« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

政治屋稼業諸君のご尊顔




 
< 2015.09.28 FOX News

 
Obama, Putin meet on UN sidelines after dueling statements on Syria

9150

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.28 CNN News

 
Hillary Clinton: Xi Jinping 'shameless' on women's rights

9151

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.28 The Washington Post

 
Iran’s president blames U.S. for Middle East violence

9152
 
( President of Iran Hassan Rouhani addresses the United Nations General Assembly in New York on Monday )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.28 Reuters

 
Obama, Modi discuss climate change in meeting at U.N.

9153

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 205.09.28 産経新聞

9154
 
( 水月会結成記者会見で記念撮影に応じる石破茂地方創世担当相ら=28日午前、東京都千代田区永田町のザ・キャピトルホテル東急 )


 石破派に参加した国会議員は次の通り。

 【衆院】石破茂(鳥取1区)、山本有二(高知2区)、鴨下一郎(東京13区)、伊藤達也(東京22区)、田村憲久(三重4区)、後藤田正純(徳島1区)、古川禎久(宮崎3区)、平将明(東京4区)、赤沢亮正(鳥取2区)、斎藤健(千葉7区)、冨樫博之(秋田1区)、田所嘉徳(茨城1区)、神山佐市(埼玉7区)、石崎徹(新潟1区)、山下貴司(岡山2区)、門山宏哲(比例南関東)、八木哲也(比例東海)、福山守(比例四国)、若狭勝(比例東京)

 【参院】舞立昇治(鳥取)



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.28 北海道新聞

 
徳永参院議員、投開票日に候補「応援」書き込み 公選法に抵触か

9155
 
民主党北海道代表代行の徳永エリ参院議員(53)=道選挙区=のツイッターに、北見市議補選の投開票当日の27日、民主党推薦候補の「応援」を呼び掛ける内容の書き込みがあったことが28日、分かった。総務省などによると、公職選挙法に抵触する可能性があるという。

 同市議補選(欠員1)には、民主党北見支部副代表の長南幸子氏(57)を含む4人が立候補。27日に投開票され、長南氏が当選した。

 徳永氏のツイッターに27日午前9時ごろ、自身の発言として「市議会議員の補欠選挙、投票日です。(中略)長南さちこさんへの応援お願いします」と書き込まれていたという。

 総務省自治行政局選挙課は「投票日当日の選挙運動は公選法違反に当たる。書き込みが削除されても適用される」と話している。北見市選管も公選法違反の可能性を指摘している。



 
北見市HP

 
北見市議会議員補欠選挙(平成27年9月27日 執行)

9156

 
< 2015年4月統一地方選 読売新聞

9157
9158

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.28 民主党HP

 
女性のための政治スクールキックオフセミナー「立とう!女性たち!」を開催

9159

 
同志社大学大学院教授の浜矩子氏が「女性たちにエールを送る」として基調講演を行った。

9160

 
これを(1ドル50円何とかさんのご発言)受けて東京大学教授の大沢真理氏がコメントし、「『世界に冠たる貿易財』と言われて喜んでばかりはいられない。留学する学生は女子のほうが多い。その背景には『日本では報われない』という思いがあるのでは」と指摘。

9161
9162

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
週刊実話 2015年10月1日号 >

 
鬼怒川堤防決壊 民主・蓮舫代表代行「スーパー堤防仕分け」に被害住民が怨嗟の声・声・声

 
7000戸近い家が浸水し、未曾有の大災害となった茨城県常総市の鬼怒川堤防決壊被災地で、かつて“仕分けの女王”ともてはやされた民主党の蓮舫代表代行に怨嗟の声が上がっている。


 
< 2011.11.22 官邸HP

 
「提言型政策仕分け」会場視察

9163
9164
9165

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 野田佳彦・R4・手塚仁雄は、住吉会つながり heart

 heart 野田佳彦・R4・手塚仁雄は、シャブ中つながり heart



 
< R4は切れても手塚仁雄を切れない野田佳彦 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/r4-they-are-bot.html

 
( 2011.11.24 産経新聞 )

 
手塚仁雄首相補佐官が代表を務める民主党東京都第5区総支部が、覚醒剤取締法違反罪で有罪判決を受けた不動産販売会社(経営破綻)の元社長から、2003年から10年まで計4回、計850万円の政治献金を受けていたことが24日、東京都選挙管理委員会公表の政治資金収支報告書で分かった。うち3回は元社長の執行猶予期間中だった。

 手塚氏の事務所は取材に対し、元社長との関係や献金の経緯には触れず「収支報告書に記載の通り」とだけ回答した。

 一方、蓮舫行政刷新担当相が代表を務めている後援会が、脱税が今年6月に発覚し、法人税法違反罪で有罪判決を受けた携帯電話販売会社(大阪市)の元社長から10年1~12月に計12万円の献金を受けていたことも判明。蓮舫氏の事務所は「返金の手続きをしたい」としている。



 
< 野田佳彦くんと手塚仁雄くん、黒い交際、その後 >
 http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-1ba6.html

 
( 2011.10.23 秋の園遊会 )

9166



2015年9月29日 (火)

果たして宗教に世界を平和に出来る力はあるのか




 
< 2015.09.27 産経新聞朝刊から >

9145

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 上記産経新聞が報じた日本語訳のロイター配信記事の中で、オジサンがオヤッと感じた箇所は、以下の部分です。

> (ローマ法皇は)この後、「9.11記念博物館」を訪れ、キリスト教や仏教、イスラム教、ユダヤ教など各宗教の指導者らを含む約700人の聴衆を前に••••(以下略)

 上の写真で判断する限り、どう見ても各宗教の指導者逹は壇上でローマ法皇の直ぐ後ろで椅子に座っています。

 そして、700人の聴衆と言うのは、ローマ法王の目の前に居て、法皇の演説を聞いている。

 となると、各宗教の指導者逹は決して、一般聴衆700名と一派一絡げのその他大勢グループではありません。

 穿った観方をするなら、ローマ法王サイドとしては、明確な政治的目的あって、キリスト教以外の主要宗教の指導者達を敢えて目立つように壇上にお座り頂いた、と考えられます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 英文のロイターの元記事は、どう表現されているのか確認してみました。

 すると上記該当箇所、オリジナル記事は、以下のような表現でアップされておりました。


 
< 2015.09.25 Reuters

 
Resist uniformity, embrace diversity -Pope at New York attack site

 
Standing in front of the concrete "slurry wall" that held back the Hudson River from the towers' foundations and flanked by a dozen religious leaders from the Jewish, Muslim, Hindu, Sikh, Buddhist and Greek Orthodox traditions, Francis spoke to a crowd of about 700 people in an underground gallery.


 オリジナル記事では、はっきりと、各宗教指導者と一般聴衆は区別した書き方です。

 と言うことは、この記事を日本語に訳した方がかなりいい加減と申しましょうか、お躰が相当左に傾いてらっしゃる増すゴミ関係者なのかも知れません。

 土台、この種の方々は、" diversity(多様性) " なる単語が出ただけで、舞い上がっちゃう御仁が、この世の中には数え切れない程いらっしゃいますからね。

 いずれに致しましてもはっきりしていることは、ローマ法皇が追悼の祈りを捧げただけで、平和が実現し、地球上からテロが撲滅されることだけはなさそうです。

 そもそも、今の世界の諍いを産み出した大元は、カトリックの総本山ですからね。

 十字軍遠征、大航海時代を契機にして行った南北アメリカ大陸原住民大量虐殺、第1次・第2次世界大戦中の植民地政策による人を人とも見做さなかった有色人種への圧政・搾取。

 いずれも主犯はキリスト教徒逹でした。

 そもそも彼らに、有色人種の犠牲の上に成り立っている平和を祈る権利などあるのか。

 このことを声を大にしてキリスト教徒にぶつけてみたいと心の底から思っているキリスト教徒以外の有色人種は、間違いなく、何億人単位で世界中にいらっしゃるでしょう。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9146

 いつの日か東北大震災の被災地にローマ法王がお出でになって、お祈りを捧げたら、普通の日本国民はどう感じるでしょうか。

 優しい日本人のことですから、きっと、大半の方は「どうもありがとうございました」でしょうか。

 年数が経ってしまうと、それ以上のことも、それ以下のことも考えないかも知れません。

 かと言って、違和感ゼロも、あり得ないかも知れません。

 何故なら私達日本国民にとっては、普段は意識していませんが、天皇陛下・皇后陛下の被災地訪問の方が、ずっと有難いからです。

 ご皇室への意識が希薄になってきたとは言え、私達日本国民にとっては万世一系の侵しがたい絶対の存在があります。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回のローマ法皇の訪米に関して、米国民の熱烈歓迎ぶりを見させられるにつけ、大統領選挙と全く同じくらい異常な熱すぎる狂態振りに、絶対的なものを有し得ないで260年間過ごしてきている人工国家アメリカに哀れさを感じます。

 即ち、自然国家ではない、歴史がない悲哀とでも申しましょうか。

 アメリカを動かしている全てのものは、イデオロギーに基づいた何らかの人工的な無理矢理作り出された意思。

 中朝韓と同様に、移民で統制しきれなくなったこのアメリカも、あと100年持つ確証はどこにもありません。


 
< 2015.09.25 Reuters

 
Pope Francis in New York

9147
9148
9149

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 クラシック音楽がお好きな方はよくご存じかと思いますが、ミサ曲の最後に登場する " Agnus Dei " と言う典礼文があります。

 Agnus Dei(アニュス・デイ)平和への賛歌

 Agnus dei, qui tollis peccata mundi
 (世の罪を取り除いて下さる神の小羊よ)

 miserere nobis.
 (私達を哀れんでください)

 Agnus dei, qui tollis peccata mundi

 dona nobis pacem.
 ( 私達に平安を授けて下さい)

*日本語訳出典:三ケ尻正著「ミサ曲ハンドブック」2001年ショパン社刊

 
 21世紀の現代では、話し言葉では世界中どの国も使用していないラテン語ですが、カトリックの式典では今尚使われている、彼らにとっては厳粛な典礼文です。(仏教に例えればお経のようなもの、ちょっと違う?)

 で、通常の儀式は、このアニュス・デイの " dona nobis pacem " で終わりを告げるのが常です。

 オジサン、レクイエムやミサ曲を聞くたびに、この最後の部分がいつもひかかっていて仕方がありません。

 恐らく、キリスト教徒はグレゴリア聖歌とともに、この典礼文を何百年間にも渡って唱え続けてきた筈です。

 その間、十字軍に始まって現在に至るまで、中東・アフリカ大陸・南北アメリカ大陸・アジア全域で、彼らキリスト教徒は異教徒を虐げ続け、異教徒のヒト・モノ・カネ・土地を強制的に奪い続けてきました。

 世界中で悪事を働いている事実がある一方で、キリストの教えだからと言う教義だけで、異教徒にとってみれば、身勝手としてか思えない平和の祈りを捧げていらっしゃる。

 異教徒を虐げてることは完全に黙殺で、まるで、自分達キリスト教徒だけが平和を享受する資格と権利があると聞こえるかのように、声高に主張なさっている。

 八百万の神がおわします日本とはつくづく相反する世界だなと思わざるを得ません。

 宗教とは心の平穏を醸成する一助には充分なりうるものの、平和を産み出すまでのエネルギーにはなり得ない。

 有史以来、宗教の介在によって平和がキープされたことは、世界中、どこにもありません。

 と言うより、宗教の存在、取り分け一神教の信者こそが、世界中で、争いごとと戦争を自然発生させてきた、とも断言出来ます。

 セレモニーだけ仏教徒のオジサンはそう考えます。



2015年9月28日 (月)

政治屋稼業諸君如きにモラルなんてある訳がありません




 
< 2015.09.26 Reuters

 
North Korean TV acknowledges leader Kim Jong Un's health problems

9142
 
( North Korean leader Kim Jong Un guides the actual parachuting and striking drill of paratrooper units of the KPA in this undated photo released by North Korea's Korean Central News Agency August 28, 2014. )

 Young North Korean leader Kim Jong Un is suffering from "discomfort", state media has said in the first official acknowledgement of ill health after a prolonged period out of the public eye.

 Kim, 31, who is frequently the centrepiece of the isolated country's propaganda, has not been photographed by state media since appearing at a concert alongside his wife on Sept. 3, fuelling speculation he is suffering from bad health.

 He had been seen walking with a limp since an event with key officials in July and in a pre-recorded documentary broadcast by state media on Thursday appeared to have difficulty walking.

 "The wealth and prosperity of our socialism is thanks to the painstaking efforts of our marshal, who keeps lighting the path for the people, like the flicker of a flame, despite suffering discomfort," a voice over for the hour-long documentary said.



 
< 2015.09.26 産経新聞

 
金正恩氏がストレス太り?5年間で30キロ増の130キロ 韓国政府分析

9143
 
( 朝鮮人民軍傘下の農場を視察する北朝鮮の金正恩第1書記。朝鮮中央通信が8月13日配信した )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 オジサン世代では、子供の頃から、親に事あるごとに、「政治と宗教の話には口出しするな」と口酸っぱく言われて育った方が多いのではないかと思います。

 今時の子供達だったら即反応して、「どうして」と親に聞き返すんでしょうけど、子供時代のオジサン自身は、「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」と同じで、昔からの経験知に基づいたそれなりの含蓄ある言葉なんだろうと思い、結構、いい年までこの教えをきっちり守っておりました。

 と言うより、政治にも宗教にもさほど関心がなかったと言うこともありますが、受験勉強もさることながら、興味を惹かれることが数え切れないほどこの世には沢山あったからです。

 大学に入学して70年代の学生運動が終わった頃も、未だに民青に夢中になっている同級生を見て、「こいつら一体何をどうしたいんだろう」としか感じませんでした。

 兎に角、彼らの行動を傍目で見ていると、何となく本物でないでない胡散臭さと、漠然とした不自然さを感じて仕方がありませんでした。

 それ以前の問題として、彼らはクラスメートを始め一般学生とは決して交わろうとせず、自らが壁を作って一般学生を拒否していたことに、当時のオジサンとしては強く違和感を憶えました。

 昨今の安保法制反対派と状況はソックリかと考えます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 そんなオジサンが、俄然、政治的なことに関心を持ち始めたのは、バブル崩壊の残務整理がやっと一段落した、2000年前後からでしょうか。

 バブル崩壊で真っ先に感じたことは、社内でも実力者と目されていた幹部連中が、修羅場では、いとも簡単に無能力を曝け出してしまったことです。

 経済界の重鎮にしてもしかり、です。

 続いて、監督官庁とか称して普段から業界を牛耳って威張ってらっしゃった、霞が関の高級官僚連中の行政能力にも、大いなる疑問を抱きました。

 彼らが威張っていられたのは、国家と言う権力を背負ってるからだけのこと。

 彼らを素っ裸にしてみれば、何のことはありません。

 ネゴシエーションや実務能力は民間会社の経営者層以下です。

 親方日の丸のくせして、その日の丸さえもないがしろにしている方がばっかりです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 10年前の某月某日、私的趣味の会で、霞が関の某官庁でかつて事務次官だったと言う方に引き合わされて、一緒に飲みました。

 異業種仲間の趣味の会ですから、かつて、どんなに偉かった方であろうが、昔の職業・地位とは関係ない世界です。

 参加メンバーの大半は無視してましたが、そうは言っても中にはその某事務次官だった人におべんちゃらを仰る方も、極く少数いらっしゃいました。

 そんな飲み会を4・5回経た後、その某事務次官は、趣味の会そのものをいつの間にか去って行きました。

 誰もちやほやしてくれなかったのが面白くなかったのかも知れません。

 趣味の世界とは言え、趣味そのものの実力が物を言う世界です。

 かつての肩書きなど全然無縁の世界です。

 バブルの事後処理にはオジサンもかなりの労力を費やしましたので、バブル処理に関する感想が知りたくて、とある飲み会のとき某事務次官に無理矢理バブル処理に話題を仕向けました。

 彼、リタイアしたとは言え、普通なら滅多に会うことのできない大者なんですが、酔った席とは言え、話を聞いてみてガックリ。

 バブルで疲弊した日本経済を俺逹キャリア官僚が立て直すんだ、なんて意気込みの話は、もちろんありません。

 まるで、自分は傍観者の如く日本が風邪をひいたみたいな口調で、バブル時代を語ります。

 かつ、ご自身では意識はしていらっしゃらないんでしょうけど、そもそも民間人そのものを信用していない様相を強く感じました。

 後日、この某事務次官とかつて大学で同級生だったと言う民間人の方にその話をしたら、彼奴はそんな奴だよ、とアッサリと仰っておられました。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 霞が関のキャリア官僚が全員このような方ばかりではないとは思いたいものの、ネットで彼らの実務レベルがそれなりに一般国民にも判ってしまう時代です。

 はっきり申し上げまして、もう、「政治と宗教には口出しするな」の時代ではありません。

 彼れらの口ほどではない実力が判ってしまうと、宗教は別にして、取り分け、政治にはいつまでも一般国民も黙っていることはせずに、良い意味で積極的に口を出すべき時代が到来したことを強く感じます。

 それから、オジサン、最近、次のように考えています。

 地方議員から国会議員に至るまでの全ての政治屋稼業諸君、霞が関の高級官僚稼業諸君、自治体の地方公務員稼業諸君、公立学校教師稼業諸君、増すゴミ稼業諸君、全てが、繋がっている。

 彼らを一括りで考えて一向に構わないと。

 そして、一般人が黙っていればいるほど、彼らはやりたい放題に走る。

 安保法反対騒動がいい例です。

 彼らにモラルの一欠片もあろう筈がありません。

 そろそろ、彼らが音を上げるまで、罰ゲームを沢山与えなければなりません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.26 読売新聞

 
教育長に市議「あんたは冷たい」…不適切と陳謝

 
山形県鶴岡市議会は、佐藤峯男議員(無所属)が一般質問で不適切な発言をしたとして陳謝を求め、佐藤議員は25日、議場で陳謝した。

 佐藤議員は今月4日、冬期間に2キロの距離を徒歩通学している児童を例に挙げてスクールバス導入について質問した。難波信昭教育長が「防雪柵の整備も進み、地域で子供たちを見守ってきた考え方を大事にしたい」と答弁したのに対し、佐藤議員は「教育長からは答弁をもらいたくなかった。あんたは冷たいから。あんたは教員としては失格なんだから」と発言した。

 問題視した市議会は懲罰特別委員会で審議。「無礼の言葉を使用してはならない」とした地方自治法や、「議会の品位を重んじなければならない」とした市議会会議規則に反するとし、「公開の議場における陳謝」を求めていた。

 佐藤議員は「不適切な言葉を用いたことは、議員の職責を顧みて誠に申し訳ない。陳謝します」と述べた。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 本当に、政治屋稼業諸君と教師屋稼業諸君と増すゴミ屋稼業諸君の一般人と大きくかけ離れているモラル判断基準には、あきれるばかりです。

・教員としては失格は品位を欠いた言葉

・議員の職責を顧みて申し訳ない

 批判してる方も、全てが、その場、その時の感情だけで、回っています。

 根拠なんて一つもないのはミエミエです。

 採り上げる方も採り上げる方ですが、こんな酒飲み談義レベルの話が全国紙で採り上げられるんですから、議会も教育委員会も読売も、ウルトラ・スーパー・超低レベルと言わざるを得ません。

 全てはその場限りのご都合主義。

 読売もこんなレベルの話で怒り狂っているのなら、民主党の稀代のセクハラ・レイプ男「津田やったろう」63才児を罷免に追い込むまでの意気込みを国民に示してみなさい。

 どうせ、出来っこないだろうけどね。

 だって、民主党はもちろんのこと、読売くんの世間離れした正義も、完全に狂っていますから。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9144



2015年9月27日 (日)

厚労省次官村木厚子姐さんやっとご解任




9134

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 我慢に我慢を重ねてきた官邸が、漸く、厚子姐さんの馘切りを決断しました。

 女の涙だけでお仕事をなさっていらっしゃった厚子姐さん。

 冤罪の当たり屋疑惑もあったらしい厚子姐さん。

 郵政不正事件で、国に37億5千万円も損害金を与えた厚子姐さん。

 それでも当のご本人は、冤罪被害者のプロとして、国から3,770万円の賠償金を強請り取った厚子姐さん。

 事務次官在任中は、本業のお仕事は一切なさらず、ひたすら管轄外の取り調べの可視化に勤しんでおられた厚子姐さん。

 厚労省のウルトラ超大物厄介者だった厚子姐さん。

 一番ホッとしているのは、厚労省職員、取り分け、旧厚生省出身のキャリア官僚の皆様方ではないでしょうか。


9136

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.26 産経新聞朝刊 >

9135

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 馘切り直前の厚子姐さん、年金機構の情報漏洩に関わり大々的に最後の懲罰を喰らってるんですが、就任当初から最後の最後まで、全てに渡ってご自身が全面的に矢面に立って責任を被ることは一度もございませんでした。

 実にお見事と申しましょうか、これぞ、お躰が完全に左に傾き切った口だけ人道主義者を装った典型的な嫌日官僚のお一人と言えましょう。


 
< 2015.09.18 時事通信

 
厚労相、給与を全額返納=年金局長ら14人処分-情報流出問題

 
塩崎恭久厚生労働相は18日、日本年金機構の個人情報流出問題の責任を取り、就任時から今月までの大臣給与(13カ月分)と賞与(2回分)の全額を自主返納するとともに、事務次官や年金局長ら14人を同日付で訓告などの処分としたと発表した。塩崎氏は記者会見で「年金制度に対する国民の信頼を損なうもので、深くおわびする」と改めて陳謝した。

 副大臣2人も塩崎氏と同様に返納するほか、政務官2人は今月までの給与全額を返納する。返納額は、塩崎氏の場合で約230万円となる。

 処分の内訳は、訓告が事務次官や官房長、年金局長ら9人。
このうち官房長や年金局長ら4人は給与の一部を2カ月分、自主返納する。

 この他、年金機構へのサイバー攻撃に関し、省内での必要な連絡を怠ったとして、担当の年金局課長や係長ら5人を戒告などとした。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> このうち官房長や年金局長ら4人は給与の一部を2カ月分、自主返納する。

 この4人の中に、厚子姐さんは含まれていらっしゃるんでしょうか。

 厚労省事務方のトップとして、厚子姐さんも一応は責任をお感じになって、殊勝にもお給料を自主返納なされたんでしょうか。

 そうであったなら、給料返納4人組のうち、一番真っ先に、事務次官の肩書きが列挙されていて良いはずです。

 なのに、給料返納組に、事務次官の名は一切ありません。

 名前が上げられたのは、いずれも、厚子姐さんよりは下位の職位にある官房長と年金局長だけです。

 これで、厚子姐さん、最後の最後まで、責任をお取りにならなかったのは明白です。

 正に、6年前の37億5千万円の郵政不正事件で厚子姐さん、責任を全部直属の部下の係長に押し付け、ご自身は一人逃げ切った構図と今回も、クリソツだったのです。

 全てに亘って責任は一切お取りにならない。

 これぞ、お躰が左に傾き切ったイデオロギーの持ち主の一大特徴でございます。

 59才児になっても、厚子姐さんって、本当に判り易い。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.26 産経新聞朝刊 >

9137

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 なんと、厚子姐さん馘斬りと同時に、年金機構への業務改善命令が初めて実現したんだとか。

 裏読みするなら、冤罪事件後の2010年、民主党政権によって内閣府に引き上げられた厚子姐さんの負の遺産が、延々5年間、続いていたとも邪推出来ましょう。

 だって、旧社保庁=現年金機構は民主党の巣窟です。

 これだけ不祥事が続出していたにも関わらず、業務改善命令1つ、監督官庁が出さなかったなんて。

 厚子姐さんの次官在任期間は、2013年7月から2015年9月までの2年2ヶ月。

 この間、ずっと、民主党応援団の日本年金機構2万人の職員のために厚子姐さんは、彼らが不利な立場に追い込まれないよう、ご尽力なさっておられたんでしょう。

 更に意地悪な観方をするならば、今夏の年金情報流出事件も、厚子姐さん&民主党&年金機構職員が確信犯で仕組んだもので、全員がグルだった、なんてもことも。

 根拠レスですけどね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 だって、厚子姐さん、従来から反日・嫌日・憎日左派勢力とは、とっても、仲良しだったんですよ。

 
 
heart 本名で国会議員してない村田蓮舫繋がり heart


 
< 2011.04.09 蓮舫大臣、支援センターふくしまを訪問 >
 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/JDF/shiencenter_hukushima/daijinhoumon.html

9138
 
4月9日、支援センターふくしまに、蓮舫・内閣府特命担当大臣、金子恵美参議院議員、村木厚子・内閣府政策統括官が訪問しました。支援センターからは、支援活動の現場からの声を要望として届け、蓮舫大臣からは、「災害弱者と言われている人たちを本格的に支援しなければならない」との言葉がありました。


 
heart エセ人権屋繋がり heart


 
< 週刊朝日2013年12月13日号 >
 http://dot.asahi.com/wa/2013120400041.html

 
村木厚子厚労事務次官「私は楽しむことを見つけるのが上手なんです」

 
郵便不正事件で逮捕されるも無罪となった村木厚子厚生労働事務次官が『私は負けない』(中央公論新社)を上梓した。164日もの拘留生活を耐え抜いた“秘訣”をコラムニストの北原みのりさんが、直球勝負でズバリ切り込んだ。

9139
 
北原みのりさん(左)と村木厚子さん(中央)。村木さんの著書『私は負けない』で聞き手と構成を務めた江川紹子さん(右)も一緒に(撮影/写真部・工藤隆太郎)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 こんな厚子姐さんの背景を知ってると、彼女が何故冤罪の当たり屋と陰口を叩かれるのか、はたまた、本業には見向きもしないで取り調べの可視化だけに精をお出しになっていたのかが判ろうと言うものです。

 事務次官更迭が発表された正にその日に、厚子姐さんは、産経新聞にこんなインタヴュー記事を採り上げさせて圧力をかけているあたり、リタイア後の厚子姐さんが、エセ人権屋として生きていくのは明白です。

 何はともあれ、異相極まりないご尊顔の厚子姐さんご更迭で、ヤレヤレといったところでしょうか。


 
< 2015.09.25 産経新聞

 
「犯罪」に追い込まぬために…「特別な人」と考えず、早期の福祉サポートを 山本譲司氏と村木厚子氏が語る現状と課題

 
軽微な犯罪を繰り返し、刑務所と実社会を行き来する知的障害者を累犯障害者と呼ぶ。刑罰と福祉に加え、地域や住民は累犯障害者にどう向き合うべきか。同名の著書で知られる元衆院議員、山本譲司氏と、障害者福祉をライフワークとする厚生労働省事務次官、村木厚子氏に、対談を通じて現状や課題を語ってもらった。(以下略)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9140
9141



2015年9月26日 (土)

ニュース、あれこれ




 
< 2015.09.24. Reuters

 
Japan's 105-yr-old 'Golden Bolt' sets sprint record, misses personal best

9124

 
Japanese centenarian Hidekichi Miyazaki set a fresh record as the world's oldest competitive sprinter this week, one day after turning 105, but said he was disappointed at falling short of his own personal best.

 "I wanted to shave off a few more seconds as I got 36 seconds while training," Miyazaki, wearing a bright red T-shirt and running shorts, said after completing his heat with a time of 42.22 on Wednesday. His personal record of 34.10, chalked up when he was 103, remains unbeaten for centenarian.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 公務員の不祥事、3連発 heart


 
< 2015.09.23 産経新聞

 
スマホでスカート内を盗撮 「撮るつもりなく、写ってしまった」島根県津和野町職員を逮捕 広島

 
広島中央署によると、男は「スカート内を撮るつもりはなかった。写ってしまったのは申し訳ない」と供述。所持していたスマホ内に画像が見つかった。


 
< 2015.09.24 産経新聞

 
63歳非常勤職員が飲酒運転 愛媛県が処分を検討

 
愛媛県は24日、「森の交流センター」(同県東温市)の非常勤職員の男性(63)が、同市上林の路上で、酒気帯び運転による自損事故を起こしたと発表した。県は処分を検討している。県によると、この職員は23日午後8時50分ごろ、ミニバイクに乗り転倒。警察の事情聴取の際、呼気から基準値を上回るアルコールが検出された。市内で行われた行事で飲酒後、別の出席者が職員を車で自宅に送っていったが、職員は一緒に降りた知人の姿が見えなくなったのを心配し、ミニバイクで捜そうとした。

 *森の交流センターHPから:愛媛県森の交流センターは、県民の皆さんが森林と親しみ、森林との密接な関係の中で共に協力しあい、
助け合いながら、豊かな暮らしを実現していくお手伝いをするために、森林環境税の活用や県民参加の森林づくりの拠点として、県内で森林ボランティア活動を行う皆さんを応援しています。


 
< 2015.09.21 産経新聞

 
また堺市!国勢調査情報100世帯分を一時紛失 泥酔して置き引き被害、届けたのはゴルフ後

 
堺市は21日、国勢調査にインターネットで回答した市民100世帯の世帯主名と住所、家族構成を記したリストを、調査指導員を務める上下水道局経営企画課の男性主査(34)が泥酔した状態で一時紛失したと発表した。市によると、主査は当初「19日未明、(堺市北区の)JR阪和線百舌鳥駅前で、リストが入ったバッグを横に置いたまま寝入り、盗まれた」と説明。だが実際は駅構内にバッグを置き忘れたとみられる主査の姿が防犯カメラに写っており、早朝に3駅離れた鳳駅に届けられた。主査は国勢調査で西区内8地区の調査員の指導を担当。主査の当初の説明によると、ネットで回答した世帯に調査員が書類を重複して配布しないようリストを印刷し、18日夕の帰宅時に持ち出した。帰宅途中に友人と酒を飲んだという。19日未明に紛失に気付き、自分で探したが見つからず、翌20日は朝からゴルフに出掛け、夕方にゴルフ場で上司に打ち明けた。市に届けたのは同日夜だった。堺市では、職員による全有権者約68万人分の情報持ち出しと市民約1650人分のネットへの情報流出が相次いで発覚していた。


9125

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.24 Reuters

 
Russia's Putin, Japan's Abe to meet in New York Monday: Kremlin

 
Russian President Vladimir Putin and Japanese Prime Minister Shinzo Abe will meet in New York on Monday, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said on Thursday.


 
< 2015.09.25 産経新聞朝刊 >

9126

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.24 チャンネル桜放映 >

 
【世界支配秩序の再編】アメリカの逆襲、VW事件と習主席、ローマ法王同時訪米の背後にあるもの

">

 
番組説明:今後も紆余曲折が予想される日露首脳会談への道であるが、何はともあれ、安倍総理はア­メリカの容認を取り付け、自主外交へのとっかかりを掴んだようである。その一方でアメ­リカは、自らの核心的利益を護るため、原油価格の操作や、VWへの制裁、難民を使った­EUへの揺さぶりなど、超限戦を強化している。訪米中の習近平主席や、ウイグルに財務­相を派遣したイギリスの動向など、謀略が渦巻く国際関係について分析していきます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.24 The Washington Post

 
Pope issues moral call on climate, immigration

9127
 
( From his private meeting with President Obama to giving the first-ever papal address before a joint session of Congress, Pope Francis did not shy away from politics during his three-day stop in Washington, D.C. )

 
“Each son or daughter of a given country has a mission, a personal and social responsibility,” the 78-year-old pontiff said in heavily accented English. “Your own responsibility as members of Congress is to enable this country, by your legislative activity, to grow as a nation.”


9128
 
( President Obama and daughter Sasha arrive to greet Pope Francis at Joint Base Andrews outside Washington on Tuesday、The Washington Post


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.23 CNN News

 
Xi Jinping:China is ready to address cybercrime

 
President Xi Jinping said that China is ready to open a "high-level" dialogue with the U.S. to fight cybercrime, while insisting that his government has never engaged in hacking.

 "Commercial cybertheft and hacking against government networks are crimes that must be punished in accordance with the law and relevant international treaties," Xi said Tuesday at a dinner banquet in downtown Seattle.
"The Chinese government will not ... engage in commercial theft or encourage or support such attempts by anyone."


9129

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.24 AFP日本語版

 
「イランに強制送還して」、英警察に移民が泣きつく

 
英国で21日、イラン国籍の男性が警察署に駆け込み、イランに送還してほしいと頼み込んだ──「英国にうんざりした」というのが理由だ。しかし男性は合法的に英国に滞在していたため、その願いは叶わなさそうだ。


9130
 ( 英マンチェスターの警察署 )

 24日付の英紙デーリー・テレグラフによると、アラシュ・アリアさん(25)は10年間暮らしてきたイングランド北西部マンチェスターで、暴力を受けたり不快な目にあったりしたと訴えた。職も見つからないという。

 マンチェスター市警のツイッターによると、「とても怒った若者」が21日、警察署の受付に現れ、「マンチェスターにうんざりしたのでイランに帰りたい」と要求した。だが、合法的に英国に滞在していることがわかったため、「自力で故郷に帰るしかないだろう」と同市警は述べた。

 アリアさんは、親戚の暮らすイラン南西部のシラーズに戻りたいと語っている。「マンチェスターの人々は歓迎してくれなかった。言葉や暴力など、多くのことで」とアリアさんは述べた。「私はフレンドリーで礼儀正しくしようと努めた。けれど彼らは私が外国人であるという理由だけで笑い、けげんな顔で私のことを見る」

 雨の多い都市として物笑いの種にされるマンチェスターを逃れたいというアリアさんの訴えには、同情を禁じ得ないとジョークにする英国人もいた。あるツイッターユーザーは「マンチェスターに10年?送還どころかこの男性にメダルを授与しよう!」と投稿した。

 英国では、移民は非常に繊細な政治問題だ。中東やアフリカからの大勢の移民が英国に不法入国しようと、フランス北部の移民キャンプに押し寄せる中、デービッド・キャメロン政権は欧州連合各国での難民分担受け入れ案を拒否している。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9131
9132
9133



2015年9月25日 (金)

頑なに不都合な事実は報道しない反日増すゴミ諸君




9117

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 確信犯で民主党の暴力セクハラ事件は全く報じようとしない日本の反日増すゴミ諸君ですが、沖縄の翁長県知事のジュネーブにおける国連での反日演説だけは、やけに熱心に報道なさっておられます。

 出発前も、翁長県知事が国連で演説出来ること自体を、さも勝ち誇ったかのように大プロパガンダなさっていた反日増すゴミ諸君。

 しかしながらフタを開けてみれば、ニューヨークの本家本元の国連本部ではなくて、ジュネーブの国連欧州本部、それも、各国のNGO団体が主役である人権理事会で、たった2分間だけの演説だったというのですから、お話になりません。

 オジサンは翁長県知事の渡欧前から、増すゴミ諸君が国連・国連と騒いでいる国連は、ニューヨークにある国連本部のことではないことを察知しておりましたから、報道しない自由を謳歌なさってる増すゴミ諸君の馬鹿さ加減がたまらなく愉快で、ずっと、腹筋崩壊状態でおりました。

 で、実際にたった2分間ぽっちの演説がなされた日、流石の反日増すゴミ諸君も、翁長知事がニューヨークの国連本部で演説したとは書けなかったようで、ジュネーブの人権理事会で演説したと、コッソリ、報道しておりました。

 どうせ報道するなら、捏造報道はお手の物なんですから、ジュネーブとは書かずに、単に国連人権理事会で演説した、と適当に誤魔化して報道しておけば宜しいですのにねぇ。

 きみたちは、まだまだ、肝っ玉がちっちゃ過ぎる。

 ニダくん、アルくんの何でも嘘八百の報道姿勢を謙虚に学ばなければ、大物にはなれませんぞ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.23 産経新聞朝刊から >

9121
 ( 同上Web版記事はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 チャンネル桜が、毎週月曜日から金曜日まで放映している「沖縄の声」をご視聴の方は、我那覇真子さんのことはとっくにご存知でしょう。

 若いのに本当にしっかりしたお考えをお持ちです。
 
 加えて、スピーチもディベートも、辻元のお姐ちゃんやR4のお姐ちゃんや、ダイブ小西たんのお兄ちゃんなど比較にならないほど、はるか数段上の倫理的な思考力で、いとも簡単にやってのけますし。

 恐らく、真子ちゃんにそっくり似のお父様の存在が、良い影響を与えていらっしゃるのでしょう。

 以下記事は、上記番組で真子ちゃんと一緒にキャスターをお務めになってる師匠こと江崎さんのBlogからの、今回の翁長国連演説関連、引用記事です。


 
< 2015.09.23 沖縄発Blog:狼魔人日記

 
「知事の発言は嘘です!」、国連で我那覇真子さんが反論

 
「正す会」の代表である我那覇真子さんが、国連人権理事会で翁長知事の演説にカウンタースピーチをする計画は、沖縄2紙などの妨害工作を避けるため秘密裏に行われた。

 そして昨夜22時過ぎ、ジュネーブの我那覇さんからカウンタスピーチに成功した旨の電話が入った。

 その後記者会見も行われ、翁長知事と沖縄2紙の夢をもろくも打ち砕かれた。


9120
 ( スピーチ直後の記者会見 )


 我那覇さんよりカウンタースピーチ成功を報告するメールが入っているので紹介する。


 
皆様

 hallo !

 我那覇です。

 皆様にご報告です。

 実は先程国連で翁長知事スピーチにカウンタースピーチをしてきました!

 「同じ人権理事会の場で、昨日沖縄の知事が発言しましたが、それは真実から程遠いです。」

 Nothing is further from the truth.

 仲新城記者が国連の記事を書いています。
 http://ironna.jp/article/2045
(一番下に全文転載しておきました)

 私のスピーチの内容に関しては、これから出ると思います。!

 国連には、沖縄のメディア大集合!

 しかし、しっかりと左翼退治をしてきました。

 我那覇



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.21 沖縄発Blog:狼魔人日記

 2分間で何を語る、翁長知事、きょう国連で声明!


 
< 2015.09.22 沖縄発Blog:狼魔人日記

 
たった2分間で狂喜乱舞の沖縄2紙、翁長知事の国連演説


 
< 2015.09.22 沖縄タイムス

9119

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.21 iRONNA

 
翁長氏の国連演説は沖縄独立への布石か 「自己決定権」発言の違和感

 仲新城誠(八重山日報編集長)


 
翁長雄志知事は9月21日(日本時間22日未明)、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会で米軍普天間飛行場の辺野古移設反対をテーマに演説した。辺野古移設作業によって「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」と強調。「自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国が、どうして世界の国々とその価値観を共有できるのか」と日本政府を厳しく批判した。

 会場で演説を聞いていた私が最も違和感を抱いたのは、知事の発言に登場した「自己決定権」という言葉だった。これは沖縄の反基地活動家やマスコミが「沖縄には独立する権利がある」という文脈で盛んに使う言葉である。

 知事はこれまでも「辺野古新基地」という反基地派の捏造語(辺野古移設は現にある基地の移設作業であって、新基地ではない)を使うことで、反基地派の中でも特に過激な一派に対し、いわば媚びを売ってきたわけだが「自己決定権」と言い出すに至って、もう完全にかごの中の鳥にされてしまったという印象を受けた。つまり、知事自身が最も過激な反基地派として、今後も突っ走っていくという宣言のようなものだった。

 国連の場で日本の自由、平等、人権、民主主義を否定した発言は、自国に対する侮辱であり、日本人として許し難いと思った。沖縄に生まれた私たちを含め、日本人は戦後70年、まさに民主主義と自由を享受し ながら、努力して現在の平和で繁栄した国を作り上げてきたはずである。日本に自由や民主主義が存在していなかったなら、沖縄の基地問題は現在よりはるかに深刻だったろうし「県民が反対するのに政府が強行しようとしている」とされる辺野古移設問題も、そもそも存在しなかった。独裁主義国家では政府の意思がすべてだからだ。

 沖縄では「翁長知事は演説で、県民が先住民族だと主張し、先住民族の権利として基地撤去を主張するのではないか」という懸念があり、自民党沖縄県連は翁長氏の出発直前、わざわざ先住民族という言葉を使わないよう翁長知事に要請した。そして、確かに演説にはこの言葉はなかった。

 しかし演説直前、翁長知事が出席し、国連ビル内で開かれたシンポジウムで、演説を支援したNGО代表の上村英明氏が「(沖縄は)自己決定権を明確に主張できる先住民族の枠組みの中で、改めて日本政府の責任を考えてほしい」と発言した。また、先住民族の権利を守る活動に取り組んでいるビクトリア・タウリ=コープス氏が「県民が先住民族と認識されれば、先住民族の権利に関する国連宣言に入っているすべての権利を主張できる」と激励した。知事が演説ではあえて言えなかったことを代弁したと受け止められても仕方がなさそうだ。

 私の印象だけでなく、会場で演説を聞いた私以外の沖縄県民の感想も紹介したい。

 石垣市の砥板芳行市議は「北朝鮮の拉致問題などの人権問題」が審議されている場で、翁長知事が日本の国内問題である基地問題について発言したのは、出席者にとって異様な光景に映ったはずだ。どれほどの国が翁長知事の訴えに耳を傾けたのか非常に疑問」と批判した。

 石垣市議会は翁長知事に対し、演説で尖閣諸島問題を取り上げるよう求める決議を行ったが、知事の演説に「尖閣」の2文字はなかった。辺野古がある名護市から来た我那覇真子さんは「沖縄が基地の被害者だとする『被害者史観』を語っていたが、真実ではない。人権問題を言うなら、中国の圧力で石垣島の漁業者が漁をできない問題を取り上げ、中国に対して県民の人権を訴えるのが筋だと思う」と指摘した。

 2人が翁長知事の演説に合わせ、はるばるスイスまでやって来たのは、NGOの協力を得て、同じ沖縄県民の立場から翁長知事に反論する演説を行うためであり、22日に行う方向で調整している。

 翁長知事の演説については、辺野古移設問題を「国際問題」として国連の場に持ち込んだことを画期的なことと評価するマスコミが多いようだ。マスコミ関係者が沖縄をはじめ日本から大挙してスイス入りしており、翁長氏が会場入りしただけで、多数のテレビカメラが周辺に並んだ。砥板氏のコメントにもあったが、国内主要マスコミの注目は、北朝鮮の拉致問題をはじめとする世界の人権問題より、翁長氏の2分間の発言のほうに集中した。翁長氏に同情的な報道が繰り広げられることは容易に予想される。世界各国が演説をどう受け止めたかは別にして、国内向けには、翁長氏の戦略はまさに図に当たったのかも知れない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 上記記事でも言及してるように、実はジュネーブの同じ会場で、「北朝鮮の拉致問題などの人権問題」も審議されていました。

 翁長演説以外は記事にしない、日本の大多数の反日増すゴミ諸君の存在がある一方で、翁長演説も拉致被害者家族のジュネーブでの行動も公平に報道している産経新聞。

 私達は日本のマスメディア間に歴然として存在しているかくなる落差の現実を、民主党のもうどうしようもない酷さと共に、少しでも多くの方々に拡散していかなければなりません。

 民主党、チョウニチくん、ニダさまのNHKくん、共同通信くん、時事通信くん、テロ朝くん、変態新聞くん、以下多数略の反日増すゴミ諸君は、金輪際、相手にしてはいけません。

 彼らは全員がもはや日本人の敵であり、テロリストや犯罪者同様、反社会的集団としての存在でしかありえません。


 
< 2015.09.22 産経新聞

 
「一日も早く姉を幸せに」横田さん、スイスで訴え 拉致被害者家族

 
国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは、北朝鮮による拉致被害者の家族らが同国の人権侵害の実態を訴えるイベントをスイス・ジュネーブの国連欧州本部で開いた。

 横田めぐみさん(50)=拉致当時(13)=の弟、拓也さん(47)が「姉や他の被害者が一日でも早く幸せな時間が過ごせるよう国際社会が一丸となって北朝鮮に強い圧力をかけるべきだ」と訴えた。めぐみさんの母、早紀江さん(79)はビデオメッセージで、つらい思いをしながら、娘の帰還を待ち続け疲れ切っている胸の内を吐露した。

 イベントの最後には、国連調査委員会のカービー元委員長が「拉致は国家テロで、野蛮な海賊行為。国際社会の関心をいつまでも維持させるため努力しなければならない」と締めくくった。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9122
9123



2015年9月24日 (木)

米中が一番恐れているのは日本の核兵器開発




9114

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 安保法制大反対組は、日本が大嫌いな民主党と中朝韓3ヶ国だけかと思いきや、成立から時間が経つにつれて判ってきたことは、実は欧米メディア、取り分け、米系メディアが内心クソ面白くないと思っていたことが、彼らの記事の行間から読み取れる気が致します。

 表面、自由主義体制の民主主義国家として賛成を唱えつつも、やっぱりアメリカは、今次の日本の安保法制成立には手放しでは喜べない理由があるようにも思えます。

 何故なら、口にこそ出さずに強がりを装ってはいるものの、アメリカ国民の相当数は、ルーズベルト・トルーマン時代の神をも恐れぬ日本人大虐殺劇の罪の意識に、今尚、苛まされ続けさせられていて、思い出す度に夜も眠れない可能性も大いにあるからです。

 よくよく考えてみると、行く行くは、日本から仕返しを喰らうのではないか••••。

 安保法制がそんな法律ではないことを判ってはいても、万が一、日本が遠い将来、報復措置を講じてくるような事態になったら••••。

 そんな通奏低音がひしひしと感じられるのが、次のCNNの記事です。

 筆者は、米シンクタンクRoyal United Services Instituteの妙齢のお姐さま。

 写真で見る限り、そこそこ若そう。

 原爆投下、アメリカの統一見解は太平洋戦争を1日でも早く終結させるため、と学校でも教えられているようですが、若いお姐ちゃんでさえも、日本の核兵器開発についてこんな記事を書くところに、誰もそんなことは信じておらず、アメリカ内部からも真相が徐々に解明されるつつある現在、これはどうみても無辜の民を大量虐殺したアメリカが一方的に悪いと、感じ始めてきたのかも知れません。

 なになに、傲慢さでは中国人とひけを取らないアメリカ人が、そんな殊勝な気持ちになる訳がないですってぇ。

 それも、ごもっとも。

 彼らもまた謝ったら負けの唯物金権主義至上に長けた人工国家ですからね。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.20 CNN News

 
Pacifism bill: Why Japan won't build a nuclear weapon quickly

 By Andrea Berger


9115

 
There's a war of words going on in Asia right now.

 Japan's upper house of parliament approved a controversial security bill that would allow it to engage in defensive military action overseas in the event that the national security of its allies is severely threatened.

 For the first time since the end of World War II, Japanese troops can deploy in overseas operations in a combat role in support of its allies; in other words, for collective self-defense.

 Japanese Prime Minister Shinzo Abe's attempts to explain the change to domestic and international audiences have not gone smoothly.

 He has faced opposition at home, with fist fights breaking out between lawmakers debating the bill.

 In the wider region, China, which Japan perceives to be one of its greatest security threats, has raised the specter of a less-restrained Japan with possible nuclear weapons ambitions. China itself has nuclear weapons, making its first test 1964.

 Chinese officials and experts have periodically tied Japan's reinterpretation of its military posture to the country's domestic nuclear capability in order to raise concerns that Japan could in future become more aggressive.

 While it is reasonable to debate the new security bill, such insinuations are unwarranted. Here's why Japan is unlikely to ever build a nuclear bomb.

 Since the 1960s, Tokyo has developed one of the most advanced civilian nuclear energy programs that exists amongst the international community.

 That program generates approximately one third of the country's electricity at present, but could in theory also be used to produce material for use in a nuclear weapon.

 Some assess that the scale and sophistication of Japan's nuclear infrastructure would enable it to build a nuclear weapon in a matter of months, should the unlikely political decision be taken to do so.

 Strategic rival China has sought to draw attention to this fact, issuing loud warnings over Japan's stocks of nuclear material, for example.

 But it should be noted that under the terms of the Non-Proliferation Treaty -- which Japan ratified in 1976 -- states are entitled to peaceful nuclear technology for energy purposes if they forswear nuclear weapons.

 To ensure that the country's nuclear sites remain exclusively for peaceful use, they are subjected to intensive scrutiny by the International Atomic Energy Agency in Vienna.

 The Agency consistently verifies the accuracy and completeness of Japan's declarations regarding its nuclear facilities, material, and activities and conducts monitoring and inspections at relevant facilities.

 Its role in Japan will continue to be particularly important in order to dispel any fears that the country may harbor nuclear weapons intentions.

 China and the International Atomic Energy Agency are not the only ones following Japan's nuclear activity closely.

Two other audiences are noteworthy.

 The first is Japan's public, who have become increasingly wary of the risks and dangers associated with nuclear technology -- whether for civilian or military applications -- following the disaster at Fukushima in 2011.

 The second is the country's closest ally, the United States, who is similarly attentive to the state of Japan's nuclear program.

 In fact, it is because of Japan's alliance with the United States that the former has even less of an incentive to build a nuclear weapon.

 In order to guarantee the security of Japan against major threats in its region, whether a militarily assertive China or a belligerent and nuclear-armed North Korea, Washington has vowed to respond to any serious armed aggression against Japan using whatever means necessary, including nuclear weapons.

 By demonstrating the depth of its resolve to defend Japan, the U.S. hopes to deter any potential aggressors from attacking in the first place. U.S. troops stationed in Okinawa are a visible reminder of the alliance and the commitment that underpins it.

 As long as Japan believes in the strength of the U.S.'s so-called "extended deterrence" guarantee it is unlikely to see any merit in having its own nuclear weapons capability.

For this reason, both countries work tirelessly to ensure the credibility and durability of their defence partnership -- an immeasurably important aim.

Despite what many may think, the Abe administration sees the new security bill as part of this broader effort to contribute to a two-way military relationship -- not as a legal green light for offensive action.

 The bill creates the framework for Japan to give as much to the relationship as it receives, by enabling it to come to the aid of the United States if necessary.

 More than anything else, history is likely to undermine any temptation Japan might have to build a bomb.

 Japan was the first and only country to ever be attacked with nuclear weapons.

 
Over 100,000 Japanese citizens were killed in the August 1945 bombings of Hiroshima and Nagasaki.

 Seventy years on, Japan's nuclear history will not be forgotten any time soon.

 Indeed, it is because of that history that Japan has become one of the most active signatories of the Non-Proliferation Treaty.

 Tokyo has invested significant resources into preventing the illegal spread of nuclear weapons-relevant materials and technology, promoting the conditions needed for nuclear disarmament, and reminding the world of the grotesque effects of the use of an atomic bomb.

 The non-proliferation norm is one that Japan will have little incentive to abandon in the short, medium, or likely even in the long-term.

 Contrary to the suggestions of some watching legislative developments in Japan, the new security bill is not going to change that.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 日本は今すぐにでも核兵器を開発出来る潜在的技術力を有している。

 それをしようとしない第1の理由は、国民の福島原発の後遺症。

 2番目は、日米安全保障条約により、日本はアメリカの核の庇護の下におかれているから核開発の必要はない。

 以上は、オジサンによる上記記事の超要約です。

 アメリカの庇護の下にあるから、核開発の必要はない。

 確かにその通りではありますが、アメリカとて、そっくりそのまま信じている訳ではありますまい。

 だからこそ、2006年に、日本が核の「か」の字をうんたらかんた言った途端に、あのライス国務長官女史が慌てて飛んてやって来たんです。

 アメリカが日本に怯えている証拠です。

 それに致しましても、このお姐ちゃんの以下の文章は頭にきますね。


> Over 100,000 Japanese citizens were killed in the August 1945 bombings of Hiroshima and Nagasaki.


 広島・長崎の当時の原爆犠牲者の数は、正確には判らないのでいつも揉めるところではありますが、今も現在進行形で増え続けている「原爆死没者名簿」に掲載されている人数だけは、はっきりしています。

 10万人、とんでもありません。

 広島は、292.325人

 長崎は、168,767人

 合計、461,092人です。

 
・広島市原爆死没者名簿(2015.08.06)
 http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1283234802275/index.html

・長崎市死没者名簿(2015.08.09)
 http://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3020000/3020100/p002235.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 西尾幹二著「日本人はアメリカを許していない」2007年ワック刊 >


 
米ソが冷戦構造にあった時代、敵が一つに絞れたため、アメリカは核兵器開発競争で強大なパワーを発揮し、安定していた。

 しかし、同時多発テロ以後、小型化された核兵器がテロリストの手に渡る可能性に対してはどうしてよいか手に負えず、その恐怖がアメリカの政治を動かし、世界を不安定にし始めている。ニューヨークやワシントンが核で破壊される可能性にアメリカはいまや本気で怯えている。広島、長崎に対して冒した犯罪への悪夢の幻影にひきずられだした証拠である。歴史の復讐を現実株を帯びたものとして、恐れ始めている。

 わけても遠い将来にあり得るかもしれないと見なす日本からの復讐を何よりも恐れているといってもいい。日本にその気がなくても、向うが勝手に抱く幻影で、それが政治を捻じ曲げていく。六カ国協議を、日本に核武装させないための合議の場にしようとするだろう。「広島平和文化センター」のリーパー理事長のような、原爆投下でアジアは日本支配から解放された、といった詭弁で歴史を書き替えるばかばかしい論理が少しづり次第に力を持ってくるという危険もあり得ないことではない。

 しかも日本の国内には詭弁に乗せられ、これを何倍にも増幅してはしゃぐ愚か者がまたごまんといることを考えてもみられよ。

 心ある沈着な日本人がいま何をしなければならないかは明らかであろう。日本が平和な心をいくら維持しても、相手が自分の犯した悪の幻影に振り回され、次第にこちらを敵視し、敵意を高めていくという事態は可能性としていくらも考えられる。だいたい欧米の対日感情の悪化はみなそうしたプロセスを辿っている。戦前のアメリカもそうであった。よほどこちらがしっかり相手を見据え、自国の立場を揺るぎなく見守っていかない限り、相手の自己幻想が生み出した色眼鏡でわれわれが自国の歴史を塗り替えるよう強制される強引なパワーに負けて、相手の口車に乗せられ、自分自身を喪失してしまうことになるだろう。

 戦後日本の弊害とばかりはいえない。明治以来、西欧の文明のことばで台詞をつけられ、自国の歴史を西洋的に説明してきたこの国の知性は、ややもすると相手のロジックに負け、自分の正義が見えず、相手の正義の背後にある悪も見抜けず、自分が犯してもいない悪を背負い込むというばかばかしい失策を重ねてこなかっただろうか。そして、だいぶ経って騙されたと気がついて、自己の正義に立ち戻るのはかえって危うい。そのときには怒りが全身を包んで、相手への憎悪に身をたぎらせる不毛な結果に終ってしまうからである。

 欧米世界が強く大きく豊かであるときには、たとえ彼らが傲慢でも危険は少ない。弱く小さくなり、卑劣に立ち回らなければ生きていけないと認め始めたときがこわい。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9116

 
< 林光作曲「原爆小景」水ヲクダサイ


">



2015年9月23日 (水)

ちゃんちゃら可笑しい教育関係者諸君の言い訳(その2)




9111

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.20 産経新聞

 
新潟市立小教諭、児童に「安保法案反対」ビラ「間違えて配布」

 
新潟市の市立小学校教諭が、安全保障関連法案に反対するビラを児童に配布していたことが19日、関係者への取材で分かった。児童が家に持ち帰り、気づいた学校側が回収した。ビラは「戦争をさせない1000人委員会にいがた」という組織が今年7月、市内で法案に反対する座り込みやデモを行った様子を写真付きで紹介、カンパを呼びかけていた。

 同市教育委員会などによると、ビラが配られたのは市立桜が丘小学校。10日朝にこの教諭が、担任する5年生の学級の児童13人に他の配布物とともにビラを渡した。同日夜に市教委にメールが寄せられたことで発覚し、11日になって校長が、保護者に宛てたメールで「配布物に学校の不手際による不適切なものがあった」と謝罪し、回収した。

 教諭は新潟市教職員組合員で、組合文書の配布を担当。組合員に渡すはずだったものが、誤って児童への配布物に紛れ込んでしまったと説明しているという。市教委は教諭のケアレスミスと判断したが、18日市議から指摘を受け、教育長に報告した。

 市教委は産経新聞の取材に対し、「再発防止に向けて指導し、防止策を整える」としている。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> 教諭は新潟市教職員組合員で、組合文書の配布を担当。組合員に渡すはずだったものが、誤って児童への配布物に紛れ込んでしまったと説明しているという。


 組合員に渡すはずだったものが、誤って、児童へww

 そうですか、そうですか。

 じゅぁ、何故、たった13枚だったのかな?

 クラス全員の児童に配布しないのは、露骨なシャベチュ行為ではないのですか?

 これは明らかなヘイトアクションではないのですか?

 かつ、教育機会の均等・平等・公平・中立を踏みにじる紛れもなき人権侵害行為ではないのですか。

 この担任教師の行為は800%確信犯です。

 間違いなし(キリッ


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
新潟市立桜が丘小学校の児童生徒数情報

 上記情報によりますと、2014年時点での現5年生(リスト中の4年生)は3学級83人で、1クラス平均27.7人の児童が在籍しています。

 ってことは、28名中13名、46%の児童がビラを受け取ったことになります。

 クラス全員に配布したら遣り杉なので、半分弱の生徒だけに配布した。
 
 真相は、恐らく、こんなところでしょう。

 それにしても、嘘が、滅茶苦茶下手です。

 もっと、ユーモア溢れるエスプリのあるマシな嘘がつけませんかねぇ。

 カツオくん、ちびまる子ちゃん、クレヨンしんちゃん、全員が、きみのこと指差して、腹筋崩壊レベルの大笑いしてますよぉ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart
犯人を探せ heart

 
平成27年桜が丘小学校教育ビジョン

 4 教員


9112

 掲載されている画像のフォント印字が最初から潰れていて、そもそも、HPとしての情報開示の体をなしておりませんが、5年生の担任は、以下の通りです。

・5年1組:荒木直子

・5年2組:寺田武?文

・5年3組:田中??子

 
 さぁ、日本が大嫌いで仕方がない教師は、どなたでしょうか。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> 市教委は産経新聞の取材に対し、「再発防止に向けて指導し、防止策を整える」としている。


 市議から指摘を受けるまで報告さえしなかった新潟市教育委員会。

 全国どこの教育現場も、教育委員会と現場の教師はグルですから、まぁ、実態はこんなもんでしょう。

 全ては、全国1787ヶ所の教育委員会も、全国91万の小中高公立学校教師諸君も、授業は塾任せ。

 彼らの本業は、先ず第一が、日本を貶めるための政治活動。

 次に、盗撮・万引き・買売春・飲酒運転(以下多数略)。

 今更、驚くにはあたりません。

 昨今は、健全な多くの日本国民は、教育委員会と教師諸君を、マトモに相手にすることはありません。

 日本が憎くて憎くて仕方がない反日教育に勤しむ輩を相手にしたところで、人生の貴重な時間がムダになるだけのことです。

 今次の安保法制騒動を通して、ごく普通の国民でさえ、教育関係者の常軌を逸した実態に気づいてしまいました。

 ナントカと民主党支援者は相手にしない、これ、鉄板です。
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9113



2015年9月22日 (火)

海外増すゴミ諸君も安保法制可決が不満らしい




 
< 2015.09.20 産経新聞

 
【 ラグビーW杯 】日本、優勝候補の南アから歴史的勝利 34-32で破る

9100


 
< 2015.09.19 BBC News

 
Rugby World Cup 2015: South Africa 32-34 Japan

9101

 
Japan stunned two-time champions South Africa to cause arguably the biggest upset in rugby union history.

9102

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.19 CNN News

 
Migrant crisis: Hungary and Croatia trade accusations

9103

 
Angry Hungarian officials have accused Croatia of helping refugees from the Middle East cross its borders illegally.

 A train carrying 1,000 migrants and 40 Croatian police officers crossed into Hungary on Friday without permission, according to Hungarian government spokesman Zoltan Kovacs.



 上記画像は、最近よくお目にかかる足止めをくっている難民の光景です。

 かくなる画像を見せつけられて、オジサンがいつも不思議に感じる点が2つあります。

 1つは彼らの服装です。

 実に軽装です。

 かと言って着の身着のままで、脱出してきたと言う悲壮感や深刻さは全く感じられません。

 むしろ、自分達が演じているパフォーマンスに酔っている感じすらします。

 そうなんです。

 安保法制反対派の連中と全く同じ匂いがするんです。

 そういう意味では、全員がそうではないんでしょうけど、既に難民ビジネスの存在が明らかになっているように、テロリストを始め、何らかの政治的混乱を画策するため、確信犯の自作自演で難民を演じている勢力が、確実に存在することも、この難民問題では捉えておく必要があろうかと考えます。

 どちらにしても、彼らは毎日、どこで寝泊まりしてるんでしょう。

 トイレは?シャワーは?、どうしてるんでしょう。

 ひょっとして、舞台裏では、増すゴミ諸君が絶対に報道しようとしない豪華テント村や十分な食事・飲み水が、きっちり用意されていたりしてw

 真冬でも半袖が平気な外国人はうようよいらっしゃいますから、取り立てて不思議な現象ではないにしろ、上記画像でも、9月中旬なのに大半が半袖姿です。

 やっぱり、夜間は、秘密裏に毛布が支給されている?


 
ハンガリーの天気&服装ナビ

 
ハンガリーの緯度は北海道と同じくらい。夏でも朝夕は涼しいので、長袖を1枚は持っていきたいところ。冬の寒さはかなり厳しいので、コートはもちろん、手袋、帽子など完全防備が望ましい。

9104

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、ここからは本日のテーマ、安保法制可決に関して海外反日増すゴミ諸君がどう報じたかを、備忘録として記録しておきましょう。

 まず、トップは、CNNからです


 
< 2015.09.18 CNN News

 
Assertive Japan poised to abandon 70 years of pacifism

9105
 
( Japanese lawmakers get physical )

 Japan's upper chamber of parliament early Saturday gave final approval to a set of controversial bills allowing the country's military to engage in overseas combat assignments -- under certain circumstances -- for the first time since World War II. The lower chamber approved the bills in July.



 こう言う見出しを平然と世界に配信しまうところに、アメリカの中国と何ら変わりのない驕り昂ぶりと言うか、それ以前の問題として、人間としての野蛮さを感じてしまいます。

 Assertive Japan、なになに、日本は独断的な国だってぇ。

 たった1日で、東京大空襲・広島長崎への原爆投下等、人類史上最大の大虐殺劇を無慈悲に演じてのけたアメリカだけには言われたくありません。

 自衛権行使を認める法案を可決させただけで、日本は70年間の平和主義を捨て去った、だったてぇ。

 じゃぁ、きみたちアメリカは、建国以来240年間ずっと、平和には程遠い国家であり続けているってことですな。

 どうりで、年がら年中、戦争ばかりしている訳だ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.18 BBC News

 
Japan to allow military role overseas in historic move

9106
 
( How the new legislation will change Japan's military role on the international stage )

 Japan's parliament has voted to allow the military to fight overseas for the first time since the end of World War Two 70 years ago.

 A vote on the new law was delayed for several hours as the opposition tried to stop the measure coming into force.

 Outside, demonstrators rallied in a last-ditch show of protest.

 
Many Japanese are attached to the pacifist provisions in the constitution which banned fighting overseas.

 The bills have already passed through the government-dominated lower house.



 一方、BBCは、安保法制可決を歴史的な動きと表現した分だけ、CNNよりは、ちょっぴりマシな報道でしょうか。

 但し、日本人の多くが日本国憲法の平和条項(9条のことですね)に愛着を持っている、と付け足している辺り、ション・ブル諸君が心の底では、日本の集団的自衛権行使を快く思っていないことがミエミエです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.19 Al Jazeera

 
Japan passes law allowing troops to fight abroad

9107

 ( There were scuffles in parliament as protesters and politicians tried to physically stop the motion )

 Opposition politicians on Thursday pushed and shoved in a failed bid to stop a committee from approving the bills.

Abe has faced fierce criticism for his handling of the bills, and there are growing signs the campaign has taken a political toll.



 外国増すゴミ諸君、暴力大好き・レイプ大好き・セクハラ大好き政党民主党に、拍手喝采と言ったところでしょうか。

 何だかんだ言っても、所詮、日本もアジアの一国。

 つまるところ、感情が最優先してしまう、まだまだ野蛮な国。

 その点では、今回、民主党国会議員132名諸君は、とっても良いお仕事をなさいました。

 だって、民主党は、数々の暴力的行為とセクハラ冤罪行為によって、日本国の評判を貶めることに大成功した訳ですから。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.18 Reuters

 
Japan enacts bills easing pacifist constitution's limits on military

9108
 
( Lawmakers vote for the limitation of the length of a speech during the plenary session for Japan' Prime Minister Shinzo Abe' censure motion at the Upper House of the parliament in Tokyo, September 18, 2015.REUTERS/YUYA SHINO )


 世界に冠たる反日通信社ロイター。

 見出しに、何気なく確信犯的に pacifist constitution(平和憲法)をワーディングとして選択するあたり、本質は、チョウニチくん、ニダさまのNHKくん、共同通信くん、テロ朝くん、以下多数略の反日増すゴミくんと何ら変わりありません。

 I'm Zaoanese が沢山紛れ込んでいるとの噂は、やはり、本当かも。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後は、欧米反日増すゴミの中でも、確実にトップクラスであり続けるBBCの記事をご紹介しておきましょう。


 
< 2015.09.19 BBC News

 
China warns Japan over expanding military role abroad

9109
 
( How the new legislation will change Japan's military role on the international stage )


 ざっと、全文を読んでみましたが、中国が世界の冠たる軍事大国で、現在進行形で軍拡の真っ最中であることも、この瞬間も四六時中、南シナ海・東シナ海で軍事的威勢行動を展開中で、周辺諸国にとっては最大の脅威となっていることも、BBCは一切報じておりません。

 日本が軍国主義に傾斜したかのような中国の一方的主張を、何のてらいもなく、記事にしちゃってます。

 落ち目の英国が本拠地のBBC、この1点のみで、その存在意義はもはや、全然、大したことありません。

 完全に中国の軍門に下ってます。

 お可哀そうに。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9110



2015年9月21日 (月)

民主党、ニダくん基準の嫌日•憎日•侮日で正体がバレバレ




 
< 2015.09.19 産経新聞朝刊から >

 
heart 時間ですよ heart

 
持ち時間を超えて安保法案に対する反対討論を行う民主党の福山哲郎氏(中央)。背後では各党関係者らが協議した=19日午前、参院本会議場

9087

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.18 産経新聞

 
辻元議員ら、ピンクの鉢巻き姿で現れ、衛視に注意される「示威行為に当たる」

9088

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9089

 
< 2015.09.16 産経新聞

 
「触るな! セクハラだ!」の警告に鴻池委員長、入室できない状態つづく 元近鉄の石井議員も“冤罪”被害か

9090

 
参院平和安全法制特別委員会は16日夜、安全保障関連法案の締めくくり総括質疑を行うための理事会を断続的に開いている。しかし野党側は女性議員を理事会室前のドアに多数配置し、排除しようとする与党議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗。事実上、「女の壁」で鴻池祥肇委員長を室内に監禁し、質疑開始を妨害している状態だ。

 理事会室前には、社民党の福島瑞穂前党首や民主党の小宮山泰子、辻元清美両衆院議員ら複数の野党女性議員が、いずれもピンクのハチマキ姿で集結。与党の男性議員が触れるたびに「セクハラを働いた」などと騒いでいる。



 
< 2015.09.18 辻元清美HP

 
産経新聞社に記事の削除を求める文書を送りました

 
2015年9月16日(水)、産経新聞はネット上で下記の記事を配信しました。

 産経新聞記事「安保法案 『触るな! セクハラだ!』の警告に鴻池委員長、入室できない状態つづく」

 これを受けて本日、産経新聞社社長宛てに、記事の削除を求める文書を送りました。
(以下略)


9091

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9092

 
< 2015.09.18 産経新聞

 
「私を羽交い締めにして引き倒し…」自民女性議員が民主議員の“セクハラ暴行”を激白!

 
17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしていたことが18日、分かった。

 大沼氏が被害にあったのは、大混乱となった委員長席周辺ではなく、偶発的な暴行が起きる可能性は少ない。大沼氏は産経新聞の取材に対し、「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非常にショックを受けている。津田氏から何の謝罪もない」と話した。



 
< 2015.09.19 産経新聞

 
“セクハラ暴行”疑惑の民主議員、本紙直撃に「関係ない」繰り返す

 
17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行を受けた問題で、暴行したとされる民主党の津田弥太郎参院議員(63)は19日未明、産経新聞の取材に対し、「関係ない」と繰り返した。

 やりとりは次の通り

 --津田先生、産経新聞ですが、大沼さんの件で…

 「関係ない」

 --関係ない?

 「関係ない」

 --あの…

 「関係ない」

 --大沼さんの言っていることは…

 「関係ない。(記者のICレコーダーを見て)余計なもの出すな」


9093
 自民党の大沼瑞穂参院議員(写真中央白のスーツ)に手をかける民主党の津田弥太郎参院議員(写真中央、大沼氏の真上のグレーのスーツ)。大沼氏はこの後、写真右手奥までひきずられ、膝の上に乗せられた後に引き倒された=17日、参院第1委員会室(大沼事務所提供)



 
< セクハラ政党民主党、63才児津田弥太郎参院議員の暴行

">


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.19 保守速報

 
民主党・白真勲、触られてもないのに痛い痛いと喚き散らす

9094

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9097


 
< 2015.09.18 産経新聞

 
1時間44分、不信任決議案の演説をした民主・枝野氏

9095

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.17 産経新聞

 
民主・岡田氏がヒゲ隊長に「捏造だ。無責任」と猛反発

 
民主党の岡田克也代表は17日付のブログで、自民党の佐藤正久元防衛政務官が「岡田氏は過去に集団的自衛権の行使を認めていた」と参院平和安全法制特別委員会で指摘したことについて、「私の発言から都合のいい所だけを取り出した。まさしく捏造だ。自民党の(特別委)筆頭理事として無責任な態度だ」と反発した。

 発端は14日の特別委。佐藤氏は次のような過去の岡田氏の発言を紹介したうえで、岡田氏が「集団的自衛権はいらない」と主張していることに疑義を呈した。

 「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、日本に対する行為と見なし、日本が反撃する余地を残すのは十分合理性がある。今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず、集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を持って説明できる」(平成15月5月、読売新聞)

 これに対し、岡田氏はブログで、同記事の発言には次のような続きがあることを紹介し、当時から「個別的自衛権の拡張」を唱えていたと主張した。(中略)

 岡田氏は「10年以上前の対談での発言を部分的に切り取った」とも反論した。

 しかし、岡田氏は昨年2月の衆院予算委員会でも、次のように発言している。

 「国民の生命や財産が侵略で損なわれようとしている。これは個別的自衛権だ。それに並ぶような事案について集団的自衛権を認める余地があるという議論はあっていい」



9098

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9099


 
< 2015.09.18 産経新聞

 
民主・小西氏の長時間演説で議場騒然 議長「このままだと発言を禁止せざるを得ません!」

9096
 
( 持ち時間を大幅に過ぎて、注意を受けながらも無視してしゃべり続ける民主党の小西洋之議員=18日午後、国会・参院本会議場 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.18 チャンネル桜放映

 
民主主義とジャーナリズム、遂にスポンサーから抗議の声が

">

 
番組説明:議会制民主主義を踏みにじる野党のフィリバスターと、それを「民主的闘争」に補正して­報道するマスメディアの偏向姿勢について批判すると共に、その思い上がりが遂にスポン­サーを動かしたことをお伝えします。



2015年9月20日 (日)

難民問題もテロリストも今や収集がつきません




 
< 2015.09.19 FOX News

 
Japan parliament approves contentious legislation to give the country's military greater role

 
TOKYO –  Japan's parliament has approved contentious legislation to loosen constraints on the country's military, giving it a greater role.

 The approval at the upper house in the early hours of Saturday makes the legislation into law, loosening post-World War II constraints on use of force by the military to its own self-defense only.

 The legislation, passed by the more powerful lower house in July, sparked sizeable protests and debate about whether the nation should shift away from its pacifist ways to face growing security challenges.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.17 Reuters

 
Japan takes key step to passage of security bills despite protests

9080

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 安保法案参院特別委員会可決シーン、ロイターがこの画像を全世界にバラ撒いちゃったものですから、こちらの緑のお洋服をお召しになったお姐さん、一躍、世界に冠たるDV女として有名になっちゃいました。

 おめでとう、まもなく51才児になられる牧山弘恵姐さん。

 これでみんちゅくんに新たなるSの女王様の誕生です。

 R4姐さん、永い間、ご苦労様でした。

 きみは原点の裸稼業に戻るが宜しい。


9081

 51才児のみんちゅ牧山のお姐さん、委員会のメンバーでも何でもない癖に、どうしてこの場にいらっしゃるんですかねぇ。

 やっぱり、生来のDVの血が騒いんだんでしょうか。

 みんちゅくん、ニダくんつながり、あり杉。
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 日本一国だけの狂騒、それも、極々一部の反対派に翻弄され続けた今回の安保法制騒動。

 可決してみれば、みんちゅくんを初めとするする反対派諸君は、至極シンプルに、ニダくん・アルくんの工作員に過ぎなかった事実が、厳然として残ります。

 朝鮮太鼓に路上への座り込み、ハンガーストライキ、安倍総理を揶揄するプラカード、言論の府での乱闘劇等々、どれもこれも、起源はウリジナルなのは明らかです。

 冷静になってみれば、自衛を拒否して、自衛手段に反対する国民など、全うな存在である筈がありません。

 ここまで日本国と日本国民に抵抗を示した反対派には、それなりの責任を取って頂かなければなりません。

 少なくとも、彼らの言行一致を態度で証明して見せて頂くためにも、彼らが犯罪に巻き込まれたり、彼らのお子達がいじめやストーカーの被害にあったとて、警察関係者や学校関係者が彼らに救いの手を差し出すことは、今後一切厳禁とすべきです。

 だって、彼らは、無抵抗・無防備で構わないと、ずっと、主張し続けてきてるんですから。

 話し合いで解決出来ると、自信満々で声闘なさってるでんすから。

 だったら、彼らの身辺に何が起ころうとも、身の回りに起こった事件・事故・揉め事全てに渡って、彼ら自身の手で解決して頂こうではありませんか。

 ってことで、安保法制反対派の皆様におかれましては、自分達に関わる揉め事に関しては、「税金を一切投入しないで頂きたい」旨、是非とも宣言願いたいですな。

 それでこそ真の憎日極左と言うものです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 にしても、自民党も公安も、反日左翼勢力に甘すぎます。

 チャンネル桜の水島社長がカンカンになってお怒りになってますが、至極、ごもっとも。


 
< 2015.09.17 チャンネル桜放映

 
【表現の自由の差別】左翼に甘過ぎる警察警備の実例、草莽の力で法の正義と公正の実現を!

">

 
番組説明:全国各地で行われている賛否両方の「安保法制デモ」に関し、度々左翼側に対する警察の­「黙認」事例が確認されてます。その一方で、先日のロシア大使館前抗議デモのように、­保守系団体に対しては、「人権侵害」や「職権濫用」が行われています。過激派などの反­社会性力に近しい勢力に甘い警察に対し、国民全体が共有すべき危機として、問題提起さ­せていただきます。


 どうも、ニダくん・アルくんが絡んでくると、日本の権力も一般国民も、触らぬ神に祟りなしで、ちょっとと言うか、あまりにも腰が引け過ぎです。

 これでは、近い将来確実に想定される中朝韓の政治体制崩壊に、日本はなすがままの対応しか取れないのは、目に見えています。

 その前に、現在は対岸の火事で見ていられる欧州の難民問題も、テロ対策と合わせて、中朝韓崩壊以前に、日本が決断を迫られるのは時間の問題です。

 あくまでも、自国民の生命の安全と暮らしを守ることが第一義であって、他国民の優先順位はその後です。

 ヒューマニズム優先では、共倒れは、確実です。

 この大前提を簡単に妥協してはいけません。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.18 産経新聞朝刊 >

9082

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.17 CNN News

 
Syria's Bashar al-Assad: West is to blame for refugee crisis

9083
 
 
Syrian President Bashar al-Assad is blaming Western nations for fueling the refugee crisis by supporting opposition groups in his country's bloody civil war.

 "If you are worried about them, stop supporting terrorists," he said in an interview with Russian news organizations. "That's what we think regarding the crisis. This is the core of the whole issue of refugees."

 Europe is struggling to deal with unusually large numbers of migrants arriving at its borders, many of them refugees fleeing the years-long conflict in Syria that has killed more than 220,000 people.

 Western leaders have criticized al-Assad for presiding over the violent fragmentation of his country, a war that helped spawn the rise of the militant group ISIS and has driven more than four million Syrians to flee abroad.

 But the Syrian President told Russian media Tuesday that European countries should take the blame.

 "Europe is responsible because it supported terrorism," he said in the interview at his home in Damascus, the capital.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 シリアのアサド大統領が公然と西欧諸国を批難し始めました。

 シリア、Wikiのよれば、2014年で人口は約18百万人です。

 その中に、上記産経記事の登録難民4百万人が含まれているのかどうかは定かではありませんが、それにしても膨大な数の難民です。

 で、今、ドイツを目指していると言う難民が、本当に難民なのかと言うと、テロリストや、難民ビジネスに加担している者も大勢いたりして、もはや、何がなんだか判らなくなってきています。

 そうなると、受入国側としても、建前も本音も、難民受入拒否に傾くのは人情としては当然です。

 これを100%博愛精神で受入よとまでのEUの統一見解を決定するには、かなりの無理があります。

 それこそ、世界大統領であられますパンくんが、ノーベル平和賞級の本物の実力を発揮なさって、潤沢なカネも十分用意して、実現可能なシステムを構築出来るなら別ですが、抗日パレードに臆面もなく参加したパンくんに、そんなオツムがあろう筈がございません。

 頼みの綱は、混乱に一層の拍車をかけてしまった張本人のオバマくんに何とかして頂きたいものですが、チェンジやら核廃絶のあのバケの皮がすっかり剥げてしまったオバマくんに、最早、そんな底力はありません。

 となると、現実的には、西欧諸国は悩みながらも、いやいや少しずつ受け入れて行くしか方策はないように思えます。

 最高の解決策は、臭い匂いは元を断たなければ理論で、シリア本国からテロリストを絶滅させ内戦を終わらせることです。

 と、誰もが判ってはいても、リーダーシップを取るべき世界の指導者がおりません。

 そうこうするうちに、頭にきた西欧諸国が、難民問題で日本にも相応の負担をと言ってくるのは、時間の問題かも知れません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 案の定、駐日ドイツ大使が、早速こんな記者会見を開いております。

 
< 2015.09.18 毎日新聞

 
難民問題:「豊かな国は支援の手を」ドイツ駐日大使

 
シリアなどから欧州に難民が押し寄せている問題で、ドイツのフォン・ウェアテルン駐日大使が18日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、「日本を含む豊かな国の全てが困窮に陥った人たちに支援の手をさしのべる責任を負っている」と訴えた。

 欧州へ向かう難民の多くがドイツを目指す中、同国は多数の難民を受け入れ、食料や避難所などを提供している。大使は「(難民受け入れの)責任と利害は分けて考える必要がある」と断った上で、「さまざまな文化的背景がある人を受け入れることで社会の多様性が増し、より豊かな社会になる」と述べた。

 また、「応急措置は重要だが、根本的な解決策には至らない」と指摘し、シリアの政治的安定に向けて国際社会が連携して取り組む重要性を強調した。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 なら、いっそのこと、イスラムには宗教的に一番しがらみが少ない日本が、安倍総理陣頭指揮の下、ドーンと1兆円拠出して、中東版NATOでも創設したらどうでしょう。

 もちろん、今ある国際石油資本の利権の1割を、日本に割譲することを条件にね。

 当然、ユダヤ系が黙っていないでしょうが、出エジプト記からもう何千年も続いている反ユダヤ主義と、現代の世界経済を牛耳っていると噂されるウォールマネー体制を瓦解させるためには、常識では計りきれない荒療治以外に方策はないかと、素人考えながら思料致します。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9084
 ( 資料出典はこちらから )

9085_2
9086
 ( 上記2図とも資料出典はこちらから )



2015年9月19日 (土)

ちゃんちゃら可笑しい教育関係者諸君の言い訳




9079

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.17 産経新聞

 
市教委職員が女子生徒に痴漢 秋田、書店で尻触り体密着

 
書店で女子生徒に痴漢行為をしたとして、秋田県警少年女性安全課と北秋田署は17日、県迷惑防止条例違反の疑いで大館市教育委員会学校教育課学事係主事、田代将輝容疑者(25)=大館市鉄砲場=を逮捕した。

 逮捕容疑は5日午後5時過ぎ、
北秋田市の書店で10代の女子生徒の尻を服の上から触ったり、体を密着させたとしている。防犯カメラの映像を基に捜査員が書店で張り込み、16日の同じ時間帯に現れた田代容疑者を任意同行したところ容疑を認めた。

 県警によると、当時、店内に客は少なく、田代容疑者は嫌がって離れた女子生徒に再び近付くなど、4~5分にわたってつきまとったという。

 大館市の福原淳嗣市長と高橋善之教育長は「青少年の健全育成に取り組むべき市教委職員が恥ずべき行為で逮捕されたことは
断腸の思い」などとするコメントを発表した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
断腸の思いとは(故事ことわざ辞典

 【 意味 】

 はらわたがちぎれるほどの、辛く悲しい思いのたとえ。

 【 注釈 】

 「腸」は、はらわたのことで、「断腸」は、はらわたを断ち切ること。

 きわめて悲しみの深いことを形容することば。

 『世説新語・黜免』にある以下の故事に基づく。

 晋の武将桓温が船で蜀に攻め入ろうとして三峡を渡ったとき、その従者が猿の子を捕らえて船に乗せた。

 母親の猿は泣き悲しみ、連れ去られた子猿の後を百余里あまりも追ったが、ついに母猿は船に飛び移ったが、そのままもだえ死んでしまった。

 母猿のはらわたを割いてみると、腸がずたずたにちぎれていた。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 25才児の市教育委員会職員による10代女子生徒への痴漢行為、それも、街中の本屋さんでの、まだ日も明るい夕方5時の堂々の猥褻行為に対し、大館市長も教育長も、はらわたがちぎりれるほどの悲しくて辛い思いをなさってるんだそうです。

 これ、本当ですかねぇ。

 だったら、彼らお二人のはらわたのちぎれている様相を、腹部エコーの超音波検査で実際に撮った映像を、是非とも、少なくとも7万大館市民全員に公開して欲しいものです。

 実際、行き場のない悔しさを噛み殺しているのは、被害にあった少女とそのご両親の筈です。

 なのに、市長と教育長の、「はらわたがウンタラカンタラ」のお言葉からは、被害者への労りが微塵も感じ取れないのは、一体、どうしたことでしょう。

 そうです。

 もう、お判りですね。

 市長も教育長も、ただ頭をお下げになっただけで、本当は、悪いとも、自分達に責任があるとも、これっぽっちも、思っていないんです。

 所詮、命の教育が大切だとか、人権教育が大事だなどと、日頃からヒューマニズムを売りにしている方々に限って、いざ自分達が修羅場に立たされるとなると、所詮、こんなもんです。

 彼らは、ズバリ、自分の面子と立身出世のことしか、考えていらっしゃいません。

 いやそんなことはないと仰るのなら、即刻、この加害者職員を、退職金一切なしの懲戒免職にしてみなさい。

 そして、事後、自治労が全面支援で後ろ盾について裁判闘争になろうとも、敢然と戦ってみせなさい。

 出来るかな?

 出来る訳、ないよね。

 少なくとも、市長と教育長は責任を取った証として、この少女に公費からではなく、せめて、自分の1年分の報酬を無償提供する位の誠意を示すべき、とオジサンは考えますけどね。

 だって、被害者は10代女子生徒、とあるだけです。

 10代女子生徒と言えば、下は、小学校4年生から上は大学生まで。

 仮に犯人がロリコン趣味で、被害者が10才の小学4年生だったとしたら、あまりにも可哀想ではありませんか。

 それこそ教育委員会も教師諸君も、お得意の形だけのおざなりの心のケアは、既に、済ませていらっしゃるんでしょうな。

 なになに、被害者が特定されると、狭い街故に、今後の彼女の人生に重大な影響を及ぼしかねないから、対応なんて、なんにもしていない、だってぇ。

 やっぱりねぇ。

 こうやって、君達、教育関係者は、いじめ被害者にもいつだって知らんぷりして、教え子を次々と自殺に追い込んで来たんだもんね。

 それでも、先生、先生と呼ばれて、何のお咎めもなしに、無責任な人生が送れる。

 そろそろ、お天道さまだって、君達教育関係者諸君には、堪忍袋の緒が切れるとオジサンは思うぞ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 福原淳嗣プロフィール大館市HP

9077


・生年月日:昭和42年12月18日

・昭和31年03月 大館鳳鳴高校卒業
・平成07年03月 慶応義塾大学法学部卒業
・平成07年04月 大館市議会議員に初当選
・平成11年04月 大館市議会議員に再選
・平成15年05月 野呂田芳成 衆議院議員 公設第一秘書官
・平成20年09月 野呂田芳成 衆議院議員 政策担当秘書官
・平成21年07月 金田勝年 衆議院議員 政策担当秘書官
・平成23年11月 福ノ杜コンサルティング(株) 主席研究員
・平成27年04月 大館市長に初当選
・平成27年05月 大館市長に就任



 
< 所信表明平成27年6月議会定例会

 
また、子育て版ワンストップサービスの充実や子どもたちが安心して放課後を過ごせるような関係機関の連携など、子育て世代の負担が軽減となるニーズに対応した施策を展開してまいります。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 学校環境の適正化と活力ある学校づくりのために大館市教育委員会

 
大館市内の学校も年々児童生徒の減少により、学校の小規模化が進み教育環境が大きく変化しています。学校は、知識や物事を習得するだけでなく、子ども同士が豊かな人間関係を築き、社会性を身に付ける場でもあります。

 大館市教育委員会では、将来、
子どもたちが育ち合うことができる教育環境の適正化と活力のある学校づくりを進めるため、学校教育環境適正化検討委員会を組織して、今後10年間における学校統合及び学区適正化に関する将来構想の検討を行い、平成21年3月に「学校教育環境適正化計画(素案)」を策定いたしました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 大館市教育委員会教育長 高橋善之 >

9076
 資料出典はこちらから


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2011.03.30 毎日新聞

 
懲戒免職:大館市立小教諭、抗うつ剤服用し運転中2度事故、秋田

 
県教委は29日、大館市立小学校の柴田林(しげみ)教諭(47)を同日付で懲戒免職にした。

 県教委によると、柴田教諭は抗うつ剤を服用。校長や市教委は自動車運転や信用失墜行為の禁止、さらに児童への言葉遣いなどについて繰り返し指導していた。しかし10年9月8日と10月30日に薬を服用して車を運転中に事故を起こした。また勤務時間中頻繁に私用のメールを送受信したり、授業中に児童に対して「この問題が解けなければ靴下のにおいをかがせる」と発言したことなども処分理由としている。



 
< 2014.07.05 産経新聞

 
PTA大会の夜に… 酒酔い運転で秋田県立高教諭逮捕

 
酒に酔って車を運転したとして、秋田県警大館署は4日深夜、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで秋田市東通、県立秋田南高教諭、高橋政晶容疑者(50)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後10時50分ごろ、大館市長倉のホテル駐車場内で酒に酔って乗用車を運転したとしている。駐車車両数台にぶつかった後、フェンスに衝突し、110番通報を受けて駆け付けた警察官が酒に酔っていることを確認した。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.16 産経新聞

 「児童買春、ネットで犯罪と知った」 大阪府警、容疑の中学教諭を書類送検…6月に自首後も授業続ける

 
女子高生に現金を渡し、わいせつ行為をしたとして、大阪府警住吉署は16日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で、大阪市立中学教諭の男(23)=同市阿倍野区=を書類送検した。容疑を認めている。

 同署や勤務先の中学校によると、男は事件後の今年6月、同署に自首。「インターネットで児童買春が犯罪になるのを知った。家族や職場に迷惑を掛けると思った」などと話したが、自首後も事件を学校側に知らせず、授業を続けていた。

 送検容疑は5月18日、同市住吉区のホテルで、府内に住む高校1年の女子生徒(15)が18歳未満と知りながら、現金3万円を渡し、わいせつな行為をしたとしている。

 女子生徒が短文投稿サイト「ツイッター」に援助交際の相手を探す書き込みを行い、男と知り合ったという。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9078



2015年9月18日 (金)

民主党は政治ごっこ以前のゴロツキ集団




 
< 2015.0916 FOX News

 
High debate stakes for trailing GOP candidates

9069

 
The 2016 Republican candidates are heading into only their second debate, and already the showdowns are starting to reshape the field.

 One candidate, former Texas Gov. Rick Perry, dropped out after a lackluster performance last month coinciding with a fundraising crunch. Another, Ben Carson, has vaulted into second place since the first face-off, while Jeb Bush and Scott Walker have slipped.

 The question is: after tonight's debate, what will tomorrow's field look like?

 With donor dollars spread thin among a field of 16, the candidates who are not self-funded -- everyone save for front-runner Donald Trump -- face high stakes as they try to convince supporters they have the stuff to excel in Iowa, New Hampshire and beyond.

 Perry's team acknowledged money was a factor in their struggling final weeks. The candidates still battling to break above a few percentage points in the polls could soon find themselves in a similar situation.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.17 日経新聞

 
フィオリーナ氏、TV討論会に 米大統領選の共和党候補

 
【シミバレー(米カリフォルニア州)=吉野直也】来年11月の米大統領選に向けて米CNNテレビは16日、主催する共和党第2回テレビ討論会を米カリフォルニア州シミバレーで開く。視聴率の高いゴールデンタイム枠に女性候補で米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)の元最高経営責任者(CEO)カーリー・フィオリーナ氏(61)が初めて出る。

 世論調査で支持率首位の不動産王ドナルド・トランプ氏(69)は15日、ロサンゼルスで演説し「不法移民が退役軍人より優遇されている。もうそんなことは終わらせる」と強調。「誰も盾突こうと思わない米軍にする」と訴えた。ロサンゼルスの博物館、戦艦アイオワ上で退役軍人団体が催す集会に参加した。周囲はヒスパニック系などが抗議活動を展開した。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 8月に続いて第2回目の共和党大統領候補選出のためのディベート大会が、16日のCNNテレビで開催されました。

 欧米の政治システムが手放しで素晴らしい訳ではありませんが、どんな混乱状態に陥っても、相手の話を強引に遮って一方的に喚き散らして自己主張に徹する風潮だけは、かなりレアケースかと思料します。

 それは、民主主義が根付いているとかの類のご大層なものではなくて、相手の意見は取り敢えず聞く。相手が話し終わった時点で初めて自分の意見を述べる。この習慣を子供の頃から徹底して躾られているからだと思います。

 兎に角、ディベートそのものが、小学生レベルまでに浸透している。

 この欧米と日本の違いは、取り分け、政治屋稼業の世界におきましてはかなり大きいと考えます。

 加えてあらゆる問題に対して、イエスかノーか、自分の考えを明確にしない限り一歩も前に進めないのは、欧米の政治屋業界においては極々常識です。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 例えば、第2回ディベート大会開始前の共和党大統領候補者の各種政策に対する取り組み姿勢ですが、この時点で候補者は自分の考え方を明確にアピールしています。

 どこかの国のみんちゅくんのように、玉虫色決着のままで立候補しようものなら、アメリカでは相手にされません。


 
< 2015.09.16 The Washington Post

 
Where the Republican presidential candidates stand on Kim Davis, Planned Parenthood and other big issues


 
Should Kim Davis have been jailed for refusing to issue marriage licenses to same-sex couples?

9070

 
Should the U.S. build a wall along the Mexico border?

9071

 
Should the U.S. deport the more than 11 million undocumented immigrants living in this country?

9072

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 翻って安保法制対応に垣間見える、みんちゅくん国会議員132名諸君の言動は、全てに亘ってお粗末そのもの。

 クレヨンしんちゃん、風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんの5才児同士の話し合いの方が、よっぽど、マシです。

 ニダくんの行動様式を地でいけるみんちゅくんって、本当に、すんばらしいゾ。

 
 
< 2015.09.16 産経新聞

 
【緊迫・安保法案】枝野氏「集まっていただきありがとうございます」に参加者「お前のためじゃない」

9073
 
( 国会前の安保法案反対デモで話す、民主党の枝野幸男幹事長=9月16日、国会前 )


 
< 2015.09.16 産経新聞

 
「触るな!セクハラだ!」 野党徹底抗戦の構え

9074
 
( ピンク色で「怒れる女性議員の会」と書かれたハチマキを巻いて声をあげる女性議員ら=16日夜、国会内 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9075



2015年9月17日 (木)

さぁ次は念願のスパイ防止法の制定




9061

 
< 2015.09.07 民主党に質問です

9062
9063

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 安保法案、いよいよ、大詰めです。

 週末は、心地よい虫の音を聞きながら、美味しいぬる燗を頂きましょう。

 安部総理も、みんちゅくん以下構ってちゃんの駄々っ子連中は適当にあしらって、積極平和の実現に向かって、真摯に世界のリアルポリティックスと対峙なさっておられます。

 
 
< 2015.09.15 Al Jazeera

 
Japan pledges maritime security aid to Vietnam

 
Prime Minister Shinzo Abe also pledges some $835 in loans as leader of Vietnam's ruling Communist Party visits Tokyo.

9064
 ( Vietnam has been trying to strengthen ties with other nations to counter China's growing assertiveness )



 
< 2015.09.15 Reuters

 
Wary of China, Japan and Vietnam boost security ties

9065
 
Major General Nguyen Quang Dam (L), Commander of the Vietnam Marine Police, and Admiral Yuji Sato (R), Commandant of the Japan Coast Guard, exchange documents during a signing ceremony while Vietnamese Communist Party General Secretary Nguyen Phu Trong (rear L) and Japan's...


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ベトナム、リアル共産主義国家です。

 そんなベトナムと日本が、経済協力やら軍事協力で手を握り合う訳ですから、いかに東南アジア諸国にとって、中国が現実の脅威となっているかが判ろうと言うものです。

 みんちゅくんにはもちろん理解不能なことですが、特亜以外のアジアの諸国民は、それなりの真っ当な倫理観に基づいて日々の暮らしを立てている国民が大半を占めてますから、中朝韓が如何にならず者国家であるかは、中学生レベルでも察知してます。

 おまけに現実的には、世界のあちこちに、勝手に土足で上がり込んで来て、勝手になんとかタウンを作りまくり、勝手に春を売る商売を仕掛けて、治安や風紀を乱しまくってるんですから、幼児レベルでさえ、彼らに本能的な嫌悪感を抱くのは当然です。

 そのうえ厄介なことは、東南アジア諸国では、民間経済の実権を華僑に握られてしまっていることです。

 彼らはお金を牛耳ってますから、当然のごとく、現地人の心をもコントロール出来ます。

 コントロールすると言うよりは、よそ様の国へ勝手に渡って来た華僑が、移住先の地元国民を見下している、馬鹿にしている、と表現した方が、実態に近いでしょう。

 例えば、将来の我が日本が、華僑資本の支配下に全面的に屈してしまったケースを想像してみて下さい。

 爆買だなどと喜んでいるうちはまだいいですが、いつの間にか、アルくんの日本国内での購買力が日本国民全体の消費を上回って、もともとあった日本の会社も次々とアルくんに買収され、遂には、日本人の会社運営に対する発言権さえ奪い取られてしまう••••。

 ここまで来ますと、DNA的に中華思想が染み付いているアルくんの日本人を下に見る態度は大っぴらになって、否が応でも、日本人はアルくんにアゴでこき使われるようになるでしょう。

 今、戦争反対を叫んでいる諸君は、実際そうなってしまったら、その屈辱に耐えられるかどうか。

 東南アジアは、ほぼ、その状態なんです。

 故に、庶民レベルから上流階級に至るまで、アルくんとのイザコザが絶えません。

 でも、アルくん自身は、そんな風に嫌われていることも、トラブルが多発していることも、なぁ〜んにも気にもしていません。

 ここが私達には理解出来ないアルくんの偉いところです。

 今のみんちゅくんとクリソツで笑えるでしょう。

 彼らにとっては、それだけ弱肉強食の世界が当たり前で、いつだって四六時中、食うか食われるかの世界。

 正義も道理も理屈も通らないアルくん独特の世界を生き抜くためには、細かいことなんか気にしていられない。

 他人の都合なんでどうでもよくて、とにかく、自分だけが生きられるなら何をしても良い。

 全てはこれがアルくんの行動の原点、とオジサン的には考えます。

 ニダくんもね。

 ですからアルくんの歴史は有史以来、易姓革命の繰り返し。

 中華人民共和国などと偉そうな名を名乗ってはいても、所詮、前王朝と国民党政権を大量虐殺して、血で出来上がった人造国家。

 アルくんの歴史の法則に従えば、中共が近い将来、四分五裂するのは鉄板です。

 その時に備え、日本は、台湾・東南アジア諸国並びにインドと結束して、アルくんの自暴自棄と侵略に、徹底した共同戦線で対峙しなければなりません。

 その意味でも、今次の安保法案成立は、その第一歩なのです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.16 CNN News

 
Satellite images suggest China 'building third airstrip' in South China Sea

9066

 
Hong Kong (CNN)China appears to building a third airstrip in disputed waters in the South China Sea, according to new satellite images analyzed by the Washington-based Center for Strategic and International Studies (CSIS).

 The images, taken September 8, come after China pledged to bring land reclamation in those waters to a halt, and will make for uncomfortable discussions when Chinese President Xi Jinping visits Washington next week.



9067

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9068_2



2015年9月16日 (水)

人の心までグローバル化は出来ません(続き)




9059


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 皆様のお知り合いに、国際結婚をなさってる方はいらっしゃいますか。

 オジサンの周囲には結構な割合でいらっしゃいまして、根がミーハーなものですから、彼らにお会いする度に、「その後どう」と、つい、根掘り葉掘り興味本位で聞いてしまいます。

 総じて、欧米人とのカップルが多く、大別すると、文化・習慣の違いを全く気にしないタイプ、気にはなりつつも努力で何とか乗り越えようとしてるタイプ、必要以上に気にするタイプ、以上3つに分けられるかと思料致します。

 で、離婚も珍しくはなく、オジサンの知り合いに関する限り、ざっと3~4割が離婚経験者でしょうか。

 中には再婚相手も、またまた欧米人の方もチラホラおりますから、彼らにとって結婚相手としての日本人は眼中にないようにも見えます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ネットの発達と航空運賃が格安になったことで、時間空間が狭まり、国際結婚は平成になってからは、グッと、お気軽になった感がします。

 ついこの間も、親戚の行事で久しぶりに会った従兄弟の子供で、全くドメスティック派だった子が、いつの間にか西欧系の男性と結婚してたなんてこともありましたから、日本人の結婚相手も、実態は一般人レベルでも予想以上にグローバル化が進んでいるものと思われます。

 昭和の時代ですと、国を捨てる覚悟で嫁いだとの話を結構聞かされたものですが、現在では、そんな悲壮な決意をなさる方は、殆ど見当たりません。

 スカイプで自由自在に話せる時代ですから、少なくとも、遠く一人日本から離れている寂しさは感じなくてすむのかも知れません。

 それでも、異国人同士の結婚生活の悩みで一番多く出る話題は言葉の問題ではなくて、風俗・習慣・文化の相違からくるスレ違いでしょう。

 欧米人は猫舌で熱々のミソスープは飲めない的レベルの話題は、まだ、可愛いものです。

 日本人にとって、浴槽に浸ってゆっくり温まり、じっくり1日の疲れを癒すのは毎日の当たり前の習慣です。

 それも、家族全員が、時にはお客様でさえ、同じお湯に浸かります。

 この日本人家庭の習慣に抵抗を感じ、入る人が替わる度に、お湯を全取っ替えしてしまう家庭は極く稀でしょう。

 大分前に、独逸人を旦那様に持つ結婚歴30年の日本人女性がしんみりと語ってくれた話ですが、「30年一緒に暮していても、お風呂のお湯だけは、旦那は私と同じお湯には入ってくれない。他の殆どのことは、日本の習慣に合わせてくれてるけど、お風呂だけは頑なに受け付けてくれないんですよ」と淋しそうに仰っておられました。

 こちらの旦那様におかれましては、お風呂のお湯まで家族と一緒にしてしまうと、唯一残している独逸人としてのアイデンティティが、根こそぎ持っていかれるとでも考えていらっしゃるのでしょうか。

 人類皆兄弟、多文化共生、コスモポリタニズム。

 確かに、ユートピア的観点では、素晴らしい。

 でも、現実は、夢だけでは食えません。

 グローバル化も、国連加盟国193ヶ国が地球上で暮らす現実世界では、人の心の中まで侵食は出来ないことを、私達自身が逃げずに敢然と立ち向かうべき時期が到来したのだと考えます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ドイツも、漸く、自国のエゴを主張し始めました。

 欧州の難民問題、人類そのものが試されているような気がしてなりません。

 ヒューマニズムだけでは解決出来ないきっと大きな何かが、待っている••••。


 
< 2015.09.14 BBC News

 
Migrant crisis: Germany starts temporary border controls

9060
 
( Germany's Interior Minister Thomas de Maiziere says border controls will be introduced between Germany and Austria )

 Germany has introduced temporary controls on its border with Austria to cope with the influx of migrants, the interior minister has said.

 Thomas de Maiziere said refugees could "not choose" their host countries and called on other EU states to do more.

 Trains between Germany and Austria were suspended for 12 hours.



 
< 2015.09.14 The Washington Post

 
From west to east, Europe tightens borders as refugees scramble

9058
 
( Hundreds of asylum-seekers are stranded at a Vienna train station after Germany's decision to close its border. German Chancellor Angela Merkel effectively threw open the doors last week, but now an interior minister says the people coming must be spread more evenly across Europe.  )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.14 チャンネル桜放映 >

 【難民問題】性善説で語る愚、本物の政治難民はどれだけ?

">

番組説明:シリアやリビアなどから大量の難民がEUに流入し、欧州各国の連帯が壊れつつあるが、­これらの難民の中で、保護すべき本物の「政治難民」はどれほどの数なのだろうか?アメ­リカや欧州の歴史的責任や、国連の無策、メディアの似非ヒューマニズムなど、問題の深­層がどこにあるのか考えていきます。



2015年9月15日 (火)

人の心までグローバル化は出来ません

 < 2015.09.11 The Washington Post

 Chinese activity in South China Sea poses complications for Obama

9056

 ( Demonstrators gesture during a rally over the disputed islands in the South China Sea in Manila. The protest took place Aug. 31 in front of the Chinese Consulate.  )

 China appears to be taking new steps to lay down airfields on two reefs in a disputed area of the South China Sea on the eve of Chinese President Xi Jinping’s Sept. 24 arrival in Washington for a state visit.

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本日より、ブログ、再開致します。

 引き続きどうぞ宜しくお願いします。

 6代目愛機Macは、銀座のAppleストアーで相談したところ、メンテするよりも買い換えた方が安上がりにつくことになり、結局、Web上のAppleストアー経由で、7代目Macを購入しました。

 発送しましたのメールが9日に届き、現物が手元に届く予定は12日との由。

 取り扱い業者はヤマト。

 あれぇ、ヤマトなのに、到着までなんで3日間もかかるのかなと思って、メールに書いてあった荷物番号をネットで追跡してみると、最初の発送地そのものが日本国内ではなく、なんと、上海になっていました。

 さすが、世界のApple。

 ネット経由の注文は、現地には在庫を置かず、Apple Japan は、物流基地を上海に集中させているってことなんでしょう。

 となると、上海から浦安まで現物が予定通り3日でキチンと届くのか、逆に心配にまりましたが、案ずるよりは産むが易し。

 12日午前10時には、我が家に注文通りの新品Macが到着しました。

 これって凄くありませんか。

 物流システム事情にはとんと疎いオジサンですが、上海・日本間に限り、最近の物流事情はここまでスピードアップし、グローバル化していたのです。

 翌日午前中に荷物が届く日本国内の宅配サービスの充実網も素晴らしですが、この Apple・ヤマトの上海・日本間の物流システム構築も、実に魅力的です。

 久しぶりに、日本の潜在的能力に感心出来て、とっても、嬉しい思いが致しました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ユーザーへのサービス向上のため、物流システムのグローバル化が進むのは、大変良いことだと個人的にも考えます。

 今にボジョレーヌーヴォーも、中間業者を介することなく、個人が直接ワイナリーに注文を出して、解禁日にはストレートに自宅に届く日が来るかも知れません。

 と言うことで、物流面でのグローバル化は事前に決めらたルールがきちんと守られている限りは、相応のプラスの効果が期待されます。

 一方で、人と人との交流、心と心の交流面でのグロバール化は、果たしてどうなんでしょう。

 所謂、多文化共生などと言うものは、本当に人類全体に幸せをもたらすのかどうか。

 織姫と彦星が七夕の日に一年に一度会う的な心の交流はさておいて、これが日常茶飯時のグローバル規模の交流となると、人間は何のきらいもなく素直に四六時中、ヒューマニズムの殻の中で生活し通すことが出来るかどうか。

 多文化共生に否定的な考えを持つオジサンは、心と心のグローバル化推進には多いなる疑問を抱いております。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 < 2015.09.13 J-Cast News

 東海大キャンパスにすべて英語の「インターナショナル・カフェ」 「行ってみたい」「いい迷惑」学生から賛否噴出

 理工系から情報系、社会・人文科学、スポーツなど多様な9つの学部と大学院が併設された広大な東海大学・湘南キャンパス。その正門を入ってメインストリートを歩くと、右側に研究実験E館が現れる。陸上競技場の手前、そこに「インターナショナル・カフェ」がある。

   東海大学によると、カフェはセルフ式コーヒーショップのドトールコーヒーと協力し、そのフランチャイズとして学生食堂を営む会社が運営。学生が夏休みを終え、後期の授業がはじまる2015年9月16日にリニューアルオープンする。

   募集中のスタッフは、ネーティブの外国人や英会話を学ぶ日本人で、接客でも日本語は使わない。求人募集のホームページにも、「あなたの英語力を活用してみませんか!? 留学生の利用が多いため英会話ができる方、キャンパス内のCafeスタッフ募集」と呼びかけている。時給も1200円(3か月の研修期間中は900円)と、他の求人情報と比べて、やや高めに設定されている。

   注文をはじめ接客は英語で応じる。店内のメニューや学内掲示板はすべて英語。流れるテレビ番組はCNNなど英語の番組のみ、雑誌も英語という。

   キャンパスに「英会話ラウンジ」を設置するケースはあるが、学生食堂やカフェを「完全英語化」するのは珍しい。ドトールコーヒーも、こうしたケースは「初めてです」と話している。

   大学の狙いは、学生の日常の英会話力の強化と留学生向けサービスの充実だ。店内では友人同士の会話もすべて英語を使うようにして、ふだんからカジュアルな交流を促していく。東海大学は38か国・地域の115大学・研究機関と学術交流協定を締結し、研究者や学生の国際的な交流に積極的。湘南キャンパスでは700人を超える留学生が学んでおり、国際学会で訪れる外国からの研究者も多い。

   東海大学は「授業では学ぶことができない宗教や政治・経済などに関する異文化コミュニケーションを通じて、異文化に興味をもち、国際理解を深めてもらうことを目的としています」という。

   カフェが文字どおりの「インターナショナル」な交流の場になることを期待している。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> 東海大学は「授業では学ぶことができない宗教や政治・経済などに関する異文化コミュニケーションを通じて、異文化に興味をもち、国際理解を深めてもらうことを目的としています」という。

 校内のドトールで、留学生と英語で会話をしただけで、何と、異文化に興味が持てて、国際理解が深まっちゃうんだそうです。

 実に、すんばらしい、ではありませんか。

 で、東海大学のお偉い先生方の意味するところの、国際理解とは、具体的には一体、何?

 南京大虐殺も慰安婦強制連行も、全て本当にあったことと、東海大学の全日本人学生に洗脳工作すること?

 それとも、アメリカの広島・長崎への原爆投下は、人智を遥かに超えた神をも恐れぬサタンの仕業だったと、東海大学の全留学生700人に徹底的に叩きこんで帰国させること?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 オジサン、何度も言いますが、英語が喋れることと、ビジネスが出来ることとは、月とスッポンレベルの違いがあると考えております。

 ですから、英語が出来るからと言って、宗教・政治・経済などの異文化コミュニケーションを通じて、国際理解が深まるなんてことには、決してなりません。

 現実はそんな甘い世界ではありません。

 要は、英語が喋れるか喋れないかではなく、その人間の資質の問題です。

 日本のビジネス現場に於いて、海外帰国子女が予想外に戦力外的存在である現実が、よくそのことを表しています。

 海外帰国子女で英語が出来るからと言って、ビジネスでも職場に溶け込んで生粋の日本育ちの同僚と一緒になって生産性を発揮しているのは、恐らくどこの職場でも数える程しかいらっしゃらないでしょう。

 欧米流の個人中心の生活にしか適応出来ないであろう彼ら・彼女らは、まず、仕事以前の問題として、日本独特のこの会社の同僚同士の仲間意識に抵抗を感じていらっしゃる方が非常に多い。

 故に、アフターファイブに同僚と一緒に飲みに行くなんてのは、もってのほか。

 自分の持分以外の仕事には決して手は出さないし、ましてや、他人の仕事を助けるなんて心根は毛頭ありません。

 で、5時になったら、サッサと一人、帰ってしまい、残業なんてまっぴらごめんの世界を貫き通します。

 まぁ、オジサンが見てきた限り、このようなタイプの人達ばかりではないんですが、割合的には非常に多かったような気がしてます。

 で、日本社会と日本的価値観に根づいた日本流会社運営には適応出来ず、結局、外資系に転ずるか、欧米に戻って現地で職を探すようになる。

 海外育ちの日本人でさえこうですから、ましてや、短期留学を目的として日本にやってきた様々な国の外国人と、コーヒーを飲みながら英語で会話を交わしてみたところで、具体的にはどんな方面に於いて、国際理解が深まると東海大学は主張なさりたいんでししょうか。

 英語を喋るだけで国際理解が深まるのなら、国連はいりません。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9057



2015年9月 9日 (水)

Mac不調


と言う訳でメンテに出す関係上、更新を10日間程、お休みさせて頂きます。

悪しからずご諒承さい。



2015年9月 8日 (火)

何故拉致被害者を奪還出来ないのか




9051_2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 この世の中に理不尽なことは数多くあれど、40年間にも亙って北朝鮮に置き去りにされている約千名にも及ぶかと推測される日本人拉致被害者を、どうにもこうにも手を出せないで見殺しにしている日本政府の取組み姿勢は、その最たるものの1つです。

 拉致被害者家族会の皆さまや国民が、どんなに声を大にして何十年間訴え続けても、残念ながら、事態はますます迷宮入りの様相を呈してきた、と悲観的に成らざるを得ません。

 ひょっとして、ニダくんに汚鮮つくされた政治屋諸君は、国民に諦めさせるコトを狙っている?と、昨今は、つい、邪推してみたくもなりがちです。


 
< 2015.09.06 産経新聞朝刊から >

9052_2
 ( 同上Web版記事はこちら

 
 産経さん、拉致集会の記事と並列して、ニダくんの聖地赤坂に君臨するTBSくんの悪行を、嫌みったらしく伝えております。

 抗日式典パレードに参列した世界大統領パンくんと何ら違わない精神性の持ち主のTBSくん。

 「ドラマの中での悪徳政治家のブルーリボンバッジ着用に他意はなかった」「拉致被害者家族をはじめ支援者、関係者の気持ちを傷つけたことを心よりおわびする」などと、ニダくん流ウンタラカンタラ詭弁を仰有ってますが、今更ながらの確信犯の癖して、白々しいにも程があります。

 天網恢恢疎にして漏らさず。

 TBSくんの放送免許取り消しによる崩壊の方が早いか、ニダくん・アルくんの国家崩壊の方がが早いか。

 お天道さまのみぞ知る、ですな。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 オジサン、拉致問題に関して、予てからどうしても解せない疑問が、1つあります。

 それは、日本人拉致被害者の人数に関してです。

 ご存知、日本政府の拉致認定被害者は、たったの17人です。

 9月5日の産経新聞も、「秘録・金正日」の特集記事の中で、日本人拉致被害者を17人と、大本営発表に何の異論も挟んでおりません。


9053_2

 うち5人は帰国済みですから正確を帰すなら、現在の政府拉致認定被害者は、残り12人ということになります。

 でも、国民の大多数は、北朝鮮に40年間も拉致監禁され続けている日本人は、あと、たった12人しか居ないとは、だぁ~れも、信じてはいません。

 民間人組織であるこの問題のスペシャリスト集団「特定失踪者問題調査会」の調査によりますと、この数字が全く茶番であることは明らかです。


・特定失踪者問題調査会、特定失踪者リスト集計
 http://www.chosa-kai.jp/listsyukei.html

・失踪者公開リスト
 http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?mode=list2


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 加えて、年2回、日比谷公会堂で開催されている拉致全国集会では、毎回、特定失踪者の家族の皆さまも、数多く必ずご出席なさってますから、政府認定被害者17名は、真実・事実とは程遠い全くの出鱈目数字であることは疑いようもありません。

 そこまで判っていて、政府も、外務省も、増すゴミ諸君も、果ては被害者関係者の家族の皆さまも、何故、このタブーを追求しようとしないんでしょう。

 オジサンにはサッパリ判りません。

 それ以上に、拉致被害者の皆さんが40年間も、放ったらかしにされている理由が、どうにも承服出来ません。

 特定失踪者調査会会長の荒木和博氏の著書「日本が拉致問題を解決できない本当の理由」2009年草思社刊を読んでみても、ズバリ、どうして解決出来ないのか、からっきし判りませんでした。

 と言うか、全然、納得できませんでした。

 1つだけ、はっきりしてることは、解決出来ないでいる=現実的に解決させたくない勢力が居る、と言うことでしょう。

 それが政府内部に潜んでいるのか、国会議員の中に長年たむろしているのか、外務省の中なのか、警察関係者の中なのか、スバリ、民団&総連関係者の中の工作員なのか。

 もちろん、支援者組織の中にも巧妙に入り込んでいる可能性も、充分あり得るでしょうし・・・・。

 13日の拉致全国集会まで、あと5日。

 本当に何とかならないんでしょうか。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 一方で、次のようなニュースを見つけてしまうと、こういう方々こそ北の工作員なのではと、ついつい、邪推したくなってしまいます。


 
< 2015.09.05 東京新聞

 
安保法案「慎重審議を」地方議会にも 6日、女性議員有志が街頭行動

 
参院で審議中の安全保障関連法案をめぐり、県内の地方議員の間にも、会派を超えて慎重な審議を求める声が出ている。八月に栃木市議会が「今国会での成立に固執しないでほしい」とする意見書を可決したほか、女性地方議員の有志が四日、今国会中の法案成立に反対する声明を発表。参院での採決に意欲を示す安倍政権への不信感が、県内でも高まりそうだ。

9054_2
 
「戦争で愛する家族や子どもを失いたくない」と訴える山田県議(中)=県庁で


 こう言う方々の言動は、その精神性と共に、大いに公衆の面前にもっと曝されるべきです。

 安保法制は、そもそもが、如何に戦争を抑止させるかです。

 その中身は、戦争をさせるための法案ではありません。

 その辺からして、彼女達は、明らかに狂ってます。

> 戦争で愛する家族や子どもを失いたくないw

 いつ、起きるとも判らない将来の戦争に、怯えるフリをし続け、選挙民に不安を煽り続ける憎日議員諸君。

 彼女達は、日本にとって生産的なことは、これまで1つ足りともなさったことはございません。

 ひたすら、日本の権力に楯突くことが、彼女達のお仕事でございます。

 加えて、彼女達は、40年間も拉致され続けている日本人の子供達が千人近くも居る事実には、一切、関心を示しませんし、事実そのものを見ようとさえしません。

 ただただ、ひたすら、戦争が起きると叫ぶ狼少女を演じて、陶酔仕切ってらっしゃるだけです。

 ひょっとして、彼女達こそが、拉致工作員そのもの、或いは、協力者?

 違うと言い張るなら、目の前で現在進行形で起っている約千名もの拉致被害者の悲劇を、何とかして上げてご覧よ。

 きみたち、一応は、まだ、政治屋さんのつもりなんでしょう。

 それとも、もう、はっきり、政治ゴロを、自ら宣言しておられるのかな。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9055_2
 ( 画像出典はこちら



2015年9月 7日 (月)

やっぱり存在していた難民ビジネス




 
< 2015.09.04 チャンネル桜放映

 
ドイツとEUの難民問題

">

 
番組説明:経済以外で、EU最大の課題となっているのが難民の受け入れであり、その中で最も負担­を強いられているのがドイツである。現地在住で、影響を肌身で感じておられるクライン­孝子女史に、偽装難民や難民ジビネスを含めた問題点についてお話しいただきます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 上記番組文字起こし >


 ( 2分8秒から )

クライン:ドイツはね、難民問題が凄いんだよね。

水島:そうですね。今年中に、80万人になるって言ってましたね。

クライン:そうそう。

水島:80万人って凄いですよね。

クライン:だってねぇ、難民ビジネス、遣っている人達が多いの。

水島:そうでしょうね。

クライン:で、ね、彼らはね、もの凄く巧妙に遣るからね、裏側、一番親分なんて捕まらないんだってね。

水島:ま、そうでしょうね。普通の漁師雇ってね、リビア辺り、あの辺りからイタリア辺りに送り込んで、そこを経由にギリシャ・イタリア経由で皆、ドイツに入りたがるってね。

クライン:それでねぇ、若者が多い訳、25才以下が50%居る。ドイツにすれば少子化だから、或る程度入れることは出来るって言うの。その若者達が、シリア辺りを裸一貫で逃げて来たんじゃないのよ。ちゃんと、ビジネス屋にお金も払っているしね、2千ドルとかね、日本円にしたら20万だったり30万だったりね、必ず皆、携帯電話とスマホ持ってんだってね。それでね、ピーピーピーと遣るとね、こっちのルートでは、この人が安いからと言ってね、お金払ってくっついて来るみたいよ。

水島:これはねぇ、もう、何時も言うけど、ドイツはEUと言うのをを潰す訳にはいかないし、ユーロも潰す訳にもいかないけれども、難民の問題が本当にネックになると思いますね。

クライン:だからね、今漸く内務大臣がね、基本法でね、ドイツは基本法簡単に変えられるじゃない。今まで難民を可哀想だ、だから生活費も上げようなんてそう言うのを、変えようと言ってるよ。それでね、じゃぁ、EU同士でちゃんと割当ようかなんて言ったら、イギリスやデンマークなんて絶対反対だって言うもんね。

水島:それは、皆、反対ですもんね。来られる国は、ドイツもイギリスも、来られて有難いってことは殆どないですからね。特にドイツの場合は東ヨーロッパ系の安い、質の高い労働力とドイツの技術が使えるから。難民は必要ないですよ。

クライン:やぁ、でもね、目茶苦茶安くすると怒られるから、ドイツ、きちんと払ってるしね。ドイツの場合はね、第2次世界大戦の時、東の方の1千何百万人の旧ドイツ人が荒廃した西ドイツに雪崩込んで来たでしょう。それからその次は、ベルリンの壁が崩壊した時に、ロシアやあっちの方から東ドイツに東独系が入って来て、40何万人、引き受けている訳。それで奇跡の復活みたいにして、また、盛り上がって来たでしょう。だからドイツの場合は、悪い面と良い面とをしっかり見ようと言うこともあるの。逆に絶対そう言うことを遣ったらいけないって言う、まぁ、ナチだナチだと言ってるんだけど、340件位は、難民のホームを放火したりしてるのもあるのよ。

水島:えっ、難民を何ですか。

クライン:難民のホームやなんか、入れている処あるでしょう、収容所。ああ言うとこ、340件位、いろいろちっちゃなのからみてみると、今年、放火したり何かして、反対運動、遣ってるのも居るのよね。だから、メルケルも大変よ。

水島:まぁ、大変だと思いますね。難民はやっぱり、1年で80万も来ちゃうって言うのは、国が変わっちゃいますよ。

クライン:だからね、東ドイツとかね、ロシアからのドイツ人が入って来るのは、まだ目瞑れた、自分達の仲間を引き受けるんだから問題はない。だけど今回の場合は、マケドニアだとかアルバニアからも、どんどんどんどん、入って来る訳よ。

水島:イスラム教徒も入って来るしねぇ。

クライン:そうそう。ドイツへ行ったら、一番、難民大切にしてくれるから、ドイツへ行け、ドイツへ行けって、遣る訳でしょう。

水島:だってこの間聞いたら、アルバニアとか別に政治難民でも何でもないんだけど、入って来ると6ヶ月位、滞在出来る。そうするとその保護費は、遙かにアルバニアで暮している収入よりも高いものが貰えるから、皆、行きますよね。

クライン:そうよ、だってね小遣い貰って、食べさせて貰ってね、それでちょっと虐待するなんて言ったら、ギャァッと騒ぎゃ、テレビで映してくれる訳。

水島:それはもう、豊かな国へ、貧しい国の人達が殺到するって言うのは、今の法律って言うか、EUのあり方そのもの、ドイツの法律もそうなんでしょうけども、これは、止まらないですよね。

クライン:理想過ぎる。シェンゲン協定なんてあって、私なんかあれが外れた時に、自動車でスルスルスルーっと入れるじゃない。わぁっ、これはステキだなぁって思ってた。これが逆の形で、また、出て来たわね。

水島:これ、ドイツの最大のネックになる可能性、ありますね。本当に治安とか、全部、集中しちゃってくと、皆、ドイツに行きたいんですもの、だって。この気持ちは変らないから、何とかしないと本当にドイツの致命傷になる可能性、ありますよ。

クライン:難民、入って来た時はね、EUに一番始めに入った処でチェックしなければならないの。ギリシャもイタリアも一番始めに入って来たって、知らん顔してんだもんね。だからギリシャだって、皆ドイツ人、言ってるよ。お金は喰うは、どんどんどんどんそう言うのをドイツへ送ってくるは、まぁ、いい商売遣ってるって。

水島:結局、一番の難民の理由は、ジャスミン革命とかアメリカが遣ったリビア壊したり、イラクも含めて、イスラム国だって、全部作ってるですんもん。

クライン:リビアなんか、カダフィーも結構嫌われる部分もあったけど、良いとこもあったみたいよ。それが今、イスラム国の連中がリビアに入って来てるって言うじゃない。

水島:そこがまた、難民とかで、入って来ますからね。

クライン:それでまた、難民商売遣ってるんだもの、皆。

水島:そう言う意味では、我々も中国で内戦が起きたり、朝鮮半島に戦争があれば、もの凄い数の反日国民が来ますからね。

クライン:もの凄い数なんて言うもんじゃない、ダァーっと、入って来るよ。


( 以上9分31秒まで )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 EUへ押し寄せている夥しい難民達、オジサンがニュースの中で見る彼らの姿に異和感を覚えて仕方がないのは、服装にしても手荷物にしても、随分と身軽過ぎる彼らの難民としての体裁です。

 ジプシーのように、荷馬車に全財産を詰めて、放浪生活を送っている様子は、もちろん見受けられません。

 かと言って、ベトナム戦争時のボートピープルのように、切迫感も悲壮感も、全く感じられません。

 難民と言う割には、お気楽過ぎる印象が、どうしても個人的には拭い切れません。

 下記にドイツFrankfurter Allgemeiner紙が掲載した難民行脚の様子を何枚か転載しておきましたが、まるで、弱者ビジネスのパフォーマンスを見せつけられているような気がしてなりません。

 彼らは、本当に本物の、政治難民?

 本物の難民だったら、写真1枚にしても、もっとリアリティに満ち溢れた切実感が、ひしひしと伝わってきて良い筈です。

 お可哀想に、何とかして上げたい、との感情も、自然発生的に湧き上がってきても良い筈です。

 毎日、食べる物は、どうしているんだろう。

 飲み水は、充分、確保されているんだろうか。

 トイレは、シャワーは、どうしてるんだろう。

 毎日、どこで、寝泊まりしているの。

 それにしては、元気よく、行進しているよねぇ。

 と、いろいろと想像してしまうのが人情ですが、彼らの姿からは、危機迫る生活臭が全く伝わってきません。

 彼らが、ラテン系ではないにしろ、何かラテン系のノリで、ドイツを目指している。

 ドイツにさえ行ければ、何とかなる。

 何もしないでも、6ヶ月間は、祖国に居るよりも、かなり裕福な生活が保証される。

 最悪、居座れば良い。

 結局は、何も考えずに、難民ビジネスに全財産を投資し、祖国を棄てた人達ってことなんでしょうか。

 今は夏だから薄着でも構わないでしょうが、これから、秋・冬に向かって、これまで同様のお気楽パフォーマンスが、継続出来るかどうか。

 受入国側も、単なる「お可哀想に」の段階は、過ぎ去ろうとしています。

 西欧の寒さ厳しき冬に向かって、難民自身の本気度も、修羅場を迎えそうです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.04 Frankfurter Allgemeiner

9041
9042
9043
9044
9045
9046
9047
9048
9049
9050



2015年9月 6日 (日)

常態化していた憎日政党・民主党の悪行三昧




 
< 2015.09.04 CNN News

 
Blue sky vanishes immediately after Beijing's massive parade

9035
 
This photo shows two images of the view from CNN's Beijing Bureau, one of a blue sky day from a week before the military parade and one of a hazy sky the day after the parade.


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 朝貢外交、中国抗日式典

 
Chinese president welcomes world leaders for WW2 event

">


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9036

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.04 産経新聞

 
小学校の廊下に政治ビラ「アベ政治を許さない」掲示…堺市の学童保育の主任指導員に口頭で注意

 
堺市内の市立小学校で学童保育の主任を務める50代の男性指導員が、廊下や教室に安保関連法案の反対運動に使われる「アベ政治を許さない」と記したビラを掲示していたことが分かった。市教委は「政治的中立性を損なう行為」として、運営を委託する市教育スポーツ振興事業団に対応を求めている。学校現場で特定の政治的主張を子供たちにすり込もうとする行為に批判が集まりそうだ。

 市議会本会議で自民党の西村昭三議員の質問に、教育次長が認め、謝罪した。


9037
 
( 小学校の廊下にある掲示板に張られたビラ=堺市 )


> 教育次長が認め、謝罪したww

 はっきり申し上げまして、教育委員会も教師諸君とグル。

 この一文をもってして、全国1787ヶ所の教育委員会と全国91万公立学校教師諸君の政治運動のリアルな実態が、判ろうと言うものです。

 彼らは、真っ昼間の勤務時間中から四六時中、己が職場である教育現場で、一方的に左に偏った思想教育(=反日教育)を、戦後70年間ずっと、子供達に叩き込んできました。

 「教育次長が認め、謝罪した」とありますが、今更ながらですが、日本はとっても悪い国だと教え続けてきた全国91万人の教師諸君のお遣りになることです。

 堺市の場合も、自民党市会議員に指摘された如きで、改心などあろう筈がありません。

 ヘタれるどころか、今後は決意もあらたに一層奮起して、安倍政権打倒の反日極左運動を学校現場で展開なさって行くことでしょう。

 で、教育委員会も、従来通り予定調和で、黙認。

 恐らく、全国どこの自治体の学校現場も、実態は似たり寄ったりなんだと思われます。

 アベ政治を許さない。(何故、カタカナ?おまけに、ご丁寧にもよみがなもつけている)

 かくなるアジテーションビラは、きっと、全国至る処の教育現場で、或いは、市役所等の公共の場で、ごまんと貼られているんでしょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 では、憎日政党・民主党を愛して病まない全国の教育委員会と教師諸君は、一体、安倍政治の何が具体的に許せないのか。

 彼らは、大方、安保法制そのものに反対している訳ではないんだと思います。

 そもそも、彼らに、安保法制理解に至るまでの能力なんて、全くありません。

 恐らく、彼らは、自民党の存在自体に、「No」を突き付けたくて仕方がないんでしょう。

 もっと突っ込むなら、彼らの昨今は、日本を肯定する政治勢力や、日本を愛して止まない極く普通の一般国民に、腹を立てているんだと思われます。

 それは何故か。

 それは、もう1つ彼らが愛して病まないニダくんへの嫌韓化と言うよりも、実態が判ってしまうにつけ、彼の国への無視(=村八分化)が、着実に、日本国民の間に浸透してしまったからです。

 日本人の民度は、何だかんだ言っても、健全です。

 嫌韓なんて非生産的な思考法はとっくに通り過ぎていて、日本人自らが創造的・生産的発展社会を構築して生きて行くためには、「ニダくん系とは、これ以上関らないこと」が、常識になってしまいました。

 要は、安倍政権の、「いつでも、Welcome、門戸は開放している」、でも、実態は、「敵対者はピシャリ、利敵行為は断固許さない」が、健全な国民の共感を得ているんだと思います。

 となると不満タラタラなのは、自分達の存在意義が全く発揮仕切れないでいる憎日政党・民主党を中心とする日本の中のニダくん系政治勢力です。

 彼らは、本質的には、「究極の構ってちゃん」ででしか生きられません。

 ですから、安保法制にしても、「理屈抜きに、喚き散らす」、この1点でしか、自らの存在意義をアピール出来ません。

 アベ政治を許さない・・・・。

 どうして許さないのか、何が許せないのか、安倍政権のどこが具体的に不満なのか、だったら、どうしたいのか・・・・。

 反対理由も対案も、何一つ示すことが出来ない、非生産的極まりない憎日政党・民主党とその支持者達。

 彼らの目に余る幼児レベル以下の反日悪行三昧。

 お天道さまも、「もう、相手にするな」と、仰有てます。

 
9038

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9039



 
< 2015.09.04 読売新聞

 難民偽装申請、国外退去も…認定運用見直しへ

 
就労目的の「偽装申請」が横行する難民認定制度の運用を大幅に見直すとした法務省案の全容が3日、明らかになった。

 現在は申請の6か月後から日本での就労が一律に許可されているが、今後は同じ理由での再申請者には許可せず、明らかに難民に該当しない理由で再申請を繰り返す悪質な申請者には国内在留も認めない。真の難民を迅速・的確に認定する仕組みも定める。同省はこの案の内容を新たな出入国管理基本計画に盛り込み、月内にも正式決定した上で、速やかに運用を変更する方針だ。

 日本の難民認定制度は
2010年3月の運用改正で、申請から6か月が経過すれば日本での就労が可能となった。不認定となっても異議申し立てや再申請を繰り返せば日本で働き続けられるため、就労目的の偽装申請が横行。外国人技能実習制度で来日した実習生が実習先から逃亡し、より良い労働条件を求めて難民申請するケースも相次いでおり、実習制度の形骸化の恐れも指摘されていた。

 同省案ではまず、大量の偽装申請で審査が滞らないよう、「本国の借金取りから逃れてきた」など、申請理由が明らかに難民に該当しないケースは本格的な審査に入らず、簡易な審査で迅速に処理する。



 民主党の悪行三昧が続々とバラされておりますが、これも、そのうちの1つ。

 政権交替で308議席を獲得した民主党のナントカさん以下数十名が、難民ビジネスでおこぼれに与っていた、ってことでしょうか。

 で、そのお儲けになった利益金は、もちろん、即巧妙に、ブラックマネーに付替えられて、今となっては国外逃避。

 認定運用見直しってことは、まもなく司直の手が入って、マネロン容疑で、民主党のナントカさん逮捕なんてニュースも、あり得るのかも知れません。

 wkwk


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9040



2015年9月 5日 (土)

中国はウルトラ憎日・軍事大国アルヨ




 
< 2015.09.01 CNN News

 
How big is China's military?

">

9029
9030

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.04 BBC News

 
China military parade commemorates WW2 victory over Japan

 
China has held a lavish parade in Beijing to mark the defeat of Japan in World War Two, showcasing its military might on an unprecedented scale.

 President Xi Jinping in his opening speech paid tribute to "the Chinese people who unwaveringly fought hard and defeated aggression" from Japan.

 He also said the People's Liberation Army would be cut by 300,000 personnel, a move expected to be finished by 2017.

 China's growing military power is being keenly watched amid regional tensions.

 China has several territorial disputes with neighbours in the South China Sea, as well as with Japan in the East China Sea.

 Ahead of the parade, the US said five Chinese ships had been spotted in the Bering Sea off Alaska for the first time.

 China's People's Liberation Army (PLA) is the world's largest military, with 2.3 million members. China also has the second biggest defence budget after the US.



9031
9032

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
中国のミサイル発射基地と衛生打ち上げ基地

9033

 
中国人民解放軍対日攻撃概念図

9034

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.09.04 宮崎正弘メルマガから >


 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
  平成27年9月4日(金曜日)弐
  通算第4647号


 
習近平の北京軍事パレードは「成功」したのか?

 AIIB参加57ヶ国のうち、30ヶ国しか参加しなかった


 
九月三日、世界が注目した中国の「抗日戦争勝利70周年 軍事パレードに」は晴天、猛暑のもと、大量の兵器陳列パレードと兵隊の示威行進などで盛り上がり、プーチン(露西亜)大統領、蕃基文(国連事務総長)、朴権惠(韓国)大統領らが参加した。ほかに南アとモンゴル、カザフスタン大統領がめだつ程度だった。

 予測された国賓より、もっとも注目されたのは江沢民がよたよたと現れ、習近平の隣に並んだことだった。これには驚いた人が多い。対立しているとされた胡錦涛も雛壇に登場し、病気欠席が予測された李鵬もでてきた。この長老たちの勢揃いこそ、中国共産党が一番みせたかった演出ではないのか。すなわち血みどろの権力闘争は、いったん休戦状態にある、という宣伝効果が得られるからだ。

 習近平は演説で「中国は覇を唱えず、軍を30万人削減し、永遠に拡張もしない」などと大嘘を平然と嘯いた。もし覇権をとなえないのなら、南シナ海の軍事拠点構築をどう説明するのか、軍を削減しても武装警察が増えるだけの目くらまし戦術にも一切の言及が無く、しかも9月3日の軍事パレードは今後毎年続けると言いはなった。

 「強い中国」の演出は習政権がスローガンとする「中国夢」の実現であり、軍事パレードをともかく挙行できたことは、習近平が軍を掌握したということを内外に示したかったわけで、しかし実態はと言えば反対の様相が強い。軍を掌握したと誇張できる背景は稀薄である。


 第一に西側が総スカンを示した。日本ばかりか欧米英にくわえてスリランカ、ケニアなどが欠席し、またAIIBに参加を表明した57ケ国のうち、30ヶ国の代表しか出席しなかったことが挙げられる。外交的には失敗といえるかも知れない。

 第二に「抗日戦争勝利」というスローガンのインチキが世界に知れ渡ったことだ。抗日戦争を戦った主体は国民党であり、中国共産党には、「勝利」をいう合法性がないと米国のニューヨークタイムズまでもが厳しく批判し、台湾でも一部政治家や老兵の参加に激しい非難の声が巻き起こった。

 したがって習近平の演説では、この部分を曖昧にぼかして表現した。

 第三に初公開の兵器が85%、その全てが国産と自慢する中国の武器システムだが、米国東海岸へ届くというDF31,DF5のパレードが行われても、おそらく展示用の囮ミサイルか、サンプル(中味は空砲)であり、「張り子の虎」ぶりはかわらない。北京五輪のときの口パク少女を思い出せばよい。

 第四に習近平の「強い中国」の自己演出は、かえって周辺諸国に驚異をあたえ、これからの中国の進出プロジェクトへの不信感はますます増大すると予想されることだ。上海株式暴落、人民元切り下げ、天津大爆発など一連の不祥事が折り重なって中国のイメージ悪化が避けられないという皮肉な結果となった。

 蛇足ながら日本から駆けつけた村山元首相は猛暑にダウンして北京の病院に緊急入院、式典に参加できなかったそうな。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 
< 2015.09.03 宮崎正弘メルマガから >


 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
  平成27年9月3日(木曜日)
  通算第4645号


 
嘘に嘘を重ねて膨らませてきた結果、何が本当なのか中国自身わからない

 「世界一の外貨準備高」、じつは空っぽなのだ


 
小誌が屡々指摘してきたことだが、「世界一」の外貨準備高を誇る中国の化けの皮が剥がれた。「ある、ある」と豪語してきた世界一のドル資産が、一夜にしてバラックホールに吸い込まれたかのように消える。おこりうるシナリオである。

 なんでもあり、の中国だから、史上空前の詐欺行為が行われているとすれば、至極可能性の高いことになる。

 かねてより、CIA筋の調査で中国から流れ出した外貨が3兆800億ドルとされ、2015年6月末の中国の外貨準備が3兆6500億ドルだから、差し引きすると、中国の外貨準備の中味は、5700億ドルでしかない。

 これは単純な引き算で、もっと複雑な要素がからむが、要するに中国は嘘に嘘を重ねて膨らませてきた結果、何が本当なのか中国自身、わからない状態、これを「新常態」と言い換えているかのようである。

 第一にもっとも重要な外貨準備指標は「経常収支」であり、この数字をみると、中国の2015年三月まで一年間の統計は2148億ドル。ところが外貨準備は同期間に2632億ドル減少している。膨大な外貨が流失しているから、こういう数字の齟齬がおこると考えられるだろう。

 そこで嘘の上塗り、つまり架空の数字をつくりかえ、粉飾のうえに粉飾をおこなう。
そもそも「GDP世界第二位」というのは真っ赤な嘘である。GDPのなかで、「投資」が締める割合が48%、こういうことはどう考えてもあり得ない。

 シルクロード構想は財源が450億ドルである。ベネズエラに投資した額は450億ドル前後、アンゴラへの海底油田への投資は焦げ付いたという情報があり、リビアでは100本のプロジェクトが灰燼に帰した。以下、スリランカ、ジンバブエ、スーダン、ブラジル等々。世界中で中国が展開した世紀のプロジェクトの惨状である。

 豪、カナダ、ニュージーランドなどには鉄鉱石鉱区を買収し、開発していたが、鉄鋼不況に遭遇し、開発を中断した。こおあおりで豪ドル、カナダドル、NZドルが下落した。

 にもかかわらず、たとえば中国の2013年末の海外直接投資残高は6605億ドルだったが、15年3月には9858億ドルと急激な増加が見られる。2015年3月末の対外債務残高は直接投資が2兆7515億ドル、証券が9676億ドル。合計3兆7191億ドル。

 さて冒頭に述べたように中国の外貨準備が3兆6500億ドルとすれば、差し引きは、マイナス691億ドルである。マイナスである。

 この実態がごまかせたのは中国へ外国からの直接投資と証券投資だった。

 それが、上海株式暴落と、人民元切り下げ、不動産バブル壊滅を目撃して、一斉に海外へ引き揚げを始めたわけだ。

 「外貨準備高」というのは貿易ならびに貿易外収支を合算しての対外経常収支の黒字の累積である。だから日本の外貨準備は2015年七月末で1兆2700億ドル、この殆どが米国債で保有しているため、金利収入で着実に増え続ける。

 ところが中国の「外貨準備」と称するものの統計は外貨資産と海外からの借り入れを「短期外貨資産」に参入しているフシが濃厚なのである。お得意の誤魔化し、要するに借入金を「収入」蘭に記載しているのである。

 日本の対外純資産に対しての外貨準備高比率は16%だが、中国のそれは59%(数字はいずれも武者陵司氏(JBプレス、9月2日)。つまり史上空前のネズミ講のからくりが、数字から推測できる。

 どう考えても次は人民元の大暴落だろう。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
【チャイナボカン】恐ろしすぎる中国爆発映像集

">




2015年9月 4日 (金)

すっかり置き去りにされた拉致問題解決




9026_2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 世の中、安保法制一色で染まっておりますが、9月2日の産経新聞朝刊に、次のような記事が掲載されました。


9025_2
 ( 同上Web版記事はこちら


> 北朝鮮は調査期限とした「1年程度」の今年7月に報告先送りを通告してきたが、外務省としては協議継続を優先し、粘り強く結果を求める考えだ。


 オジサン、これをもちまして、58才児岸田くんと害務省のお役人諸君の「拉致問題解決完全放棄」宣言、とみました。

 とうに判り切っていたことではありますが、彼らに、北朝鮮にもう40年間も拉致されている日本国民約千名を救出する気など、ハナから、さらさらありません。

 上記主張は、彼らが国民に対し堂々と、「職務抛棄・職場放棄」を通告したに等しい。

 岸田くんも害務省諸君も、どれだけ、闇世界を通じて、ニダーマネーとニダー娘の恩恵を常時受けてるんだか・・・・

 「いや、そんなことは決してない。私達は、拉致解決に向けて日々奮闘努力している」と仰有る自信が仮におありなら、是非とも、10日後に迫った拉致国民大集会にお出頂き、その場で、事細かく拉致被害者の救出のための害務省版救出作戦具体案を100例、参加者全員に呈示してみせて下さいな。

 出来るかな、きみたちに?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.28 産経新聞

 
「拉致より憲法」 参院委で和田氏「家族の心踏みにじる」秋田

 
秋田市で4日に行われた北朝鮮による拉致被害者家族会の街頭活動中、隣で活動していた安全保障関連法案に反対する社民党系組織のメンバーが「拉致より憲法だ」と発言した問題が国会で取り上げられた。

 19日の参院平和安全法制特別委員会で、次世代の党の和田政宗氏(宮城選挙区)は「拉致被害者家族の心を踏みにじるような行為」と産経新聞の報道を紹介した上で、「家族から直接、話を聞き、怒りを覚えるとともに情けなくなった。北朝鮮の犯罪によって家族を奪われた方々の心の痛みを考えれば、口が裂けても言えないはずだ」などと述べた。

 その上で、安保関連法で自衛隊は拉致被害者を救出できないのかと質問。岸田文雄外相は「領域国(相手国)の同意がなければ活動できない」と答弁したが、「拉致より憲法」発言にはコメントしなかった。

 
社民党の福島瑞穂氏は、このやり取りの直前に退席し、直後に戻った。


9027_2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.27 荒木和博Blog

 
戦争反対?【調査会NEWS1966】

 
村山富市元総理は中国の軍事パレードに参加するそうです。安保法案に反対している人が、表向きの軍事費だけでも日本の数倍あり、覇権主義の権化とも言える国、国内で少数民族を弾圧し、甚だしい人権侵害をしている国の軍事パレードを観に行くというのはどんなものでしょう。それともパレードの戦車の中に割って入って(天安門事件のときに戦車に立ちはだかった人のように)戦争反対を叫ぶのでしょうか。それなら理にかなっていると思いますが。

 拉致問題に関わってきてこれまで「なんでこの国はこれほどまでにやられっぱなしだったのだろう」という思いをどれだけ感じてきたか分かりません。工作員が日常茶飯事で密出入国をくり返し、多数の日本人を拉致し、国益を害してきたこと、その拉致された人を取り返せないでいる現実をもっと多くの国民が共有しなければならないはずです。

 それなのに、一般国民どころか永田町の議論はそういう現実から目を背けているばかりです。安保法制の議論の中で政府からは相変わらず拉致問題に関わる議論はほとんど聞かれません。せいぜい「拉致被害者を助けて日本に向かっている米軍の艦艇が攻撃されたときに放っていることはできない」という議論です。他の国であれば(それが仮に日本より遥かに小国であったとしても)こんな発言だけで政権が崩壊するのではないでしょうか。

 しかしこんな政府与党に対して、反対する方も反対する方で、憲法9条があれば平和が守れるとか、法案が通れば徴兵制になるとか、全く頓珍漢な方向で反対しています。揚げ句の果てに反対している人間が日本よりはるかに軍国主義の国の軍事パレードに行こうとし、反対派の中でそれを断固阻止するとかの声も寡聞にして聞かないというのは支離滅裂も甚だしい。日本でこんな議論をしていることを拉致被害者が聞いたらどう思うでしょうか。

 最新の『WiLL』10月号に陸海空の元将官の座談会が掲載されていますが、その中で織田邦男・元空将の語っている「日本が戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄してくれない」という言葉は真実を突いていると思います。何度も同じようなことを言っていますが、賛成でも反対でもいいからともかくこの現実を議論してもらいたいと、切に思う次第です。



9028_2



2015年9月 3日 (木)

8月28日たった1日だけでこれだけの教師諸君の淫乱猥褻行為





9020

 
学問をするには分限を知ること肝要なり。人の天然生まれつきは、繋がれず縛られず、一人前の男は男、一人前の女は女にて、自由自在なる者なれども、ただ自由自在とのみ唱えて分限を知らざればわがまま放蕩に陥ること多し。すなわちその分限とは、天の道理に基づき人の情に従い、他人の妨げをなさずしてわが一身の自由を達することなり。自由とわがままとの界は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。譬えば自分の金銀を費やしてなすことなれば、たとい酒色に耽り放蕩を尽くすも自由自在なるべきに似たれども、けっして然らず、一人の放蕩は諸人の手本となり、ついに世間の風俗を乱りて人の教えに妨げをなすがゆえに、その費やすところの金銀はその人のものたりとも、その罪許すべからず。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9021

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 子供達の夏休みが終わったところで、全国に91万人もいらっしゃる公立学校小中高教師諸君の、夏休み期間中の淫乱猥褻行為を始めとする全犯罪履歴を総括してみようかと着手し始めたのですが、実績があまりにもすんばらし杉て、1日かかっても整理出来そうにありません。

 そこで夏休み期間中でも、取り分け、不祥事ニュースが集中した8月28日の特定日に絞って、教師諸君の飽くなき性によって未成年の生徒諸君が犠牲となった淫乱猥褻行為事件を、ピックアップしてみます。

 8月28日、たった1日だけでも、教師諸君の不祥事ネタ、5件もありました。

 性犯罪は不治の病。

 たとえ盗撮行為と雖も、子供達が最大の犠牲者なのですから、永遠に教員免許剥奪、即、懲戒免職処分を念頭にそれなりの法的厳罰措置を、何故、文科省も教育委員会もお採りにならないんでしょう。

 いじめ対応も無策、無能。

 子供達の殺人行為も、もちろん、止められない。

 片や、教師諸君だけは淫乱猥褻行為を、365日、謳歌なさってる。

 教職員組合のバックに控えていらっしゃるのが、みんちゅくんであり、解散目前の山口組であり、民団・総連・解同の恫喝のプロ集団との噂がシキリですから、さもありなん。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.28 産経新聞

 
「男は下半身隠さず着替えよ」公立中教諭が“不適切”指示で停職

 
山口県教育委員会は28日、部活動で男子生徒に下半身を隠さず着替えるよう指示するなどのセクハラ行為を繰り返したとして、山口県防府市の公立中の50代男性教諭(保健体育担当)を停職1カ月の懲戒処分とした。

 県教委によると、運動部の顧問だった教諭は平成25年7~8月、20回前後にわたり部活動後の水泳で1~2年生の男子部員30人にシャワー室で下半身を隠さずに着替えるよう指示。同7月の遠征時の川遊びでも同様に指示したほか、26年3月の合宿で入浴時にのぼせた生徒を、全裸のまま脱衣場のいすに座らせた。

 26年3月、校内の投書箱に「不快な思いをしている」と部員一同の名で被害相談があり発覚した。教諭は県教委の調査に「男が恥ずかしがるようでは駄目だと思った」と説明したという。同4月から病気療養を理由に休職している。



 上記記事、短いながらも、教師の世界には全く無縁なオジサンにとりましては、不可解なことだらけです。

 先ず、事件の発端は2年前の7月。

 事件自体は、昨年の3月、校内の投書箱で明るみに出た。

 で、それから、1年5ヶ月経過して、漸く、山口県教育委員会が停職1ヶ月の停職処分を決定した。

 なのに、問題の教諭は、「同4月から病気療養を理由に休職している」。

 この「同4月」とは、文脈からして、平成26年としか読み取れません。

 則ち投書箱によって問題が発覚した翌月から、1年4ヶ月間も、当該教師は休職し続けていらっしゃる。

 そんな情況の中、今更、停職1ヶ月の処分決定。

 1年4ヶ月休職中なのに、1ヶ月の停職処分。

 これって、いつまで続くかも判らない休職明け後の、停職1ヶ月ってこと?

 公立学校の教員の世界は、1年4ヶ月の長期に亙る休職でも身分が保証され、社会保険料も自動的に賄われ、お給料も満額、支払われるんでしょうか。

 どっちにせよ、この50才の教師の「男は前を隠さずウンタラカンタラ」は建前であり、本性は、同性の身体にご興味があった、てことなんでしょう。

 でなければ、休職などせずに、「セクハラなんかではない」と、堂々と信念を押し通せば良いだけのことです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.28 産経新聞

 
福岡県教委、児童買春容疑で逮捕の小学校教諭ら懲戒免職

 
福岡県教育委員会は27日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕された同県糸島市立東風小の石本忠臣教諭(26)と、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された同県久留米市立田主丸中の馬田知明講師(32)をそれぞれ懲戒免職処分にした。


9022

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.28 産経新聞

 
盗撮、飲酒運転で2人免職 体罰教諭を減給処分 埼玉

 
県教育局は27日、小学校で女子児童の着替えを盗撮しようとした男性臨時教員(25)と、飲酒運転で電柱に衝突した女性臨時教員(56)の2人を免職とし、高校の部活動などで常習的な体罰をしていた男性教諭(55)を減給10分の1(3月)とする同日付の懲戒処分を発表した。

 県教育局によると、男性臨時教員は7月、勤務先の入間市立黒須小で、女子児童が水泳のため着替えをする体育館にビデオカメラを設置。着替えの様子は写っていなかったが、教育局の調査に「過去にも盗撮した」と説明した。

 飯能市立加治小に勤務する女性臨時教員は5月、川越市の自宅で焼酎を飲んだ後に乗用車を運転。約1キロ離れたコンビニエンスストアで酒を購入後、帰宅中に電柱に衝突した。

 男性教諭は平成25年11月~今年6月、顧問を務める県立越ケ谷高校の2、3年生の男子テニス部員ら21人の頭をたたいたほか、膝蹴りするなどした。



9023

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.28 産経新聞

 「アイドル的存在だった」好意持つ女児の服をスマホ撮影 小学校元教頭を停職処分

 
名古屋市教育委員会は28日、教頭を務めていた同市千種区の市立小学校で女子児童の衣服を無断で撮影したとして男性教諭(48)を停職6カ月の懲戒処分にした。教諭は同日付で依願退職した。

 市教委によると、昨年6月から今年2月にかけ5回にわたり、体育の授業で無人だった教室に入り、当時6年生の女子児童のスカートやブラウスをスマートフォンで撮影した。内部調査に対し「女子児童に好意を持っていた。アイドル的な存在だった」と話し、他の児童の衣服を撮影したことも認めたという。

 男性教諭は7月に建造物侵入容疑で書類送検された。本人から申し出て、教頭から一般の教諭に降格されていた。

 市教委は監督責任を問い、男性教諭が勤務していた小学校の当時の男性校長(58)を文書訓告とした。



 同上記事に関して、8/28付朝日新聞には、次のようなことも書かれています。

> 退職金は減額されるが、支払われる。教員免許も失効しない。ただ、元教頭は「今後教壇には立てない」と話しているという。


 ヒラの教員に格下げされても、そのままずっと同じ学校に勤めていた、と言う感覚の方が、一般人には驚きです。

 だって、盗撮されたのは、同じ学校の教え子でしょう。

 それこそ、盗撮された女子児童にとってみれば、同じ校内の建物に一緒にいるだけで耐えられない筈です。

 教育委員会の皆さま、当該小学校の校長先生並びに同僚教師諸君。

 それこそ、お得意の被害者の心のケアのこと、全く、無視していらっしゃいませんか。

 まぁ、これこそが、きみたちのデフォなんでしょうけど。

> 今後教壇には立てない

 よくも、まぁ、しゃぁしゃぁ、ぬけぬけと、こんなことが言えたものです。

 その前に語るべきは、被害者女児への謝罪でしょう。

 当然ながら、この教頭先生、減額されても支給される退職金を、被害者女児への賠償金として、全額差し出しますよねぇ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.28 西日本新聞

 
熊本市、人事委の懲戒免職を修正

 
熊本市教育委員会が.2013年、女性にわいせつな行為をした市立中の50代男性教諭を懲戒免職にした処分をめぐり、男性から不服申し立てを受けていた市人事委員会は27日、「停職6カ月」に修正する裁決を出したと発表した。市人事委の裁決で、懲戒免職処分が修正されたのは初めて。男性は、処分日にさかのぼって身分を回復した。裁決は18日付。

 市教委によると、男性は13年5月、市中心部で学校関係の知人女性と2人で飲酒した後、午後8時ごろ女性を白川河川敷に連れ出し、同9時ごろまで抱きついたり、服の上から胸をさわったりしたとされる。

 裁決では、男性の行為は、女性が同意していたとまでは認められないが、「わいせつとセクハラの境界線上の行為」と判断。市教委は、女性が心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したことを「強制わいせつ致傷罪に該当する」としていたが、市人事委は強制わいせつ致傷罪の成立を否定した。市教委は「承服しがたい」として、再審請求も含めて対応を検討する方針。



 熊本市人事委員会。

 恐らくみんちゅくんを愛して病まない反日自治労の巣窟なんでしょう。

 結局、ニダくん系がバックに付くと、犯罪ではなくなってしまうw

 
「わいせつとセクハラの境界線上の行為」wwww

 そんなこと、どうやって、判断したんでしょう。

 街頭防犯カメラで、バッチリ証拠が残ってたんでしょうか。

 それとも、野外盗撮マニアからの証拠ビデオが、提出された?

 何れに致しましても、熊本市人事委員会には、男女のチョメチョメに長けた、この道のプロの皆さんが大勢いらっしゃることだけは、確かなようです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9024



2015年9月 2日 (水)

安保法制反対デモ、随所に見え隠れするニダくん化現象




 
< 2015.08.29 朝日新聞

 
安保法案賛成、各地でデモ「徴兵制復活ありえない」

 
参院で審議中の安全保障関連法案に賛成する市民らが29日、各地で街頭活動を行った。

 東京では新宿区の新宿中央公園を出発した500人以上が「私たちの家族を守るため、平和安全法制に賛成します」と訴え、デモ行進した。同区の会社員女性(47)はネット上で告知を見つけ、母親(83)と列に加わった。職場などで、隣国との領土問題への危機感が度々話題に上るという。「目の前の脅威に、同じ価値観を持つ国々と手をつないで対抗するのは当然の選択。多くの人に法案の意義を伝えたかった」と参加した理由を話した。

 大阪市でも約70人が「YES!安保法案」と書かれたプラカードや提灯を手に行進。和服姿の人や日本国旗をはためかせる人もいた。広島市や福岡市、長崎市では若者らが「戦争法案とするのはレッテル貼りだ」「徴兵制の復活はありえない」などと声を上げた。参加した福岡市の会社員本山貴春さん(33)は賛成の理由について、「日本は国際社会の平和への貢献が期待されており、それが使命だと思う」と話した。



9011
9012
9013

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2014.08.24 チャンネル桜放映

 
8.22 中国の侵略阻止!平和安全法制賛成!銀座国民大行進

">

 
番組説明:14日に発表された安倍談話以降、再び変わった世論の潮目。安保法制への理解も徐々に­浸透し、今や「必要」と答える層が過半数を超えているとの調査結果も出ている。この機­に更なる戦後レジーム脱却を進めるべく、22日に都内で行われた「中国の侵略阻止!平­和安全法制賛成!銀座国民大行進」の模様をダイジェストでお送りします。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 チョウニチくんが、超珍しく、安保法制賛成派のデモを掲載しております。

 彼らにしてみれば、単なるアリバイ報道に過ぎないんでしょうけど、不買運動が全国的にかなり浸透していて、実態は、虚勢を張りつつも相当お困りのご様子が容易に想像出来ます。

 チョウニチ新聞不買運動、継続は力なり。


 
< 朝日新聞を糺す国民会議 >
 http://www.asahi-tadasukai.jp/

 「朝日新聞集団訴訟」の第一回口頭弁論期日が以下の通り決定しました。

・日 時:平成27年10月14日(水曜日)午前11時00分~
・場 所:東京地方裁判所・103法廷



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.30 FOX News

 
Tens of thousands rally outside Japanese parliament to protest divisive security legislation

9014
9015

 FOXが掲載した30日の自称10万人戦争反対集会の模様です。

 主催者発表12万人、警察関係者発表3万人。

 こちらの方のブログに、主催者発表12万人を何の疑問もなくプロパガンダに懸命な反日増すゴミ諸君の捏造報道振りが暴れていますが、腹筋崩壊もいいとこです。

 それに致しましても、反対派のご尊顔の数々、完璧にトランス状態です。

 冒頭の賛成派の笑顔のデモ行進の様子と見比べてみますと、誰の眼にも、違いは歴然です。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さらに、FOXの写真をもう1枚。

9016

 出ました、今や反対派の象徴となった朝鮮太鼓。

 この太鼓に群がる何とも形容しがたいご尊容の方々。

 Are they really Japanese ?

 BBCもそんな彼らの??な反対行動のアピールに、積極的に加担していらしゃいます。

 *朝鮮太鼓登場は0分12秒からの3秒間と1分43秒の31秒間。


 
< 2015.08.30 BBC News

 
Japan military legislation changes draw protest

">


 朝鮮太鼓でラップ気取りのお兄ちゃんにお姉ちゃん達。

 思わず笑みが漏れてしまいます。

 0分26秒から極左デモ参加者の声として、予定調和の確信犯で事前選考されて、お得意の英語でおしゃべりになってる眼鏡の姐さんも、思考法がニダくんぽくって、実に微笑ましいです。

 彼女曰く、" I love Japan, but I love other countries, too. "

 だから、何?

 人類、皆、兄弟?

 だったら、安保法制に反対すると同時に、現在進行形で、もう40年間も深刻な人権侵害を被っている約千名にも及ぶ日本人拉致被害者の救出を、何故、こちらの姐さんは声を大にして叫ばないんでしょう。

 いつ起るかも判らない、かつ、原因もどこの国と対戦するかも判らない将来の戦争に、彼女は、ウリは不安がいっぱいニダ、ましてや、そんな戦争に子供達を参加させる訳にはいかないニダ、と喚きちらしてお出です。

 それに輪をかけるかの如く、BBCのお姐さんが、1分40秒から安倍総理がナンタラカンタラと大音響の朝鮮太鼓をバックにして、ご声闘なさっております。

 流石、世界を代表する反日・憎日BBCの報道内容は短いながらも、一味も二味も違います。

 企画・構成は、実質、ニダくん・アルくん連合と言った処でしょうか。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 にしても、近頃のこの種の反対派デモ、SEALsを筆頭に、ニダくん化をもう隠そうとも致しません。

 取り分け、30日のこの風船パフォーマンスは、ニダくん化の最たるものでしょう。


9017

 国のトップに対しての、こう言う発想は、少なくとも日本人には恐れ多くて出来ません。

 完全にニダくんの発想です。


9018


 賢明なるみんちゅくんは、これらの野蠻で野卑で卑劣極まりないニダくん系の言動の数々を、ヘイトスピーチ・ヘイトアクションと呼ばずして、きみたちは一体、何をもって、ヘイトスピーチ・ヘイトアクションと定義するのかな?

 R4姐さん、答えてご覧よ。

 清美姐さん、答えてご覧よ。

 ヨシフ兄さん、答えてご覧よ。

 オカラくんも、四党首デモ参加でホルホルしていないで、国会でキチンと中身のある議論、一度でもいいからしてみてご覧よ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9019



2015年9月 1日 (火)

そろそろ国連に圧力を仕掛ける時期




 
< 2015.08..30 産経新聞朝刊 >

9009
 ( 上記Web版掲載記事はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.29 読売新聞

 
中国・抗日式典への潘氏出席で国連、中立性強調

 
【ニューヨーク=水野哲也】潘基文国連事務総長の報道官室は28日、9月3日に北京で行われる「抗日戦争勝利70年」の式典に潘事務総長が出席することについて、コメントを出した。

 報道官室は「今年は人類の歴史の中で最も悲劇的な出来事である第2次大戦から70年となる」とした上で、「ポーランドやウクライナ、ロシアでの終戦を記念する式典にも出席してきた」などと説明。「広島市で行われた平和記念式典にも国連幹部を派遣した」ことにも触れ、中立性を強調した。

 コメントでは、「過去を鑑み、私たちが学んだ教訓に基づいて、どのように明るい未来に向けて進めるかを見つめることが重要」などと出席の理由を説明した。

 潘事務総長の式典出席については、日本の国連代表部が27日に国連事務局に「中立性を損なう行動」などとする懸念を伝えており、コメントは、日本の対応に関する報道各社の取材に報道官室が答えたものだ。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.29 Japan Times(kyodo News) >

 
U.N. chief cites learning from history as reason to attend Chinese war anniversary ceremony

 
NEW YORK – U.N. Secretary-General Ban Ki-moon, who is to visit China in the coming week to mark the end of World War II amid concerns from Japan about his trip, feels it is important to learn from history, the office of his spokesperson said Friday.

 “The secretary-general believes that it is important to reflect on the past, look at the lessons we have learned and how we can move ahead to a brighter future based on these lessons,” the office said in response to questions posed by Kyodo News. “That is why he is participating in the commemorative events in China, as he did at other ceremonies marking the end of the Second World War in Poland, Ukraine and Russia.”

 Following the announcement Thursday that Ban will visit Beijing at the invitation of President Xi Jinping, a Japanese Foreign Ministry official said Tokyo has told the United Nations that the world body “should take a neutral position on events that focus mostly on the past” and expressed “strong displeasure” with the U.N. chief’s attendance.

 His office also noted that Ban had sent his high representative for disarmament affairs to attend the Hiroshima peace memorial ceremony on the Aug. 6 anniversary of the atomic bombing by the United States.

 The ceremony on Thursday, the anniversary of what China calls the victory in its “War of Resistance Against Japanese Aggression and the World Anti-Fascist War,” will include a military parade through Tiananmen Square. A U.N. source said Ban would be present at the parade.

 While Prime Minister Shinzo Abe, U.S. President Barack Obama and the leaders of other major Western countries will skip the commemoration, Russian President Vladimir Putin and South Korean President Park Geun-hye are scheduled to attend.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 こう言うニュースを読まされるにつけ、つくづく、日本人は人が良すぎると思わざるを得ません。

 これだけコケにされても全然怒らないんですから。


> ポーランドやウクライナ、ロシアでの終戦を記念する式典にも出席してきた

 ポーランド( 2015.05.09 Vietnam通信 )とロシア( 2015.05.05 ZAKZAK )の式典には、パンくんご自身が出席したのは確かのようです。

 ウクライナの式典にパンくんご本人が出席したかどうかについては、ググっても、ヒットしません。

 日本の増すゴミ諸君って、本当に、正確できめ細かい報道が苦手です。


> 広島市で行われた平和記念式典にも国連幹部を派遣した

 パンくんご本人が出席するのと、たかが国連幹部諸君が出席するのでは、意味合いが全然違います。

 日本の増すゴミ諸君は、国連報道官の発言に、なんで猛烈に食ってかからないんでしょう。

 ただ、言われたことを記事にするだけだったら、こんな職業は誰にだって出来ます。

 ましてや、秀逸なレコーダー機器が巷に溢れ返っている昨今、この程度の文字起こしの記事に特化するなら、オジサンにだって出来ます。

 広島・長崎への人類史上初の原爆投下は、有史以来数え切れない程ある世界各地の戦争とは、全く意味合いが違います。

 たった1回のたった1発の原子爆弾が、瞬時に何十万の無辜の民を大虐殺してしまったのですから。

 このことを考えれば、パンくんは、ロシア・ポーランド・北京の式典に出るよりも、何よりも広島・長崎の70年式典にこそ、率先して参加すべきあったのですが、反日・嫌日・憎日・侮日家の世界的第一人者の71才児のニダくんには、何を言ったところで聴く耳はありません。

 所詮、ニダくんに、中立・公平を求めること自体が間違っているのです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ならば、綺麗事で中立・公平を装う国連に対し、国連出資額第2位の日本は、いつまでも良い子ちゃんを演じていないで、金銭面でジワジワと国連にプレッシャーをかけるべきです。


 
< 国連分担金の多い国、外務省HP
 
 
「2012-14年 国連通常予算分担率・分担金」(2014年)

9010

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 2015.08.26 産経新聞

 
日本の国連予算分担率、2桁割れか 中国が上昇

 
来年以降の国連予算で日本の分担率が10%を下回る可能性が高いことが国連分担金委員会の試算で25日分かった。日本は1983年から2桁を維持してきたが、最近は下落傾向にあった。日本とは対照的に中国の分担率の増加が著しい。

 日本が2桁割れとなる公算なのは、2016~18年の通常予算の分担率。試算によると、これまでの10.83%から9.68%に低下する。国別順位は米国に次ぐ2位を維持する。

 中国は5.15%から7.92%に上がる。順位も6位から3位に上昇する。日本は加盟国の中で最大の下げ幅、中国は最大の上げ幅となりそうだ。日本の分担率は00年の20.577%がピークだった。

 分担率は3年に1度改定。国民総所得(GNI)など経済指標を基に、先進国はさらに重く、発展途上国はより軽くする。中国は軽減措置を受けたまま分担率が上昇する。国連外交筋によると、100月以降、加盟国間の交渉が行われ、年末に確定する見通し。
(共同)


 上記は産経新聞に掲載された記事ですが、本文そのものは、共同通信くんの転載記事です。

 流石、反日・嫌日では、チョウニチくんとニダさまのNHKくんとトップ3を争う共同通信くん。

 中国の分担金が日本に肉迫してきたことが、嬉しくて嬉しくてたまらないようです。

 分担金算出基準の詳細が判りませんので何とも言えませんが、日本の分担金減額は、ここ3年の円安傾向が大分寄与しているとも推察出来ます。

 ともあれ、全く機能していない国連、もとい戦勝国連合( United Nations )に敗戦国日本が、いつまでも高額負担金を支払い続ける理由は、1つもありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ところで、この国連分担金。

 毎年、キチンキチチンと決められた通りに遅延なく支払いしているのは、日本だけだとか。

 米国でさえ、支払い遅延の常習犯。

 ましてや、分担金トップ10にさえ顔を出していないニダくんなんて、常習犯もいいとこ。

 こちらのブログに各国の滞納率が掲載されています。

 裏は採れませんが、これによりますと、ニダくんなんて滞納率は84%。

 アルくんも64%、

 観方によっては、巨額分担国日本がキチンと払ってるが故に、国連が回っているようなものです。

 なのに、パンくんのこの仕打ち。

 慰安婦問題も、クマラスワミ報告によって、言われ無き冤罪を国連によって押付けられている情況を鑑みますと、人が良いだけではもう済まされない段階に明らかに来ているんだと思われます。

 ここいらで、日本も堂々と、分担金支払い延滞連合に仲間入りすべきです。

 他の国が平然と何十年間もやり続けてるんですから、気にする必要なんてありません。

 いつまでも、害務省のプライドだけが高い無能役人諸君だけに、良い思いをさせてはなりません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
< 宮脇磊介著「騙されやすい日本人」2003年新潮文庫刊から >

 * 宮訳磊介:1932年生れ、東大法卒後、警察庁入庁。初代内閣広報官。
 

 
ガリブル・ジャパニーズ


 
「ガリブル( gullible )」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

 一九九〇年代後半から、欧米の識者が面と向かって口にはしないものの、日本ないしは日本人を評する時によく使われている言葉なのである。かなりの国際派と自他ともに認めている日本の財界人やジャーナリストでも、この「ガリブル」なる単語を知らない人は多い。

 彼らは、辞書を引いて驚くであろう。「偏されやすい。誰の言うことも何でも信じてしまう( easily deceived; willing to believe anyone or anything )」とある。

 実はこの言葉は、他人には聴かれないように使う、蔑みの言葉なのである。よく日本人を評して用いられる「ナイーヴ( naive 物事の本質がわかっておらず、無邪気でいる)」には、「可哀相なことに」という憐憫の情が込められているのに対し、この「ガリブル」は、はっきりと蔑み、嘲っている。

 しかし、今の日本/日本人を見れば、あまりにも言い得て妙の言葉ではなかろうか。

 今の日本国民は、自分に提供される情報に対して、信じられないほど無警戒である。

 ちょっと考えれば情報の評価・選別ができ、間違いない認識を得ることができるのに、情報に隠されている意図や思惑に気がつかない。あるいは、気づこうとしない。「情報」というものへの本質的な理解を、多くの日本人は欠いているのだ。

 情報を提供しようとする者には、必ず何らかの意図や思惑がある。「騙す」「煽動する」「錯覚させる」等々、さまざまな手段を弄して接近してくるのである。情報とはそういうものだとの認識と、それに基づく警戒心、そして情報を確認する作業の習慣が著しく欠け落ちている。情報に対し受動的なのだ。

 その結果、甘く、やさしく、耳に心地よい言葉や世間一般で権威あるとされている人の言葉に、他愛もなく騙され振り回されてしまう。悪徳商法やいかがわしい宗教団体の勧誘に心を奪われる人が後を絶たないことは言うに及ばず、企業のトップの人々までが、銀行温存のためには何でもありという国民無視の歪んだ経済論調を展開する経済記者やエコノミストの言葉を、無批判に、あるいは盲目的に受け入れてしまう状況は恐ろしいばかりだ。

 日本国民の一人ひとりが「情報」に強くなってそうした態度から脱却しない限り、日本/日本人は「ガリブル」と蔑まれ、自らの選択で墓穴を掘りつづけながら、世界の中での地位を下げつづけていくであろう。




 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »