« お詫び | トップページ | ANA vs. JAL »

2020年10月21日 (水)

いじめは続くよ何処までも

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2020.10.19 共同通信
  いじめに2万円損害賠償命令確定 最高裁、福知山市立中の元生徒

 京都府福知山市の市立中に在学中、同級生からいじめを受けて統合失調症になったとして、元生徒の女性が市と同級生4人に計約9千万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は女性の上告を退ける決定をした。15日付。同級生1人に約2万円の賠償を命じた二審大阪高裁判決が確定した。

 女性は中学2年だった2012年4月~13年3月に同級生からいじめを受けたとして、16年に提訴。19年7月の一審京都地裁判決は、統合失調症の発症との因果関係を否定しつつ、同級生4人に計約25万円の支払いを命令。学校の対応に問題はなかったとして、市への請求は棄却した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 > 同級生1人に約2万円の賠償を命じた二審大阪高裁判決が確定


 ってことは、他の3名の同級生は、いじめには加担していなかった、ってことなんでしょうか。

 或いは、「同級生1人当りにつき約2万円の賠償を命じた」ってこと?

 いずれにしましても、7年前の1年間に亘るいじめ行為の代償は、1人約2万円。

 20,000円 ÷ 365日で、1日当り55円が、これからはいじめ行為の賠償金相場として全国各地の裁判所で適用されるww

 判決文を読んでいませんので一概に決め付けはできませんが、原告の訴えが事実だったとしたら、不条理極まりない判決と考える国民が圧倒的でしょう。

 最高裁 いじめ蔓延 知らん顔


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 2020.10.17 共同通信
  いじめ受け高校不登校・退学、元生徒が県と加害者を提訴「学校が調査も対策もせず」大津地裁

 滋賀県立玉川高(草津市)で2017年、当時1年生だった男子生徒(19)=大津市=がいじめを受けて不登校になり、退学した問題で、元生徒が16日、県に500万円、加害側の元男子生徒に100万円の損害賠償を求める訴訟を大津地裁に起こした。

 訴状などによると、元生徒は17年5月ごろから、同級生の元男子生徒からかばんや自転車にいたずらをされたり、空手道部の練習中に左足を踏みつけられて加療約5日間のけがを負ったりした。また同部の他の部員らから携帯電話を勝手に操作され、クラスのLINE(ライン)グループ内で本人になりすました不適切な投稿をされることなどもあった。元生徒は同年6月下旬から不登校になり、11月に退学したという。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 大津市中2いじめ自殺事件があったのは、2011年10月11日でした。

 あれから9年。

 学校でのいじめは改善するどころか益々酷くなるばかりです。

 それはそうでしょう。

 いじめは保育園児から大人社会に至るまで人間の営みが行われる限り、365日24時間、全世界至る処で発生しているのがこの世の現実で、戦争と同じで、いじめ行為がこの地球上からなくなることは有り得ません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 いじめが始末におけないのは、殆どのいじめの加害者に、いじめをしている自覚がないことです。

 先週、森友問題で、安倍政権の指示や忖度を否定する証言テープが公開されました。

 自殺した職員の上司曰く「野党から突っ込まれるようなことを消したくてやった。やるべきでなかったが、追い詰められた状況で作業量を減らすため」ww

 今も現在進行形で野党諸君は、日本学術会議の任命拒否問題で所轄官僚諸君へのパワハラゲームの真っ最中らしいですが、彼等にはこれが常軌を逸したいじめ行為との認識は一切ございません。

 正義を追求しているオレって、ワタシって、格好いいの一方的想いだけです。

 某静岡県知事にしてもそうです。

 「菅首相の教養レベルが図らずも露見した。学問をされた人ではない。単位を取るために大学を出た」

 この御年72才になられる某県知事は、この菅総理を思いっ切り傷つけている発言自体がいじめ行為に該当するなどとは、努々、お考えになってはいらっしゃらないでしょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 と云うことで、子供からご老人に至るまで、いじめはこの世の日常茶飯時です。

 その現実を踏まえてこそ、起きてしまった行き過ぎたいじめ事案に対して関係者諸君は、誠意を以て公平に対処する心構えが、加害者サイドからすると一番期待されている点だと思います。

 また、奇麗事発言をなさる方に限って残念ながら、いじめ事案にはこれっぽっちも関心をお持ちでない事実も、よぉ〜く、踏まえておくことが肝要かと考えます。



 ・大津いじめ事件・若き市長の改革『教室のいじめとたたかう』著者、越直美氏インタビュー

  ↑ で、大津市はいじめ問題、どうにかなったんでしたっけ(棒)


 ・当時の嘉田滋賀県知事

  「滋賀県いじめから子どもを守るための対策本部」の本部長として先頭に立っていじめ対策にあたったww

  ↑現在はシレーッと参議院議員ww




« お詫び | トップページ | ANA vs. JAL »

正義を疑う」カテゴリの記事