« 理解不能な欧州に向かう移民の実態と胡散臭さ | トップページ | 全否定を実践してみる »

2018年10月 5日 (金)

ニダくん・アルくんお笑小話ベスト3「初秋の部」




9073  https://www.youtube.com/watch?v=APs_jRShNO0


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
第1位:アルくん、内政不干渉を宣言


 
・2018.09.28 人民網日本語版
  王毅外交部長「中国は内政不干渉を堅持、他国も内政干渉するな」
  
http://j.people.com.cn/n3/2018/0928/c94474-9504439.html

 ・2018.09.27 レコチャイ
  中国は他国の内政に干渉しない、他国も「よその国」の内政に干渉しないように―王毅外相
  
https://www.recordchina.co.jp/b648354-s0-c10-d0135.html

 ・2018.09.27 朝日新聞
  トランプ大統領「中国が中間選挙に干渉」王外相は反発

  https://www.asahi.com/articles/ASL9W1VH2L9WUHBI007.html


 日本国民「密入国・不法滞在はやめて頂きたい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「日本でのヤク取引はやめて頂きたい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「もちろん窃盗や殺人行為もやめて頂きたい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「パクリもやめて頂きたい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「新幹線パクリ罪で100兆円賠償請求致します」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「チベット・ウィグル・南モンゴルのジェノサイドは即座にやめるように」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「言論・思想・宗教・移動の自由を認めなさい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「日本人の中国国内における資本と不動産取得の自由を認めなさい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「だったら日本で税金を1円も収めていないアルくんは全員即刻強制送還します」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「尖閣海域での領海侵入は今後2度となさらないで頂きたい」

 アルくん「内政干渉アルヨ」

 日本国民「だったら靖国神社秋季例大祭に安倍総理が公式参拝するまでのことです」

 アルくん「軍靴の音が聞こえるアルヨ、侵略を反省せず、戦争を煽っているアルヨ」

 日本国民「米中貿易戦争、日本は米国に肩入れさせて頂きます」

 アルくん「えぇ〜ん、そななこと言わないで、中国を助けるアルヨ」

 日本国民「日本は、中国への内政干渉は致しません(キリッ」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
第2位:保坂祐二世宗大学教授の「旭日旗禁止法を作ろう」宣言


 ・2018.10.01 中央日報日本語版
  保坂祐二教授「旭日旗禁止法を作ろう」

  https://japanese.joins.com/article/648/245648.html?servcode=A00&sectcode=A10

9074  
( 保坂祐二世宗大学教授、政治学 )

 世宗大学の保坂祐二教授は、韓国で行われる済州国際観艦式の際、日本海上自衛隊の旭日旗掲揚計画に関連し、1日、「韓国では旭日旗掲揚を禁止する法を作らなければならない」と提案した。

 保坂氏はこの日、出演したcbsラジオ『キム・ヒョンジョンのニュースショー』で「それだけでなく、日本の軍国主義を象徴するすべての象徴物を韓国国内では使用できないようにする法案を通過させるべきだ」と主張した。

 保坂氏は「ドイツではハーケンクロイツやヒトラーを象徴するすべてのものを公共の場で使用させないようにする法があるではないか」とし「(過去の清算を)日本ができないなら、韓国が日本に代わってドイツのようにすべてのことを清算していく、そういう態度が非常に重要で、また世界に訴えることができる部分ではないかと思う」と述べた。

 これに先立ち、韓国海軍は10~14日、済州海軍基地で開かれる国際観艦式海上査閲に参加する15カ国の艦艇に自国の国旗と太極旗を掲揚してほしい旨の公文書を各国政府に送った。

  これに対し、小野寺五典防衛相は「自衛艦旗の掲揚は自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部標識』に該当する」としながら「当然、掲げることになる」と反発した。海上自衛隊幹部は先月29日、産経新聞に対し「『降ろせ』というのは非常識かつ礼儀を欠く行為で受け入れられない」と述べた。



 
保坂祐二くん、62才児、プロフ(Wikiから)

 
保坂 祐二(호사카 유지、ほさか ゆうじ、1956年2月26日 - )は、1988年より韓国に在住、2003年に韓国に帰化した日系韓国人である。現在は世宗大学校の教授であり、日本の朝鮮、満州、台湾に対する支配政策研究、竹島領有権問題分析、日韓文化比較研究が専門。

 配偶者あり(韓国人)



 以下、上記記事のSNS上のコメントから。


 
> 「戦犯国国民のノーベル賞候補からの除外と拒否義務に関する法案を作ろう」も提案したら、教授

 > 親韓規制と国外退去に関する法案を作ろう

 > この人は本当に元日本人か? また、まさかとは思うが、親兄弟や親戚に会うために日本に来たりとかはしていないのだろうか。どういう経緯で自分の出身国に敵対意識を持つようになったのか、非常に気になる。

 > 人間脳の半分しかないもどきを人間と見誤った日本が 併合して人間扱いした結果こうなったと思うな。 どこまでも粘着して離れようとしないヒルみたいな国だ。 早く駆虫しなければいつまでも血を吸い取られる。 薬で駆虫するか殺すしかなくなる気がする。 北朝鮮もまさにそれでアメリカが駆虫しようと した気持ちは理解できる。

 > このネタ 私が(ネトウヨ)10数年前にほぼネタとして広めたんですけどW いよいよ本格始動か? この保坂もわざとビジネスでしてるだけだろW?



 ( ご参考 )


 
韓国に竹島を売った元日本人「保坂祐二」なる人物を知っているか
 https://ironna.jp/article/6402?p=3

 
保坂氏はソウルにある私立大学、世宗大学校の教授で、専攻は東アジアの近現代史。日本ではよほどの韓国通、あるいは、韓国嫌いでなければ保坂氏を知らない。しかし、韓国では「最も有名な日本人」である。保坂氏は2003年に韓国に帰化しているので、正確に言えば、「韓国で最も有名な元日本人」ということになる。保坂氏の主張を端的に要約すれば、歴史教科書、領土(竹島)、従軍慰安婦、靖国参拝などの諸問題においてはすべて日本に非があり、韓国はあくまでも正しいという主張である。韓国にとってはまことに都合のいい人物であり、すでにさまざまな褒賞を受けている。

 2013年には韓国政府が「独島」の研究と広報に対する功労を認定し、紅條勤政勲章を授与している。このため、日本のネット空間では蛇蝎のごとく嫌われ、ありとあらゆる悪罵が投げつけられている。また、あまりに韓国ベッタリの言動に疑問を呈する向きも多い。しかし、冷静に考えてみると、保坂氏の行動は「韓国人」として当然のものなのである。「『独島』は韓国の領土」という主張は韓国人にとって永遠不滅の絶対真理である。保坂氏が「韓国人」になった以上、絶対に守らなければならない戒律のようなものである。そうでなければ、保坂氏は韓国人として韓国で生きていけないのである。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 第3位:Of course, we are Zapanese!


 
・2018.09.17 CNN travel
  Inside Cote, the NYC steakhouse redefining omakase

  http://edition.cnn.com/travel/article/cote-steakhouse-new-york-city/index.html

9075

 CNNニュースのトラベルコーナーを覗いていたら、たまたま、上記記事に遭遇しました。

 記事中のこの写真、キムチは並んでるし、明らかにコリアンBBQのお店の筈なのに、日本語の「おまかせ」を平気で使ってる神経がが、とっても奇妙キテレツです。

 全世界中のニダくんの皆様におかれましては、日帝残滓の最たる1例として、即座に、このニューヨークで営業中の韓国人経営の " Cote " なるお店に抗議のメールを入れて下さい。

 それとも何ですかねぇ、Zapanese を一旦名乗った途端、親日罪は適用外になるってことなんでしょうか。

 ところで、オジサンも何度も経験があるんですが、なんちゃって和食屋さんを経営するアルくん・ニダくんが世界至る処で実に多いw

 結局、ニダくん・アルくん料理単独の看板だけでは同胞しか客寄せが出来ず、おまけに単価も安い。

 ところが、Japanese Restaurant の看板を掛け替えた途端、なんちゃって日本料理にも関わらず単価を高くしても、現地人のお客がやって来るので、一石二鳥。

 取り分け、北米でのなんちゃって和食屋さんは、今やその殆どが、ニダくん・アルくんの経営と邪推されています。

 それでは記事の中身を追って行きましょう。
 

 
> we should also get the best beef

 韓国人経営のこのお店は行ったことがありませんのでレビューは出来ませんが(何でもミシュラン1つ星獲得のお店らしい)、30年前ソウルに初めて行ったとき、たまたま会社の先輩がソウル駐在で、クリントン大統領も大統領府から接待されたと言うBBQハススに連れてって頂きました。

 丁度、春のお彼岸の頃で、軽装で行ったら、ソウルは寒いこと、寒いこと。

 BBQハウスのオンドルが心地よく、暖かい部屋の中で食した平壌スタイル冷麺は、シンプルながらとっても美味でした。

 一方で、メインの焼肉はと言うと、日本の2千円位で食べれる焼肉の方が余程美味しく思えたのが正直な感想です。

 先輩曰く、韓国で、牛肉を焼肉にして食べる文化なぞないw

 庶民の焼肉は、その殆どが、豚肉だw


 たとえ豚でも、焼肉は、日常生活の中でしょうっちゅう食されるものではないw


 さもありなん。

 日本でも、このレベルよりずっと美味しい牛の焼肉を、庶民は日常的に食べているぞ、と当時は感じたものですが、あれから30年経って、ソウルで提供される焼肉は日本の水準を超えたでしょうか。

 そもそもが、昨今の Korean Style BBQ の発祥は、大阪の在日コリアンで、韓国へは逆輸出されたもの。

 そうそう、トンガラシも、日本から伝わったw


 
> Priced at $125, the steak omakase at Cote is a bargain compared to some of the outrageously expensive sushi omakase offered in NYC.

 このお店のおまかせコースは、お寿司のおまかせスタイルを真似たものなんだとか。

 で、ステーキのおまかせコースのお値段は、125US$ ww

 呑んで、食べて、Taxとチップ払ったら、下手したらお一人様2万円以上?

 同じ2万円なら、オジサンは、断然、お寿司の方がいい。


 
Omakase, translated from Japanese, means "I'll leave it up to you." It is commonly offered in sushi restaurants, where you put your faith in the chef to craft a meal for you one piece of sushi at a time.

 
Omakase, translated from Japanese wwwww

 おのぉ、おまかせって、思いっきり、日本語、そのものなんですけどぉ。


 
> The Butcher's Feast comes with four cuts from the menu's selection of USDA Prime and American Wagyu beef along with banchan

 へぇ〜、アメリカン和牛なんてものも、扱っているんだ。

 ニダくん達、ライセンス、正規にお取りになって、アメリカで飼育なさっているんですかねぇ。

 苺のトチオトメおんなじで、ニダくんの手による朴李生産でないことを祈ります。


 
> This is followed up with A5 wagyu, which is straight from the Kagoshima region in Japan and is one of the most coveted cuts of beef in the world.

 日本一の鹿児島和牛までお取り寄せして、たった1切れだとしても、125US$でご提供出来るなんて、ちょっと、安すぎませんこと。

 やっぱり、・・・・・・・・。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
これからは、鹿児島黒牛


 
・2018.02.27 鹿児島県HP
  和牛日本一に輝く「鹿児島黒牛」

  https://www.pref.kagoshima.jp/ag07/sangyo-rodo/nogyo/tikusan/topics/kuroushi/kuroushi.html

 
平成29年9月7日から11日にかけて、全国の和牛王座を決定する「第11回全国和牛能力共進会」が宮城県で開催され、「鹿児島黒牛」が悲願の総合優勝を獲得し、「全国和牛チャンピオン」に輝きました。

 本県からは、県内各地から予選を勝ち抜いた30頭を出品し、9部門のうち4部門で1位を受賞するなど、出品した全ての牛が上位6位に入賞し、栄えある総合優勝(団体賞)を勝ち取りました。


9076
9077



« 理解不能な欧州に向かう移民の実態と胡散臭さ | トップページ | 全否定を実践してみる »

半島人」カテゴリの記事