« 産経くんもなんだかねぇ | トップページ | ロイター日本支社は反日記者の巣窟? »

2018年5月13日 (日)

謝蓮舫おばちゃんを自由自在に操ってみたいw




 
heart お猿さんの方が、よっぽど、まとも heart


7932
 出典:
Meditative Snow Monkeys Hang Out in Hot Spring
    https://www.youtube.com/watch?v=Aat9O85ynsI

  * Meditative:瞑想にふける、沈黙思考する


7933

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.05.11 保守速報
  【人格攻撃】立憲・蓮舫「あなたの“普通”は人と違うと思います」柳瀬氏参考人招致



 
蓮舫
 「あなたの記憶は自在に無くしたり思い出したり出来るのか!」

 蓮舫
 「あなたの“普通”は人と違う!」

 野党
 「ハハハ(笑)」


 *1次ソース:2018.05.09 DAPPI Twitter


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


7934_2
 https://twitter.com/take_off_dress/status/994452159604314112


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 ・2018.05.10 日刊スポーツ
  蓮舫氏「記憶自在になくし思い出せる?」柳瀬氏批判


 
学校法人「加計学園」(岡山市)獣医学部新設に関して「首相案件」と発言したとされる、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が10日午後、午前の衆院予算委員会に続き、参院予算委員会に参考人招致された。

 立憲民主党の蓮舫氏は、厳しい口調で柳瀬氏を徹底的に追及した。冒頭で“先制パンチ”とばかりに「あなたの記憶は、自在になくしたり思い出したりするものか?」と迫ると、柳瀬氏は「当然、3年前の記憶だし、あいまいなもの。(人の話を聞き)そうだったんだ? と思うこともある。記憶を調整していると新聞に出ているが、全くないこと」と否定した。

 蓮舫氏は、柳瀬氏が17年7月の国会答弁以降、自身の主張は一貫していると主張すると「一貫して加計学園の関係者と会っていると言っていない」と厳しく批判。柳瀬氏が「今治市の方と会ったか? というから答えた」と返答すると「聞かれてないから答えないのは不誠実」と切り捨てた。

 蓮舫氏は、柳瀬氏が2015年4月2日に首相官邸で愛媛県今治市、加計学園関係者と会った際、当時加計学園系列の千葉科学大副学長で、現在は4月に今治市で開学した岡山理科大獣医学部長の吉川泰弘氏が出席していたか? と質問した。柳瀬氏は、午前の衆院予算委員会の際も、その件について聞かれた際、同氏を「東大の人」と評していたが「当時の記憶が定かではない。元東大の方だとはよく覚えている。(同年)2~3月にいらっしゃたっところがクリアでないが、4月とどちらかには元東大の方はいらした」などと説明。「私は、お名前を記憶してございませんが半年前の朝、テレビのニュースで加計のニュースが流れた時(学部長の)候補に入っていた。見たことがあると思った」などと答えた。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 オジサンは人生ウン十年の中で、転勤と部署替えをこれまで十数回経験しています。

 で、どこの勤務地にも、どこの新しい部署にも、必ずと言っていい程、ベテラン女性がいらっしゃいました。

 彼女達は総じて仕事は平均以上にお出来になりました。

 と言うか、その道一筋の方々が多く、普通に接触出来ていれば、仕事面では助けになってくれるケースが多く、その面では貴重な即戦力の方々ばかりでした。

 ですが、概して、取っ付き難い性格の持ち主の方々が多く、押し並べて、職場内では敬遠されがちで、正直、孤立している割合が多かった記憶があります。

 取り分け、若い女性社員達からは、蔭では嫌われていたのが偽らざる実態でした。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 でも、オジサン個人は、男女を問わず、優等生・良い子ぶりっこ社員よりも、取り分け、こう言う大いに癖のあるベテラン女性社員と普通に会話したり、仕事を頼んだりすることに、全く、抵抗がありません。

 逆に、このタイプのベテラン女性から冷たくあしらわれたりすると、だったら、こちらも特別扱いすることなく、普通に仕事を頼める関係になるまで躾けてやるぞと、却ってファイトを燃やしたものです。

 まっ、そんな大袈裟なものではありませんが、兎に角、毛嫌いせずに、機会ある毎に声掛けをし、自然体で接触することにしていました。

 そうこうしているうちに、大抵の場合は、自ずと会話の機会も増え、仕事も気軽に頼めるような関係になって行くものです。

 しかも彼女達の仕事は確実です。

 仲良くなることで損はありません。

 オジサンは年増社員の皆さんにもてた?
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 でも、オジサンのサラリーマン生活の中で、お墨付きの性格がひんまがった50才過ぎの女性がお1人だけ、いらっしゃいました。

 たった、6ヶ月間だけでしたが、彼女だけはオジサンがどうにも我慢が出来なかった唯一の女性社員でした。

 何を言っても役職に関係なく誰にでも刃向ってくる。

 絶えずギスギスしていて、おヒス状態のカナギリ声。

 無視したくても、彼女が職場の庶務関係を長年一手に引き受けていた為、彼女にお叱りを喰らってしまったら、その被害は甚大です。

 オジサンだけではなく職場の同僚達も、嫌々ながら下手に出つつ、ご機嫌伺いをしたことも間々ありました。

 かくも扱い難い、心底、性格が悪いなと感じた女性社員に遭遇したのは、これ1度きりでした。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 何でこんなお話をしているのかと申しますと、冒頭の謝蓮舫おばちゃんの人格攻撃行為が、オジサンがどうにも出来なかった唯一のベテラン女性社員と、正に、そっくりだからです。

 兎に角、四六時中、突っかってくる。

 自分だけの正義を喚きちらし、聞く耳を全く持たない。

 何よりも嫌気が差してしまうのは、決して、心を開こうとしないことです。

 おはようございますと挨拶しても、誰に対しても、無言でしたしね。

 仕事が出来なかった訳でもなく、美人でしたから、しかめっ面せずに、無理してでも、ちょっとでもニコッと微笑み返しする努力をなさったら、また、違う人生に出会えたでしょうにねぇ。

 でも、オジサンはこの種の女性、大好きです。

 食わず嫌いで、あの人は苦手だと傍観しているよりも、敢えて声掛けすることで、嫌なタイプの人なら嫌なりに、その都度反応が愉しめて、意外な方向に展開していく可能性だってゼロではないですからね。

 そう言う意味では、恐いもの見たさで、50才児の謝蓮舫おばちゃんを手懐けてみたいと思う今日この頃です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart
50才児謝蓮舫おばちゃん、只今、絶好調 heart


 
・2018.05.11 朝日新聞
  蓮舫氏「安倍内閣はセクハラに耐えろと言っている」


 
「セクハラ罪という罪はない」と言った麻生財務大臣の感覚を、伊吹(文明)衆院議長経験者が、それは正しいと。正しい、正しくないという話じゃない。伊吹さんも麻生さんも、財務省のセクハラ研修に何で出てくれなかったんでしょう。

 安倍内閣は女性活躍を掲げているが、色々な議員の言葉を見ますと、「女は子どもを産んで、セクハラに耐えろ」と言っているのが本当に分かる。(党会合で)



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.05.12 保守速報
  【自民歓喜】立憲民主党副代表に蓮舫ww


 
> 自民も安泰だな

 > これは、また自民党のサポーターじゃないか

 > 枝野より手強いぞ、たいへんだー

 > 陳くんは当てにならんのか?

 > いっそ代表やれよw

 > 渾身のギャグ



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.05.12 厳選!韓国情報
  【衝撃】蓮舫、95年に雑誌で「日本人でいるのは都合がいいから。いずれ台湾籍に戻す」と発言してた
 

 
食堂に置いてあった95年位の雑誌で、たまたま以下の記事見つけました。

 『今、日本人でいるのはそれが都合がいいからです。日本のパスポートは
あくまで外国に行きやすいからというだけのもの。私にはそれ以上の意味はありません。 いずれ台湾籍に戻そうと思っています。』


7936_2
7937
 *1次ソース:2018.05.10 しまリアルTwitter


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.05.10 パンパカ工務店Blog
  野党の国会議員は、ご自分達の説明責任も果たそうよ。


 
昨夜テレビを見ると
 野党の国会議員が
 説明責任がーってカメラに向かって叫んでた
 でもご自分の事や
 身内の国会議員ついてはダンマリ

 なんだかなぁ…

 ダブスタってより
 人格が異常な方が揃ってんだろうなぁ


7935



« 産経くんもなんだかねぇ | トップページ | ロイター日本支社は反日記者の巣窟? »

正義を疑う」カテゴリの記事