« アルくんネタ、アレコレ | トップページ | 中国政府によるジェノサイドは何故批判されないのかな? »

2017年9月10日 (日)

ちゃんちゃら可笑しい教育関係者諸君の言い訳(その17)




5913
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.08.30 産経新聞
  富山県教委、公立学校6教員が無免許 更新期限の勘違いや免許状の失効で


 
富山県教育委員会は30日、県内の公立学校教員の男女6人が、教員免許が有効でないまま最長で約5年間勤務していたと発表した。県教委は確認が不十分だったとして、採用を担当した職員など計8人を文書訓告とした。6人は失職したが、免許を更新し、採用試験を受け直して合格すれば復職できる。

 6人は県内の公立小中学校や県立高校、県立特別支援学校に勤務。うち3人は更新期限の勘違いなどで免許状が失効していたことが判明した。残り3人は免許状を有効にする手続きを行っていないまま採用されており、県教委は採用時期にさかのぼり採用無効とした。

 県教委が免許状に関してデータを集めていて発覚した。教員の勤務状況や授業内容などから総合的に判断した結果、
行われた授業は有効だったとしている。

 県教委は「
過去にない事態だ。教員への制度の周知を徹底し、採用時のチェックも厳格にしたい」としている。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 父兄「無免許だった6名の教師の氏名と勤務先学校名を、今すぐ、公表して下さい」

 教委「それは出来ません」

 父兄「何故ですか」

 教委「生徒達が動揺するからです」

 父兄「無免許教師であることさえも知らされずに、ずっと彼等に教えられていた生徒の親である私達父兄と致しましては、いい加減で杜撰な県教委の対応により、子供達の教育を受ける権利が明らかに毀損されと考えます。直ちに、県教委と当該学校長からの生徒一人一人と父兄への謝罪を要求します。無免許教師の氏名も学校名も公表しないなんて、私達をあまりにも、馬鹿にし過ぎです」

 教委「そんな無理を仰らないで下さい」

 父兄「何が無理なんですか」

 教委「教師名と学校名を夫々、公表することです」

 父兄「だって、私達の子供達は教員免許さえ持っていない先生に教えられていたんですよ。医者に例えるなら、医師免許を持っていない医者に診てもらったことと寸分違いません。私達をあまり見くびらないで頂きたい」

 教委「まぁまぁ、そう仰らずに、少し冷静になって下さい。無免許とは言っても、過去には教員免許を取得していたことは明らかですし、たまたま、更新し忘れた先生方ばっかりなんですから、その点はご了解頂きたいと存じます」

 父兄「たまたま、更新し忘れただけですってェ。となりますと、5年間も運転免許証の更新をうっかり忘れていたと主張する人が、無免許運転で捕まったとしても、県教委の正式見解としては、情状酌量の無罪放免にすべきだとのお考えなんですね」

 教委「問題を飛躍させ過ぎです」

 父兄「だって、うっかり更新し忘れたと主張したところで、どちらも無免許は無免許です。日本は法治国家ですから、運転免許証のケースだったら間違いなく逮捕されます。なのに、教員免許の場合は、社会的制裁も受けずに、県教委の恣意的判断だけで済んでいる。諄いようですが、どうして無免許教師諸君だけは、社会復帰が可能なんですか」

 教委「彼等はたまたま更新し忘れただけで、これまでの勤務状況や授業内容には特段の支障はなかった、と判断出来たからです」

 父兄「なら、問題を起した教師諸君のこれまでの勤務状況と授業内容だけでも公表して頂けませんか。でないと、子供達も我々父兄も、このまま安心して授業は受けられません」

 教委「それは、彼等の勤務評定を公表するに等しいことになりますので、ご要望にはお応え出来ません」

 父兄「だったら、法定通り教員免許を有して授業していた先生と、無免許で授業をし続けていた先生と、どちらも、子供達の学力には、これっぽっちも差が生じていない証拠を、今すぐ、ここで、ご提示願います」

 教委「私達、県教委と学校の先生方を信頼して下さい」

 父兄「信頼ですとぉ。採用時のチェックさえ怠っていた県教委をどうやったら信頼出来るんですか。無免許であることを隠していた先生を、それをチェックもせずに平気で授業をさせていた学校側を、どう信頼せよと言うんですか」

 教委「まぁ、そう、カッカなさらずに」

 父兄「今回無免許が明らかになった方々は、日教組や全教組加盟の先生方ですか?」

 教委「お答え出来ません」

 父兄「無免許教師諸君の退職金や共済年金支給の事を配慮して、県教委が彼等をウルトラ忖度しているのは明々白々です。民間社会ならこんなことは通りません。ひょっとして、民進党と日教組や、共産党と全教組に、脅迫された結果が、今回の優遇措置に至ったのではありませんか」

 教委「そんなことは絶対にございません」

 父兄「証拠は?」

 教委「私達を信じて下さい」

 父兄「信じられません」

 教委「ならご自由に」

 父兄「県教委は説明責任を果たしていません。今すぐ、全員、辞任なさるべきです。今すぐ、生徒と父兄全員へ、謝罪と賠償を要求すます」

 教委「民進党や中朝韓と同じようなことを仰らないで下さい」

 父兄「・・・・」

 教委「私達教育関係者はこれでも日本人なんですから」

 父兄「つまり、授業は塾任せで、確信犯で自虐史観の反日教育に徹している「反日日本人」ってことですね」

 教委「今仰ったことは、明らかに人権蹂躙です、シャベチュです、ヘイト・スピーチです。即、訴えてやる」

 父兄「キムチ、毎食、食べていらっしゃる?」

 教委「仰ってる意味が判りません」

 父兄「確か日教組は、チュチェ思想マンセー集団でしたよねェ」

 教委「もうお引き取り下さい」

 父兄「朝は、納豆に卵焼き、シャケに焼き海苔におみそ汁に炊き立ての御飯、美味しいんですけどねぇ」

 教委「一番はキムチ、ニダ」

 父兄「やっぱり福澤諭吉先生は正しい。話し合い1つ、成立しないことが、よぉ〜く判りました」

 教委「オモニ前なんとかさん、民進党代表当選、マンセー。不倫を秘所の所為にした幹事長落ちた、民進党死ね山尾姐さんも、マンセー」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.08.28 産経新聞
  中学教諭を懲戒免職、わいせつ行為の疑いで逮捕…特殊詐欺犯に口座提供で発覚


 
石川県教育委員会は28日、18歳未満の少女にわいせつな行為をしたなどとして、県警に逮捕された同県珠洲市立緑丘中の岸田薫教諭(27)を懲戒免職処分にした。地方公務員法(信用失墜行為の禁止など)に違反すると判断した。

 岸田教諭は県教委に「生徒や保護者などを裏切る行為をしてしまい、大変申し訳ない」と話している。

 県教委などによると、岸田教諭は自分の銀行口座を特殊詐欺グループに譲り渡したとして、1日に犯罪収益移転防止法違反などの疑いで書類送検された。県警が押収した携帯電話やメモから、少女へのわいせつ行為も発覚。同日、いしかわ子ども総合条例違反の疑いで逮捕された。

 県教委の田中新太郎教育長は「
誠に遺憾。深くおわびする。あらゆる機会を通じて厳しく指導し、再発防止に努める」とコメントした


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5914



« アルくんネタ、アレコレ | トップページ | 中国政府によるジェノサイドは何故批判されないのかな? »

半島人」カテゴリの記事