm

 
( 大講堂で講演する横田滋さん、早紀江さん夫妻 )
6213
 北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(81)と母、早紀江さん(78)の講演会が15日、川崎市高津区の洗足学園中学・高等学校で行われ、講演が行われた大講堂とモニターが設置された小講堂は生徒や保護者ら約1600人で満員となった。

 滋さんは、昭和52年にめぐみさんが行方不明になってからの活動内容を説明。平成14年以降事態が進展しなかったことを振り返り、「交渉がない時に比べると希望を感じている」と期待を示した。また、「以前と違い、(国民が)関心を持っていることを感謝している」と聴衆に頭を下げた。

 早紀江さんは「涙を流しながら何度新潟の海岸を探し歩いたか分かりません」などと、めぐみさんを探した日々の記憶や、他の拉致被害者の家族の思いを語ると、「私たちは泣いてられない。これは戦いなんです。一刻も早く、元気でいるうちに日本の土を踏ませてあげたい」と声を震わせた。

 この日、同校では学園祭が開かれており、生徒会の生徒が古屋圭司前拉致担当相にインタビューするなどして作製した拉致問題に関するパネル展も行われた。生徒会長の高校2年、小泉涼さん(17)は講演会後、「ひとごとではない。解決のために自分たちにできることを小さなことからやり直したい」と力を込めた。パネル展を回った後、横田さん夫妻は記者会見で、「生徒さんが自主的に勉強し作製したのはすごく大きいこと」(早紀江さん)と謝辞を述べた。

 

 オジサンはこの産経さんの記事をを読みながら、あらためまして、日本の公立学校の教師諸君の存在そのものに腹が立ってしまいました。

 彼らは毎日、「教え子を再び戦場に送るな」と69年前に終わった悲劇を盛んに煽りたててる癖して、1970年代から始まったとされている横田めぐみさん他約千名の今も生きている教え子の生命と安全に関しては、知らん顔で無視を決め込んでおります。

 日本の教師諸君って、本当に役に立ってません。

 何せ、今、現在進行形で起きている昔の教え子達の生命の危険にさえ、ピョンヤン運転で眼を逸らし、何恥じることなく教師の振りを演じ続けることができるんですから。

 そんな教師がこの日本には約91万人もいらっしゃいます。「内訳、小学校:418,707人、中学:253,753人、高校:237,224人(出所:総務省統計局、都道府県別学校数、教員と在学者数、H24.5.1現在)」

 この一点からだけでも、学校の現場でいじめ問題一つ、教師諸君が解決できない理由が判ろうと言うものです。

 解決というより学校内の、学級内のトラブルを目の前にして、殆どの教師諸君はどうしてよいのやらサッパリ判らないと言うのが、彼らの実態なんだと思います。

 全ては成り行き任せで生暖かく見守り、自らは絶対に手を下さない。

 そう考えますと、いじめ事件が表沙汰になる度に、何でも「アンケート」でコトの真相を探ろうとし、生徒達との直接対話を拒否している教育関係者諸君の卑劣な姿は、一般人にはスンナリ納得がいきます。

 日常茶飯事で起きているいじめ対応でさえコレですから、拉致問題なんて、日本の91万教師諸君には何処吹く風、関心どころか確信犯で箸にも棒にも引っかけていないんでしょう。

 それ以前の問題として、打算抜きで聖職として生徒の懐に飛び込んでいくことができる教師諸君は、昨今、1割も居るんでしょうか。

 更に、生徒の目を真直ぐ見ながらコミュニケーションができる教師諸君は、どの程度日本全国でいらっしゃるのか。

 更に更に、学校幹部・同僚・生徒・父兄と、健全で節度を弁えたネゴシエーションで丁々発止ができてる教師諸君は、せめて1%位はいらっしゃるのでしょうか。

 と門外漢のオジサンが勝手な妄想を書き連ねておりますが、学校内での子供達への躾けはもちろんのこと、本業の読み書き算盤でさえ塾に任せて放棄してしまった教師諸君のお気楽稼業を見せつけられるにつけ、このままで行くと、教師諸君のリタイア後の潤沢な共済年金は、国民年金並みに引き下げられる日は近い、とオジサンは邪推しております。

 きみたちは、自分達の立場がほぼチョウニチ新聞状態であることに、残念ながら殆ど気づいていません。

 いや、そんなことはない。反日教育を施しているのは、日教組加盟の267千人(連合構成組織一覧資料から、2014.05.26現在)の教師全体の約3割弱の先生だけだ、との一部自称・良心的教師諸君の声も聞こえてきそうですが、そのお考えは大甘です。

 そう仰有るなら、その自称・良心的教師諸君は何故日教組の先生に反旗を翻さないんでしょう。

 何故、君が代に起立しない同僚の先生を許したままで平然としていられるんでしょう。

 先生側に君が代を拒否する信条の自由があるなら、当然の如く、生徒側にも君が代を歌う思想の自由があるんです。

 何故、自称・良心的な教師諸君はそのことを、反対派の先生に向って論破なさらないんでしょう。

 これって、「半島系による日本人向けヘイトスピーチは善で、日本人による半島系に向かってのヘイトスピーチは悪」の構造と何ら違いがありません。

 いくら建前では綺麗事を言おうが、91万人の日本全国の教師諸君は、現実と立ち向かうことを意識的に避けていらっしゃるように、オジサンには見えて仕方がありません。

 何故か。

 それは、彼らには職業人としての良心も責任感も欠落しているからです。

 加えて、何もしなくても、たとえ結果を出さなくても、職を失うこともなく生涯賃金が確実に約束されているからです。

 だったら、敢えて汗をかく必要なんかなぁ〜んにもないニダ。

 でも、何にもしないとあちこちから文句がきそうだから、誰もが反対を唱えにくい「平和・人権・男女平等・民主主義」教育あたりで口を濁しておこう。

 そして現代の91万教師諸君は、現実に真っ正面から立ち向かうよりも、姿の見えない未来に物を言うことの方が圧倒的に楽なことに、全員が気付いてしまったのです。

 ましてや、それを咎める上司も同僚も、だぁ〜れもいない。

 自分達を監督指導すべき教育委員会のお偉いさん達も、所詮、自分達とは一心同体だから、世間向けには一応「再発防止を心掛けます」なんて殊勝な言葉をお吐きになっても、心の底ではベロを出している・・・・。

 故に、91万の日本の教師諸君は、いじめ問題にはノータッチ、もちろん、千人の昔の教え子の拉致問題にもノータッチ。

 その一方で、恥ずかしげもなく、平和だ平和だと喚き散らしていらっしゃる。

 本業そのものもおろそかになっているにも拘らず、塾の先生の方が優秀なものですから、学校教師の皆さまはその無能を咎められることはない。

 と言うよりも、父兄の方が、当の昔に学校教師にはなぁ〜んにも期待していない。

 となると91万人の日本の教師諸君はこの世の天国。

 なぁ〜んにもしない現実逃避しまくり派と、お花畑の政治闘争没頭派の2派に分れて、どちらも、お給料だけはちゃっかり頂戴している。

 なぁ〜んちゃってね。

 自分を良心的とお考えになってる教師諸君の皆さま、文句があったらドシドシ反論なさって下さいね。

 でもね、リアル社会の民間会社の世界では、一万人規模の大企業と雖も、たった数人の幹部の暴走により倒産に追い込まれている現実は、心に留めておいて下さいね。

 教育界には、絶対に経済原則が適用されないとの思い込みは大間違いです。

 だって、教育の質そのものこそが、きみたちの商品なんですから。

 ウリたち教師の仕事は、日本の生産性とは直接リンクしないから何遣っても構わないニダは、もう一昔の考え方です。

 ほうら、「情報」が商品であったチョウニチ新聞でさえ、今や存亡の危機でしょう。

 商品の質に何ら注意を払ってこなかったチョウニチさんと、同じく教育と言う商品のクオリティには一切誠意も真心も良心も責任も込めてこなかったきみたち教師諸君。

 チョウニチさんは不動産部門があるからリストラで何とか逃げ切っちゃうかも知れませんが、きみたち教師諸君は、誇れる程のものなんて、有形資産も無形資産もなあ~んにもありませんからねぇ。

 チョウニチさん攻撃と同時に、矛先はそろそろ、NHKときみたち教師諸君の世界にも向いつつある、とオジサンは予想してるんですけどね。

 まぁ、よしなに。

 そうそう、きみたちの大先輩が、産経さんのインタヴューでこんなこと宣っちゃいましたけど、きみたちの業界も、つくづく、アサヒチックと言うか、ペニンシュラチックと言うか、何と言うウリナラファンタジーの世界なんでしょう。


 
< 2014.09.15 産経新聞朝刊から >

6206_2

 
< 上記輿石発言、お笑い箇所、Web版から一部抜粋 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140915/stt14091505000003-n1.htm

 
産経は日本教職員組合(日教組)をよく批判してくれるね。確かに日教組は「教え子を再び戦場に送らない」「日の丸・君が代は反対だ」と言った時代もあった。それが今でも続いていると思っているとしたら、ちょっと違うぞ。今の時代、イデオロギー闘争なんてしてたら誰もついてこない。少なくともこの30年余り、山梨県では卒業式で国旗掲揚や国歌斉唱に教師が反対したなんて聞いたことはない。


 輿石のじっちゃんも役者やのう。

 寒流役者では間違いなく、我らがヨシヒコくんに次ぐ演技派ニダ。

 山梨県では日の丸・君が代云々は確認のしようがありませんが、ねぇねぇ、輿石のじっちゃん。

 以下の画像ときみの発言に全く整合性がないんですがねぇ。

 チョウニチくんと一心同体の輿石のじっちゃんに何を言っても日本語が通じないのは痛し痒しですが、この画像は、そもそも、民主党HPに今でも掲載されている証拠写真ですよぉ。


 
2013.08.25 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/103149

6207
 
海江田万里代表は25日、横須賀市で開催された日本教職員組合(以下日教組)の第101回定期大会に出席し、あいさつした。


 一年前までは確実に日教組は、「教え子を再び戦場に送るな!」のイデオロギー闘争を遣ってらっしゃるんですが、輿石のじっちゃんが78才児におなりになった今は狼少年でないとしたなら、今年から日教組はイデオロギー闘争を突然禁止なさったんでしょうか。

 それとも、上記画像は、極右勢力がフォトショップで勝手に偽造しちゃったんでしょうか。

 オジサンは、輿石のじっちゃんの保育園児レベル以下の言い訳を今直ぐお聞きしたくて、堪らないゾ。


 ( 和歌山県教組有田支部の建物、画像出典はこちらから )
6208


 ( 2010年10月石川県教育研究集会、画像出典はこちらから )
6209


 チョウニチさんは二度謝罪会見を開きました。

 お次は、本来なら輿石のじっちゃんの番ですが、ウリナラ流のお家元に期待する方が無理と言えましょう。

 それにしても、参議院副議長までが平気で大嘘をついちゃうんですから、みんちゅくんの半島脳って、すんばらしい。

 半島脳って言えば、吉田調書で捏造記事をでっちあげたチョウニチさんのお二人の記者は、編集デスクの宮崎知已くんと記者の木村英昭くんとお名前が特定されております。


 ( 拡大版は、こちらのサイトでご覧頂けます )
6210

 
 で、このお二人、福一関連報道で2013年10月2日に、第13回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞「公共奉仕部門」奨励賞なるものを受賞したんですが、その関連で、早大のジャーナリズムスクールウェブマガジンが、木村記者へのインタヴュー記事を載せています。


 
< 2013.11.06 木村記者に聞く >
 http://spork.jp/?p=4628

6211

 
福島第一原発事故当時、東京電力社内では初期対応のテレビ会議が録画されていた。国民や世界を震撼させた事故を検証するのに不可欠な一次資料の公開を目指し、朝日新聞社の木村英昭記者と宮﨑知己さんは報道を続けた。結果的に映像の公開につながった一連の新聞報道(2012年6月28日から継続中)に、10月2日、第13回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞「公共奉仕部門」の奨励賞が贈られた。代表して木村さんにキャンペーン報道の動機や意義についてお話を伺った。

 
 ここまではどうってことないんですが、この木村記者の画像の下に記載されていた文言に、オジサンはあらためましてこんなところまでに特亜勢力が既に入り込んでしまっているのかと、唖然としてしまいました。

 
 heart 取材・執筆・撮影:大貫璃未、金サンウ、冷澄 heart


 チョウニチくん本体ばかりでなく、一日も早く、末端まで大掃除をしなければなりません。


 
< 朝日新聞を糺す国民会議 >
 http://www.asahi-tadasukai.jp/

6212



2014年9月16日 (火)

拉致被害者奪還、国民大集会




6200
6201
 ( 画像出典:首相官邸HP )


・・・・ もう我慢できない 今年こそ結果を!国民大集会  ・・・・

・日時:平成26年9月13日(日)14〜17時
・場所:日比谷公会堂



 
< 安倍総理演説 >
 https://www.youtube.com/watch?v=MjPVP0z2dmc

">


 
< 同上テキスト版 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201409/13rachi.html

 
家族会・救う会・拉致議連・知事の会・地方議連主催の国民大会の開催に当たりまして、一言御挨拶を申し上げたいと思います。

 御家族の皆様にとりまして、何回こうした集会を重ねれば、子供たちは、家族は帰ってくるのだろう、そういうお気持ちなんだろうと、このように思います。しかし今日、こうして全国各地からこの問題を解決すべきだ、北朝鮮に対してしっかりと要求していこうというお気持ちでこの会場に集まっていただいた。まさに、この皆様の声は、今交渉している私どもにとって、交渉力を強めていく力になるのは間違いないわけであります。

 私も初当選以来、この北朝鮮の問題、特に拉致問題にずっと関わってまいりました。なかなか北朝鮮は真実を話さない、そして、約束を実行しないという問題があります。かつては日本は、対抗手段をほとんど持っておりませんでした。今行われている制裁のための法律はほとんどかつてはなかったのでございますが、しかし、我々有志と共に制裁を行うための法律を作り、現在も制裁を行っています。この制裁においては、国際社会と共に制裁を行い、北朝鮮にこの問題を国際社会との間の問題を解決しなければ、北朝鮮の未来はない、こう思わせるためのものであります。そして同時にまた交渉において、この制裁を解除するかどうかということも、重要な交渉の力になっていくわけであります。そうした交渉力を駆使しながら、私たちは解決をしていかなければならないと、こう決意をしているところでございます。

 かつて2007年、第1次安倍政権時代に、6者協議において、北朝鮮が核開発、プルトニウムから抽出した核を作っていく、これを事実上放棄するから、重油の支援、そして人道支援を要求したことがございました。100万トンの支援を、6者協議の北朝鮮以外の5か国で行う。配分は、1国当たり20万トンでありました。その決定がなされたのでございますが、私は、日本政府としては拉致問題が解決をしていないという中において、20万トンの重油の提供はできないとお断りをしたわけであります。結果としては、残念ながら、北朝鮮はその後、核を放棄するというこの約束を果たすことはなかったのでありました。大切なことは、しっかりと行動対行動の原則で交渉を進めていくことではないか、このように思います。

 私も総理就任以来、49か国を訪問し、200回にわたる首脳会談を行いましたが、その度に必ず相手国に対して、この拉致問題を説明し、支持と協力をいただいております。平沼会長を始め、拉致議連の皆様も世界に出かけていき、また、御家族の皆様も大変な御努力をいただき、国際社会の理解は10年前と比べても、格段に高まっている、このように思います。その結果、北朝鮮における人権に関する国連調査委員会が、拉致問題を含む北朝鮮の人権侵害を人道に対する罪に該当すると断じたところでございます。こうした国際圧力を高めていきながら、この拉致問題の全面解決に向け、全力を挙げていかなければならないと、このように思います。拉致問題の解決は、安倍政権の最重要課題の1つでございます。この問題については、政府だけでは力が足りないわけであります。どうか党派を越えて、議員の皆様ともそして日本全体で協力をしていく必要がある、このように思っております。古屋大臣時代に作りました各党との連絡会において、各党としっかりと協力を重ねながら、この問題、全面解決に向けて頑張っていく次第でございます。

 この度の改造におきまして、今まで自民党の本部長でありました山谷さんに担当大臣になっていただき、古屋さんには党の本部長となっていただき、政府と自民党、与党、そして野党とも連携をしながら、この問題に全力で取り組んでまいります。そして、だんだん時間がなくなっていくことも事実でございます。御家族の皆様、年を経るごとにお年を召されていくわけでございます。被害者の御家族の皆様に、御自身の手で肉親を抱きしめる日が来るまで、私たちの使命は終わらない、この気持ちで全力で今後とも取り組んでいくことをお誓いいたしまして、御挨拶とさせていただきたいと思います。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 4月27日に続く本年2回目の拉致国民大集会です。

 今月中に北朝鮮側からの何らかのアクションが予定されてることから、いつもは顔さえお出しにならない票目当ての国会議員の政治屋さんたちが、結構チラホラ、散見されました。


 
< 参加国会議員紹介 >
 https://www.youtube.com/watch?v=Vuj4nLUCZ1o&list=UUfiShZpsLmYlxe-JZhTLK9g

">


 あれぇ、みんちゅの金子洋一くん、きみ、この大会にご出席なさったことなんて今までありましたっけ。

 オジサンが記憶している限り、洋一くんは、少なくとも前回・前々回とも、いらっしゃらなかったと思うゾ。

 きみも、ヘイトスピーチから拉致問題まで、何にでも馘を突っ込んでいて大変だねぇ。

 どうせいらっしゃるんだったら、ヘイトスピーチ仲間のヨシフくんもお誘いすれば良かったのに。

 ヨシフくんは、参院拉致問題特別委員会の正式メンバーなんだから、出席するのが当然ニダなんですよ。

 ただ、ヨシフくん、過去の大会に、場違いがアリアリで突然やって来たことがあったんですね。

 それで、満員の聴衆から大ブーイングの総スカン喰らっちゃった。

 ですから、ヨシフくんにはトラウマあり過ぎて、もう二度と拉致問題の大会に顔をお出しになることはないでしょう。

 チョウニチさんと同じで、正論で攻められるとヨシフくんも、瞬時に弱点をさらけ出しちゃいますからね。

 それにしても、参院拉致問題特別委員会のみんちゅくんたちのメンバーは凄いな〜。

 理事に藤田幸久くん、委員が有田芳生くん、長浜博行くん、白眞勲くん、柳田稔くんwww

 確信犯で解決を邪魔しているメンバーばっかりです。

 一方、衆院拉致問題特別委員会のメンバーはこちらです。

 おやおや、みんちゅはあの鷲尾英一郎くんが理事をお務めになってたんですか。

 これもすんごいことだゾ。


 
< 34才児の確信犯、鷲尾英一郎 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/34-d276.html

 
< 拉致行為を間接支援している新潟県民、民度が低いですな >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-edf1.html


 なんかこうやって見てると、みんちゅくんたち、拉致問題を解決する気構えなんてサラサラないことが如実に判ります。

 80才児の元国家公安委員長石井一くんが「めぐみさんは、もう、とっくに亡くなっている。めぐみさんの帰国はありえない」と反日売国発言をしたのは、先月の29日です。

 忘れっぽい普通の日本国民だって、まだ、よ〜く覚えておりますよ、みんちゅくん。

 なのに今回の集会でみんちゅくんを代表して挨拶した松原仁くんは、この石井発言に関しては、一言も謝罪しませんでした。


 
< 松原仁くんのウリだけは悪くないニダ演説 >
 https://www.youtube.com/watch?v=8RIIIYzGNd4

">


 仁くんの一人だけ高揚している演説には、会場も、シラケちゃってます。

 自分達がしたことは全て無かったことにしてしまう、このみんちゅくんたちの伝統的なお家芸。

 この日もピョンヤン運転でございました。

 確信犯で拉致解決を邪魔しているみんちゅくんの戦犯たちは、まだまだいらっしゃいます。

 そう次なる問題児は、長島昭久くん、民主党拉致問題対策本部本部長です。

 彼、石井売国発言に関しては、みんちゅくんの見解としてこう声闘なさいました。


 
< 2014.08.31 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104841/

 
今回の石井前参議院議員の発言は、党の政策や基本姿勢とはまったく異なるものである。


 それだったら、今回の大会にも出席して、党としての誠実な態度を拉致被害者家族にも国民にもキチンと示すべきでしょう。

 更に、もう一人の戦犯を。

 それは言わずと知れた我らがヨシヒコくんです。

 ヨシヒコくん、拉致問題の打合せと称して9/2-5にモンゴルを訪問してきたばかりです。

 実際のところは、本当に拉致問題について語り合ってきたのかどうかさえも怪しまれてるんですが、訪問前はあれだけ増すゴミ諸君に強制的にアピールさせたんですから、ちょっぴり勘違いで期待してしまった拉致被害関係者だっていないとも限りません。

 ここは、顔だけでも出すのが日本人の良識と言うものでしょう。

 もっとも、今更ヨシヒコくんに良識を求めても虚しいだけですけど、一応、言うべきことだけは言っときませんとね。

 ただねぇ、ヨシヒコくんに関するこんな↓報道に接しますと、やっぱりヨシヒコくんは予定調和で拉致問題解決には無関心と言わざるを得ません。

 そもそも彼にとって拉致問題は票に繋がりません。

 それ以前に、ヨシヒコくんにとって、日本人の生命と安全なんかデフォでどうでもいいんでしょう。


 
< 2014.09.13 消費税3党合意当時の党首が会合 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140913/stt14091314000005-n1.htm

 
自民党の谷垣禎一幹事長は13日のテレビ東京番組で、公明党の山口那津男代表、民主党の野田佳彦元首相と、12日夜に都内で会合したことを明らかにした。3人は平成24年、消費税率引き上げを決めた「3党合意」当時の党首。会合には、民主党の藤井裕久元財務相も同席した。


 最後にこの日のお笑いネタを2つ。

 いずれも安倍総理がこの日の集会に冒頭から出席していたことから起った(いつもは会の途中からいらっしゃってました)、素晴らしき行動様式です。

 まずは、桜井よしこ姐さん。

 前回、前々回ともスケジュールの都合と称して司会をスルーしていた(前回はかなり遅れてやってきた)のに、今回は久しぶりに最初から最後まで総合司会を取り仕切りました。

 それにしても、よしこ姐さん、すんごーい老眼めがねw

6202
 ( 画像出典:こちらの動画から )


 2つめは仁くんネタ。
  
 彼、過去2回の集会は2回連続で堂々と遅れてやってきて、平然と大きな態度で一番真ん前にすわってたんです。

 拉致議連会長の平沼さんやその他の大物議員は、勿論、定刻に着席していたのにw

 ところが、今回は安倍総理が初っ端から出席していることが判ると、当たり前のように仁くんも遅刻せずに最初から着席してたんです。途中でトンスラーはいつもの通りでしたが。

 やれば出来る子と言うか、要領がいいと言うか、変わり身が早いと言うか、みんちゅくん坊やらしいと言うか・・・・。

 みんちゅくんウォッチング、今日もクリソツペニンシュラスタイルのお笑いネタが尽きません。


6203



2014年9月15日 (月)

反社会的勢力に子供達の教育を任せて安心しきっている大分県




6195


 
< 大分県教組「慰安婦ツアー」県教委の自粛要請聞き入れず実施 >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140910/edc14091023170005-n1.htm

 
大分県教職員組合が旅行業法に基づく登録をせず、新聞広告で「慰安婦」関連施設を見学する韓国旅行参加者を募集していた問題で、松田順子・県教育委員長は10日、問題発覚後に県教委が、生徒の安全確保の観点から旅行を自粛するよう県教組に求めたにもかかわらず、韓国旅行が予定通り実施されていたことを明らかにした。(津田大資)

 定例県議会本会議で、麻生栄作県議(自民)の一般質問に答えた。

 この問題は産経新聞が7月22日付朝刊で報じた。県教委は翌23日、「
旅行に参加する生徒に被害が及ぶ恐れがある」などとして、県教組に対し、自粛を含めて対応するよう求めた。

 だが、県教組は予定通り同月25日から2泊3日の日程で、旅行を実施したという。

 松田氏は募集と代金徴収が違法行為であることに加え、訪問先に「日本軍『慰安婦』歴史館」などが含まれていることを問題視し、「
大分の学校では偏った教育が行われているのではないかといった声をいただいており、残念に思う」と述べた。

 また、広瀬勝貞知事も10日の県議会で、違法行為について観光庁から県教組が注意喚起を受けたことに対し「誠に残念だ。大分県の教育に誤解を招くことがないようにしてもらいたい」と語った。



 
< 大分県教組「慰安婦ツアー」問題 市教育長「大変遺憾」と見直し申し入れ >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140908/edc14090822400004-n1.htm

 
大分県教職員組合が旅行業法に基づく登録をせず、新聞広告で「慰安婦」関連施設を見学する韓国旅行を募集していた問題で、大分市教育委員会の足立一馬教育長は8日の定例市議会本会議で「大変遺憾」と述べ、来年度以降は見直すよう県教組に申し入れたことを明らかにした。倉掛賢裕市議(自民)の一般質問に答えた。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 冒頭記事に登場する大分県教育委員長の松田順子さんなる人物。

 よく耳にする教育長と教育委員長とは何が違うのかなと思って Wiki を見ましたたら、次のように書いてありました。

 
” 教育委員長 ”

 教育委員長は、各都道府県、及び市町村に設置される教育委員会の代表である。

 教育委員の互選によって選ばれ、委員会を主宰する教育行政のトップである。執行機関である事務方のトップである教育長と混同されやすいが、教育長は教育委員会の委員の1人であり、組織上は教育委員長の方が上である。通常は教育委員長とともに職務代理者も置かれる。教育長との兼務はできない。



 ということは、教育行政の本当のトップは「教育委員長」になるんですね。

 オジサン、ちっとも知らなかったゾ。

 会社で言えば、教育長は社長でもなんでもなく副社長クラス、本当の社長は「教育委員長」。

 となると、いじめ事件が起きるたびにしょっちゅう頭を下げさせられて謝罪している「教育長」はあくまでもNo.2であって、本来、矢面に立つべき組織の実質No.1の「教育委員長」は、いつも自らは表に出ずに、トラブル処理は全て現場のNo.2に任せていた・・・・、ってのが全国的傾向と捉えて構わないんでしょうか。

 この推測が正しいとなると、増すゴミ諸君はこれからはコトある毎に、教育長オンリーではなく、併せて教育委員長を積極的に表舞台に引きずり出し職務責任を徹底的に追及すべきです。

 どの自治体も、NHK経営委員の如く、組合の893同然の圧力に押されて全く機能していない如く、教育界に於ける教育委員と教育委員長も、単なる名前だけの名誉職的存在だけで、実質的には全くワークしていないような気がしてなりません。

 その点では、今回、産経新聞が問題多き大分県教育界の中で、教育長ばかりでなく教育委員長の「松田順子」姐さんの名前も曝した上で、両者の責任追及のコメントを求めたのはとってもGJである、とオジサンは感じました。

 さて教員採用試験のインチキから始まって反日教育まで、もうご本業の遣ってることが教育ではなく反社会的勢力まがいになってしまった大分県の教育を取り締まるべき大分県教育委員会とは、彼ら自身の説明によりますと、以下組織となっています。


 
< 大分県教育委員会とは >
 http://kyouiku.oita-ed.jp/oitaedu.html


 この組織のトップが「松田順子」姐さんです。

 なんと大分県教育庁チャンネルの彼女へのインタビューが、ご丁寧にもようつべにもアップされておりますので、オバサマアレルギーのない方は是非、その人となりをご覧になって下さい。


 
< 2014.02.16 インタビュー 教育委員に聞く 松田順子教育委員 >
 http://www.youtube.com/watch?v=8Sd_8VSthlA#t=36

">


 どうですか、一挙におばちゃんファンになりましたでしょうか。

 お召し物もとっても素敵で、教育者の品性と知性は微塵も感じられず、典型的な大阪のオバチャンタイプです。

 そんなすんばらしい松田順子姐さん、本職は東九州短大の教授サマだったんですね。


 
< 松田順子、研究者検索から >
 http://researchmap.jp/read0059012/
 

 以上背景を下に、冒頭記事を読み返してみましょう。

 騒動の発端は、以下新聞広告からです。

 

  
< 2014.05.08 大分合同新聞に掲載 >

6196


 ちなみに今回の反日ツアーは、今年で12回目のツアーです。

 大分県教育委員会の幹部諸君が、「そんなことはちっとも知らなかった」と素っとぼける良心なき言い訳の自由は、日本は言論の自由が許されている法治国家ですから、建前的には許されます。

 でも、彼らはそもそも、どういうことの労働の対価でお給料を一丁前に頂戴できてるんでしょうか。

 管轄区域内の教師諸君の「読み書き算盤」授業を監督管理するのが、先ず一つ。

 次いで最も重要なのが、学校内・学校外での子供達の生命と安全に関して全責任を負い、万全を期すこと。

 生徒諸君の生命を守り安全を確保することは、教育委員会の最優先課題だとオジサンは考える訳なんですが、松田順子姐さんの反日ツアーに対するコメントは果たしてどうであったでしょう。

 大変意地悪な観方ですが、どう考えても彼女、オジサンには次のような言い訳に終始しているようにしか取れません。


 
私は組合にはツアーそのものを自粛するように要請した。

 でも、彼らは私の言う事などは一つも聞かずに、予定通りツアーを実施した。

 これでは、大分県では偏向教育が罷り通っていると思われてしまう。

 私としてはとても残念だ。



 生徒の安全に問題があると自ら感じていたのなら、松田順子姐さん、何故、強制的にツアー中止をさせなかったんでしょう。

 これで、参加した生徒達が万が一、セウォル号並みの事故に遭遇してしまったら、彼女、どう責任をお取りなさるのかな。

 ウリはツアー自粛を申し入れたんだから、ウリには責任なんてないニダ。

 なんか予定調和でこう答えるであろう彼女の姿が眼に浮ぶようです。

 結局、大分県では、監督する側の教育委員会も監督される側の教職員組合も一心一体。

 彼らがどんな詭弁を弄しようとも、部外者の第三者には、「大分県の教育関係者全員が、子供達への反日教育を是認している」としか映りません。

 くどいようですが、これは、今年で12回目の反日ツアーだったんです。

 教育委員会も先生も生徒も父兄も今までノーアクションだったてことは、大分県には、反日教育自体に何ら疑問も持たず、日本を貶めることに涙して喜んでいる方が、普通に沢山いらっしゃるってことです。

 だから、続いて以下のようなことが平気で何十年間も行われてたんです。

 ここまでくると、大分県の教師諸君って、日本の法律を平気で犯すもう立派な反社会的組織に属する方々です。

 
 
< 大分県教組、学校名簿で懇談会案内、個人情報保護条例抵触で処分へ >
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140913/edc14091312230003-n2.htm

 
大分県内の公立小中学校の教職員が、県教職員組合が主催する懇談会の案内文を、学校名簿を利用して郵送したり、児童生徒に配布物として渡していたことが12日、分かった。個人情報の目的外使用などを禁じた条例と、公務員の職務専念義務を盛り込んだ地方公務員法に抵触する可能性があり、県教委などは関係者の処分を検討している。(津田大資)

 
■通知方法に疑問

 保護者懇談会は県教組支部分会の活動で、通称「ミニ懇談会」と呼ばれる。学級単位で保護者を集め、担任教諭らと懇談する。30年前から毎年、夏休み中に開かれている。学校行事ではなく、公民館など校外を会場としている。

 日田市では、市立小中学校30校のうち14小学校が、7月28~8月29日に開催した。いずれも学級担任の教諭が、緊急連絡用に学校が作成した名簿を利用し、住所や保護者名をあて名にした封書で案内状を送付していた。

 また、竹田市の市立全17小中学校では、7月下旬~8月上旬に開かれた。このうち2小学校と5中学校で、担任教諭がミニ懇談会の案内プリントを保護者に渡すよう、児童生徒に配布して持ち帰らせた。日田市と同様に封書で送付した学校も2校あった。
 
 ミニ懇談会の通知方法について疑問を抱いた保護者から県教委などに連絡があり、問題が発覚した。

 個人情報の取り扱いについては、各市町村が、個人情報保護法(平成15年5月施行)に基づき、「目的外利用の禁止」などを盛り込んだ条例を制定している。学校が作製した名簿を、組合活動に使うことは条例に抵触する恐れがある。

 
■政治的な内容も

 また、竹田市の複数の懇談会では、7月1日に安倍内閣が閣議決定した
集団的自衛権行使容認や政府の安全保障政策について懸念を示す内容も含まれていたという。こうした政治色の濃い会合は、教職員による政治活動を制限した教育公務員特例法に抵触するとの指摘もある。

 県教委の野中信孝教育長は今月10日に開催された定例県議会本会議で、麻生栄作県議(自民)の一般質問に対し「氏名住所を保護者の同意なしに組合活動に使用したのであれば、個人情報の目的外利用の可能性が高い。職務専念義務違反も当該教職員には責任を負ってもらわなければならない」と答弁した。

 野中氏は産経新聞の取材に「違法な政治行為とは判断できないが、教育の政治的中立性の観点から、慎重な行動が求められる。条例違反が確認されれば、服務監督権者の市町村教委と連携し、処分を含めて適切に対応したい」と語った。

 

 もはや、反社会的組織の一員以外の何者でもない大分県の教職員諸君に、法律を守れなんて言って聞かせても何の効果もありません。

 だって、彼らに日本の法律を守る気なんて最初からサラサラありませんもの。


 heart
2014年、教師の不祥事、大分県編 heart


 
< 2014.08.21 40代の杵築市高校教諭、自身FBに不適切投稿 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-774.html

 
< 2014.04.26 小学校教諭が正答漏らす、大分・由布市、県学力テスト >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-683.html

 
< 2014.03.20 女子児童にわいせつ行為、大分市非常勤職員を逮捕 >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-658.html

 
< 2014.03.10 日田市、昨年の卒業アルバム1年たっても完成せず >
 http://kyoshifusyoji.blog.fc2.com/blog-entry-650.html


 再度、大分県教育委員会のHPをチラ見してみました。

 一目で教職員向けのコンプライアンス徹底が全く軽視されているのが判ります。

 本業で目に付くのは教職員の待遇の良さ。

 特に子育て支援なんていたれりつくせり。

 これでたっぷり休めて、読み書き算盤は塾任せで、日当付きで政治活動が何の制限もなく遣れるんですから、大分県教職員組合加盟の組合員の先生方におかれましては、毎日がホルホル生活でしょう。


 
< 学校職員の子育て支援のための休暇制度一覧、大分県教育委員会 >
 http://kyouiku.oita-ed.jp/jinji/2010/08/post-11.html

 さらに、臨時講師等の任用登録なる頁を拝見しますと、あらゆる職種を募集してます。

 一般人の常識からすると、少子化で生徒が減ってるはずなのに、既存の人数で何故遣り繰りできないのかは大いに疑問です。

 上記事件一覧でも、見事に臨時講師が猥褻事件を起こしています。

 正規教員のコンプライアンス指導を徹底し、彼らの服務規律とモラルの厳格化に努力を払った方が、安易に臨時職員を雇うよりも余程、先生方の質的アップに繋がると思うんですけどね。

 それと同時に、コンビニのアルバイト募集ならまだしも、臨時講師に応募してくる人って、臨時講師の職に就いていない時、普段は一体何をなさってる方々なんでしょう。

 派遣社員並みに正規教師になれなくて、臨時講師職を渡り歩いている人?それとも、本当にアルバイト的な片手間で臨時講師をしている人?或は既にリタイアなさった先生方?

 教わる側の感情からしたら父兄も含めて、臨時講師ではなく出来れば正規教員から授業を受けたいと思うのが偽らざる心境だと思いますけどね。

 まぁ、教える側の教員の質が全てを決定づけるとは思いませんが、親の側からすれば現実的には我が子を優秀な大学へ入学させたいというのが正直なところです。

 本業以外ばかりが全国的な知名度を上げている、もはや反社会的勢力によって牛耳られてしまったと思える大分県教育界。

 都道府県別の東大・京大の進学率からみても、さもありんなんですかな。


 
< 2014年度、都道府県別、東大・京大進学率 >
 http://biz-journal.jp/2014/09/post_5967_2.html

* 左から、順位、都道府県名、高校生総数、東大・京大合格者数、進学率

01位:奈良、38,000、274、0.00721
02位:京都、72,000、348、0.00483
03位:東京、315,000、1244、0.00395
04位:兵庫、144,000、478、0.00332
05位:大阪、232,000、617、0.00266
06位:広島、75,000、155、0.00207
07位:愛知、195,000、396、0.00203
08位:石川、32,000、61、0.00191
09位:滋賀、39,000、74、0.00190
10位:神奈川、201,000、378、0.00188
11位:富山、29,000、54、0.00186
12位:香川、26,000、46、0.00177
13位:岡山、55,000、97、0.00176
14位:鹿児島、50,000、86、0.00172
15位:和歌山、29,000、43、0.00148
16位:愛媛、37,000、53、0.00143
17位:福井、24,000、34、0.00142
18位:岐阜、57,000、76、0.00133
19位:福岡、134,000、177、0.00132
20位:三重、51,000、65、0.00127
21位:鳥取、16,000、18、0.00113
22位:長崎、42,000、47、0.00112
23位:山梨、27,000、30、0.00111
24位:静岡、102,000、108、0.00106
25位:高知、21,000、22、0.00105
26位:茨城、80,000、83、0.00104
27位:千葉、152,000、155、0.00102
28位:熊本、51,000、51、0.00100
29位:佐賀、26,000、25、0.00096
30位:島根、20,000、19、0.00095
31位:山口、36,000、32、0.00089
32位:徳島、21,000、18、0.00086
33位:宮崎、34,000、29、0.00085
34位:長野、60,000、51、0.00085
35位:新潟、64,000、54、0.00084
36位:埼玉、178,000、134、0.00075
37位:群馬、54,000、40、0.00074

37位:大分、34,000、25、0.00074
39位:栃木、55,000、35、0.00064
40位:北海道、139,000、87、0.00063
41位:秋田、29,000、16、0.00055
42位:宮城、62,000、33、0.00053
43位:福島、57,000、24、0.00042
44位:山形、34,000、14、0.00041
45位:岩手、38,000、11、0.00029
46位:沖縄、48,000、9、0.00019
47位:青森、40,000、7、0.00018


 
< 2008.10.10 産経新聞から >

6197


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後に、反日ツアーを企画していたのは、なにも大分県教職員組合ばかりではなく、どうやら解同機関も堂々と行っていたようです。


 
< 2014.09.14 産経新聞朝刊から >

6198
 ( 同上Web版記事はこちら



2014年9月14日 (日)

大津市長越直美姐さんの「政治ごっこもどき以前」のグダグダ市政




6193


 2012年1月、歴代全国最年少市長で当選を果たした大津市長の越直美姐さん39才児。

 デヴューして、はや、2年8ヶ月。

 直美姐さんの「政治ごっこもどき以前」は、益々、絶好調です。


 
< 2014.09.11 読売新聞 >
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140911-OYT1T50047.html?from=ytop_main3

 
女性市長のタクシー登庁、「通勤」か「公務」か

 
大津市議会の一般質問で10日、越直美市長の「タクシー登庁」を巡って、市当局と市議が応酬する一幕があった。

 山本哲平市議(清正会)が「経済的かつ合理性がある通勤手段は非課税とされているが、コストがかかるタクシー通勤は課税対象で、手続きもれではないか」と質問すると、市側は「市長の自宅との行き来は通勤ではなく、公務による移動。公用車の代用として市が負担すべきもので、手続きもれはない」と反論した。

 公用車の有効利用やコストの観点から、重ねて妥当性を問われた市側は、月20日の登退庁を想定した場合、タクシーは19万円、公用車は時間外勤務が生じるため30万円、公共交通機関利用は約1万5000円かかるとの試算を提示。「安全面などリスク回避のため、公用車移動が基本だが、経済性などを考慮してタクシーとしている」と答弁した。越市長も「就任以来コンプライアンスを推進する立場から誠実に職務を遂行している。法律面からもコストの面からも、問題はない」と強調した。(池内亜希)



 一度読んだだけでは何が問題になっているのか、読者にはよく判らない記事です。

 オジサン的には本件以下の通りかと、無理矢理解釈してみました。

① 直美姐さんは公用車通勤は高コストなので、費用削減の観点から毎日?タクシー通勤している。

② その点を山本市議が、タクシー通勤は課税扱いであり、服務規律違反ではないのかと追求。

③ 市側回答:市長の自宅との往き来は通勤ではない、公務による「移動」である。従って、タクシー料金は全額公費で負担処理されて当然至極である。

④ 直美姐さん回答:法律面からもコスト面からも全く問題なし。


 本件、直美姐さんにそんなに自信がおありなら、「コンプライアンスが何タラカンタラ」なんて余計なこと仰有らないで、ただ一言、「ウリのタクシー通勤には何の問題もないニダ(キリッ」ってきっぱり強弁すれば良いだけのことです。

 それをしなかったってことは、直美姐さん、少しは後ろめたさも感じてはいらっしゃるのかな。

 いやいや、ここは、ちょっぴりしおらしさも演じて見せとくべきとの直美姐さんの深慮遠謀型ピョンヤン運転演技とオジサンは見ました。

 議事録を読んでいないので全体像がなかなか見えませんが、問題の核心は、山本市議の
「経済的かつ合理性がある通勤手段は非課税とされているが、コストがかかるタクシー通勤は課税対象で、手続きもれではないか」の質問にあるのでしょう。

 市長のタクシー通勤はそもそも認められていない。タクシー通勤を認めるのなら、きちんと手続きを踏んで服務規律に組み入れるのがスジだ。

 ところが、市側も直美姐さんも、自宅との往復のタクシー利用は通勤扱いではなく「公務による移動」なる想定外の詭弁で逃げ切ったww

 となると、市長の公用車はてっきり廃車になっていて、お抱え運転手も馘を切られているのかと思ったら、こちらの大津市議のブログにはこんなことが書かれておりました。


 
< 2014.09.11 藤井てつや公式ブログ(みんなの党) >
 http://www.fujiitetsuya.jp/blog/?p=4761

 
山本哲平議員の質問により、市長は毎朝タクシー通勤をしていることが明らかになりました。公用車での通勤と比較してコストが安くつくからだそうですが、どちらにしても現在は公用車運転手も雇い、タクシー通勤をしているのでダブルで費用がかかっています。


 読売の記事を読んだだけでは、質疑応答の要は単純にコスト上の問題だけと思ってしまいがちですが、公用車も運転手もそっくりそのままであることが暴露されてしまうと、問題は一変して、やっぱり直美姐さんって予想通りのアレな人。

 オジサンとしてはみんちゅくんの笑韓劇場ネタがまた一つ増えて、嬉しくなっちゃいました。

 更に、質問者の山本市議のブログを拝見して、この問題の本質をやっと理解しました。

 
 
< 2014.09.12 通勤が存在しない >
 http://blog.goo.ne.jp/yaman11/e/104736cc7e16dcbad32bf3b1b13d5eb2


 でも、直美姐さんのこのタクシー通勤問題、2年8ヶ月前の就任当初ならいざしらず、今ごろになって問題にするのも何となく解せません。

 それとも何ですかねぇ、直美姐さんがタクシー通勤し始めたのは、つい最近のことなんでしょうか。

 或は就任当初からで、直美姐さんのタクシー通勤によって、残業代収入が全く入らなくなってしまった自治労所属のお抱え運転手が山本市議に泣きついた結果が、今回の質疑応答に繋がったのでしょうか。

 2013年4月の市議選開票結果(大津市選管発表)を拝見しますと、この山本市議は一応無所属になってますが、こちらの滋賀県議員一覧では、彼、民主党所属になってます。

 ご自身のプロフィールを拝見しましても、「平成17.18年度民主党滋賀政治スクール生」とありますから、「ちょっと待て、その無所属は、民主党」の臭いがプンプンしてきます。

 となると、本件質疑応答も、同じみんちゅくん同士の「出来レースかも?」の可能性も充分ある訳です。

 さぁ、おもしろくなってきました。

 これだから、みんちゅくんウォッチングは止められません。

 みんちゅくんたちが話題にすることは、800%本業である政治以外のことばっかりです。

 集団的自衛権一つ理解不能なみんちゅくんですから、さもありなん。

 でもねぇ、こんな個人的服務規律ネタ、議会閉会期間中に事務方同士で決着つけておいて下さい。

 貴重な税金で、本業以外の個人的ネタを取り扱わないで下さい。

 本気で糺弾する気があるのなら、辞任勧告決議案、さっさと提出して下さい。

 大津市政、直美姐さんのお蔭で、もう、gdgdなんでしょう。

 ところで直美姐さん、後任の教育委員長と副市長は見つかったのかな。

 毎日タクシー乗りたいのなら乗っても構わないから、ご本業の方は、「政治ごっこもどき以前」ではなく、せめて「政治ごっこもどき」のレベルでお仕事なさって下さいな。

 ねっ、みんちゅくん一押しの全国最年少市長の直美姐さん。

 直美姐さん、貴女って、とっても優秀な政治屋さんなんでしょう。


 
< 大津市教育長、後任見通し立たず >
 http://www.asahi.com/articles/ASG8T2VRZG8TPTJB002.html

 
3月に任期を3年残して辞任した大津市の教育長の後任選びについて、越直美市長は8月25日、現段階で9月の通常会議に後任人事案を提出できないことを明らかにした。後任の見通しは立っておらず、事態解消にはさらに時間がかかりそうだ。越市長は市議会の求めに応じて議会運営委員会に出席。「(9月定例)会議が終わるまでに提案の有無にかかわらず改めて話させて頂きたい」と釈明した。市では5月に副市長も任期を2年残して辞任し、後任も決まっていない。

 
6194



 

2014年9月13日 (土)

拉致問題解決、邪魔する気満々の野田佳彦くん




6189


 
< Anime "MEGUMI" (English version) >
 http://www.youtube.com/watch?v=i8xqoYDxra4

">


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< えっ、あの野田佳彦くんがモンゴル訪問? >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-e04c.html

 
< 謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(9/2-5) >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/92-5-42b4.html

 
謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(続き)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-2576.html


 3回に亙って我らがヨシヒコくんのモンゴル訪問の動向をお伝えしてきましたが、本日現在、このヨシヒコくんのモンゴル行きの結果を報じたメディアは、日本国内・海外ともに一社たりとも存在しません。

 期待していた8日にアップされたヨシヒコくんのオフィシャルBlogも、ご自身の今回のモンゴル訪問に関しては黙して語らず、予想通りのスルーでした。

 同行者の長浜博行くんのFacebookも見事なスルー振りです。

 ここまでは素人のこのオジサンでも想定内でしたので、頼みの最後の綱である「在モンゴル日本大使館のモンゴル週報」の発表を愉しみに待っていた処、9月11日に漸く9/1-7日分が発表されました。

 ワクワクしながらこの週報にアクセスしたところ、ありました、ありました。
 
 本文たった1行のヨシヒコくんのモンゴル訪問が伝えられておりました。


 
< モンゴル週報(9/1-7)在モンゴル日本国大使館 >
 http://www.mn.emb-japan.go.jp/jp/seikei/2014shuuhou0901-0907.pdf

 ↓上記pdfの2頁目から

 
■ 2~5 日、野田前総理モンゴル訪問

   ボルド外相、バトボルド前首相等と会談。(8日付各紙)



 どうやら1次ソースは地元のモンゴル紙らしく、その地元紙とは、「US=日刊紙ウドゥリーン・ソニン、UN=日刊紙ウヌードゥル、ZM=日刊紙ゾーニー・メデー、USh=ウンデ スニー・ショーダン紙、UT=政治新聞」である旨記載されております。

 早速、ネットでURLが判明した上記の3紙にアクセスしてみたのですが、何故か、3回トライして3回とも繋がりません。

 で、結局、ヨシヒコくんのモンゴル訪問の裏付け取りは、残念ながら現時点では判らずじまいの状態です。

 一方、この間、毎日チェックしていたモンゴルの英字紙である " UB Post " ですが、 こちらは本日に至るまで、野田前首相のモンゴル訪問に関しては、一切報じられておりません。

 以上から鑑みますと、今回のヨシヒコくんのモンゴル訪問は、一般国民の目線ではその真偽は全く「薮の中」がオジサンの結論です。

 大使館レポートに信憑性があるとするなら、日本の増すゴミ諸君は何故、日本とモンゴルの前首相同士の会談、並びに現モンゴル外相との会談を報じようとしないんでしょう。

 出発前に、「
エルベグドルジ大統領ら政府要人と会談する28日付毎日)」と報じた癖に、結果的にはモンゴルの現在の元首であるエルベグドルジ大統領との会談ではなく、行政の長である首相、それも前首相との会談しかできなかった・・・・。

 そんな事実を、増すゴミ諸君はバツが悪過ぎて、書こうにも書けない状況なのかも知れません。

 おまけに毎日新聞なんかは、「
訪問はモンゴル政府が要請した」とまで書いちゃってましたからね。

 先方からの要請なのに、現大統領にさえ会うことができずに、実際に合うことができたのは格下の首相、それも前首相だった・・・・。

 これじゃぁ、ヨシヒコくんはもちろんのこと、毎日さんもこれでは面子丸潰れです。

 その点、産経新聞はこのヨシヒコくんのモンゴル訪問のニュースソースは「民主党関係者」から入手とはっきり記事にしていたことから、少しは救われますかな。

 解せないのは読売新聞の報道です。

 産経・毎日はいずれも8月28日付の報道ですが、読売だけは、何と出発日当日2日の報道でした。

 報道内容は3紙多少の違いこそあれ、ヨシヒコくんが2012年11月ウランバートルで4年3ヶ月振りに日朝の外務省局長級の政府間協議を開催したことの実績に触れ、さも今回のヨシヒコくんの訪問が、拉致解決に資する訪問であるかのように、明らかにプロパガンダ要素がプンプン臭う報道内容でした。

 ここまで読者を煽っておいて、いくら現大統領に会えなかったからと言って、訪問結果を何も報道しないいつもの報道をしない自由、もとい、いつもの強制言論統制は、ヨシヒコくんも増すゴミ諸君も、あまりにも読者である国民を馬鹿にし過ぎてませんか。

 もっとも増すゴミ諸君は、最初からヨシヒコくんの嘘を百も承知で、確信犯の捏造報道だった可能性も捨て切れませんが。

 賄賂あり、ハニトラあり、もちろん喜び組接待あり・・・・。

 拉致問題、今は、正に9月中には北朝鮮側から何らかの回答が示されようとしている関係者にとっては、実にナーバスにならざるを得ない時期です。

 このような時期にこそ、真実・事実に沿った報道をするのが本来の増すゴミ諸君の使命の筈です。

 ところが、現在はタダのヒトでしかないヨシヒコくんの幼児並みの外交ごっこ一つでさえ、まともな事実を報道しようとさえしない誠に情けない増すゴミ諸君。

 「他人の不幸は蜜の味」しか眼中にないヨシヒコくんと増すゴミ諸君、完璧に賞味期限切れです。

 にしても、今回のヨシヒコくんのモンゴル訪問、ひょっとして安倍政権本丸が、当の昔からヨシヒコくんの悪意ある動向をキャッチしていて、事前に「ヨシヒコ・エルベグドルジ大統領」会談を潰しにかかっていたのが真相だったとしたら、これはこれで安倍政権GJです。

 内閣官房参与で飯島勲さんがいらっしゃる限り、その程度の妨害工作は当然やりかねません。

 だって、ヨシヒコくんの今回の同行者は、北朝鮮大好きの斎藤勁くんですからね。

 前首相とは言え現在は一国会議員でしかないヨシヒコくんと、元官房副長官の一般民間人斎藤勁くんが、モンゴルへ出かけて行って、第三国の現役大統領と拉致問題を語ったところで、成果など期待する国民は一人とて居りません。

 いくらお馬鹿な増すゴミ諸君だってその程度の判断能力はおありでしょうに。

 ないかな?


 
< 2013.03.27 産経新聞から >

6191


 どう考えたところで、上記密約を画策していた斎藤勁くんをンモンゴルまで連れて行くこと自体が、不自然なんです。

 それに、くどいようですが斎藤勁自身はもう国会議員を引退している人物ですからね。

 と言うことは同じく今回同行した長浜博行くんは、北朝鮮拉致利権疑惑が濃厚な斎藤勁くんの後継者と捉えるのが正解かも。

 何れに致しましても繰り返し申しますが、プーチンくんが3日にウランバートルでモンゴル大統領との会談を発表した時点で、オジサンは、ヨシヒコくんのエルベグドルジ大統領との会談の可能性は極めて低いと見ていました。

 と言うか、オジサンは現時点でも、ヨシヒコくんご一行様のモンゴル行きは実際にはなかったのではと半分疑っています。

 実際には、北京あたりで北朝鮮の密使と拉致密約利権を談合していたのでは、と。

 仮に、モンゴルを実際訪問していたとしても、モンゴル首脳と会談するという話は最初からダミーで、真の訪問目的は、当初からウランバートルで北朝鮮当局者と拉致密約利権を談合することにあったのでは、とオジサンは睨んでます。

 だから、増すゴミ諸君はな~んにもヨシヒコくんのウランバートルに於ける滞在動向は発表しない、否、発表できない。

 おまけに、在モンゴル日本大使館もヨシヒコくんのみんちゅ党朝鮮勢力に脅迫されていて、モンゴル週報に偽の情報を掲載せざるをえない状況に追い込まれていた、なぁんちゃって。

 そう考えると北朝鮮シンパの斎藤勁くんが同行した理由がすんなり納得できるんですけどね。

 もちろん公安筋も安倍政権もそんなことは充分承知の上でのこと。

 何せヨシヒコくんも反日増すゴミ諸君も、安倍政権の拉致問題交渉が上手くいっていないとプロパガンダすることに、今は必至ですからねェ。

 結句、もう2ヶ月前の産経新聞の記事ですが、拉致問題解決、ヨシヒコくんが思いっきり邪魔しているように思えてオジサンには仕方がありません。


 
< 総連本部問題で北を増長させた民主党政権の“罪” >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140713/plc14071318000002-n1.htm

 
北朝鮮が日本人拉致被害者の安否などの「再調査」に着手し、拉致問題解決に向けて大きく動き出したとのムードが漂う。だが、折しも最高裁が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビル(東京都千代田区)の売却手続きを一時停止し、日本側が「超法規的措置」で北の主張をのんだという疑念も頭をもたげている。真相はともかく、もとはといえば、民主党の野田佳彦政権が拉致問題進展と総連本部競売回避の「裏取引」に動き、結果的に北朝鮮に“悪知恵”を授けてしまったことが尾を引いているのは確かだ。


 長文ですので、引用はここまで。

 以下、興味深い民主党の禁じ手が語られてますのでご興味ある方は、上記URLからどうぞご覧になって下さい。

 これを読むと、今回のヨシヒコくんのモンゴル行きの狙いは、大統領との会談でも拉致解決の打合せでもなく、ましてや、「
今回の訪問はモンゴル政府の要請だった」との毎日新聞の記事なんかは、ちゃんちゃら可笑しくて仕方がありません。

 但しあくまでも全ては根拠レスのオジサンの邪推に過ぎませんので、念の為。


 ↓上記記事の追記


> 今一度、民主党政権が画策した“禁じ手”を振り返ってみる。(中略)

> 許議長はこう話した。

> 「
野田総理はわれわれ(総連)に対し、拉致問題を協議するために、民主党の事務責任者を特使として派遣したいと伝えてきた」

> 「そこでわれわれは本国(北朝鮮)に知らせた。本国は(昨年)10月30日から11月2日まで、野田総理の特使一行を受け入れることとし、招待所で(北朝鮮)外務省関係者と協議した。最高人民会議幹部とも会った」



6190
6192



2014年9月12日 (金)

一般人には判断のしようがない猪木くんの北朝鮮闘魂外交




6184


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< N. Koreans mark 66th anniversary of nation's founding leaders Kim ll Sung and Kim Jong ll >
 http://www.youtube.com/watch?v=JfFbEa44vVM

">


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< プロレスで「友好関係を」訪朝前にアントニオ猪木氏 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/08/25/25inoki/

6185
 
プロレスラーのアントニオ猪木参院議員(次世代の党)が8月25日、東京都内で記者会見し、北朝鮮・平壌で30、31日に開かれるプロレス大会について「一歩踏み出すことで(お互いに対する)偏見をなくし、日朝の友好関係が築かれる」と述べ、スポーツ交流の意義を強調した。会見には参加選手21人のうちボブ・サップ選手ら17人が出席。サップ選手は「とても興奮している。米国だけでなく日本も代表する気持ちで精いっぱい頑張りたい」と話した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 このピョンヤンでのプロレス大会、二コ生で中継されてたんですね。

 オジサンは、ちっとも知らなかったゾ。

 国交のない国と、どうしてこのようなことが出来るのかテクニカル的には誠もって不思議ですが、こんなこと勝手に遣られちゃったら、既存の増すゴミ諸君の面子は丸潰れですね。

 これじゃぁ、チョウニチ新聞さんも共同通信さんも天下のNHKさんも、もう、威張ってられませんな。


 
< 朝鮮より生中継、アントニオ猪木主催のプロレス大会をニコ生が8/31放送 >
 http://news.nicovideo.jp/watch/nw1197992

 
北朝鮮の平壌市内にて8月31日に開催されるアントニオ猪木主催のプロレス大会「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」の模様が、動画サービス「ニコニコ生放送」にて生中継されることが決定した。

 番組では、8月30日と31日の2日間にわたり北朝鮮の平壌市内にある柳京・鄭周永体育館で開催される大会のうち、2日目の模様を完全生中継。同大会では、世界各国より20名程度の選手が参加予定となっており、アントニオ猪木によるあいさつに加え、プロレス以外にも格闘技、テコンドー、合気道、シルムなどの演武なども行われるという。



 
< Wrestlers bring fighting diplomacy to North Korea >
 http://www.youtube.com/watch?v=AiFnRujWOZM

">


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< Inoki meets with North Korea’s ceremonial head of state >
 http://www.japantimes.co.jp/news/2014/08/30/national/politics-diplomacy/inoki-meets-with-north-koreas-ceremonial-head-of-state/#.VBDvOSiGI18

6186
 
PYONGYANG – High-profile opposition lawmaker Antonio Inoki on Saturday met with North Korea’s ceremonial head of state Kim Yong Nam following moves by the two countries to improve bilateral relations.


 
< Inoki upbeat despite Kim’s no-show at his wrestling event in North Korea >
 http://www.japantimes.co.jp/news/2014/09/01/national/inoki-upbeat-despite-kims-show-wrestling-event-n-korea/#.VBDwUCiGI18

6187
 
A rare two-day pro wrestling event in North Korea ended Sunday without an appearance by the country’s leader, Kim Jong Un, but Diet member Antonio Inoki, who co-hosted the extravaganza, said he was satisfied that it contributed to closer relations.


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 猪木くんの関連記事をググっていたら、こんなニュースサイトがこの日本に存在していることを知りました。


 
< アントニオ猪木、北朝鮮でも「1、2、3、ダー!」イベント収入は「日本の観客」から >
 http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/29/antonio-inoki-north-korea_n_5734798.html


 このハフィンポストなるニュースサイト。

 Wikiによればアメリカのリベラ系ネット新聞らしく、日本版が設立されたのは2013年4月で、日本側の提携相手はなんとチョウニチ新聞だとか。

 なるほど、それで上記記事画面中に、
" IN ASSOCIATION WITH THE ASAHI SHIMBUN " とある訳です。

 で、現在の日本語版の編集主幹は、あの反日左翼姐さんの長野智子嬢(ハフィントンポスト日本版スタッフ一覧)です。

 でも、このネット新聞を運営なさってる方達、本当にこれがニュースサイトだと本気で思ってお仕事なさってるんですかねぇ。

 どう見てもこちらに掲載されている記事の一次ソースは、どれをとってもあちこちから切り張りされたものでしかなく、自分で取材したものは一つも見当りません。

 たとえば次の記事をご覧になって見て下さい。


 
< 石井一氏「横田めぐみさん、とっくに亡くなっている。私は北朝鮮に精通している」 >
 http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/29/hajime-ishii_n_5739914.html?ref=topbar


 全てコピペで、独自なものは一つもありません。

 この点でも、反日左翼の皆さま方におかれましては、クリエイティブなお仕事が極めて苦手であることがまたまた証明されてしまいました。

 きみたちは、つくづく、生産的なお仕事には不向きなんですな。

 きみたちがお出来になることは、日本を貶めるために泣き喚くことだけ。

 ハフィンポスト日本語版、チョウニチさんと一緒に廃刊になるのも時間の問題でしょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6188



2014年9月11日 (木)

素晴らしき哉、安倍総理の南アジア外交




6171
6172



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.30 インドのモディ首相来日、安保・経済分野の連携強化へ >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/08/30/27india/

6173


 
< 2014.08.31 京都、東寺境内を散策する両首脳 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201408/30_31kyouto.html

6174


 
2014.08.31(日)安倍晋三、首相動静(時事通信版) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20140831/p1

・午前9時7分、宿泊先の京都市左京区のグランドプリンスホテル京都発。同34分、同市南区の東寺着。

・午前9時47分から同49分まで、講堂前でインドのモディ首相を出迎え。同50分から同10時10分まで、同首相とともに講堂や五重塔を視察。同11分から同12分まで、金堂前で同首相を見送り。


・同14分、同所発。同24分、JR京都駅着。同35分、のぞみ10号で同駅発。

・午後0時53分、JR東京駅着。同57分、同駅発。


・午後1時13分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。菅義偉官房長官、加藤勝信、世耕弘成、杉田和博各官房副長官、河内隆内閣総務官と
打ち合わせ。

・午後4時14分、同ホテル発。

・午後4時34分、東京・富ケ谷の私邸着。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
2011.12.18(日) 日韓首脳会談 in 京都 >

6175


 
2011.12.18(日)野田佳彦、首相動静(時事通信版) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20111218/p1

・午前8時30分、宿泊先の京都市左京区のグランドプリンスホテル京都発。

・同47分、同市上京区の京都迎賓館着。同48分、「貴船の間」へ。同9時10分、「貴船の間」を出て「水明の間」へ。同11分、
李明博韓国大統領との首脳会談開始。

・午前10時9分、首脳会談終了。

・同10分、「水明の間」を出て、李大統領とともに同館中庭を散策。同17分、中庭を出て、同19分、「貴船の間」へ。

・午前10時39分、「貴船の間」を出て「聚楽の間」へ。同40分から同46分まで、報道各社のインタビュー。

・同47分、「聚楽の間」を出て「貴船の間」へ。同54分、「貴船の間」を出て、同55分、同館発。

・午前11時8分、京都市右京区の龍安寺着。同22分から同38分まで、李大統領とともに龍安寺を視察。同50分、同所発。


・午後0時21分、京都市南区の新・都ホテル着。同ホテル内の日本料理店「京大和屋」で斎藤勁官房副長官、手塚仁雄、長島昭久両首相補佐官らと食事。

・午後1時40分、同ホテル発。同44分、JR京都駅着。同45分、
特別室へ。

・午後1時59分、同室を出て、同2時3分、のぞみ232号で同駅発。

・午後4時23分、JR東京駅着。同27分、同駅発。同39分、
公邸着。


 
2011.12.19(月)野田佳彦、首相動静(時事通信版) >
 http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20111219/p1

・午前7時55分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。大西隆東大大学院教授、永久寿夫PHP研究所常務と会食。57分、古川国家戦略相加わる。

・9時33分、官邸。10時15分、手塚首相補佐官。32分、千葉日報社のインタビュー。


・午後0時、官邸発。東京・新橋での街頭演説に向かったが、途中で引き返す。

 
heart↑アイゴー、金正日将軍さまがお亡くなりになったニダ heart

6176
・9分、官邸。

・30分、藤村官房長官、手塚補佐官。46分、長島首相補佐官。

・1時、安全保障会議。12分、山岡国家公安委員長。16分、長島補佐官。2時40分、伊藤内閣危機管理監、植松内閣情報官。

・50分、韓国の李明博大統領と電話協議。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.09.01 日印首脳会談 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201409/01india.html

6177

 
( 総理主催晩餐会 )
6178


 
< 首相のトップセールス効果、インフラ輸出受注額3倍に、対中包囲網外交、経済分野にも波及 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/plc14090211410012-n2.htm


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< バングラデシュ、スリランカ訪問へ出発する安倍首相と昭恵夫人=6日午前 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/140906/plc14090610590011-p1.htm

6179


 
< 2014.09.07 産経新聞朝刊から >

6180


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< スリランカに到着し、子どもたちから歓迎を受ける安倍首相と昭恵夫人=7日、コロンボ国際空港 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/140907/plc14090720420007-p1.htm

6181


 
< 企業引き連れインフラ商機を狙う 首相のバングラ・スリランカ訪問 >
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140906/fnc14090605000001-n1.htm

 安倍晋三首相が歴訪するバングラデシュとスリランカで、同行する日本企業が売り込むインフラの概要が5日、分かった。電機や大手商社、ゼネコンなどインフラ関連や食品企業約35社・機関の首脳が同行。バングラデシュでは東芝など電機大手や大手商社が石炭火力や鉄道を、スリランカでは日立製作所がモノレール、NECが地デジ関連機器をそれぞれ売り込む。日本政府は両国と安全保障連携を強化し、海洋進出を狙う中国を牽制する思惑があり、産業界は首脳外交を機に商機拡大を狙う。
(中略)

 スリランカでは、コロンボの渋滞緩和策としてモノレール建設計画が浮上。将来の円借款供与を視野に日立製作所が受注を狙っている。ただ総事業費1千億円が見込まれ、資金調達の課題もある。

 また、日本式を採用した地デジインフラ整備に約150億円の円借款供与を結ぶ予定で、NECの送信機器システムに加えデータ放送を活用した防災システムなどソフトも提案する。

 人口約2千万人のスリランカは仏教国で政情や治安の安定さが強み。既に大手商社やゼネコンなど日本企業約140社が進出し、首相訪問を機に進出が加速しそうだ。


 
< バングラデシュ、スリランカ訪問から帰国した安倍首相と昭恵夫人=8日夜、羽田空港 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/09/08/26abe/

6182


 
< 2014.09.08 安倍日誌(産経) >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140909/plc14090903020002-n1.htm

 【午後】8時59分、バングラデシュ、スリランカ訪問を終え、昭恵夫人とともに政府専用機で羽田空港着。9時10分、同空港発。34分、東京・富ケ谷の私邸着。


 
< 2014.09.09 安倍日誌(産経) >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140910/plc14091006590003-n1.htm

 【午前】時32分、東京・富ケ谷の私邸発。47分、官邸着。48分から49分、報道各社のインタビュー。10時2分から13分、閣議。18分から29分、石破茂地方創生担当相。30分から43分、平将明内閣府副大臣。11時12分、官邸発。20分、皇居着。帰国の記帳。27分、皇居発。37分、官邸着。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 民主「アジア外交」提言先送り 海江田氏の切り札も紛糾 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/stt14090209160003-n1.htm

 安倍晋三政権への対抗策として、民主党の海江田万里代表が意欲を示す党外交提言「アジア平和ビジョン」の策定が遅れている。8月中の着手を目指したが、協議の進め方や座長の人選をめぐり紛糾しており、今月中に実施予定の党役員人事後に先送りとなった。外交・安全保障政策では、保守系とリベラル系が対立する同党の「お家事情」がある中、あえて「反安倍」を明確にしたい海江田氏の思惑は奏功していない。

 提言は、集団的自衛権の行使を可能にする7月1日の閣議決定を受け、海江田氏が同月中旬の地方組織との意見交換で策定する方針を明言した。歴史認識への見解や中国の大気汚染問題での協力体制などを盛り込む考えだ。



6183



2014年9月10日 (水)

民主党に任せていたら町内会だって潰れちゃいます




6166


 
< 2014.09.08 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104867/

 
民主党企業団体対策員会(柳田稔委員長=参院議員)は8日午後、「第1回政策説明会」を開催し、桜井充政策調査会長が民主党の経済政策について講演した。今回の会には35団体から約150人が参加した。(中略)

 桜井政調会長は「日本再生の処方箋」と題して民主党の経済政策について講演した。まず190年(バブル崩壊の年)と2011年とを比較し、現在の日本がおかれている状況について説明した。そのうえで「成長戦略がGDPを伸ばすものだとすれば、消費をいかに伸ばすかが大切だ。しかし、消費が伸びない要因は3つあり、(1)人口減少社会に入った(2)若い人たちの賃金が下がってきた(3)高齢者の方々が将来不安からお金を使わない、という構造にある」と述べ、この3つをいかにして克服していくかについて、データや実例を交えて説明した。そして「人口減少、賃金低迷、将来不安を克服し、厚く豊かな中間層の再生」と「『職住近接・商住近接・医住近接』という生活者視点の3つの近接で地域の再生」こそが持続可能な経済成長を実現する民主党の経済政策であるとまとめた。


6167


 おやおや、講師の真ん前で堂々と居眠りなさってる方が、約5名もいらっしゃいますよぉ。

 きみたち、それでよく会社勤めが務まってますなぁ。

 もっとも週初の真っ昼間にこんな集会にのこのこやって来れるんですから、出席者全員が、働く必要性が全くない組合専従の労働貴族階級の皆さまの可能性もあり、眠ろうが何をしていようが何でも許されてしまうのが、みんちゅくんたちのピョンヤン運転の世界です。

 起きて話を訊いてらっしゃる方が過半数を占めている分だけ、まだマシな方なのかも知れません。

 それにしても、コックリさんがかくもあからさまに映っているこんな酷いスナップ写真、苟も党のオフィシャル・ページに載せないで下さいな。

 それにどう見たって、150名も参加しているようには見えないゾ。


6168


 でも、最前列で思いっきり眠っちゃわずにはいられない参加者の皆さんのお気持ちも、判らないでもありません。

 いくら日当付きの講演会とは言え、経済政策を語る講師が、日の丸・君が代大嫌いのミツルくんですからねェ。

 彼、経済の専門でも何でもありません。

 自称・心療内科がご専門のお医者さんです。

 経済のお仕事なんかしたことがないそんな58才児のミツルくんが「経済政策」を語らざるを得ないところに、みんちゅくんの悲劇があります。

 と全うで健全な組織ならシビアな意見が続出するんでしょうけど、所詮、みんちゅくんのお遣りになってることです。

 この講演会にしても、その点は主催者も参加者も、自分たちが遣っていることは800%「政治ごっこ」と自覚してます。

 要は、暇つぶしの時間消化イベントとのレッテル張りで、全然、構わないでしょう。

 双方とも真剣でないからこそ、爆睡もOK、目の前での居眠りも気軽に許しているんです。

 それが証拠に何ですか、ミツルくんのこのスーパー無責任な経済政策は。



> 「人口減少、賃金低迷、将来不安を克服し、厚く豊かな中間層の再生」と「『職住近接・商住近接・医住近接』という生活者視点の3つの近接で地域の再生」こそが持続可能な経済成長を実現する民主党の経済政策である・・・・


 こんなもの、経済政策でも何でもないでしょう。

 単なる「スローガン」です。

 それも、今どきの塾通いの小学生でさえ、直ぐ作れそうなスローガン。

 生活者の視点、生活者の何タラカンタラと、みんちゅくんは頻繁に仰有いますが、みんちゅくんたちは、私達が生きているこの近代社会が資本家と働く側の二層構造によって成り立っている現実と事実を、完璧に無視しちゃってます。

 世の中、お金で動いているコトを全否定しちゃってます。

 厚く豊かな中間層を再生する・・・・

 じゃぁ、どうやって再生なさるんですか、ミツルくん。

 お金を介在させないで、中間層を再生させることがお出来になるんですか。

 そもそも、中間層って何ですか。

 中間層とは年収で定義されるべきモノなんですか、それとも、精神的な豊かさですか。

 再生、再生と仰有いますが、いつの時点を基点として、どのような実態と比較して再生を果たすんでしょうか。

 その再生実現のために、私達国民は具体的に何をしなければならないんですか、どういう努力を積み重ねる必要があるんですか。

 それとも国民は何にもしなくても、みんちゅくん政権なら黙ってても、厚く豊かな中間層ライフが送れるとでも仰有るんでしょうか。

 オジサンにはみんちゅくんの主張は、みんなが一様に貧しくなる「北朝鮮」社会を目指しているとしか思えません。

 だって、きみたちはいつだって、スローガンだけです。

 で、みんちゅくんたちだけはちっとも汗かかないで、いつも労働貴族特権を満喫している・・・・。


6169


 つまるところ、きみたちみんちゅくんたちは、自らは絶対に働きたくないんです。

 譬え国全体が貧しくなっても、自分たちだけは未来永劫、働きたくないんです。

 99.9%の国民を強制的に働かせ、自分たちは残り0.1%の特権階級に居座れることだけを目指している。

 ただそれだけのことなんです。

 そのためには徹底的に国民を騙し、強制労働させる。

 そして自分たちだけは、その甘い汁を永久に吸い続けることができる「超格差社会」を実現させる。

 まぁ、みんちゅくんの構成者とスポンサーが全員、特亜勢力だったとしたら、それはそれで納得の世界観なんですけどね。


6170



2014年9月 9日 (火)

北朝鮮繋がり、山梨県政財界重鎮諸君の深い闇




 
< 6日、平壌市内のホテルで取材に応じる金丸康信氏 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/photos/140906/kor14090622360008-p3.htm

6163


 
< 朝鮮総連・許議長が平壌入り金正恩体制で初、故金丸氏親族らも >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140906/kor14090622360008-n1.htm

6164
 
在日本朝鮮人総連合会の許宗萬議長が6日、経由地の中国・北京から北朝鮮の平壌に到着した。朝鮮総連トップの訪朝は北朝鮮が金正恩第1書記の体制に移行してから初めてで、許氏自身も約8年ぶりとなる。

 9日の北朝鮮建国記念日に合わせた祝賀行事に出席する予定。金第1書記と会い、朝鮮総連の運営などについて直接指示を受ける可能性もある。

 日本政府は、独自制裁として許氏を含む一部の朝鮮総連幹部らが北朝鮮に渡航した場合、日本への再入国を原則禁止していた。しかし、北朝鮮による拉致被害者の再調査が盛り込まれた5月の日朝合意に基づき7月に解除し、今回の訪朝が実現した。

 一方、日朝関係改善に取り組んだ故
金丸信・元自民党副総裁の親族や支援者ら計約50人の訪問団も6日、平壌に到着した。(共同)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「二国間の国交がない」と言うことは、具体的にはどういう状態を指すのでしょう。

 オジサンは、ずっと「ヒト・モノ・カネ」の行き来と遣り取りが全くできない状態こそが、「国交がない」ことの意味だと漠然と考えてたんですが、こと日朝関係のニュースに接するにつけ、「日朝間って本当に国交がない状態なのかなぁ~」と思ってしまいます。

 ヒト・モノ・カネ、それなりの制限や規制はあったとしても、北朝鮮産の松茸・アサリは相も変わらずスーパーに並んでますし、パチンコマネーは日本の外為法など何処吹く風で無制限に流出しっ放しです。

 恐らく現在の外務省職員レベルでは、「国交がない」の定義は、単純に「成文法で二国間の条約締結ができない状態を指す」程度の認識ではと、オジサンは邪推しております。

 国交がない筈なのに、共同通信はピョンヤン運転で北朝鮮国内の取材を許され、今尚昔の名前で出ている田中均くんが我が物顔で北朝鮮利権を操ったり、冒頭記事のように、金丸信親族etc50名が、ホルホル訪朝している現実って、一体ww

 そうそう、田中均くんと言えば、彼かなり前から、東京大学公共政策大学院の教授職に納まっちゃってます。驚いちゃいますよねぇ。東大は最早日本が憎くて仕方がない半島大好き人間しか務まらないニダ。


 
< 東京大学公共政策大学院教員一覧、↓実務家教員の欄ご参照 >
 http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/faculty/index.htm

 
< 田中均、研究員紹介 >
 http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/faculty/HitoshiTanaka.html


 さて、朝鮮大好き増すゴミ諸君は、現在、拉致問題の前進にかこつけて「日朝国交正常化実現」を執拗に煽動しております。

 要するに、増すゴミ諸君も外務官僚諸君も政治屋諸君も、皆さん、北朝鮮との国交を結ぶことによって、従来のような地下経済での闇商売ではなく、晴れて堂々と表の世界で、マフィア繋がりの北鮮ビジネスの恩恵を享受したい、と言うことなんでしょう。

 うん、実に、判りやすい諸君だ。

 にしても、冒頭記事の
「日朝関係改善に取り組んだ故金丸信・元自民党副総裁の親族や支援者ら計約50人の訪問団も6日、平壌に到着した」、これって、どういうことなんでしょう。

 この50人も、9日の北朝鮮建国記念日の祝賀行事に参加するなら、それなりの意味は理解できますが、共同通信さんは、そういう意味深な部分はいつも報道しない自由、もとい、突然大政翼賛会もどきの報道管制を引いて、チョウニチ新聞さん同様事実を隠蔽してしまいます。

 共同通信さんがストレートに、「金丸信親族&支援者50人の訪朝も、建国記念日祝賀行事参加のため」と書けない理由は、誰が考えてもそう書いてしまうと、この50人が " Korean-Japanese " 認定されてしまい、「シャベチュニダ」と訴えられることを恐れるからでしょう。

 と言う訳で、産経さんは2週間前に次のような記事を配信しています。


 
< 北、金丸信氏生誕100年で親族ら訪問受け入れ、正恩氏と面会?思惑含み >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140824/kor14082409000002-n1.htm

 
日朝国交正常化を目指していた故金丸信元自民党副総裁が9月に生誕100年を迎えることを受け、金丸氏の親族ら56人が同月上旬に北朝鮮を訪問することが23日、分かった。複数の関係者が明らかにした。北朝鮮が拉致被害者らの再調査のために設置した特別調査委員会の報告が9月上旬に迫る中、金丸氏の親族らの訪朝を受け入れることにより、日本側に融和姿勢をアピールし、一層の制裁解除につなげようとする思惑がありそうだ。

 金丸氏は大正3年9月17日生まれで、平成8年3月28日に死去した。

 金丸氏の秘書も務めた次男の信吾氏らが今回の訪朝を計画し、北側が受け入れを決めた。訪朝団長は長男でテレビ山梨社長の康信氏が務め、9月5日から1週間の日程になる予定。同行する国会議員はいない。

 信吾氏は訪朝の目的について「政治的な意味合いはない。友好親善が目的だ。金正恩第1書記との面会を希望している」と話しているが、面会実現の行方は不透明だ。ただ個人的に親交がある宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使と面会する可能性はあるという。

 訪朝が北朝鮮から再調査の報告を受ける時期と重なることについては「あくまで偶然だ」としている。

 金丸氏は2年9月、社会党の田辺誠副委員長(当時)らと自社両党の代表団を率いて訪朝し、金日成主席(同)と会談。朝鮮労働党と日朝国交正常化に向けた3党共同宣言をまとめたが、「戦後45年の償い」を求める文言が盛り込まれていたため、帰国後、批判を浴びた。しかし、訪朝団関係者は「北朝鮮で金丸氏は日朝国交正常化で井戸を掘った人としての評価が高く、北はその恩を忘れていない」と語っている。

 北朝鮮が調査委を設置したのを受け、日本政府は北朝鮮への渡航自粛の規制を解除している。



 冒頭の共同通信さんは、「親族&支援者約50人」の訪朝団なんですが、産経さんはモロ「親族ら56人」になっちゃってます。

 こう書かれると、金丸一族ってやっぱり?と誰もが思いっきり深読みしちゃいますよね。

 産経新聞はウリナラに対する愛はないのか by 金丸一族

 本当に金丸一族の皆さまの、真の訪問目的は何なんでしょう。

 山梨県には、山本美保さんDNAニセ鑑定疑惑という全県的に深刻な問題がリアルに存在している訳ですから、84万山梨県民の期待に応える意味でも、拉致問題解決に資するべく金丸一族の皆さまにおかれましては、真摯な行動をお取り頂きたいものです。


 
< 山本美保さん問題 by 特定失踪者問題調査会 >
 http://www.chosa-kai.jp/newbuhin/shinjitu.pdf


 とは言え、金丸信くんの長男で現在71才児「金丸康信」(嫁は竹下登の長女)くんのご尊顔を拝見しますと、拉致問題を解決しようなどという殊勝な決意は微塵も感じられません。

 ってことは、結局彼らの訪朝目的は新たな北朝鮮利権獲得のための私利私欲&お墓参りってなところに落ち着くんでしょう。

 だって、国交のない国への訪朝目的の理由が、ひたすら「生誕地でもない処への親父の生誕100年メモリアル・イヤー」じゃぁ、ごく平均的な日本人のリアル社会通念では、誰が考えても不自然過ぎます。

 こんなことで県民も国民も騙せると思ってるんですから、金丸一族も増すゴミ諸君もチョウニチさん同様、きみたち、日本人を甘く見過ぎですよ。

 この金丸信のご長男「金丸康信」くんは、現在、テレビ山梨(一応TBS系列)の社長さんをお務めなさっており、かつ、甲府商工会議所の会頭でもあることから山梨の政財界の重鎮であることは明らかです。


 
< 甲府商工会議所、正副会頭 >
 http://www.kofucci.or.jp/syoukai/seifuku.htm 


 そんな、山梨県民84万人の規範となるべきお方が、6年前にこんなことやらかしちゃってます。


 
< 2008.07.24 読売新聞(リンク切れ) >
 
 
県教育委員長のテレビ山梨社長、教員合否「知人に頼まれ連絡」教員汚職

 教員採用試験を巡る合否の事前通知問題で、山梨県教育委員長でテレビ山梨社長の金丸康信氏は23日、記者団の質問に、「知人に頼まれ、連絡したことはある」と明らかにした。

 金丸氏によると、県教育委員になった2000年12月以降、06年までの年1、2回、父親の金丸信・元自民党副総裁の支持者や知人から頼まれ、県教委幹部に合否結果を照会し、受験生に郵送で通知が届く前に伝えていたという。

 連絡は計7、8件に上り、依頼者と金品の授受や事前連絡以外の便宜はないとしている。

 金丸氏は「いいことではなかったが、知らん顔できない部分もあった。反省している」と話した。

 金丸氏はテレビ山梨社長を1997年6月から務め、00年12月に県教育委員となり、今年7月から2度目の委員長を務めている。
( 記事出所はこちらのサイトから )


 金丸信くんがお亡くなりになって、はや、18年。

 78才児の輿石のじっちゃんといい、71才児の金丸信くんのご長男といい、山梨県の闇は相当深そうです。

 あなおそろしや。


6165



2014年9月 8日 (月)

ザ・プロフェッショナル vs. アマチュアみんちゅくん政治ごっこ軍団




 
< Größte Freude: Nishikori ist der erste Asiate im Endspiel eines Grand-Slam-Turniers >
 http://www.faz.net/aktuell/sport/mehr-sport/us-open-nishikori-gelingt-die-sensation-13139506.html

6152


 
< Kei Nishikori Twitter >
 https://twitter.com/keinishikori/status/508370634637074432

6153



 < これぞ民主党!迷走止まらぬ集団的自衛権論争 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140906/plc14090607000002-n1.htm

 
もう3度目である。仏の顔も…というが、「いいかげんにしてほしい」というのが民主党を担当する記者全員の総意だ。「3度目」とは、民主党の海江田万里代表が集団的自衛権の行使容認をめぐる党見解の変更を決めた回数である。(以下省略)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< クルム伊達、4大大会初の4強、全米OPテニス・女子ダブルス >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/09/04/08date/

6154


 
< クルム伊達組、準決勝で敗退、09年杉山以来の決勝進出ならず >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/09/05/09date/

6155


 
< 2014.09.06 クルム伊達公子オフィシャルブログから >
 http://ameblo.jp/kimiko-date/entry-11921077115.html

 
香港入りしました。
 15時間超えのフライト。
 かなり長いけど覚悟があったからか
 思ったよりは長く感じなかったかな??
 でもやっぱり疲れた…..

 香港に入ると
 お友達が待っていてくれて
 さっそく久々に会いました!

 それにしても
 NYも暑かったけど香港はかなりの蒸し暑さ。
 アメリカに1ヶ月以上いて
 蒸し暑さのレベルを完全に勘違いしている。
 香港の蒸し暑さは半端じゃなかった。
 でも香港に住んでいる人たちからすれば
 かなり落ち着いてきてるとか!?

 明日は日曜日。
 唯一、調整出来る日になるか?
 火曜日の試合へのリクエストが通れば2日の調整。
 とにかく疲れを抜きながらなので
 どこまでできるか?
 無理はせずに様子をみながらやってみます。



 
< 辻元清美姐さんTwitterから >
 https://twitter.com/tsujimotokiyomi/status/506612210245066752

6156



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 < 2014.09.07 産経新聞朝刊から >

6157


 
< 第4回民主党大学参加者募集 >
 http://www.dpj.or.jp/article/104634/

 
これまで述べ約700名が参加致しました民主党大学(プレイベント含む)。第4回は「民主党の存在意義」をテーマにパネルディスカッションを開催します!若者と海外は今の日本の政治をどうみてる? 民主党が果たすべき役割は?徹底討論します!


6158


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.09.06 産経新聞朝刊から >

6159


 
< 「報道の世界で議論を」民主・海江田氏、朝日関係者の国会招致に否定的 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/stt14090218020008-n1.htm

 
民主党の海江田万里代表は2日の記者会見で、朝日新聞が慰安婦問題をめぐる報道の誤りを一部認め、記事を取り消した問題について、朝日新聞関係者の国会招致に否定的な考え方を示した。「朝日新聞に説明責任を果たしてほしいが、国会招致の前に報道の世界でしっかり議論することが大事だ」と語った。


6160


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 芸舞妓、舞台彩る「祇園をどり」衣装合わせ >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/08/29kyoto/

6161


 
< 徳永エリー姐さんTwitterから >
 https://twitter.com/eri_line/status/488845868628332544


 http://tokunaga-eri.jp/blog/article-4593.html(←確信犯で削除)
6162



2014年9月 7日 (日)

謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(続き)




 ( http://www.sukuukai.jp/syuukai/item_4269.html
6151
 
< えっ、あの野田佳彦くんがモンゴル訪問? >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-e04c.html

 
< 謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(9/2-5) >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/92-5-42b4.html


 我らがヨシヒコくんのンモンゴル行(9/2-5日)が突然発表されたのは、先月28日、つい一週間前のことです。

 出発当日の2日は、日本からはモンゴル直行便のフライトがなく、ソウル or 北京経由でしかンモンゴルへ行けなかったこともあり、オジサンはヨシヒコくんの渡航目的が本当にモンゴルにあるのかどうか、思いっきり疑っておりました。

 ましてやヨシヒコくんのモンゴル訪問の目的が、「エルベグドルジ大統領との会談(9月4日)にあって、拉致問題についても意見を交換する」との増すゴミ報道に接して、却て、ヨシヒコくんの本気度を怪しんだ次第です。

 と言う訳で、出発日の9月2日以降帰国する5日まで、ヨシヒコくんの動向を執拗にウォッチングしていたのですが、何と本ブログ記事アップ時点でも、日本の増すゴミ諸君も世界の増すゴミ諸君も、モンゴルでのヨシヒコくんの「外交ごっこ」を一切報道していません。

 9月3日のプーチンくんの「 Russia’s Putin in Mongolia for 5-hour visit 」が、あまりにもインパクトがあり過ぎて、ヨシヒコくんなんか霞んでしまったんでしょうか。

 にしても、おかしいですよねぇ。

 本当に、ヨシヒコくん、9月4日にエルベグドルジ大統領と会談なさったんでしょうか。

 いくら中身がなくても、日本国の前総理大臣とモンゴル国大統領が会談したんですから、たった一行でもいいから事実を報道するのが、みんちゅくんを愛して病まない反日増すゴミ諸君のお務めというか義務でしょう。

 それとも何ですかねぇ、ヨシヒコくんがモンゴルへ行って、エルベグドルジ大統領と会談すること自体、最初から増すゴミ諸君総ぐるみによる確信犯の虚偽のプロパガンダ報道だったんですかねぇ。

 因みに、関係機関のWeb Siteも、総チェックしてみました。

 9/2-5、ヨシヒコくんがモンゴルに滞在していた証がどこにも見つかりません。

 ヨシヒコくん、きみは、本当にモンゴルに行ってたのかな?

 それとも、ヨシヒコくんお得意の拉致密約利権がらみで、言論統制が引かれている?

 まぁ、全ては明日、いつもなら月曜日に更新される筈のヨシヒコくんオフィシャルブログで明らかにされる or 800%スルーされる、のどちらかなんでしょうけど。

 明日のヨシヒコくんのブログが実に愉しみです、wkwk。


① 外務省新着情報、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。

② 在モンゴル日本大使館、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。

③ 在日本モンゴル大使館、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。
  * NODA( =HOДА )

④ 在日本モンゴル国商工会議所、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。

⑤ モンゴル国政府、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。

⑥ モンゴル情報クローズアップ、意味深↓な記述が・・・・

 
民主党の野田佳彦前首相が、9月2~5日にモンゴルを訪問するそうなので、モンゴルにどんなおみやげを持っていくのかきになります。まさか、おみやげなしで拉致問題はないでしょうね?!

⑦ モンゴルのニュースTwitter、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。

⑧ UB Post、ヨシヒコくんのヨの字も見当りません。

⑨ 長浜博行(今回の同行者)Facebook、モンゴルのモの字も見当りません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 かかる状況下、Economic Newsなるオンラインニュースの森高龍二なる編集担当者が、2014.09.05 09時46分の発信で、我らがヨシヒコくんの9/1付ブログをそっくりそのままパクった記事を、一次ソースも明らかにせずに、堂々と掲載しちゃってます。

 こんなラベルの仕事でも務まるんなら、日本国民1億総増すゴミ記者!

 土台、9/2-5の間、ヨシヒコくんは日本に居なかったコトになってるんだゾw


 
< アベノミクスに懸念 雇用増も非正規ばかり >
 http://economic.jp/?p=39790

 
< 2014.09.01 野田よしひこ瓦版No.964「アベノミクスへの懸念」 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/79.html


 それにしても現役総理時代のヨシヒコくん、モンゴルにこんな失礼な仕打ち、しちゃってたんですね。


 
モンゴルに失礼だ、正論編集部の彷徨記 >
 http://blog.livedoor.jp/seiron2014/archives/3849711.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2013.03.30 安倍首相モンゴル訪問@ウランバートル >
 https://www.youtube.com/watch?v=Y1TYzDFu7tE

">


 
< モンゴルの人々とともに~伊達公子モンゴルの5日間~ >
 https://www.youtube.com/watch?v=wjZTBd3Zyb8

">



2014年9月 6日 (土)

全然大丈夫、きみたちにはウリナラ国が就いている




6148


 
< チョウニチ新聞編集委員「上丸洋一」くんTwitterから >
 https://twitter.com/jomaruyan/status/496670145574477825

6143


 < チョウニチ新聞台北支局長「鵜飼啓」くんTwitterから >
 https://twitter.com/s_ukai/status/507128811033747457

6144


 < チョウニチ新聞神戸総局「赤井陽介」くんTwitterから >
 https://twitter.com/akai_y/status/507059212292067328

6145


 < チョウニチ新聞編集委員「高木智子」姐さんTwitterから >
 https://twitter.com/takaki_tomoko/status/506698642367864832

6146


 < チョウニチ新聞編集委員「林美子」姐さんTwitterから >
 https://twitter.com/hayashiy3/status/502637552503762944

6147


 < 9月20日、朝日新聞解体、山手線一周マラソンラリー >
 http://www.youtube.com/watch?v=1X26iRv6UME&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

">


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 国連人種差別撤廃委員会の最終見解を受けて >
 https://www.youtube.com/watch?v=a0jZIN7lMFs#t=25

">

* 2014年9月1日のりこえねっとTV放送
 
  国連人種差別撤廃委員会は、8月29日、日本政府に対して、あらゆる人種差別に対し、­法律で規制するよう勧告する「最終見解」を公表しました。対日審査の際にジュネーブで­活動をしてきた有田芳生議員、前田朗共同代表に話を聞きます。

  勧告日本語訳= http://ta4ad.net/wp/?page_id=453



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 現職が3選不出馬=民主、後継人選急ぐ-福島知事選 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2014090400391

 
福島県の佐藤雄平知事(66)は4日、任期満了に伴う知事選(10月26日投開票)に3選出馬しない意向を関係者に伝えた。最大の懸案だった東京電力福島第1原発事故の汚染土を保管する中間貯蔵施設の建設受け入れを決めたのを機に、復興を後に委ねる。

 佐藤氏支援の方針を決めていた民主党県連や連合福島は今後、後継候補の人選を急ぐ。内堀雅雄副知事(50)の名前が浮上しているほか、同党の
増子輝彦参院議員(66)の出馬も取り沙汰されている。告示まで残り約1カ月になっても、選挙の構図が固まらない事態が続いている。


 66才児、増子輝彦くん主演の笑韓劇場につきましては、こちら↓をご覧下さい。

 この年まで寒流主演がこなせるってことは、とっても良いことニダ。

 そう言えば、ヒカルゲンジくんも福島県のご出身でしたな。


6149


 
< 愉しい愉しい民主党諸君の学級崩壊ウォッチング >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-28bc.html

 
< 民主党、2014年運動方針は「ゆすり・脅迫」、党大会で決定 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/2014-d740.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 韓国の国民大学から名誉博士号を授与された生活の党の小沢一郎代表 >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014090400777

6150

 【ソウル時事】訪韓している生活の党の小沢一郎代表は4日、2009年に講演を行ったソウル市内の国民大学から名誉博士号を授与されてあいさつし、「日韓関係は大変異常な状況にある。直接的には現内閣の政治姿勢に起因するものだ」と安倍政権を批判した。

 その上で「政治家としてこのような状況を許しているわれわれにも大きな責任がある」と述べ、韓国との関係発展に努力するとともに、国会で安倍政権の外交姿勢を追及していく考えを強調した。



 そうですかぁ、あの2009年の思いっきり日本を馬鹿にしきった講演から、そろそろ5年ですかぁ。

 確かコレって、北京への小沢大訪中団の後立ち寄った「ソウルの国民大学」での講演でしたよねぇ。

 あの時の訪中団の面々、こちらに参加した国会議員諸君のメンバーリストが掲載されておりますが、現役国会議員はもう数える程で、正に「驕る平家は久しからず」状態であることが如実に証明されちゃってます。

 お天道さまはやっぱり見ていてくれてるんですね。

 奥様にも逃げられ、愈々、ニダくんたちしか相手にしてくれなくなった小沢のいっちゃん。

 72才児のきみも、どうやら、逃げ場はウリナラ国以外なくなってしまったようだね。

 きみの2009年のあの歴史的超ウルトラ・スーパー嫌日講演、反日増すゴミ諸君がいくら報道管制・思想統制を引こうとも、日本の八百万の神様は、決して許してはくれないと思うゾ。

 きみには絶望が徹底的に足りない。


 
< 2009.12.12.12 小沢一郎「ソウル国民大学」売国講演要旨 >
 http://mshks1318.blog.fc2.com/blog-entry-505.html


 
< 2012.12.12 小沢一郎韓国講演、全編 >
 https://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM 

">


 
< 2009.12.17 チャンネル桜放映、小沢一郎トンデモ史観、解説編 >
 https://www.youtube.com/watch?v=uX7xFMvCly8

">
 



2014年9月 5日 (金)

政治の安定は国の繁栄には必須です




6134


 
< 2014.09.03 首相官邸HPから >
 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201409/03dai2kaizonaikaku.html

6135


 
< 第2次安倍改造内閣が発足、360°パノラマ写真 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/panorama/data/2014/0903abe/

 ↑産経Web版のフォト欄に「パノラマ写真」のコーナーがありますが、今次の閣僚メンバーの集合写真を撮影している模様の全景がアップされています。

 なるほど、こういう場所で撮影されてたんですね。

 こちらのパノラマ写真、フル画面にして矢印操作で眺めると、結構リアルな雰囲気が愉しめます。


 
< 2014.09.04 産経新聞朝刊から >

6136


 お着物姿の女性が加わっただけで、周囲の雰囲気がガラッと和やかで落ちついた華やかな感じに様変わりしますから、やっぱり和服って素敵ですな。


 
< 2014.09.03 安倍総理大臣記者会見 >
 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0903kaiken.html

 
今回、女性活躍担当大臣を新たに設けました。有村大臣には、更に男女共同参画や少子化対策など、関係する担当大臣を兼務してもらいます。全ての女性が、その生き方に自信と誇りを持ち、活躍できる社会をつくるため、総合的かつ大胆な政策を進めてもらいたいと期待しています。

 さて、今週末はバングラデシュとスリランカを訪問する予定です。この600日余りで49か国を駆け巡ることとなります。引き続き、岸田大臣とともに地球儀を俯瞰する外交を積極的に展開してまいります。

 国家安全保障戦略の下、積極的平和主義の旗を掲げ、世界の平和と繁栄に、これまで以上に貢献していく考えです。

 その上で、いかなる事態にあっても、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜いていくとの決意の下、先般決定した基本方針に基づき、切れ目のない安全保障法制の整備も加速してまいります。今回、安全保障法制担当大臣を新たに設けることといたしました。いわゆるグレーゾーンに関わるものから集団的自衛権に関わるもの、更には国連のPKO活動に関するものまで、非常に幅広い内容について、国民の皆様に丁寧に説明し、御理解をいただかなければなりません。何よりも国民の理解が第一との認識の下、江渡大臣には、長年、安全保障政策に関わってきた知識と経験をいかしていただきたいと考えています。

 在日米軍再編では、抑止力を維持しつつ、基地負担の軽減に向けて全力で取り組んでまいります。特に、学校や住宅に囲まれ、市街地の真ん中にある沖縄普天間飛行場の固定化は絶対にあってはなりません。

 先月、KC-130空中給油機15機全機について、山口県岩国基地への移駐が完了しました。沖縄の負担を分かち合う決断をしてくださった岩国市民を始め、関係者の皆様に心から敬意を表する次第であります。
 今後も沖縄県外における努力を十二分に行い、目に見える負担軽減を行ってまいります。そのために、新たに、沖縄基地負担軽減担当大臣を設けることとしました。菅官房長官には、沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら、これまで以上に全力で当たってもらいたいと考えています。

 以上の政策を力強く進めていくためには、政府与党が更に緊密に、真に一体となって取り組んでいかなければなりません。そのため、自民党の要である幹事長は、谷垣さんにお願いいたしました。総裁経験者にお願いすることは異例のことでありますが、厳しい野党時代の自民党をまとめ上げ、政権交代に道筋をつけた手腕に期待しております。

 また、総務会長は、二階さんにお願いしました。

 さらに、麻生大臣や甘利大臣など、6人の閣僚には引き続き閣内で頑張っていただきます。いずれも要職を歴任してきた百戦錬磨のベテランばかりであります。

 他方、人の方々が今回、初入閣となります。私自身、森内閣、小泉内閣の下で官房副長官、幹事長、官房長官としてチャンスを与えてもらいました。将来の日本を支える人材にも責任ある要職を経験してもらい、高い能力を発揮してもらうことも重要です。老・壮・青のバランスの中で、初入閣の皆さんには、思う存分働いてもらいたいと考えています。

 安倍内閣は、新たな陣容の下、フレッシュな気持ちで更にパワーアップしながら、内外の政策課題に全力で取り組んでまいります。日本の将来をしっかりと見据えながら、ひたすらに有言実行、政策実現に邁進してまいります。正に実行実現内閣として、引き続き国民の負託に応えていく覚悟であります。

 国民の皆様の御理解と御協力を改めてお願いする次第であります。

 ありがとうございます。



 
< 2014.09.04 産経新聞朝刊から >

6137


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後に、此の度の内閣改造に対する野党お二人のコメントをご披露しておきます。

 見出しを見た瞬間に、もう上から目線の敵意剥き出し、思いっきり「邪魔する気」満々です。

 寒流仕様をもうお隠しにならなくなったお二人さん、彼らに、日本並びに日本人と共栄共存をお図りになる気はサラサラないってことが、これで普通の日本人の目にも明らかになりました。


 
< 2014.09.04 産経新聞朝刊から >

6139


 
< 2014.09.03 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104854/

 「改造内閣は新鮮味欠ける改造したふり内閣。女性閣僚の顔ぶれも疑問」海江田代表

 
その顔ぶれについて「ひとことで言えば『改造したふり内閣』とネーミングしたいと思う。留任が6人で、新たに閣僚になった方も昔の名前で出ていたような人ばかりで新鮮味に欠ける」と指摘。女性閣僚についても「5人起用されているが、問題はその中に女性の社会的な進出を否定するような考え方を持った人も何人かおられるようなので、本当にこれで女性活用と言えるのかという気がする」と疑問を呈した。


6140


 
< 「日韓に良い結果もたらさない」 小沢氏が批判 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140903/plc14090320220025-n1.htm

 
韓国を訪問している生活の党の小沢一郎代表は3日、安倍晋三政権について「日韓2国間(関係)や他の国々(との関係)、将来の日本にとっても良い結果をもたらさない」と述べ、安倍氏を批判した。ソウルで記者団に述べた。

 小沢氏は同日、韓国与党セヌリ党の金武星代表と会談。「日韓関係の改善に向け双方が努力することで一致した」と述べたが、個別案件は具体的に話していないとして詳細の説明は避けた。



6141
 
( 会談を前に握手する、生活の党の小沢代表と韓国最大野党、新政治民主連合の文喜相議員=3日 )


 
heart もう、韓国人しか相手にしてくれないニダ heart



 
< 2014.09.03 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104853/

 
「早期の国会召集を求める」野党国対委員長会談を開催

 
野党8党の国対委員長が3日午前、国会内で会談した。会談終了後の記者会見で松原委員長は、「消費税増税、集団的自衛権、災害対応、原子力発電所など、内外に山積する諸問題があるなか、政府の説明責任を求めるために早期の国会召集と充実した国会審議を要求することで一致した」と報告した。

 特に災害対応については、「安倍総理は土砂災害法改正に言及しているが、言った以上は当然、早期に国会を開会するべきだ。
9・10月は台風シーズンであり、土砂災害法を改正するならば早く行わなければ意味をなさない」と指摘した。また8月28日の災害対策特別委員会での審議で政府の初動対応の遅れが判明したことから、「やはり安倍総理がゴルフをしていたことで、政府全体に気の緩みが波及していた」と述べ、この点については引き続き予算委員会での審議を要求していく考えを示した。


6142


 国会を開けば、台風シーズンでも問題は全て解決するニダ、と最近はすっかり壊れてしまった仁くんが申しております。

 訊く耳を一切持たない仁くんに何を言ったところでどうしようもないんですが、ねぇねぇ仁くん、きみたちさぁ、野田政権が発足した2011年9月に開催した臨時国会はたった18日間だったってこと覚えているかな?

 それも最初はきみたちたった「4日間」で幕を閉じようとしていたんだよ。

 何、そんなこと知らないニダですってェ。

 みんちゅくんって、つくづく、半島仕様だねェ。

 見ている分には面白いんだけどね。



2014年9月 4日 (木)

みんちゅくんの笑韓劇場「9月初っ端から寒流全開」の巻




6129


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 大規模災害マニュアル作成へ=民主 >
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014090100468&g=pol

 
民主党は1日、党本部で防災対策会議を開き、首都直下地震や南海トラフ地震などの大規模災害に備えた党の対応マニュアルを月内に作成する方針を固めた。食料や防災服など装備品の備蓄や、東京都千代田区永田町の党本部が使えなくなった場合を想定し、本部機能の移転先を明記する。


国民「移転先は民団本部ですか」

佳彦「違うニダ」

国民「じゃぁ、総連本部」

佳彦「それも違うニダ」

国民「ではどちらへ」

佳彦「青瓦台ニダ」

国民「なぁ~んだ、今とおんなじですかぁ」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 「党の見解と全く違う」 民主・海江田代表「めぐみさん死亡」発言を批判 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/stt14090217440007-n1.htm

 
民主党の海江田万里代表は2日の記者会見で 同党前参院議員の石井一・元国家公安委員長が自身のパーティーで北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんらを「もうとっくに亡くなっている」と発言したことについて、「党の見解と全く違う」と述べた。


6130


国民「ピンのじっちゃんもご同郷でしたっけ」

佳彦「そうニダ」

国民「現党首は?」

佳彦「多分そうニダかな」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 集団的自衛権に結論出ず 民主党役員会 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/stt14090217430006-n1.htm

 
民主党は2日の役員会で、集団的自衛権問題に関する党見解を協議したが、結論が出なかった。桜井充政調会長は「安倍政権が示した事例では、集団的自衛権行使は必要ない」との表現を提案。だが「他の事例では行使を認めると受け取られる」との反対論が出て、まとまらなかった。

 民主党は2月に「行使一般は認めない」との見解をいったん、公表したが、安倍政権の限定容認方針への是非が明確でないと批判が相次いだ。


6131


国民「民主党は国土を守る気なんてサラサラありませんよねェ」

佳彦「当り前ニダ」

国民「国民も守る気なんて端からないですよねェ」

佳彦「当り前田のクラッカーニダ」

国民「貴方も集団的自衛権には反対なんですか」

佳彦「ウリには難し過ぎてよく判らないニダ」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 民主「アジア外交」提言先送り 海江田氏の切り札も紛糾 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/stt14090209160003-n1.htm

 
安倍晋三政権への対抗策として、民主党の海江田万里代表が意欲を示す党外交提言「アジア平和ビジョン」の策定が遅れている。8月中の着手を目指したが、協議の進め方や座長の人選をめぐり紛糾しており、今月中に実施予定の党役員人事後に先送りとなった。外交・安全保障政策では、保守系とリベラル系が対立する同党の「お家事情」がある中、あえて「反安倍」を明確にしたい海江田氏の思惑は奏功していない。

 提言は、集団的自衛権の行使を可能にする7月1日の閣議決定を受け、海江田氏が同月中旬の地方組織との意見交換で策定する方針を明言した。歴史認識への見解や中国の大気汚染問題での協力体制などを盛り込む考えだ。



国民「民主党の政治ごっこ、いつも愉しそうですねェ」

佳彦「うん、良心も責任感もある人、一人もいないニダからね」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 第4回民主党大学参加者募集 >
 http://www.dpj.or.jp/article/104634/

・日時:2014.08.28、15~17時
・場所:民主党本部5階
・テーマ:
「民主党の存在意義」
・パネリスト:海江田万里、春香クリスティーン他調整中



国民「民主党の存在意義ってなんですか」

佳彦「世界最大の抗日組織であることニダ」

国民「誰でも加入できるんですか」

佳彦「日本を憎んでいる人なら誰でもOKニダ」

国民「どうやってチェックするんですか」

佳彦「日の丸を踏み絵に使うニダ」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 大津市長、日経BP社の記事に「名誉毀損」と抗議 >
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140902/lcl14090222310004-n1.htm

 
大津市の越直美市長は2日、日経BP社が雑誌に掲載した元市教育長の富田真氏のインタビュー記事について「私への名誉毀損と社会的評価を低下させるものである」として、同社に訂正と謝罪を求める書面を8月21日付で送付したことを明らかにした。市役所内で記者団に語った。

 記事は「日経ビジネス」6月2日号に掲載。「敗軍の将、兵を語る」との見出しで、富田氏が教育改革を道半ばで辞任したと紹介したもの。



6132


国民「大津の直美姐さん、酷過ぎませんか」

佳彦「どうしてニダか」

国民「大津市政、しっちゃかめっちゃかです」

佳彦「ケンチャナヨ、ニダ」

国民「ウリナラ流、黙認ですか」

佳彦「もちろんニダ」

国民「大津市民、可哀想」

佳彦「あの大造くんが県知事遣ってる程度の県庁所在地の大津市なんて、この程度のラベルで全然構わないニダ」


6133



2014年9月 3日 (水)

謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(9/2-5)




 
< 2014.09.02 産経新聞朝刊から >

6128


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6127


 しつこく本日も我らがヨシヒコくんのモンゴル訪問ネタです。

 昨日2日、日本を発って5日までモンゴルに滞在予定のヨシヒコくん。

 先月末までの日本の増すゴミ諸君の報道によりますと、今回の佳彦くんのモンゴル訪問の表向きの目的は、
「モンゴル政府からの要請で、4日にはエルベグドルジ大統領と会談が予定され、かつ拉致問題についても意見を交換する」と言うことでした。

 となりますと、ヨシヒコくんウォッチング経験3年目のオジサンにとりましては、どうしても異和感を感じてしまうことがあります。

 それは、いくら前総理大臣とは言え現在はヨシヒコくん、拉致問題とは全く無関係のポジションにある800%タダの人です。

 ましてや、現役総理時代のヨシヒコくんが拉致問題に対しても、見事なくらい国民の前で無能をさらけだしていたことは、平均的な日本人でさえ見透かしている衆知の事実です。


 
< 責任感など感じたことがない野田佳彦くん >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-70ab.html

 ( 2012.10.26 野田総理と家族会、面談後 )

6123


 そんなお方をいくらモンゴルのような小国と雖も、わざわざオフィシャルに招待して、大統領との会談をセットし、膝を突き合わせて拉致問題について語り合うことなんて、現実として本当にあり得るんでしょうか。

 ポーズだけと言う観方も成り立ちますが、それに致しましても、拉致問題が愈々動き出しそうな気配がヒシシト感じられる今この時に、ヨシヒコくんがモンゴル政府に指名されてノコノコ出かけるのは、何とも不可解です。

 それともやっぱり、ヨシヒコ・斎藤勁・輿石のじっちゃんラインでの総連経由の「拉致解決密約疑惑」は本物なんでしょうか。

 それならそれで、モンゴル政府の招待による大統領会談はあくまでもカモフラージュに過ぎず、真の狙いはモンゴルで北&総連工作員と密会し、実際の進捗状況を訊きだす or 扉が開き始めた拉致問題の解決を目茶苦茶に撹乱させてしまう or 現実的な拉致解決が確実視されるため自分達の取り分である最終的な拉致密約利権を確定させる等々、ヨシヒコくんお得意の反政府工作活動は様々想像できます。

 もっとも、安倍総理がモンゴルに対しても積極的平和外交を仕掛けている現状下、敢えて、モンゴル政府がヨシヒコくんを名指しして、拉致問題解決ビジネスのおこぼれに預るべく、ヨシヒコくんの裏取引のお手伝いに自ら協力するようなことは、可能性としては極めて低いとは思いたいんですが・・・・。

 ただ、モンゴルは世界で最初のソ連の衛星国で、国家同士のお付き合いとしては、現在のロシア・北朝鮮・中共の方が日本よりもずっと長く、モンゴルの諜報活動は日本より遙かに長けているものと容易に推測できます。

 お相撲さんの世界を通じて私達日本人はモンゴルと言う国に対し、かなりの好印象を抱いてはおりますが、私達は如何せん、モンゴルの共産国家時代の暗闇部分については全く知識がありません。

 25年前にベルリンの壁が崩壊したとは言っても、その後の25年間、モンゴルが旧ソ連・北朝鮮・中共諸国と関係を一切絶ち、西側世界とばかりお付き合いして来たとは到底考えられません。

 その辺に視点を移しますと、ヨシヒコくんの今回のモンゴル行も、日本の増すゴミ諸君報道をそのまま信じるのではなく、綺麗事以外の邪な目的もいろいろ邪推し回ってみるのも一興かと思料します。

 おまけにモンゴルは現在、デフォルト寸前にまで追い込まれています。

 たとえヨシヒコくんレベルであろうとも、腐っても、一応は日本の前総理大臣です。

 モンゴルからすれば、ヨシヒコくんと雖も、藁にも縋りたい心境なのかも知れません。


 
< モンゴル、広がる国債デフォルト懸念 >
 http://biz-journal.jp/2014/07/post_5421.html


 とあれこれ考えていたら、1日付の時事通信がモスクワ発で、9/3のプーチンくんのモンゴル訪問を報じてます。

 えっ、これって、偶然?

 となりますと折角同じ日に、ヨシヒコくんは、かのプーチンくんとモンゴルにいらっしゃるんですから、ヨシヒコくんにとっては、ピョンヤン運転で、アベガー・ヘイトスピーチと告げ口外交の一大チャンスではないですか。

 頑張れ、ヨシヒコくん。


 
< ロシア大統領、3日モンゴル訪問=ノモンハン戦勝75年、日本けん制か >
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014090100687

 
ロシア大統領府は1日、プーチン大統領が3日にモンゴルを訪問すると発表した。エルベグドルジ大統領と会談するほか、旧満州国西部国境で1939年、ソ連軍が日本の関東軍と衝突したノモンハン事件「戦勝」75周年記念式典に参加する。

 モンゴルは8月下旬に中国の習近平国家主席が訪問したばかりで、中ロ両国との関係を強化している。5月の中ロ首脳共同声明には「歴史の改ざんや戦後秩序の破壊に断固反対する」とうたわれており、プーチン大統領の9月3日の式典出席は、北方領土問題を抱える日本をけん制する狙いもありそうだ。



 ロシア大統領府の発表では、こうなってます。


 
< 2014.09.01 President of Russia >
 http://eng.kremlin.ru/news/22875

 
Vladimir Putin will make a working visit to Mongolia on September 3, 2014, at the invitation of President of Mongolia Tsakhiagiin Elbegdorj.

 The President will take part in
celebrations marking the 75th anniversary of victory at the Khalkhin-Gol River.

 A Russian-Mongolian summit will also take place during the visit and a number of bilateral agreements are expected to be signed.



 いまさら日本を貶めることだけにしか機能していない時事通信社さんに文句言っても仕方ないんですが、ノモハン事件、日本が一方的に敗けたとの歴史捏造はもういい加減、止めてね。

 ロシア政府でさえ、その辺は、正しい資料を既に公開しているんですからね。

 さて、ロシア大統領府の発表によりますと、プーチンくんもモンゴル政府の招待によってモンゴルを訪問すると言い切ってます。

 ヨシヒコくんとの明らかな違いは、ヨシヒコくんは「ノモハン事件75周年」の記念式典に招待されたとは、伝えられていない点です。

 なのにプーチンくんとヨシヒコくんが同じ日にモンゴルの土を踏んでいるって、一体、どう言うことなんでしょう。

 ヨシヒコくんもノモハン75周年記念式典に招待されているのなら何ら不思議もありません。

 安倍総理も組閣で超お忙しいですから、替わりに前総理を代理出席させた。

 それならそれで、外務省も民主党もヨシヒコくんも隠すことなど一つもない筈ですのに、増すゴミ諸君はなぜヨシヒコくんが
「モンゴル政府の要請」によって訪問するとしか書かなかったのでしょう。

 もっとも、そう明確に書いているのは、毎日新聞時事通信の2社だけなんですけどね。

 産経さんは、ヨシヒコくんのモンゴル訪問がモンゴル政府の要請だったとは一言も仰有っておりません。

 かつ、産経さんはこのニュースソースは、
「民主党関係者が明らかにした」と報じてます。

 モンゴル政府の要請で訪問することを、外務省からではなく、民主党関係者が明らかにした・・・・。

 となりますと、外務省HPにも、ヨシヒコくんの此の度のモンゴル行きは一言もアップされておりませんから、やっぱり今回のヨシヒコくんのモンゴル訪問は、仮に、モンゴル政府からの要請が本当だったとしても、ノモハン事件75周年式典へのヨシヒコくんの出席は、可能性としては「低い」と捉えるのが常識的な判断でしょう。

 じゃぁ、ヨシヒコくんは、偶然とは言えプーチンくんと一緒の時期、何しにモンゴルへ行くの?

 やっぱり、そこに戻ってしまいます。

 そもそもこの「ノモハン75周年式典」自体、正式な行事は既に終了している、とオジサンは観ました。

 
< Mongolia celebrates the 75th anniversary of Khalkhin Gol Battle >
 http://magnificentmongolia.com/mongolia/news/1-latest-news/190-mongolia-celebration-of-the-75th-anniversary-of-khalkhin-gol-battle/190-mongolia-celebration-of-the-75th-anniversary-of-khalkhin-gol-battle.html


 ほうら上記の正規プログラムでも、行事そのものは8/19-25で終わっていて、9月には何も予定されていません。

 と言うことで、産経新聞さんもウランバートル発共同記事を8/23付けで以下のように伝えております。


 
< ノモンハン事件75年で式典  モンゴル、ロ関係者も参加 >
 http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/08/23/28mongolia/

6124

 1
933年に旧ソ連・モンゴル軍が旧日本軍に勝利したノモンハン事件から75年の記念式典が23日、モンゴルの首都ウランバートルで開かれた。モンゴルで同事件は自国の独立と主権を守った「戦争」と位置付けられており、エルベグドルジ大統領は「歴史の一部として若い世代に伝えなければならない」と述べた。市内の旧ソ連・モンゴル軍の友好記念碑前など2カ所では、モンゴルのバトエルデネ国防相やロシア大使館の関係者ら約200人が参列して献花した。<写真は、旧ソ連・モンゴル軍の友好記念碑前で敬礼する両国の関係者=23日、ウランバートル(共同)>


 では、何故、プーチンくんは急遽ウランバートルに出向いて、再びノモハン75周年式典参加のパフォーマンスを展開することになったのか。

 時事通信が北方領土何タラカンタラと御託を述べてらっしゃいますが、オジサンは、これは全くの見当違いで、プーチンくんの突然のモンゴル訪問は、キンペイくんと対抗したいがためだけが目的の単なる威勢行為と考えます。

 既報通り、キンペイくんは、8/21-22、モンゴルを公式訪問しました。

 モンゴルの地下資源掠奪がキンペイくんの一番の目的であることは露骨するぎるほど明らかな訳ですが、プーチンくんもかつての一番の友邦国モンゴルが、ウクライナ扮装のドサクサに紛れてキンペイくんが勝手に荒らし回っている姿に、もう我慢ならなかったのでしょう。

 で、2週間の冷却期間をおいてノモハン75周年式典を再設定して、モンゴル訪問を強行。

 中国の意のままにはさせないぞ、と熾烈なカウンターパンチで反撃を開始した。

 そんな緊張関係の狭間にモンゴルが置かれていることなぞ露ほども知らず、ヨシヒコくんご一向はノーテンキに出かけて行った。

 案外、コトの真相はこんなところかも知れません。

 いやいや、我らがヨシヒコくんを見くびってはなりません。

 リタイアしたと雖も、腐っても日本の総理大臣を経験したヨシヒコくんです。

 あっと驚くプーチン・ヨシヒコ会談をモンゴルで実現し、北方領土問題解決、拉致問題を全面解決して日本に戻って来るシナリオだって充分にあり得るんですから。

 そうなったら、本当にすんばらし~いんですけどね。

 本日以降の報道が愉しみです。


 
< 2014.03.24 野田よしひこ瓦版No.944「プーチン大統領」 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/59.html

 
私が総理を務めた期間は1年4か月でした。この間、国連総会等の国際会議への出席なども含めて、16回海外出張しました。482日間の在任期間中、161回総理官邸に世界各国の政府要人を迎え入れました。3日に1回は会談・表敬がセットされたということです。これらの機会を通じて81人の各国首脳とお会いしましたが、最も手強い相手はロシアのプーチン大統領でした。(中略)

 
そのプーチン大統領が、今度は国際社会を試しています。クリミアをロシアに編入するという荒業を仕掛け、ウクライナ情勢は大変緊迫してきました。シリアやイランの問題でロシアの力を借りたい米国、ロシアとの経済的な結びつきを強めたい欧州、北方領土問題を進展させたい日本などの足元を見透かしているように思えます。

 わが国も含めて国際社会は、力を背景とする現状変更の試みは断じて許さないという毅然とした姿勢が必要です。そのためには、ぎりぎりまでチキンゲームになるかもしれませんが、ロシアに対して実効性ある制裁措置を一致結束して講ずるしかありません。



 
< 野田佳彦の「プーチン電話会談はなかった」疑惑 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-ceb3.html

 
本当は、プーチンくんとは、一言も、喋っていません(キリッ

 えぇ~ん、プーチンくん、怖いようっ。



6125
6126



2014年9月 2日 (火)

民主党諸君、日本人へのヘイトスピーチは遣りたい放題




6117


 
< めぐみさんめぐる発言、民主・石井一氏、改めて「帰国あり得ない」 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140830/kor14083023200011-n1.htm

 
神戸市で29日に開かれたパーティーで、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=らについて「もうとっくに亡くなっている」と発言した民主党の石井一元国家公安委員長(80)が30日、産経新聞の取材に応じ、「北朝鮮が一度、死亡を認定した人が日本に戻ってくることはあり得ない、という趣旨で話した」と改めて主張した。(中略)

 
そのうえで、「(被害者家族が)かわいそうだから返せ、と騒ぐこと自体がマイナスなことではないか」と述べ、発言を撤回する考えはないとした。


国民「将軍様から直接お聞きになったんですか」

石井「違うニダ」

国民「では朝鮮総連の幹部のどなたかからお聞きになったとか?」

石井「それもないニダ」

国民「じゃぁ極秘ルートで最新情報を入手されたとか?」

石井「そんなこと全然ないニダ」

国民「要するに根拠レスってことですか?ただ、ご自身の情緒と感情だけで仰有ったってことですか」

石井「そうニダ」


6118


 
< 現役被告人カイエーダくんFacebookから >
 https://ja-jp.facebook.com/banri.kaieda/posts/865562763476850
 
 
午前中に民主党改革創生本部の会議を開き、午後から、石井一先生の旭日大綬章受章祝賀会に出席するため、新幹線で神戸に向かいました。

 
政治家として大先輩の石井一先生には、私が政治家になる前から可愛がっていただきました。その先生の名前を春の叙勲名簿で見つけ、お祝いの電話をかけた時に「ぜひ祝賀会を開きましょう」とけしかけたのが、今日の会になりました。 衆議院議員時代の地元神戸で開いた祝賀会のため、その頃からの支持者と参議院全国比例選挙で支援していただいた西日本の方々がたくさんいらしてました。東京での祝賀会は、11月11日に開催される予定です。

 旭日大綬章は、政治家として最も栄誉の勲章です。 以前は勲一等から勲八等まで一、二、三と等級が付けられていましたが、平成14年以降は、等級がなくなり、現在のような制度になりました。その結果、現在の叙勲の制度はわが国に定着していると思います。特に消防団員や保護司として長年地域に貢献した方々を国が顕彰することは、ご本人だけでなく、後輩のためにもいいことだと思います。久しぶりにお目にかかった石井一先生の笑顔がことのほか輝いていました。

 

6119
6120


コクミン「神戸Y組組長のお披露目式、お疲れ様でした」

カイエダ「ありがとう」

コクミン「新組長、お元気でしたか?」

カイエダ「もちろん、ピンピンだよ」

コクミン「拉致発言、叩かれちゃいましたが」

カイエダ「増すゴミ諸君に言論統制引いたから、騒ぎは直ぐ収まるよ」

コクミン「自信満々なんですね」

カイエダ「うん、うちも組織ぐるみの工作員総動員して体張ってるからね」


 
< 2014.08.31 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104841/

 
民主党拉致問題対策本部 本部長 長島昭久

 昨日、石井一前参議院議員が神戸市で行われたご自身のパーティーで、「日本政府はいまだに横田めぐみさんらを返せと騒いでいるがもうとっくになくなっている」と発言したとの報道がなされている。

 そのような発言は、めぐみさんとの再会を一日千秋の思いで待ち焦がれている横田さんご夫妻のお心を踏みにじるもので、
言語道断と言わざるを得ない。

 民主党拉致問題対策本部は、政府及び「家族会」「救う会」「特定失踪者調査会」や関係諸団体とともに、北朝鮮に拉致された被害者全員の生存を前提に活動を展開し、与党・野党の枠を超えて、拉致問題の解決のために野党・与党の時代を問わず、全力を挙げてまいりました。石井前参議院議員がどのような根拠・情報を入手したのか不明であり、また、北朝鮮が来月中にも再調査の報告を行うというこの時期に、そのような発言をするいかなる意味があるのか
全く理解できない。

 いずれにせよ、民主党は今月21日から23日の予定でルーマニアのブカレスト開催された第11回IPCNHR(北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟)総会に党の拉致対策本部から3名の国会議員を派遣し(過去10回毎回党代表団を派遣している)、国際世論に訴えるなど地道な活動を展開してきただけに、今回の石井前参議院議員の発言は、
党の政策や基本姿勢とはまったく異なるものである。


国民「↑ってことは、結論は野放しの放ったらかしってことですよね」

長島「そうニダ」

国民「民主党は言論の自由が確保されていて羨ましいです」

長島「当然ニダ」

国民「ところで民主党が主張する言論の自由には、大嘘の出鱈目こいて、日本人に冤罪を押付けることも含まれていますか」

長島「当り前ニダ」

国民「と言うことは嘘も出鱈目も、言論の自由の許容範囲との立場をお取りになる訳ですね」

長島「 Yes, that's right ! 」

国民「だからなんですね、先月ヨシフ先生にジュネーブに乗り込ませ、半島の皆さんとご一緒になって日本の名誉を平気で傷つけるような反日売国行動をお許しなったのは」

長島「もちろんニダ」

国民「これって日本人に対する逆差別ですよね、日本人に対する紛う事なきヘイト・スピーチ、ヘイト・アクションですよね」

長島「そうニダ」

国民「お認めになるんですね」

長島「日本人に対しては何を遣っても構わないニダ、もちろん日本の法律なんか無視して構わないニダ、だって日本は悪いことばかりして来たんだから当然の報いニダ」



 
<ウリたち明博くんの大統領就任式に揃って出席しているニダ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-efdc.html

6121


 
< 野田佳彦くん、本日からのモンゴル訪問には一言も触れず、ひたすらアベガー・ヘイトスピーチに専念 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/79.html


国民「今日から3泊4日でモンゴル訪問ですよね」

佳彦「そうニダ」

国民「新聞には拉致問題についても意見交換をするとありましたが」

佳彦「そうニダ」

国民「本当は何しにいらっしゃるのですか」

佳彦「工作員活動ニダ」

国民「石井一元議員の言動は既にお聞きですよね」

佳彦「いや聞いてないニダ」

国民「彼、めぐみさんはとっくに亡くなっている、帰国はあり得ないと仰有ったんですが」

佳彦「それがどうしたニカ?」

国民「現役被告人であるカイエーダくんもその場に同席していらっしゃったんですが」

佳彦「だからどうしたニカ?」

国民「これは明白なる日本国民に対するヘイトスピーチです、断固抗議します」

佳彦「民主党の国会議員・地方議員・党員・支持者・ダポーターなら、誰でも日本人に向けてのヘイトスピーチが許されるニダ」

国民「日本人相手ならどんな罵詈雑言も許容されると仰有りたいんですか」

佳彦「そうニダ」

国民「その根拠は」

佳彦「ウリが事後情緒法で勝手に決めたニダ」

国民「つまりウリナラは日本社会のモラルも法律もコレっぽっちも守る必要はないと主張なさるんですね」

佳彦「そうニダ」

国民「だったら日本国と致しましても、日本国の法律違反を犯した半島国籍所有者に対しては罪の軽重に関係なく、これからは温情主義は800%捨てて、法治主義に基づく強制送還をビシバシ実行しますから、ご覚悟の程は宜しいですかな」

佳彦「それは困るニダ」

国民「もう日本でのウリナラの我が儘は金輪際許しません」

佳彦「そんなこと言わないでくれニダ」

国民「いいえ仏罰です」

佳彦「お願いだから止めてくれニダ」

国民「貴方の罪も、恩赦なしの懲役1000年の刑で竹島流刑が確定しました」

佳彦「アイゴー、アイゴー、I am 総理、だったニダ」


6122


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 拉致実行犯「辛光洙」の釈放要望書に署名した国会議員一覧 >

 1989年7月

・日本社会党

 衆議院

 阿部未喜男、
五十嵐広三池端清一、石橋大吉、石橋政嗣、伊藤茂、伊藤忠治、稲葉誠一、井上泉、井上一成、井上普方、岩垂寿喜男、上田哲、上田利正、上原康助、大原亨、大出俊、緒方克陽、岡田利春、小川国彦、奥野一雄、小澤克介、加藤万吉、角田堅次郎、河上民雄、河野正、川崎寛治、川俣健二郎、木間章、上坂昇、小林恒人、左近正男、佐藤観樹、佐藤敬治、佐藤徳雄、沢田広、沢藤礼次郎、渋沢利久、嶋崎譲、清水勇、城地豊司、新村勝雄、新盛辰雄、関山信之、高沢寅男、田口健二、竹内猛、田中恒利、田邊誠、田並胤明、辻一彦、土井たか子、戸田菊雄、永井孝信、中沢健次、中西績介、中村茂、中村正男、野口幸一、野坂浩賢、馬場昇、早川勝、広瀬秀吉、細谷治通、堀昌雄、前島秀行、松前仰、水田稔、三野優美、武藤山治、村山喜一、村山富市、安田雄三、山口鶴男、山下八洲夫、山花貞夫、吉原栄治、渡部行雄

参議院

 青木薪次、赤桐操、穐山篤、秋山長造、一井淳治、糸久八重子、稲村稔夫、及川一夫、大木正吾、大森昭、小川仁一、小野明、梶原敬義、粕谷照美、
久保亘、久保田早苗、小山一平、佐藤三吾、志苫裕、菅野久光、鈴木和美、高杉延恵、千葉景子、対馬孝且、中村哲、野田哲、浜本万三、福間知之、渕上貞雄、松前達郎、松本英一、丸谷金保、村沢牧、本岡昭次、八百板正、安恒良一、安永英雄、矢田部理、山口哲夫、山本正和、渡辺四郎

・公明党

 衆議院 :小川新一郎、鳥居一雄、西中清

 参議院 :猪熊重二、塩出啓典、和田教美

・社会民主連合

 衆議院 :
江田五月、菅直人

 参議院 :
田英夫

・無所属

 衆議院 :安井吉典(社会党系)

 参議院 :青島幸男、
宇都宮徳馬、喜屋武真栄、山田耕三郎





2014年9月 1日 (月)

天安門事件大虐殺、次は国谷裕子姐さんが訂正放送をする番ニダ




6113


 1989年6月4日北京の天安門事件が勃発したとき、オジサンは某イスラム教国で駐在員生活を送っていました。

 当時、会社の1年先輩が北京に駐在していたのでオジサンは先輩の安否を心配しておりましたが、まもなく東京本社から情報が入り、先輩は事件の翌日、家族共々全員北京を脱出して日本に一時的に緊急避難したとのこと。

 取り敢ずは身の安全が確保されて良かったと安堵しましたが、政情不安や治安悪化を絶えず懸念しななければならない国で駐在員生活を送ることは、家族共々日々、細心の目配り・気配りで神経を使いつつ生活・仕事をこなしていかなければなりません。

 駐在員期間中何もおこらなければそれはそれで幸いなことですが、オジサン自身の経験からいっても、赴任期間中、身の危険を感ずることなく無事で過ごせた記憶は一度もありませんでした。

 一番、身の危険を感じたのは、何と言っても、1990年8月2日に勃発した湾岸戦争です。

 オジサンが当時駐在していた国は普段はかなりの親日国ですが、この湾岸戦争で日本政府が135億ドルも資金提供をしたこともあって、この時ばかりはこの穏健なイスラム教国の国民も日本には敵意剥き出しとなって、日本大使館やアメリカ大使館に投石があったりなどもしました。

 当然、現地にいた日本人駐在員並びに家族は極力外出を控え逼塞した暮らしを強いられましたが、同じイスラム教国と雖も湾岸諸国とは遠く離れていたこともあって、勃発した当初は日米に向けられたこの国民の激しかった憎悪も一時的なもので収束し、時が経ってみるといつもの穏やかな日常に戻っていました。

 今から思うと、あの当時一番イライラしたのは、正確な情報がなかなか入って来なかったことです。

 インターネットもなかった時代でしたので、現地にいて一番役に立ったのは大きなパラボラナアンテナを付けて見ていたCNNでした。

 ただ当時は、画面が鮮明でなく映像も音声も途切れ途切れで、何が起っているかは漠然とは判っても、リアルタイムでの全体像がなかなかつかめないのが実態でした。もちろん現地語放送の地元国営TVは、コーランを流すのが主目的で、情報入手ツールとしては問題外。

 NHKの短波放送も現地で聴いてはいましたが、こと湾岸戦争に関してNHKが伝えてくる湾岸戦争ニュースは圧倒的に情報力不足のお気楽放送で、現地取材していないのがバレバレでした。

 あの湾岸戦争からもう24年、そして天安門事件から25年。

 当時も今も、NHKの立ち位置は全く変わっておらず、オジサンは、この25年間NHKは一貫して中朝韓のプロパガンダ機関であり続けていると決め付けております。

 それが言い過ぎというのであれば、少なくともNHKは、海外で駐在生活を送っている恐らく軽く百万人以上はいるであろう在留邦人のための、生命と身の安全に直接実践的に役立つ有意義な報道など一切して来なかった。

 する気もサラサラなかった。

 海外で何か事件が起って日本人が巻き込まれた時、NHKは同胞邦人の身の安全のために有益なニュースなど流した試しがなく、むしろアルジェ事件で見られたように、日本人被害者の不幸をあざ笑っているとしか思えないニュースばかりを垂れ流し続けて来ました。

 3.11の時もそうでしたが、NHKなんかより、英語放送のアルジャジーラのネットライブニュースの方が、余程、現実が把握しやすいニュースを伝えていたようにオジサンには思えます。

 つい前置きが長くなってしまいました。

 上記個人的経験を踏まえ、本日は、NHKのクローズアップ現代キャスター「国谷裕子」姐さん57才児の「天安門事件、大虐殺はなかったニダ」発言の糺弾です。

 ねぇ、裕子姐さん、貴女のこの確信犯的プロパガンダ発言のせいで、海外の、特に中国国内で駐在員生活を送っている13万人の邦人が「この国では大虐殺など決して起らない」とずっと信じ込まされていた所為で、突然数多の在留邦人が中国国内で被害に巻き込まれたとしたら、貴女はどう責任を取ってくれるのかな。

 情報入手手段が限らた国で、この種の明らかな日本人の手によるデマ放送が流れるのは、現地駐在員にとっては身の危険に直結する問題であることを、この57才児のお姐さんは全く考えておりません。

 むしろ裕子姐さんって、間違いなく「邦人が事件に巻き込まれて嬉しいニダ」を堂々と広言出来るタイプの人間のお一人でしょう。

 彼女の「責任?そんなものないニダ」度は、確信犯のPyongyang Driveである、とラベリングしても全然構わないかとオジサンは考えます。

 日本の赤色化を願って病まない裕子姐さん、彼女が、天安門事件大虐殺を否定する発言をしたのは、wiki情報によりますと、1993年6月3日(木)放送の 「天安門事件・空白の3時間に迫る」と2008年1月24日の放送の「天安門事件では大きな虐殺はなかった」の計2回です。

 2008年の発言は消されてしまいましたが、1993年の発言はこちらのニコ動に残されています。


 
< 天安門事件24年 >
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm21041774




 問題となった裕子姐さんの発言は、上記動画は「8分58秒」からです。

 1949年の中共建国以来、虐殺した人数は1億人を下らないとされている大虐殺国家を大好きで大好きで堪らない裕子姐さん。

 チベット・ウィグル・南モンゴル民族をテロ行為の代償と称して平気で大嘘を吐き、堂々と民族抹殺を現在進行形で行っている中共が、大好きで大好きで堪らない裕子姐さん。

 裏を返せば、57年間、お躰が完全に左に傾きっぱなしの裕子姐さんというお方は、ご自身の左翼特有の破壊願望、その延長としての虐殺願望がどうしても押さえ切れないってことですね。

 まぁ、お好きなように。

 このお姐さんの「天安門、大虐殺はなかった」発言は、13億中国人でさえ信じていないのは明らかなんですから。


 
< 2014.08.29 チャンネル桜放映 >
 http://www.youtube.com/watch?v=YLS2l4Au5a4&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

 
坂東忠信、中国人の残虐性・天安門事件と中国人実習生の例から

">


 元北京語通訳捜査官の坂東忠信さんが、中国人の残虐性について語っておられます。

 で、国谷裕子姐さんの「天安門事件、大虐殺はなかったニダ」を明らかに否定できる反証材料がこちらです。

 上記証拠となる新たな資料が公開されたお話は、7分14秒からです。

 坂東さんによれば、ニュースソースは、2004年1月に解放軍で情報を担当していた総参謀部高官(←既に抹殺されている)が現場を調査したときの虐殺人数実態調査資料(中国の民主活動家経由で入手)だそうです。


 
< 天安門拠点別虐殺人数地図 >

6111

 < 大虐殺、トータル人数は、31,978人 >

6112


 坂東さんのブログを拝見しますと、もっと詳しく書かれています。


 
< ついに出てきた天安門反乱分子の処分数と処分方法 >
 http://taiyou.bandoutadanobu.com/?day=20140626

 
天安門事件の犠牲者数や当時の鎮圧の仕方に関する資料が、解放軍総参謀部関係者から出てきたとのこと。

 ちなみに、1989年6月1~10日までの死亡総人口は31978人。

 (天安門事件は同年6月4日発生)

 1、 うち、学生(身分確認) 10974人

 2、 一般人(身分確認) 7992人

 3、 不明(未確認) 11865人

 ・・・・と細かい数が出ています。



 さぁ、どうする、57才児の国谷裕子姐さん。

 えっ、やっぱり、予定調和で、ウリは知らなかったニダ、もちろん、謝罪なんてしないニダ、反省なんてしないニダですかな。

 まぁ、よろしゅうに。

 聴く耳を一切持たないウリナラ仕様の57才児の狼少女に時間を割くだけ無駄というものです。

 そんなことしなくても、お天道さまの、国谷裕子姐さん、チョウニチさん、NHKさんへのお裁きはもう決まっちゃってますからね。


6114


 にしても、この裕子姐さん、一体、何者なんですかねぇ。

 Wukiを見ますと、
「NHKニュースの英語の同時通訳を務めたのを機に、報道の世界に。NHK衛星放送のニューヨーク契約駐在キャスター、帰国後に、総合テレビの『NHKニュースTODAY』『NHKニュース21』、衛星放送の『ワールドニュース』に契約出演。1993年から総合テレビ『クローズアップ現代』のレギュラーキャスター。」とありますから、明らかに正規のNHK職員でないことだけは確かなようです。

 上述中、契約キャスター云々の文言がありますから、今でも、身分は「契約キャスター」ってことですか?

 だとしたら、彼女との契約は、明らかにNHKと裕子姐さんの恣意的な「随意契約」です。

 きっと、真っ黒けの闇資金のアンダーマネーが、がっぽり、裕子姐さんに手渡されていらっしゃるんですね。

 あなおそろしや。


6115


 
< 売国放送局NHK 中国天安門事件大虐殺なかったとアサヒる「クローズアップ現代」 >
 https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=oouhR8g6ehg

 一部に凄惨な残虐映像あり、閲覧には年齢認証が必要となります。

">




6116



« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »