« G20、ブンザイトラくんの見栄とプライドの行方 | トップページ | 恫喝国家中朝韓に一言も物申せぬ日本の増すゴミごっこ業界 »

2019年6月24日 (月)

英国の落日

 



 本日の山田く〜ん、座布団2枚

 ( 1枚目 )

 リセット百合子お姐さま

 絶好調の都知事ごっこ



 ・2019.06.22 Share News Japan
  五輪の混雑、船通勤で解消!? 小池知事「舟運は、江戸時代からの交通手段。古くて新しい交通手段としてよみがえるきっかけになれば」
  https://snjpn.net/archives/139165

1751


 > 東京の人は発想が豊かでうらやましどすなあ

 > もう理解不能過ぎて…子どもが考えたのかな?



 * * * * * * * 


 ( 2枚目 )

 ・2019.06.22 保守速報
  【速報】立憲民主党会派・小川勝也議員の長男に懲役4年の実刑判決 小中女子6人に強制わいせつ致傷
  https://hosyusokuhou.jp/archives/48853195.html

1760


 > 小川勝也の経歴 (新進党→)(旧民主党→)(民主党→)(民進党(前原G→ 無所属(立憲民主党会派)

 > 立憲民主会派だとは報道しないマスゴ


 > 一人頭8ヶ月程度かよ


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 防衛大臣はどなたが適任?


1752

 https://twitter.com/Sankei_news/status/1142330706267385856

1753

 https://www.sankei.com/photo/story/expand/160828/sty1608280007-p6.html

1754

 http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2413.html


1755

 http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1030589461.html

1756

 http://iinoakazonae03.blog77.fc2.com/blog-entry-3248.html?sp


1757

 https://www.fnn.jp/posts/00300080HDK


1759

 https://mainichi.jp/graphs/20160731/hpj/00m/010/001000g/13


1758

 https://www.sankei.com/photo/story/news/161029/sty1610290008-n1.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.06.22 Daily Mail
  'People don't want to hear about that kind of thing': Boris repeatedly refuses to answer questions about 'plate-smashing, screaming row' at leadership hustings - but Carrie stays away
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7169539/Boris-Johnson-grilled-leadership-hustings-today-row-girlfriend-Carrie-Symonds.html

1761

 Speaking at a hustings in Birmingham today, Boris Johnson did not mention the issue in his opening comments, insisting: 'We need to get Brexit done... and I am the right man.'

1762

 Mr Johnson turned up for his first Tory hustings today with his socks apparently on inside out

1763

 At one point Mr Johnson asked how long he had left on stage, joking: 'There's some quite hostile bowling.'


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 次期英国首相。

 この55才児のボリス・ジョンソンくん、バックに控えしはどうやらディープ・ステートらしく、それ故、文句なしに次期英国首相の座が転がり込んできたようです。


 ディープ・ステートとは?
 http://www.1242.com/lf/articles/57746/?cat=politics_economy&pg=asa


 それに致しましても、こちらのジョンソンくん、お品がないと申しましょうか、お里が知れると申しましょうか。

 英国には、極く普通に紳士と呼ばれる御仁は、もう、いらっしゃらないのかも知れません。

 ロンドン市内の生粋の英国白人系が5割を切ったことを鑑みれば、さもありなん。

 アメリカ生れのションソンくんも、どうやら、複雑な家系のようで・・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.06.22 Daily Mail
  Is Bojo forgiven? Boris's girlfriend Carrie Symonds likes – then un-likes- tweet that says 'Please just carry on. We must have entertainment at No 10, three years of boredom is quite enough’
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7170365/Carrie-Symonds-likes-tweet-says-carry-entertainment-No-10.html

1764

 The Tory leadership hopeful and possible future prime minister shares the home with his partner Carrie Symonds (Pictured at his leadership launch earlier this month)


1765

 The couple pictured together in London on January 18, for the first time after Mr Johnson's second marriage ended following rumours of a relationship with Miss Symonds 


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 加えてジョンソンくんの恋人を自称する30才児のシモンズ嬢も、似たり寄ったり。

 お里が知れると言うよりは、普通に観て、彼女が紛う事無き超極左のリベラル系プロ市民活動家であることは、誰の目にも明らかです。

 こんな方が、英国の次期ファーストレディww

 与野党問わずオール英国国会議員がメイ首相いじめに奔走した結果がこれ。

 高木クネたんを弾劾訴追したどこかの半島国家とクリソツ杉て、もう、笑っちゃうしかありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.01.31 Wach auf
  自称紳士の国イギリスも何だかねぇ
  http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-2fd4.html


 * * * * * * * 


 ・2019.01.27 Daily Mail
  Carrie meets the in-laws! Boris Johnson's ex-Tory aide girlfriend, 30, joins his father Stanley at a protest against Japanese whaling after the ex-Foreign Minister slammed the 'brutal and barbaric' practice
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-6634987/Boris-Johnsons-ex-Tory-aide-girlfriend-Carrie-Symonds-30-leaves-1m-love-nest.html

 Boris Johnson's ex-Tory aide girlfriend Carrie Symonds was with the former Foreign Secretary's father at an anti-whaling protest in central London today.

 The 30-year-old was wrapped up warm as she headed out of her million-pound home to attend the Protest Against Japanese Whaling demonstration outside the Japanese Embassy.


 The former Foreign Minister condemned the practice as 'brutal' and 'barbaric' when it emerged Japan had withdrawn from the International Whaling Commission last month.


 Ms Symonds was photographed with Mr Johnson's father, Stanley, at the busy protest.


1766

 Ms Symonds and Mr Johnson stood with placards outside the Japanese Embassy as they joined protested against whaling


1767

 Ms Symonds was later photographed holding a Conservation Animal Welfare Foundation sign which read 'END WHALING' outside the Japanese Embassy in central London

 * * * * * * * 


 Boris Johnson くんと Carrie Symonds 姐さん。

 きみたちのお国からは、日本よりずっと近いアイスランドとノルウェーが、日本よりずっと前から商業捕鯨に踏み切っていることは、ご存知なんでしょうか。


 まだ捕鯨している国は?
 https://www.ifaw.org/japan/our-work/whales/まだ捕鯨している国は?

 ・ノルウェー


 ノルウェーはIWCの捕鯨禁止令を1993年までしか守っていません。国際捕鯨取締条約の抜け穴を利用して、ノルウェーは捕鯨モラトリアムに反対し、ミンククジラの捕鯨を再開しました。

 ノルウェーは捕鯨船が商業目的で捕獲できるクジラの数量制限を独自に設定しています。この数量はどんどん増え、ミンククジラは2002年の671頭から今日では1,000 頭以上の捕獲が許可されています。しかし近年では独自に設定した制限枠の半分以下しか捕獲していません。


 ノルウェーは現在、繁殖可能なメスを捕獲する割合が高いため、北大西洋のミンククジラの長期的な生存を危険にさらしかねません。



 ・アイスランド


 日本と同様、アイスランドは当初「調査」捕鯨プログラムを実施していました。その後、1992年にIWCから脱退。2004年にアイスランドが再加入した時、捕鯨モラトリアムに反対する条項が含まれていました。

 2006年、アイスランドはミンククジラとナガスクジラを対象に商業捕鯨を再開しました。2010年だけでアイスランドの捕鯨船は絶滅危惧種のナガスクジラ148頭とミンククジラ60頭を捕殺しました。



 * * * * * * * 

 54才児のジョンソンくんと30才児のシモンズ姐さん。

 きみたちは、もちろん、とっくの昔から、” Shame Norway ” ” Shame Iceland ” のプラカードを掲げて、捕鯨禁止抗議活動を常時行ってらっしゃったんですよねぇ。

 で、日本は、3番目の抗議活動対象国。

 なに、違う?

 かくなる抗議活動は、日本が始めてだ、ですってぇ。

 何故なら、白人の捕鯨は良い捕鯨で、黄色い肌の日本の捕鯨は悪い捕鯨だからだ、ですって。

 あぁ、そうなんですか。

 きみたちもどうやら、千年恨み続けると仰ってる彼の国と同じ様式美?

 ひょっとして、理屈抜きに日本の遣ること全てが難癖の対象になっていて、それで生活の糧を得ていらっしゃるのかも知れませんね。

 活動の資金源は、もちろん、中朝韓でしょう。

 日本から観たら、猟犬を酷使して、狐や兎や鹿や野鳥をハンティングして、それを喜んで何百年間も食していらっしゃるきみたちイギリス国民の方が、余程、野蛮に見えますけどねぇ。 


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1768

 https://sputniknews.com/europe/201811151069836391-brexit-rees-mogg-boris-johnson-jeremy-corbyn/




« G20、ブンザイトラくんの見栄とプライドの行方 | トップページ | 恫喝国家中朝韓に一言も物申せぬ日本の増すゴミごっこ業界 »

正義を疑う」カテゴリの記事