« 天安門事件大虐殺、次は国谷裕子姐さんが訂正放送をする番ニダ | トップページ | 謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(9/2-5) »

2014年9月 2日 (火)

民主党諸君、日本人へのヘイトスピーチは遣りたい放題




6117


 
< めぐみさんめぐる発言、民主・石井一氏、改めて「帰国あり得ない」 >
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140830/kor14083023200011-n1.htm

 
神戸市で29日に開かれたパーティーで、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=らについて「もうとっくに亡くなっている」と発言した民主党の石井一元国家公安委員長(80)が30日、産経新聞の取材に応じ、「北朝鮮が一度、死亡を認定した人が日本に戻ってくることはあり得ない、という趣旨で話した」と改めて主張した。(中略)

 
そのうえで、「(被害者家族が)かわいそうだから返せ、と騒ぐこと自体がマイナスなことではないか」と述べ、発言を撤回する考えはないとした。


国民「将軍様から直接お聞きになったんですか」

石井「違うニダ」

国民「では朝鮮総連の幹部のどなたかからお聞きになったとか?」

石井「それもないニダ」

国民「じゃぁ極秘ルートで最新情報を入手されたとか?」

石井「そんなこと全然ないニダ」

国民「要するに根拠レスってことですか?ただ、ご自身の情緒と感情だけで仰有ったってことですか」

石井「そうニダ」


6118


 
< 現役被告人カイエーダくんFacebookから >
 https://ja-jp.facebook.com/banri.kaieda/posts/865562763476850
 
 
午前中に民主党改革創生本部の会議を開き、午後から、石井一先生の旭日大綬章受章祝賀会に出席するため、新幹線で神戸に向かいました。

 
政治家として大先輩の石井一先生には、私が政治家になる前から可愛がっていただきました。その先生の名前を春の叙勲名簿で見つけ、お祝いの電話をかけた時に「ぜひ祝賀会を開きましょう」とけしかけたのが、今日の会になりました。 衆議院議員時代の地元神戸で開いた祝賀会のため、その頃からの支持者と参議院全国比例選挙で支援していただいた西日本の方々がたくさんいらしてました。東京での祝賀会は、11月11日に開催される予定です。

 旭日大綬章は、政治家として最も栄誉の勲章です。 以前は勲一等から勲八等まで一、二、三と等級が付けられていましたが、平成14年以降は、等級がなくなり、現在のような制度になりました。その結果、現在の叙勲の制度はわが国に定着していると思います。特に消防団員や保護司として長年地域に貢献した方々を国が顕彰することは、ご本人だけでなく、後輩のためにもいいことだと思います。久しぶりにお目にかかった石井一先生の笑顔がことのほか輝いていました。

 

6119
6120


コクミン「神戸Y組組長のお披露目式、お疲れ様でした」

カイエダ「ありがとう」

コクミン「新組長、お元気でしたか?」

カイエダ「もちろん、ピンピンだよ」

コクミン「拉致発言、叩かれちゃいましたが」

カイエダ「増すゴミ諸君に言論統制引いたから、騒ぎは直ぐ収まるよ」

コクミン「自信満々なんですね」

カイエダ「うん、うちも組織ぐるみの工作員総動員して体張ってるからね」


 
< 2014.08.31 民主党HPから >
 http://www.dpj.or.jp/article/104841/

 
民主党拉致問題対策本部 本部長 長島昭久

 昨日、石井一前参議院議員が神戸市で行われたご自身のパーティーで、「日本政府はいまだに横田めぐみさんらを返せと騒いでいるがもうとっくになくなっている」と発言したとの報道がなされている。

 そのような発言は、めぐみさんとの再会を一日千秋の思いで待ち焦がれている横田さんご夫妻のお心を踏みにじるもので、
言語道断と言わざるを得ない。

 民主党拉致問題対策本部は、政府及び「家族会」「救う会」「特定失踪者調査会」や関係諸団体とともに、北朝鮮に拉致された被害者全員の生存を前提に活動を展開し、与党・野党の枠を超えて、拉致問題の解決のために野党・与党の時代を問わず、全力を挙げてまいりました。石井前参議院議員がどのような根拠・情報を入手したのか不明であり、また、北朝鮮が来月中にも再調査の報告を行うというこの時期に、そのような発言をするいかなる意味があるのか
全く理解できない。

 いずれにせよ、民主党は今月21日から23日の予定でルーマニアのブカレスト開催された第11回IPCNHR(北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟)総会に党の拉致対策本部から3名の国会議員を派遣し(過去10回毎回党代表団を派遣している)、国際世論に訴えるなど地道な活動を展開してきただけに、今回の石井前参議院議員の発言は、
党の政策や基本姿勢とはまったく異なるものである。


国民「↑ってことは、結論は野放しの放ったらかしってことですよね」

長島「そうニダ」

国民「民主党は言論の自由が確保されていて羨ましいです」

長島「当然ニダ」

国民「ところで民主党が主張する言論の自由には、大嘘の出鱈目こいて、日本人に冤罪を押付けることも含まれていますか」

長島「当り前ニダ」

国民「と言うことは嘘も出鱈目も、言論の自由の許容範囲との立場をお取りになる訳ですね」

長島「 Yes, that's right ! 」

国民「だからなんですね、先月ヨシフ先生にジュネーブに乗り込ませ、半島の皆さんとご一緒になって日本の名誉を平気で傷つけるような反日売国行動をお許しなったのは」

長島「もちろんニダ」

国民「これって日本人に対する逆差別ですよね、日本人に対する紛う事なきヘイト・スピーチ、ヘイト・アクションですよね」

長島「そうニダ」

国民「お認めになるんですね」

長島「日本人に対しては何を遣っても構わないニダ、もちろん日本の法律なんか無視して構わないニダ、だって日本は悪いことばかりして来たんだから当然の報いニダ」



 
<ウリたち明博くんの大統領就任式に揃って出席しているニダ >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-efdc.html

6121


 
< 野田佳彦くん、本日からのモンゴル訪問には一言も触れず、ひたすらアベガー・ヘイトスピーチに専念 >
 https://www.nodayoshi.gr.jp/leaflet/detail/79.html


国民「今日から3泊4日でモンゴル訪問ですよね」

佳彦「そうニダ」

国民「新聞には拉致問題についても意見交換をするとありましたが」

佳彦「そうニダ」

国民「本当は何しにいらっしゃるのですか」

佳彦「工作員活動ニダ」

国民「石井一元議員の言動は既にお聞きですよね」

佳彦「いや聞いてないニダ」

国民「彼、めぐみさんはとっくに亡くなっている、帰国はあり得ないと仰有ったんですが」

佳彦「それがどうしたニカ?」

国民「現役被告人であるカイエーダくんもその場に同席していらっしゃったんですが」

佳彦「だからどうしたニカ?」

国民「これは明白なる日本国民に対するヘイトスピーチです、断固抗議します」

佳彦「民主党の国会議員・地方議員・党員・支持者・ダポーターなら、誰でも日本人に向けてのヘイトスピーチが許されるニダ」

国民「日本人相手ならどんな罵詈雑言も許容されると仰有りたいんですか」

佳彦「そうニダ」

国民「その根拠は」

佳彦「ウリが事後情緒法で勝手に決めたニダ」

国民「つまりウリナラは日本社会のモラルも法律もコレっぽっちも守る必要はないと主張なさるんですね」

佳彦「そうニダ」

国民「だったら日本国と致しましても、日本国の法律違反を犯した半島国籍所有者に対しては罪の軽重に関係なく、これからは温情主義は800%捨てて、法治主義に基づく強制送還をビシバシ実行しますから、ご覚悟の程は宜しいですかな」

佳彦「それは困るニダ」

国民「もう日本でのウリナラの我が儘は金輪際許しません」

佳彦「そんなこと言わないでくれニダ」

国民「いいえ仏罰です」

佳彦「お願いだから止めてくれニダ」

国民「貴方の罪も、恩赦なしの懲役1000年の刑で竹島流刑が確定しました」

佳彦「アイゴー、アイゴー、I am 総理、だったニダ」


6122


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 拉致実行犯「辛光洙」の釈放要望書に署名した国会議員一覧 >

 1989年7月

・日本社会党

 衆議院

 阿部未喜男、
五十嵐広三池端清一、石橋大吉、石橋政嗣、伊藤茂、伊藤忠治、稲葉誠一、井上泉、井上一成、井上普方、岩垂寿喜男、上田哲、上田利正、上原康助、大原亨、大出俊、緒方克陽、岡田利春、小川国彦、奥野一雄、小澤克介、加藤万吉、角田堅次郎、河上民雄、河野正、川崎寛治、川俣健二郎、木間章、上坂昇、小林恒人、左近正男、佐藤観樹、佐藤敬治、佐藤徳雄、沢田広、沢藤礼次郎、渋沢利久、嶋崎譲、清水勇、城地豊司、新村勝雄、新盛辰雄、関山信之、高沢寅男、田口健二、竹内猛、田中恒利、田邊誠、田並胤明、辻一彦、土井たか子、戸田菊雄、永井孝信、中沢健次、中西績介、中村茂、中村正男、野口幸一、野坂浩賢、馬場昇、早川勝、広瀬秀吉、細谷治通、堀昌雄、前島秀行、松前仰、水田稔、三野優美、武藤山治、村山喜一、村山富市、安田雄三、山口鶴男、山下八洲夫、山花貞夫、吉原栄治、渡部行雄

参議院

 青木薪次、赤桐操、穐山篤、秋山長造、一井淳治、糸久八重子、稲村稔夫、及川一夫、大木正吾、大森昭、小川仁一、小野明、梶原敬義、粕谷照美、
久保亘、久保田早苗、小山一平、佐藤三吾、志苫裕、菅野久光、鈴木和美、高杉延恵、千葉景子、対馬孝且、中村哲、野田哲、浜本万三、福間知之、渕上貞雄、松前達郎、松本英一、丸谷金保、村沢牧、本岡昭次、八百板正、安恒良一、安永英雄、矢田部理、山口哲夫、山本正和、渡辺四郎

・公明党

 衆議院 :小川新一郎、鳥居一雄、西中清

 参議院 :猪熊重二、塩出啓典、和田教美

・社会民主連合

 衆議院 :
江田五月、菅直人

 参議院 :
田英夫

・無所属

 衆議院 :安井吉典(社会党系)

 参議院 :青島幸男、
宇都宮徳馬、喜屋武真栄、山田耕三郎





« 天安門事件大虐殺、次は国谷裕子姐さんが訂正放送をする番ニダ | トップページ | 謎解き、野田佳彦くんのモンゴル訪問(9/2-5) »

民主党」カテゴリの記事

半島人」カテゴリの記事