« 望まれるコロナウイルス安心・安全情報開示 | トップページ | 修羅場対応に観る明らかに戦力には成り得ないない方々 »

2020年2月29日 (土)

左派の狂気性に無頓着すぎる日本の保守勢力


 ・2020.02.27 産経新聞
  教科書検定 見えた左派の根
  https://special.sankei.com/a/politics/article/20200227/0001.html

 「何でもあり」の政界を長く眺めていると、大抵のことには驚かなくなるが、今回の事件には衝撃を受けた。来年度採択の中学校の教科書検定をめぐり、「新しい歴史教科書をつくる会」(高池勝彦会長)が推進する教科書(自由社)が不合格になった件である。

 若手議員の頃から教科書正常化運動の牽引(けんいん)役となってきた安倍晋三政権下で、しかも運動に率先して携わってきた自民党の萩生田光一氏が文部科学相を務めているこの時期に、その流れに真っ向から逆行するようなことが起きたのである。



3746

  ( 会見で記者の質問に答える「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長(左から2人目)。左隣は高池勝彦会長=21日午後、東京・霞が関の文科省 )


 ( 2020.02.27 産経新聞朝刊 )

3745




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今次のつくる会の教科書検定、不合格。

 産経の阿比留記者は衝撃を受けたと仰ってますが、オジサン的には全然驚きませんでした。

 ここずっと検定に合格してきたことに加え安倍政権下と言うこともあって、つくる会側にも慢心があったのではないかと邪推します。

 と言うか、安倍政権下野を虎視眈々と狙っている日本の左派勢力と中朝韓は、日本絶対悪のプロパガンダを365日24時間、日本国内に限らず全世界でこれでもかと言う程に展開中です。

 彼等にとって真実・事実なんてどうでもいい。

 兎に角、理由がどうであれ、日本を徹底的に貶め、衰退・没落させることだけを生き甲斐にして、極く自然体でトランス状態になれる日々を年がら年中、彼等は過ごしていらっしゃるw

 そにためにはどんな手を使っても構わない。

 真っ正面から性善説の正義だけを標榜して闘っている日本の保守勢力とは意気込みが全然違うんです。

 加えて日本の真の保守勢力を標榜している「つくる会」は、汚い手を使ってまでも正義を翳したくないとの潔癖性が顕著過ぎて、これでは、あらゆる汚い手を使って日本壊滅を狙っている左派勢力には、対等に闘えっこありません。

 汚い手を使ってまでして勝ちたくない。

 確かにそのお気持ちは尊重しなければならないのは判りますが、我々が相手にしているのは面と向かって理屈が通じる相手ではなく、正義だけでは納得させることが到底出来ない、否、彼等が反日・嫌日・憎日・侮日姿勢から転向することなど永遠にあり得ないことを肝に銘じるべきであり、それを知った上で、如何に彼等左派勢力に立ち向かうかの戦術・戦略が微塵も立てられていない、と、個人的には思います。

 即ち、嘗て、三島由紀夫が言ったように保守サイドには、「偽善には偽善で」の知恵が足りないような気がしてなりません。

 だってしつこいようですが、私達が相手にしている内外の反日左翼勢力は常識はもちろんのこと、物の道理や正義なんてこれっぽっちも通じる相手ではないんですから。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ■■ 三島由紀夫著「若きサムライのために」文春文庫から ■■


 < 困るのは " おかはいさうに " 人種 >


(三島)

 ぼくはね、福田さんの考へてるのね、非常に理想的に美しいところだと思ふけど、ぼくは、敵がこれだけ偽善を利用しやがつたんだから、こつちも偽善で行かなきやならんといふ戦術的な考へになつちやつた。

 といふのはね、美濃部都知事といふものは、最も美しい偽善の象徴だよね。あそこまでいつちやつたんだよ。ウソでね。つまりあれがいまの国民の平均的な感性と密着してゐます。日本的感性と密着してゐる。


 つまり、われわれは平和を守りませう。平和憲法を守りませう。九条は絶対に守らなければなりません。


 新島を基地にすることは、日本の美しい風土を汚すことになるでせう・・・・ニコニコ、ニコニコして・・・・だからわれわれは、どうしても基地に反対しませう・・・・ニコニコ、ニコニコして・・・・さういふ日本的なものとソシアリズム(社会主義)との結合形態が、こんなに効果を発揮してゐるところならば、もう一種の対抗的にだね、そんならわれわれも偽善で行かうぢやないかといふ気になつちやふ。


 そして偽善の効用といふものを、もつと徹底的に利用したらどうだと。そして偽善に対するにシンセリティー(誠実)をもちだしたら、シンセリティーは傷つくにきまつてゐるんだ。シンセリティーは大事にとつておかねばならん。


(福田)

 あなたの場合はそれでいいんだよ。

(三島)

 でもそのはうはだね・・・・。

(福田)

 偽善に対抗するには偽善をもつてしようといふのは、それは偽善であることを御承知でせう。

(三島)

 それはさうだ。

(福田)

 一番困るのは、偽善であることを自分ではチットも意識しない人種がふえてくることなんだよ。美濃部さんの人気はさういふ人種によつて支へられてゐる。" おかはいさうに " 人種によつてね(笑)。何かそんな感じがするね。

(三島)

 ほんとだね。

(福田)

 " おかはいさうに"と 言はれるのにふさはしいやうな印象でせう。現代の英雄は崇拝されるものではなくて同情されるものにならなければだめだよ。崇拝が同情を通じてあらはれる、さういふ英雄崇拝をしてゐる人間はね、自分が偽善者であることに気がつかないんだよ。

(三島)

 しかしぼくは、" おかはいさうに " を、こつちでつかまにやいかんと思ふね。

 つまり、戦争中でもアメリカの捕虜に、" おかはいさうに " と言つた女がゐた。さういふ女がゐて、軍部がおこつたけど、おこつた軍部は負けだよ。アメリカの捕虜を " おかはいさうに " と言つた女が勝つちやつて、この二十年間そのまゝ勝つちやつたんだ。


 ぼくは、あのときから思つてゐるんだが、" おかはいさうに " といふやつをこちらへとつちやはなきやいかんと。 


 いまは、" おかはいさうに " と、せつかく日本人のうるはしき人情をだね、向うがとつちやつた。" ベトナムがおかはいさうに " 。美濃部さんが " おかはいさうに " "原爆がおかはいさうに " 。" おかはいさうに " を全部向う様でとつちやつたよ。


 日本的な湿潤性、いやらしさ、人情、義理、何もかもみんな向うでとつちやつたよ。それをこつちへとり返さなくちや。


(福田)

 そんな手のうちをここでバラしちやつたらだめぢやないか(笑)。

(三島)

 ほんたうは言つちやいけないんだよな(笑)。さういふところがだめなんだね。実にあはれだね。おかはいさうなところだよ。

(福田)

三島さんはぼくよりもよつぽど策士ぶつてゐて、さういふところはだめだね(笑)。

 < 初出:論争ジャーナル昭和四十二年十一月号(三島42才、福田恒存55才)>




« 望まれるコロナウイルス安心・安全情報開示 | トップページ | 修羅場対応に観る明らかに戦力には成り得ないない方々 »

正義を疑う」カテゴリの記事