« 全ては、〜 〜 のために。 | トップページ | 新年から価値観の押売りだけで超お気楽政治ごっこ »

2018年1月 7日 (日)

2018年は教師の性犯罪を顕在化させる年




 今日は、はや、七草。

 明日は、もう、成人式です。

 世間が始動するのは実質9日からでしょうが、旧正月に慣れ親しんでいる可能性があるように思われる方々におかれましては、お正月休みは関係ないらしく、新年早々から斬新なお笑いネタをご提供頂き、大いに愉しませてくれています。

 オジサン、うーまんナンタラカンタラさんなんて、全然、知りませんでした。


7003  https://twitter.com/Bibleblack3/status/948888298398785537


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さてさて、今年はどんな年になるやら。

 憲法改正と北朝鮮問題。

 12ヶ月後にはどうなってるでしょう。

 何とか良い方向に向かって欲しいものです。

 加えてフェイクメディア・日本を主語としない政治ごっこ集団・反日極左プロ市民etc、日本国民としてはウンザリの超厄介な輩の存在。

 彼等の跳梁跋扈をほんのチョッピリでも減らすことが出来れば、その分だけでも、日本が良くなっていくかと考えます。

 あとは国民も政治屋稼業諸君も増すゴミくんも見て見ぬ振りをしている特定集団による犯罪を、より顕在化させることでしょうか。

 その筆頭はやはりニダくん絡みの犯罪でしょう。

 お正月早々からこんな犯罪をやらかしておりますし。
 
 北朝鮮問題の成り行き次第で、彼等はどう動くのか。

 総連解体も緊急の課題として浮かび上がるかも知れません。

 ベターな方向で決着をみれば一安心ですが一筋縄では決して行かないのが彼等の様式美です。

 以下記事の行く末についても彼等は既に想定内でしょう。

 となりますと今年は益々見て見ぬ振りは禁物かと思料致します。


 
・2017.12.27 産経新聞
  【菊地元信者無罪】オウム信者13人死刑執行に現実味



 ( 2017.12.28 産経新聞朝刊 )
7004

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 見て見ぬ振りをして放ったらかしにしている問題で、どうにも気になって仕方がないのは、全国に91万人いらっしゃる公立学校の教師諸君による性犯罪です。

 
 ( 2017.12.28 産経新聞朝刊 )
7005


 かくも多くの子供達が犠牲になっている現実が現在進行形で潜在化していると言うのに、政治屋稼業諸君も増すゴミ諸君も、何故にこのような教師の犯罪を表沙汰にしないんでしょう。

 半島がバックにいると邪推されても仕方がない日教組の仕返しが恐いから?

 畢竟、ありもしないモリカケ問題に今年も取り組むと宣言なさっている野党諸君と増すゴミくんに脱力せざるを得ません。

 しかも昨年の不祥事ランキングでは、この公立学校教師集団による反社会的犯罪は、見事なまでにと言うか、パーフェクトなまでにスキップですからね。



 
・2017.12.25 産経新聞
  不祥事ランキング1位 「このハゲー!」で落選した豊田真由子さんは今


7006
 
 上記ランキング、よ〜く見ると、パコリーヌさんもR4さんも、ランクインしてませんね。

 2016年のランキングを拝見しますと、ゲス不倫も世間を賑せた性犯罪も、堂々と当たり前にランクインしています。

 結局、昨年、主催者の月刊「広報会議」(株式会社宣伝会議)は、山尾志桜里姐さんと謝蓮舫姐さんに、思いっきり忖度が働いたww

 或いは、立件民主党から、「広報会議」への言論弾圧があったww


 
・2016年不祥事ランキング
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000002888.html

 
・2015年不祥事ランキング
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000002888.html

 
・2014年不祥事ランキング
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000002888.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 いじめ問題と並んで、この教師諸君による性犯罪は、公立学校に通わせている児童の親なら不安に思わない訳がません。

 やっぱり、見て見ぬ振りをせざるを得ないのは、自分の子供達が人質に取られているとの想いが強いからでしょう。

 声を上げられない理由の全ては先生達の学力判定による仕返しが恐いから(多分)。

 もちろん、文科省も教育委員会も、日教組が恐くて、いじめ問題も教師諸君の頻発する性犯罪も、大々的に採り上げることが出来ません。

 かくして、彼等がお遣りになってることは、表面上の綺麗事ばかりです。


 
・2017.12.27 産経新聞
  大阪・摂津の小学校 ランドセルを無償配布 新小1の児童に

  http://www.sankei.com/west/news/171227/wst1712270044-n1.html

 
・2017.12.18 産経新聞
  小学校英語の教科化で専科教員1千人増 文科省

  http://www.sankei.com/life/news/171218/lif1712180061-n1.html

 
・2017.12.26 産経新聞
  教員働き方改革で新組織 文科省きょう緊急対策 業務量を一元管理

  http://www.sankei.com/life/news/171226/lif1712260006-n1.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 文科省も教育委員会も全国91万公立学校教師諸君も、いつまでこの問題、ほっかぶりしていられることやら。

 父兄も国民も、もう、沸点に達していると思いますけどね。

 ネットが発達したお蔭で、日教組を批判しただけで政治家の首が飛ぶことは最早あり得ない時代になりました。

 日本を主語とする志ある政治家諸君は、今年こそ、教師諸君による反社会的犯罪を顕在化させませんと。

 このままでは子供達が可哀想です。

 1月23日開幕の通常国会で、立憲・民進・希望の党がモリカケ問題にPyongyang Driveで執着するのであれば、日教組の支援を受けている彼等には、対抗策としてこの問題を真っ正面から突き付けて、何の支障がありましょうか。

 もういい加減、火の無い処に煙を立てられた問題にはこの1月で決着を付けて、目の前にある事実に目を向けて頂きたいものです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.01.03 産経新聞
  性犯罪者の顔写真、氏名などをWEBで公開 ポーランド政府 学校への職員雇用も禁じる


 
ポーランド政府は2日までに、性犯罪の再発防止策として強姦や児童への性的虐待で有罪となった768人の顔写真や氏名などを誰でも閲覧できるウェブサイト上のデータベースで公開した。

 危険な性犯罪者情報を住民に知らせることを定めた米国の法律を例に「犯罪者を監視するのに有効だ」と強調している。

 さらに関係する当局や機関に閲覧を限定した上で、
児童ポルノに関連した犯罪などに及んだ2614人のデータベースも開設。学校長らに職員採用時の確認を義務付け、該当者の雇用を禁じた。



« 全ては、〜 〜 のために。 | トップページ | 新年から価値観の押売りだけで超お気楽政治ごっこ »

清濁」カテゴリの記事