半島人

2017年9月23日 (土)

自称・政治家諸君のご尊顔が凄いゾ




 
民進党・柚木道義、45才児、岡山4区(比例)

6057  https://twitter.com/take_off_dress/status/910320344631619584


6058
 ( 出典はWiki情報、岡山4区 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
民進党・松野頼久、56才児、熊本1区(比例)


 
・2017.09.20 保守速報
  民進・松野頼久「北朝鮮がミサイル撃ってるのに選挙するのはあまりにも平和ぼけしている」


 
民進党の松野頼久国対委員長は20日昼、国会内で記者団に対して「北朝鮮が15日にミサイルを撃った中で、消費増税分の使い道を見直すとの争点で選挙するのは、あまりにも平和ぼけしている」と安倍晋三首相を牽制した。

 これに先立ち、松野氏は自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、「
大自民党なんだから(本会議で)代表質問や党首討論など野党に発言の機会を与えてから堂々と解散をやるべきだ」と要求した。森山氏は「党に持ち帰る」と答えたという。

6060

 *1次ソース:2017.09.20 産経新聞
  民進・松野頼久国対委員長「あまりに平和ぼけ」北朝鮮緊迫下での解散・総選挙を牽制



6059
 ( 出典はWiki情報、熊本1区 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
民進党・有田芳生、60才児、参院比例区


 (  2017.07.17 )
6062  https://twitter.com/aritayoshifu/status/886883283967000576

 
↓ 2ヶ月後

6063  https://twitter.com/aritayoshifu/status/910501006718394369


6061
 ( 出典はパンパカ工務店さまから )


6064
 ( 出典はWiki情報、参院比例区 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
民進・玉木雄一郎、48才児、香川2区


 
・2017.09.16 産経新聞
  民進・玉木雄一郎氏が約3週間ぶりにツイッターを再開「こんな大きな問題になるとは思わなくて…」「もう加計学園問題はツイッターでつぶやかない」 実はネット上の批判に凹んでいた!



6065
 ( 出典はこちら


6066
 ( 出典はWiki情報、参院比例区 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
無所属・山尾志桜里、43才児、愛知7区


 
・2017.09.20 産経新聞
  不倫疑惑で民進離党の山尾氏、次期衆院選に無所属で出馬へ 民進は対抗馬立てず


6068
 ( 画像出典はこちら


6067
 ( 出典はWiki情報、愛知7区 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 共産・社民・生活推薦、新潟県知事米山隆一、50才児


 
・2017.09.20 産経新聞
  「吐き気」「反吐」とツイッターで噛みつく米山隆一知事 新潟と関係なく「政治家として」投稿の思惑は?


 
米山氏のツイッターへの投稿は、そのほとんどが、知事として出席した式典やイベントの紹介で、穏当な内容のものが多い。それでも時折、これは見過ごせないとばかりに著名人の投稿に突如反応し、持論を展開する行為は止むことがない。

 あげくに、相手が使った言葉のオウム返しも含め、「反吐が出る」「吐き気を催す」「醜悪」と過剰な言葉で罵倒するのは、県民をリードする立場の人間としてはいただけない。

 15日の会見で、米山氏は「もう少し言葉を選んでもよかったのかなと思う」と、今後は自重する考えを示した。ただ、「あくまで表現の問題」とも述べ、主張した内容そのものに問題はない、との認識を強調した。

 米山氏のツイッターでの投稿は、
平日の日中に行われているケースがあったが、米山氏は自身のツイッター上で、「一応事実関係だけ説明させていただきますと、知事は特別職ですので『執務(勤務?)時間』という概念はありません、それ故、石原都知事などは、週数回とかの登庁で特段問題視されなかったわけです(もちろん産経新聞も、何ら問題視していません。)」としている。


6069
( 画像出典はご本人HP


 ( 2016.10.17 産経新聞朝刊 )
6070

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
民進党代表、前原誠司、55才児、京都2区

 民進党幹事長代行、辻元清美、57才児、大阪10区


6071
 ( 画像出典はこちら


6072
 ( 出典はWiki情報、京都2区 )


6073
 ( 出典はWiki情報、大阪10区 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6074
 ( 画像出典はこちら



2017年9月21日 (木)

ニダくんの悪業の真実が世界に拡散されるとき




 
・2017.09.19 産経新聞
  ベトナム戦争に派兵された韓国兵士の女性暴行「韓国政府に謝罪要求」英国で団体設立、混血児問題で像制作


 
同団体のメンバーで、設立イベントに参加した英国人彫刻家、レベッカ・ホーキンスさんは被害女性とその子供たちのために制作した約40センチの「ライダイハン像」を披露。同団体では等身大のライダイハン像を制作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置し世論喚起することを検討している。

6048
 
( 団体設立イベントで披露された「ライダイハン像 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ( 2017.09.19 産経新聞朝刊 )
6049
6050

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 何と、思いもよらぬ英国で、ベトナム戦争当時、、韓国軍兵士達がベトナム女性を強姦しまくって子供を産ませっ放しで置き去りにしてきた、所謂、「ライダイハン」に対する非難の声が、突然、沸き起こりました。

 何でも、在ベトナム韓国大使館の前に、等身大のライダイハン像を設置する計画もあるとか。

 ホワイトくんからの叱責には滅法弱いニダくん。

 さぁ、どうする。

 ニダくんの増すゴミ諸君は、少なくとも彼等の日本語版ニュースを拝見する限りは、まだ、どこもこのニュースを報道しておりませんが(或いは徹底して報道をしない自由に走る?)、ニダくんサイドの第一声は恐らく、こんなところ↓でしょう。

 チョッパリが裏で金を出して、イギリスに遣らせている、ニダ?

 大使館前のライダイハン像は、ウィーン条約違反、ニダ?

 いずれに致しましても、今回のニダくんのブーメラン劇は、昨今、民進党が被った文春砲とクリソツで、双方の様式美に区別が付き難いのには、笑っちゃいます。

 今後、どのような展開になるのか、wkwk。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 もっともこの国際ニュース、報じたのは産経新聞だけで、共同通信も時事通信も、1週間前のことなのに、完全、スキップ。

 もちろん、ニダさまのNHK、チョウニチくん、その他反日増すゴミくんも、いつも通りの Pyongyang Drive で、ニダくんに不都合な真実は報道をしない自由の権利を確信犯で行使中です。

 まぁ、彼等が自らの意思で、同胞の極悪非道を日本国民に知らせることなんか、太陽が西から昇ったとしてもありえないことですから、さもありなん、なんですけどね。

 まぁ、ここは、海外の増すゴミくんに、大いに期待致しましょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 と行きたい処ですが、海外でも本件を採り上げているのは、ざっとググったところ、イギリスのインディペンデンス紙と地元ヴェトナム紙だけのようで、大手通信社が一切無視していることもあって、世界中にニュースが配信された訳ではないのが実態です。

 つまるところ、世界の増すゴミくんも、北と違って、南のニダくんを攻めてみたところで、カネにならないことがはっきりと判っているので、乗って来ないと言う事情は多分にあるかとは詮索されますが、日本の従軍慰安婦性奴隷問題は明らかにフェイクニュースが発端となって仕掛けられた中朝韓のプロパガンダであり、ライダイハンは証拠も充分残されてる紛れもないニダくんの極悪非道の強姦しまくり事件です。

 本件、イギリスでの団体設立の裏側は知る由もありませんが、日本にとって、追い風にはなり得るかと考えます。

 民進党も,反日増すゴミくんも、ニダくんも、彼等の性根は何があったところで、0.0001%も改善する可能性などあり得ませんが、本団体設立が、日本に仕掛けられた世界最大級の冤罪払拭に何らかの契機になるであろうことを、願って止みません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.11 The Independent
  Vietnamese women raped in wartime seek justice for a lifetime of pain and prejudice


 Victims of atrocities carried out by South Korean soldiers still pursuing reparations decades later

6061
 
( Mrs Ngai )

 Tran Dai Nhat still remembers the moment his childhood disappeared forever.

 The shy, five-year-old boy survived the bloody curtain call of the Vietnam War and was optimistic about a future free from military might and chemical warfare.

 So, it was with bewilderment he was suddenly jolted from his happy daydreams by a sharp kick from a victorious Communist soldier. “Your father was a dog, boy,” bellowed the stockily-built man, “Now run!”

 For many Vietnamese, 30 April 1975 marked a joyous day after 20 years of death and destruction at the hands of both indigenous and foreign fighters.

 But for a significant number of children fathered as a result of rape by South Korean soldiers, it was the start of a living hell.

 Mr Nhat recalled: “Before April 1975, I had been treated well by the South Korean troops who lived on the base near my home in Phu Yen Province, central Vietnam. I was still too young to have any real sense of my identity and hadn’t yet questioned my mother about why I looked different to other Vietnamese children.

 “But when the Communists declared victory, everything changed for me. Suddenly, I knew I was dangerously different.”

 A period of painful bullying ensued in school. Mr Nhat said: “I was bullied repeatedly. The other children kept asking who my father was and called him a 'dog'. I just kept suffering in silence.

 “I was 18 when my mother finally sat me down and told me she had been raped by Korean soldiers - not once but three times. My two sisters are also mixed blood or Lai Dai Han as we are known in Vietnam."

6052
 ( Vo Thi Tham )

 The story of South Korea’s involvement in the Vietnam War is largely untold.

 Around 300,000 troops joined American forces in 1964. South Korea’s contingent was bigger than that of Australia or New Zealand - second only to the US military. Troops were largely concentrated in Vietnam’s Central Province.

 South Korean troops were not alone in their exploitation of civilian women but their country has never acknowledged the allegations or taken steps to investigate.

 In 1987, the Amerasian Homecoming Act resettled the children of American soldiers in the United States. 21,000 Amerasians and more than 55,000 family members made homes on US soil as a result.

 South Korea did not follow suit. According to Mr Nhat, a Ho Chi Minh City-based travel agent, an estimated 800 rape victims are still living and now determined to tell their stories. They want South Korea to recognise the children its soldiers fathered.

 Despite his own struggles, Mr Nhat remains dedicated to caring for his elderly mother Tran Thi Ngai and leads me to her humble home in the Dong Hoa District of Phu Yen Province - a two-hour drive from popular beach resort Nha Trang.

 Now 76, Mrs Ngai’s body is frail but her memory is sharp when it comes to recalling the sexual violence she suffered during the war.

 She occasionally pauses to wipe away tears. At one point, she breaks down and sobs as she offloads a lifetime of shame and secrecy.

 She said: “I was just a young girl during the war but I worked as a nurse to support people in my village. My parents worked on a farm and we were quite poor. Helicopters and bombs were a part of our everyday lives. There were operations happening every night. We suffered a lot of hardship. We had no rice and constantly had to find ways of escaping the cross-fire.”

 Mrs Ngai was 24 and still a virgin when she was first raped. “During my nursing shift, I went home to take a lunchtime nap. A South Korean commander from a nearby base appeared in my room and started hugging me. I froze. I felt petrified. No-one could argue with soldiers. He started touching my body and then raped me. I shouted out loud for help but no-one came. Afterwards I cried for days but my parents just shouted at me. They thought I had had sex with him of my own free will. No-one would believe me. My parents told me to abort the child so I tried to do it with medicine but it didn’t work. Sometime after, I gave birth to a little girl. I thought about committing suicide but somehow I found a way to carry on.”

 Once ‘defiled’ by Korean soldiers, women were labelled ‘fair game’ for fellow comrades. This warped code of honour sealed Mrs Ngai’s fate for a second time. Catching her breath between sobs, she explained: “The father of my first-born child returned to South Korea but sent another soldier to my house on the pretence of checking up on the baby. Once again, this man moved towards me holding me tightly before pulling me down to the ground and raping me on the floor. He later returned to Korea too and I gave birth again to another daughter. I cried every day.”

 Incredibly, Mrs Ngai was raped a third time the following year by yet another Korean solider who had been briefed on her whereabouts by departing colleagues. “After it happened a third time I felt very vulnerable and miserable - like there was no hope anyone would believe me.”

6053
 ( Doan Thi Chan )

 Despite suffering crippling depression, Mrs Ngai made an admirable attempt to be a good mother. She was especially determined to send her children to school despite prejudice from teachers and parents.

 She said: “I received a lot of criticism from the villagers and my children were treated badly by the principal of the school who questioned their right to be there. Some teachers hit my children and asked them why they didn’t return to Korea with their fathers. When they got older they moved to Ho Chi Minh City to escape the criticism in the village.”

 While the Ngai children were driven out of their homes to the big city, Mrs Ngai was terrorised by Communist soldiers who branded her a ‘blood taker.’ She said: “They took all my possessions and put me in prison but worst of all, they beat my grandfather to death.”

 Mrs Ngai felt confused in the fog of war but now she is very clear about what she wants now. “I think the South Korean government should apologise for everything they did to women in Vietnam. Our country has suffered during many chapters in history but it is the Lai Dai Han who still suffer now. The Americans took their children home but my children have been left behind by their fathers.

 “I still cry in silence in the dark - for my children and for myself. My wish is that I can seek some comfort in my lifetime simply in recognition that we exist.”

 Vo Thi Mai Dinh, from the Tuy Phuoc District, in Binh Dinh Province, has a similar story to tell.

6065_2
 ( Vo Thi Mai Dinh )

 She said: “When I was 16 I didn't go to school. Instead, I was working as a cleaner to help my family survive during the war. One day I met a translator who said the local troops needed a dishwasher. I was so happy for chance of a better-paid job so I happily accepted the work at a nearby Division.

 “A year later I moved into another job as a lunch cook for one of the South Korean commanders. One day in 1972, I was taking food to his room when he closed the door. I was very frightened and scared but couldn’t shout for help. He might have killed me.”

 Mrs Dinh pauses and a silent tear falls down her face. The pause denotes a lifetime of sadness. “He raped me. Afterwards I was afraid of so many things including losing my job. I had to keep it a secret from everyone.”

 For months, the frightened young woman tried to camouflage her ever-swelling belly under billowing clothes. “I couldn’t share my pregnancy with family or friends. As my belly got bigger, I began receiving criticism from people but managed to carry on working a local farm.”

 Mrs Dinh finally gave birth to a baby boy. She remained fiercely protective of her right to mother him despite pressure from her family to put him up for adoption.

 She explained: “I was frightened and worried about the future but knew I would find a way of raising my baby alone. Sometimes we didn’t have enough to eat but I tried my best. I really pitied him because of the stigma he grew up with - not having a father and being mixed-blood.”

 Mrs Dinh is a shy lady and is it taking great courage to speak out. She said: “I’m old now and I feel very shy about raising my voice. Mostly I try not to think about what happened all those years ago because it’s too painful.”

 Mrs Dinh’s protective son Vo Xuan Vinh is anxiously waiting for his mother to finish. He said: “During my childhood, people used to tease me saying I was ‘mixed blood’ but I never knew my origin. One day I came home and asked my mother: ‘Who is my father?’ It was a difficult time.

 “My mother was only a girl when she was raped. Since then she has had to work very hard to support me on her own.”

 The 44-year-old tree cutter is angry with his father, adding: “This man was a senior commander in the army but he took no responsibility for me or my mother. I want someone to acknowledge what my mother went through because she is now old and has had a hard life.”

 Meanwhile, in Ninh Hoa District, Khanh Hoa Province, Cu Thi Hong Lien, now 68, is also trying to make sense of a life blighted by abuse.

6055_3    
 ( Cu Thi Hong Lien )

 Living in daily fear of their lives, Mrs Lien’s parents were delighted when a South Korean solider from a neighbouring base took a keen interest in their daughter and offered his assistance in the form of food donations and employment.

 They were dangerously unaware that his gestures of kindness were part of a calculated grooming process which would end with him claiming the vulnerable girl’s virginity.

 Mrs Lien recalled: “I was a teenager during the war and used to help my mother transport water to and from houses and sometimes the army base. We survived on one meal a day and at night we took refuge from the fighting under beds and tables. Helicopters were everywhere in the sky and one day I remember a bomb going off while I was out riding my bike. The Viet Cong were burning villages near where we lived. Every day was terrifying.”

 As the war stretched on, the Lien family became increasingly impoverished and sent Cu Thi Hong Lien to work for local Korean troops at the nearby Divisional base doing odd jobs including cooking and cleaning.

 Mrs Lien said: “One soldier was like a father to me and began buying rice and other food for my family. I thought he was really nice. My mother would ask me to take bananas and coconuts to him as a way of saying thank you. A relationship between him and my family was established.”

 One day, the soldier treated his new ‘surrogate daughter’ to a glass of Coke while she was tidying his living quarters. Mrs Lien doesn’t remember what happened in the immediate aftermath of consuming the liquid.

 She said: “The next thing I knew I was waking up from a very deep sleep. I realised straight away that I had had sexual intercourse. It was 4pm and I was sitting in his living room in a pool of blood.”

 Mrs Lien believes the high-ranking soldier slipped a heavy sedative into her drink before raping her. Later she discovered she was pregnant and gave him the news.

 “He was terrified of losing his job,” she explained, “So he accompanied me to Saigon where he paid for lodgings to keep me out of sight. It was a lonely, frightening time.”

 By the time Mrs Lien’s daughter Cu Thi Thuy Dung, now 48, was born, the soldier was long gone from Vietnam. She said: “I’m still angry at the way he just left us. We have been shunned by society in our own country for something that was not our fault.

 “We deserve answers now. All of us do.”

 The Untold Stories of Vietnamese Women, an event hosted by Justice for Lai Dai Han featuring former Foreign Secretary Jack Straw as guest speaker, is being held at the Hilton Double Tree, 30 John Islip Street, London, on Tuesday 12 September at 7.15pm



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6056_3  https://twitter.com/natsunomiz/status/909980494875435010



2017年9月20日 (水)

末期症状段階に突入したニダさまのNHK




6032

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart もうどうにも止まらないNHK職員の犯罪 heart


 
・2017.09.03 産経新聞
  NHK職員盗撮疑いで逮
 捕 沖縄、シャワー室にカメラ

 
沖縄県警与那原署は3日までに、同県南城市の宿泊施設の女子シャワー室に盗撮目的でビデオカメラを設置したとして、建造物侵入と県迷惑防止条例違反の疑いで、NHK沖縄放送局職員、志田光容疑者(30)=那覇市真嘉比=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。


6033
6034  https://twitter.com/shoutora_2017/status/904165858015981568


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.08 産経新聞
  元NHK山形記者が無罪主張「身に覚えがない」女性乱暴事件で公判前整理手続き



 
・2017.02.11 産経新聞
  【NHK記者強姦致傷容疑】前代未聞…記者による広域連続強姦事件か 複数の鍵、異なる手口…謎多く


6035

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart NHKの大河ドラマは犯罪者が制作しているニダ heart


 
・2017.06.28 サンスポ
  NHK大河担当ディレクター、タクシー運転手に重傷負わせた疑い書類送検


 
警視庁渋谷署は28日、タクシー運転手の男性に重傷を負わせたとして、傷害容疑でNHKの40代男性職員を書類送検した。起訴を求める「厳重処分」ではなく、地検に判断を委ねる「相当処分」の意見を付けた。

 NHKによると、職員は制作局のディレクターで、2018年放送の
大河ドラマ「西郷どん」の演出を担当する予定だったが、担当を外した。

 送検容疑は4月19日午前0時45分ごろ、東京都渋谷区宇田川町の路上で、タクシーの乗車を巡って運転手とトラブルになり、
骨盤骨折の重傷を負わせた疑い。

 捜査関係者によると、職員は当時酒に酔っており、タクシーを止めたが乗らなかった。その際、運転手の態度に
腹を立て、運転席のドアを開けて外に引きずり出そうとした。運転手はアクセルを踏み、タクシーは約40メートル先のマンションのフェンスに衝突、負傷した。


6036

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart
自称・公共放送局の報道をしない自由(その1)heart


6037  https://twitter.com/tyo21sky/status/908616598264569856


 heart
自称・公共放送局の報道をしない自由(その2)heart

6038
6039

 heart
自称・公共放送局の報道をしない自由(その3)heart

6040  https://twitter.com/katu178524503/status/908571265601961986

 
 ↑1次ソース:
2012.09.16 Business Insider
  Extermination Of Japanese Wild Dogs
'

 
Images coming out of the anti-Japan protests in China continue alarm.

 What's at stake is a small, uninhabited island chain that is claimed by both countries.

 What it has resulted in is: Huge protests against the Japanese embassy, an attack on the former Japanese ambassador, violent attacks on Japanese businesses, and full-blown militaristic, nationalistic fervor.

 Earlier we pointed out that according to reports, demonstraters were urging China to declare war on Japan.

 Particularly notable is that experts believe that at least some factions of government are sanctioning these protests, since public demonstrations are so rare and tightly controlled.

 From Bill Bishop: 'banner in Shenzhen calling 4 "nuclear extermination of Japanese wild dogs."
'


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
国会質疑から国防情報まで、ニダさまのNHKは日本のありとあらゆる国内情報を、CCTV経由で、中国共産党軍の1党独裁ファシスト国家に、365日24時間、垂流し


6043  https://twitter.com/natsunomiz/status/909471050852790272

 *1次ソースはこちら


 
・2013.07.12 チャンネル桜放映
  どこまで続く?NHKの反日売国行為


">

 
番組説明:NHKが、日本の公共放送の立場を捨ててまでCCTVに協力した「尖閣プロパガンダ放送」の問題について、改めて水島から問題の深刻さと、23日の抗議行動へのご協力を呼び掛けさせて頂きます。


 
・2014.01.08 多摩湖畔日記
  中国CCTVは、NHKと同居して情報交換?


6044  https://twitter.com/pitzhouse/status/871715392091238400


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.19 産経新聞
  半井小絵さん「NHKにいるときにはあんなに偏向報道をしているとは思いませんでした」言論テレビ討論会


 
気象予報士でタレントの半井小絵氏は「NHKにいるときにはあんなに偏向報道をしているとは思いませんでした」と感想を語った。半井氏はNHKのニュース番組で気象情報を伝えてきたが「NHKってどこよりも視聴率を気にしている。スポンサーもないので気にしないと思われがちだが、視聴率をとっても気にしている。(当時、天気予報になって)チャンネルを代えられないようにとの指示が出ていた」と振り返った


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart やっぱり、ニダさまのNHKは、100%民営化移行で構わないニダ heart


 
・2017.09.17 産経新聞
  衝撃受けたNHKの空襲番組…米国による被害を軽視するな 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦



6045  https://twitter.com/CatNewsAgency/status/909420432754745346


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
受信料、払わないと、文句の1つもも言えないのがなんとも・・・・


 
・2017.09.16 産経新聞
  NHKの上田良一会長、福島で視聴者と意見交換 未払い受信料請求訴訟「脅しのようだ」「不信感につながる…」


 
NHK経営委員会が各地で開催している「視聴者のみなさまと語る会」が16日、福島市で開かれ、上田良一会長が1月の着任後、会長として初めて出席した。抽選で選ばれて参加した視聴者35人の一部からは、NHKが未払い世帯に対し、各地で起こしている受信料請求訴訟について、「脅しのようだ」「不信感につながる」といった厳しい意見が出され、上田会長が説明に追われる場面も目立った。


6046  https://twitter.com/amiga2500/status/909025688438530048


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6047



2017年9月18日 (月)

日本死ねが罷り通る反日日本人業界




6024_2
 ( オリジナル画像出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6030  https://twitter.com/natsunomiz/status/908504728291569664


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6022  https://twitter.com/_500yen/status/908459710696669184


 ( 2017.09.16 産経新聞朝刊 )
6023

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 芸能人 テレビに出たら 専門heart


 
・2017.09.15 保守速報
  テレビ朝日・長嶋一茂「広島がM1、ソフトバンクがM1なんでね。北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな」
  

 *1次ソース:
2017.09.15 スポーツ報知
  長嶋一茂、生放送で突然、「北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな」



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart ニダ星人 金豚ランドで マンセー連発 heart


 
・2017.09.15 産経新聞
  鳩山由紀夫元首相がツイッターで持論を展開 相次ぐ北朝鮮の挑発にも「対話の道を」「飛んで来ない環境を作ること」



6025  https://twitter.com/hatoyamayukio/status/908474138121052160


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 北の核 出番が増えて いと嬉し heart


6026  https://twitter.com/masaru_kaneko/status/908459503099641856


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 反日も 60過ぎると ただのおBBA heart


 
・2017.09.15 北海道新聞
  「共謀罪」廃止訴え(自称)3千人集会 「テロ対策とうそつくな」



6027
6028  https://twitter.com/mizuhofukushima/status/908684698091634688


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart チマチョゴリ・カラーで,マンセー、ニダ heart


6029
 ( 出典はこちら



2017年9月17日 (日)

ご本業はひたすらワァワァお騒ぎになることだけ




 
シンシアリー著「なぜ日本のご飯は美味しいのか」2016年扶桑社刊から


 
韓国人は、ある議論において、「私はどうしたいのか」を徹底的に貫き、「あなたはどうしたいのか」を最初から否定しています。

 韓国人と話し合いをする時、「で、あなたはどうしたい?」と言われたことはありませんか?それは、あまり良いニュアンスではありません。それは、「あなたも私と同じ意見だよな」と聞いているのと同じです。

 あなたが「私の考えでは~」と真剣に応えても、相手の韓国人の敵になるだけです。

 
韓国人は、「私(自分)が決める」でなければなりません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6006
 ( 出典はこちら


 
・2017.09.14 産経新聞
  東京新聞・望月衣塑子記者 私見や臆測織り交ぜ、的外れの質問を連発 「官房長官は出会い系バーで女の子の実態聞かないのか?」


 
産経新聞が「リーク」発言の撤回を求める東京新聞社会部の望月衣塑子記者は、加計学園問題に関する報道が過熱した6月以降、菅義偉官房長官会見に頻繁に出席するようになった。

 最初に出席したのは6月6日午前の記者会見だった。望月記者は前川喜平前文部科学事務次官への取材を基に10以上の質問を連発。前川氏の出会い系バー通いに関連して「官房長官が出会い系バーに行って、女の子たちの実態を聞かないのか?」と質問して周囲を驚かせた。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6020
 https://twitter.com/anonymous201504/status/908315453226860544

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6007  https://twitter.com/CatNewsAgency/status/908277039400067072


6008  https://twitter.com/CatNewsAgency/status/908386544712429568


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6009  https://twitter.com/_500yen/status/907851715659141123


6010  https://twitter.com/_500yen/status/907850987741872129


6011  https://twitter.com/_500yen/status/907749330462818305


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6012  https://twitter.com/liyonyon/status/906654701051043841


6013  https://twitter.com/CatNewsAgency/status/907447311118168064


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6014  https://twitter.com/i/web/status/907878709712924672


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6021  https://twitter.com/tajima_o/status/908689142984216577


 
・2017.09.15 産経新聞
  望月衣塑子記者めぐる米山隆一新潟知事会見要旨 「排外主義的」批判に反論「それは差別では全くない」



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6015_2

 
・2017.07.21 新潟日報
  魚沼市の有機堆肥に化学物質 知事の会社が原料供給



 
・2017.07.22 産経新聞
  違法肥料生産 新潟知事「おわび申し上げる」 会社責任明言せず


 
米山隆一知事は21日、肥料取締法に違反する肥料を生産していた堆肥製造施設の「魚沼市有機センター」に自らが社長を務める養豚会社、セイジロー(同市)が原料を供給していたことに関し、記者団の取材に応じて「結果として関係者に迷惑をおかけした。おわび申し上げる」と謝罪した。

 違反肥料の「魚沼ロマン有機堆肥」は、家畜の排泄物を処理しやすい添加剤が含まれた家畜ふんを原料としていたものの、同センターは普通肥料としては登録せずに、堆肥として販売していた。

 米山知事は違反の要因となった添加剤について、使用の有無をセンター側から確認されなかったとして「聞かれていないことを答えることは想定できない」と述べ、セイジローの
責任については明言を避けた

 基本的に添加剤は今後使わず、当面は原料も納入しないと説明。補償に関しては「肥料を売ったわけでなく補償の責任があるとは認識していない」と述べた。



6016 http://seijiro-niku.sakura.ne.jp/about.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6017  https://twitter.com/tajima_o/status/908146663973298176


6018  https://twitter.com/tetsunotsuki/status/907994418279464960


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 シンシアリー著「なぜ日本のご飯は美味しいのか」2016年扶桑社刊から


 「偽物の主張」を作り出し叩く「カカシ論法」


 
普通の友だち同士で酒を飲みながら、たいしたことのない意見の相違に、必要以上にこだわり、争う。韓国では珍しい風景ではありません。

 
自分の意見を認めてもらうために、さまざまな嘘をつきます。「知り合いの教授から聞いた話だが」「私の年上の親族の経験だが」「有名な人の書いた本から読んだのだが」、そうしたことを「根拠」として持ち出します。

 ネットで韓国人と話したことのある方なら、「私は日本でウン年間暮らしたから」「アメリカでウン年間暮らしたから」を根拠に話す人に会ったことはないですか?それも、同じ類いの話法です。
 
 
相手の意見を潰すために、さまざまな嘘をつきます。言ってもいないことを「今そう言ったじゃないか」と攻撃します。

 「併合時代に朝鮮半島の人口は大幅に増えました」という日本側の意見に対し、韓国側は決まって、「数が増えるって、韓国人は豚じゃありません」と反論します。まるで、マニュアルでもあるような対応です。誰も韓国人を豚だと言ってません。にもかかわらず、「日本は韓国人を豚扱いするのか」という攻撃が続きます。

 日本側は併合時代に人口が増えたことを「そのためのインフラ整備など、良い意味での管理が行き届いたららだ」と主張しているのですが、韓国側は「人と豚とは違う」、さらには「日本が人を豚のように言った」という、ありもしない「偽物の主張」を作りだし、それを叩くことえ、日本より韓国の意見が正しいとしているのです。

 そういうことを「カカシ論法」(ダミー論証)と言います。韓国人は、さまざまなシチュエーションで、このカカシ論法を多用し、
相手を悪者にして自分の意見を正当化させています。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6019  https://twitter.com/CatNewsAgency/status/907995030190678016



2017年9月16日 (土)

やっぱり前なんとかさんのハニトラ騒動は民進党の内紛劇ニダ




6004
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 逃亡中のウワキーヌ山尾姐さんの略奪愛第2弾と抱き合わせで、前なんとかさんのハニトラ・スキャンダルを報じた今週の文春砲。

 日本の増すゴミくんの「報道をしない自由」を疑ったことがない方々におかれましては、今週も2週連続で、吃驚仰天ニュースとなってる訳ですが、永田町界隈や政権交代以来の民主党ウォッチャーファン倶楽部会員の皆さまにおかれましては、この前なんとかさんの北の将軍さまのお膝元での桃色遊技は、何を今更という感じでしかありません。

 だって、この話題は菅内閣時代の2011年衆院予算委員会で、当時は外務大臣の要職にあった前なんとかさんは、自民党から厳しく追求されていた経緯がありますからね。

 にも関わらず、前なんとかさんが今もって現役の国会議員であり、野党第1党の党首に納まることがお出来になっている理由は、これ偏に、報道をしない自由で民進党を全面擁護しているニダくんシンパの増すゴミくんの存在と、日本にスパイ防止法がないことに尽きるかと考えます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回の前なんとかさん報道。

 18年前もの古いことをワザワザ掘り越して、新体制になったばかりの民進党を潰そうとしているのは、ミエミエのアベの陰謀ニダ、とのラベリングを、反日日本人業界の皆さまは必死になって喚いてらっしゃるようです。

 でもねぇ、今や1桁台の支持率しかない反日日本人政党なんて、放っておいたって、なるようにしかなりません。

 怒濤の如くの中国の尖閣侵略&北のミサイル発射のこの有事に、そんなもうどうでもいい泡沫政党にかまけている時間は、安倍政権にはありません。

 何があっても、アベガーしか言わない民進党なんか、この際、相手にするだけ無駄です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 それに、18年前のことをうんたらかんたら仰るのであれば、今治市が獣医学部誘致を打ち出し、加計学園がこれに応じたのは、2005年です。

 これにしたって、10年一昔以上の話を、民進党や増すゴミ諸君は確信犯で掘り起こし、倒閣運動のツールに利用しました。

 更に悪質なのは、モリカケ問題に安倍総理の関与の形跡は、何も見つかっておりません。

 片や、前なんとかさんの方は、事実と証拠写真のオンパレードです。

 もう、いい加減、民進党諸君も、増すゴミ諸君も、日の無い処に煙を立てる炎上ビジネスはお止めになった方が宜しいかと。

 謝蓮舫姐さんしかり、ウワキーヌ山尾姐さんしかり、生コン清美姐さんしかり、そして、今回の前なんとかさんしかり。

 今までは単なるブーメランでやり過ごしていられたのが、遂には、お天道さまがお見立てのとおり、因果応報で、全てが自分達に帰ってきてしまっているのは、ご自身が一番ご存知の筈です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 二重国籍疑惑による謝蓮舫姐さんの代表辞任劇から始まった、今回の民進党の心湧き踊る一連のスキャンダル合戦。

 仕掛け人は、確信犯で、民進党内部の人間と捉えるのが、一番、しっくりきます。

 つまるところ、民進党内部での、北のニダくん一派と南のニダくん一派の反目。

 畢竟、離党劇を含め、今、民進党諸君がお遣りになってることは、海峡を越えてやって来た自称・両班が祖先だと言い張る皆さま方のPyongyang Driveでの内紛劇、要するに、李氏朝鮮の様式美ですね。

 それに、ニダさまのNHKくんや、チョウニチ新聞くんや、衣塑子姐さんが所属する頭狂新聞や、その他大勢の増すゴミくんが、夫々、北と南に分かれて、民進党と一体化して内紛劇を繰り返している、と言ったところでしょうか。

 ニダくんで1つに纏まれないことが、何とも、哀れです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・平成23年2月21日 第177回国会 衆議院予算委員会
  第15回 会議録

  http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001817720110221015.htm


 
○ 稲田委員 るる述べられたわけですけれども、議員との信頼関係、まさしく、私は、国会会期中に遊びのために渡航するとか、議員バッジを外して私人であるといって海外に行くことは、常識から考えても正当な理由には当たらず、請暇の対象にはならないと考えております。

 
それでは、前原大臣にお伺いをいたします。

 
大臣は、今まで国交のない北朝鮮に二度行ったことを認めておられます。一度は、平成四年、大臣が京都府議会議員時代、大臣は当時日朝友好促進京都府議会連盟の一員でありました。また、二度目は平成十一年、大臣が衆議院二期生のときであります。

 この二度目の北朝鮮の訪問の理由について、大臣は、前回の二月一日の予算委員会の私の質問に対して、
支援企業の工場が北朝鮮にできたところを見に行ったというのが私の二回目の訪朝の全体像でありまして、それ以上でも以下でもありませんとお答えになっています。

 
その後に発売の週刊文春では、支援企業の会長の話として、最初に北朝鮮につないでくれた前原さんを一回遊びに行きましょうかと誘ったら、行きましょうとなったとされています。国会開会中です。

 一体、何のために大臣は国交のない北朝鮮に行かれたのか、あなたから行くことを提案されたのか、それとも、文春に書かれているように、遊びに行きましょうと言われてついていかれたのか、もう一度御説明をよろしくお願いいたします。

 ○ 前原国務大臣 まず、一回目の視察についてでございますけれども、何か私が、週刊誌はそう書きたがるものでありますけれども、日朝議員連盟にしか入っていないというような書き方の中で記述がございますけれども、京都府議会の中には、日中議員連盟、日韓議員連盟、日華議員連盟、日朝議員連盟、四つありまして、私はすべて入っておりました。したがって、日朝だけ取り上げて何かおもしろおかしく書かれていることについては、非常に不快感を持っているということについては申し上げたいと思います。

 二回目でございますけれども、行きました。記事をもとに質問をされていると思いますけれども、バッジを外してという意味は、私は国会議員の立場で行っていないということではありません。私は、請暇願も出して行っておりますし、国会議員の立場で行っております。バッジを外すというのは、私の日ごろの活動を見ていただければ、私は院外へ出ますとバッジを外します。それでバッジを外してという話であって、国会議員として行っております。

 そして、それと同時に、
この河村織物という支援企業が千名規模の工場をつくるということで、なかなか平壌に行くなんということは何かの機会がなければないことでありますので、行かないかと言われて、国情視察、そしてその地域の視察も含めて伺ったということであります。

 ○ 稲田委員 国会議員のバッジを外してというのは、常日ごろ外しているからと、そして国会議員として行かれたということなんですけれども、それではお伺いをいたしますが、
国交のない北朝鮮に入るのに、ビザの申請は、肩書が衆議院議員前原誠司だったのでしょうか、それとも河村織物顧問前原誠司だったのでしょうか。

 ○ 前原国務大臣 今、事前の通告がない御質問でございますので、それについては調べて答えさせていただきますが、あくまでも請暇願を出しておりますし、在北京の外務省にもちゃんとそれは通達しないと、北京経由で平壌に入っているわけですから、入れませんので、そういう意味においては、国会議員として堂々と私は平壌に行ったということは申し上げたいと思います。

 ○ 稲田委員 河村織物顧問前原誠司の肩書でビザを申請したかどうかお調べになって、ぜひお答えをいただきたいと思います。

 また、北朝鮮で名刺を、衆議院議員前原誠司ではなくて河村織物顧問前原誠司という名刺を配られたのではありませんか。

 ○前原国務大臣 どのように調べられてそれをおっしゃっているのかわかりませんが、私はあくまでも国会議員でありましたので、堂々と行っております。そして、国情視察ということで、河村織物の工場も視察をしましたし、さまざまな場所にも行ったということであります。

 この間から稲田議員の質問を聞いておりますと、何か私が北朝鮮に甘いのではないかという前提でお話をされておりますが、今までの私の国会での、例えば朝銀を含めてどのように取り上げているのかということを徹底的にお調べをいただいた上で、偏見を持たずに、私の今までの国会の活動を前提として御質問いただきたいと思います。

 ○ 稲田委員 大臣、質問に答えられていないんです。
私は、北朝鮮で河村織物顧問前原誠司という名刺をお配りになったのじゃないですかということについて質問をいたしましたが、大臣は答えられなかったんです、今。

 待ってください。そして、私の質問についていろいろとおっしゃいましたけれども、もし私の質問が事実に反するのであれば、それは違っていますとおっしゃればいいことだと思います。

 名刺が河村織物顧問前原誠司だったかどうかについてお答えください。

 ○ 前原国務大臣 今御質問をいただきましたので、調べてお答えをいたします。

 ○ 稲田委員 では、ビザの申請の件と名刺の件については、調べてお答えください。

 ところで、この国会なんですけれども、通常の国会じゃないんですよ。大変紛糾をしている国会なんです。国旗・国歌法とか、それから、大臣が行かれる前は、周辺事態法も、民主党が反対をして、成立をいたしております。また……(発言する者あり)大臣が北朝鮮に行かれた、第百四十五国会のことを言っております。

 大臣が北朝鮮に滞在中の、六月二日の朝日新聞を私は持っております。このとき、民主党は徹底抗戦したけれども不発だった、そして通信傍受法案が衆議院を通過いたしました。この日、法務大臣の解任決議案が否決をされて、当時、総理は民主党の代表でいらっしゃったんですけれども、民主党と社民党は本会議場を退場して、そして、ここに総理の写真が写っておりますけれども、代議士会で説明をしている。

 まさしく国会開会中であり、しかもかなり緊迫をした、紛糾した国会だった。にもかかわらず、大臣は、平成十一年五月三十日から六月五日、七日間、まさしく異例の長さの請暇願をとって、そして、自分の御地元の一支援企業の工場の視察のために行く。私は、これは言語道断だと思います。理解ができない。納得ができない。

 
もう一度、なぜ、このような時期に七日間の請暇願をとって北朝鮮に行かれたのか、お答えください。

 ○ 前原国務大臣 一議員として、請暇願を出して行っているわけであります。まず、そのことは申し上げたいというふうに思います。

 そして、それと同時に、週二便しか飛んでいないんですよ、北京と平壌の間は。それで、北京に入って、そして北京から平壌に入って、週二便しか飛んでいませんので、帰ってくるときは、当然ながら、また平壌から北京に戻って、そして北京から帰ってくるということで、最低でもその行程はそれぐらいはかかるということでございます。

 ○ 稲田委員 今の大臣のお答えで国民は納得しますかね。こんな紛糾した国会ですよ。解任決議をし、本会議場から退席をし、通過をする、そんな紛糾をした国会で、七日間も請暇願をとって、その理由が、大臣の一支援企業の工場の視察。別に国会会期中に行かれるようなことではありません。

 また、先ほど、河村織物顧問の肩書きで行ったかどうか、それからそういう名刺を配ったかどうかについてはお答えになりませんでしたけれども、仮に、私的なそういう肩書きでもって、企業の視察のために、国交のない北朝鮮にこの紛糾した国会の中で行かれるというのは、私はおかしいと思います。もう一度説明をしてください。

 ○ 前原国務大臣 先ほど、周辺事態法という話をされましたけれども、周辺事態法は、民主党は賛成していますよ。周辺事態法の修正の責任者は私でしたから。自民党の久間議員と私は修正協議をして、でも、その年だったかどうか忘れましたけれども、少なくとも民主党は、周辺事態法に対して私が修正の協議をしてまとめていますので、事実関係としてはしっかり確認してお話しをいただきたいと思います。

 その上で、どういう国会の状況だったかということは別として、私は、北朝鮮の状況、そしてまた平壌の状況というものを、外交や安全保障を私は専門にやってまいりましたので、行かれるということで、いい機会だということで判断をし、そしてまた、国会にも請暇願を出して行かせていただいたということであります。

 ○ 稲田委員 今のでも納得できないんですよ。

 国旗・国歌法で紛糾したり、さまざまな法律がこの国会では紛糾をして、結局、通信傍受法も今申し上げましたように否決をし、本会議場から退場する、そういう事態だったわけです。

 総理にお伺いをいたします。

 総理は当時の民主党の代表として、この百四十五回の国会は国旗・国歌法を初めとして重要法案がメジロ押しで、そして民主党は徹底抗戦をして、八月まで国会を延長した、こんな紛糾した国会において七日間の請暇願、欠席をして国交のない北朝鮮に国会議員が行くことについて、当時の民主党代表でもいらっしゃいました総理の見解をお伺いいたします。

 ○ 菅内閣総理大臣 今の稲田委員と前原大臣のやりとりをお聞きしておりましたが、私は全く問題のない行動だったと思っております。

 ○ 稲田委員 そういう感覚がおかしいですね。国会議員が七日間も休んで国交のないところに、紛糾している国会審議をほっぽり出して行くということは、私は国民は納得はしないと思います。

 では、前原大臣にお伺いをいたしますけれども、
前原大臣は、その北朝鮮でよど号の犯人に会って何をお話しになり、なぜよど号の犯人にお会いになったんですか。

 ○ 前原国務大臣 
高麗ホテルというところに宿泊をいたしまして、その高麗ホテルでたまたまばったり玄関でお会いをいたしました。

 ○ 稲田委員 たまたまって、大臣、よど号の事件が起きたのは一九七〇年で、大臣は八歳です。そして、北朝鮮で三十年もたって、よど号の犯人が大臣を、大臣がよど号の犯人をお互いに知っているはずがないんですよ。

 一体何のために会ったのか、そして、だれとだれとだれと会って、どんな話をされたんですか。

 ○ 前原国務大臣 北朝鮮という国に行かれるとよくわかると思うんですが、通訳と監視役、そして屈強な男性がついております。そういう人が、ああ、あの日本人はよど号の元犯人ですよということで教えてくれて、偶然、高麗ホテルの出口でばったりお会いしました。全くの偶然であることは事実でございます。

 ○ 稲田委員 お答えになっていないんです。だれとだれとだれと会って、何を話したんですかということを聞いております。

 ○ 前原国務大臣 恐らく四名だったと思いますけれども、名前は失念をいたしました。

 ○ 稲田委員 
大臣は、帰ってから公安調査庁に報告をしたと記者会見でおっしゃっているんですけれども、名前はお忘れになったんですか。

 ○ 前原国務大臣 一九九九年のことでありますので、帰ってから公安調査庁に話をいたしました、それは事実でございますが、
四名の名前は忘れました。

 ○ 稲田委員 偶然に会ったとか四名の名前は忘れたとか、いわば日本に対する国家的な犯罪をして北朝鮮にかくまわれている犯罪者、犯人とお会いになって、公安調査庁でも報告をされた。それが偶然だとか名前を忘れたとか、私はちょっと理解ができません。

 また、大臣はそのとき、よど号の犯人と写真を撮られたのではありませんか。

 ○ 前原国務大臣 写真を撮りましたし、その写真も公安調査庁に渡しております。

 ○ 稲田委員 それが私は信じられませんね。
普通、日本の国家犯罪をした人と偶然に会って、大臣はバッジを外して企業の工場視察に行って、そこでもって、バッジを外して、そこまで用心深くして行って、よど号の犯人と一緒に写真におさまる、これは私は信じられないんですけれども、最初からよど号の犯人と会うようにセットされていたんじゃありませんか。

 ○前原国務大臣 弁護士らしからぬ極めてノスタルジックというか物語風の話をされますが、私は神に誓って、偶然に会った、そしてそういうものは予定をされていなかった。

 そして、先ほどやじにありましたように、高麗ホテルというのは本当に危ないホテルなんですよ。それはもう府会議員のころからよくわかっているんです。つまりは、今まで泊まった人は、何か話をしたらすぐに飛んでくるようなホテルなんです。そういう意味においては、どういうところか、場所かということをすべてわかっておりますし、また、先ほどから繰り返して申し上げるように、よど号のハイジャック犯と私がもともとセットするって、どういう理由でセットしなきゃいけないんですか。

 たまたまお会いをして、それで、四人だったと思いますけれども、写真を撮り、そして帰ってからは公安調査庁に話もし、写真も提出をした、それだけのことであります。

 ○ 稲田委員 大臣の話が信じられないから、私は事実を確認する質問をしているんです。

 そもそも、北朝鮮にそれだけ長期間滞在をされていて、工場視察。工場視察は二時間ぐらいで終わると思いますよ。それ以外は一体何をされていたのか。よど号の犯人だけでなく、朝鮮労働党の幹部とも面談をされたのではありませんか。

 ○ 前原国務大臣 実は会いたかったんです、朝鮮労働党の幹部とも。しかし、河村織物から申し入れをいたしましたけれども、結果的には会うことができませんでした。

 ○ 稲田委員 
大臣が視察をされた河村織物の工場はどのような工場で、そしてその工場が閉鎖されたのはいつで、その閉鎖された理由は何ですか。

 ○ 前原国務大臣 
そこまでは知らないですね。

 いつ閉鎖されたのかと、これは、累次の制裁決議がなされておりますので、結果的に、中国から物を持ってきて北朝鮮で。そして、つづれなんですね、河村織物さんというのはつづれをやっている。つづれをやっているというのは、電気を使わなくていいんです。私は
高麗ホテルに二度泊まりましたけれども、高麗ホテルでさえ非常に電気事情が悪くて、エレベーターが時々とまるというような、極めて電力事情の悪いのが平壌の状況でありました。したがって、電気を使わなくて、マンパワーのみを使うという河村織物のつづれというのは、向こうでは非常に歓迎されておりまして、数百人規模の女子の方ばかりが働いていたように記憶をしております。

 それで、広げようという話でありましたけれども、結局は、さまざまな制裁が行われて閉鎖をしたという話は聞きましたけれども、いつ閉鎖をしたかということは聞いておりません。

 私は、河村さんには、北朝鮮というのは非常にカントリーリスクの高い国だから、出られる際もそれを前提として出られた方がいいですよということは前からお話をしておりました。

 ○ 稲田委員 
河村織物から大臣に対して、北朝鮮に対する制裁をやめてくれるよう陳情がありませんでしたか。また、河村織物が経産省にそういう陳情書を出したことについて、大臣は御存じでしょうか。

 ○ 前原国務大臣 私には一切そういう陳情はありませんでしたし、経産省にそういうものを出されていることも全く存じ上げません。

 先ほど申し上げたように、私は北朝鮮に対しては朝銀の問題等でかなり厳しくやっておりましたので、そういうことを勘案して私には相談をされなかったんだと思います。

 ○ 稲田委員 
大臣は、二回目の訪朝の前に委員会で、日朝の経済交流をもっと政府が支援すべきだとか、また安倍総理に対しても、前回も指摘しましたけれども、重油を支援すべきだとか、北朝鮮を支援すべきだとか、経済交流をもっと図るべきだ、そういう質問をされております。

 大臣は、大臣または大臣の関係政治団体に、府議時代から今までの間で、
河村織物から企業献金を受け、もしくはパーティー券の購入をしてもらっていますか。これは質問通告をいたしておりますので、お答えください。

 ○ 前原国務大臣 河村さんとのおつき合いは、私が二十五歳のころだと思います。松下政経塾にいるときに、西陣で私は研修をしておりまして、二十八歳のときに無所属で府会議員に立候補いたしましたときに、資金的な面も応援をしていただきました。

 そして、府議時代も、二年ぐらいはいわゆる政治資金団体の後援会に入っていただいて、応援をしていただいておりましたけれども、バブルがはじけた後に西陣全体が極めて景気が悪くなりまして、河村織物さんもある時期から資金的な援助はいただいておりませんけれども、私は、河村会長さんとは人間的に非常にお世話になっておりますし、また、全く無所属で、馬の骨ともわからないような状況のころからさまざまな形で支援していただいておりましたので、河村さんとの縁というものは、資金とかではなくて、もう十数年間は資金援助はいただいていないと思いますけれども、私は、これからも続けてまいりたいというふうに思っております。

 ○ 稲田委員 平成四年、府議会議員時代に大臣が一度目の訪朝をされたときに、河村織物から新緑会、大臣の関係の政治団体に百四十六万七千七百三十四円、政治献金がなされております。これの関係等、まだまだお聞きしたいことはありますけれども、時間がなくなってまいりましたので、最後に、
私は、河村織物のことを横に置いても、大臣のさまざまな北朝鮮に対する発言について疑問を持っております。

 大臣に質問するに当たって、私は、大臣が衆議院議員になられてから以降の議事録それから講演録を大量に読ませていただきました。私は、日米関係やら一般的な外交問題に対する大臣の姿勢また見識には敬意を表したいと思うんですけれども、ただ、対北朝鮮問題に関しては、天命に生きるとおっしゃっている大臣らしくないんですよ。率直に言いますと、違和感を覚えたんです。まず、
委員会や講演で、大臣が多くの在日の方々や朝鮮総連元幹部とのつながりをおっしゃっているんです。これは私は、非常に違和感を覚えました。

 ここに賃金レポート二〇〇三年三月号があるんです。その中に大臣の講演録が収録をされています。大臣はこのようにおっしゃっているんです。新宿で商売をされている元工作員の方、あるいは朝鮮総連の幹部で副財政局長までやった人、私の国会での質問のネタは、基本的には在日の方から聞いている。

 私は、北朝鮮の元工作員だとか、それから総連の幹部の話を聞いて、そしてその質問をしているということは非常におかしいと思います。

 また、同じく賃金レポートの二〇〇八年三月号の講演録で、大臣は次のようなことをおっしゃっているんです。さる政治家が、先般、平壌に行って、対日担当者である宋日昊という人と話をした。さる方がおっしゃったことなので、それがすべて正しいかどうかはわからないが、
私が得ている情報と符合するところがある。日本から照会されている拉致被害者は全員死んでいる、ただ、日本が問い合わせてきていない日本人は生きている、このような言い方をしていたそうである。

 これは大臣のお言葉ですけれども、私は、たとえ伝聞だということを断ったとしても、日本の国会議員また外務大臣になった方が、拉致被害者は全員死んでいるなどということを発言するのは、全くもっておかしいと思っております。

 その後、大臣は……

 ○ 中井委員長 稲田さん、時間が来ましたから。

 ○ 稲田委員 はい。

 北朝鮮に重油支援をすべきだとか、核の脅威を殊さら喧伝されていて、要するに、拉致よりも核というのが大臣のスタンスなんです。でも、拉致は、重大な人権侵害だけでなくて、国家主権の侵害なんです。私たち日本の国会議員が真っ先に言うべきことはこの拉致の問題であって、総理が本部長をされている拉致問題の解決についても、前提として拉致問題の解決ということを書かれております。

 私は、やはりそういった大臣のスタンスが、北朝鮮から二国間協議を歓迎されるというような、そういう発言につながっていると思います。このような大臣のスタンスは日本の国益に合致しないことを申し上げて、私の質問を終わります。

 ありがとうございます。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart ウリ達、国旗・国家法に反対票を投じたニダ heart


6005

 
衆議院:「国旗及び国家に関する法律案」投票結果

 出所:第145回国会本会議第47号 平成11年7月22日
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/145/0001/14507220001047c.html



2017年9月15日 (金)

北の将軍さま、マンセー、ニダ




5994

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.08.03 ロイター日本語版
  米政府、9月から米国人の北朝鮮渡航を禁止


 
米国務省は2日、米国の旅券保持者の北朝鮮への渡航を禁止する措置を9月1日から実施すると発表し、現在北朝鮮国内に滞在している米国人に対しそれまでに出国するよう指示した。

 ジャーナリストや人道支援活動の従事者に加え、渡航が国益になる場合は適用免除を申請することができる。

 渡航禁止措置は、国務長官が延長または破棄しなければ1年間有効とした。

 米政府は7月、「
長期にわたる拘束」のリスクがあるとして北朝鮮への米国人の渡航を禁止する方針を示していた。

 北朝鮮は米政府が渡航を禁止する唯一の国となる。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 米政府による米国民の北朝鮮への渡航禁止は、北朝鮮で1年3ヶ月以上拘束されていた米大学生のオットー・ワームビアさん(22)が、本年6月、植物人間状態で戻され、帰国6日後にお亡くなりになったことを受けての措置です。

 ワームビアさんは、北朝鮮で約1年間も、昏睡状態だったことが明らかになっています。

 国民主権の近代民主主義国家なら、先ず何よりも、国民の生命と財産の確保が第一です。

 ましてや、自国民が1年3ヶ月間も言われなくも拘束され、揚げ句の果てには、1年間も意識不明状態にさせられていたとあっては、これ以上の同国民の被害者を出さないためにも、渡航禁止は、普通のマトモな国であったら極く当たり前に発令するであろう措置であり、かつ、独立国家としての強い意思でもあります。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ところが、我が国日本はどうでしょう。

 40年以上も、1000人近くの国民が拉致されている事実があっても、日本政府は、北朝鮮への渡航禁止命令を発動したことはありません。

 国会議員を含めた日本人も、北系在日も、総連幹部も、北に住むニダくんも、ほぼ、支障なく、日本と北朝鮮を行き来しています。

 で、唯一、往来が禁止されたのは、万景峰号だけと言う体たらく。

 これでは、万が一、北の核ミサイルが日本本土に着弾した場合には、目も当てられません。

 日本政府も外務省も、一体、何を恐れていらっしゃるんでしょう。

 渡航禁止は、国連の規定する人権蹂躙・差別に該当する、と罵られるのが恐い?

 だったら、渡航禁止に踏み切ったアメリカは、どうして、無傷なんですか。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 オジサンが思うに、日本政府も霞が関も、北朝鮮へ思い切った制裁が取れないのは、与野党問わず国会議員の中にも、官僚の中にも、もちろん、増すゴミくんの中にも、北朝鮮シンパがうじゃうじゃいて、イザ報復措置を取った場合には、彼等全員が友愛されてしまうことを恐れているのが最大の原因、と勝手に邪推しております。

 でなかったら、1000人に及ぶ日本人の拉致被害者並びに彼等の家族に対して、何故、かくも無残な放置プレイがお出来になるんでしょう。

 何故、総連を解体し、彼等の全資産を没収出来ないんでしょう。

 O教には、何故、破防法が未だに適用されないんでしょう。

 朝鮮人学校に、何故、日本国民の血税が延々と補助金として拠出されなければならないんでしょう。

 戦後70年間で、日本のあらゆる業界を汚鮮しつくしているであろう北朝鮮の闇は、一般国民には窺いしれない面が超沢山あるんだろうとは思いますが、政府がこのまま手を拱いているようですと、1億2千万日本国民の堪忍袋の緒が切れるのは時間の問題かと考えます。

 日本に住みついてらっしゃる北シンパの皆さま。

 日本人が本気で怒ったら、恐いですよ〜。

 日本は政治は三流でも、国民は一流の民度を備えてますからね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.04 産経新聞
  【北朝鮮核実験】菅義偉官房長官、アントニオ猪木参院議員に訪朝見送り求める


 
菅義偉官房長官は4日の記者会見で、アントニオ猪木参院議員(無所属)が7~11日の日程で北朝鮮訪問を予定していることについて「全ての国民に北朝鮮への渡航の自粛を要請している。この政府の方針を踏まえ、適切に対応すべきだ」と述べ、訪朝見送りを求めた。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.12 The Asahi Shimbun英語版
  Inoki returns from N. Korea after meeting an influential figure


5995
 
( Antonio Inoki, Upper House member and former professional wrestler, talks about his visit to North Korea in a news conference on the evening of Sept. 11 at Haneda Airport in Tokyo’s Ota Ward.  )


 
・2017.09.08 Kyodo News英語版
  Japanese lawmaker Inoki meets N. Korea's top diplomat

5996

 ・2017.09.11 The Mainichi英語版
  N. Korea to push arms program, top official tells Japanese lawmaker Inoki


5997

 
・2017.09.13 Reuters
  Japan's 'Dennis Rodman', ex-wrestler Inoki, urges lower tensions over North Korea


6003
 
( Japanese politician and former wrestling star Antonio Inoki attends a news conference after his visit to Pyongyang, as he arrives at Haneda international airport in Tokyo, Japan, September 11, 2017. )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5993

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5998  https://twitter.com/i/web/status/904564351209660416

 *1次ソース:2017.09.11 週刊現代
  平壌に行って「金正恩委員長万歳!」と叫んだ2人の元大物国会議員
  http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52781


5999
6000
6001
6002
 ( 画像出典は4枚ともこちらから )



2017年9月13日 (水)

ウワキーヌ山尾姐さん狂騒曲




5973
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5972  https://twitter.com/YawataKazuo/status/906326174300647426


 ・2017.09.08 東スポ
  山尾 蓮舫 三角関係


 
> お相手の倉持麟太郎氏(34)は蓮舫前代表(49)の二重国籍問題の担当弁護士だったのだ。蓮舫氏は山尾氏の不倫相手が倉持氏とは夢にも思わず「あり得ない。こんなことが許されていいのか!」と激高。かねて山尾氏とは犬猿の仲で知られるだけに、厳重処分を訴えていたという。


5974
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5977  https://twitter.com/netsensor1/status/906311496640077825


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5991  https://twitter.com/_500yen/status/907350507261370368


5992  https://twitter.com/YES777777777/status/907452355494371329


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.06 保守速報
  民進・山尾志桜里と不倫疑惑の弁護士、日本共産党系だったwwww シールズとの繋がりも露呈wwwwww


5975
5976

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart クソコラグランプリ「ウワキーヌ山尾姐さん」編 heart


5978
 ( 出典はこちら


5979
 ( 出典はこちら


5980
 ( 出典はこちら


5981
 ( 出典はこちら


5982
 ( 出典はこちら


5983
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.09.07 保守速報
  【衝撃画像】小学生時代の山尾しおりが、昔の韓国キム・ヨナにそっくりだと話題に


5984
5985

 
・山尾志桜里議員シリーズNo.3
  http://yaplog.jp/todays_afpbb/archive/717

 
山尾志桜里議員の小学3年生の写真が報道されました。
5986

 
何かどこかで見覚えのあるような。
5987



2017年9月10日 (日)

ちゃんちゃら可笑しい教育関係者諸君の言い訳(その17)




5913
 ( 出典はこちら


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.08.30 産経新聞
  富山県教委、公立学校6教員が無免許 更新期限の勘違いや免許状の失効で


 
富山県教育委員会は30日、県内の公立学校教員の男女6人が、教員免許が有効でないまま最長で約5年間勤務していたと発表した。県教委は確認が不十分だったとして、採用を担当した職員など計8人を文書訓告とした。6人は失職したが、免許を更新し、採用試験を受け直して合格すれば復職できる。

 6人は県内の公立小中学校や県立高校、県立特別支援学校に勤務。うち3人は更新期限の勘違いなどで免許状が失効していたことが判明した。残り3人は免許状を有効にする手続きを行っていないまま採用されており、県教委は採用時期にさかのぼり採用無効とした。

 県教委が免許状に関してデータを集めていて発覚した。教員の勤務状況や授業内容などから総合的に判断した結果、
行われた授業は有効だったとしている。

 県教委は「
過去にない事態だ。教員への制度の周知を徹底し、採用時のチェックも厳格にしたい」としている。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 父兄「無免許だった6名の教師の氏名と勤務先学校名を、今すぐ、公表して下さい」

 教委「それは出来ません」

 父兄「何故ですか」

 教委「生徒達が動揺するからです」

 父兄「無免許教師であることさえも知らされずに、ずっと彼等に教えられていた生徒の親である私達父兄と致しましては、いい加減で杜撰な県教委の対応により、子供達の教育を受ける権利が明らかに毀損されと考えます。直ちに、県教委と当該学校長からの生徒一人一人と父兄への謝罪を要求します。無免許教師の氏名も学校名も公表しないなんて、私達をあまりにも、馬鹿にし過ぎです」

 教委「そんな無理を仰らないで下さい」

 父兄「何が無理なんですか」

 教委「教師名と学校名を夫々、公表することです」

 父兄「だって、私達の子供達は教員免許さえ持っていない先生に教えられていたんですよ。医者に例えるなら、医師免許を持っていない医者に診てもらったことと寸分違いません。私達をあまり見くびらないで頂きたい」

 教委「まぁまぁ、そう仰らずに、少し冷静になって下さい。無免許とは言っても、過去には教員免許を取得していたことは明らかですし、たまたま、更新し忘れた先生方ばっかりなんですから、その点はご了解頂きたいと存じます」

 父兄「たまたま、更新し忘れただけですってェ。となりますと、5年間も運転免許証の更新をうっかり忘れていたと主張する人が、無免許運転で捕まったとしても、県教委の正式見解としては、情状酌量の無罪放免にすべきだとのお考えなんですね」

 教委「問題を飛躍させ過ぎです」

 父兄「だって、うっかり更新し忘れたと主張したところで、どちらも無免許は無免許です。日本は法治国家ですから、運転免許証のケースだったら間違いなく逮捕されます。なのに、教員免許の場合は、社会的制裁も受けずに、県教委の恣意的判断だけで済んでいる。諄いようですが、どうして無免許教師諸君だけは、社会復帰が可能なんですか」

 教委「彼等はたまたま更新し忘れただけで、これまでの勤務状況や授業内容には特段の支障はなかった、と判断出来たからです」

 父兄「なら、問題を起した教師諸君のこれまでの勤務状況と授業内容だけでも公表して頂けませんか。でないと、子供達も我々父兄も、このまま安心して授業は受けられません」

 教委「それは、彼等の勤務評定を公表するに等しいことになりますので、ご要望にはお応え出来ません」

 父兄「だったら、法定通り教員免許を有して授業していた先生と、無免許で授業をし続けていた先生と、どちらも、子供達の学力には、これっぽっちも差が生じていない証拠を、今すぐ、ここで、ご提示願います」

 教委「私達、県教委と学校の先生方を信頼して下さい」

 父兄「信頼ですとぉ。採用時のチェックさえ怠っていた県教委をどうやったら信頼出来るんですか。無免許であることを隠していた先生を、それをチェックもせずに平気で授業をさせていた学校側を、どう信頼せよと言うんですか」

 教委「まぁ、そう、カッカなさらずに」

 父兄「今回無免許が明らかになった方々は、日教組や全教組加盟の先生方ですか?」

 教委「お答え出来ません」

 父兄「無免許教師諸君の退職金や共済年金支給の事を配慮して、県教委が彼等をウルトラ忖度しているのは明々白々です。民間社会ならこんなことは通りません。ひょっとして、民進党と日教組や、共産党と全教組に、脅迫された結果が、今回の優遇措置に至ったのではありませんか」

 教委「そんなことは絶対にございません」

 父兄「証拠は?」

 教委「私達を信じて下さい」

 父兄「信じられません」

 教委「ならご自由に」

 父兄「県教委は説明責任を果たしていません。今すぐ、全員、辞任なさるべきです。今すぐ、生徒と父兄全員へ、謝罪と賠償を要求すます」

 教委「民進党や中朝韓と同じようなことを仰らないで下さい」

 父兄「・・・・」

 教委「私達教育関係者はこれでも日本人なんですから」

 父兄「つまり、授業は塾任せで、確信犯で自虐史観の反日教育に徹している「反日日本人」ってことですね」

 教委「今仰ったことは、明らかに人権蹂躙です、シャベチュです、ヘイト・スピーチです。即、訴えてやる」

 父兄「キムチ、毎食、食べていらっしゃる?」

 教委「仰ってる意味が判りません」

 父兄「確か日教組は、チュチェ思想マンセー集団でしたよねェ」

 教委「もうお引き取り下さい」

 父兄「朝は、納豆に卵焼き、シャケに焼き海苔におみそ汁に炊き立ての御飯、美味しいんですけどねぇ」

 教委「一番はキムチ、ニダ」

 父兄「やっぱり福澤諭吉先生は正しい。話し合い1つ、成立しないことが、よぉ〜く判りました」

 教委「オモニ前なんとかさん、民進党代表当選、マンセー。不倫を秘所の所為にした幹事長落ちた、民進党死ね山尾姐さんも、マンセー」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
・2017.08.28 産経新聞
  中学教諭を懲戒免職、わいせつ行為の疑いで逮捕…特殊詐欺犯に口座提供で発覚


 
石川県教育委員会は28日、18歳未満の少女にわいせつな行為をしたなどとして、県警に逮捕された同県珠洲市立緑丘中の岸田薫教諭(27)を懲戒免職処分にした。地方公務員法(信用失墜行為の禁止など)に違反すると判断した。

 岸田教諭は県教委に「生徒や保護者などを裏切る行為をしてしまい、大変申し訳ない」と話している。

 県教委などによると、岸田教諭は自分の銀行口座を特殊詐欺グループに譲り渡したとして、1日に犯罪収益移転防止法違反などの疑いで書類送検された。県警が押収した携帯電話やメモから、少女へのわいせつ行為も発覚。同日、いしかわ子ども総合条例違反の疑いで逮捕された。

 県教委の田中新太郎教育長は「
誠に遺憾。深くおわびする。あらゆる機会を通じて厳しく指導し、再発防止に努める」とコメントした


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5914



2017年9月 3日 (日)

民主党もとい民進党「笑韓劇場」最新版




 
heart 民進党代表って、ローテーション制が Pyongyang Drive、ニダ heart

 heart だからフルアーマーくんでは、最初から無理だった、ニダ heart


 民進党(民主党)歴代代表、就任期間(出典:Wiki)

 
 01:菅 直人    268日( 1998.04.27 ~ 1999.01.18 )

 02:鳩山由紀夫 1424日( 1999.01.18 ~ 2002.12.10 )  

 03:菅 直人  849日( 2002.12.10 ~ 2004.05.18 )

 04:岡田 克也 291日( 2004.05.18 ~ 2005.09.17 )

 05:前原 誠司 204日( 2005.09.17 ~ 2006.04.07 )

 06:小沢 一郎 1136日( 2006.04.07 ~ 2009.05.16 )

 07:鳩山由紀夫 385日( 2009.05.16 ~ 2010.06.04 )

 08:菅 直人  449日( 2010.06.04 ~ 2011.08.26 )

 09:野田 佳彦 488日( 2011.08.29 ~ 2012.12.25 )

 10:海江田万里 721日( 2012.12.25 ~ 2014.12.15 )

 11:岡田 克也 640日( 2014.12.15 ~ 2016.09.15 )

 12:村田 蓮舫 353日( 2016.09.15 ~ 2017.09.01 )

 13:前原 誠司    ( 2017.09.01 ~                   )← 今ここ



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart ウリの勝利は、謝蓮舫姐さんを全否定し続けてきたこと、ニダ heart


 ( 2017.09.02 産経新聞朝刊 )
5940

 > 前原氏は蓮舫氏から党顧問への就任を打診されたが固辞し、執行部と距離を置いてきた。この1年間、代表の座への野心を封印してきたかに見える前原氏だが、心の内ではしたたかに機会をうかがっていた。前回代表選の際、劣勢が伝わる中でも出馬を決めた理由について、前原氏は周囲にこう漏らしている。「2位になれば次は自分が本命になる。蓮舫体制は長く続かないだろう


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 直後から始まる両班の様式美「相互不信・空理空論・無決断」が、愉しみ、ニダ heart


 ( 2017.09.02 産経新聞朝刊 )
5941

 国会議員票

 
前なんとかくん:83票

 フルアーマーくん:51票

 無効票(離党予備軍):8票


 
党員・サポーター票

 
前なんとかくん:27府県

 フルアーマーくん:6都道府県(東京・大阪・北海道・埼玉・三重・沖縄)

 引き分け:14県


 
都道府県別、党員・サポーター、開票結果
 https://www.minshin.or.jp/download/36209.pdf

5942

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 heart
謝蓮舫姐さんのこの日のお召し物って、喪服に見える、アルヨ heart


 
・2017.09.01 The Page
  民進党新代表に前原氏「非常に難しい船出」再度の政権交代目指す


5943


 
heart 協力する気は、サラサラない、ニダ by  Edano & R4 heart

 
heart だから拳の上げ方も、最低最小限、ニダ heart


 
・2017.09.01 時事通信
  気勢を上げる前原新代表ら


5944

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 
heart どちらも親北派で、「北朝鮮=性善説」派同士の闘いだった、ニダ heart


 
・2017.09.01 産経新聞
  【民進党代表選】「『北』議論せず最低の党首選だった」森田実氏


 
>「前原氏も枝野氏も国民の一番の関心事であり、緊急の問題である北朝鮮問題の議論を行わず、最低の党首選だった。また、両氏とも旧民主党政権の中心メンバーであるにもかかわらず、国民を絶望させた旧民主党政権へのきちんとした反省もなく、若返りを図ろうともしなかった。こんなことをやっていたら、国民からさらに見放されることは避けられない。前原氏には今からでもこうした失敗に気付き、反省してほしい。そうでなければ今度の党首選は意味のないものに終わってしまうだろう」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 国民の声:たかが支持率1ケタ台の声闘の代表選なんて興味ありませ heart


 
・2017.09.01 産経新聞
  「代表選、知らなかった」「党を立て直して」 冷ややかな有権者反応


 
> 対して、代表選が行われていたことを「興味がないので知らなかった」と話すのは葛飾区の会社員、小牧沙弥香さん(28)。品川区の会社員、浅倉渉さん(56)は「民進党自体が期待できない。党内がバラバラな感じがする」といい、都内に住む会社役員、木曽久隆さん(66)も「少子化対策に力を入れてほしいが、主義主張の違う人々の寄せ集めという印象が強い民進党内をまとめることは難しいのでは」と突き放した。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 国民って、どこの国の国民、ニカ? heart


 ・2017.09.01 産経新聞
  「国民のために全てをささげて働く」「新たな選択肢を示し、国民に対する使命を果たす」 民進党・前原誠司新代表の挨拶全文


 
> 私は今日から「ワン・フォー・オール」、皆さんのために、国民のために、全てをささげて働く覚悟だ。それは新たな選択肢を示し、国民に対する使命を果たすためだ。

5945
 
( 民進党の代表選を終え、壇上で手をつなぐ蓮舫前代表、前原誠司新代表、枝野幸男氏=1日午後、東京都内のホテル )


 
heart↑ 前なんとかさん、マンセー、偉大なる北の将軍さま、マンセー heart


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart もちろん次期臨時国会でも、モリカケと日報問題と週刊誌ネタに特化する、ニダ heart


5946  https://twitter.com/matsuikoji/status/903631580916154369


 
・2017.09.02 産経新聞
  与野党反応 前原誠司新代表に期待や注文、「憲法」「共闘」…


 
安倍総理

 
新代表誕生にお祝いを申し上げたい。前原氏とは初当選同期で、これから互いに政策を磨きあっていきたい。全ては国家、国民のために政策論争を深めていきたい。

 菅官房長官

 
憲法を含む全ての課題について政策論争を建設的に行えるよう大いに期待したい。

 
自民・岸田政調会長

 
国内外に難問が山積する中、建設的な議論ができるよう期待したい。

 
自民・石破茂議員

 友人として『おめでとう』と言いたい。党内をまとめ、憲法や安全保障などの政策で方針を明確に打ち出せば、自民党も啓発される。

 
公明・山口代表

 野党第一党として国民から期待される役割を果たしてほしい。
 
 
共産・志位委員長

 野党と市民の共闘をさらに発展させるためにしっかりと話し合いをしたい。

 
維新・馬場幹事長

 与党に対峙できるリーダーとして頑張ってほしい。(憲法改正は)今の時代に合う、国民のいろいろな考えに沿うような観点で、どう改正するかをまとめてほしい。

 社民・又一幹事長

 新代表の下、他の野党と手を携え、安倍政治の暴走に対峙し、多くの国民の期待に応えるよう希望する。

 
日ここ・中野幹事長

 憲法改正について積極的な議論ができることを期待する。建設的で発展的な提案を行う民進党の実現を祈念したい。

 
国民ファ?若狭勝議員

 どなたが代表になっても民進党が劇的に国民の支持を得られる党になるとは考えていない。民進党が解党とか分党とかして枠がなくなればありうるが、枠がそのまま残るなら(若狭氏が設立を目指す国政新党との)連携はない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart もう、相互不信と悪口合戦が始まった、ニダ heart


 ・2017.09.01 産経新聞
  藤井裕久元財務相「政治家として一番のカス」離党者をばっさり


 > 藤井裕久元財務相は1日のTBS番組収録で、前原誠司元外相を新代表に選出した民進党代表選に合わせて党内に離党を模索する動きがあることについて「許せないと思っている。空気で自分の道を決めようとしていて、これは政治家として一番のカスだ」と切り捨てた。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart ニダくんの工作員で、確定、ニダ heart


 
・2017.09.01 DAPPI Twitter
  一面新聞 [創刊号] 民進党 総理の北ミサイル対応に難癖


5947
 ( ↑ 拡大版はこちらで )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 謝蓮舫姐さん、連日連夜のアベガー、大変お疲れさまだった、アルヨ heart

 
heart これで心置きなく「生誕50周年祈念・R4ヌード写真集」を発売出来る、アルヨ heart


 ( 2017.09.02 産経新聞朝刊13面全面広告 )
5948

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
heart 頑張れ、前なんとかさん、" Never Give Up ! " ニダ heart


 
・2017.04.10 朝日新聞
  「天下分け目」の合戦和議 関ケ原町が「領地」ゲット


5949
 
( 勝利した西脇康世・関ケ原町長(左)と敗れて白旗をあげる山本圭一・大山崎町長=岐阜県の関ケ原町役場 )



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー