« 出馬するだけで多幸症になれるそうな | トップページ | ニダさまのNHKは超ブラック企業だったニダ »

2017年10月11日 (水)

高松市立新番丁小指導要録紛失事件、6年前にも同じようなことが




 
・2017.10.03 産経新聞
  指導要録30人分を紛失 高松市の市立小


 
高松市教育委員会は3日、市立新番丁小学校で、1年の1クラス(児童30人)の本人と保護者の氏名や住所などが記載された「指導要録」のファイル1冊を紛失したと発表した。悪用された形跡はない。

 ファイルは職員室の金庫で保管しており、教頭が9月26日、紛失に気付いた。担任の女性教諭が同20日に取り出したのが最後だったといい、
校内や教諭の自宅を捜したが見つからなかった。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2017.10.03 山陽放送(リンク切れ)
  高松市 児童30人の個人情報紛失


 
高松市の新番丁小学校で、児童30人分の氏名や住所など、個人情報が記載された書類が紛失していたことがわかりました。

 紛失していたのは、高松市立新番丁小学校の1年生の1クラス30人分の「児童指導要録」と呼ばれる書類で、児童の氏名や、住所、生年月日、保護者の氏名などが記されています。

 学校によりますと、先月20日、30代の女性教諭がファイルに綴じた1クラス分を金庫から取り出して作業をしましたが、26日になってファイルごとなくなっていることが分かりました。

 これまでのところ、
書類を悪用された形跡はないということです。

 
学校では、他の書類に紛れ込んだのではないかと見て調べています


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 Wiki先生では、指導要録を以下のように解説しています。


 
日本の学校において幼児・児童・生徒・学生の学籍並びに指導の過程及び結果の要約を記録し、その後の指導及び外部に対する証明等に役立たせるための原簿となるものである。学校教育法施行規則第24条第1項により、各学校の校長はこれを作成しなければならない旨が定められている。その性質から教育課程と深く関わりを持っており、その様式等については学習指導要領の改訂と軌を一にして改訂されてきた。

 指導要録は学籍に関する記録と指導に関する記録からなる。作成や保存などの取り扱いについては、学校教育法施行規則第24条、第28条の定めるところによる。児童等が進学、転校した際にはその写しを進学転校先の学校長に送付することとなっている。指導要録は外部への証明の原本であり、内申書は通常その写しとなっている。

 指導要録の様式の決定は、公立学校にあっては、教育委員会が行う。

 学籍に関する記録:学籍に関する記録には、次の項目を記述する。

 ・学級、整理番号
 ・児童・生徒の氏名、生年月日、性別、現住所
 ・保護者の氏名、現住所
 ・入学前の経歴
 ・入学・編入学等
 ・転入学の記録
 ・転学・退学等
 ・卒業
 ・進学先・就職先等
 ・学校名及び所在地
 ・校長氏名印・学級担任者氏名印

 指導に関する記録:校種によって多少異なるが、次のような項目を記述する。

 ・各教科の学習の記録
 ・観点別学習状況
 ・評定
 ・総合的な学習の時間の記録
 ・特別活動の記録
 ・行動の記録
 ・総合所見及び指導上参考となる諸事項
 ・出欠の記録



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 > 指導要録は外部への証明の原本であり、内申書は通常その写しとなっている。


 学校現場で、指導要録を紛失したとのニュースは初めて耳にしましたが、指導要録とは、学校側にとっても、生徒・父兄側にとっても、内申書の基になる必要不可欠な重要書類となりますと、単なる紛失事件と簡単に済ませられる事件ではないんでしょう。

 だから、高松市教育委員会は苦渋の決断でプレスリリースに至った?

 紛失対象の学年が、まだ入学して7ヶ月目の新一年生ってことは、学習内容の記録自体はそう多くはないでしょうから、万が一の場合に備えてもう1ファイル、同じ物を別保管してあるか、或いは、担任がPC媒体に記録してさえあれば、リカバリーそのものはそう難しい作業にはならないでしょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 問題は悪用された場合の個人情報への懸念でしょうか。


 
> 悪用された形跡はない。 


 相手が学校やお役所となると、いつだって増すゴミくんは、やけに鷹揚と申しましょうか、にわか性善説主義者になって、後追い報道はせずに、アリバイ作りとしてのこの報道をもって、コトを収めるしまう傾向が顕著です。

 これが、民間会社の為したコトだったりすると、他人の不幸は蜜の味で、会社が潰れるまで徹底的に執拗に追求しますのにね。


 
> 学校では、他の書類に紛れ込んだのではないかと見て調べています。


 26日に紛失が判明し、それから1週間後の教育委員会によるプレスリリース。

 単に他の書類に紛れ込んだ位の理由で片づけられるなら、新聞沙汰になる程まで、こんな大騒ぎには普通発展させません。

 超意地悪な観方ですが、案外、担当の30代女性教師が、自宅で作業するために校外に持ち出し、どこかに置き忘れて紛失したか、或いは、不注意 or 故意に、燃やしてちゃっている可能性も無きにしもあらずです。

 オジサンって、意地悪?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 でもねぇ、増すゴミはくんは恣意的に伏せてますが、この同じ小学校では6年前にも同じような紛失事件が起きてるんですよ。

 今回も、単なる過失で済ませてしまう?

 こちらの小学校、教師諸君への管理そのものが、伝統的に甘過ぎるのでは・・・・。


 
・2011.09.02 教師不祥事列伝
  高松市立小教諭紛失のUSBメモリー発見

  ( 1次ソース:2011.08.31 毎日新聞 )

 
高松市立新番丁小の40代女性教諭が児童88人分の個人情報を記録したUSBメモリーを紛失した問題で、高松市教委は30日、メモリーが見つかったと発表した。教諭がメモリーを収めた筆箱をなくした22日に通った道沿いにある老健施設駐車場で29日、利用者が見つけたという。メモリー内の情報に改ざんされた形跡などはなく、同日中に消去した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2013.07.31日 教師不祥事列伝
  高校教諭2人懲戒免職 わいせつ行為/香川県教委

  ( 1次ソース:2013.07.18 四国新聞 )

 
女子高校生にキスなどのわいせつ行為をしたとして、香川県教委は17日、香川県仲多度郡内と香川県高松市内の香川県立高校に勤務す37歳と26歳の男性教諭をいずれも懲戒免職処分とした。2人は事実を認め「軽率な行為だった」などと話しているという。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2014.03.28 goo blog
  香川 2男性教諭懲戒免職/部費不正請求、セクハラ


 
香川県教委は27日、無資格の生徒にエアライフルを撃たせた高瀬高校ライフル射撃部顧問の男性教諭(46)と、女子生徒にセクハラを行った高松市立中学校の男性教諭(52)の2人を懲戒免職処分にしたと発表した。(中略)

 
本年度に県教員に対して行った懲戒処分は、27日発表の6件を含めて計17件。うち免職は5件に上り、処分数とともに過去30年間で最多となった。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2016.09.08 ブラック教師の不祥事
  香川県高松市立木太北部小学校教諭の中川義光(37)


 教育職員免許状失効公告 平成28年9月7日 香川県教育委員会

 教育職員免許法第10条第1項の規定により、次の免許状は失効した。
 平成27年3月18日 香川県教育委員会
 1 失効した免許状
 本籍地:香川県 氏名:中川義光 生年月日:昭和54年4月17日

 務する小学校で女子児童の着替えを盗撮したとして、高松市の37歳の教諭の男が逮捕されました。逮捕されたのは、高松市の小学校教諭・中川義光容疑者(37)です。警察によりますと、中川容疑者は先月1日と8日、自分が勤める小学校で、低学年の女子児童が水泳の授業のため教室で水着に着替えているところを、腕時計の形をしたビデオカメラで撮影した疑いがもたれています。警察は今月18日に、中川容疑者が高松市の商業施設で盗撮をしたとして調べていたところ、自宅のパソコンから児童の動画が見つかったもので、中川容疑者は容疑を認めているということです。(2016.7.24 TBS)



« 出馬するだけで多幸症になれるそうな | トップページ | ニダさまのNHKは超ブラック企業だったニダ »

清濁」カテゴリの記事