« 梅雨明け祈願「そっくりさん」特集 | トップページ | 対韓規制、日本政府の心構えと覚悟は万全か »

2019年7月16日 (火)

ニダくんのトリセツはこの一冊で決まりw




 本日の山田く〜ん、座布団1枚

 ・2019.07.14 朝鮮日報日本語版
  「大統領」はどこの国の言葉か
  http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/12/2019071280164.html

2019



 「日本語由来のウリマル(わが国の言葉)辞典」は高麗大学のイ・ハンソプ名誉教授が1970年代から研究を重ねてきた研究成果の集大成だ。この本では1880年代以降、韓国語同然となった3634の日本語が紹介されている。その中のおよそ90%は韓国語の発音で入ってきた。「教育」「家族」「国民」などだ。残りは日本語の発音のまま入ってきた。「もなか」「満タン」「無鉄砲」などがそれに当たる。「マホ(魔法)瓶」のように日本語と韓国語が結合した言葉もある。

 京畿道教育庁が管内の初等学校(小学校)、中学校、高校に文書を送り、「日帝残滓清算」との理由から「修学旅行、ファイティング、訓話などの単語は日本から来たので日帝残滓」と指摘した。児童・生徒たちには「本人が考える日帝残滓の概念はどういうもので、それらはどうやって清算すべきか」と問い掛けた。しかしこの言葉の中にある「本人」「概念」「清算」は日本から来た言葉だ。「単語」もそうだ。


 イ・ジェジョン京畿道教育監(日本の教育委員会に当たる教育庁のトップ)は大学でドイツ語とドイツ文学を専攻し、大学院では宗教学と神学で博士学位を取得した。しかし「ドイッチェランド」を「独逸」と訳したのも実は日本人で、「大学」「大学院」「神学」「宗教」「博士」も全て日本から来た言葉だ。「国語」「英語」「数学」はもちろん「科学」「哲学」「物理」「歴史」「美術」「音楽」「体育」もそうだ。さらには「大統領」も日本人が英語の「プレジデント」をそのように訳したものだ。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 金智羽著「韓国男性に恋してはいけない36の理由」2005年成甲書房刊


2018

 https://www.amazon.co.jp/韓国男性に恋してはいけない36の理由-金-智羽/dp/4880861790/ref=sr_1_fkmr1_2?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=韓国人男性に恋をしてはおれまお&qid=1563164587&s=gateway&sr=8-2-fkmr1

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 理性より感情


 韓国人と何かの話題を冷静に話し合おうと思ってはならない。それはかなり無理があることだからである。

 難しい話題でも、軽い話題でも、韓国人は落ち着いて話をするのが苦手なのである。苦手、などというレベルではないかもしれない。「できない」に近いと言えるだろうか。すぐ興奮状態となってしまいがちなのである。


 韓国人は、どんな時のどんな話題であれ、自分の感情を押し殺して理性的な言葉を発することが苦手である。感情のみが思わず先に立ち、一呼吸した後に冷静に何か言うなんてことは至難の業であるのだ。


 * * * * * * * 


 韓国人ほど討論に適さない人間はいないのではないだろうか。よく言えば「熱い人」なのだが、実際のところ非・理性的な、単なる感情重視型の人間に過ぎない。


 そんなわけで、韓国人とは討論はおろか、冷静に何かを話し合うことさえ難しい。これは、男女関係においてもまったく同じことが言える。


 日本人と韓国人、二人で何か話し合うことになった、あるいは喧嘩になったとしよう。日本人が、少しでも落ち着いて理性的に話し合いをしようとしているのに対し、韓国人の方はそれはもう殺気立って仕方がない。


 理性的な話し合いなんてほんの五分間だってできるはずもなく、韓国人はすぐにでも激しい口論へと持ち込もうとするのである。この場合の「口論」だって、口論というよりも、もっぱら一方的に韓国人が話す(怒鳴る?)だけとなりかねない。


 「口論、ど~んとこい!」。韓国人はいつだって熱いやる気を持っているのである。まったく不必要な、理性的とはほど遠い「困ったやる気」でしかないのだが。


 何か言葉を発するより先に、一度思い切り空気を吸い込んだ後、少しでも頭の中で何か考えられればいいのだが、どうにもこうにもそれは難しい。韓国人は、いつだって熱い人のままでいたいのだ。


 討論だけでなく、日常生活のありとあらゆる場面で、理性よりも感情が先に立っている。それが韓国人である。


 車両同士で事故に遭った時も互いに興奮して言い争う、なんて場面を韓国ではよく見掛ける。どちらか一方が、そんな大変な時だからこそ理性的に「怪我はありませんか?警察を呼びましょう」と落ち着ければいいのだが、互いが韓国人である以上、両者とも負けず劣らず、感情が先立ってしまい、まず先に揉めてしまうのである。


 すべてにおいて理性よりも感情が優先されてしまうのである。


 韓国人に「少しは落ち着け」と言ったところで、理性的になるような性格の持ち主は韓国にはほとんどいないように思える。


 冷静に「落ち着け」なんてことを言おうものなら、ますます感情的に熱く喧嘩を仕掛けてくることだろう。


 * * * * * * * 


 韓国人と理性的な討論をしようなどといった淡い期待をしてはならない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 とことんエゴイスト

 そのエゴイストぶりは、時として許されない行為を招くこともある。

 韓国人の自己主義具合は、「恥を知れ!」と思わず怒鳴りたくなってしまうほどのものである。

 自分さえよければ何もかもかまわないという言動が、韓国人の根底にしっかりと張り巡らされている。そして、多くの人々がエゴイストである以上、その言動を誰かが指摘し、見直すことすらできるわけもない。



 * * * * * * * 


 韓国人の発想は、基本的に自分を中心として考えた結果生まれてくるものである。人の意見を素直に聞き入れることが苦手なのが韓国人であり、悪びれることもなく自分の意見を主張し続けたがるのである。

 そういった韓国男性を相手にしなくてはならなくなった日本の女性は、ろくに自分の意見を聞き入れてもらえず、時としてストレスが溜まってしまうかもしれない。


 日本の男性とのように、互いの意見を出し合ったり、話し合ったりして物事を解決していこうなんてことを韓国男性に望むのは少々難しいのである。実際、苦戦を強いられるはずである。


 韓国男性が相手の意見をほとんど聞かず、自分の意見のみを主張するのであれば、恋人であれ、夫婦であれ、その片割れである日本の女性は、自分の意見を心に秘め、いつか訪れるかもしれない「発言」のチャンスをじっくり待つしかないだろう。


 韓国男性が、小さなことでも大きなことでも、けっこうな自己主義者である以上、日本の女性が自分の意見を強く言い切ることは日本の女性の性格からいっても難しいと思われる。


 自己主義者の韓国男性相手の場合、日本の女性は、「保護者」のような存在となってしまうかもしれない。韓国男性は、自己の意見を通したい子供になってしまうことがあるからである。


 日常生活の中で何か決めるといったような小さなことに関してもエゴイストぶりを発揮するのは当然のこと、もっと大きなことに関してでも、韓国人は自己の意見や行動に最も忠誠を誓うのである。たとえ、それがどんなにむちやくちやな行動であったとしても、である。


 少し前、世間を騒がせた韓国の「ゴミギョーザ」。ギョーザの中身に生ゴミを使用していたという「アレ」である。


 それもまさに「エゴイスト」ならではの行動であった。自分さえよければ、消費者である他人はどうでもいいということなのである。


 他人にゴミ入りギョーザを食べさせたとしても、自分がそのギョーザを売って利益を上げられるのだったら何とも思わないのである。恐ろしきエゴイスト。


 韓国においてこのような例は、あくまでも氷山の一角に過ぎないと私は思っている。


 「まだ」公の場でバレていないだけのことであって、この手の「内輪ネタ」はごろごろ転がっているはずである。なぜなら答えは簡単。韓国人はエゴイストだらけだからである。自分にさえ利益があるのなら、他人のことなんて「どうでもいい」のだ。


 数年前から始まった日本文化開放に開することでも、やはり韓国人のエゴイストぶりがよくわかる。


 日本には、自分たちの文化を次々と必死に売り込んでいるのに対し、日本からの文化は段階的に開放するという、ずるいとも言える方法を取ってきた。


 お金になりそうな自分たちの文化はどんどん日本に売りつけ、そして日本から「買う」ことに関しては出来る限りセーブし、日本文化は極力韓国国内に入れまいとガードしてきた。これまたエゴイスト・韓国人。



 * * * * * * * 



 小さく見てもエゴイスト。大きく見てもエゴイスト。残念ながら、これが韓国人なのである。


 相手のことは考えず、自分の気持ちや意見、利益ばかりをメインに考えてしまいがちなのである。人の意見は聞かず、時には自分の意見を激しく主張し、自分だけ満足できればすべてが丸く収まると思い込んでいる。そしてそれを実践している。


 そんな韓国男性に我慢しなくてはならなくなった日本の女性は、ますます自己主張しにくくなることだろう。


 年上で頼もしいとばかり思っていた韓国男性でさえ、その自己主義具合がわかると、今まで気づかなかったそのエゴイストぶりに相当のショックを受けてしまうかもしれない。まったく頼もしくない、ただ単に自己主張ばかりをする韓国男性の姿を目の当たりにすることとなってしまうだろう。           


 常に自分を第一優先に考えた言動を貫き通してしまう韓国人には、日本人からすると場合によっては嫌悪感さえ感じてしまうかもしれない。



 * * * * * * * 



 韓国人のたび重なるそのエゴイストぶりには心底うんざりすることだろう。


 百年の恋も時間の経過とともに「千年の憎しみ」へと変わってしまうかもしれないということを把握しておかなくてはならない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 約束とは破るためにある


 もうあまりにも有名なことかもしれないが、より明快にその事実を把握してもらうために、あえて「お約束のお題」について私も触れてみることにする。

 韓国人との約束は、きちんとした[約束事」として捉えるのは少々考えるべきだろう。相手の口から出る「約束だよ」という言葉と共に出るセリフも、「約束」として本当に捉えていいのか今一度考えてみるに越したことはない。


 韓国人の口から出た「約束」が実行に移されることはほとんどないと思っていいからである。



 * * * * * * * 



 韓国人にとって[約束」とは、たいした意味を持たないのである。たとえ守られるか微妙な約束でも、軽々しく「約束!」と言っても何の問題が生じないのが韓国社会であり、韓国人同士の関係なのである。


 特にこれといって意識はしていないものの、韓国人の言う約束とは、そもそも実行しないためにするようなものである。少し言い過ぎの気もしなくはないが、だが、実際破られる約束は数知れず・・・・。


 韓国社会において約束なんてものは、破って当たり前という風潮が強いのである。

 日本人は、たとえばデートの待ち合わせ時間から大事な約束事まで、[約束」と名の付くものを重く捉えるのだが、韓国人にとっての約束は、どんなに重いテーマについてでも、非常に軽々しく口に出してもOKなものなのである。軽いテーマについては、当たり前のごとくその約束を平気で破ってしまうことも多い。

 その時々の感情で、非現実的なことでも平気で約束してしまうこともあるのである。できもしない約束をしたとしても、その約束を「守ろう!」とする意識がとても低いのである。守らなくてもいいだろう、くらいに考えてしまいがちなのが韓国人である。


 まさに「言った者勝ち」の世界。もちろん、その約束は言ったそばから忘れていってしまうことも日常茶飯事である。


 韓国男性が「お前を一生守るよ」とか、「お前を幸せにするよ」といったスケールの大きいことを言い出したら、まず「この約束は守られることはない」と判断するべきだろう。


 あくまでも、その時に自分の中で盛り上がってしまった感情を表現するためだけに出た「守られることはない」約束の場合もなきにしもあらず、である。その多くが。守られることはない」約束なのかもしれない。


 「今度xxに行こう」とか、「何かあった時はすぐに助けるよ」といった、そこらじゅうから聞こえてきそうな小さなことを言い出しても、やはり「微妙だが、おそらく守られないだろう」と判断しておくべきである。あるいは、「いつかは守られる日がくるかもしれない」と思うべきだろうか。


 韓国人にとって「約束」という言葉やその意味が軽々しいものである以上、ちょっとしたことでもすぐに「約束」という単語が口をついて出てしまうだけのことなのである。


 韓国人と約束らしきことを交わし、そしてもしその約束が守られなくても、そのことを事前にわかっていれば少しはショックを和らげられるのではないだろうか。


 韓国人が真剣に熱く語った約束だとしても、それを浮かれてまるまる信じない方がいいだろう。韓国人の口から出たその多くの「約束」は、実行されずに闇の中へとひっそりと姿を消していくものがけっこうあったりするのである。


 もし韓国人が約束を守らなくても、怒らないであげてほしい。かわいそうなことに、本人たちにまったく悪気はないのである。


 約束を破ったからと責めたところで、逆ギレされるのがオチである。



 * * * * * * * 



 韓国人の口から出た「約束」は、日本人が思うような「本当の約束」ばかりではない
と思わなければならない。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 すべてはお前のせいだ!


 絶対に認めないのだ。

 明らかに自分のミスだとしても、絶対にその事実を認めようとしない。それが韓国人なのである。


 自分のミスを認識したうえで意地で認めないのならまだしも、韓国人の場合、そもそもそのミスが自分に原因があるなどとは少しも考えないのである。


 本能的に、「自分は悪くない」という思いを全身に素早く伝達するのである。そして、自分に都合の悪いその多くのことを、簡単に自分以外の人や物のせいにするのである。



 * * * * * * * 



 韓国人の思考の中には、「絶対に自分のせいではない」という妙な自信感がある。


 自ら認めることをしないばかりか、まず何より先に人のせいにするのである。ここでもまた、韓国人の自己中心的なむちゃくちゃな一面を垣間見ることができる。


 自分にとって何か困ることが起きたなら、すぐさま自分の責任を回避して、その直後にはその責任を人に押しつける。これが韓国人の身に降りかかった。ミスへの対処法の基本パターンである。


 自分に能力がなく昇進を見送られたのなら、自分の素晴らしい能力をわからない会社のせいだと考える。


 韓国がいまだに日本より発展できないのは、日帝時代に日本にさんざんおいしいところを吸い尽くされたせいだと怒る。


 日本がおいしいところを吸い取った、か……。そもそも朝鮮半島に「おいしいもの」があったかどうかという大事なことは何も考えないのである。韓国の現状は、自分たちのせいではなく、日本のせいなのだと本気で思っているのだ。恐い。


 その昔韓国でかなり人気のあったアイドル歌手と一緒に酒を飲んだ時にも、やはり彼も「人のせい」にしていた。その一年ほど前に最新アルバムを出した彼は、そのアルバムが売れない理由を「韓国の音楽シーンでは、まだ十年早過ぎた」でまとめてしまった。自分の音楽性のミスではない、悪いのはその良さをわからない視聴者のせいなのだ。


 何でもかんでも、絶対に自分が悪いのではなく、周りが悪いのである。韓国人は常にそのように考えている。


 本当は自分のミスではないけれど、代わりに自分がミスを挑ってやろう、などという男っぶりのある男ははたして韓国に存在するのだろうか。


 それよりも、どうやって自分の責任をうまくごまかせるかを考えるのが先なのである。


 いや、ごまかす必要はないのかもしれない。ごまかす前に、「もしかしたら俺のミスなのか?」という疑問の欠片さえ頭の中に存在しないからである。



 * * * * * * * 



 韓国人は絶対に自分のミスを認めない。明らかに誰のせいなのかわかるミスでも、そのミスを本人に認めさせようなんてことをしてはならない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 たまには人の話も聞け、韓国人


 何かの話をしている時、相手がどのように感じているのか、そんな簡単なことさえわからないのである。

 自分さえよければ相手のことなど考える余裕なんて、これっぽっちもないのである。


 相手がいなくてはそれを実行することはできないのに、その相手の気持ちを一切無視してしまうのが韓国人である。



 * * * * * * * 


 韓国人は、一度話しだすと、とことん話し続けてしまう。


 興奮にも近いその感覚が襲ってくると、一方的に自分だけ話をしてしまうのである。まさに自分のためだけに用意された「舞台」に立ったかのように・・・・。


 「観客」が友人でも、夫や妻でも、会話のキャッチボールをすることが下手なのである。自分だけが話の「魔球」を連続して投げてしまうのである。


 自分だけが快感を感じる。そして、相手には小さな、時には大きな苦痛を与える。


 会話のキャッチボールはセンスである。韓国人には、そのセンスというものがどうやら欠けているようだ。自分だけ楽しければ、相手がつらそうにしていても、そんな姿さえ目の片隅にも入ってこない。


 韓国人の大演説に「はまり込んで」しまう日本人は多い。


 韓国人と日本人が同じ場に居合わせると、韓国人は頼まれてもいないのに話し投となり、日本人は立候補してもいないのに聞き投となってしまうのが「通常の状態」である。


 日本人は、夢中になって話し込む相手の気持ちを考えて、演説を途中で切り上げさせるような真似はしない。苦しくても、つらくても、眠ってしまいたくても、とりあえず相槌を打ってあげるのである。何とも優しいではないか。


 しかし、そういった態度を取る日本人だからこそターゲットにされる。韓国人の独り舞台の快楽にとことん付き合わされることになるのである。


 日本人相手だと、ただでさえ絶 " 口 " 調の話しっぶりがさらにヒートアップする。その理由は、韓国人は日本人に話したくてしょうがないことが、ありすぎるほどあるからなのである。


 人気のお題は当然のことながら、「日韓の歴史」そのことに関する日本の対応、そういったことに始まり、次第にわざわざお題にするまでもないことまで話は先へ先へと進んでいく・・・・。


 日本人の本音と建前について、日本人の性格について、日本人の性について、日本人の外見について・・・・もう止まらない。


 よく言って聞かせたい相手(日本人)が目の前に黙って座っているのだ。こんなラッキーなチャンスを無駄にするわけがないのである。酒を飲んでいなくたって、とことん話して聞かせなくてはならないのである。いねば、ある種の「義務」。


 韓国人が相手には話をさせず、自分だけ話し続けてしまうという快楽は半永久的に続いてしまいそうな形相である。ちなみに、話に夢中になっている韓国人の形相そのものもすごいこととなる。



 * * * * * * * 



 韓国人の一方的な話を聞き続けたくなかったら、思い切って話を打ち切るか、もしくは対抗して自分も話しださないと、何時間も聞き役となってしまうことを覚悟しなければならない。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2020

 https://blog.goo.ne.jp/akatonnbo1948/e/9a124e4e85c52b62f2b76f3fbb111f52




 

« 梅雨明け祈願「そっくりさん」特集 | トップページ | 対韓規制、日本政府の心構えと覚悟は万全か »

半島人」カテゴリの記事