« 深刻 アジアの大気汚染 | トップページ | 被害者ビジネスのプロ「在日本国ニダくん応援団」編 »

2019年11月 6日 (水)

ニダくんの自称・被害者演技は天性の一級品


 ・2019.11.03 首相官邸HP
  ASEAN関連首脳会議出席等 -1日目-
  https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/03asean1.html


2963_20191105094601

 

2964_20191105094601



 ・2019.11.04 外務省HP
  安倍総理大臣のASEAN関連首脳会議出席
  https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page3_002942.html

  01 日・タイ首脳会談
  02 日・中首脳会談
  03 日・首脳会談
  04 日・シンガポール首脳会談
  05 日・フィリピン首脳会談
  06 日・インドネシア首脳会談
  07 日・ベトナム首脳会談
  08 第22回ASEAN+3(日中韓)首脳会議
  09 第14回東アジア首脳会議
  10 第22回ASEAN首脳会議
  11 第11回日本・メコン地域諸国首脳会議

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本日の山田く〜ん、座布団1枚

 アベガー・プロ市民活動家諸君、大活躍(棒)

 憲法審査会は絶対開催させません(キリッ


 9条死守で日本を永遠の無防備状態に(キリッ


 だって私達は中朝韓の忠実な下部ですから(キリッ


 ・2019.11.02 時事通信
  「安倍9条改憲」反対で一致=石破、玉木氏が討論
  https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110200480&g=pol

 ・2019.11.03 読売新聞
  辻元清美氏「内閣は総辞職すべきだ」…2閣僚辞任で徹底追及へ
  https://www.yomiuri.co.jp/politics/20191103-OYT1T50118/


 ・2019.11.01 加藤清隆Twitter
  https://twitter.com/jda1BekUDve1ccx/status/1190462755842605062

  立憲・蓮舫議員が中国版ツイッター「微博」に安倍総理の悪口を投稿していた。バレないとでも思っていたのだろう。他国のツイッターにまで自国のトップの悪口を書く議員は世界広しと言えど、ほとんどいないだろう。


2962_20191105094601

 https://twitter.com/2525nekoneko/status/1190585878344687617


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.11.04 保守速報
  【サッカー】A・ゴメスに悲劇、右足首があらぬ方向に…タックルした側のソン・フンミンはショックで涙(動画あり)
  https://hosyusokuhou.jp/archives/48864228.html

 * * * * * * * 

 ・2019.11.04 日刊スポーツ
  孫興民一発レッド 相手は重傷か 涙でピッチ去る
  https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201911040000164.html

 <プレミアリーグ:エバートン1-1トットナム>◇3日◇リバプール

 韓国代表のトットナムFW孫興民が後方からのスライディングタックルで一発退場し、涙でピッチをあとにした。


 孫は後半18分にMFアリの先制ゴールをアシストしたが、同34分、相手左サイドでパスを受けた相手MFゴメスに対し、後方からスライディングタックル。ゴメスは倒れ込む際に右にいたDFオーリエと交錯し右足を痛めた。ゴメスは起き上がれず重傷で、担架で運ばれ病院へ緊急搬送された。レッドカードが出されて一発退場となった孫は頭を抱え、ショックから目に涙を浮かべながらピッチを去った。交錯したオーリエもぼう然の様子だった。



 * * * * * * * 

 ・2019.11.04 Daily Mail
  Tottenham WILL appeal Son Heung-min's red card for the tackle leading to Andre Gomes' horror ankle injury... as they offer 'devastated' midfielder help to recover psychologically
  https://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-7646933/Tottenham-offer-devastated-Son-Heung-min-support-help-recover-psychologically.html

 Tottenham will appeal Son Heung-min's red card for the tackle that led to Andre Gomes' horrendous ankle injury on Sunday and also offer the 'devastated' South Korean psychological counselling.

 Son was shown a red card for the initial challenge on Everton midfielder Gomes during the 1-1 draw at Goodison Park.


 Serge Aurier then crashed into Gomes after his right foot had become caught in the turf, causing a gruesome injury that left the Portuguese midfielder screaming in agony.



2965_20191105094701

 Tottenham will offer Son Heung-min counselling to recover from the psychological trauma of witnessing Andre Gomes' horrendous ankle break during Sunday's match with Everton.(セルジュオーリエは右足が芝に引っかかった後ゴメスに衝突し、恐ろしい怪我を負い、ポルトガル人ミッドフィールダーは苦痛の叫び声を上げました)


2966

 Son left the field in tears after being sent off for his part in causing the ankle break

2967_20191105094801

 The South Korean had to be consoled by Tottenham coaching staff as he left the field in tears

 * * * * * * * 

 27才児のソンくんは、なんで、大泣きなさってるのかな。

 ウリは全然悪くないニダ、怪我をさせたのはDFのオーリエ選手ニダ、なのにウリはレッドカードで無理矢理退場させられたニダ、アイゴーww

 泣きたいのは大怪我を負ったゴメス選手なのにねぇww。

 この一転して即座に被害者を装っちゃう演技って、やっぱりニダくん共通の民族性なんでしょうか。

 つい先日まで行われていたラグビー世界大会では、サッカーなんか問題にならないくらいの激しいタックルが頻繁に行われていたにも関わらず、怪我で重傷を負ったシーンなど一度も見なかったような気がします。

 皆さん仰るとおり、ニダくんが関わると、やっぱり、ネっww

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・2019.11.04 朝鮮日報日本語版
  韓国、韓米次官補協議で「韓日関係仲介してほしい」
  http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/04/2019110480033.html

 尹淳九韓国外交部次官補とデビッド・スティルウェル米国務省東アジア・太平洋次官補が2日、タイで韓米協議を行った。米国務省はこの協議について、「双方は北朝鮮の『最終的かつ完全に検証された非核化』(FFVD)を確保するために緊密な共助を維持することを強調し、米韓日の三角協力の重要性を再確認した」と明らかにした。

 しかし、韓国外交部の発表文には「北朝鮮の核」や「韓米日三角協力」に対する言及がなかった。その代わり、「韓日関係の改善のための過程で、米国が可能な役割をしてくれるよう要請した」と述べた。韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄などの韓日確執懸案と関連して、米国に仲裁を要求した事実を浮き彫りにしたものだ。



 * * * * * * * 


 ・2019.11.04 朝鮮日報日本語版
  きっぱり断った米国「韓日の仲裁人にも審判にもなりたくない」
  http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/04/2019110480043.html

 マーク・ナッパー米国務副次官補(韓国・日本担当)とジョセフ・ヤング駐日米国臨時代理大使が2日、日本のメディアと相次いでインタビューを行い、共に韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)維持を強調したのは、この問題に対する米政府の見解を正確に反映している。 「GSOMIA維持は米国の国益に直結した問題」であり、「GSOMIAと日本の輸出規制を結び付け、米国に仲裁を強制するな」ということだ。5日以降、デビッド・スティルウェル国務省次官補(東アジア・太平洋担当)、キース・クラック国務省次官(経済成長・エネルギー・環境担当)らが相次いで訪韓すれば、米国の圧力はさらに強まる見通しだ。


 * * * * * * * 


 上から目線の朝鮮日報さまのこの2つの記事、何が原因で米国に仲介を求めたのかは一切触れいませんから、日本国民としてはいつものことながら超腹の立つ記事です。

 元を辿れば、全てに渡って、昨今の日韓関係悪化の原因はKの国側にあるのは明らかです。

 なのに、ニダくん達は、モンスター級の狼少年・狼少女はとっくに通り越して、完璧にウリナラこそが被害者であるを365日24時間、超トランス状態で演じ切っていらっしゃるw

 これを交通事故に例えるならば、ドライブレコーダーも、街角の防犯カメラも、道路の監視カメラも、事故に巻き込まれた被害者や事故を目撃した方々の証言も、事故原因はどれをとっても加害者のKの国側に責任があるのが100%明らかにも関わらず、加害者Kの国は全てを否認し、自分こそ被害者である、日本こそ加害者だと一方的に世間や世界に向かって主張しているようなものです。

 そして徹頭徹尾嘘八百のでっち上げの被害者を装って、ミエミエで示談金を毟りとろうとする。

 言ってみれば、国そのものがならず者。

 Kの国の政財官界や増すゴミ業界のみならず、警察、検察、裁判所、国民が全員グルになって、被害者を平気で演じちゃうお国柄なんですから、もはや、神様でも手がつけられない状態かと思料致します。

 これまでは、日本だけが自己犠牲の防波堤になってKの国の被害の世界への拡散をなんとか喰いとめて差し上げていましたが、ここにきて日本の堪忍袋の緒が切れたため、Kの国が騒げば騒ぐほど、カリアゲくんを始め、世界中がKの国からの孤立を決断するのも時間の問題かと考えます。

 それに、お天道さまも、そろそろ重い腰を上げて、犯罪大国Kの国への厳罰に動き出すでしょうし。

 ムンちゃん、並びに、50百万ニダくんの皆様、お気張りやす(棒)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2019.11.04 Reuters
  Moon, Abe back dialogue to resolve South Korea-Japan dispute
  https://www.reuters.com/article/us-southkorea-japan/moon-abe-back-dialogue-to-resolve-south-korea-japan-dispute-idUSKBN1XE07K

 SEOUL (Reuters) - South Korea’s President Moon Jae-in on Monday suggested high-level talks to resolve a deepening political and trade row with Japan during a meeting with Japanese Prime Minister Shinzo Abe, Moon’s spokeswoman said.

2968_20191105094801

 ( South Korean President Moon Jae-in talks with Japanese Prime Minister Shinzo Abe during their bilateral meeting in Bangkok, Thailand, November 4, 2019 )

 * * * * * * * 


 上記記事をお書きになったのはもちろん、ロイターのニダくん記者、Hyonhee Shin さまでございます。

 記事のタイトル、ムンちゃんとKの国を先にもってきていることからして、確信犯でニダくんをどうしても主語にしたい記者がお書きになった記事であろうことは、容易に想像できます。

 そう言う意味では、ニダくんの厚顔無恥ぶりって、本当に判りやすい。

 とは言え、この記事、世界中に配信されちゃってる訳ですから、日本とKの国の関係などこれっぽっちもご存知ない大多数の読者からしてみれば、やっぱり日本にも何らかの原因があるんだろうと思ってしまうのは残念ながら自然の理でしょう。

 プロパガンダは日本人の民族性として最も苦手とする分野でもありますが、それにしても、日本政府、増すゴミ対策情報戦、放置プレイし杉w

 はっきり申し上げまして、日本の増すゴミごっこ業界はもちろんのこと、日本の政治屋ごっこ業界も、お役人ごっこ業界も、日本国と日本国民の尊厳を傷つけ捲っていらっしゃいます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 セクハラの当たり屋某参院議員

 予定調和で自称・被害者の味方を演じるww



 ・2019.11.04 Share News Japan
  https://snjpn.net/archives/165647

 韓国、パネル用フッ化水素を100%国産化 → 塩村議員「あーあ!!韓国は困るどころか、ものの数ヶ月で開発成功。失ったマーケットは二度と戻ってこない!」


 > 国家間のコンプライアンスより金が大事とはね。男から1500万騙し取ったとTVで堂々とのたまう神経の持ち主だけのことはありますね。

 > 良かったですね。大変嬉しそうでなにより。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ニダくんの主張

 「遂に韓日首脳会談開催を実現させたニダ」


 「たった11分間でも今後に繋がる実のある会談だったニダ」


 ・2019.11.04 聯合ニュース日本語版
  韓日首脳 対立解決の意思確認=関係改善のきっかけになるか
  https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191104002700882?section=japan-relationship/index

 韓国青瓦台(大統領府)によると、両首脳はASEANプラス3(韓中日)首脳会議の前、控え室で11分間歓談した。「非常に友好的かつ真摯な雰囲気の中、歓談を続けた」という。

 * * * * * * * 


 ・2019.11.04 産経新聞
  文氏に誤算 安倍首相と対話演出もGSOMIA問題苦慮
  https://www.sankei.com/world/news/191104/wor1911040024-n1.html

  「誰も予想できなかった瞬間」。韓国大統領府高官は、タイのバンコク郊外で4日朝に行われた日韓首脳の面談についてこう振り返った。日本政府は「日韓首脳のやりとり」と発表。会談でも立ち話でもなく、「言葉を交わしたという理解だ」(西村明宏官房副長官)と説明した。

 日韓両政府によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議を前に、文氏が先に控室でASEAN各国首脳と歓談していたところに安倍首相が到着。握手しながら、文氏は「ちょっと座って話しましょう」と持ち掛けた。「空いたソファに自然な流れで腰掛けて話になった」(西村氏)。


 内容の発表でも日韓に違いが出た。韓国側が両首脳の対話の意思に力点を置いたのに対し、日本側は、安倍首相が死去した文氏の母親への弔意を伝えたことや、天皇陛下のご即位に文氏が祝意を表したことなど儀礼的なやり取りを主に公表した。安倍首相は短時間の中でも徴用工判決問題での日本の立場に変更はないと念押しをしており、両国間の懸案で進展がなかったのは明らかだ。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 やっぱり ニダくんは 息を吐くように 嘘をつき

 ドラエモンもヤクルトもやくるとおばさんも


 世界に誇れるウリジナル nida(エッヘン)


 ・2019.11.03 中央日報日本語版
  【韓国の長寿ブランド】500億本売れた国民的発酵乳「ヤクルト」
  https://japanese.joins.com/JArticle/259199?sectcode=320&servcode=300

 販売量500億本。韓国の食品製品のうち単一ブランドで史上最多販売の歴史を書き続ける製品。ヤクルトのことだ。ヤクルトは昨年基準で韓国の国民1人当たり970本を飲んだ国民的発酵乳だ。これまで売れたヤクルトの容器を積み上げれば世界最高峰であるエベレスト(8848メートル)の40万倍の高さとなる。(中略)

 ヤクルトの訪問販売方式も国民的人気を享受できた秘訣のひとつに挙げられる。尹会長は女性の雇用を創出するために主婦を対象に「ヤクルトおばさん」制度を導入した。71年に47人にすぎなかったヤクルトおばさんは98年に1万人を超えた。


 * * * * * * * 


 ・2019.11.04 厳選!韓国情報
  朝鮮日報「なぜ韓国は嘘に寛大すぎるのか」
  http://gensen2ch.com/archives/80564363.html

 おそらく最大の要因は政治力の不在にあると思う。かつては相手がいくら憎くても、いわゆる襟度というものがあって品位を維持していたが、今は消えた。元大統領、大法院(最高裁)長官、国情院長、軍の将軍、グローバル企業のトップが次々と拘束されるのは、過去のアフリカでも見られなかった姿である。5年ごとに政策が変わり、任期後の政権がどうなるか分からない国を誰が尊重するだろうか。政界が『誰が誰がお上手か』の'競争ではなく、相手を殺して政権を取ろうとしたせいで結局、国がこのようになった。

 二つ目は国家公権力が権威と信頼を失った。市民団体が腕章をつけた公務員に対し、まるで犯罪集団かのように罵倒した時から予見されていたことである。近年では青瓦台(大統領府)と与党が検察を攻撃して、デモ隊が検察と司法部に圧力をかけ、検察と警察が争う奇妙なことまで起きている。機関の長が政権の顔色を見れば、今度は労組が警察を攻撃して役所を占拠しても、左派団体が米国大使官邸に乱入しても平気な世の中になった。


 三つ目は社会に善悪を判断する機能が消えた。メディアや司法部まで政治に染まった結果である。メディアは公共放送ですら国民の信頼を失い、受信料の(支払い)拒否まで議論されているため、これ以上は言うまでもない。最終的にはYouTubeが代案として浮上している。これまで山のような重みで社会を守ってきた司法部も、信頼を失うのは同じである。今、司法部を社会正義の最後の砦と考えている人がどれ程いるのだろうか。知識と所信はあるかも知れないが、知恵と経綸は見当たらない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2969_20191105094901

 https://www.pinterest.co.uk/pin/637822365953147338/




« 深刻 アジアの大気汚染 | トップページ | 被害者ビジネスのプロ「在日本国ニダくん応援団」編 »

半島人」カテゴリの記事