« 革マル・フルアーマー・枝野くん 只今 絶好調 | トップページ | 蓮舫さんが応援に入ると碌な結果にならない法則 »

2020年7月 8日 (水)

フェイクニュース社共同通信くんも只今 絶好調

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・2020.07.06 共同通信
  自民、習氏来日中止に慎重論 対中非難決議案持ち越し
  https://this.kiji.is/652856730029458529

 自民党の外交部会と外交調査会は6日、党本部で合同会議を開き、習近平・中国国家主席の国賓来日を中止するよう日本政府に求める対中非難決議案の扱いについて協議した。一部の出席者から来日中止を要請するのは望ましくないとする慎重論が上がり、結論は持ち越された。

 決議案は主に、香港国家安全維持法を制定した中国を批判する内容。今後の対応は中山泰秀外交部会長に一任された。中山氏は会議終了後、決議案の文言を見直すかどうかに関し「まさに調整している」と記者団に述べた。


 会議では、河村建夫元官房長官が「日中関係を壊すような文言はいかがなものか。修正すべきだ」と発言した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ( 2020.07.07 産経新聞朝刊 )

5043




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 2Fくん同様、キンペイくん来日実現絶対ありきの共同通信くんによれば、C国批難決議そのものが既にこの時点でお流れになったかのような書き方ですが、産経くんは流石にそこまでは言及していません。

 さぁ実情はどうなのか。

 自民・青山繁春さんのBlogには以下ように書かれております。

 髭の隊長さんのTwitterでも同じですね。

 だとすると、やっぱり今回もまた、共同通信くんが流したのは、フェイクプロパガンダw


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2020.07.06 青山繁春の道すがらエッセイ
  「習近平国家主席の国賓訪問については、中止を要請する」、この文言はしっかり原案のまま部会を通りました。
  https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1924

 まずは第一報です。

 自由民主党の外交部会・外交調査会合同会議の全体会議、いわゆる平場(ひらば)がきょう7月6日月曜の午後4時30分から6時35分まで、2時間5分にわたって開かれました。


 議題は、外交部会と外交調査会の役員会で決まった「香港国家安全維持法の制定及び施行に対する非難決議案」の可否です。


 この非難決議案の末尾には、「習近平国家主席の国賓訪問については、中止を要請する」と明記されています。


 この「中止を要請」について削除ないし変更を求めた議員は、ごく少数でした。


 圧倒的多数の議員が「この文言を維持すべきだ」という意思表示をしました。


 あえて比率を記せば、削除ないし変更の意見が5に対し、維持すべきという意見が19でした。


 そのうえで、この文言が維持されたまま、扱いを中山泰秀・外交部会長(衆議院議員)に一任することが部会(正確には、外交部会と外交調査会)として正式に諒承されました。


 その後、中山外交部会長が岸田文雄政調会長と現在、協議しているようです。


 ここから先は、まずは、岸田政調会長の判断です。


 事前には、岸田政調会長と中山部会長のあいだで「外交部会の全体会議の結果を尊重する」という非公式な合意があったとは仄聞しています。


 しかし、岸田政調会長が党の政務調査会(政調)としての最終判断を下さねばなりません。外交部会も、外交調査会も、この党政調に属しているからです。


 日本外交のひとつの正念場です。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 62才児岸田くん、日本のために、たまには、頑張れぇ


5045

 https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1280076044511281152


 > 岸田さんは、ここで試されますね。世界中の流れも見えない選択肢を選ぶようなら総裁の夢を見る事すら叶
わない。


 > これで中止にならなければ自民は終わりと思ってしまいます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・2020.07.07 小野田紀美Twitter
  https://twitter.com/onoda_kimi/status/1280256845383233536

  タイトルも内容も認識が間違ってます。決議や提言の文書は、原文通り決定となるばかりでなく「その部会で出た意見を踏まえて微調整は部会長や調査会長に一任」となる事が殆どで、それは「一任でまとまった」事になります。今回も「中止の原案を前提に一任」でまとまりました。


 

 ニダさまのNHKくんもフェイクニュース流したニダ


 ・2020.07.06 NHK WEB

  中国 習国家主席の国賓中止案 自民会合で意見まとまらず
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012500221000.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ・2020.07.07 山田宏Twitter

  https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1280287369728409600

 反対派の意見は、「隣国だから仲良くすべき」「先人の努力を台無しにする」だったが、それを続けてきた結果が今だ。中国は「仲良く」を「弱さ」と見てつけ込む。対峙する覚悟がなければ中国との平和はなく、属国への道があるだけ。多くの意見は決議案に賛成だった。中山外交部会長の覚悟が問われる。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ( 追記 )

 結局、こうなりました


 ・2020.07.07 産経新聞
  自民、中国非難決議を了承 習氏来日中止要請は文面修正
  https://www.sankei.com/politics/news/200707/plt2007070011-n1.html

 自民党は7日の政調審議会で、中国による香港への統制強化を目的とした香港国家安全維持法に対する非難決議を了承した。中山泰秀外交部会長らがまとめた原案では、習近平国家主席の国賓来日に関し、政府に「中止を要請する」と明記していたが、中国との関係改善を重視する二階俊博幹事長率いる二階派(志帥会)の議員が激しく反発したため、「党外交部会・外交調査会として中止を要請せざるを得ない」との内容に文面が修正された。


 中山氏は党本部で記者団に「いろいろな意見を含めてこの決議にまとめさせていただいた」と述べた。近く首相官邸を訪れ、菅義偉官房長官に決議文を提出する。




« 革マル・フルアーマー・枝野くん 只今 絶好調 | トップページ | 蓮舫さんが応援に入ると碌な結果にならない法則 »

正義を疑う」カテゴリの記事