« 今さらヨシヒコくん、いつだって後出しジャンケン | トップページ | 本物の人権侵害には確信犯で眼を閉ざすチョウニチ系プロ市民諸君 »

2015年5月11日 (月)

次期参院選、小西洋之たんは当選出来るでしょうか




7734

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 実は、小西たん、恥ずかしながらオジサンの地元千葉県選出の参院議員なんです。

 来夏参院選が小西たん、クイズ王生命をかけての2期目の挑戦となります。

 ちなみに、みんちゅくん2016年改選議員は、以下42名の政治屋もどきの皆さまです。



・選挙区:27名

 徳永エリ(北海道)、桜井充(宮城)、増子輝彦(福島)、郡司彰(茨城)、大野元裕(埼玉)、小西洋之(千葉)、金子洋一(神奈川)、輿石東(山梨)、小川敏夫(東京)、蓮舫(東京)、田中直紀(新潟)、北澤俊美(長野)、小見山幸治(岐阜)、藤本祐司(静岡)、斎藤嘉隆(愛知)、安井美沙子(愛知)、芝博一(三重)、林久美子(滋賀)、福山哲郎(京都)、尾立源幸(大阪)、水岡俊一(北兵庫)、前川清成(奈良)、江田五月(岡山)、柳田稔(広島)、広田一(高知)、大久保勉(福岡)、足立信也(大分)


・比例区:15名

 田代都(JR総連)、那谷屋正義(日教組)、有田有生(シバキ隊)、石橋通宏(NTT労組)、江崎孝(自治労)、小林正夫(東電労組)、難波奨二(郵政労組)、白眞勲(高木クネ隊)、津田弥太郎(ゼンキン連)、柳澤光美(イトーヨーカ堂労連)、直嶋正行(トヨタ労連)、前田武志(国公連?)、加藤敏幸(三菱電機)、西村正美(日歯連)、藤末健三(立正佼成会)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 2013年参院選、みんちゅくん当選者は、選挙区10名、比例区7名の計17名で、一人区は全敗でした。

 誰が見ても、政権担当時の2010年参院選、42名当選は、みんちゅくん、獲り杉でしょう。

 現在連戦連敗記録を更新中なのに、「でも底をうった」、と強弁ホルホル中のフルーアーマーくんとコンビを組んでるオカラくん。

 来夏参院選も、現執行部体制で臨むとなると、みんちゅくんの ” And Then There Were None  ” 現象は、益々、実現性が高くなりました。

 来年の夏はきっと良いことが・・・・。
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それに致しましてもみんちゅくん、来夏の改選組議員、超豪華メンバーです。

 R4姐さんを筆頭に、エリー姐さん、ヨシフくん、DV夫くんに、陳くんに、白くんに、直紀くんに、2つ覚えておけばいいくんに、輿石のじっちゃんに、おやおや、キャバクラ5組は五月くん&直嶋くんとお二人もいらっしゃるではないですか。

 中でも、ピカイチは、今が旬、我が千葉県の品位をたったお一人で、確信犯で落しまくってらっしゃる43才児の小西洋之たんでしょう。

 来夏参院選、全国的にも小西たんの当落が、ウルトラ大注目の的となることは間違いありません。

 小西たん、当選出来るのかなぁ~。

 それ以前に、大爆走中の小西たん、みんちゅくんの公認を取得出来るのかなぁ~。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ここで参院千葉県選挙区、過去の選挙結果のおさらいをしておきましょう。


  
< 参院千葉選挙区 投票結果推移(Wikiから) >

# 第22回参議院議員選挙(2013.07.21)

  当日有権者数:5,062.684人 投票率:49.22%

7735


# 第21回参議院議員選挙(2010.07.11)

  当日有権者数:5,045,486人 投票率:54.85%

7736


# 第21回参議院議員選挙(2007.07.29)

  当日有権者数:4,961,075人 投票率:55.14%

7737


# 第20回参議院議員選挙(2004.07.11)

  当日有権者数:4,869,418人 投票率:51.87%

7738


# 第18回参議院議員補欠選挙(2002.10.27)

  当日有権者数:4,816,224人 投票率:24.14%

7739_2


# 第19回参議院議員選挙(2001.12.18)

  当日有権者数:4,762,301人 投票率:50.87%

7740


# 第18回参議院議員選挙(1998.07.12)

  当日有権者数:4,604,677人 投票率:53.36%

7741

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 千葉県は基本的には保守層が強い地域です。

 一方で、人気や雰囲気に流され易い浮動票が多いのも事実で、結果、堂本暁子・野田佳彦・森田健作・熊谷俊人を選んでしまっている現実があります。

 さて、来夏の参院選は如何。

 2013年は、自民2、民主1。

 2010年は、民主1、自民1、みんな1。

 2007年は、民主2、自民1

 2004年は、2人区で、民主1、自民1。

 伝統的に保守が強いとは言っても、連合傘下の企業も多く、自治労・日教組もそれなりの基礎票を抱えていますので、みんちゅくんは1名だけなら、充分当選させるだけの組織票は持っています。

 ですから、前回2013年のように、立候補者を1名に絞り込みさえすれば、みんちゅくんは1名だけだったら、千葉県は「3人区で」すから、余程のヘタを打たない限り、当選確実な情勢にあります。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 そこで、問題になるのが、みんちゅくん千葉県連は、公認候補を誰に決定するかです。

 2010年は初挑戦でトップ当選した小西たんを、続投させる勇気と気構えがおありになるかどうかは、ミーハー的観点からも、かなりの見ものです。
 
 果たして、みんちゅくん千葉県連の最重鎮、我らがヨシヒコくんは、小西たんを公認候補とすることを英断出来るかどうか。

 オジサンは、この選択にこそ、ヨシヒコくんのお人柄が強く表れるものと、非常に愉しみにしています。

 小西たんが公認候補で決定されれば、やっぱり、ヨシヒコくんも、その程度の人。

 小西たんが公認から外されたら、オジサン、チョッピリ、ヨシヒコくんを見直して差し上げます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 2013年、みんちゅくんは候補者を1名に絞っても、3名中3位の最下位当選でした。

 揚げ句の果てには、楽々、自民2名の当選をも許してしまいました。

 この流れは、現状の安倍政権下では、変えることは出来ないでしょう。

 加えて、2013年、1名に絞ったみんちゅくんの当選者は、ヨシヒコくんの派閥「花斉会」の最重要メンバーでもある長浜博行くんです。

 長浜くんはヨシヒコくんの番頭的存在ですが、同じ花斉会メンバーのR4姐さんの応援も受け、かつ、ヨシヒコくんが、つきっきりで全面支援しました。

 イメージ戦略的には、R4姐さん、ヨシヒコくんを投入したことで、大成功でしたが、それでも、38万票、最下位当選が、やっとww

 小西たん、53万票獲得でトップ当選の再現は、あり得るでしょうか。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 次期参院選、よもや、みんちゅくん、千葉県で2人の候補者を立てる程の現実を無視したお馬鹿さんではないでしょうから、ここは2013年同様、1人に的を絞って来るでしょう。

 それが、果たして小西たんになるのかどうか。

 絵的には、小西たん&R4姐さんコンビ、小西たん&ヨシヒコくんコンビの応援風景を、是非とも拝見したいものですが、さぁ、ヨシヒコくんはどのようにお考えになるか。

 ヨシヒコくん、ウリ仲間を見捨てるは得意中の得意技ですから、案外、バサッと小西たんを早期の時点で、切り捨てたりして。

 だって、あと1年2ヶ月間、小西たんとR4姐さんが、指、指し続けていたら、みんちゅくん、確実に1人は当選させてきた千葉県選挙区で、議席ゼロなるのは確実ですからね。


7742
 画像はこちらからお借りしました


7743
 画像はこちらからお借りしました


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 オジサンでしたら、落選のリスクを抱えていらっしゃるエキセントリックな小西たんを公認候補にするより、確実に1議席獲れるごく普通の精神の持ち主へと、鞍替えを決断しますけどねぇ。

 もっとも、ヨシヒコくん的には、小西たんのエキセントリックなご性格に気付いていらっしゃらない可能性も充分考えられますから、さぁ、どうなることやら。

 そんなことより、今の精神状態の小西たんでは、2期目の立候補を諦めさせること自体が、難事業で、下手すると、みんちゅくん自身が逆に小西たんに訴えられてしまうかも知れません。

 自民党は憲法改正を睨んで、今回も、2人擁立の作戦です。(2015.04.29 読売新聞

 問題は、みんちゅくんが誰になっても、みんちゅ以外の野党が、誰を候補者に持ってくるかです。

 前回は、小西たんがトップ当選、2万票差で自民猪口姐さん、最下位当選がみんなの水野賢一くんでした。

 この水野くん(現在無所属)も、小西たんに比べればまだマシではありますが、かなり、アッチ系の輩です。

 千葉県民としては、二人もお薬効かない政治屋さんもどきを当選させてしまったことを、痛切に反省しなければなりません。

 但し、旧みんなの水野くんには、もう、当選する力は皆無でしょう。

 となると、自民2、みんちゅくん1の他に、野党側はだれを立ててくるか。

 それなりの候補を選定して来ない限りは、自民2みんちゅくん1で決まりですから、小西たんでも楽々当選圏内になってしまいそうです。

 12年間も指差しクイズ劇場を見させられるのは、日本国民にとりましては、苦痛以外何物でもありません。

 かと言って、素人がどうのこうの出来る問題でもありませんし。

 いっそのこと、小西たんを楽々当選させないためにも、「自民3 vs. 小西たん」対決の構図の方が、国益のためには次善の策なのかも知れません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 にしても、産経阿比留記者を名誉棄損で訴えた小西たんの言論封殺、国民の眼には、もう、お薬効かない状態を通り越してるように思えます。

 みんちゅくん国会議員132名諸君の中でも、節度と良識と日本人としての良心をお持ちの方だって少しはいらっしゃるでしょうに、同僚議員のこの「おまゆう見下し目線」の暴挙、誰も、何とも思ってらっしゃらないのでしょうか。

 健全な精神の持ち主だったら、小西たんの昨今の言動は、一社会人としても度を超えた異常な精神情況に映ります。

 政治以前の問題であることは明らかなのに、誰も小西たんの馘に鈴を付けようとする方がいらっしゃらない、みんちゅくん。

 このことだけでも、みんちゅくん現幹部の皆さまが、明らかに機能不全状態に陥ってることが、手に取るように国民には判ります。

 おまけに、この小西たんの裁判を引き受けた弁護士が、例によって、吉峯啓晴くんですしね。

 巨人軍の裁判で敗けたばっかりの吉峯くんも、本当に懲りないみんちゅくんお抱え弁護士のお一人です。


7744

 君が代・日の丸はんた~い闘争から、ニダくん絡み裁判まで。

 Kの法則同様、吉峯弁護士に関りを持つと、皆さん、没落の一途の運命に陥ってることを、小西たんはご存知ないんでしょうか。

 巨人軍元球団代表の清武英利くんしかり、チョクトくんしかり、村越祐民くんしかり。

 こういう方がみんちゅくんの応援団の闇の世界で暗躍してることこそが、みんちゅくん不審を一層増幅させていることを、ヨシヒコくん辺りは真剣に考えるべきです。

 何せ、ヨシヒコくんは、前日本国総理大臣なんですからね。

 君が代・日の丸訴訟団のお抱え弁護士が、みんちゅくん議員と和気靄々で反日売国裁判に勤しんでらっしゃるんですから、話になりません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.04.24 小西洋之HPから >
 http://konishi-hiroyuki.jp/0424-2/

 
ネット上の名誉棄損に対する法的措置について

 
去る4月23日付で、阿比留瑠比氏(産経新聞政治部編集委員)による私に対する事実無根の名誉毀損行為につき、刑事告訴と民事訴訟の提起を行いました。(中略)

 
また、阿比留瑠比氏(産経新聞政治部編集委員)が「昨夜の会合である議員から聞いた話」としている当該議員についても刑事告訴しております。(中略)

 
最後に、言論の自由を守るためにも引き続き安倍政治に全力で対処しつつ、やむをない場合においては、今後も、ネット上の名誉毀損行為や落選運動行為(公選法違反)などの違法行為に対しては、必要な法的措置を講じて参ります。


 * 訴状に記載されてる9名(うち1名はニダくん姓)の弁護士と、吉峯総合法律事務所に籍を置いている弁護士諸君が、見事に一致しております。

 * ご参考

 
民主党プロ市民諸君、それぞれの反日感情(吉峯弁護士関連)
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/132-1603.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2010.11.07 民主党千葉県総支部連合会HPから >
 http://www.minshu-c.com/news1011.html

 政治スクール:千志塾第3期

7745
 第10回講座(11月7日)

 「選挙」は政治活動の一部であることの核心を

 
吉峯啓晴・党本部顧問弁護士・元県連副代表

 「公職選挙法と政治資金規制法について」・・・・コンプライアンスを重視した選挙活動とは



« 今さらヨシヒコくん、いつだって後出しジャンケン | トップページ | 本物の人権侵害には確信犯で眼を閉ざすチョウニチ系プロ市民諸君 »

民主党」カテゴリの記事