« 特定野党笑韓劇場「立憲民主党Twiiter」編 | トップページ | なるようにしかならない中東紛争 »

2018年9月20日 (木)

SF市インディアン像撤去騒動に見る共同通信くんの超いい加減さ




 Atrocities Against Native Americans
 http://endgenocide.org/learn/past-genocides/native-americans/

 *atrocity:残虐行為

8952
 
Numerous atrocities against Native Americans span the hundreds of years from the first arrival of European explorers to the modern era under a wide range of circumstances. Today there are over 500 Native American tribes in the United States, each with a distinct culture, way of life and history. Even today, Native Americans face large challenges to cope with the disadvantages history has left them and ongoing cases of discrimination.


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.09.15 産経新聞
  先住民虐待の銅像撤去へ 米サンフランシスコ

  https://www.sankei.com/world/news/180915/wor1809150006-n1.html

8953
 
( 米サンフランシスコで、「差別的」として撤去された銅像 )

 米西部カリフォルニア州サンフランシスコ市は14日までに、市庁舎付近に設置されている先住民を虐待する様子を表現した19世紀の銅像を「差別的」として近く撤去することを決めた。地元紙サンフランシスコ・クロニクルなどが伝えた。先住民の活動家の訴えを受けて議論が続いていた。

 報道によると、問題となっていたのは同州の成り立ちを伝えるモニュメントの一つ。カウボーイとカトリック伝道者が先住民を踏み付けている場面を表現した銅像で、ゴールドラッシュ時の入植者を描いた銅像などと並び観光スポットにもなっていた。

 市当局は「早急に撤去する」としているが、具体的なスケジュールは不明。先住民の活動家は地元紙に「三十数年の時間がかかったが、素晴らしい」と評価した。一部博物館などが受け入れに興味を示しているという。

 米国では先住民の権利向上を求める声が高まっており、米大陸に到達した探検家コロンブスを先住民の虐殺者とする見方も拡大している。
(共同)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 上記共同発産経くん記事のタイトルだけを見たとき、オジサンは、単純にこう思いました。

 10百万人とも推定されているアメリカ・インディアンへのジェノサイド。

 アメリカは自国のどうしようもない負の歴史をこの世から100%なかったことにしたいがために、インディアンが虐げられている銅像を急遽、撤去することに決めた。

 アメリカの正義って、超ご都合主義で、超いい加減だねってね。

 ところが、記事本文を読み進むうちに、この共同通信くんの記事には、一般人感覚では思わず????と思わざるを得ない箇所が3つもあることに気が付きました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ① 先住民を虐待する様子を表現した19世紀の銅像を「差別的」として近く撤去することを決めた

  誰が、誰に対する行為を、差別的と仰ってるんでしょうか。

  アメリカにはインディアンを虐待した歴史なんかこれっぽっちもないから、事実に基づかない銅像をいつまでも設置しておくのは、アメリカ人に対する差別行為だ、でしょうか。

  だったら、SF市に現在進行形で設置されている慰安婦像なんかは、真っ先に、撤去されていなければなりません。

  ましてや、慰安婦問題は、アメリカには800%無関係で、800%朝日新聞と中朝韓によってでっち上げられた事実無根のプロパガンダ事案です。

  それとも、インディアンへのジェノサイドの歴史的事実は認める一方で、アメリカ人だってご先祖様の悪業非道行為を充分反省しているんだから、いつまでもジェノサイドを批難する銅像をそのままにさせて置くことは、逆差別でもある、とでも仰りたいんでしょう。

  となりますと、ホロコーストも、一方的に日本が悪と決めつけられてる大東亜戦争も、何かと言うと戦勝国側が持ちだして来る彼らの非難行為も、いい加減、ストップして頂かなければなりません。

  なになに、謝罪と反省と、ジェニがまだまだ足りない、でっすってぇ。

  あっそう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ② 先住民の活動家の訴えを受けて議論が続いていた。先住民の活動家は地元紙に「三十数年の時間がかかったが、素晴らしい」と評価した。

  えっ、先住民の活動家が、三十数年間、この銅像の撤去を求めていた、ってこと?

  ジェノサイドの主体者である白人側が、自分達の恥さらしになるから撤去を長年画策していたと言うことならすんなり理解出来ますが、圧倒的被害者であるインディアン側が撤去を求めていたって、一体、何を意味するんでしょう。

  いつまでもご先祖様のふがいなさを晒け出したままにしておくのは、現代に生きるインディアンの子孫としては忍び難い。だから一日も早く撤去させよう?

  それも判らなくもないではないですが、だったら、差別的だから撤去せよではなく、インディアンとしてのアイデンティティを維持するためにも差別的だからではなく、むしろ、インディアンにとっては「屈辱的」な歴史だからと、はっきり仰ればよいだけのことです。

  どうも増すゴミくんは、安易に「差別」を多用したいがために、問題の本質が妙な方向に行っているような気がしてなりません。

  もう1つ考えられることは、撤去を提唱し続けていらっしゃったこのインディアンの活動家は、白人側に買収されていて、確信犯でインディアンのためではなく白人側のメリット享受のために活動している可能性も、充分、有り得ます。

  インディアン側だって全員が団結出来ている訳ではありますまい。

  日本に反日日本人がうじゃうじゃいらっしゃる如く、インディアンの皆様の中にも、アンチ・インディアンがうじゃうじゃいらっしゃったところで、全然、おかしくありません。
  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
③ 米大陸に到達した探検家コロンブスを先住民の虐殺者とする見方も拡大している。

  北米大陸に恐らく2千年以上は住みついていたであろうインディアンの生命を奪い、彼らの土地全てを強奪した白人諸君を、虐殺者とラベリングせずして、何と規定すれば宜しいんでしょう。

  まっ、どうせ、白人側からすれば、全ては原始人に文明を教えて上げた善意の行為、ってことになってるんでしょうけど。

  そう無理矢理、思い込まなければ白人諸君、精神のバランスが崩れちゃいますもんねぇ。

  だって、誰が冷静に観ても、1人や2人ではなく、10百万人近くものインディアンをあっという間に殺しちゃったんですから。

  ホロコーストの6百万人なんか、てんで、問題になりません。

  > 虐殺者とする見方も拡大しているwww

  思いっきり、ちゃんちゃら可笑しい、と言うしかありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それでは、共同通信くんが伝えるネタ元となった、サンフランシスコ・クロニクル紙が、実際はどう伝えていたのかを見てみましょう。


 
・2018.09.12 San Francisco  Chronicle
  San Francisco board votes to remove ‘Early Days’ statue showing fallen American Indian

  https://www.sfchronicle.com/bayarea/article/San-Francisco-board-votes-to-remove-statue-13225683.php

8954
 
( Pioneer Monument on Fulton St on Monday, August 21, 2017 in San Francisco, Calif )

 A controversial sculpture in San Francisco’s Civic Center depicting a vaquero and a missionary standing over a fallen and nearly naked American Indian could be coming down as early as next week following a unanimous vote by the city’s Board of Appeals Wednesday night.

 The vote reverses the board’s earlier decision and bookends a decades-long fight to remove what some critics have called a racist emblem of California’s past.

 “This has been a tough 30-plus years. But this is wonderful,” said Dee Dee Ybarra, an Ohlone tribal leader who urged the commissioners to remove the statue.

 San Francisco’s Arts Commission and Historic Preservation Commission had both signed off on a proposal to remove the “Early Days” statue and put it into storage. But the plan was frozen after an appeal was filed by Frear Stephen Schmid, an attorney in Petaluma. Schmid argued that neither commission had the authority to remove the sculpture and that the decision was inconsistent with the city’s standards for removing or altering historic artifacts.

 The sculpture is one of five bronze statues that make up the Pioneer Monument, an 800-ton shrine to the settling of California planted between the Main Library and the Asian Art Museum.

 The Board of Appeals sided with Schmid in April, largely on the grounds that the Historic Preservation Commission erred in approving the statue’s removal because it would change the Pioneer Monument’s historic character. But the appeals board granted the city a chance to make its case for removal one more time at Wednesday’s rehearing.

 The Arts Commission had originally proposed removing the sculpture last year after a demonstration in Charlottesville, Va., at the site of a Confederate statue. That rally, which resulted in the death of a counterprotester, started a national reckoning around removing historical monuments that, to many, glorify racial or cultural oppression.

 At Wednesday’s meeting, representatives of the Arts and Historic Preservation Commission argued that both bodies were acting well within the rights given to them by the City Charter when it comes to decisions about the city’s public art collection. Before their vote, several Board of Appeals commissioners said they were gratified to have received a clearer picture of the city’s rules and how they were interpreted.

 The sculpture has been the subject of fierce debate for decades. Critics have long castigated it as an offensive celebration of the subjugation of American Indian people by white settlers.

 But Schmid and others who have defended the statue argued that eliminating historic relics — even deeply offensive ones — deprive the public of an important reminder of the terrible events of the past. Schmid has vowed to press his case in either state or federal court.

 Tom DeCaigny, the Arts Commission’s director of cultural affairs, said the commission would begin working to take the statue down immediately.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 皆様、驚く勿れ。

 上記サンフランシスコ・クロニクル紙の記事には、共同通信くんが指摘している「差別」「虐待」「先住民」なる言葉は、一切、出てきません。

 クロニクル紙は、Native American(先住民)ではなく、明確に、" American Indian " のワーディングを採用なさっています。

 だって、インディアン側からしたら、” Native American ” なる言葉は、明らかに差別用語であると国連にも訴えていることは既定の事実です。

 
「ネイティブ・アメリカン」、「アメリカ先住民」と言いかえる行為は、「インディアンという民族」を故意に無視する行いであり、民族浄化に加担している恐れがあると、Wiki「ネイティブ・アメリカン」の項でも指摘されていますからね。

 「虐待」なるワーディングも、クロニクル紙には1つも記載なく、せいぜいそれに近い言葉で記されているのは、” the terrible events of the past ” ぐらいな物でしょう。

 これを虐待と言い換えるのは、共同通信くん、無理あり杉です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 クロニクル紙によりますと、銅像撤去を求めたインディアン側の中心人物は、Dee Dee Ybarra 女史。

 こちらの方ですね。

 
 
Native American Deedee Manzanares Ybarra from Hesperia at Carmel Mission protesting the Canonization
 https://www.youtube.com/watch?v=ulZrpxwFP1E

">

 で、彼女の銅像撤去の主目的をクロニクル紙は、以下のように記載しています。

 
> Critics have long castigated it as an offensive celebration of the subjugation of American Indian people by white settlers.

 * castigate:酷評する、* subjugation:征服、服従、従属

 要するに、この銅像は、インディアンが白人への隷属に屈した屈辱的なお祝い事 (offensive celebration )の象徴そのものであるから、何としてでも撤去しなければならない・・・・

 つまるところ、「いつまでも銅像を放置したままではインディアンの面子が丸潰れ」が、彼女の主張なんでしょう。

 彼女の真の狙いがどこにあるのかは皆目知り得ませんが、慰安婦問題も、日本政府・外務省にせめて彼女レベルの心意気があったら、中朝韓並びにサンフランシスコ市なんか、即、ギャフンと言わせちゃうんですけどね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 一方で、撤去は決定したものの、やはり、インディアンを虐げた歴史の真実はアメリカ国民の記憶に留めておくべきだと主張する " Frear Stephen Schmid " 氏を代表とする白人勢力の方々は、本件、法廷闘争に持ち込むことも辞さないようです。

 物事には全て二面性がありますから、両サイドの正義がどこまで本物であるかは日本に居ては判断の仕様がありませんが、例えば、広島や長崎の原爆記念碑が日本民族の屈辱的象徴の表れだから、何が何でも撤去すべきだ、なんて声はオジサン聞いたことがありません。

 そんな声を日本国民のどなたかが公然と上げたとしたなら、立民党や増すゴミくんや反日左翼諸君全員が超トランス状態になって、即刻潰しにかかってくることは、先ず間違いありません。

 それを考えますと、このSF市での銅像撤去問題、インディアン側から声が上がったと言う事実には、あらためまして驚かされます。

 彼女の主張に邪悪な打算は一切なく、心底、インディアンの誇りから派生したピュアなもののみであろうことを、願って止みません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ところで、共同通信くんの記事で最後に述べられている、
「米国では先住民の権利向上を求める声が高まっており、米大陸に到達した探検家コロンブスを先住民の虐殺者とする見方も拡大している」は、クロニカル紙では、どこにも言及されていません。

 共同通信くん記事には、
「地元紙サンフランシスコ・クロニクルなどが伝えたとありますから、上述箇所は、共同通信くん、他紙から引っ張ってきたんでしょう。

 と思って、ググったら、どうやら、AP社の記事を引用したようです。

 
> Board members said Native people suffered greatly after explorer Christopher Columbus arrived.

 でも、これをもってしても、
「米大陸に到達した探検家コロンブスを先住民の虐殺者とする見方も拡大している」と解するには、かなりの無理があります。

 と言うことで、一応、備忘録として、US News社が転用したAP社の当該記事も以下に全文転載しておきます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.09.13 The US News
  San Francisco to Remove 19th Century Statue Some Call Racist

  https://www.usnews.com/news/best-states/california/articles/2018-09-13/san-francisco-to-remove-statue-some-say-is-racist

8955
 
( FILE - This March 2, 2018 file photo shows a statue that depicts a Native American at the feet of a Spanish cowboy and Catholic missionary in San Francisco. A San Francisco board has decided to remove the 19th-century statue that activists say is racist and demeaning to indigenous people. The San Francisco Board of Appeals voted Wednesday, Sept. 12, 2018, on the “Early Days” statue. )

 
SAN FRANCISCO (AP) — A San Francisco board has voted unanimously to remove a 19th century statue that activists say is racist and demeaning to indigenous people.

 The unanimous decision Wednesday night by the San Francisco Board of Appeals involves the "Early Days" statue, which depicts a Native American at the feet of a Spanish cowboy and a Catholic missionary. It is part of a group of statues near City Hall that depict the founding of California.

 San Francisco's Arts Commission spokeswoman Kate Patterson said the statue will be removed as soon as possible but wouldn't give an exact date, citing security concerns.

 Native American activists have tried to have the statue removed for decades. They renewed efforts last year after clashes broke out over Confederate monuments.

 "This has been a tough 30-plus years. But this is wonderful," Dee Dee Ybarra, an Ohlone tribal leader who urged the commissioners to remove the statue, told the San Francisco Chronicle.

 After it is removed from public viewing, the statue will be restored and put in storage until officials decide what to do with it, Patterson said.

 Several entities, including a museum in California, have expressed interest in housing it, she added.

 In April, the board unanimously voted to overturn a decision by the city's Arts Commission to remove the sculpture. At the time, appeals board member Rick Swig called the statue "horrible" but said removing it from public view would squash free speech.

 The quasi-judicial, five-member body agreed in June to reconsider its decision.

 Earlier this year, the San Francisco Board of Supervisors voted to end the Columbus Day holiday and celebrate indigenous people and Italian Americans on the second Monday of October.

 Board members said Native people suffered greatly after explorer Christopher Columbus arrived.



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 APくん、クロニクル紙とは打って変わって、思いっきり差別用語の " Native American " を使っちゃってますね。

 そんなこととは露知らずと申しましょうか、もとい、確信犯で差別用語だとお判りになっている癖に、敢えてインディアンの名前を出さずに先住民のワーディングを選択しちゃってる共同通信くん。

 差別を声高に叫ぶ人に限って、その実態は、本物の差別主義者。

 この噂は、やっぱり、本物ですね。

 ところで、共同通信くん記事中の「差別」「虐待」「先住民」なるお言葉。

 「先住民」なる表現は上述通り、AP通信社も採用しています。

 では、「差別」「虐待」は、どうでしょうか。

 AP通信社、像そのものは、the “Early Days” statue と規定していて、「虐待の銅像」なる表現はどこにも見当たりません。

 the statue "horrible" と記している箇所もありますが、"horrible" は残酷の意ですから、どう意訳しても虐待の発想には繋がりません。

 で、AP通信社は、虐待より、むしろ、もっときつい表現ともうしましょうか、きっぱり、
” racist and demeaning (屈辱的) to indigenous (土着の) people ” を採用しています。

 共同通信くん、虐待などと生温い言葉を使わないで、” racist ” と何故はっきり明言なさらないんでしょうかねぇ、不思議ですよねぇ。

 更には、AP通信社くんの記事にも、「差別」なる表現は、どこにも、見出せません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 となりますと、冒頭に掲載した共同通信くん発の継ぎ接ぎだらけの記事は、かなり個人的主観が入り込んだ、何が何でも差別に持って行きたがる左翼イデオロギーに満ち溢れた「差別の当たり屋」的記事に、オジサンには見えて仕方がありません。

 適当に脚色されてしまったクロニクル紙にしろAP通信社にしろ、記事の真意が反映されずに、いい迷惑です。

 共同通信くんが自社で取材した記事でないことはハナから明らかではありますが、それにしたって、個人的なブログ記事やTwitterの呟きではないんですから、他社のニュース記事を引用しただけで、かくも、個人の主観が入り込んでる記事を平気で配信することを黙認してしまってる共同通信くんスタイルのビジネスが、どうして成り立つのか、オジサンには、さっぱり判りません。

 加えて、大手増すゴミくんを始め、地方の増すゴミくんも、何の疑問を持たずに、そっくりそのまま共同通信くんの記事を採用しちゃってる現実があります。

 まっ、それだけ、差別とか虐待とかの記事を掲載しさえすれば、単純に食い付いてくる左翼読者諸君がこの日本には大勢いらっしゃるってことなんでしょうけど。

 それにしてもねぇ、共同通信くん、海外発の記事、盛り杉です。

 左翼ビジネスって、かくも、儲かるものなんですかねぇ。

 オジサンもいっそのこと、ググるだけで、左翼諸君が喜びそうな差別の当たり屋的記事を見つけて、思いっきり脚色して、共同通信くんに売り込んでみようかしらん。



« 特定野党笑韓劇場「立憲民主党Twiiter」編 | トップページ | なるようにしかならない中東紛争 »

正義を疑う」カテゴリの記事