« 蓮舫姐さんが確信犯でダンマリを決め込む不都合な真実 | トップページ | メディアは死んでいた »

2018年8月13日 (月)

こんなにもある世界の動物ネタニュース




 
・2018.08.09 産経新聞
  ネコ2匹殺害の元奈良県嘱託職員に有罪判決 奈良地裁「動物の生命軽視」

  http://www.sankei.com/west/news/180809/wst1808090011-n1.html

 
自宅でネコを殺害し死骸を捨てたとして、動物愛護法違反と廃棄物処理法違反の罪に問われた奈良県文化資源活用課の元嘱託職員、渡辺将隼被告(26)=奈良市西大寺東町=の判決公判が8日、奈良地裁で開かれ、重田純子裁判官「愛護動物の生命を軽視した悪質な犯行」として懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 判決理由で重田裁判官は「仕事のストレスを抱える中で、飼い猫がいうことを聞かないことに怒りを募らせ、残酷な暴行を加えて殺害した」と指摘した。

 判決によると、渡辺被告は平成29年11月17日~12月2日ごろ、自宅でネコ2匹を殺し、同市内に捨てた。



 
5ch コメント
 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533822361/

 
> つか執行猶予3年つくにせよ、懲役1年ってすげえよな。
   じぶんちで自分の飼い猫殺したら刑務所に入れられるんだ

 > 猫が人間の言うことを聞くわけない
   妻でさえ私の言うこと聞かないのに
  どうしろと?

 > 訳わかんねえ
   猫を保健所に持って行って懲役つきますか?ってんだよ



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.06 AFP日本語版
  サメに襲われ観光客死亡、エジプト紅海沿岸

  http://www.afpbb.com/articles/-/3185075

8592
 
( エジプトの紅海に面した海岸に掲示された、サメに注意するよう呼び掛ける赤い旗 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.05 AFP日本語版
  干ばつに見舞われたイラク、耕地面積が半減

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184980

8588
 
( イラク中部で、干ばつに見舞われた農地を歩く痩せた牛、2018年7月2日撮影 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.04 AFP日本語版
  中国で初、アフリカ豚コレラが発生 336頭を殺処分

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184915

8589
 
( 中国・北京市郊外にある養豚場のブタ )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.03 AFP日本語版
  博物館の名物猫、不可解な誘拐事件に巻き込まれる ロシア

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184820

8590
 
( ロシア・モスクワのブルガーコフ博物館に住み着いた黒猫 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 ・2018.08.01 AFP日本語版
  野生動物保護レンジャー、1年の殉職107人 訓練・装備など不足

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184549

8591
 
( ケニアのニエリで、ツァボイースト国立公園に運ぶゾウに麻酔をかけ、トラックに載せる準備をしている野生生物保護レンジャーら )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.01 AFP日本語版
  水族館で白昼堂々サメ盗む、容疑者の1人逮捕 米テキサス州

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184520

8513
 
( 米テキサス州サンアントニオ水族館で、カリフォルニアネコザメをベビーカーに載せて盗み出す容疑者の男、右 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.31 AFP日本語版
  ヤギを性的虐待し死なせる、男8人を指名手配 インド

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184465

8514
 
( インドのヤギ )

 インド北部の警察は31日、妊娠したヤギに性的暴行を加えて死なせた男8人の大規模な捜索を行っていると発表した。

 捜索の対象範囲となっているのは、首都デリーから約100キロ離れたハリヤナ(Haryana)州メワット県。

 事件は先週、男3人が夜間にヤギを襲う姿を飼い主が目撃して発覚。地元の警部補はAFPに対し、「飼い主は当初、ヤギが盗まれるのを恐れて通報したが、目にしたことにショックを受けていた」と明かした。


 インドでは、英国の植民地だった時代に制定された刑法第377条で「自然の秩序に反した性交」が禁じられており、同性間の性交渉も違法とされる。容疑者らは、同条への違反に加え、動物虐待の容疑で指名手配されている。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.31 AFP日本語版
  カンガルーが民家の窓突き破る、家中跳ね回って血まみれに 豪

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184446

8515
 
( オーストラリア・メルボルンで民家の窓を突き破ってけがをしたカンガルー「ノーマン」 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.30 AFP日本語版
  英旅行大手トーマス・クック、シャチ飼育施設へのツアー中止へ

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184295

8516
 
( フランスで飼育されているシャチ )

 英旅行代理店トーマス・クック・グループのピーター・ファンクハウザー最高経営責任者(CEO)は29日、シャチを飼育しているテーマパークへのツアー旅行の取り扱い中止を発表した。動物福祉という観点からの配慮と説明している。

 これらのテーマパークには、米シーワールドや、スペイン領カナリア諸島テネリフェ島にあるロロ公園などが含まれている。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.30 AFP日本語版
  北極海の島でホッキョクグマがクルーズ船員襲う、その場で射殺

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184180

8517
 
( ノルウェー領スピッツベルゲン島で射殺されたホッキョクグマ )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2018.07.28 AFP日本語版
  ゴキブリ3億匹が15トンの生ごみ処理、衛生面には懸念の声も 山東省

  http://www.afpbb.com/articles/-/3183993

8518
 
( 瀋陽にある生ごみ処理センター )

 人々から毛嫌いされるゴキブリ。だが、中国・山東省済南市章丘区では、ゴキブリを利用した生ごみ処理を行っていることで話題になっている。

 同区の生ごみ処理センターの李延栄主任は、「センターでは、生ごみから鉄やガラス、プラスチックなどを取り除き、残った有機質のごみを砕いてペースト状にした後、輸送管を使ってゴキブリの『飼育室』へ送る。すべて自動で行っている」と紹介した。

 現在センターの飼育室には約300トン、約3億匹のワモンゴキブリがおり、1日約15トンの生ごみを処理している。2019年にはさらに処理棟を2棟増やし、1日の処理量を200トンに増やせる予定だという。


 同区環境衛生管護センターの董科長によると、現在、同区で出るごみ600トンのうち60トンが生ごみで、生ごみ処理センターでは1日15トン、全体の4分の1の生ごみを処理している。一般的な処理方法は埋め立てだが、土地を必要とするだけでなく、環境汚染にもつながる。同区の生ごみ処理センターがゴキブリを利用して行う事業は、政府との共同プロジェクトの一つだという。

 ゴキブリは、タンパク質飼料としても利用できると同区の生ごみ処理センターは主張する。中国の動物性タンパク質飼料は現在、ほとんどが輸入に頼っている。李主任は、「センターのゴキブリ1トンからタンパク質含量72%の昆虫タンパク質飼料1トンを生産できる。1級動物性タンパク質飼料は、市場では1トン1万2000~1万5000元(約19万6000~24万5000円)で取引されている」と説明した。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.28 AFP日本語版
  妊娠中のイルカ射殺、犯人に関する情報提供者に報奨金 米国

  http://www.afpbb.com/articles/-/3184118

 
妊娠中に射殺されたイルカが米国のメキシコ湾沿岸で見つかったことを受けて、犯人に関する情報の提供者に最高1万1500ドル(約128万円)の報奨金が支払われると、米海洋大気局(NOAA)が明らかにした。

 NOAAによるとミシシッピ州ウェーブランドの海岸で今年4月30日にイルカの死骸が見つかった。解剖したところ銃で撃たれて死んだことが分かり、動物愛護団体「全米人道協会などの団体が犯人につながる情報を得ようと、報奨金の資金を集めた。

 NOAAによれば近年メキシコ湾のイルカが襲われる事件は増えており、2002年以降に銃または矢で殺され海岸に打ち上げられたイルカは少なくとも24頭に上る。野性のイルカに害を与えることは1972年に成立した海産哺乳動物保護法で禁止されている。有罪になった場合は罰金10万ドル(約1100万円)と禁錮1年が科される可能性がある。


8519
 
海面から飛び上がったイルカ


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 ・2016.02.01 チャンネル桜放映
  【カウンター・プロパガンダ】「ビハインド・ザ・コーヴ」監督・八木景子氏に聞く

  https://www.youtube.com/watch?v=HUHr7hnmxiQ

">

 
番組内容:その背景に、偽善とレイシズムが垣間見える映画「The Cove」は、しかしアカデミー賞で「長編ドキュメンタリー映画賞」を受賞するなどして、反日プロパガンダとしては大成功を収めた。これに対し、個人で「捕鯨問題」を掘り下げていった八木景子氏は、必然的に反捕鯨活動家の“実態”を知ることになり、それを演出無しで整理した結果、この上ないカウンター・プロパガンダ映画を世に送り出す事になった。いよいよ日本でも公開された「Behind “THE COVE”」とはどのような映画であるのか、監督の八木景子氏をお招きして、撮影時のご苦労などをお聞きしていきます。



« 蓮舫姐さんが確信犯でダンマリを決め込む不都合な真実 | トップページ | メディアは死んでいた »

浦安点描」カテゴリの記事