« 偽善者軍団が闊歩しまくりの丸山戦争発言 | トップページ | 梅雨入り直前、365日ジメジメ・ネチネチ反日軍団特集 »

2019年6月 4日 (火)

メイ首相への同情論




1556


 https://jp.depositphotos.com/77095903/stock-illustration-equal-justice-for-all.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 トランプ大統領とメラニア夫人。

 今週は3日間の予定で英国訪問です。

 現地時間の3日11時頃のご到着と言うことですから、今頃はエリザベス女王との謁見を済ませていらっしゃる頃でしょうか。


 ・2019.05.31 Daily Mail
  Plates precisely 18 inches apart, SIX glasses each and a cushion for Charles' back: Secrets of Trump's state banquet are revealed after months of planning and a personal inspection by the Queen
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7090907/Secrets-Trumps-state-banquet-revealed-months-planning.html

1557

 Full details of Trump's state visit to Britain have now been revealed, including all the royals he will meet over the three days


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 訪英2日目にメイ首相とビジネス朝食会を共になさるんだとか。

1568

 On Tuesday Mr Trump will meet with Theresa May at St James's Palace (pictured) over a business breakfast


 日本での4日間のおもてなしと比較すると英国流おもてなしは何だか味気ないと言うか、スケージュールの中身だけを拝見しても、あまりにもビジネスライク過ぎて、心からの歓迎にはほど遠いような気がしてなりません。

 まっ、それだけ、日本流おもてなしが突出していて、食事にしても文化にしても、奥深いってことでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


 あれっ、アメリカの国旗は?ww

1569

 Workers line the mall today with Union Flags as the capital makes preparations for the arrival of US President Donald Trump in London

1570

 In July 2018 the 'Baby Trump' balloon hovered over Parliament Square and the Stop Trump Coalition is planning to stage a similar aerial demonstration when he arrives in June

1571

 A giant robot of Donald Trump sitting on a gold toilet is on its way to the UK after being shipped from China for protests against the US president's state visit

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それに致しましても、英国のやんごとなきお方には大変失礼ながら、メーガン妃のお里が知れるレベルも本格的になって参りました。

 生粋の英国紳士諸君のお嘆きが聞こえてくるようです。


 ・2019.05.31 Daily Mail
  'I didn't know she was nasty': Trump is shocked to learn of Meghan Markle's criticism of him and surprised that she won't meet him on UK state visit - but still insists she'll flourish as a Royal and is a 'very good' princess
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7092765/Donald-Trumps-shock-Meghans-nasty-comments-2016.html

 Speaking ahead of his visit to the UK on Monday, Mr Trump also said he had not realised Meghan would not be present among the Royals meeting him, who will include Prince Charles, the Queen and Prince Harry.

 Officially, Meghan will be missing the state visit because she is on maternity leave with baby Archie, however sources claim her absence is to avoid a potentially awkward clash with the US president.


 Meghan was a vocal supporter of Hilary Clinton and during a 2016 interview, said that 'you don't want to live in the kind of world that he [Trump] is painting'.


 Speaking about the Duchess' comments to the Sun, President Trump said: 'I didn't know that. What can I say? I didn't know that she was nasty.'


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1572

 https://twitter.com/Sankei_news/status/1131922771871539206


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 オジサンもメイ首相の辞任劇には同情の念を抱いております。

 Brexit問題、Daily Mail紙の報道を眺めてますと、オジサンはメイ首相、今でも、彼女は彼女なりに普通に良く遣っていたとの印象を受けます。

 一女性首相としての観点から観ても、平均的な男性首相と遜色はないような気がしてなりません。

 これで、彼女がサーッチャー元首相のように男勝りの性格だったとしたら・・・・。

 アンチBrexit派の英国人男性諸君は、女らしさが勝ったメイ首相の性格に、むしろ感謝すべきでしょう。

 それはともかくてして、英国の政治ごっこ業界に身を置く男性陣政治屋稼業諸君の質の悪さには、与野党問わず、ビックリしました。

 見様によっては、彼等は女性が首相であることに、異常なほど嫉妬心を抱いているのかも知れません。

 その原動力が遂にメイ首相を辞任にまで追い込んだw

 まっ、今回のメイ首相辞任シナリオは、英国政治ごっこ業界に属するオール男性陣によるメイ首相虐めと総括しても何ら問題なしと思われます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その虐めの断トツの第一人者は労働党党首である69才児の Jeremy Corbyn くんです。

 そうです、WSJ紙でさえ、極左のラベリングをしている御仁です。

 ・2015.04.11 The Wall Street Journal
  Far-Left Candidate Jeremy Corbyn Surges Ahead in Bitter U.K. Labour Party Leadership Race
  https://www.wsj.com/articles/leadership-race-in-u-k-labour-party-exposes-ideological-rift-1439302732

1573


 コーヴィンくんのメイ首相「ばか女」決め付け発言は、英国議会史上、最悪・最低の基地の外発言としていつまでも英国民の心に残るに違いありません。

 ・2018.12.20 AFP日本語版
  メイ首相を「ばか女」呼ばわり? 英議会、野党党首に猛反発
  https://www.afpbb.com/articles/-/3203349

1574


 まっ、コーヴィンくんなんて、日本で言えば、革マル枝野フルアーマーくん、苗字を名乗れない蓮舫姐さん、責メントいて辻元清美姐さん、テカリーヌ山尾姐さん、ヨシフ有田兄さん、クイズ王小西亡命兄さん、小沢のいっちゃん、Noda・Hato・Kan、これらの極左活動家の方々の性格を全て合わせ持つ御仁ですから、お里も、良心も責任感もなき言動も、推して知るべしです。


 * * * * * * * 

 そうそう、このコーヴィンくん。

 トランプ大統領からは早速全否定されちゃってます。

 ・2019.06.02 Daily Mail
  Labour is ‘risking the special relationship’: Party’s MPs prepare to march against Donald Trump during his state visit and the President warns he might stop sharing intelligence if Corbyn becomes PM
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7096215/Donald-Trump-warns-stop-sharing-secret-intelligence-UK.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 メイ首相がお可愛そうなのは同志の保守党内部からも誰一人、援軍を積極的に買って出る方が最後まで現われなかったことです。

 英国が国民投票でBrexitを決めたのはキャメロン前首相政権時の2016年6月23日です。

 国民投票の結果は、離脱派が17,410,742票(51.89%)、残留派が16,141,241票(48.11%)でしたから、その差は、1,269,501票(3.78%)、出典:Wiki。

 投票率は72%ですから、4%弱の差は、英国民の紛れもない民意の現われてとして政治屋諸君はしかと受け取るべきでしょう。

 その英国民の民意を反映して、Brexitを実現させることこそが、自称・世界でトップクラスの民主主義実践国家を誇って止まない英国の矜持だった筈です。

 ところが、キャメロンくんは、国民投票の結果が出た1ヶ月後にサッサと首相の地位を投げ出し、その2ヶ月後には下院議員を辞職し、政界引退を一方的に宣言してしまったw

 で、その後、猫の首に鈴を付ける役を仰せつかったのが、メイ首相となる訳ですが、英国保守ごっこ業界の男性陣の質が悪いことは、嫌なことは全部メイ首相お一人に押し付けて、自分達に批判が及ぶことから一切逃げ回っていたことです。

 Lady First、紳士の国が呆れます。

 君達は身内の女性宰相を助けようともなさらなかった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 その代表例は、これまた、断トツで、54才児の Boris Johnson くんでしょう。

 彼なんか、国民投票実施時は、最も強硬なBrexit賛成派だったのに、簡単に寝返っちゃったw

 次期首相の呼び声高いジョンソンくんではありますが、先週、虚偽発言で訴追されちゃったことを鑑みますと、先ず、首相の目は常識的にはありえないと考えます。


 ・2019.05.30 BBC New 日本語版
  英次期首相候補のジョンソン前外相、ブレグジットめぐる虚偽発言で訴追
  https://www.bbc.com/japanese/48455649


 ですが、日本に限らず、政界の闇は、水面下では予想もし得ないカラクリがワンサカあるようですからねぇ。

 人気だけは矢鱈高いジョンソンくんの一発逆転も大いにあり得るんでしょう。

 オジサンは、この人、小泉進次郎くんと、石場の茂ちゃんと、小沢のいっちゃんと、野田の聖子おばさまと、2Fくんのいいとこ取り政治手腕を器用に使いこなす人物だと捉えております。 


 * * * * * * * 

 ・2019.05.31 Daily Mail
  No better time for a state visit: Trump praises pro-Brexit politicians Nigel Farage and Boris Johnson but says he is NOT backing anyone in PM contest after May's abrupt resignation

  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7086889/Trump-praises-Nigel-Farage-Boris-Johnson.html

1575

 

1576

 Nigel Farage's Brexit Party swept power in a European Parliament election. Johnson is vying for prime minister of the Conservative Party. Both are pro-Brexit and want the UK to leave the EU by Oct. 31


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 CNNくんのメイ首相辞任報道も

 お品がないと言うか超悪質と言うか


 グローバリストと言うより


 ウルトラ極左活動家集団によるプロパガンダ機関そのものw


 ・2019.05.26 CNN News
  A legacy of failure: Theresa May was a disaster as Prime Minister
  https://edition.cnn.com/2019/05/24/uk/theresa-may-legacy-of-failure-analysis-intl-gbr/index.html

 でもねぇ、お天道さまは見ていらっしゃいます

 驕る平家は久しからず



 ・2019.05.29 Sputnik日本語B何
  CNNインターナショナル 巨額赤字で大規模リストラへ
  https://jp.sputniknews.com/us/201905296306579/

 ・2019.05.28 The Guardian
  CNN preparing to make cuts at London-based news operation
  https://www.theguardian.com/media/2019/may/28/cnn-preparing-cuts-london-based-news-operation

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自称・紳士の国も何だかねぇ

 メイ首相が人材に恵まれなかったと言うより


 英国の保守政治屋男性陣、気概なさ杉w、ヘタレ杉w



 ・2019.05.24 Daily Mail
  'It's been a journey': Theresa May breaks down in tears AGAIN behind closed doors minutes after resigning as she is applauded by staff and thanks 'her rock' husband Philip
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7066101/PM-summons-inner-circle-Downing-Street-gets-ready-quit.html

1577

 Mrs May was overcome by tears as she spoke of her pride at having been PM, even though she admitted to having failed to deliver Brexit

1578

 Her voice cracking, Mrs May said it had been the 'honour of my life' to be PM, and she hoped she would not be the last woman to lead the country

1579

 The premier walked back through the famous black door as the country digested the impending end of her premiership



« 偽善者軍団が闊歩しまくりの丸山戦争発言 | トップページ | 梅雨入り直前、365日ジメジメ・ネチネチ反日軍団特集 »

清濁」カテゴリの記事