« 所詮小沢のいっちゃんと徒党を組んでいた方々の為さってる事ですから | トップページ | 第90回メーデー「自らは汗水を流す気は全くない労働貴族のお祭り騒ぎ」 »

2019年5月 1日 (水)

何故か日本だけが標的にされている動物狩り




1071

 



 ・2019.04.26 首相官邸HP
  平成31年4月30日及び5月1日に行われる御退位及び御即位関連式典について
  https://www.kantei.go.jp/jp/headline/gotaii_gosokui/sikiten.html


  5月1日10時30分:剣璽等承継の儀

  御即位に伴い剣璽等を承継される儀式

  5月1日11時10分:即位後朝見の儀

  御即位後初めて国民の代表に会われる儀式

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 本日の山田く〜ん、座布団2枚

 ( 1枚目 )

1053

 https://twitter.com/22sunrise/status/1121561824531374080


 ( 2枚目 )

1054

 https://twitter.com/bunbunsupra/status/1121901569664880640


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 捕鯨に関して言えば、日本以上の捕獲数を誇るノルウェーとアイスランドの商業捕鯨、並びに韓国の密漁は全く批難の俎上にさえ上らないのに、国際捕鯨委員会の監視の下、ルールをきっちり遵守して行っていた日本の調査捕鯨のみが、糾弾されてしまう超理不尽な腹黒い世界の力関係。

 弱肉強食ならまだしも、日本にターゲットを絞った彼等のその中身は完全に、ニダくんと同じ様式美の反日・嫌日・憎日・侮日の価値観に基づいた、ジェニゲットのためなら嘘八百・詭弁・冤罪何でもありの誠に人間として美しくない反社会的集団と言えましょう。

 加えてその根底には、有色人種への侮蔑・見下しがあるのはもちろんです。

 でもねぇ、白人諸君やアルくん達は、日本の捕鯨なんか問題にならない程、超ビックリの動物虐待をお遣りになってる事実が沢山あるんですよ。

 これらが全世界的に問題にならないのは、偏に自分達は何を犯っても許されると確信していることと、彼等を攻撃したところで、ジェニ儲けの対象にはならないことがハナから判っているから・・・・。

 ただ、それだけのことだと、オジサンは思っています。

 食料源としての捕鯨は絶対許されずに、欧米のジビエ料理は善100%。

 白人諸君が何の疑問も抱いていらっしゃらない彼等の思考法が、極論すると、有史以来、地球上から戦争がなくなったためしが無い最大の原因かも知れません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.04.26 CNN News
  The case against cats: Why Australia has declared war on feral felines
  https://edition.cnn.com/2019/04/26/asia/feral-cats-australia-intl/index.html

 They're cute, they're fluffy, and they're public enemy number one in Australia.
 Australia is at war -- with feral cats. By 2020, the government wants to kill two million free roaming cats, a large chunk of the total feral cat population, which is estimated to be between 2 and 6 million.

 Some areas of Australia have gone even further. In the northeastern state of Queensland, there's even a council offering a $10 ($7) bounty per feral cat scalp -- a policy People for the Ethical Treatment of Animals (PETA) has lambasted as "cruel."

 Nor is the problem exclusive to Australia. In neighboring New Zealand, a prominent environmentalist has proposed a cat-free future, with both domestic and feral cats either controlled or culled.

 So why do the Antipodes dislike cats so much?

 ( Googleくん機械翻訳 )

 彼らはかわいいです、彼らはふわふわしている、そして彼らはオーストラリアの公共の敵ナンバーワンです。オーストラリアは野良猫と戦っています。 2020年までに、政府は200万から600万の間であると推定される総野生猫の人口の大きな塊である200万の無料のローミング猫を殺害したいと考えています。オーストラリアのいくつかの地域はさらに進んでいます。 北東部のクイーンズランド州では、野生の猫の頭皮1頭あたり10ドル(7ドル)の賞金を提供する協議会もあります。オーストラリアだけの問題でもありません。 近隣のニュージーランドでは、著名な環境保護論者が猫のいない未来を提案し、飼い猫と野良猫の両方を管理または淘汰しました。それで、なぜAntipodes(オーストラリアとニュージーランド)は猫をそんなに嫌いなのですか?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 オーストラリアの動物大量殺傷は猫だけではありません。

 兎だってカンガルーだってもうカウントレスで人間の勝手な都合だけで命を奪われています。

 「犬の殺処分ゼロ」とかウンタラカンタラ仰っているリセット百合子姐さんや動物愛護団体の皆様。

 オーストラリアの野生動物大量殺戮には何故一言も批判なさらないんですか。

 それでいて、アフリカの野生動物狩りには文句言っている癖にw


1055

 https://twitter.com/gmaus8080/status/1119978788782141440


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・2017.11.26 National Geographic日本語版
  年間140万頭、豪のカンガルー猟は是か非か、オーストラリアで増えているカンガルー、高級サッカーシューズや食用に
  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/112400130/

 カンガルーの革は柔らかくてしなやか、それでいて非常に丈夫なため、サッカーのスパイクとして人気が高い。アディダス、ナイキ、プーマなどの大手スポーツ用品メーカーが広く採用している。サッカー界のスーパースター、デビッド・ベッカム選手は、2002年のワールドカップでカンガルー革を使ったシューズを履いてイングランドのキャプテンを務め、翌年アディダスと1億6080万ドルの生涯契約を結んだ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 日本の調査捕鯨の割当て枠は、2014年度以降は、ミンククジラ100頭、イワシクジラ90頭、ニタリクジラ20頭の計210頭です。

 *出典:Wiki「捕鯨」

 一方の豪州でのカンガルー虐殺は年間140万頭ww

 日本の捕鯨に反対している豪州やシーシェパード諸君がチャンチャラ可笑しい存在にみえます。

 上述記事では更にはこんなことも述べています。


 > オーストラリアのカンガルー猟は資源の持続可能な利用法であり、個体数管理のために必要とする意見がある一方で~


 それだったら、日本の捕鯨だって、寸分違わず同じ論理展開が適用ですます。

 しかも、鯨は、サッカーシューズと食用にしか利用されないカンガルーと違って、利用価値はカンガルーを圧倒していますからね。

 それさえも認めようとしない白人諸君。

 やっぱり彼等の根底にあるのは人種差別、これに尽きるような気がしてなりません。


 捕獲後の鯨の利用価値(日本捕鯨協会)
 https://www.whaling.jp/culture.html

1056



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.04.26 Daily Mail
  Bound for the slaughterhouse: Hundreds of dogs - including many stolen pets - are crammed into filthy warehouses in China as they wait to be sent to the barbaric Yulin Dog Meat Festival
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-6963411/Hundreds-dogs-wait-sent-Chinas-Yulin-Dog-Meat-Festival.html

 Hundreds of dogs including many stolen pets are being kept in dim-lit, filthy warehouses in south-western China as meat traders wait to send them to the annual canine-eating festival in Yulin in June, MailOnline can reveal.

 Volunteers in Sichuan Province have saved hundreds of dogs bound for the slaughterhouse, but many more helpless canines are waiting to endure a lengthy journey before being cruelly killed around summer solstice, animal activists claim.

 They also accuse the officials of Dazhou, a city of Sichuan, of colluding with meat traders by giving the rescued dogs back to them.


 ( Googleくん機械翻訳 )
 多くの盗まれたペットを含む何百匹もの犬が、中国南西部の薄暗い不潔な倉庫で飼育されています。これは、6月に肉の商人がeating林市で開催される毎年恒例の犬歯祭りに送られるのを待っています。四川省のボランティアは屠殺場のために何百匹もの犬を救ったが、夏至の間に残酷に殺される前にもっと多くの無力な犬が長い旅に耐えるのを待っている、と動物活動家は主張する。彼らはまた、救助された犬を彼らに返還することによって食肉業者と共謀したことで四川省の市、Dazhouの役人を非難しています。

1057

 ( It is estimated that 10 million dogs are slaughtered for meat in China annually. People in some other Asian countries, such as Vietnam and South Korea, also have the tradition of eating dogs )

1058

 ( Yulin Dog Meat Festival, held on summer solstice, is a highly controversial food festival in southern China's Guangxi Province. Sources said the influence and size of the festival had been reduced in recent years thanks to the on-going protest from the public around the world )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 世界の愛犬家諸君と動物愛護団体はどうしてアルくんに文句が言えないんでしょうかねぇ。

 不思議です、実に不思議です。

 僅か、毎年200頭余りの日本の鯨の捕獲には基地の外の住人かと見まがう如くの狂乱振りで喚き捲っていらっしゃる癖に、批判の対象がアルくんだと、何故か、ダンマリww

 結局は、犬は食べても宜しいが、鯨は絶対許せない、何故なら、鯨の頭脳は優秀だから?

 ワンちゃんも充分優秀だと思いますけどね。

 いずれにせよ第2次世界大戦以前の植民地解放の原動力になった黄色人種の国日本の存在が、白人諸君にとっては未だに憎くて堪らないってことなんでしょう。

 自由・平等・博愛・人権なんてのは、白人諸君の生理的な嫌らしさを覆い隠すための建前だけの美名行為に過ぎないことが、漸くバレ始めてきた気がしてなりません。


 Why do people eat dogs in China?(同上記事)

1059

 ( A vendor waits for buyers beside dogs in cages at a market in Yulin city, southern China. The city has an annual dog meat festival every year on the summer solstice )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最後に反日ではトップクラスのワシントンポスト紙がこんな記事を掲げています。

 象牙を使った日本の判子文化を批判するなら、アルくんの象牙狩猟と象牙工芸文化も併せて批難してよね。(プンプン)


 ・2019.04.25 The Washington Post
  Japan is still hungry for ivory. The reason is a personal stamp called a hanko.
  https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-is-still-hungry-for-ivory-the-reason-is-a-personal-stamp-called-a-hanko-/2019/04/25/02a26eb4-6051-11e9-bf24-db4b9fb62aa2_story.html?noredirect=on&utm_term=.e0b1fb843c01

1060

 ( Hideki Arami, 56, carves an ivory hanko, or personal stamp, at his shop in Tokyo on April 15, 2019. Arami, a third-generation hanko carver, says hard ivory from the center of a tusk is the best material to make hanko. )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ( ご参考 )


 ・2019.02.10 Wach auf
  事実なんかどうだっていい正義面ビジネス大特集
  http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-530d.html


 商業捕鯨大国ノルウェー・アイスランドにはこっれぽっちも反対運動をしたことがないらしい自称・紳士の国イギリス


 日本への捕鯨反対活動は謝罪汁・賠償汁ビジネスの一貫ww


 活動資金源はもちろん中朝韓(多分)


 ・2019.02.07 産経新聞
  「東京五輪ボイコットせよ」 英国で猛烈な反捕鯨デモ
  https://www.sankei.com/affairs/news/190207/afr1902070001-n1.html


 ・2019.01.27 Daily Mail
  Carrie meets the in-laws! Boris Johnson's ex-Tory aide girlfriend, 30, joins his father Stanley at a protest against Japanese whaling after the ex-Foreign Minister slammed the 'brutal and barbaric' practice
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-6634987/Boris-Johnsons-ex-Tory-aide-girlfriend-Carrie-Symonds-30-leaves-1m-love-nest.html

1061

 ( Ms Symonds was later photographed holding a Conservation Animal Welfare Foundation sign which read 'END WHALING' outside the Japanese Embassy in central London )




« 所詮小沢のいっちゃんと徒党を組んでいた方々の為さってる事ですから | トップページ | 第90回メーデー「自らは汗水を流す気は全くない労働貴族のお祭り騒ぎ」 »

正義を疑う」カテゴリの記事