« 東京の桜が満開 | トップページ | 差別被害者ビジネス仕掛人のプロ達(その2) »

2017年4月 5日 (水)

差別被害者ビジネス仕掛人のプロ達




 
・2017.04.02 FOX News
  Trump ready to address North Korea nuclear program with or without China



 
・2017.04.03 BBC News
  Trump ready to 'solve' North Korea problem without China


 
> Mr Trump's brief comments, published just days before the key meeting with Mr Xi at Mr Trump's Mar-a-Lago resort in Florida on Thursday, are the latest in a series of warnings over North Korea's nuclear development.


 
・2017.04.03 FOX News
  Japan envoy recalled over statue flap to return to S. Korea



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ロイターが日本の外国人差別を謳った署名入り記事を嬉々として世界に配信していらっしゃいます。

 お書きになったのは、ご存知あの " Minami Funakoshi " 姐さんです。


 
・2017.03.31 Reuters
  Foreigners in Japan face significant levels of discrimination, survey shows


 
 Google の機械翻訳でも、船越譲の仰りたいことは充分判りますので、一度覗いてみて下さい。

 笑っちゃうのは、上記英語版配信記事とロイター日本語版の記事の具体的中身がまるで違ってる点です。


 
・2017.03.31 ロイター日本語版
  入居断られた経験のある外国人は約4割、法務省調査

  ( こちらは宮崎亜巳の書名入り記事 )


 BBCにしろCNNにしろ、同じ題材を扱った場合、英語版と日本語版で多少の言い回しの違いはあっても、記事の具体的内容が異なることは殆どありません。

 でも、世界でもトップクラスの反日通信社ロイターくんにおかれましては、英語版は思いっきり日本を貶める記事、日本語版はまぁそれなりの記事に仕上がってしまうことが、間々、散見されます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回の場合は、最初に宮崎亜巳さんの日本語版記事があって、それに基づいて英語版記事は、" Minami Funakoshi " 姐さんが、知らせたくない部分は適当にごまかして、ただただ、日本を悪に仕立て上げたくて、世界配信用の恣意的な記事に仕上げた、と言うのが実態でしょう。

 例えば、アンケート回答者の国籍に関する部分はこうです。

 
 
by Ms. Minami Funakoshi

 
Of the 18,500 foreign residents contacted, 4,252 responded. More than half of them were Chinese and Korean, and more than 40 percent had lived in Japan for more than a decade.

 
by 宮崎亜巳

 
調査では、無作為に抽出した1万8500人の在留外国人に調査票を送り、4252人から回答があった。

 回答者の国籍で多かったのは、中国(32.5%)、韓国(22.1%)、フィリピン(6.7%)、ブラジル(5.2%)、ベトナム(4.8%)など。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ちなみに、2017.03.31付毎日新聞によりますと、国籍別回答者の人数内訳は、以下の通りです。

 
調査は昨年11~12月、18歳以上の中長期の在留資格を持つ外国人や在日韓国・朝鮮人などの特別永住者ら1万8500人を対象とし、4252人が回答した。東京都港区、札幌市、横浜市、名古屋市、大阪市、福岡市など全国37自治体と協力して実施

 回答者の国籍・出身地域別は最多が中国32.5%(1382人)で、韓国22.1%(941人)、フィリピン6.7%(285人)と続いた。



 そもそも、最初の無作為抽出1万8500人の国籍別内訳は、どうだったのでしょうか。

 今の日本には、アルくんとニダくんの定住者が圧倒的に多いことは認めざるを得ませんが、無作為抽出となると、欧米人だって相当数日本に住んでますから、有効回答者上位5ヶ国に、せめて、アメリカが喰い込んできてもおかしくないと思うんですが。

 
> 札幌市、横浜市、名古屋市、大阪市、福岡市など全国37自治体と協力して実施

 この部分に、アンケート開始前から、作為的なものを感じてしまうのはオジサンだけでしょうか。

 回答率が23%なのに、有効回答のうち、アルくんとニダくんだけで55%も占めているのも、大変気にかかります。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
ロイター記事、日本語版と英語版の違い、続き


 
by Ms. Minami Funakoshi

 
almost a quarter were denied jobs in the past five years
 ( 過去5年間で4分の1が雇用を拒否された )

 
by 宮崎亜巳

 記述無し

 *******

 
by 宮崎亜巳

 
店やレストランなどの入店やサービスの提供を断られた経験について聞いたところ、92.2%が「ない」と答えた。「よくある」が0.4%、「たまにある」が5.8%だった。

 
by Ms. Minami Funakoshi

 上述部分は一切カット


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 " Minami Funakoshi " 姐さんのご尊顔はこちらです。

4480
 
Reuters reporter in Tokyo covering economics and immigration.( 出典は彼女のTwitterから )


 英語でご商売なさってる位ですから、多分、英語圏でのご生活はおありなんでしょう。

 となりますと、彼女、本気で、日本の外国人差別の実態は酷杉、と実感なさってるんでしょうか。

 少なくとも海外生活のご経験がおありなら、国連加盟国193ヶ国中、日本はダントツで最も差別の割合が少ない国であることを、如何に日本憎しであろうとも、日本の素晴らしいこの現実をお判り頂けないようでは、日本人としてお暮らしになっている以上、自己矛盾はお感じにならないんでしょうか。

 お若いのに、かくも平気で、" Hate Japnaese " 的記事がお書きになれると言うことは、うぅ~ん、どこか、屈折していらっしゃるんでしょうね。

 ” Minami Funakoshi ” 姐さんにおかれましては、是非とも、特亜3ヶ国のいずれかの駐在員をリコメンド致します。

 正真正銘の本物の差別と言うものが、こんな生ぬるい類いの物ではないことを、思う存分、嫌という程、ご体験して頂きましょう。

 それ以前の問題として、程度の差こそあれ、差別は世界各国どこの社会にも実在していることを ” Minami Funakoshi ” 姐さんは、どの程度ご自覚なさってらっしゃるのかどうか、是非とも、ロイター紙上でご披露頂きたいものだと切にお願いする次第です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 似非ヒューマニストの皆さまの絵空事かつ綺麗事オンリーのご主張は、全世界のリアルな現実を目の前にして、もう、頭を垂れるしかないと思うんですが。


4481  https://twitter.com/MinamiFunakoshi/status/801032357532692481


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 差別の当たり屋の実態を充分に想定させる記事を、前衆院議員杉田水脈さんが、タイミングよく産経新聞に発表されておりました。

 問題点提起と備忘録の観点から、長文になりますが転載しておきます。


 
・2017.04.02 産経新聞
  【杉田水脈のなでしこリポート(26)】森友学園に絡む左翼勢力は、反基地闘争や反日プロパガンダと1本の線でつながるのです


 
50日もの長きにわたり国会の委員会とテレビのニュース情報番組を「ジャック」してきた森友問題もそろそろ終焉に近づいてきたようです。昭恵夫人と森友学園理事長の妻・籠池諄子氏のメールが全文開示され、火種は民進党に飛び火しています。

 インターネット上では、メールの中に書かれた辻元清美代議士の行動や背景を報道しないマスコミの隠蔽体質について非難する声が上がり、さすがのテレビや新聞も無視することができなくなってきたようです。が、未だ辻元氏が幼稚園に行ったかどうかといった表面的な報道に過ぎず、その背景について深入りはしていません。

 今回の件、表に立って目立つ「民進党」はあくまでも隠れ蓑です。

 まず、学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」について。もともと国有地であった土地を平成22年3月に豊中市が購入。国との契約金額は14億2386万3000円でしたが、計14億262万円の国庫補助金などを得て、最終的に市の負担は2124万3000円であることが確認できます。これは民主党政権発足から間もない時期で、辻元清美氏はこの年の5月まで国交副大臣でした。当時、彼女は民主党ではなく、連立を組んでいた社民党に所属していましたが、社民党の連立離脱に伴い7月に社民党に離党届を出し、8月に受理されています。そして9月には民主党に入党するのですが、彼女の支援団体は社民党の頃からほとんど変わっていません。今回メールの中に出てくる「関西生コン」との関係も社民党時代から継続しているものです

 「関西生コン」は正式名称を「連帯ユニオン関西地区生コン支部」と言い、関西を拠点にする労働組合です。もともと日本共産党の影響が強い全日本運輸一般労働組合(運輸一般、現・建交労)に加盟していましたが、闘争方式を巡り党と対立、運輸一般を脱退して独立し、現在は社民党や新社会党の支持団体となっています。本人は献金以外の関係を否定していますが、辻元清美氏の地元の強力なバックとみられます。今年の新春旗びらきでは、社民党の福島瑞穂副党首とともに彼女が挨拶をしています。

 その連帯ユニオンのホームページを見てみると、関西に拠点を置く労組にもかかわらず、沖縄で行われたデモなどの活動報告が目立ちます。

 ここに一枚のチラシがあります。

 東京MXテレビの番組「ニュース女子」の問題で、BPOに内容の審議を申し立てた辛淑玉氏が出演した大阪で開催されたシンポジウムの案内です。連帯労組関西生コン支部委員長がパネリストとして辛淑玉氏と名前を並べています。沖縄の基地反対運動と森友問題に絡んだ左翼勢力が一本の線でつながります。

 辛淑玉氏はヘイトスピーチに反対する目的で作られた団体「のりこえねっと」の共同代表です。のりこえねっとの共同代表は全部で23人。上野千鶴子(東京大学名誉教授)、宇都宮健児(前日弁連会長)、佐高信(評論家)ら著名人に交じって、部落解放同盟中央書記長、前部落解放同盟中央本部書記長らも名前を連ねています。今年3月にジュネーブで行われた国連人権理事会において、「(高江の基地移設反対運動のリーダーと言われている)山城博治を早く釈放しろ」「日本において少数民族である韓国人が、『ゴキブリ』と言われ差別されているのに、日本政府は何もしない」と訴えた前田朗東京造形大学教授も、のりこえねっと共同代表の一人です。

 改めて、社民党の支援団体を見ていくと、自治労や日教組、全労協などの労働組合と部落解放同盟などの同和関係の組織が中心となっています。また、沖縄県は社民党の唯一の票田でもあります。

 先日保釈された沖縄の平和活動家・山城博治氏は、沖縄平和運動センター議長という肩書を持っていますが、この沖縄平和運動センターの構成員の多くが社民党。その山城氏の後援会の運営資金の多くは社民党からの寄付で賄われています。また、山城氏は2度参議院選に立候補しており、1回目は社民党推薦、2回目は社民党公認で比例名簿の2位という位置づけでした。この時、部落解放同盟全国連合会は、「参議院選挙の比例区は 山シロ博治」と書くよう方針決定し、呼びかけを行っています。

 この山城氏の釈放を訴えたアムネスティの声明文を読み上げたのは、バンクーバー9条の会の乗松聡子氏です。1月31日付の沖縄タイムス、琉球新報には雨の中で声明文を読み上げる彼女の姿が掲載されています。拙著「慰安婦像を世界中に建てる日本人たち」の中で、カナダのバンクーバーで「うりずんの雨」という沖縄の基地反対運動を美化する映画が上映されていたことを書き、彼女の活動を紹介しています。この映画の中には日本のNPO法人「女たちの戦争と平和人権基金」が運営する「女たちの戦争と平和資料館」が出てきます。慰安婦問題のユネスコ登録の主導権を握っている団体ですが、この資料館がある住所が「西早稲田2-3-18」、左翼の巣窟と呼ばれるところです。

 月刊「Hanada」5月号の中で、西岡力麗澤大学客員教授が、辛淑玉氏の履歴と活動歴をまとめています。彼女は2000年、当時の石原慎太郎都知事の「三国人発言」に対して「在日コリアンに対する侮辱」とレッテル張りをし、「石原やめろネットワーク」という市民団体を立ち上げています。この「石原やめろネットワーク」の本部も「西早稲田2-3-18」で登録されていました。沖縄問題や在日問題、そして慰安婦問題もまた一本の線でつながるのです。

 2015年7月、国連の女子差別撤廃委員会の準備会合に初めて参加し、日本から参加している日弁連をはじめとするNGOの反日発言に驚きました。中でも一番びっくりしたのが、「日本には激しいマイノリティ差別がある。アイヌ民族、同和部落、在日韓国人・朝鮮人、そして琉球民族だ」という発言です。そのような差別を日本での生活の中で実感したことがありません。まさに自ら差別を作り出す「被害者ビジネス」だと感じました。

 これらの
マイノリティ差別を利用した被害者ビジネスを国内で実施している人たちも、慰安婦問題などの反日プロパガンダを世界で広げる人たちもすべてつながっているという事がお分かりいただけたと思います。

 その最大のノイジーマジョリティである社民党、共産党が、マスコミを利用して世論を扇動したのが今回の森友問題であると言えます。
その背後に存在するのは、在日団体や部落解放同盟です。森友問題、アパホテルやニュース女子に対する攻撃。組織は複雑に絡み合っていますが、やっている人間は同じなのです。



« 東京の桜が満開 | トップページ | 差別被害者ビジネス仕掛人のプロ達(その2) »

半島人」カテゴリの記事