« 日本の国会議員が全く使い物にならない5つの理由 | トップページ | 謝蓮舫姐さんが多用する「多様性」ってなぁに »

2017年9月 5日 (火)

攻守逆転を期して頑張れ安倍総理




 ( 2017.09.04 産経新聞朝刊 )

5950
5951
5952

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart
" マンセー " は、日程残滓、ニダ heart


 
・2017.09.03 産経新聞
  「マンセー」喜ぶ平壌市民 水爆実験のニュース見守る


5954
 
( 平壌市内の大型スクリーンの前で「水爆実験成功」の重大報道を見て喜ぶ市民ら=3日、共同 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 北朝鮮の挑発行為と押せ押せムードの攻勢作戦が止まるところを知りません。

 それに対して日本政府は後手後手の対応が否めません。

 日本政府とて夫々のプロが国民の知らない水面下で、核ミサイル日本着弾だけは絶対回避すべく、間違いなく、日夜、努力なさっているであろうとは思いますが、防衛省幹部の次のようなお言葉に接しますと、おいおい、と思わざるを得ません。


 
・2017.09.03 産経新聞
  【北朝鮮核実験】防衛省幹部「やりたい放題だ」「正直手詰まり」


5953
 
( 北朝鮮が核実験し、官邸に入る防衛省の河野克俊統合幕僚長=3日午後、首相官邸 )


 国民を守ってくれる実戦部隊が、こんな弱気発言を仰るようでは北朝鮮の思うツボです。

 ここはカラ元気でも全然構いませんから、ハッタリで強気発言をなさりませんと。

 それにしても、上記お写真、幕僚長も記者諸君も、何をそんなにオタオタと(と言う風に見える)慌てていらっしゃるんですかねぇ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ただ、菅官房長官の記者会見での遣り取りを拝見する限り、正直、上記防衛省関係者の言辞が、情けない哉、現在の日本政府の実情のように思えてしまうのは気の所為でしょうか。


 
・2017.09.03 産経新
  菅義偉官房長官「国民は冷静に平素通りの生活を」 菅氏2回目の記者会見詳報


 
国家安全保障会議の結果を踏まえ、会合後、安倍晋三首相から、すでに指示のあった3点に加え、(1)北朝鮮の今後の動向などに関する情報収集・分析の徹底を期すこと、(2)核実験に伴う放射性物質の影響を把握するため関係各国と連携してモニタリング態勢を強化すること、(3)不測の事態に備えるなど国民の安全、安心の確保に万全を期すこと-の3点の新たな指示があった。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 何度も同じことを言いますが、相手の土俵で闘っている限り、事態好転に至るには、超望み薄かと思料します。

 政府与党が、カケソバ問題・自衛隊日報問題で、終始、防戦一方の対応を余儀なくされているのを観てもお判りの通り、北朝鮮が仕掛けてくる挑発行為に、ただただ、ひたすら、その都度抗議の談話を発表するしかない(のように国民には見える)、アメリカ頼みの現状の日本政府の対応では、好転は望めません。

 ここまで来てしまったら、北朝鮮の核放棄はあり得ないと考えます。

 もっと深読みするなら、親北文在寅政権の誕生で、北と南が仮に1つに統一されたなら、北の核保有は今以上の脅威となります。

 ここはもう、政権維持は念頭に置かず、何よりも国民の身の安全が第一の下、中途半端なことは止めて、安倍政権は、腹を括って、先に進むための何らかの重大な決断をすべき時期到来、かと考えます。

 即ち、攻守逆転のための思い切った政策の決断と実行。

 例えば、ハッタリでいいから、北が日本に核攻撃を仕掛けてきた場合には、日本は直ちに核保有に着手する用意があることを宣言するとか。

 併せて、朝鮮総連は即刻解体、パチンコマネーの北への送金は地下経済経由も含め全面禁止、朝鮮人学校への補助金停止、犯罪を犯した在日の全員強制送還実施、等々。

 まぁ、このような本気の制裁は、日本政府の外交・防衛の専門の方々が様々なシミュレーションを何度を繰り返しているとは思いますが、現状の断固抗議戦術と軽いジョブ程度の制裁だけとか、法に則って、粛々と対処すると言ったところで、益々、日本だけが窮地に追いやられるだけです。

 今後も日本政府が、ただ、言葉の応酬だけで済ませているなら、次に来るのは、愈々、本物の核ミサイル着弾。

 ここは、安倍総理も日本政府も、大胆な決断と実行に踏み切る時期かと思わざるを得ません。

  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 工作員認定、確定、ニダ heart


 
・2017.09.03 産経新聞
  共産・志位和夫委員長「米朝は直接対話に踏み出せ」

 ・2017.09.03 産経新聞
  社民・又市征治幹事長、日本政府に「平和的な解決」求める

 ・2017.09.03 朝日新聞
  核実験、過剰反応は相手の思うツボ 小田嶋隆さん

 ・2017.09.03 保守速報
  【TBS】テリー伊藤、北朝鮮への敵対心を煽る風潮に警鐘「ちょっと怖い」「もっと話し合う機会を持った方がいい」

 ・2017.09.04 じゃぱそく
  山口二郎「政府は従順な国民を作るためミサイルの恐怖を煽っている。韓国の人々に正しい危機感とは何か、教えを乞え」

5956

 ・2017.09.03保守速報
  【北朝鮮核実験】共産・池内さおり議員「アベ政治を許さない」


 
アベ政治を許さないスタンディング行動@巣鴨駅に参加しました! 毎月3日13時、全国各地で取り組まれています。

5955
 *1次ソース:池内さおり 認証済みアカウント @ikeuchi_saori



« 日本の国会議員が全く使い物にならない5つの理由 | トップページ | 謝蓮舫姐さんが多用する「多様性」ってなぁに »

清濁」カテゴリの記事