« 日本全国が感動の嵐、稀勢の里逆転優勝、これぞ日本 | トップページ | 村田民進党忖度狂騒曲 »

2017年3月29日 (水)

浦安市長選、健全で全うな市民の大勝利




 
・2017.03.27 千葉日報
  <浦安市長選>内田氏が初当選


 
松崎秀樹前市長の知事選出馬に伴う浦安市長選は26日、投開票され、新人で前県議の内田悦嗣氏(52)=自民、公明推薦=がいずれも新人で前市議の、折本ひとみ氏(59)と岡野純子氏(38)を破り、初当選を果たした。投票率は45.20%で、前回の40.56%を4.64上回った。当日有権者数は13万2164人。

 
◆浦安市長選挙・開票速報(選管発表、午後11時10分確定、開票率100%)

 当選 内田えつし  27,448票
    折本ひとみ  16,312票
    岡野 純子  14,600票



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 3日前の日曜日、我が浦安市では、県知事選・市長選・市議補選のトリプル選挙デーでした。

 選管をはじめ、関係者の皆さまにおかれましては、開票作業夜遅くまでご苦労様でした。

 浦安市選管のHPによれば、かくなる3つの開票作業を当日の23時までに全て終わらせてるんですから、日本の選管ってある意味凄いです。

 昨年の米大統領選なんて、1億台の投票数とは言え、最終結果がでるまでには約2ヶ月近くかっかっていましたからね。

 で、浦安市民にとって、もっとも注目されたのが、市長選です。

 結果は、民進党に嫌気をさしている健全な浦安市民なら誰もが期待したとおり、保守の圧勝でした。

 内田悦嗣新市長、ご当選、おめでとうございます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それに反して、これで市長選挑戦は連続4度目の59才児・折本ひとみ姐さんにおかれましては、大変、お気の毒さまでした。

 まっ、これもあれも全ては、市議初当選以来、任期半ばで市議辞職・市長選立候補・市長選落選を、自分に投票してくれた有権者など一切顧みずに、自己都合だけで、3度も繰り返したきた報いと言えましょう。

 もっとも、今回の折本仁美姐さん落選の最たる原因は、前松崎市長がご自身の後継者として現役市議の岡野純子嬢(旧民主系)を指命したことが多分にあるのかも知れません。

 これによって、リベラル系折本票は、間違いなく分断されてしまいました。

 バリバリの保守系と思われている松崎前市長が、何故、旧民主系現役市議を後継者に指名したかは謎ですが(自民主流派と反主流派の跡目争い?)、ひょっとして、確信犯で松崎市長が岡野嬢を釣ることだけが目的だったとしたら(結果的にはそうなりましたネ)、千葉県知事選に立候補した前松崎市長と自公の戦略はお見事と言うしかありません。

 多選批判で、次期6選目はないと踏んだ前松崎市長。

 置き土産は、59才児の浦安政界の問題児・折本ひとみ姐さんを、何が何でも落選させることだった。

 果たして、真相は如何。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
折本ひとみ姐さん、市長選、得票結果推移


 ・得票数、(  )内:得票率, %

  
2017年 16,312票( 27.95% )

  2014年 18,608票( 36.64% )

  2010年 23.386票( 41.53% )


 ・総投票者数、(  )内:投票率, %

  2017年 59,736( 45.20% )

  2014年 50,785( 40.56% )

  2010年 56,307( 45.06% )



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 折本ひとみ姐さん、出馬するたびに得票数も得票率も下げ続け、当然のことながら出馬する度に齢も重ね、遂には見目麗しき折本ひとみ姐さんも、3人の立候補者中、今回は最年長での出馬となってしまいました。(選挙ポスターのご尊顔は前回とクリソツでしたけれどね)

 彼女、4年後も、5度目の市長選立候補があるんでしょうか。

 その前に、2年後の市議選、過去3度、任期を一度も全うしたことがない彼女に、4度目の市議選立候補があるんでしょうか。

 立候補することで多幸症になれるらしい折本ひとみ姐さんのことです。

 トランプ大統領とて70歳で初当選です。

 いつまでもお元気で、市議選・市長選にチャレンジして下さいませ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 閑話休題。

 知事選に立候補なさった前松崎市長。

 地元浦安での得票数だけはダントツでした。


 ( 2017.03.27 産経新聞朝刊 )
4422

 
・2017.03.26 浦安市選管HP
  千葉県知事選挙開票結果


  
森田健作 19,103票
  松崎秀樹 37,096票



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後に2議席を争った市議補選は、5名(民進1無所属4)の立候補者中、女性お二人が当選で、男性陣3名は全員が撃沈と言う結果に。

 当選した女性お二人のうち、お一人が民進党公認で、市長選に回った岡野嬢の後釜です。

 自公が候補者を出さなかったため、民進党には楽勝の選挙だったと思われますが、それでもトップ当選を果たせなかったのは、何とも。


 
・2017.03.26 浦安市選管HP
  市議補選選挙開票結果


 
当選 芦田 よしえ    15596票
 当選 よしい 由美    13575票 ← 民進党公認
    さいとうあきら  9258票
    いわお 洋輔     6828票
    おざわ 松彦   6200票



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 3つの選挙が重なることは滅多にないでしょうが、総じて、森友騒動の影響は全くなかった選挙戦だったかと考えます。

 と言うより、ウグイス嬢の声もいつになく煩くはなかったですし、県知事選も市長選も、戦い前から保守の圧勝、市議補選は保守系の出馬がなかったのでどうでもよかった、というのが正直なところでしょうか。

 浦安市民にとっては、選挙よりも、この4月にオープンする音楽ホールに圧倒的な関心を寄せているのかも知れません。


 
・2017.01.01 浦安市HP
  この春、浦安音楽ホールがオープンします
 

 
4月8日、新浦安駅前に「浦安音楽ホール」がオープンします。このホールは、〝響き〟にこだわった音楽専用ホールで、世界で活躍するさまざまなアーティストが出演するだけでなく、市民の皆さんに大いに利用していただき、「音楽・芸術」の創造、育成、交流の拠点となっていきます。

4423
 4月08日(土)開館記念式典

 4月14日(金)こけら落としコンサート【諏訪内晶子氏(バイオリン)】

 4月29日(土)ピアノ開きコンサート【仲道郁代氏(ピアノ)】



 

« 日本全国が感動の嵐、稀勢の里逆転優勝、これぞ日本 | トップページ | 村田民進党忖度狂騒曲 »

浦安点描」カテゴリの記事