« 男女平等先進国ノルウェー、国民はそれで本当に幸せか? | トップページ | やっぱりダイアナ妃には気品があった »

2018年9月12日 (水)

嘘とは承知しつつも自らを鼓舞しなければ生きて行けないアメリカの偽善




 
総裁選初日、プーチンくんに会ってる安倍総理に圧倒的余裕


 
・2018.09.10 Reuters
  Japan's Abe says wants to discuss peace treaty with Putin

  https://www.reuters.com/article/us-japan-russia-peace-treaty/japans-abe-says-wants-to-discuss-peace-treaty-with-putin-idUSKCN1LQ1B9

8909
 
VLADIVOSTOK, Russia (Reuters) - Japanese Prime Minister Shinzo Abe wants to talk to Russian President Vladimir Putin about a peace treaty between Japan and Russia, Abe said in his opening remarks before the meeting with Putin in Vladivostok on Monday.


 一方の石破の茂ちゃんは、ギリギリ生活&漫画チックに見えるw


 
・2018.09.10 産経新聞
  【自民党総裁選】安倍首相…圧勝へ党員票照準 石破元幹事長…「空中戦」制限に焦り

  http://www.sankei.com/politics/news/180910/plt1809100073-n1.html

8910
 
( 所見発表演説会を終えた石破茂元幹事長、安倍晋三首相=10日午前、東京都千代田区・自民党本部 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
もう、特定野党そのもに見えるゾww


 
・2018.09.10 NHKニュース
  自民総裁選「すべてを焼き尽くす覚悟で」石破氏 出陣式で

  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180910/k10011621481000.html

8911

 
・2018.09.07 産経新聞
  【自民党総裁選】石破茂元幹事長の推薦人一覧

  https://www.sankei.com/politics/news/180907/plt1809070013-n1.html

 
自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長の推薦人は以下の通り。

 尾辻秀久▽石井準一▽松村祥史▽青木一彦▽島田三郎▽舞立昇治▽中西哲▽村上誠一郎▽中谷元▽渡海紀三朗▽橘慶一郎▽伊藤達也▽田村憲久▽赤沢亮正▽平将明▽福山守▽田所嘉徳▽神山佐市▽冨樫博之▽古川禎久(敬称略)



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ( 閑話休題 )


 日本が1945年9月2日ポツダム宣言の降伏文書に調印した日を記念して、アメリカでは毎年9月2日を対日戦勝記念日( VJ day = Victory over Japan Day )と制定しています。

 因みに、ヨーロッパ戦勝記念日( VE day = Victory in Europe Day )は、1945年5月8日に連合国がドイツを降伏させた日をもってして、5月8日に制定されています。

 で、今年の9月2日は、73回目の " VJ Day " で、たまたまベトナム戦争に従軍経験を持つマケイン上院議員が去る8月25日にお亡くなりになったこともあり、彼の逸話を交えながら、ヘリテージ財団の理事長である " Kay Coles James " 女史(共和党支持)が、FOX News に彼女のオピニオンを掲載しました。

 備忘録の意味を予て、以下にその全文を転載しておきます。

 Google の機械翻訳でもその意味するところは大体把握出来ますので、ご興味のある方はお読みになって下さい。


 ( ご参考 )

 
Kay Coles James プロフ(英語版Wikiから)

 
・Born June 1, 1949、69才、バージニア州ポーツマス生れ

 ・アフリカ系アメリカ人

 ・ハンプトン大学卒

 ・3人の子供の母親

 ・レーガン政権、ブッシュ政権でスタッフに任命された経験を持つ

 ・December 19, 2017、保守系の有力シンクタンクの1つであるヘリテージ財団の " President " に任命された


8833_2
 ( 画像出典はこちらから )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.09.02 Fox News
  The end of World War II 73 years ago, offers us an incredible lesson today

  http://www.foxnews.com/opinion/2018/09/01/end-world-war-ii-73-years-ago-offers-us-incredible-lesson-today.html

8832_2
 
( FILE -- Thousands of people celebrate VJ Day on New York's Times Square August 14, 1945 after Japanese radio reported acceptance of the Potsdam declaration. )

 Sunday marks the 73rd anniversary of V-J Day – Victory over Japan, when World War II ended on Sept. 2, 1945 with Japan’s surrender to the United States in a ceremony about the battleship USS Missouri. It followed V-E Day – Victory in Europe – on May 8 that same year, when the Allies accepted the surrender of Nazi Germany.

 If you’ve ever watched the classic film “It’s a Wonderful Life,” you may recognize these lines from the scene where an angel recounts George Bailey’s actions at the end of World War II:  “Like everybody else, on V-E Day, he wept and prayed. On V-J Day, he wept and prayed again.”

 When the movie was first released in 1946, audiences got the reference right away. They had just lived through that long and bloody clash of arms. They knew full well why people wept and prayed on the day when the war in Europe ended, and again when our hostilities with Japan came to a close.


 But 73 years later, it’s a different story. At a time when many aren’t even sure what “V-E” and “V-J” stand for, their significance seems to have faded from memory.

 Perhaps that’s because the images of a war’s end aren’t as stark as those that mark its beginning. Americans, after all, were jolted into the conflict by the horrific events and footage of Dec. 7, 1941, as Japanese fighter planes attacked U.S. ships docked at Pearl Harbor in Hawaii.

 The scene on Sept. 2, 1945 was much quieter. And yet what was being communicated – that the United States would be magnanimous in victory and not pursue a vindictive peace – spoke volumes.

 Such a stance is a proud fixture of American history.

 Britain, the nation America fought in two bloody wars to win and then secure our independence, soon became our closest ally. Such healing also followed our nation’s Civil War, led by the stirring words President Lincoln delivered in his second Inaugural address.

 Lincoln said: “With malice toward none, with charity for all, with firmness in the right as God gives us to see the right, let us strive on to finish the work we are in, to bind up the nation's wounds, to care for him who shall have borne the battle and for his widow and his orphan, to do all which may achieve and cherish a just and lasting peace among ourselves and with all nations.”

 When the guns fell silent in 1945 it was the same story. U.S. Army Gen. Douglas MacArthur told those assembled on the deck of the battleship Missouri 73 years ago that they were not meeting “in a spirit of distrust, malice or hatred.” It was instead their duty to rise to a “higher dignity.”

 “It is my earnest hope, and indeed the hope of all mankind,” MacArthur said, “that from this solemn occasion a better world shall emerge out of the blood and carnage of the past – a world founded upon faith and understanding, a world dedicated to the dignity of man and the fulfillment of his most cherished wish for freedom, tolerance and justice.”

 It worked. Appealing to what President Lincoln once called “the better angels of our nature” led to a true and lasting peace. We didn’t put Japan under our thumb, creating rancor and vengeful feelings. We helped Japan rebuild and rejoin the nations of the world, not as a beaten foe but as a peaceful partner.

 The result? More than seven decades later, Japan is one of our staunchest allies – one that helps preserve, rather than imperil, peace in the Pacific.

 I see that as the true hallmark of American might. We use our power not for subjugation and conquest, but to stop aggression and right injustice. And once the battles have ceased, we work to lift up others and make the world a better, safer place.

 The late Sen. John McCain, a man who lived true to the Warrior’s Code, embraced this conciliatory approach. Though tortured mercilessly as a prisoner of war in North Vietnam, McCain worked diligently not for revenge, but to normalize relations between the United States and his former captors.

 As this true American hero explained in 2000: “The object of my relationship with Vietnam has been to heal the wounds that exist, particularly among our veterans, and to move forward with a positive relationship.”

 An open-hands, open-hearts approach can work at home as well as abroad. In a time of rising incivility and escalating rhetoric, Americans would do well to follow Lincoln and MacArthur’s examples. To seek more peaceful ways to express our differences of opinion. Not to “repay evil with evil or insult with insult,” but to offer our blessings instead.

 As the proud generations before us demonstrated, it’s never easy. But it very often is the right – and the smartest –thing to do.

 And it’s what puts the “victory” in Victory Day.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 相も変わらず戦勝国側限定の戦争史観です。

 第三者的見地に立った客観的かつ公平な視点は全く伺われません。

 歴史の If で、「もしアメリカが敗戦国だったら」、彼女の主張は全否定されること間違いなしです。

 石破の茂ちゃんのキャッチコピーではありませんが、「正直、公正」な観方は、彼女の場合、どこにもありません。

 何が何でも、アメリカを善、日本を悪とラベリングしたい、もとい、理屈抜きに勝者側の一方的な決め付けを永遠にプロパガンダし続けなければ、アメリカの正義は邪悪そのものであったことが世界に知れ渡ってしまうw

 ですから本当の意味での歴史修正主義者とは、正義面した彼女達のような存在であることをつくづく思わざるを得ません。

 つまるところ、真に中立の立場の人が公平な目で日米戦争を再検証した場合、許さざれる非はアメリカ側にも相当数あったことがバレバレになってしまうことを、アメリカは極端に恐れているのです。

 本当の真実・事実を充分承知しているアメリカは、いつの日か、日本による報復があるかも知れないことに脅えていて、ひょっとしたら、夜も眠れない状態が73年間も続いているとも邪推されます。

 即ち、日本にはその意思が全然なくても、遠い将来、日本によってアメリカ本土に原爆が投下される日が来るかも知れないと、いつだって、表面、強がってはいても、内心はビクビクしている・・・・。

 Kay 女史の上記主張には、そんなアメリカ側のお気の毒な心情が所々に見え隠れしていて、ある意味、アメリカの精神的な弱点が自然体で表われてしまった、との観方も出来ましょう。

 おまけに、日本への原爆投下だけではなく、その前に、アメリカにはインデアン10百万大虐殺劇の拭いようのない超ウルトラ・モンスター級の歴史的大原罪がありますからね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ( ご参考 )


 
< 西尾幹二著「日本人はアメリカを許していない」2007年ワック刊 >


 
米ソが冷戦構造にあった時代、敵が一つに絞れたため、アメリカは核兵器開発競争で強大なパワーを発揮し、安定していた。

 しかし、同時多発テロ以後、小型化された核兵器がテロリストの手に渡る可能性に対してはどうしてよいか手に負えず、その恐怖がアメリカの政治を動かし、世界を不安定にし始めている。
ニューヨークやワシントンが核で破壊される可能性にアメリカはいまや本気で怯えている。広島、長崎に対して冒した犯罪への悪夢の幻影にひきずられだした証拠である。歴史の復讐を現実株を帯びたものとして、恐れ始めている。

 
わけても遠い将来にあり得るかもしれないと見なす日本からの復讐を何よりも恐れているといってもいい。日本にその気がなくても、向うが勝手に抱く幻影で、それが政治を捻じ曲げていく。六カ国協議を、日本に核武装させないための合議の場にしようとするだろう。「広島平和文化センター」のリーパー理事長のような、原爆投下でアジアは日本支配から解放された、といった詭弁で歴史を書き替えるばかばかしい論理が少しづり次第に力を持ってくるという危険もあり得ないことではない。

 しかも日本の国内には詭弁に乗せられ、これを何倍にも増幅してはしゃぐ愚か者がまたごまんといることを考えてもみられよ。

 心ある沈着な日本人がいま何をしなければならないかは明らかであろう。日本が平和な心をいくら維持しても、相手が自分の犯した悪の幻影に振り回され、次第にこちらを敵視し、敵意を高めていくという事態は可能性としていくらも考えられる。だいたい欧米の対日感情の悪化はみなそうしたプロセスを辿っている。戦前のアメリカもそうであった。よほどこちらがしっかり相手を見据え、自国の立場を揺るぎなく見守っていかない限り、相手の自己幻想が生み出した色眼鏡でわれわれが自国の歴史を塗り替えるよう強制される強引なパワーに負けて、相手の口車に乗せられ、自分自身を喪失してしまうことになるだろう。

 戦後日本の弊害とばかりはいえない。明治以来、西欧の文明のことばで台詞をつけられ、自国の歴史を西洋的に説明してきたこの国の知性は、ややもすると相手のロジックに負け、自分の正義が見えず、相手の正義の背後にある悪も見抜けず、自分が犯してもいない悪を背負い込むというばかばかしい失策を重ねてこなかっただろうか。そして、だいぶ経って騙されたと気がついて、自己の正義に立ち戻るのはかえって危うい。そのときには怒りが全身を包んで、相手への憎悪に身をたぎらせる不毛な結果に終ってしまうからである。

 欧米世界が強く大きく豊かであるときには、たとえ彼らが傲慢でも危険は少ない。弱く小さくなり、卑劣に立ち回らなければ生きていけないと認め始めたときがこわい。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それでは、Kay 女史のオピニオン、オジサンが気になった箇所のいくつかをピックアップしてみます。

 先ずはタイトルそのものです。
 
 
> The end of World War II 73 years ago, offers us an incredible lesson today

 73年前の第二次世界大戦は、我々に最高の教訓を与えてくれている。

 その最高の教訓とは?

 
> We didn’t put Japan under our thumb, creating rancor and vengeful feelings. We helped Japan rebuild and rejoin the nations of the world, not as a beaten foe but as a peaceful partner.

 オジサンによる超穿った観方から致しますと、上述箇所から、それは、正義をかざして戦ったアメリカが73年かかって、かつて敵国であった日本を更生させ、今では日本はアメリカの最大のアメリカになった、と彼女は主張したいのではないかと推察します。

 Kay 女史、本気でそう思ってる?

 オジサンは、日本がかつて敵国であったアメリカの友好国に戦後成り得たのは、偏に、日本民族の民度の高さ・気高さ・優しさによるものだと分析しますけどね。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
> Perhaps that’s because the images of a war’s end aren’t as stark as those that mark its beginning. Americans, after all, were jolted into the conflict by the horrific events and footage of Dec. 7, 1941, as Japanese fighter planes attacked U.S. ships docked at Pearl Harbor in Hawaii.

 ( Google 機械翻訳 )

 おそらくそれは、戦争の終わりのイメージが、その始まりを示すものほど尖っていないからです。 1941年12月7日、ハワイの真珠湾に駐留する米国の船を日本の戦闘機が攻撃したため、アメリカ人は結局のところ紛争に巻き込まれました。

 日本の戦闘機がパールハーバーの戦艦を攻撃した。

 これは否定しようのない事実です。

 でもねぇ、その前に和解する方向で準備を進めていた日本に、アメリカがハル・ノートを一方的に突き付け、日本をどうしても開戦せざるを得ない状況に執拗に画策し捲っていた事実を、Kay 女史は完全にスキップしてお出でです。

 で、その首謀者は、ルーズベルトだったことも。

 言うまでもなく、ルーズベルトは念願通り、日本に戦争を仕掛けさせ、自ら、議会の承認もなしに単独で開戦に踏み切りました。
 
 ルーズベルトの日本に対する超偏見に基づく独りよがりの開戦へのこの決断は、議会の承認を得ていない超越権行為であり、当時も今も、明らかな米国連邦憲法違反行為であったことは、米国一般人にも漸く薄々知れ渡ってきました。

 しかも、ルーズベルトを始め、当時のアメリカの為政者達は、12月7日に日本軍がパールハーバーを攻撃することも、事前に充分承知していました。

 なのに、ルーズベルトは、ハワイの海軍司令官には、そのことを一切、知らせていませんでした。

 そのため、2000名に及ぶハワイの海兵隊兵士諸君が、無残な死に追いやられたのです。

 アメリカ国民は、73年経った今もこのパールハーバーの急襲をもってして、日本が如何に卑劣であったかをトランス状態で叫び続けていらっしゃいます。

 ですが、アメリカ国民の皆様、違った側面から歴史の真実を見直してみて下さい。

 日本を卑劣とラベリングするなら、自国民のアメリカ人兵士2000人を平気で死に追いやって平然としていたルーズベルトも、同様に卑劣極まりないとアメリカ国民の皆様はお思いになりませんか。

 まぁ、英雄視されているルーズベルトを貶す言論の自由は、アメリカと雖も無いんでしょう。

 ましてや、原爆の人体実験や数えきれない程のB29による日本本土空襲で、100万人に及ぶであろう無辜の日本人、もとい、黄色いJapが生贄になったことで、今尚、有頂天になっている極めて民度が低いアメリカ国民の皆様のことです。

 パールハーバーで犠牲になったアメリカ人は、99%がアメリカの軍人です。

 民間人で巻き添えをくったのは、僅か、十数名とされています。

 アメリカ国民の皆様におかれましては、そんなことさえ知らされていないのでしょう。

 アメリカの増すゴミくんのフェイクニュース報道、偏向報道は、今も昔も、大差ありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
> “It is my earnest hope, and indeed the hope of all mankind,” MacArthur said, “that from this solemn occasion a better world shall emerge out of the blood and carnage of the past – a world founded upon faith and understanding, a world dedicated to the dignity of man and the fulfillment of his most cherished wish for freedom, tolerance and justice.”

 ( Google 機械翻訳 )

 マッカーサーは、「この荘厳な瞬間から、過去の血と大虐殺、すなわち信仰と理解に基づいて創られた世界から、より良い世界が出現することは、私の真の希望であり、すべての人類の希望です。人間の尊厳と自由、寛容と正義のための彼の最も大切にされた希望の達成に捧げられている」

 都合のいいときだけ登場するアメリカ国民の皆様の信仰宣言。

 本気で神を信じていらっしゃるのなら、ジェノサイドも大量虐殺も、お出来になれない筈なんですけどね。

 もっとも、一神教がお可愛そうなのは、異教徒と肌の色の違う人種は、悪魔的存在と位置付けられている点です。

 彼らを殺戮することに、アメリカ国民の皆様は、一片の良心の呵責を持ち合わせていらっしゃらない可能性が大です。

 故に、1千年以上住みついていた原住民である10百万近くのインデアンを大殺戮することによって、彼らの土地を有無を言わせず全て収奪し、併せて、メキシコ・ハワイ・アラスカの原住民からも土地を収奪し、何百万単位の黒人奴隷をアフリカ大陸から強制徴用し、2百年に渡ってタダ働きをさせ、虐待し、差別し、星の数ほどの悪事を遣ってのけることが出来たんでしょう。

 お天道さまは見ていらっしゃいます。

 いずれの日にかアメリカが裁かれるときが来るとオジサンは思いますけどね。
 

 ( ご参考 )

 
・2018.08.15 Wach auf
  ルーズベルトの開戦責任

  http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-687c.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
” U.S. is guilty ” ww


 
The Biggest Genocide In Human History Did Not Occur In Nazi Germany But On American Soil
 http://thedailycheck.net/biggest-genocide-human-history-not-occur-nazi-germany-american-soil/

8834_2
8835_2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
The Atlantic Slave Trade: 315 years. 20,528 voyages. Millions of lives
 https://www.thevintagenews.com/2016/01/19/the-atlantic-slave-trade-315-ignominious-years-of-plunder-and-misery/

8836_2
8837_2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
Atomic bombing Japan
 https://battlefields.com.au/atomic-bombing-japan-1945/

8838_2
8839_2
8840_2
8841_2



« 男女平等先進国ノルウェー、国民はそれで本当に幸せか? | トップページ | やっぱりダイアナ妃には気品があった »

正義を疑う」カテゴリの記事