« 忖度されっ放しのあっち系の方々 | トップページ | 超忖度事案ワースト3(直近1ヶ月) »

2018年7月13日 (金)

災害復旧、特定野党諸君には一体何が出来るの?




 
・2018.07.09 時事通信
  西日本を中心とする豪雨について菅義偉官房長官に申し入れをする立憲民主党の枝野幸男代表ら=9日午後、首相官邸

 
8412

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 すったもんだの末、首相官邸でやっとガースー長官に会わせて貰った特定野党のリーダー、約6名。

 無所属の会のオカラくんがチャッカリ、いつの間にか特定野党のリーダーの一員として居座り、何ら抵抗感も違和感も感じないのには笑っちゃいますね。

 枝野たんが得意げにホワイトペーパーをガースー長官に手渡しながら、何やら要求をなさったようですが、特定野党諸君が政府に災害復旧対策として具体的に何を申し入れしたのかは、どうググッても増すゴミくんは1社たりとも報道なさっていらっしゃいません。

 立民党のHPを拝見しますと、この日の特定野党諸君の申し入れとはこう言うことだったらしいです。

 
> 平成30年7月豪雨」災害について、行政府・立法府が一体となり災害対応に取り組むよう安倍総理に緊急の申し入れを行ないました。

 更に、面談後の会見で、枝野たんはこう仰ってます。

 
> 「救急救命を待っておられる方が多い状況であり、また天候によってはさらに事情が深刻化する可能性もある。また広範な全国各地に被害が及んでおり、行政府にとどまらず、国会を含めて非常に深刻な事態であると受け止め、対応していかなければならない状況である」と申し入れの理由を説明。政府に対し、この災害を最優先に取り組むべきであり、総理をはじめ、防災担当大臣、国土交通大臣等関係大臣は災害対応に全力で取り組むよう申し入れを行ったと報告しました。

 要は、実質的かつ具体的な申し入れはゼロw

 つまるところ、この日の特定野党諸君の申し入れは、100%自己満足のパフォーマンスにすぎず、彼等の官邸訪問最大の目的は、災害対応で寝る間もないガースー長官以下官邸職員のお仕事の邪魔をすることにあった、と邪推したところで全く問題はないでしょう。

 365日24時間、特定野党を理屈抜きに超忖度している増すゴミ諸君も、今回の特定野党諸君の全く中身のない申し入れには、流石に記事にするには忍びなかったってことで、言わずもが、自動的に報道しない自由扱いとなったんでしょう。

 もう国民には手に負えない存在の特定野党諸君は、国民が想像する以上に、最早、どうしようもないウルトラモンスター級の惨状を呈しているのかも知れません。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8414 8413  https://twitter.com/ten1998/status/1016528074437869568


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 立民党、西日本豪雨災害で、自分達の過去の悪業が国民にバレバレなって、もう、ビクビク。

 夜も眠れないらしいですよ。

 と言う訳で、必死に似非人道主義の自作自演劇を、只今、上演中です。


 
・2018.07.10 Share News Japan
  立民・白眞勲くん「人命とギャンブル、どっちが大切なんですか?」→ 石井国土交通大臣「私はギャンブルの所管ではございません」
  
http://snjpn.net/archives/58575

 ・2018.07.10 NHKニュース
  立民 辻元氏「国交相は『カジノ第1』でなく災害対応に集中を」
  
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180710/k10011526491000.html

 ・2018.07.10 Share News Japan
  杉尾秀哉「総理の強いリーダーシップ、少なくとも被災者の皆さんには見えなかった」「立民は6日の午後5時に対策本部設置してる」
  
https://snjpn.net/archives/58588



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 うそつき、なんてレベルはとっくに超えちゃった謝蓮舫おばちゃん、50才児。

 もう善悪の判断すらおつきにならない?

 そもそもが生まれつき人としての良心が備わっていなかったタイプ?

 それとも悪質極まりないウルトラ・スーパ・モンスター級の脅迫恫喝型愉快犯?


 
・2018.07.10 朝日新聞
  首相らの議員宿舎の酒席、蓮舫氏「責任感あまりに欠如」

  https://www.asahi.com/articles/ASL7B51QGL7BUTFK00J.html


 
・2018.07.12 正しい歴史認識
  蓮舫「豪雨に総理が宴会するな」→自分も宴会していた!ブーメラン・立憲民主党も共産党も同じ夜に



 蓮舫「気象庁が歴史的な豪雨になるという警戒を呼びかけていた夜だ。楽しそうに宴の写真が出回ったときに、まさかと思った。責任感があまりにも欠如している」

  ↓ ↓ ↓

 
蓮舫も同じ夜に宴会に参加していた!楽しそうな宴の写真が出回った!


8416


8417  https://twitter.com/Nakamura_Mitaka/status/1014877461455220738


8418  https://i2.wp.com/hosyusokuhou.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/DhuPWdKUYAAIHth.jpg


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.12 zakzak(夕刊フジ)
  立憲民主に“ブーメラン”直撃! 猛批判の自民懇談会と同じ日にパーティー挙行、多数のビール瓶が…



8416

 
安倍晋三首相は11日、岡山県を訪れ、未曾有の被害が出た「平成30年7月豪雨」の被災地を初めて視察。立憲民主党など左派野党は、災害の危険が迫る5日夜に、安倍首相や自民党議員が衆院議員宿舎で懇談会を開いたことを猛烈に批判しているが、実は、立憲民主党の衆院議員も同日夜、枝野幸男代表や、蓮舫副代表らも出席したパーティーを開いていた。ネット上は「ブーメラン直撃」と炎上している。

 「ライフラインの早期復旧へ、スピード感をもって取り組む。全力で対応する。自治体が安心して復旧に当たれるよう、財政措置を講じる」

 安倍首相は10日、自民党広島県連所属の国会議員と官邸で面会した際、被災地支援策について、こう強調した。11日の岡山視察に続き、広島県や愛媛県も近く訪問する方向だ。

 こうしたなか、他人の批判だけは天下一品といわれる立憲民主党の蓮舫氏は10日、「赤坂自民亭」と呼ばれる5日夜の懇談会に、安倍首相や小野寺五典防衛相ら約50人が参加したことを、「責任感が欠如している。気象庁が警戒を呼び掛けていた夜だ。まさかと思った」と、国会内で記者団に語った。

 政権・与党は常に緊張感を持ち続けるべきであり、批判は当然だ。

 ただ、立憲民主党が災害への危機感を持っていたのか、疑問を感じる事実がある。何と、「赤坂自民亭」と同じ日に、同党の手塚仁雄衆院議員(51)=比例東京=が、東京・永田町の憲政記念館で「手塚よしお政治活動25周年感謝の集い」というパーティーを開いていたのだ。

 手塚氏のブログによると、来賓者には、枝野代表や蓮舫氏のほか、長妻昭代表代行、辻元清美国対委員長、野田佳彦前首相や菅直人元首相ら、旧民主党政権をほうふつさせる面々が名を連ねていた。

 出席者がネットにアップした写真には、壇上で挨拶する枝野氏らとともに、多数のビール瓶が写っていた。

 夕刊フジは11日朝、手塚氏を電話で直撃した。

 手塚氏は、5日夜にパーティーを開いた事実を認め、「乾杯用にビールとかは出ていると思う」と話した。ただ、ネット上で疑問・批判が出ていることなどについては、「文書で対応する」として詳細な回答を避けた。

 政治評論家の伊藤達美氏は「まさにブーメランだ。災害発生後に、政府・自民党の対応を批判する野党の理屈は、結果論に過ぎない。前のめりになって、いつものブーメランが直撃する事態になっている。大災害をここぞとばかりに政権批判に利用する姿勢はどうか。ここは与野党が結束して、被災者の救出と復旧、対策などに全力を尽くすべきだ」と話している。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.06 手塚の独り言
  25周年感謝の集い

  https://www.t440.com/2018/07/06/25周年感謝の集い/

 
今週は寝不足の方も多いことでしょう。W杯日本代表の挑戦が、決勝トーナメントのベスト16で惜しくも幕を閉じました。夢を与えてくれた激闘に改めて拍手を送りたいと思います。さて、昨晩は日頃から私をご支援いただいている皆様にご参集いただき、「手塚よしお政治活動25周年感謝の集い」を国会近くの憲政記念館で開催させて頂きました。野田佳彦前総理、菅直人元総理、枝野幸男代表、長妻昭代表代行、辻元清美国対委員長、蓮舫副代表ら多数のご来賓にもご祝辞を頂戴し、政治家冥利に尽きる夜となりました。振り返れば、1993年に都議会初当選、2000年に衆議院初当選を果たして以降、山あり谷あり、当選あり落選あり、文字通り波乱万丈の四半世紀でした。お支え頂いた多くの皆様に心から感謝の思いをお伝えさせて頂きました。そして今、国政のど真ん中で仕事ができる喜びを噛み締め、自らの持ち場を守り、引き続きコツコツと職責を全うし、有権者の負託に応えていく決意を語らせて頂きました。延長国会も実質残り2週間。最後の山場を作るべく奮闘したいと思います。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・FLASH 2011年10月11日号
  親分・野田首相が渡米した翌日、数多くの著名人との交遊が噂されたあの男―― 蓮舫「シャブ逮捕歴男」と密会した「台風の夜」


8415
 ( 画像出典はこちら



« 忖度されっ放しのあっち系の方々 | トップページ | 超忖度事案ワースト3(直近1ヶ月) »

半島人」カテゴリの記事