« 民主党もとい民進党「笑韓劇場」最新版 | トップページ | 攻守逆転を期して頑張れ安倍総理 »

2017年9月 4日 (月)

日本の国会議員が全く使い物にならない5つの理由




 
・2015.09.17 産経新聞
  【緊迫・安保法案】参院特別委で可決 自民、公明など賛成多数 鴻池委員長解任否決の直後に採決


5886
 ピンク:福島瑞穂タン(当時59才児)、グリーン:民進党・牧山広恵姐さん(当時50才児)


5887
 
( 参院平和安全法制特別委員会で可決された安保法案。鴻池祥肇委員長に詰め寄る野党議員ら=2015.09.17午後、国会・参院第1委員会室 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
① 当選しさえすれば、何を遣っても or 何もしなくても、糞味噌でも国会議員でいられること


 国会議員を米語では、" lawmaker " 、つまり、法律を作る人としています。

 日本では、この " lawmaker " なる言葉ほど、日本の国会議員には相応しくない言葉はありません。

 日本の国会議員は、" lawmaker ? "

 いいえ、断じて、違います。

 日本の国会議員の殆どは、法律を作れる程の知識も能力も全く有しておりませんし、法律作成過程における議論の作法さえも弁えておられない情けない実情です。

 日本の国会議員を敢えて英語に例えるとしたなら、" critic(批評家)" でしょう。

 Japanese lawmakers can not make constructive discussions.

 They can do just criticize.


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
② 話し合いそのものが出来ないので、次期改選時まで彼等がお遣りになれることは、党内の権力闘争・派閥争いだけで、国民のことなど全く念頭にないこと


 民進党の代表選争いはその典型です。

 彼等の眼中に国民のことなんか一切ありませんでした。

 それが証拠に、2016年3月27日の党名ロンダリング以来、僅か1年半の間に、3人目の代表が誕生しました。

 自民党とて偉そうなことは言えません。

 安倍政権の支持率が下がったとみるや、ここにきての、安倍下ろしを主眼とした「明日を創る会」の立ち上げ。(2017.08.25産経新聞

 中国海軍の領海侵犯・中国爆撃機の日本上空偵察飛行・北朝鮮の日本に向けたミサイル発射が常態化しまくっている上に、ここに来ての北朝鮮核実験の脅威。

 真摯に取り組んでいるのは政権幹部だけで、ただ批判を繰り返しているだけの野党はもちろのこと、政権与党でさえ、国防には一切興味を示していないと批判されても仕方のない、この体たらく。

 この戦後最大の国難の今、具体的な防衛対策を確信犯で議論しようとしない or 確信犯で能力・知識不足から防衛議論が全くお出来にならない日本の国会議員諸君。

 きみたちが、今、お遣りになってることは、李氏朝鮮末期の結局は国を崩壊に導いてしまった両班と、一体、どこが違うのかな?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
③ 日本の国会議員の癖に、中朝韓が絡んでくると、日本をどうしても肯定出来ずに、全否定で臨んでしまうこと

 
 この世に、善100%の人間なんて存在する訳がありません。

 どんな人間でも、仮令、表に出ずとも、心の中に悪は住みついています。

 善悪、両方、抱えているからこそ、人間なんです。

 でなかったら、神、です。

 国家とて同じです。

 善100%だけの歴史を持った国なんて、有史以来、この地球上には存在しません。

 戦争をしなかった国、或いは、トラブルを紛争で解決しなかった民族も、この地球上には存在しません。

 なのに、中朝韓にクレームを付けられる度に、日本を全否定し、中朝韓に味方する国会議員が、悲しい哉、多数、存在します。

 彼等が自分が住んでいる国に愛着や誇りを持てないのは何故?

 そんな彼等は、仮に自分の家族の誰かが、法律で裁かれるような悪事を仕出かしたら、同じように、自分の家族でさえ全否定し、完全に突き放すような態度をお取りになるんでしょうか。

 徴用工問題しかり、関東大震災の朝鮮人虐殺風評問題しかり。

 おなじみの反日国会議員が、またぞろ、日本を全否定してお出でです。

 彼等全員が、中朝韓の工作員であったなら、それはそれで納得出来るんですけどね。

 中朝韓は、善悪二元論でしか、有史以来、生きられなかった国。

 でも、日本は八百万の神が、有史以来、見守ってくれた国。

 この違いが判らないようでは、国会議員以前のレベルの問題です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
④ 現実が直視出来ないために、事実をありのままに見据えることがお出来にならないこと

 
 日本は平和憲法に戦後70有余年守られてきた。

 だから、改憲には絶対、反対だ。

 彼等は本気でそう思ってらっしゃるんでしょうか。

 本気でそう信じ込んでいらっしゃるんでしょうか。

 世界の現実を見れば、そんなことはあり得ないことが、幼稚園児レベルでも判るんですけどね。

 現実を直視出来ない、事実をありの儘に見ることが出来ない方が国会議員の中に本当にいらっしゃるとするなら、彼等は、間違いなく心の病にかかっていらっしゃいます。

 謝蓮舫姐さんと同じで、そもそも、国会議員になる資格がない方々です。

 そうではなくて、改憲に反対することで、日本を無防備状態にいつまでもさせておき、中朝韓が日本への侵略を遣りやすくするための確信犯的戦術だとしたら、それはそれで大問題であり、国会議員を即辞任に追い込む必要があります。

 9条教の国会議員の皆さまには、お花畑大好きだから手が付けられないと放置プレイに徹するのはもう止めて、「貴方は、中朝韓の工作員ですよね。だから、日本を中朝韓の植民地にするための手助けをするために、改憲反対を確信犯で喚いていらっしゃるんですよね。そんな貴方が国会議員でいられるなんてチャンチャラ可笑しい」と、おちゃらけ戦法に切り替えたらどうでしょうか。

 謝蓮舫姐さんのように、「人権蹂躙アルヨ、差別アルヨ」と大声で喚き続ける方々が、続出するかも知れませんけどね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
⑤ 国会議員と言う特殊な世界でなかったら、一般社会では、幼稚園児・小中学生にさえ、相手にされない方々だから


 ここ1年に亘るモリカケ騒動や、自衛隊の日報問題は、目に余るものが有り杉です。

 普通の組織だったら、大小問わず、組織そのものが機能せずに徐々に体力を使い果たし、揚げ句の果ては、組織が全滅してしまうレベルです。

 小学校の学級会でも、こんなありもしない瑣末な問題に、1年も費やすことはあり得ません。

 小学生レベルであれば、大人よりまだ純粋な分、余計、真実であるのか、それとも日の無い処に煙を無理矢理立てた問題であるのか、拘る筈です。

 かつ、抽象的な議論は避け、具体的な事実のみに沿って、議論を展開していくでしょう。

 いじめ問題で、子供達はいじめがあったと認識しているのに、大人である教師諸君の方が、世間の様々なしがらみから、いじめを認めたがらない実情に似ているかもしれません。

 これが、中学生や高校生レベル段階では、日の無い処に煙を立て大嘘を吐き、己が利潤のためには、あることないこと噂を立て捲っているのは誰なのかを、敏感に本能的に察知します。

 つまり、日教組や矛盾だらけの教育業界に押しつぶされている教師諸君よりは、生徒達の方が、素直に現実と事実を見分けているからです。

 一方で、カケソバ・日報問題で延々と飯を喰ってる国会議員諸君を眺めてみますと、そもそもが国会の中での世界であるからかこそ、こんな不条理なことが延々と与野党ともに遣っていられるのです。

 これが、一般社会なら、即座にサイレント・マジョリティでさえ声を上げるレベルであって、彼等が社会の歯車になっていないことを非難し、なんとか彼等を引きずり下ろし、今後一切、彼等を相手にすることはないでしょう。

 だってかくなる国会銀諸君は、現在進行形のリアル社会を、一般国民と一緒に生きる気はサラサラないんですから。

 選良と言うだけで、汗水流すことは国民に遣らせ、自分達は愚にも付かないことで年がら年中暇を潰している。

 まぁ、国会議員の殆どが、国会議員におなりになる前は、それまで所属していた組織からは、誰にも相手にされていなかったのかも知れません。

 だって、いつだって、他人の悪口と批判ばかりでは、いずれ、周囲の人間は愛想を尽かしてしまいます。

 取り分け、民進党の官僚上がりの国会議員諸君なんかは、ほぼ全員、そう思って構わないでしょう。

 土台、官僚時代も有能で省内で一目置かれていたなら、生産的なことは1つもなさらないで批判と悪口だけで許される民進党の代議士になんか、なりっこありません。

 タマキンくん、小西たん、後藤祐一くん、違いますか?



« 民主党もとい民進党「笑韓劇場」最新版 | トップページ | 攻守逆転を期して頑張れ安倍総理 »

清濁」カテゴリの記事