« イザというときには憲法より超法規的措置 | トップページ | これぞご本家、ニダニダ劇場 »

2017年5月 2日 (火)

懲りない教師諸君の飲酒運転と無免許運転




4852
4853
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.04.06 産経新聞
  酒気帯び疑いで中学教諭逮捕 付近の住民が通報「ぶつかる音がした」島根


 
島根県警浜田署は6日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県浜田市周布町の中学教諭(38)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6日午前1時45分ごろ、同市周布町の市道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。

 浜田署によると、同日午前1時50分ごろ、付近の住民が「止めていた車にぶつかる音がした」と110番。軽乗用車2台が破損しており、署員が、近くにいた教諭の呼気検査をしたところ、基準を超えるアルコールが検出された。車は約100メートル離れた場所に止めてあった。



 
・2017.04.07 2ch
  先生が歓迎会後にタクシーで‥学校に戻り自分の車で飲酒運転帰宅中に路駐の軽2台にぶつかる 警察は酒を飲んだ詳しい経緯調べる・島根


 *1次ソースはNHKニュース(リンク切れ)
  http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/4035364851.html 

 
6日、浜田市の市道で、酒を飲んで乗用車を運転したとして 市内の中学校教諭が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、浜田市立第三中学校の教諭で浜田市周布町の藤野孝之容疑者(38)です。 警察によりますと、藤野教諭は6日午前1時45分ごろ、浜田市周布町の市道で 酒を飲んで乗用車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いがもたれています。

 警察によりますと、藤野教諭が運転する乗用車が市道に駐車中の軽乗用車2台に衝突する事故を起こし、 警察官が調べたところ藤野教諭から基準値の呼気1リットルあたり0.15ミリグラムを超える アルコールが検出されたということです。 警察の調べに対し、藤野教諭は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

 浜田市教育委員会によりますと、5日夜勤務先の歓迎会があり藤野教諭も参加し、 帰宅する際にタクシーで学校まで行き、とめてあった自分の車を運転して帰る途中だったということです。警察で酒を飲んだ詳しい経緯など調べています。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
> 5日夜勤務先の歓迎会があり藤野教諭も参加

 4月5日は平日ですから、いくら教師諸君でも、この歓迎会は17時スタートは考えにくく、常識的には18時 or 19時のスタートです。

 となりますと、それから延々と午前さまになるまで呑んで、結果的には交通事故を起して飲酒運転で捕まったってことになります。

 
> 帰宅する際にタクシーで学校まで行き、とめてあった自分の車を運転して帰る途中だった

 余程、タクシー代が惜しかった?

 > 同日午前1時50分ごろ、付近の住民が「止めていた車にぶつかる音がした」と110番

 延々6時間近くも呑んで、揚げ句の果ては、追突事故。

 38才児ですかぁ。

 きっと飲酒運転は常習犯。

 教師である前に社会人として、もう、ww

  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それにしても、容疑者の勤務先である浜田市立第三中学校のHPが凄いw

 「浜田三中生徒会人権宣言」なんてものが、恥ずかしげもなく堂々と掲載されています。

 生徒諸君、きみたち、本当に「人権」について判っているのかな?

 だったら、きみたちの学校には、虐めは絶対ないよね。


 
・浜田三中生徒会人権宣言
  http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1449800519650/index.html

 
浜田三中では、2009(平成21)年に、当時の生徒会が、人権宣言を作成しました。

 ニコニコフォーラム(人権集会)のたびに、この宣言を唱和して、思いを共有しています。


4854

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.04.19 北海道文化放送
  なぜ見抜けなかった? パトカーから逃走 逮捕の中学校教師 2年前から"無免許"通勤 北海道


4855

 
法令順守を教えるべき立場の教師が、無免許運転の疑いで逮捕、送検されました。北海道北見市の中学校教師の男は2015年、免許を取り消された後も車に乗り続け、通勤にも使っていたということです。

 記者:「午前9時20分です。阿部容疑者がうつむきながら車に乗り込んでいきます」

 4月19日送検されたのは、北見市立北中学校教師、阿部公憲容疑者(40)です。

 阿部容疑者は17日、北見市端野町の道道を無免許で運転した疑いのほか、警察官の職務質問から逃れようと住宅の敷地内に逃げ込み、住居侵入の疑いが持たれています。

 警察によりますと、阿部容疑者は2015年8月に度重なる交通違反のため、免許を取り消されていました。

 記者:「阿部容疑者は、免許が取り消されたあとも、1年半にわたって無免許の状態で通勤していたということです」

 中学校では車通勤の場合、毎年4月に免許証のほか違反歴を確認していますが、阿部容疑者は虚偽の申告をしていて、学校側は気が付かなかったといいます。

 記者:「Q.無免許について」

 北見市北中学校 竹村博英校長:「まったく知らなかった。(毎年)公用車使用届けを出します。本人からの口頭確認で処理した」

 阿部容疑者は、中学校でバスケットボール部のコーチをしていて、生徒からも人気があったということです。

 北見市北中学校 竹村博英校長:「指導力の高い先生。非常に人気の高い先生。非常に重大な事案と受け止め、重く反省している」

 中学校では、全校集会を開いて生徒に経緯を説明したほか、20日には保護者説明会を開く予定です。

 警察は、阿部容疑者が日常的に無免許運転を繰り返していたとみて捜査しています。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 校長先生のお言葉、笑っちゃいますよね。

 
> 指導力の高い先生。非常に人気の高い先生

 だから、どうしたと、仰りたいんでしょう。

 2年間も無免許を見抜けなかった管理者としての責任には、どう、対処なさるのですか。

 本当は、確信犯で、学校ぐるみで無免許を見逃してあげてたりしていてw

 
> 中学校では車通勤の場合、毎年4月に免許証のほか違反歴を確認しています

 > 本人からの口頭確認で処理した


 これが本当だったとしたら、学校側のチェック時に、当該容疑者は偽造免許証を提示していたってっこと?

 教師諸君の免許証も違反歴も、警察に問い合わせさえすれば、一発で確認出来たはずです。

 それをせずに、慣れ合いのチェック体制で済ませているってことは、教育委員会も含め、教師諸君の業界は、皆がグルってことでラベリングして宜しいですか?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.04.25 2ch
  居酒屋で日本酒を5合飲み飲酒運転 → ガス欠 → 飲酒歩行中に職質され酒気帯び運転認める → 懲戒免職 甲州市教育委員会課長補


 *1次ソース:NHKニュース(リンク切れ)
  http://jump.2ch.net/?http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/1045864921.html

 
今月、酒気帯び運転の疑いで書類送検された甲州市教育委員会の59歳の課長補佐について 甲州市は、24日付けで懲戒免職の処分としました。

 懲戒免職になったのは、甲州市教育委員会生涯学習課の荻原宗課長補佐(59)です。 甲州市によりますと、課長補佐は今月10日の夕方から夜10時ごろにかけて 長野県茅野市の居酒屋で日本酒を5合ほど飲んだあと、甲州市内の自宅に帰ろうと 軽乗用車を運転したということです。

 しかし、山梨市内の国道140号線で燃料がなくなったため、車を道路脇に止めて 歩いて自宅に向かっていたところ警察官に職務質問され アルコール検査の結果、酒気帯び運転を認めたということです。

 その後、課長補佐は酒気帯び運転の疑いで書類送検されました。

 甲州市によりますと課長補佐は、平成23年にも酒気帯び運転の疑いで警察に検挙され、停職6か月の処分を受けていたということで、市の調査に対し「軽率だった」と話しているということです。

 甲州市は「未然に防げなかったことは大変残念で、今後指導を徹底し信頼回復に向けて全力で取り組みたい」 としています。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
> 軽率だった

 一度、停職6ヶ月の懲罰を受けているのに、軽率だったもなにもありません。

 勤務地ではなく、他県である茅野市にまで車で出向いて、日本酒を5合も呑んで、再び車で帰ってくる。

 常習犯でなければ出来ないことです。

 甲州市のコメントもこれまた情けない。

 
> 未然に防げなかったことは大変残念で、今後指導を徹底し信頼回復に向けて全力で取り組みたい

 初犯ならまだしも、2度まで、堂々と飲酒運転を遣らせておいて、「今後指導を徹底ウンタラカンタラ」などと、よく言えたものです。

 甲州市に限らず、地方自治体って、労使双方、なぁなぁの世界で回っている?

 或いは、なぁなぁの世界でなければ、回らない?

 だから、平気で、民進党の応援団になれるのかも知れません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4856
  出典:「連合」構成組織一覧から(2017.04.19現在)
 http://www.jtuc-rengo.or.jp/about_rengo/data/kouseisoshiki_ichiran.pdf?0819


4857



« イザというときには憲法より超法規的措置 | トップページ | これぞご本家、ニダニダ劇場 »

半島人」カテゴリの記事