正義を疑う

2018年8月20日 (月)

現実は超ご都合主義的な白人史上主義倫理観で動いている独逸社会




8620_2  https://twitter.com/ramuseskk/status/1030567872509009920


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.17 Rueters日本語版
  メルケル独首相、難民の本国送還強化を表明 極右のデモ受け

  https://jp.reuters.com/article/germany-merkel-idJPKBN1L20ER

 
[ドレスデン 16日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は16日、受け入れを拒否した難民を巡る本国送還の迅速化に向け、取り組みを強化すると表明した。首相の難民政策を巡って数百人の極右活動家が首相辞任を求めるデモを行ったことを受けた。

 反イスラム運動「ペギーダ(PEGIDA)」がデモ活動を組織。メルケル首相が自身率いるキリスト教民主同盟(CDU)の地方議員と面会するため東部ザクセン州のドレスデンに到着すると、デモ隊は「メルケルはやめろ」などと連呼した。

 首相は地元議員との面会後に記者会見で「全ての問題が解決していない状況にあることを明確にしたい。特に本国送還は依然として大きな問題だ」と指摘。「連邦政府は必要書類の獲得支援を中心にさらなる責任を引き受ける」と述べた。

 地元当局は難民がパスポートを所持していなかったり、諸外国が難民向けに暫定的な身分証明書類を発行するのに消極的だったりするために、受け入れを拒否した難民の本国送還に支障を生じることがあるとしている。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 メルケル首相が、極右団体PEGIDA(西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者、Patriotische Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandes)のデモ隊の直撃を受けたことが原因で、「難民の本国強制送還強化」を宣言した、とロイターが伝えています・

 果たしてこのメルケル首相の難民強制送還宣言は本物なんでしょうか?

 俄には信じ難いメルケル発言です。

 東独出身であるメルケル首相が、地元東独で、極右団体のデモ隊の直撃を受けたことにショックを受け、自分の政治生命が終わることに危機感を抱いたことから、突如、「難民本国強制送還」声明を発したのでしょうか。

 でも、そもそも、彼女はそんじょそこらの柔なリーダーではありません。

 彼女の政治生命に陰りがちらついてきたとは言え、したたたかなメルケル首相が難民強制送還政策を発作的に口に出したとは考えにくく、国内の反イスラム勢力のデモも計算ずくの上で、今回の東独訪問のタイミングを見計らって、単なるポーズ的効果を狙って声明を発表しただけにすぎない可能性もあります。

 問題は本当にメルケル首相が難民強制送還に踏み切れるのかどうか。

 で、この発言に関する各紙記事を当たってみますと、やっぱり具体的には、今、独逸に住みついている難民全員が、即刻本国に強制送還されるような事態には至らないように読み取れます。

 どこの欧米増すゴミくんも、独逸国内の難民全員を強制送還するとは捉えていないように思えます。

 せいぜい、独逸国内で反社会的な事件を起こした問題児の難民だけを強制送還するのが関の山、と受け取ってる欧米増すゴミくんもチラホラ。

 オジサンもそう思います。

 仮令、典型的な似非・ヒューマニストのメルケル首相と雖も、文字通りの「難民の本国送還強化」は、人権問題上、実行に移せないでしょう。

 そんなことをしたら、却って、支持母体のCDUからも支持を失いかねません。

 弱気は決して見せないメルケルおばさま。

 レームダック化したと指摘されつつも、難民問題を始め今後も当然のように手を変え品を変えノラリクラリ、政権を維持していくのではないでしょうか。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それにしても真意は別にして、この度のメルケル首相の「難民の本国送還強化」発言には吃驚仰天です。

 と言うか唖然と致します。

 あの2015年の100万人移民受入れ計画は一体何だったのでしょう。

 あまりにもご都合主義過ぎて、偉そうな理想を掲げたところで、いざ具体的な実践となると、つくづく政治屋稼業なんてどこの国も同じ、と、つい、思ってしまいます。

 難民こそいい迷惑です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ところで、ロイター日本語版は完全スキップしていますが、同上ロイター英語版では、次のように書かれている箇所があります。


 
・2018.08.17 Reuters
  Facing far-right protest, Merkel pledges action over failed asylum seekers

  https://www.reuters.com/article/us-germany-merkel/facing-far-right-protest-merkel-pledges-action-over-failed-asylum-seekers-idUSKBN1L122Q?feedType=RSS&feedName=worldNews

 
> Far-right views are more widespread in Germany’s formerly communist east than in the west.

 極右的考え方は、旧西独より、共産主義国家の旧東独でより広まっているw

 だとしたら、メルケル首相があたふたと、難民強制送還強化宣言に踏み切ったのも納得です。

 > Speaking after her meeting with lawmakers, she said she was aware that her decision on refugees had unsettled voters and raised concerns about the state’s ability to act and stay in control.

 難民政策が有権者を不安にし、国の行動力・支配力の懸念材料になっていることにメルケル首相は気がついたww

 3年前の100万人も難民を受け入れると宣言した時点で、普通の国民は誰もが気がついていた筈です。

 気がつかない振りをしていたのは、メルケル首相を始めとする政治屋さんと、彼らと確信犯でタッグを組んでいた難民を受け入れることでジェニ儲けに繋がる見通しをつけていた世界中の難民ビジネス屋さん達だけです。

 考えてみれば、欧米社会の倫理観なんて、大航海時代からウン百年、何も変わっていないのかも知れません。

 自分達白人は、非キリスト教徒や有色人種の土地や財産は取り放題、住み放題、大虐殺仕放題。

 逆は絶対認めない、所謂、白人至上主義。

 都合が悪くなると非キリスト教徒と有色人種を徹底的に見下し拒否する。

 今回のメルケル発言にしても、根本は同じ。

 欧米社会は、いつだって、自由・平等・博愛を隠れ蓑にした白人至上主義が跳梁跋扈する、超身勝手で、超いい加減な倫理観で動いている気がしてなりません。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 欧米の増すゴミくんも、日本の増すゴミくんも、殊更、何でも「極右・極右」と確信犯で事を荒立ててるのがミエミエですが、下記DM紙が掲載しているデモ参加者のご尊顔を鑑みるに、どう見てもオジサンには、皆様、極く極く普通の一般市民の様相を呈しているようにしか見えないんですけどね。


 
・2018.08.16 Daily Mail
  German far-right supporters shout 'GET LOST' at Angela Merkel while she visits Dresden as they protest her 2015 decision to welcome refugees from Muslim countries

  http://www.dailymail.co.uk/news/article-6068153/Far-right-protesters-shout-Get-lost-Merkel-visits-allies-Dresden.html

8615
 
( 'Merkel is acting unconstitutionally, Merkel must leave' as they take part in a protest against German Chancellor Angela Merkel today )


8616
 ( People hold a banner reading: 'Girls die, Mrs Merkel' as they protest against German Chancellor Angela Merkel as she visits the state parliament in Dresden, Germany today )


8617
 ( A banner reading: 'Dissemblers' is seen during a protest against German Chancellor Merkel )


8618
 ( 'Merkel is acting unconstitutionally, Merkel must leave' is held aloft in Dresden today )


8619
 ( A man blows a vuvuzela as he takes part in a protest against German Chancellor Angela Merkel )



2018年8月15日 (水)

ルーズベルトの開戦責任




 
ハミルトン・フィッシュ著、渡辺忽樹訳「ルーズベルトの開戦責任」2014年草思社刊から


 
訳者まえがき


 
( 10〜11頁 )


 ルーズベルトの死後、彼の対日外交の詳細と日本の外交暗号解読の実態が次第に明らかになり、ハル・ノートの存在が露見すると、フィッシュは臍を噬んだ。窮鼠(日本)に猫を噛ませた(真珠湾)のはルーズベルトだったことに気づいたのである。彼は、対日宣戦布告を容認する演説を行なったことを深く愧じた。彼はルーズベルトに政治利用され、そして、議席を失ったのである。

 ルーズベルト外交の陰湿さが戦後の研究で明らかになると、フィッシュのルーズベルトへの怒りは日に日に増していった。しかし、彼は自重した。母国アメリカが世界各地で共産主義勢力と対峙している現実を前にして、既に世を去っていたとはいえ、自国の元大統領の外交の失敗を糾弾することはできなかった。

 長い沈黙の末、彼がようやくその怒りを公にしたのがこの書である。上梓された1976年は、真珠湾攻撃からすでに35年が過ぎ、ルーズベルトの死からも31年が経っていた。フィッシュ自身も既に87才の高齢であった。世を去る前に本当のことを書き残したい。その強い思いで本書を出版したのである。

 読者におかれては、あの戦いで命を失ったアメリカの若者や父や母の視点も忘れずに、本書を読んでいただきたい。著者が語っているように、「天使も涙する」ほどの手口でアメリカを参戦に導いた元大統領の政治手法にあきれてしまうに違いない。そして同時に、本書に記される内容がアメリカの為政者にとって、どれほど都合が悪いかも理解できるに違いない。

 本書はルーズベルト外交を疑うことをしない歴史家からは「歴史修正主義」の書と蔑まれている。「歴史修正主義」という言葉はプロパガンダ用語である。ルーズベルトの政治は正しかったとする「ルーズベルト神話」に挑戦する本書に、「歴史修正主義」というレッテルを貼ることは無意味である。歴史修正の是非は、あくまで真実を探ろうとする真摯な心を持つ者だけに許された判断である。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
15章 アメリカ参戦までの道のり:隠された対日最後通牒


 
国民も議会も、日本に「最後通牒」(ハル・ノート)が発せられてることを知らなかった


 
( 205~209頁 )


 ルーズベルト大統領が日本に最後通牒を発したのは1941年11月26日であった。この通帳は日本に対して、インドシナから、そして萬洲を含む中国からの撤退を要求していた。これによって日本を戦争せざるを得ない状況に追い込んだのである。この事実をルーズベルト政権は隠していた。しかしこれは紛れもない歴史的事実である。

 元来イギリスは、日本に対する外交政策は宥和的であった。それが変わったのは、1941年6月22日のヒトラーによるソビエト侵攻以降のことである。チャーチルは極東における大英帝国の利権を守るとFDRから約束されたのだ。日本との戦争を起こすための役者に不足はなかった。チャーチル、スターリン、オーウェン・ラチモア、スチムソン、ラクリン・カリー等。これがわが国を裏口からあの大戦に導いた役者の顔ぶれである。

 最後通牒であるハル・ノートは真珠湾攻撃以降も意図的に隠された。最後通牒を発した責任者はもちろんFDRである。日本の対米戦争開始で喜んだのはスチムソンでありノックスであった。彼らは根っからの干渉主義者であり、日本と戦うことになるのを喜んだ。もちろん戦いの始まりはもう少し遅くしたかったに違いない。フィリピンでも真珠湾でも、もう少し軍備増強したいと考えていたからだ。ルーズベルトもスチムソンもハル・ノートを「最後通牒」だと考えていたことは明らかである。スチムソン自身の日記にそう書き留めてある。関係者の誰もが日本に残された道は対米戦争でしかないと理解していた。わが国はこうして憲法に違反する、議会の承認のない戦争を始めたのである。アメリカは戦う必要もなかったし、その戦いを(アメリカ国民も日本も)欲していなかった。

 最後通報を発する前日の11月25日の閣議に参加していたのは、ハル、スチムソン、ノックス、マーシャル、スタークである。FDRが指名し登用した者ばかりであった。「どうやったら議会の承認なく、また国民に知られることなく戦争を始められるか」。彼らの頭の中にはそれだけしかなかった。私はFDRと同政権幹部の行なった隠蔽工作を白日の下に晒さなければ気がすまない。アメリカ国民は真実を知らなければならない。

 ここまで読み進まれた読者は、日本に対する最後通牒を、国民にも議会にも知らせることなく発した者の責任を容赦なく追及すべきだとの私の考えに同意してくれると信じている。そして同時に罪を着せられたキンメル提督とショート将軍の潔白も証明されたくてはならない。ハルゼー提督がいみじくも述べているように、この二人はスケープゴートにされたのである。三千人にもなろうとする真珠湾攻撃での犠牲者に対する責任を本当に取るべき人間はほかにいた。この二人の軍人が身代わりにされたのであった。

 キンンメル提督は後年、FDRを歯に衣着せぬ厳しい調子で糾弾している。

 「ルーズベルト大統領と政権幹部の連中が悪意をもって真珠湾を守る陸海軍を裏切った」(原注:1966年12月12日ニューズウィーク誌)

 「FDRがその企みの中心人物である。彼が日本艦隊の動向をハワイに知らせるなと命じたのである。日本の動きをマーシャルには知らせていた。しかしFDRはマーシャルにも緘口令をひいた」(原注:1966年12月7日ニューヨーク・タイムズ紙)

 日本に対する最後通牒(ハル・ノート)が通告されたのは真珠湾攻撃の10日前であった。この最後通牒が日本軍の攻撃を誘因したのは当然の成り行きであった。真珠湾に船体を横たえる戦艦アリゾナは命を落とした千人の水兵の墓標である。同時にあの最後通牒の存在を、今を生きる者たちに伝える遺産でもある。真珠湾で戦死した海軍や陸軍の兵士が戦争を始めたわけではない。始めたのはルーズベルトらのワシントン高官である。

 FDRは大統領であると同時に軍の最高司令官でもあった。州兵も彼の管轄である。彼の真珠湾攻撃にいたるまでの2年間の行動は、わが国をドイツとの戦いに巻き込もうとするためのものであった。アーサー・クロックはニューヨーク・タイムズ紙(ワシントン支局)の記者であったが、FDRに次のように述べている。

 「あなたは1937年の『隔離演説』以来、日本にはとにかく冷たく、そして辛くあたった。その結果、日本を枢軸国側に押しやってしまったのである」

 日本が枢軸国側に走ったことは大変な脅威となった。ナイ上院議員は次のように嘆いた。

 「日本が枢軸側についてしまったのは、わが国外交の拙作の結果である。日本には向こう側についてもらっては困るのである。日本はアメリカ国務省の強引な対日外交の結果、そうせざるを得なかったと主張した」

 日本はわが国との戦いを避けるためには、ほとんど何でもするというような外交姿勢をとっていた。ベトナムからは米、天然ゴム、錫などが必要だった。日本のベトナムへの進駐はフランスのペタン政権の了解を得た上でのことであった。言わずもがなのことであるが、もしオランダが日本に対して石油の供給を拒めば、日本は蘭印(インドネシア)に進駐するであろう。日本が生存するためには致し方ない。日本は元来フィリピンなどを含む南方海域には関心がなかった。しかし石油だけは違った。石油なしでは日本は生きていけない。商船も軍船も機能不全に陥ってしまう。

 近衛(文麿)首相は和平を希求していた。ワシントンでもホノルルへでも出かけて行ってFDRと直接交渉することを望んでいた。わが国の要求に妥協し、戦いを避けるための暫定協定を結びたいと考えていた。しかしルーズベルトは近衛との会見を拒否し続けた。日本に戦争を仕掛けさせたかったのである。そうすることで対独戦争を可能にしたかった。

 駐日大使のジョセフ・グルーは日本がどれだけ和平を望んでいたかを知っていた。だからこそ直接交渉すべきだとワシントンに献言した。FDRは、そして彼をとりまく干渉主義者たちは(会見を拒否し)、姦計を弄し、わが国を戦争に巻き込んだのであった。わが国はあの戦争を戦うべきではなかった。不要な戦争であった。先述のアーサー・クロック記者はFDRの対日禁輸政策を責めている。あの政策が両国間の緊張を高め、日本を対米戦争に追い込んだ。そう主張している。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ( 210〜211頁



 ここで歴史の「if」を考えてみたい。もしも日本の真珠湾攻撃がなかったら、歴史はどうなっていただろうか。私は日本との間で、相互に納得できる妥協が成立したと確信している。日本の交易の権利を容認することで、中国およびインドシナから日本軍を撤退させることができたと考えている。そうなれば日本はフィリピンとも蘭印とも貿易が可能になったはずである。

 コーデル・ハル国務長官のメモワールは史実を探る絶好の資料である。もちろんこのメモワールは長官自らの、そしてFDRの開戦責任を隠そうとしているところがあるので注意が必要である。日本の真珠攻撃を話題にする場合、必ず「破廉恥な(infamous)」という形容詞がつけられる。FDRの「恥辱の日」演説があるため、そうせざるを得ないのだ。戦いが始まったこと、真珠湾攻撃を語るときには誰もがこの形容詞を使った。私もそうであった。しかし現実はそう簡単なものではない。私は、日本が真珠湾攻撃をしたのは最後通牒(ハル・ノート)を突き付けられたがゆえであることを明らかにした上で、なぜわが国は真珠湾攻撃を日本の「破廉恥な」行為として語り続けなければならないことを明らかにしたい。そこには秘められた悪意が存在している。

 日本に対する最後通牒が日本の野村(吉三郎)駐米大使に手交されたのは1941年11月26日のことであった。その通牒は日本のすべての軍隊の中国およびインドシナからの撤退を要求していた。軍隊だけでなく警察の撤退までもが条件であった。中国という表現には萬洲も含んでいた。この通牒を前にした日本は壁際に追い詰められたネズミであった。戦う以外の道が残されていなかった。そうしなければ、日本の指導者は自殺を迫られたか、暗殺されたに違いない。

 ハル長官もメモワールでは11月25日の閣議の模様は語られていない。しかしスチムソン陸軍長官はメモを残していた。この日の議題はいかに日本を挑発して彼らに砲撃の最初の一発を撃たせるか、ということだけであった。この翌日にハル長官は、日本との暫定協定を結ぶことや、90日間頭を冷やす期間を待つという考えさえも捨て去った。その結果、あの破廉恥な最後通牒を野村大使に手交したのであった。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
16章 真珠湾の悲劇


 ルーズベルト政権の責任回避のために二人の司令官は生贄にされた



 
( 223〜225 )


 FDRは真珠湾攻撃の14時間前に日本の攻撃があることを知っていた。それにもかかわらず彼は何の行動も起こさなかった。彼のしたことは「恥辱の日演説」の内容を考え、自らの陰謀をいかに隠し続けるかに智慧を絞っただけである。彼は、日本がわれわれのメッセージに対する公式回答を持ってきたのは真珠湾攻撃開始の1時間後であると演説の中で説明した。しかし、すでに述べたように日本の回答の内容は14時間前にわかっていたのである。

 内容を知っていたのはFDRだけではない。ハル、スチムソン、ノックス、マーシャル、スタークも知っていたことは間違いない。もしこうした政府高官が知らされていなければFDRの責任である。FDRの隠蔽工作は「恥辱の日演説」で実に幸先のよいスタートを切った。議員の誰にも対日最後通牒の存在は察知されなかった。私の演説内容を見れば、FDRの隠蔽が如何に効果的であったか一目瞭然である。

 今では、ルーズベルトの「恥辱の日演説」は、偽善と嘘にまみれていたことが明らかになっている。あの戦争の原因、戦争中起った数々の出来事と戦争の結果に、真実とは何だったのかを探ろうとするサーチライトの光が当てられた。その照射熱に当って、ルーズベルトの言葉はペラペラと燃えあがった。そして彼の言葉は灰になってしまった(彼の言葉に真実はなかったのである)。あの戦争がもたらしたものは何だったのか。言わずもがなである。わが国の損害はこれまでに経験したどの戦争よりも甚大であった。わが兵士は勇敢に戦った。自由と民主主義のための戦いに勝利する。それが戦いの目的であった。しかし、それはあのヤルタ会談で意味のないものになった。世界の半分がスターリンと共産主義の支配下に入ったのである。

 ルーズベルトのスターリンへの譲歩の結果、東ヨーロッパそして中国が共産主義の支配下に組み込まれた。6億人もの人々が共産主義の支配下に入ったのである。これがアメリカ国民が騙されて始めてしまった戦争の代償なのである。アメリカ国民は戦争など望んでいなかった。私はあの戦争は必要のない戦いであったと思っている。駐日大使であり、知性も高く、誠実なキャリア外交官であったジョセフ・グルーの報告でも明らかになってきているが、日本政府も日本の国民も戦争を望んでいなかった。もちろんわが国も日本との戦争など望んでいなかった。

 わが国内の干渉主義勢力は気が違ったかのように、わが国は、世界を啓蒙する義務(明白なる宿命)を神に委ねられているのだと声高に訴えた。わが国は世界の警察官の義務があると主張した。わが国が被ることになる人的犠牲にも財政的負担にも全く頓着しない物言いであった。彼らの主張は、圧倒的多数の国民の意思や議会の考えに反するものであった。



2018年8月11日 (土)

相も変わらずの田上富久長崎市長の多幸症的平和宣言




8598  https://twitter.com/FoxNews/status/1027579746912284672


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 8月9日、浦安市役所新庁舎の縦長の電光掲示板に、次のようなメッセージが流れていました。

 「8月9日は、長崎市に原爆が投下された日です。原爆の死没者の冥福と世界の恒久平和を祈り、1分間の黙祷をお願いします」

 続いていくつかのお知らせが流れたあとに、今度は、「浦安市は非核平和宣言都市です」のメッセージが流れされていました。


 ( ご参考 )

 
・非核平和都市宣言 昭和60年3月29日
  http://www.city.urayasu.lg.jp/shisei/profile/profile/1000018.html

 
真の恒久平和は人類共通の願いである。

 しかしながら、核軍備の拡張は依然として続けられ、世界平和に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類のひとしく憂えるところである。

 わが国は、世界唯一の核被爆国として、また平和憲法の精神からも、再びあの広島・長崎の惨禍を絶対に繰り返させてはならない。

 私たち浦安市民は、日本国憲法に掲げられた恒久平和主義の理念のもとで“緑あふれる海浜都市”づくりを進めており、その実現もまた平和なくしてはあり得ない。

 私たち浦安市民は、被爆40周年の節目にあたるこの機会に、非核三原則が完全に実施されることを願いつつ、すべての核兵器保有国及び将来核兵器を所有しようとする国に対し核兵器の完全禁止と廃絶を希求し、世界の恒久平和確立のため、ここに『非核平和都市』となることを宣言する。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 全国各地に果たして雨後の筍の如くあるであろうこの種の非核平和都市宣言。

 敢えて批判を覚悟で言わせて頂くなら、宣言だけして、かつ、原爆記念日に黙祷して祈ることだけで世界の恒久平和が実現するなら、こんな楽チンなことはありません。

 全国全ての自治体と1億2千万日本国民全員が今すぐ宣言してお祈りしましょう。

 そうしたら明日にでも北朝鮮やイランの非核化が実現して、地球上の全ての土地に平和が直ちに訪れて、有史以来始めてこの地球上から戦争がなくなる筈なんですから。

 ねっ、そうですよね、全国の自治体の組長さん。

 浦安市でも、非核平和宣言都市のこれみよがしの看板がいくつ市内に掲げられていることか。

 ずっと保守系組長さんの市政が続いている我が浦安ですらこれです。

 恐らく全国ベースではいたる処に非核宣言都市看板が満ち溢れているんでしょう。

 で、この種の看板の全ては、宣言して祈っていれば平和が訪れる的謳い文句。

 9条教と一緒で、最早、明らかな「非核教」としての地位を確立していることは間違いありません。

 更に裏読みするなら、非核平和都市宣言さえ一旦しておけば、少なくともこの部分については地元左翼勢力からの追求は受けないww

 案外、実態はこんなところかも知れません。

 だって、宣言文、まともに読んだら、あまりにも現実離れのお花畑的過ぎて、唖然としちゃいますもの。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それでは、今年の田上富久長崎市長(61)の平和宣言をさっと見してみましょう。


 ・2018.08.09 朝日新聞
  「核軍縮の約束、果たしてください」長崎平和宣言全文

  https://www.asahi.com/articles/ASL865QF3L86TOLB01Q.html?iref=pc_extlink

 
73年前の今日、8月9日午前1時2分。真夏の空に炸裂した一発の原子爆弾により、長崎の街は無残な姿に変わり果てました。人も動物も草も木も、生きとし生けるものすべてが焼き尽くされ、廃虚と化した街にはおびただしい数の死体が散乱し、川には水を求めて力尽きたたくさんの死体が浮き沈みしながら河口にまで達しました。15万人が死傷し、なんとか生き延びた人々も心と体に深い傷を負い、今も放射線の後障害に苦しみ続けています。
 
 原爆は、人間が人間らしく生きる尊厳を容赦なく奪い去る残酷な兵器なのです。

 1946年、創設されたばかりの国際連合は、核兵器など大量破壊兵器の廃絶を国連総会決議第1号としました。同じ年に公布された日本国憲法は、平和主義を揺るぎない柱の一つに据えました。広島・長崎が体験した原爆の惨禍とそれをもたらした戦争を、二度と繰り返さないという強い決意を示し、その実現を未来に託したのです。

 昨年、この決意を実現しようと訴え続けた国々と被爆者をはじめとする多くの人々の努力が実り、国連で核兵器禁止条約が採択されました。そして、条約の採択に大きな貢献をした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞しました。この二つの出来事は、地球上の多くの人々が、核兵器のない世界の実現を求め続けている証です。

 しかし、第2次世界大戦終結から73年がたった今も、世界には1万4450発の核弾頭が存在しています。しかも、核兵器は必要だと平然と主張し、核兵器を使って軍事力を強化しようとする動きが再び強まっていることに、被爆地は強い懸念を持っています。

 核兵器を持つ国々と核の傘に依存している国々のリーダーに訴えます。国連総会決議第1号で核兵器の廃絶を目標とした決意を忘れないでください。そして50年前に核不拡散条約( NRT)で交わした「核軍縮に誠実に取り組む」という世界との約束を果たしてください。人類がもう一度被爆者を生む過ちを犯してしまう前に、核兵器に頼らない安全保障政策に転換することを強く求めます。

 そして世界の皆さん、核兵器禁止条約が一日も早く発効するよう、自分の国の政府と国会に条約の署名と批准を求めてください。

 日本政府は、核兵器禁止条約に署名しない立場をとっています。それに対して今、300を超える地方議会が条約の署名と批准を求める声を上げています。日本政府には、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に賛同し、世界を非核化に導く道義的責任を果たすことを求めます。

 今、朝鮮半島では非核化と平和に向けた新しい動きが生まれつつあります。南北首脳による「板門店宣言」や初めての米朝首脳会談を起点として、粘り強い外交によって、後戻りすることのない非核化が実現することを、被爆地は大きな期待を持って見守っています。日本政府には、この絶好の機会を生かし、日本と朝鮮半島全体を非核化する「北東アジア非核兵器地帯」の実現に向けた努力を求めます。

 長崎の核兵器廃絶運動を長年牽引してきた二人の被爆者が、昨年、相次いで亡くなりました。その一人の土山秀夫さんは、核兵器に頼ろうとする国々のリーダーに対し、こう述べています。「あなた方が核兵器を所有し、またこれから保有しようとすることは、何の自慢にもならない。それどころか恥ずべき人道に対する犯罪の加担者となりかねないことを知るべきである」。もう一人の被爆者、谷口稜曄さんはこう述べました。「核兵器と人類は共存できないのです。こんな苦しみは、もう私たちだけでたくさんです。人間が人間として生きていくためには、地球上に一発たりとも核兵器を残してはなりません」

 二人は、戦争や被爆の体験がない人たちが道を間違えてしまうことを強く心配していました。二人がいなくなった今、改めて「戦争をしない」という日本国憲法に込められた思いを次世代に引き継がなければならないと思います。

 平和な世界の実現に向けて、私たち一人ひとりに出来ることはたくさんあります。

 被爆地を訪れ、核兵器の怖さと歴史を知ることはその一つです。自分のまちの戦争体験を聴くことも大切なことです。体験は共有できなくても、平和への思いは共有できます。

 長崎で生まれた核兵器廃絶一万人署名活動は、高校生たちの発案で始まりました。若い世代の発想と行動力は新しい活動を生み出す力を持っています。

 折り鶴を折って被爆地に送り続けている人もいます。文化や風習の異なる国の人たちと交流することで、相互理解を深めることも平和につながります。自分の好きな音楽やスポーツを通して平和への思いを表現することもできます。市民社会こそ平和を生む基盤です。「戦争の文化」ではなく「平和の文化」を、市民社会の力で世界中に広げていきましょう。

 東日本大震災の原発事故から7年が経過した今も、放射線の影響は福島の皆さんを苦しめ続けています。長崎は、復興に向け努力されている福島の皆さんを引き続き応援していきます。

 被爆者の平均年齢は82歳を超えました。日本政府には、今なお原爆の後障害に苦しむ被爆者のさらなる援護の充実とともに、今も被爆者と認定されていない「被爆体験者」の一日も早い救済を求めます。

 原子爆弾で亡くなられた方々に心から追悼の意を捧げ、私たち長崎市民は、核兵器のない世界と恒久平和の実現のため、世界の皆さんとともに力を尽くし続けることをここに宣言します。

 2018年(平成30年)8月9日 長崎市長 田上富久



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今年の田上富久市長の核なき世界と恒久平和宣言。

 ザ・左翼脳的には非の打ち所のないご立派な出来上がりで、実にスンバラシイ。

 取り分け、「日本と朝鮮半島全体を非核化する『北東アジア非核兵器地帯』の実現に向けた努力」としたくだりなんかは、脱帽しちゃいます。

 カリアゲくんに、田上おじさんの仰ったことが、確実に伝わっているといいですね(棒)

 
 
・2018.08.08 厳選!韓国情報
  金正恩が山下清みたいな恰好で工場視察

  http://gensen2ch.com/archives/76596934.html
  
8593
8594
8595
8596

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 言うだけはタダですから、左でも右でも政治屋諸君が世界の非核を訴えることは全然構いませんが、核兵器の破壊力を上回る新兵器が発明されない限り、この地球上で非核化は実現し得ないことは、今や小学生でもこの現実を理解しています。

 そんな超リアルな現実世界があるにも関わらず、相も変わらずお花畑発言を連発し、世界の非核化と恒久平和実現を主張出来る場と機会さえあれば、それだけで満足してしまう多幸症がますます進展しているようにお見受けする田上富久長崎市長。

 もう10年以上も市政を田上市長に全面委譲している40万長崎市民の皆さま方。

 ザ・サヨクの組長さんだと、自分で考えることをしないで済みますから、余程、居心地が宜しいようで。


 
・2014.08.04 Wach auf
  多幸症の長崎市長田上富久くんでは市民も平和も守れません

  http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-f8cf.html

8597



2018年8月10日 (金)

あれだけ赤坂自民亭を罵倒した蓮舫姐さん、災害復旧は確信犯でほったらかし




8564
 https://twitter.com/YES777777777/status/1026629301452529665


8565
 ( 日本国民の皆さまの画像はこちらからお借りしました )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.08.08 保守速報
  【悲報】俺たちの立憲民主党、半年で支持率が半減(NHK世論調査)

  http://www.honmotakeshi.com/archives/53958498.html

 
 ・2018.01 9.2%
  ・2018.02 8.3%
  ・2018.03 10.2%
  ・2018.04 8.5%
  ・2018.05 7.9%
  ・2018.06 8.9%
  ・2018.07 7.5%
  ・2018.08 5.6% ← 今ここ



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8566  https://twitter.com/bouei_saigai/status/1027064543791345664


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8567  https://twitter.com/Z9kNleOHy2PfoMd/status/1027041021052387328


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8568  https://twitter.com/bouei_saigai/status/1027034597597433856


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8569  https://twitter.com/renho_sha/status/1026313881054937089


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8570  https://twitter.com/JGSDF_MA_pr/status/1027082297634246656


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8571  https://twitter.com/gfx82/status/1027006856416321536


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8572  https://twitter.com/JGSDF_MA_pr/status/1026742125260500992


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8573  https://twitter.com/Aikoku_J/status/1025541627635367936


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8574  https://twitter.com/JGSDF_MA_pr/status/1026351053103542272


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8575  https://twitter.com/sho_0238/status/1025274143963414528


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8576  https://twitter.com/cooljazz1962/status/1026759420393353217



2018年8月 6日 (月)

目の前の死人が出てる本物の差別・人権侵害には見向きもしない蓮舫姐さん




8533  https://twitter.com/okazuharu/status/1025281819439034368


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 ( 2016.10.19 産経新聞朝刊 )
8534

 
・2016.10.19 産経新聞
  【二重国籍問題】蓮舫氏は25年以上違法状態か「二重国籍」で法相見解

  https://www.sankei.com/affairs/news/161019/afr1610190004-n1.html

 
民進党の蓮舫代表のいわゆる「二重国籍」問題について、金田勝年法相は18日の記者会見で、一般論と断りながら、「法律の定める期限後に日本国籍の選択宣言を行った場合、それまでの間、国籍法上の国籍選択義務14条に違反していた」と述べた。

 国籍法は20歳未満の人が二重国籍になった場合、22歳までの国籍選択を定めている。蓮舫氏の国籍選択宣言は今月で、国籍法違反の状態が25年以上続いていた可能性が高まっている。

 蓮舫氏は今月、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったとし、「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べていた。関係者によると、宣言は今月7日付という。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 蓮舫姐さん、相変わらずですねぇ。

 自分のことは差し置いて、他人のミスは、ほんの些細なことでも絶対見逃さないアルヨ。

 実に微笑ましいアルヨ。

 そろそろ双子の男女のお子達も結婚適齢期。

 彼らがお嫁さんやお婿さんをもらった暁には、蓮舫姐さん、自慢のお子達のためにも、そのとき迄には一切口を挟まないご立派なお姑さんに成長して頂きたいものです。

 それに致しましても、蓮舫姐さん、目の前にある誰の目にも客観的に明らかな人権侵害に関しては、お見事なまでに目を積むっていらっしゃるのは、一体、どうしたことなんでしょう。

 北朝鮮拉致問題にしたってそうです。

 日本では戦後最大の現在進行形での大量人権侵害事案でしょう。

 蓮舫姐さんが、横田めぐみさん達のことで、お可愛そうになどと哀れみの言葉をお吐きになったことは、1億2千万日本国民は、1度として聞いたことがございません。

 それでいて、何か具体的な事件が起った訳でもない、ただ漠然としているだけの杉田生産性発言に関しては、徹底的に非難し捲らなければ気が済まない。

 その一方で、同じ立憲民主党に所属している第94代チョクト総理大臣の生産性ウンタラカンタラ発言に関しては、テコでもダンマリを決め込む。

 蓮舫姐さんの様式美って実にスンバラシイ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 スンバラシイって言えば、蓮舫姐さん。

 目の前の具体的には死者まで出している超悲惨な差別事案・人権侵害事案に関しては、100%、平然とスキップ出来ちゃうんですから、スンバラシイの最上級形です。

 
 ( 2018.08.03 産経新聞朝刊 )
8535

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 「保育園落ちた日本死ね」には、口から泡を飛ばして、顔を真っ赤にして、誰に言われなくても、生理的に自主的に追求の最先頭にお立ちになる行動力がおありになる蓮舫姐さんなのに、年間、何十人も犠牲者が続出している虐めによる自殺死や親による虐待死には、何故に、生理的に無視を決め込むことがお出来になるんでしょう。

 いじめによる自殺死は、立民党の最有力支援団体の1つが日教組なので、報復が恐くて何も言えない?

 親による虐待死は、ご自身もその傾向があるのを自覚しているので、何もわない?

 いずれにせよ、保育園は落ちても、生きて行ける範疇の問題です。

 自殺死と虐待死は、もう、取り返しようがありません。

 これほどの差別・人権蹂躙事案がありましょうか。

 しかもひっきりなしに繰り返されている。

 にも関わらず、蓮舫姐さんを代表とする似非・人権活動家の皆さま方におかれましては、既にお亡くなりになった方々の差別・人権にはさらさら関心を示しません。

 やっぱり、巷で噂されているように、彼らは加害者の人権を守ることにしか、生理的にもご興味を示さない?

 要するに、蓮舫姐さんが主張する、差別がウンタラカンタラ、人権がナンタラカンタラは、彼女の暇つぶしの趣味の範疇の1つでしかないってことなんでしょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 蓮舫姐さん、あれだけ赤坂自民亭をこっぴどく口穢く罵ったんですから、次の記事に出てくる貴女方の教育ごっこ業界仲間の呆れた行状にも、是非とも一言仰って下さいな。


 ・2018.07.31 時事通信
  高知市教育長が辞任=豪雨時の競馬旅行めぐり

  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018073101166&g=pol

 高知市は31日、横田寿生教育長が7月上旬の豪雨災害時に、市幹部職員らと競馬観戦などを目的とした旅行へ行った責任を取り、同日付で辞任したと発表した。

 高知市などによると、横田氏や総務部長、総務部副部長ら計7人は7~9日、北海道函館市へ旅行し、競馬観戦や市内観光をした。出発時、高知市には災害対策本部が設置されており、教育長と総務部長は重要意思を決定する会議のメンバーだった。

 同市は、総務部長と総務部副部長が同時に不在になったとして、2人の処分を検討。今後、災害時などにおける対応の基本方針をまとめる。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
( 蓮舫は、悪い顔になった! )
8536  https://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/64792188.html



2018年7月28日 (土)

特定野党に文科省裏口入学口利き疑惑浮上




 26日(木)の虎ノ門ニュース番組内にて、この日のコメンテーターの有本香さんが、特定野党のお二人の国会議員に文科省裏口入学の口利き疑惑が浮上していることに言及しています。


 
・2018.07.26 虎ノ門ニュース
  https://www.youtube.com/watch?v=pKloAFcnEsA

">


 ( 1時間53分47秒から、文字起こし )

 
(有本)今日発売のこの毎週木曜日は私書いてますが、夕刊フジの以毒制毒ですね。

 珍しくこれはちょっとニュースを書いてまして、ニュースって言うか報道的なことを書いてまして、黒幕は野党議員2人じゃないか、と。

 これ既に、一部ネット上では情報出てます。


8473
 
出典:夕刊フジ報道部Twitter
    https://twitter.com/yukanfuji_hodo/status/1022328545077424134/photo/1



 実は先週の木曜日に、この情報は私のところにもたらされました。

 それでちょっとね、私はただし、土曜日にかけてですね、関西にTVの用事で行く行事があったりしてですね、その情報提供者の方としっかりお話が難しかったんですよ。

 ただ、そのとき実はまた別の筋から同じ情報が入ってきまして、それを聞きましたところ、もう政党名は、はっきり言いますけど複数ですね、まぁ、旧民主党から分かれた政党ですね。

 そこに所属している議員ですね、2人。

 で、これ、どう言うことかって言いますと、要するに他のちょっと事情が判りそうな、まぁ永田町の議員あたりに聞けば、いや、普通に考えても、これは役人とね、それからまぁ医療コンサルタントって完全な民間人じゃないですか。

 これだけで済んでるとは思えないですよ、全体構図として。

 絶対、やっぱり、政治家の関与があるだろうと。

 で、まぁ、そのときは私は名前は知ってましたけれども、しかしまだ裏も取れてないし、ちょっとやっぱり確定情報として話すのはなんだなと思ったので、日曜日の朝にですね、時々、私出てるんですけど、フジテレビの番組出てるんですが、ここでね、寺脇研さんとご一緒したんですよ。

 で、寺脇さんは元官僚だし、それからあの人は、それこそ前川さんのお友達でしょ、ゆとり教育のねぇ。

 政治家の関与があると言う情報もあるけども、寺脇さん、どうお感じですかって聞いたら、なんかもう喜んだように、「いや〜、モリカケもそうだったように」とか言って、与党の政治家だと思い込んでるんですよ。

 そうじゃないんですよ、野党の政治家なんですよ、これに関してはね。

 で、まぁ、恐らくですけでも、もう、恐らくと言うより、何故、関与って言うことを言うかって言うと、そもそもこの医療コンサルタントとして起訴された人、それからこの局長、それとこの議員ですね。

 とくに1人は衆議院議員ですけども、この人が中心だと言われていて、この人達はもう随分前からお友達で、定期的に会食会、遣ってたんですって。

 ですからね、今回の報道でも、去年の5月に、この医療コンサルタントが互いに全部引き合わせた、と言う話になってるんだけれども、全然、その前からその議員を通じて、みんな知り合いなんですよ。

 で、定期的にご飯も食べてたって言うんだったら、去年のその5月のときのことだけを問題にするのはおかしい訳じゃないですか。

 ずぅ〜っとその前から、その種の関係が続いてたとみる方が当たり前なんですよ。

 でね、やっぱりその、まぁ、政治家から話を聞いても、これは別に不正って言う意味じゃないけれど、要するにそのいろんな働きかけ、例えばその補助金とかですね、そう言うようなことに関して政治家がね、一種の口利き的なことを、口利きって言うか要するに、ここがこのように申請したいと言ってるけども、そのどうなんですかと。

 例えば、その書類の書き方とか、ちょっとアドバイスして貰えないかなぁとか言うのは、これは別にこれだけじゃ悪いことじゃない訳ですよ。

 で、こんなことは日常的にあるしね、むしろここに、全然政治家の姿が蔭も形も見えない方が不思議だと。

 ただ、東京地検も、恐らくですね、政治家にまぁ要するにかけちゃうのはね、かなりの証拠がないと難しい。
 
 不正な関与があったってことは、多分、証明されないでしょう。

 ですから恐らく、政治家の名前出てこないんですけど、しかしね、じゃぁ逆に、モリカケの時と比べてみて下さいよ。

 政治家に不正な関与はないのに、あれだけ政治家の名前出てきたじゃないですか。

 政治家とか、昭恵さんの名前出てきたでしょう。

 要するに地検特捜部がいろいろ捜査してみても、政治家はそこに交流とか関与はあっても、不正じゃなかったら、別に何もない訳ですよ、ねっ。

 ですからそれはメディアも、報じないって言う、これがが当たり前の形なんですよ。
 
 なのに、安倍政権に絡むことだったりすると、あれだけ遣る訳でしょう、メディアが。

 その半分も遣ってない訳ですよ。

 どうなんですか。

 (竹田)多分、森友と加計は、両方とも、ヘイトスピーチですから。

 (有本)あぁ、一種のね。  

 (竹田)だから、政権憎しの人達が遣ってるヘイトスピーチなんですよね。政権側はそう言うヘイトをしないだけの話。政権と政治家だけじゃなくて、メディア自体も、ヘイトなんですよ、あれは。

 (有本)そうですね、ですから私も1週間前にね、この情報が入ってきたときに、ここまで名前も特定できてて、しかもその接触の度合いとかまで全部判るんだったら、もう数日のうちにメディアが騒ぎ出すんだろうな、と思ってたんですよ。

 全然騒がない。

 だから、要するに、まぁ、反安倍の情報じゃなければ、鼻もひっかけない、と言うやつですね。

 だけど、これ朝日新聞的に言ったら、疑惑は深まった、ってやつじゃないですか。


 (文字起こしはここまで)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 有本さんの仰ってることに脚色がないことを前提にするなら、結論は有本さんのご主張通り、「ズバリ、増すゴミくんは、反安倍の情報じゃなければ鼻もひっかけない」が大正解なんでしょう。

 即ち、増すゴミくんは「反安倍」1点だけで飯を喰っている、と決め付けて全然構わないかと考えます。

 増すゴミくん側の常套文句は、いつだって、社会の公器としての権力の監視です。

 とんでもありません。

 日本の増すゴミくんは100%特定野党諸君とグルで、自らの破壊願望を実現すべく、革命ごっこをしているだけのことです。

 特定野党も増すゴミくんも、国民は、もう、キッパリと彼等を見限って、決別する時期に来ていると考えます。

 その判断の分岐点は、口利き特定野党議員2名のお名前を、特定野党と増すゴミくんが表に出すかどうか否かです。

 オジサンは、今回も又、彼等は予定調和の確信犯で、知らん顔を貫き通すに、100ペリカ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8474  https://twitter.com/AkCuoco/status/1022373878805323777


 
谷口浩司を信じる妻の疑問
 http://kojitaniguchi.com/index.html

 
事情聴取をされた者(私が直接知っている人です。その他にも大勢の人が聴取されてます。)

 A氏:羽田雄一郎政策顧問(肩書が谷口と同じですが主席顧問と呼んでました)
 B氏:元衆議院議員



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8475  https://twitter.com/333yoko/status/1022302723583004672


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8476  https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/1022369519753281538



2018年7月27日 (金)

最早虚構の世界でしなかない政治と増すゴミ業界




 ( 月刊Will 2018年9月号 )
8464

 ( 月刊Hanada 2018年9月号 )
8465

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
・2018.07.20 朝日新聞
  山本太郎議員らを懲罰委に カジノ実施法の採決で垂れ幕

  https://www.asahi.com/articles/ASL7N7GNFL7NUTFK03M.html

8466
 
( 右から自由党の森ゆうこ氏と同党の山本太郎氏、糸数慶子氏 )


 足立康史さんのTwitterを拝見しますと、結局、参院懲罰委員会は上記お三方の狂態をポシャっちゃったようですね。

 
 
・2018.07.23 足立康史Twitter
  https://twitter.com/adachiyasushi/status/1021321029992394752

 
参議院事務局から経緯を入手しました。無責任野党は噴飯ものだが、与党自民党も情けない限り。呆れて言葉を失うね。

 
( 懲罰委員会付託後の経緯 )

 7月20日(金)午後10時45分、議長は「議員森ゆうこ君、山本太郎君、糸数慶子君懲罰事犯の件」を懲罰委員会に付託した。これを受け、溝手顕正懲罰委員長は委員会の開会について検討したが、翌21日(土)については、既に遅い時刻となっていることから事実上困難と判断し、開会を見送った。また、22日(日)の開会については、21日(土)に改めて判断することとした。

 7月21日(土)、溝手懲罰委員長は、山東昭子理事(自)及び尾辻秀久理事(自)とも相談の上、委員長の判断として、22日(日)についても、懲罰委員会を開会しないことを決定した。

 なお、7月22日(日)、第196回国会(常会)の会期終了をもって、本件は審査未了となった。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 溝手顕正くん、75才児、岸田派。

 懲罰委員長は名前だけで、やる気なんて、全くないんでしょう。

 それとも、彼の国化している特定野党諸君の報復が恐くて、手が出せない状態?

 パチンコ問題も、慰安婦問題も、全ては恫喝に屈している政治ごっこ業界の放置プレイの所為と決め付けたら言いすぎでしょうか。

 カジノより学校にエアコンを、カジノより被災者を助けてと声闘しつつ、彼等がお遣りになってることは、復興・復旧作業はそっちのけのアベガーとニホンガーの一辺倒。

 特定野党諸君が被災者宅の泥出しに汗水を流していることなどお1人たりとも聞いたことがありません。

 彼等は被災地視察と称してモロ復旧作業を邪魔しているだけです。

 被災者に対する労いなどポーズだけで心の中でアカンベーしているのはみえみえです。


 
・2018.07.21 立憲民主党HP
  【西日本豪雨】枝野代表、岡山県総社市下原地区のアルミ工場爆発現場や倉敷市真備町を視察

  https://cdp-japan.jp/news/20180721_0760

8467

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8468  https://twitter.com/isashinichi/status/1020232231774609408


8469  https://twitter.com/take_off_dress/status/1019396948938199041


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 最近の蓮舫お姐さま、心の健康はキープ出来ていらっしゃるのでしょうか。

 中身のないご発言はいつだって根拠レスですし、ブーメランの達人どころか、若年性痴呆症さえ疑われます。

 一度、専門医をお訪ねになってみては如何でしょうか。

 何も問題がなければ、下記に掲載されている類いの貴女の言動の全ては、紛う事無き「偽計業務妨害罪」に該当します。

 もう嘘も方便の単なる愉快犯では済まされません。

 国民はとっくに貴女のエキセントリック性には気がついています。

 貴女が心の健康を害しているならまだしも、そうでないなら、選良としての " Law Maker " の義務をこれっぽっちも果たす気がない貴女に、お天道さまからのご裁断が下されるのは時間の問題のような気がしてなりません。


 
・2018.07.17 夕刊フジ
  日付を勘違い…蓮舫氏は赤面モノ、自民宴会を「6日」と発言 ネット炎上「時系列詐欺だ」

  https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180717/soc1807170018-n1.html

 
立憲民主党の蓮舫副代表の発言が、ネット上で大炎上している。15日のNHK討論番組で、「平成30年7月豪雨」の対応をめぐり、安倍晋三首相らが参加した5日夜の自民党懇談会を「6日夜」と誤って指摘し、猛批判を受けているのだ。気象庁は5日に厳重な警戒を呼びかけ、6日には中国地方に大雨特別警報を出していた。たった1日の間違いだが、政権に与える印象は大きく異なる。

 「特に今回、自民党に強く申し上げたいが、首相、防衛相、法相、官房副長官が6日の夜に、不適切な会合をしていた」

 蓮舫氏は、NHK「日曜討論」で、「赤坂自民亭」と呼ばれる5日夜の懇談会をこう批判した。

 この前後で、蓮舫氏は、大雨特別警報を受け、地方自治体が住民に避難指示や勧告を出す流れを説明し、「(首相や閣僚ら)最も感覚が敏感でなければいけない方たちが機能しなかったとき、首長がしっかりと避難指示を出していけるようなガイドラインに改めるべきだ」と主張していた。

 今回の豪雨で、甚大な被害に見舞われた広島県などに、気象庁が大雨特別警報を出したのは、6日午後7時40分だった。

 政権与党が5日夜に懇談会を開いたことも、緊張感について批判が出るのは当然だ。だが、自民党がもし、「6日の夜」に懇談会を開いたとなれば、「危機意識がない」との印象はさらに強まる。

 蓮舫氏の批判直後、自民党の愛知治郎参院議員副会長は、政府の対応に問題はないとして、「(批判は)謙虚に受け止めなければならない」と述べたが、気付かなかったのか、日付の誤りは指摘しなかった。

 「赤坂自民亭=5日」と訂正したのは、NHKの司会者だった。

 ネット上では、「この1日の違いは重要」「時系列詐欺だ」「多くの人に誤った印象を与えた」などと批判が殺到している。

 ちなみに、「赤坂自民亭」と同じ5日に、蓮舫氏は同じ立憲民主党の手塚仁雄衆院議員のパーティーに参加している。夕刊フジは11日に、手塚氏に質問状を送って説明を求めているが、回答はまだない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それに致しましても政治ごっこ業界だけでなく、増すゴミごっこ業界も、一般人とは最早、超かけ離れた存在で、フェイクニュースなんて領域はもうとっくに通り越しております。

 彼等は一体この日本をどうしたいんでしょう。

 権力を監視するのが責務ですってぇ?

 それでいて自分達だけは汗水は決して流そうとせず、ちゃっかり、日本の繁栄に365日24時間、寄生しているww

 蓮舫姐さん同様、増すゴミごっこ業界も、お天道さまのご裁断が下される日はそう遠くはないでしょう。


8470  https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1018707440919928833


8471  https://twitter.com/take_off_dress/status/1021997146705473539


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ベタ記事扱いですが、読売新聞にこんな見出しの記事が掲載されていました。


 
・2018.07.24 読売新聞
  加計問題で参考人招致、柳瀬経産審議官退任へ

  https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180724-OYT1T50054.html


 パッと見には、えっ、柳瀬さん退任するのに、また、参考人として招致されるの?、との誤解を与えかねない見出しです。

 となりますと、ふぅ〜ん、読売くん、カケ問題、まだまだやる気満々なんだ、って思っちゃいますよね。

 記事本文を読みますと上記見出しは明らかな印象操作です。

 読点の位置が間違っています。

 他意がないのなら当然「加計問題で参考人招致の柳瀬経産審議官、退任へ」とすべきでしょう。

 読売君、日本語の使い方が間違ってます。

 プロとして恥ずかしいぞぉww

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 プロとして恥ずかしいと言えば産経くんの以下記事も何だかねぇ。


 
・2018.07.25 産経新聞
  【野党ウオッチ】「一人も閣僚のクビ取れず…」今国会、野党の戦果ゼロ? 立憲民主と国民民主は対立激化

  https://www.sankei.com/premium/news/180725/prm1807250005-n4.html


 野党ウォッチですから、主語が野党になっているのは致し方ないとしても、記事全般に渡って野党揶揄基調が明らかでで、何故、一人も閣僚のクビが取れなかったのか、何故、野党の戦果がゼロ?だったのか、政治部記者としてのプロの視点での専門的な深堀りが全然お出来になってないような気がします。

 まぁ、夕刊フジ的には、これでいいんでしょうけど。

 諄いようですが大臣のクビを取るのが野党の本来の仕事ではありません。

 与党であれ野党であれ、国会議員の本職は、" Law Maker " です。

 反対だけで対案も出さずに、ひたすら、モリカケガー・アベガー・ニホンガーして、まともな議論1つお出来にならない野党諸君に戦果などあろうはずがありません。

 国会議員以前の言動を繰り返している問題児集団の野党諸君の本質を突かずして、野党は何も出来なかった的記事は意味がありません。

 何故、野党は、何も出来なかったのか。

 それは国会議員で居ることさえおこがましい素人集団だからです。

 That's all !


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8472  https://www.slideshare.net/insighthr/enhancing-professional-skills



2018年7月26日 (木)

組長さんの責務は子育てファーストより安心・安全な街作りが最優先です




8463  https://twitter.com/Sankei_news/status/1021934456481886208


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 西日本豪雨激甚災害、発災から3週間。

 200名を超える犠牲者が出て、今尚、12名の行方不明者の捜索に懸命になってる折、かくなるテーマのブログを書くのは大変心苦しいのですが、最大の犠牲者を出した倉敷市の東大・ハーバード出の伊東香織(52)市長の言動が、個人的にはあまりにもお涙頂戴的に見えたので敢えて採り上げた次第です。


 
・2018.07.11 毎日新聞
  西日本豪雨死者159人、56人不明 岡山・倉敷の真備、46人犠牲

  https://mainichi.jp/articles/20180711/ddm/001/040/217000c


 
・2018.07.22 毎日新聞
  西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

  https://mainichi.jp/articles/20180722/k00/00m/040/106000c

 
西日本豪雨による岡山県倉敷市真備町地区の浸水で、亡くなった人のほぼ9割が自宅で見つかっていたことが県などへの取材で分かった。被害を受けたのは高齢者に集中しており、足が不自由な人も多い。発見場所は寝室や居間、台所などで、ほとんどが1階で水にのみ込まれたとみられる。上階に逃げる「垂直避難」ができない災害弱者が犠牲になった可能性が高い。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8457  http://www.pko.go.jp/pko_j/info/messages/relay_7.html


 
・2018.07.16 ロイター日本語版
  焦点:岡山・真備町襲った洪水、現実となった住民の長年の懸念

  https://jp.reuters.com/article/weather-japan-failures-insight-idJPKBN1K61KM


8458
 
真備町の住民の多くは、大きな水害のあった1972年と76年以降に、2つの川にはさまれたこの地域に引っ越してきた。お年寄りは洪水のリスクを認識していたが、床上までの浸水は経験しなかったと言う。真備町は、倉敷市中心部に通う「新住民」のベッドタウンとして人口が増加した。

 倉敷市の河川整備計画は、過去50年にわたり様々な経緯で変遷してきた。岡山河川事務所によると、最初の計画は1968年まで遡る。

 小田川と高梁川の合流地点付近で、治水のために貯水池をバイパスとし、同時に堰を作って用水を確保する計画だった。

 しかし、地元の一部の反対などがあり計画は進まず、2002年までには、用水の需要が減ったことから、いったんこの事業は中止となった。

 過去20年間、全国的に公共事業への支出は大幅に削減されてきた。1999年度のピーク時には14.9兆円だった公共事業費は11年度に5.3兆円まで減少し、今年度は6兆円だった。

 2014年にようやく280億円の予算がつけられた小田川と高梁川のバイパス事業は、完成まで10年が予定され、今年の秋から工事に入る予定だった。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 伊東香織市長は、「子育てファースト」で名を馳す典型的なポピュリズム型政治屋さんらしい。

 そりゃぁ、子供の医療費や妊婦検診料を無料化すれば、0〜5才児の増加数が県下最大にならない訳がありません。

 その結果が、平成の大合併で倉敷市に編入された真備町の治水対策が後回しにされ、今回の西日本豪雨激甚災害では、多数の犠牲者を出してしまったとの観方も出来ましょう。


 
・2016.04.25 毎日新聞
  倉敷市長選 伊東氏、盤石3選 「子育て支援を推進」

  https://mainichi.jp/articles/20160425/ddl/k33/010/381000c

8456
 
( 3選確実の一報を受け、支持者らとバンザイをする伊東香織氏=岡山県倉敷市老松町3で2016年4月24日午後8時16分 )


 ↑あれぇっ、後ろに控えしは、#MeTooで一世を風靡したあの柚木道義(岡山4区)くんではありませんか。


 
・時事通信トップインタビュー:伊東香織・岡山県倉敷市長
  https://www.jiji.com/sp/v2?id=20120615top_interview25_12

 
全国最年少の女性市長として注目を集めた初当選から、4年半近くが経過。1期目の任期中は、「子育てするなら倉敷で」と言われるまちを目指し、小学校6年生までの医療費や14回までの妊婦検診を無料化した。結果として、「0~5歳までの人口増加数が県下最大になった。断トツに子ども人口が増えた」。


 
・内閣府男女共同参画HP
  平成27年度日本女性会議開催決定~倉敷から男女共同参画を発信~倉敷市長・伊東香織

  http://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2013/201402/201402_08.html

 
男女共同参画の分野では、倉敷市は平成12年の倉敷市男女共同参画都市宣言をはじめ、全国に先駆けた男女共同参画条例の制定、平成21年のDV防止基本計画の策定など、積極的な取り組みを行ってまいりました。しかし、いまだ男女共同参画はあまり進んでいるとはいえず、男女共同参画の実現のために取り組むべき施策として、育児の支援を行うための制度や保育施設を充実させるよう多くの市民が望んでいるというアンケート結果が出ています。私は、主に母親に負担がかかっている子育ての問題を解決することは男女共同参画社会の実現につながると考え、「子育てするなら倉敷でと言われるまち」を市長公約に挙げています。これを実現するため妊婦健診の公費負担回数を14回までに拡大し、入院・通院分に係る医療費の公費負担をこれまでの就学前から小学校6年生までに拡大するといった施策を行い、さらに待機児童解消に力を入れ、本年度の民間保育所2園の新設に続いて、来年度も3園の民間保育所新設を決定しました。今後は、保育の質の向上を目指して保育士の確保や資質向上に取り組んでまいります。また、学童保育の対象を小学校6年生までに拡大、さらに、乳幼児を対象とした親子が気軽に集える場所である、つどいの広場や地域子育て支援センター等の地域子育て支援拠点を市内に19か所設置するなど、子育てと仕事が両立できる環境の整備に努めてきました。男性に対し「はじめてパパの育児ガイド」を配布したり、子育てサロンや赤ちゃんの駅等の情報を載せた「子育てマップ」の配布など子育てを家族や地域で支えるための情報発信も積極的に行っています。このように私が女性の市長として男女共同参画の視点を持ちながら各種施策を行うことが、男女共同参画の推進に少しでも役にたてばと思っています。また、何よりも市民一人一人が、家庭、地域、職場など身近なところから男女共同参画を広げていくことが大切であると思っています。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 涙は万能?


 
・2018.07.14 山陽新聞
  犠牲者思い倉敷市長が会見で涙 「胸が張り裂ける思い」

  http://www.sanyonews.jp/article/751365

8451
 
( 記者会見で目頭を押さえる伊東香織市長=14日午後2時55分、倉敷市役所 )


 
・2018.07.14 KSB岡山ニュース
  豪雨から1週間 倉敷市長が涙ながらに会見「全国の方が真備を応援」

  https://www.ksb.co.jp/sp/newsweb/detail/10414

8452
 
西日本を襲った記録的豪雨で、岡山県で最も大きな被害を出した倉敷市の伊東香織市長が14日、記者会見で涙ながらに被災者への思いを語りました。

 倉敷市では、川の堤防が決壊するなどして住宅地の大部分が浸水した真備町を中心に51人が亡くなりました。

 13日午後8時時点で11人が行方不明でしたが、14日午後5時までに全員の安否確認がとれ、倉敷市の不明者はいなくなりました。

 伊東市長は、真備町の被災状況について、「犠牲になられた方のことを思うと胸が張り裂ける思い」と語りました。

 そして、被災者に向けたメッセージを問われると、「被災者の方みんな一生懸命復興に向けて頑張っていただいていると思います。市や県、国、そして全国の方が、真備町を応援してくれてると思ってますので、その思いを受け止めて皆で頑張っていきたいと思っています」と、涙で言葉を詰まらせながら述べました。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 伊東市長の泣きたくなるお気持ちは充分理解出来ますし同情も致します。

 だからと言って、泣いたところで、この悲惨な惨状がどうなるものでもありません。

 ここは歯を食いしばって、「災害復興に全力を尽します」のただ一言で、強気の姿勢を演出して頂きたかった。

 被災者にしてみれば、市長が泣き崩れたところで、何も変わりません。

 それよりも復興ファースト。

 被災者こそが目の前の現実に泣きたい気持ちを必死にこらえて、先ずは自宅に住めるようになるようこの炎天下、必死に頑張っているんですから。

 災害復興に全幅の信頼が置ける実行力抜群の市長。

 これこそが今途方に暮れている被災者の方々が望む市長像だと考えます。

 女性の市長だからウンタラカンタラは言いたくはありまえんが、これが、男性市長で涙の記者会見を演じたとしたらどうでしょう。

 多分、全国から批判が集中すると思いますけどね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
越直美 大津市市長 涙の会見
 http://www.zarafa-films.com/5110.html

 
昨年(2011年)の10月に大津市でおきた中学生男子飛び降り自殺の問題で大津市の越直美市長が涙の会見をした。越直美市長には、この問題に対して沈黙を続けていたことに批判も上がっている。

8453
8454

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 更に、冒頭記者会見から1週間後の21日の記者会見での伊東市長のご発言には、かなり、がっかりします。

 彼女曰く、「水位計があればウンタラカンタラ」。

 正にタラレバ発言です。

 今そんなことを語ったところでどうなるものでもございません。

 それより1分1秒、市長としての本来のお仕事は一切恨み言は口に出さずに、己が街の復旧作業に専念することです。

 この1点を以てして短絡的な判断は出来ませんが、伊東市長、どうやら平時は無難にこなせても、修羅場では実戦向きの政治屋さんではないような気がしてなりません。

 有事対応には圧倒的に弱いタイプ?


 
・2018.07.21 朝日新聞
  小田川の支流、水位計なし 倉敷市長「あれば違った」

  https://www.asahi.com/articles/ASL7P5J3LL7PPTIL01G.html

 
岡山県倉敷市の伊東香織市長は21日に会見し、同市真備(町を流れる1級河川、小田川の支流について、水位計がなかったと明らかにした。市は支流の決壊も避難指示の発令基準としており、今回の豪雨では三つの支流の計6カ所で決壊。しかし水位計がないため時刻は「確認できていない」とした上で、避難指示のタイミングについて「水位計があれば状況は違ったのではないか」と述べた。

 倉敷市は小田川が氾濫危険水位に達した10分後の6日午後10時に町内全域に避難勧告を発令。7日午前1時半までに避難指示を出した。一方朝日新聞の取材に複数の住民が7日午前0時ごろに小田川支流の末政川が決壊したと証言した。

 伊東市長は「(発令基準は)小田川の水位で判断するのが通常だった」と説明。支流を管理する県に対し、水位計設置を求める考えを示した。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
倉敷市長、伊東香織オフィシャルHPから「伊東香織5つの政策」
 http://www.ito-kaori.jp/#my_policy

 「子育てするなら倉敷で」と言われるまち

 
・保育園の新設や認定こども園の拡大などにより、待機児童ゼロを目指します。
 ・放課後児童クラブの受入児童数拡大など充実を図ります。
 ・育休退園の見直しなど、安心して子どもを産み育てられる環境をつくります。
 ・学力向上への取り組みや校舎・施設整備など、教育環境を充実します。


 安心と活力あふれる元気なまち

 
・災害に強いまちづくりを進めます。(幼稚園・保育園などの耐震化や浸水対策の実施、倉敷市国土強靭化計画の策定 等)
 ・地場産業、水島港・水島コンビナートの競争力強化を支援します。
 ・大都市圏からの企業誘致を推進し、新たな地域活力を創出します。
 ・UIJターン希望者を呼び込む移住定住政策を進めます。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2018.07.09 産経新聞
  西日本豪雨 「茶色い海」一面に霧 倉敷市真備町、消防士「甘かった。水害、よその話だと思っていた」

  https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/180709/evt18070908440007-n1.html

8459
8460
8461

8462



2018年7月17日 (火)

こんな人を相手にしても仕方がない




8379
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
自民党編


 01 石破茂

 02 野田聖子

 03 小泉進次郎

 04 岸田文雄

 05 小泉純一郎

 06 福田康夫

 07 河野太郎

 08 中曽根康弘

 09 山崎拓

 10 村上誠一郎


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
特定野党編


 01 枝野幸男

 02 謝蓮舫

 03 岡田克也

 04 福山哲郎

 05 辻元清美

 06 玉木雄一郎

 07 杉尾秀也

 08 有田芳生

 09 逢坂誠二

 10 小西洋之


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
増すゴミ業界編


 01 田原総一朗

 02 関口宏

 03 池上彰

 04 後藤謙次

 05 金平茂紀

 06 星宏

 07 鮫島浩

 08 高橋純子

 09 鳥越俊太郎

 10 望月衣塑子


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
ヘイトスピーチ業界編


 01 辛淑玉

 02 姜尚中

 03 金慶珠

 04 除勝

 05 香山リカ

 06 戸塚悦朗

 07 室井佑月

 08 植村隆

 09 李信恵

 10 津田大介


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
進歩的文化人編


 01 大江健三郎

 02 山口二郎

 03 前川喜平

 04 崔洋一

 05 上野千鶴子

 06 田中優子

 07 小林よしのり

 08 吉永小百合

 09 宮崎駿

 10 是枝裕和


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
世界の政治屋編


 01 Xi Jinping

 02 Kim Jong-un

 03 Moon Jae-in

 04 Hillary Clinton

 05 Barack Obama

 06 Bill Clinton

 07 Angela Merkel

 08 Justin Trudeau

 09 Gerhard Schröder

 10 Sadiq Khan


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
増すゴミごっこ業界編


 01 朝日新聞

 02 NHK

 03 テレ朝

 04 TBS

 05 毎日新聞

 06 共同通信

 07 東京新聞

 08 中日新聞

 09 北海道新聞

 10 時事通信


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8380
 ( 出典はこちら



2018年7月15日 (日)

消費税10%問題を語らない増すゴミくんの哀れ




 早朝の散歩コースを変えてみた初日、午前5時過ぎにY新聞配達店の前に小型トラックが停まっていて、そのトラックの荷台に玄関横の物置に保管してあったらしい大量の新聞紙の束を積み込んでいる光景を見てしまいました。

 これが、所謂、押し紙現物なんでしょう。

 昨年も、早朝に、A新聞配達店舗前で同じような光景を見ましたから、押し紙って、噂ではなくて、現実に日々毎日、大量の新聞紙ストックとして備蓄されているのは間違いありません。

 どうせトラックで引き取って貰うなら、誰にも判らないように真夜中にひっそり積み込めばいいのにねぇ。

 ちなみに、今、Amazon を除いたら、新聞紙(新古・未使用)たっぶり15kgで2,800円とありました。

 資源の無駄以外、何物でもありません。

 これでよく、増すゴミくんは、環境問題を平気でウンタラカンタラ、批判出来るものです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 モリカケ問題にかまかまけて、国民の最重要関心事である消費税10%への引上げ問題が、さっぱり、議論されていません。

 消費税10%への引上げ時期はこのままの既定路線でいきますと、2019年10月1日からで、あと1年3ヶ月後に迫っています。

 
 ・2017.08.05 産経新聞
  安倍晋三首相、消費税10%増税は「予定通り」 デフレ脱却最優先で



 これ以降、与野党関係なく国会議員の誰もが、増すゴミの1社たりとも、消費税の引上げについて、硬く口を閉ざしていらっしゃいますから、来年10月1日の消費税10%への引上げ実施は、きっと暗黙の了解で、既定事実なんでしょう。

 デフレ脱却最優先なんて格好いいこと仰ってますが、そんなことに関係なく実施に踏み切るのはみえみえです。

 これぞ権力の権化なんですが、特定野党も増すゴミくんも見事な様式美で、この強引な10%への引上げには、だんまりを決め込んだままです。

 少なくとも、引上げ巾分は当初の目的通り、社会保障費にだけに注ぎ込む旨の議論があってしかるべきなんですけどねぇ。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 国税庁のHPをみて驚きました。

 来年10月からの消費税10%適用は完璧に既定路線で進んでます。

 経済環境次第では検討の余地もあり得るとした政府の見解はまるで嘘っぱちですね。

 もし本気でそのように考えてるとしたなら、引上げを1年3ヶ月後に控えた現在、内外経済状況を踏まえての消費税引上げの可否を既に検討していなければ、引上げ中止には間に合いません。

 そんな素振りは全く見えませんし、議論の俎上にものっていないところを見ると、財務省に首根っこを捕まえられている安倍政権も政府与党も、10%は当たり前の世界を3年前から決め込んでいたんでしょう。

 意地悪な観方をするなら、特定野党と増すゴミ諸君にモリカケ問題を遣りたい放題させているのは、消費税10%引上げ問題を国民の眼から覆い隠すためだったと捉えても、一概に的外れとは言い切れません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
国税庁HP
 https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/h27kaisei.pdf

 
消費税法改正のお知らせ

 消費税率及び地方消費税率の8%から10%への引上げ時期が、平成31年10月1日とされました。


8376

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 驚くべきことは新聞が軽減税率8%の適用を受けることが既に決まっていることです。

 
新聞

 
軽減税率の対象となる新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。


 平成31年(2019年)10月1日から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」を対象に消費税の「軽減税率制度」が実施されます。
 https://www.nta.go.jp/about/organization/hiroshima/topics/syohi_keigen/pdf/01.pdf

8377 8378

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 新聞が軽減税率8%の適用を受けるってこと、既に決まっていたってことを、皆さんはご存知でしたか。

 いつ、決まったんでしょうか。

 2016年4月の消費税法の一部改正の時?

 オジサンは、新聞の軽減税率適用は10%引上げ時に決定されることであって、てっきり、これから喧々諤々の議論が展開されるものだとばかり思っていました。

 でも、現実は、既に、新聞への軽減税率適用は決定していたww

 そうなりますと、増すゴミくんが消費税10%問題をこれっぽっちも語らない理由には、充分、納得出来ます。

 だって、新聞業界のみが忖度されて利益供与を受けて得したこと、国民に早々バレちゃいますからねぇ。

 こう考えますと、モリカケ忖度がウンタラカンタラ真面目に解説なさってる新聞業界って、とんでもない悪質な業界です。

 自分達だけが忖度されたことには全くの知らん顔なんですから。

 特定野党とおんなじで、もう、どうしようもない業界です。

 加えて、安倍政権も政府与党も、この問題に関しては見事なまでに国民を騙し切りました。

 土台、新聞に軽減税率を適用することの是非を、国会で議論した形跡などあるのでしょうか。

 それともこっそりやっていた?

 そのことを増すゴミくんは充分知りつつも、報道しない自由を行使し捲っていた?

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 移民問題もそうですが、消費税10%引上げも、国民は明らかに蚊帳の外です。

 安倍政権も政権与党も国民の存在を軽く見過ぎ。

 このまま強引に消費税10%への引上げを行ったら、総裁3選後の安倍総理、国民から総スカンを食らって、案外、脆く崩れ去るかも知れません。

 安倍総理におかれましては老婆心ながら、消費税問題、軽く見ないほうが良いと思います。

 最後に、新聞に軽減税率を適用するウンタラカンタラの条件の部分。

 
> 政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する〜

 
チョウニチくんは事実を掲載していないから、チョウニチくんのみ、軽減税率は適用はされません(キリッ by 1億2千万日本国民



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー