« 明らかに社会犯罪化している特定野盗 5つの特権 | トップページ | 立民党プロデュース「初冬の学芸会」 »

2019年11月24日 (日)

某女性参院議員の独り芝居に観る度し難き独善と狂暴性


 ・2019.11.22 Daily Mail
  Japan's Emperor Naruhito arrives at Grand Shrine to 'report to the gods' that he has completed the final rites of enthronement
  https://www.dailymail.co.uk/news/article-7715213/Japans-Emperor-Naruhito-arrives-Shrine-report-gods-completed-enthronement.html

3114

 Japan's Emperor Naruhito (centre) attends a ritual at the Ise Grand Shrine of Geku with Empress Masako (not pictured), in Ise, Mie Prefecture, Japan, 22 November 2019


3115

 The ritual ceremony marks the end of major rite rituals following the emperor's enthronement

3116

 Tomorrow the pair will visit the shrine of the sun goddess, Amaterasu, an inner shrine


3117

 Emperor Naruhito arrived in the same horse drawn carriage as his father the former Emperor Akihito 29 years before him

3118

 Japan's Emperor Naruhito sits in a carriage on his way to visit the outer shrine of the Ise Jingu Shrine in Ise, Mie Prefecture on November 22, 2019 to report the completion of major rites of his enthronement


3119

 Emperor Naruhito and Empress Masako wave to well-wishers on arrival at the Uji Yamada Station on their way to the Ise Shrine yesterday

3120

  A car carrying Emperor Naruhito and Empress Masako runs toward the Ise Shrine on November 21, 2019 in Ise, Japan. The pair arrived to the location the evening before the ceremony


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 本日の山田く〜ん、座布団1枚


 増すゴミくんの仕事着が遊び着だった件


 ・2019.11.22 産経新聞

  GSOMIAの失効が回避され、取材に応じる河野防衛相=22日午後、防衛省
  https://www.sankei.com/politics/news/191122/plt1911220052-n1.html


3121



 河野大臣にマイクを向けている某増すゴミの男性記者。

 一応、ジャケットはお召しになっていらっしゃるとは言うものの、下は、綿パンにスニーカーww

 休日のオフのゴルフ場での記者会見ならまだしも、これって、平日のしかも防衛省内での記者会見でしょう。

 右側の女性記者のお召し物にしてもしかり。

 何か、これから、夜のお務めに出掛けて行くようなファッションです。

 いくら増すゴミごっこ業界が賎業稼業でも、ドレスコードお一つ守れないようなその惨状は、業界そのものが社会人として機能していない集団と国民から見放されているのも判るような気が致します。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・2019.11.22 産経新聞
  蓮舫氏「私の携帯番号が漏洩」政府に調査要求
  https://www.sankei.com/politics/news/191122/plt1911220024-n1.html

 立憲民主党の蓮舫副代表は22日の参院予算委員会理事懇談会で、首相主催の「桜を見る会」に飲食物を提供していたケータリング会社に関する政府側とのやり取りの中で、自身の携帯電話番号や調査内容が第三者に漏洩した疑惑があるとして、政府側に調査を要請した。

 蓮舫氏は、ケータリング会社の経営者と安倍晋三首相の昭恵夫人が親しい関係にあるとして、桜を見る会での契約内容について内閣府と内閣官房に資料を請求していた。それに対し、20日に同社CEOを名乗る男性から蓮舫氏の携帯に着信があり、直接、説明したい旨のメッセージが留守番電話に残っていたという。


 蓮舫氏は理事懇談会の後、記者団に「私、この人、知りません。面識もありません。当然、携帯も教えていない」と強調。さらに「2回だけの(政府の)担当職員とのやり取りで、なぜその方に連絡が行ったのか。あまりにも怖い。調べたことが民間の方に漏洩されている。国民民主党の森裕子議員の質問通告がSNSでさらされたのと全く同じ構造だ」と語った。


 蓮舫氏とともに参院予算委理事を務める森氏も並んで取材に応じ、「極めて深刻な問題だ。私の質問は質問を行う前に関係ない人々に漏洩し、批判が展開された。何かをただそうとして質問したり、あるいは蓮舫氏のように調査をかけると、それが政府から漏れてしまう」と主張した。



 * * * * * * * 

 ・2019.11.22 時事通信
  契約業者に情報漏えい?「桜を見る会」、蓮舫氏照会事項
  https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112201148&g=pol

 立憲民主党の蓮舫参院幹事長は22日、首相主催の「桜を見る会」に飲食物を提供したケータリング業者をめぐり政府側に問い合わせた内容などがこの業者に漏れた可能性があると指摘した。国会内で記者団に語った。これに関し、参院予算委員会は同日の理事懇談会で、政府側に経緯を調査するよう求めた。
桜を見る会で山口県の酒「獺祭」提供

 蓮舫氏によると、政府が契約したケータリング業者について内閣官房と内閣府の担当者に問い合わせたところ、この業者の「最高経営責任者(CEO)」を名乗る人物から20日に自身の携帯電話に留守電が入った。秘書が折り返すと「内閣から蓮舫氏が調べていると連絡があった。業務について説明したい」とした上で、「妻と弟は首相の昭恵夫人と懇意にしている」などと話したという。


 蓮舫氏は「面識がないのに、私の携帯電話番号をなぜ知っていたのか。調べたことが民間の方に漏えいしている」と語った。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 あと4日で晴れて52才児になられる某女性参院議員。

 証拠も何にもないのに、「えぇ〜ん、私の携帯番号が見ず知らずの第三者に漏れちゃったよぉ」「だから当然、この一件の真相を政府は調査する義務があるアルヨ〜」と、喚いちゃったんだとか。

 この記事、ググってみても、産経と時事しか報じていない処をみると、流石のチョウニチくんもマイニチくんもニダさまのNHKくんも、某女性議員のお姿が、おもちゃを買ってくれないがために大泣きして手がつけられない超モンスター級の駄々っ子そのものに見えて、もうこれ以上、構って差し上げられないと放置プレイに踏み切った可能性も充分考えられます。

 だって、上記2社の記事を読み比べただけでも、突っ込み処満載のその支離滅裂振りは、いつもの如く遥かに常軌を逸していて、その精神性に国民は恐怖感さえ感じかねませんからね。

 加えて、根拠レスの風評被害を狙った毎度の事ながらの決め付けは、ブラック・プロパガンダと言うよりは心の健康が既に損なわれてしまっている感さえします。

 > ケータリング会社の経営者と安倍晋三首相の昭恵夫人が親しい関係にある


 この某女性参院議員に、選良としての最低限の常人感覚がまだ残されているとするなら、証拠提示もせずにひたすら誹謗中傷狙いのかくもアバウトな言動はなさる筈がございません。

 > 蓮舫氏とともに参院予算委理事を務める森氏も並んで取材に応じ、ウンタラカンタラ


 62才児の越後の狼少女と並んで取材に応じたことも、事実認識能力に齟齬を来している疑いが多いに懸念されます。

 政府与党も、某女性参院議員の処遇につきましてはあまりにもの小者につき、二重国籍問題を始めとした彼女の闇の部分には手をお付けになる気はサラサラないのかも知れませんが、彼女の昨今の目に余る狂気性には、そろそろ、罰ゲームをご用意して差し上げた方が宜しいのではないかと思料致します。

 なになに、彼女のブラックな面は公安経由で全て裏取り済で、いつでも取引は可能だ、ですってぇ。

 なら、国民は一安心です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.11.22 ミュラー上級大将
  https://twitter.com/cocoro1931/status/1197851678625501184

 安住淳国対委員長のホテルの朝食会の値引きも企業団体献金なんですね。さすがブーメランの名手か揃っている。

  ↓ ↓ ↓ ↓

 ・2019.11.15 蓮舫Twitter
  https://twitter.com/renho_sha/status/1195536662673051648

 ホテルの値引きは企業団体献金。

 いずれにしても安倍総理の説明は法に抵触します。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ( ご参考 )


 ・2012.12.11 Wach auf
  25人に1人は良心をもたない(その8)
  http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/2518-1515.html

 < 良心をもたない人の特徴 >

  ① 一見、魅力的でカリスマ性がある

  ② 嘘をついて人をあやつる


  ③ 空涙を流して同情をひく


  ④ 追いつめられると逆ギレする


  ⑤ 自分に対して関心がなく、退屈しやすい


  ⑥ 刺激を求めて「支配ゲーム」に走る


  ⑦ 人に依存したがる


  ⑧ チームプレイがへた


  ⑨ 近視眼的で世間知らず


 < ふつうの人には想像できない精神状態 >

 およそ九六パーセントの人たちにとって、良心の存在はあまりに当たり前で、めったに意識もしない。たいていの場合、良心は反射的に働く。誘惑がきわめて大きい場合はべつとして、私たちは自分に降りかかる道徳的問題をいちいち考えたりしない。今日子どもに昼食代を渡すべきか否か、今日職場の同僚のブリーフケースを盗むべきか否か、今日妻を捨てるべきか否か・・・・などと深刻に自問はしない。私たちにかわって良心が、そのすべての決断を、黙って、自動的に、連続的におこなう。

 というわけで、私たちがいかに想像力を働かせても、良心のない人間の姿を思い浮かべることはむずかしい。そのため当然ながら、だれかが良心を欠いた選択をおこなっても、私たちは事実とかけ離れた見方をしてしまう。あの母親は子どもに昼食代を渡し忘れただけだ。あの人の同僚がブリーフケースをどこかに置き忘れたにちがいない。あの人の奥さんは、きっとひどい人だったのだ。
(以下略)

 * 出典:マーサ・スタウト著「良心をもたない人たち」2006年草思社





« 明らかに社会犯罪化している特定野盗 5つの特権 | トップページ | 立民党プロデュース「初冬の学芸会」 »

正義を疑う」カテゴリの記事