« 災害復旧、特定野党諸君には一体何が出来るの? | トップページ | 消費税10%問題を語らない増すゴミくんの哀れ »

2018年7月14日 (土)

超忖度事案ワースト3(直近1ヶ月)




 
ワースト第1位:民放キー局全社


 
・2018.06.30 産経新聞
  民放キー局全社に是正勧告 労基法違反5年で9回


 
社員らに上限を超える時間外労働(残業)をさせたなどとして、三田労働基準監督署が平成25~29年、労働基準法違反で在京民放キー局全5社に計6回の是正勧告をしていたことが30日、関係者への取材で新たに分かった。この期間にテレビ朝日が3回の勧告を受けていたことは共同通信の取材で5月に明らかになっており、5社が受けた勧告は計9回となった。

 各社の広報担当者は「真摯に受け止め、改善に努めている」などと回答している。

 三田労基署の勧告は、テレビ朝日が4回、日本テレビが2回、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビがそれぞれ回だった。指摘はほとんどが違法残業で、割増賃金の未払いや子役を不適切に働かせていたことも認定された。

 テレビ朝日は、既に明らかになっていた平成26年5月~29年1月の3回のほか、26年1月にも勧告されていた。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.06.30 東京新聞
  民放キー局全社で違法残業まん延 労基法違反、是正勧告5年で9回


 
社員らに上限を超える時間外労働(残業)をさせたなどとして、三田労働基準監督署が2013~17年、労働基準法違反で在京民放キー局全5社に計6回の是正勧告をしていたことが30日、関係者への取材で新たに分かった。この期間にテレビ朝日が3回の勧告を受けていたことは共同通信の取材で5月に明らかになっており、5社が受けた勧告は計9回となった。

 放送界では近年、NHKの30代の女性記者や、テレビ朝日の50代の男性プロデューサーが相次いで過労死。業界をリードする在京キー局全社での違法残業のまん延が明らかになったことで、働き方改革を求める声は、さらに強まりそうだ。
(共同)

8384

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 電通社員の過労死は徹底的に「他人の不幸は蜜の味」で叩きまくった民放各社。

 自社の労基法違反には完璧なまでのスキップです。

 笑っちゃいますねと言うか、最早、存在そのものが彼の国そのもの。

 こっち見んなで、もう、宜しいんじゃないでしょうか。


8385


 ( 週刊現代2018年5月19日号 )
8386

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ワースト第2位:前原喜平


 
3ヶ月前の前川喜平氏『裏口入学なんてない』
 https://www.youtube.com/watch?v=e0vOiA6hl-U
 
">

 ( 文字起こし )

 
前川喜平

 「裏口入学って言うのは、なんか、文科省が口利けると思っている人がいるんですよ。だけど、そんなことできませんから。あのぉ、政治家から、そう言うこと言ってくるんですよ。えぇ、どこどこ大学に、或いは、どこどこ小学校とかね、どこどこ中学校とかね。あるんですよ。」

 寺脇研

 「それが出来るんだったら、安倍総理だって慶應ぐらい行ってますよ」



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 モリカケ騒動で、万が一、安倍総理が過去に遡ってこの種の発言をしたことが判ったら、特定野党も増すゴミくんも、もう手がつけられない程のトランス状態で火付けを図るのは目に見えています。

 でも、前川援交おじさまの超あくどい品性なんてからっきしない上記発言には、特定野党も増すゴミくんも、驚くほどの知らん顔で、噯気にも出しません。

 援交おじさまには異常な程の忖度しっ放し。

 これまた笑っちゃいますよね。

 彼等もまた彼の国の様式美そのものと考えれば全てが納得です。

 援交おじさま同様、そのうちほとぼりが冷めて佐野太容疑者がアベガー発言を始めたら、瞬時に、特定野党と増すゴミくんは佐野容疑者忖度に転向するに違いありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
ワースト第3位:謝蓮舫おばちゃん


 
【やっぱりこうなった】画像:斜面に並べられたソーラーパネルが大雨で倒壊し、新幹線も止める壮絶な状態。危険地帯がたくさんある模様
  http://www.moeruasia.net/archives/49608534.html

8387

 
大雨で太陽光発電所が土砂崩れを起こして新幹線を止める
 https://blog.goo.ne.jp/antijapanhunter/e/e0260137d935005bcc675d9e8504cf7f

8388

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2015.09.15 東スポ
  【東日本豪雨災害】スーパー堤防「仕分け」の影響で蓮舫議員にデマ波及


 
東日本を襲った記録的豪雨の余波が民主党にも及んでいる。党に災害対策本部を設置すれば、「余計なことするな」とバッシング。さらに、鬼怒川の堤防が決壊したことから、かつての事業仕分けが蒸し返され、蓮舫参院議員(47)が「デマだ」と釈明に追われている。

 2010年の事業仕分けで取り上げられたのがスーパー堤防だ。200年に一度の水害に備えるために400年かけて堤防を造るという大事業に、仕分け人たちがメスを入れていた。結局、当時は廃止と判断されたが、今になって「仕分けのせいで対策がなされず決壊した」との指摘がネットを中心に相次いだ。

 当然、仕分けの女王こと蓮舫氏に矛先が向く。蓮舫氏はツイッターで、「ネット上に看過しがたいデマが流れています。鬼怒川のスーパー堤防計画が民主党時代の事業仕分けで取りやめになったために今回の災害が起きたとするものです。これはデマそのものです」と反論。そもそもスーパー堤防計画には鬼怒川は入っていなかったという。蓮舫氏の事務所はデマへの法的措置を検討している。

 何をしても批判される民主党において、蓮舫氏は特にターゲットになりやすい。事業仕分けが話題になりすぎた反動で、何が起きても「仕分けが原因だ」と言われるリスクを背負っている。にもかかわらず、民主党は蓮舫氏を代表代行に置き、重用することをやめない。

 日本年金機構から個人情報が流出した件で、蓮舫氏は党の漏れた年金情報調査対策本部の本部長に就任。また、新国立競技場問題を追及する党組織のトップにもなっていた。さらに、蓮舫氏はヤジ番長まで務めている。永田町関係者は「国会審議において蓮舫氏がすごいヤジを飛ばしているんですよ。新人でもないどころか、大臣までやった人なのに」と驚いている。

 政府関係者は「蓮舫氏しか人材がいないのでしょう。衆院の辻元清美氏(55)に参院の蓮舫氏。2人とも何かと批判されますが、目立つだけに外せない。使わざるを得ないのです」と指摘する。民主党の苦境は続く。



8389
8390
 ( 画像出典は2枚ともこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2015.09.25 週刊実話
  鬼怒川堤防決壊 民主・蓮舫代表代行「スーパー堤防仕分け」に被害住民が怨嗟の声・声・声


 
7000戸近い家が浸水し、未曾有の大災害となった茨城県常総市の鬼怒川堤防決壊被災地で、かつて“仕分けの女王”ともてはやされた民主党の蓮舫代表代行に怨嗟の声が上がっている。

 濁流が引いた直後の常総市を記者が訪れると、市の中心部はメチャメチャ、商店街付近の道路のアスファルトはズタズタ。いまだ水が引かないところもあり、流された車があちこちで横転しているなど水害の爪痕が生々しい。そんな被災地で自宅1階が水没した50代の男性が、こう恐怖を語る。

 「2メートル、2メートルの水だよ。濁流が! 2階までの水。1階は全滅。車3台も水没してしまった。とても怖かった。周りには行方不明者もいる。濁流に流され俺も一歩間違えば死ぬところだった」

 1階の畳も床も、すべてドロドロの上にボー然と長靴姿でたたずむ男性。そして、その失意の中、こう蓮舫氏を非難し始めた。

 「民主党時代に蓮舫が仕分けでスーパー堤防を廃止しましたよね。一時、公共事業を次々と止めた影響がまわりまわって鬼怒川堤防修復の遅れにつながったのでは、と思えてならない」

 「スーパー堤防」とは、400年に一度の大津波や河川の大氾濫を想定して国交省が進めてきた事業。具体的には、'87年から首都圏及び近畿圏の大規模河川に巨大堤防を建設してきたが、蓮舫氏らがこれを一時、廃止に追い込んだ。

 国交省担当記者がこう語る。

 「もともと同事業は12兆円を投じ、400年間を掛けて完成させるというものだった。

 それを民主党が政権を取った'09年以降、蓮舫ら“仕分け隊”は、『400年に一度の災害にカネをかけているのはヘン! 10年、20年の目先の災害にカネを使え!』と、廃止に追い込んだのです。もっとも、その後、東日本大震災を機に事業は一部復活しています」

 前出の被災住民が怒る。

 「決壊したのは、もともと10年に一度の大雨で危険視されていた箇所。国交省も堤防のかさ上げや拡幅工事の予定はあった。しかし、20キロ下流の利根川合流地点から上流に向け工事は順番に行われていたものの、予算が少なくて改修に必要な4割しか達してない。決壊場所も昨年から用地買収に入ったばかりだったのです。つまり、危ないと分かっていながら工事が遅れていた。あの“仕分け”がなければもっと工事は先に進んでいたのでは…」

 スーパー堤防と鬼怒川堤防決壊は、確かに直接にはリンクしていない。そのため被災住民の蓮舫氏への怒りは八つ当たりのようにも思えるが、被災住民の怒りは“仕分けの連鎖疑惑”にあるようだ。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8391
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8392 8393  https://twitter.com/renho_sha/status/1015709961660215297

 
> 貴女は批判の思いを発信するのではなく、自ら現地へ入って手伝いをするとか、貴党の県連や被害を受けていない地域の党員を、救援の手伝いに派遣とかする考えないのですか?

 > 豪雨被害者から言わせてもらうとこの投稿かわ最低。刑の執行は一日二日で決まるものでもない。官僚が前夜飲食しても構わない。あなたの様に、命が数多く奪われた災害を批判の道具にするのが許せない。あなたに僻地の災害者の気持ちは絶対にわからない。何を必要としているのか真剣に考えろ。

 > 同感だわ。うちも豪雨の被害地区だけど、バッシング投稿上げてる暇があるなら被災地区の声拾いに現場来てみれば?帰れ!って言うてあげる言うもんいっぱいおるけん。ツイッターで批判繰り出す事は、被災地には何の関係もない。寧ろ被災地利用して自己利益を追求…浅ましい女ね。

 > それを貴女が言うのですか?貴女のトンチンカンな仕分けとやらで決壊した堤防も今回あったのに?

 > んで?村田議員と立憲民主党議員はこの3日間何してたの?引用ツイートされてる有田芳生議員は、豪雨被害が拡大するなかオウム裁判を利用して安倍政権批判に必死でしたが?先ずは貴女と立憲民主党議員の過去の総括する事をお勧めします。災害時は貴殿達は邪魔です!

 > 災害を利用して政権批判など政治家としてのモラルはないのか?君達の政権が無駄だと言って予算削除した治山治水事業の停止による民主党災害だろー!恥を知れ

 > 災害で命を落とされた人や今も救助を待っている人など、多くの国民が苦しんでいる時くらい、こんなツイートせず、与党に協力する姿勢を見せて欲しいです



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8417_2  https://twitter.com/Nakamura_Mitaka/status/1014877461455220738


8416_2  http://deliciousicecoffee.jp/blog-date-20180712.html


 
・2018.07.06 手塚の独り言
  25周年感謝の集い

  https://www.t440.com/2018/07/06/25周年感謝の集い/

 
今週は寝不足の方も多いことでしょう。W杯日本代表の挑戦が、決勝トーナメントのベスト16で惜しくも幕を閉じました。夢を与えてくれた激闘に改めて拍手を送りたいと思います。さて、昨晩は日頃から私をご支援いただいている皆様にご参集いただき、「手塚よしお政治活動25周年感謝の集い」を国会近くの憲政記念館で開催させて頂きました。野田佳彦前総理、菅直人元総理、枝野幸男代表、長妻昭代表代行、辻元清美国対委員長、蓮舫副代表ら多数のご来賓にもご祝辞を頂戴し、政治家冥利に尽きる夜となりました。振り返れば、1993年に都議会初当選、2000年に衆議院初当選を果たして以降、山あり谷あり、当選あり落選あり、文字通り波乱万丈の四半世紀でした。お支え頂いた多くの皆様に心から感謝の思いをお伝えさせて頂きました。そして今、国政のど真ん中で仕事ができる喜びを噛み締め、自らの持ち場を守り、引き続きコツコツと職責を全うし、有権者の負託に応えていく決意を語らせて頂きました。延長国会も実質残り2週間。最後の山場を作るべく奮闘したいと思います。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
マーサ・スタウト著「良心をもたない人たち」2006年草思社刊から

 < 良心をもたない人の特徴 >

 ① 一見、魅力的でカリスマ性がある

 ② 嘘をついて人をあやつる

 ③ 空涙を流して同情をひく

 ④ 追いつめられると逆ギレする

 ⑤ 自分に対して関心がなく、退屈しやすい

 ⑥ 刺激を求めて「支配ゲーム」に走る

 ⑦ 人に依存したがる

 ⑧ チームプレイがへた

 ⑨ 近視眼的で世間知らず




« 災害復旧、特定野党諸君には一体何が出来るの? | トップページ | 消費税10%問題を語らない増すゴミくんの哀れ »

半島人」カテゴリの記事