« 日本の増すゴミくんは決して報じない中国の環境汚染 | トップページ | Get relaxed ! »

2017年10月29日 (日)

もう脱帽するしかないニダくん笑韓ワールド




6276

 
* Hwabyeong( 出典はWikipedia )

  
Hwabyeong or Hwabyung is a Korean somatization disorder, a mental illness which arises when people are unable to confront their anger as a result of conditions which they perceive to be unfair.


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 11月のトランプ大統領のアジア歴訪で、訪問スケジュール決定前からニダくんは、「最低でも日本と韓国の滞在日程は同等にすべきだ」と主張していましたが、日本滞在日数が韓国よりも1日多いことで決着したことが判明した途端、政府批判の声が続出しました。

 すると、青瓦台関係者は即座に、「日本も韓国も滞在時間は同じニダ」と反撃に出ました。

 確かにそう言うケースもあり得るでしょうが、トランプ大統領の具体的スケジュールが判ってくるにつれて、どう考えても「滞在時間は同じニダ」は通用しません。

 そこで青瓦台は、今度は以下のような詭弁で、国民の批判を逸らす秘策に出て来ました。


 
・2017.10.17 朝鮮日報日本語版
  日本は2泊なのに…米大統領の「韓国1泊」に青瓦台の釈明は


 
① 8日にはトランプ大統領が韓国国会で演説する。青瓦台は「トランプ大統領が韓中日を訪問する中で、国会で主要政策演説を行うのは韓国だけ」としている。

 ② 青瓦台関係者は「韓国は1泊2日の日程を丸々使えるが、
日本は週末(5-7日のうち5日が日曜日)が重なっている」として「トランプ大統領の実際の滞在時間は韓国でも日本でもほぼ同じ」と主張した。


 ① は兎も角としても、② の詭弁の様式美は、流石、ニダくんでなければなせない趙ファインプレー技です。

 日曜日は、滞在時間にカウントされないニダ(キリッ


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 日本到着の5日の日曜日は、トランプ大統領は、霞が関CCでの安倍総理とのゴルフが予定されています。

 と言うことは、トランプ大統領の到着は、少なくとも5日の午前中でしょう。

 で、その日の夜は、安倍総理との夕食会。

 翌6日は、日米首脳会談、天皇陛下との謁見と拉致被害者家族との面談。

 7日午前中に離日。午後、米韓首脳会談。

 8日午前中、韓国国会で演説。直後、北京へ。午後、米中首脳会談。

 セキュリティ対策上、詳しい時間は一切発表されていませんが、各種報道から類推しますと、以上スケジュールで、ほぼ遠からずかと考えます。

 となりますと、「日曜日は滞在時間にカウントしないニダ」説に仮に妥協したとしても、6日は丸1日、日本に滞在している分、お子ちゃまレベルでも日本にいる滞在時間の方が長いことを理解出来るんですが、何せニダくん笑韓ワールドですからねぇ。

 面子のためには、何だって許されてしまうのが、実に微笑ましいw


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ニダくんの国民レベルにおかれましても、こんな青瓦台の " childish " な説明には騙される訳がありません。

 そこで、このままではローソクデモが起きてしまうことを懸念したニダくんの増すゴミ各社は、トランプ大統領到着前に国民の " Hwabyeong " を静めるべく、国民と一緒に怒りを共有することで、鎮静剤記事投下に躍起です。


 
・2017.10.18 中央日報日本語版
  韓国メディア、トランプ大統領の「1泊訪韓」に懸念


 
トランプ大統領の訪韓が11月7日から1泊2日の日程に最終決定した中、韓国メディアは短い訪韓日程に懸念をを表している。

  韓国経済紙イーデイリーは18日、「トランプ大統領の韓国冷遇論、現実化か」と題した社説で「最高の礼遇をする国賓訪韓にもかかわらずトランプ大統領は韓国で1泊2日しか滞在しない半面、日本では2泊3日の日程が最終的に決まった」とし「やむを得ず立ち寄るような姿は『コリアパッシング』をめぐる論争を拡大し、韓米同盟に亀裂が生じたのではという不必要な誤解を招く余地が大きい」と指摘した。

  日刊紙の東亜日報は18日、「文大統領、国賓訪問のトランプ大統領と友人なればコリアパッシング消える」という社説で「トランプ大統領の訪韓は日本・中国訪問の間に挟まれている。韓国は経由地という程度になってはいけない」とし「今回こそトランプ大統領に韓国の戦略的価値が日本や中国に劣らないということを印象づけ、『コリアパッシング』という言葉が消えるようにすべきだ」と強調した。

  ハンギョレ新聞は18日、「トランプ大統領の訪韓、滞在期間より『平和』メッセージが重要だ」という社説で、「米国大統領の訪問日程が日本より韓国が一日少ないというのは確かに無視できることではない」とし「問題はトランプ大統領が韓国でどんなメッセージを送り、トランプ大統領の訪韓後に韓米関係と韓半島(朝鮮半島)情勢にどのような変化があるかがあいまいな点だ」と憂慮を表した。

  トランプ大統領は11月7日に韓国を国賓訪問し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で公式歓迎式、韓米首脳会談、報道機関向け共同発表をする予定であり、当日晩には国賓晩餐と公演が行われる。続いて8日には歴代米国大統領では6回目となる韓国国会演説をする予定だ。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 結果、ニダくん全員が怒りを共有することで、「腹立つ」派は一挙に減って、「すっきり」派が優勢となりました。

 目出度し目出度し。


 ( 上記中央日報記事、スクショ )

6277

 
*追加

 
・20147.10.18 中央日報日本語版
  【現場から】トランプ大統領の1泊国賓訪問に「コリアパッシングでは」
 

6278

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6279
 ( 画像出典はこちら



« 日本の増すゴミくんは決して報じない中国の環境汚染 | トップページ | Get relaxed ! »

半島人」カテゴリの記事